ARTIST FILE

アーティストカナ検索

びじゅなびで扱っているアーティストの一覧がご覧になれます。
下のカナをクリックするとカナで検索ができます。

Lynoasリノアス

麗麗-reirei-レイレイ

ああッ!!金が眩しいッ!!名古屋愛がでら眩しいッ!! 名古屋で1番名古屋を推すV系バンド・麗麗-reirei-。 金色の衣を纏い、最高の名古屋エンターテイメントを全国へ! MORE

ASHEN DEADアシェンデッド

正統派の血を受け継ぐヴィジュアル系バンド。重く激しいメタルサウンドに耽美な歌声が交錯する。物語の始まりは白うさぎとの出会い────。 MORE

DΣjGVLXデグラ

「生きる苦しみ」をテーマに、疾走する鋭利なビートの中で叙情性の漂う重厚な唯一無二のラウドコアサウンド。心を揺らす轟音となり「DΣjGVLX」として2022年2月、本格始動! MORE

鬱くしき日々。ウツクシキヒビ

「黒猫」のVo.憂のソロプロジェクト。作詞、作曲、編曲から映像まで全てを手掛ける。 MORE

ZEILEゼイル

2021年、全く別のジャンルから集いし4人によって結成。各シーンで磨きあげた音楽性を持ち寄り、攻撃性と中毒性のある楽曲展開を行う。 MORE

NINTH IN PLUTOナインスインプルート

2022年1月15日に活動を終了した「NINTH」が、「人間が持つべきでなかった性質」をコンセプトに持つ新バンド「NINTH IN PLUTO」として本格始動。   ――――――人間は何故に解り合えず争う? MORE

KIRITOキリト

 1月15・16日の2日間にわたり、国立代々木競技場第二体育館で無期限活動休止前の節目となるライブ『CONNECTED NEW CIRCLES』を開催したAngelo。まさに、「5人が築き上げてきたAngeloの集大成」というべきセットリストをもって熱のこもったパフォーマンスをみせてくれたことも記憶に新しいが、同公演の終了から間をおかずに、早くもボーカルのキリトから彼の次なる展開がアナウンスされた MORE

BlacK TeaRブラックティア

大阪を拠点に精力的に活動。 すでに関西では知名度もある彼らが2022年よりCROW MUSIC所属となり更に活動の幅を広げる。 MORE

DISCO VOLANTEディスコボランテ

活動23周年を迎える伝説のバンド・ZIGZOのソングライターかつボーカルギターを担っている高野哲、ZIGZOやMUCCなど各方面で絶大な信頼を得るキー ボーディスト&コンポーザーとして引く手数多な吉田トオル、怒涛のロックを繰り広げ続けるあのザ・クロマニヨンズのベーシストとしても活躍する小林勝、日本独自のラウドサウンドをぶちかます唯一無二のヘヴィロックハ MORE

RAYMEIライメイ

2022年3月28日、池袋Black Hole主催イベントにて始動。 ──「今ここに黎明を」。     MORE

逹瑯タツロウ

一枚岩のバンド、MUCCからヴォーカリストがついにソロデビュー。 結成から24年というバンドマンとしての経歴があるにも関わらず、MUCC以外に自分の居場所を作ることはなかった逹瑯が、2022年1月に<First Solo Tour 逹瑯 『はじめまして逹瑯です。』>と、同年2月2日にリリースする2枚のアルバム『=(equal)』、『非科学方程式』とともにソロ活動を始動。   MORE

Petit Brabanconプチ・ブラバンソン

2021年12月27日に日本武道館で行われる<DANGER CRUE 40th Anniversary JACK IN THE BOX 2021>への出演が発表になっていたが、メンバーの写真、音源、バンドの素性が全く明かされておらず、様々な憶測が飛んでいた「Petit Brabancon(プチ・ブラバンソン)」。2021年最後の月に、いよいよそのベールを脱いだ。 ベルギー生まれの小型犬種名を冠し MORE

慟哭~doukoku~ドウコク

バンドプロフィール:2007年結成、兄弟によるデジロックV系ユニット。ポップス、ロックはもちろんテクノ、インダストリアルなど幅広いジャンルを楽曲に取り込んでいる。過去には6ヵ国、60公演以上をヨーロッパでも行っている。 MORE

アンシフルアンシフル

2021年11月22日始動。 バンドコンセプトは「0から1へ、世界線を超える」。暗い情勢の中、前身のバンドから時が経って集まり、新たに進んでいく5人です。シフルは"空(0)"という意味があり、バンドが減少してしまい、穴の空いている大阪を埋めるような存在になりたい、というコンセプトです。 ひとりひとりの個性が非常に強いながらもバランスが取れた絶妙なメンバーと、全員で奏でる強烈なライブ・楽曲が魅力 MORE

【2nd/A】Re:bellionセカリベ

名古屋を拠点に『反逆者』をコンセプトに活動、激しいライブで暴れ回っている。 MORE

弓代星空ユミシロカナタ

■弓代 星空 (ゆみしろ かなた) / KANATA YUMISHIRO “Visual Loud Rock × Classic Violin” 東京芸術大学器楽科ヴァイオリン専攻卒業。 ヴォーカリスト、ヴァイオリニスト、作曲家 3歳よりヴァイオリンとピアノを始め、高校時代にロックミュージックと出会い衝撃を受け、独学でギターや作曲、歌唱を習得。 大学卒業後オーケストラやスタジオワーク、講 MORE

THE MADNAマドンナ

突然変異で生まれた新バンド「THE MADNA(マドンナ)」。 メンバーは 涼太(Vo)、太嘉志(Gt)、朋(Ba)、理緒(Dr)の4名から成る。 12月22日リリースとなる待望のデビューEPは、覚醒を問う「MAD GAME」のような激しい曲から、優しく包容力あるメロディで切ない想いを紡ぐ「ビューティフルワールド」まで、メンバーの狂った遺伝子が混ざり合い生まれた MORE

HOLLOW SHADEホロウシェイド

2021年10月、Starwave Recordsへ所属。  ダーク/ラウド/メタルコア/泣きメロな要素をミックスアップした音楽性を武器に、ヴィジュアル系/ラウド&メタルシーンを掻き乱している。新潟を拠点に現在は全国で活動の幅を広げている。ステージではヴィジュアル系独特の雰囲気を纏いつつも、ラウドバンドとも言える熱量の高いパフォーマンスを武器としている。そしてメンバー全員が特に自信をもっているの MORE

Drive at your Brainドライブアットユアブレイン

コロナ禍にバンド活動の制限を受けたバンドは数知れないであろうが、「BLAIVE」というバンドもいくつもの困難を叩きつけられたバンドだ。 所属事務所からの離籍、自主活動でのワンマンを皮切りに「これから」という活動がすべて白紙にせざるを得なかった。 思い通りの活動ができない中、「脱退」や「解散」というネガティブな2文字が何度も何度も現れ、そんな中でも応援してくれているファンや関係者を思い出し、この MORE

Drastic Full MooN -神月-ドラスティックフルムーン

【 アナタを導く一条(ひとすじ)の光 】 どんな暗闇の中にいても、優しく照らせる満月の光が、あなたの心の支えとなりますように。 俯いていたって、また顔を上げられますように。 MORE

NETH PRIERE CAINネスプリエールカイン

罪人(革命家)ダークヒーロー「目的の為ならなんだってする、それがたとえ罪でも・・・」世の中に抗うために収監された者達がある1つの目的の為に集まった。   NETH PRIERE CAIN -新章-   これまでNETH PRIERE CAINは神の名を冠する曲、花の名を冠する曲を生み出してきた。3年目を迎えるNETH PRIERE CAINの新たなる物語が始まる... MORE

i.D.Aアイディーエー

2018年11月始動。  バンドコンセプトの三角形 「▲」 の各点を喜び ・ 悲しみ ・ 怒りだと捉え、相反する感情や矛盾を人間の本質と考え作品を生み出す。 ライブではオーディエンスと共にやり遂げる事を意識して、 非現実な世界と全ての感情を昇華し、 自分達の楽曲をそれぞれの感情の逃げ場所するために活動中。 MORE

NAMELESSネームレス

ex.アヴァンチック NOAH、ex.NAZARE 妖、ex.MAMIRETA かる。を中心に結成された5人組バンド。 コンセプトはまだ明かされていない。 作詞作曲MIXまで熟す実力派ボーカリスト・NOAH、ベーシストIKUO氏のサポートも務めたV系界最速のピッキングスピードを誇る8-strings・妖、謎多きベーシスト・かる。を中心に結成された令和の新バンド。   MORE

Zeke Deuxジークデュー

Scarlet ValseのKakeruとthe Reveude-リヴード-のギター・遥(Zeke DeuxではHaruka名義)が手を組み誕生したのが、Zeke Deux(ジーク・デュー)。 MORE

ARMADEAアルマディア

Dr.LyieK.(ex.CLACK inc.)、Gt.HIROYA(ex.the:Ø)、Vo.一稀(ex.DILLINGER)の3人を中心に Gt.Yamato、Ba.一磨を迎えた5人で結成。 金沢を拠点とし、県外へも精力的に活動する。 バンドコンセプトは 「弱者の怒りを体現する女神」。 MORE

仮病ケビョウ

【唄】御幸、【六弦】半田 を中心として結成。 とてつもなく記憶力が欠如しているので、正確な結成日は不明。 ──だったが、現行メンバーが揃った為、御幸によって 2020年2月2日が結成記念日となる。 "和"を軸にした多彩な楽曲でビジュアル系ライブシーンを掻き回している。   MORE

Magick-マギック-マギック

先日開催された1周年記念ONEMAN SHOW~不思議な猫が躍る夢~を成功におさめたMagick-マギック-が新たなコンセプト「欲望」を掲げ、新たなビジュアルと共に2021年9月1日に1st Mini Album【EtihW】Market-ブラックマーケット-をNew Release! Magick-マギック-初となる1st Mini Album【EtihW】Market-ブラックマーケット-は MORE

Nicori Light Toursニコリライトツアーズ

1999年にメジャーデビューし、「月光花」など数々の楽曲をヒットさせてきたヴィジュアル系ロックバンドJanne Da Arcの元メンバーであるyou(Gt)・kiyo(Key)の2人が中心となり結成。 全く異なるキャラクターを持つ男性2人のボーカルをむかえて、全ての楽曲を歌詞先行で楽曲制作をするなど、新たなロックバンドのスタイルを確立した。そのバンド名は Nicori Light Tours ( MORE

薔薇の宮殿バラノキュウデン

薔薇を愛でて耽美な世界を!美しいメロディに、嘆き・苦しみを乗せて歌い続けることが我が宿命。また、特に2020年以降の活動では、新たなサポートメンバーたちと共に追求してきた、その本格的なメタルサウンドにも定評がある。 MORE

ロゼ

2019年4月に結成し、2周年ワンマンよりメンバーを迎え新体制となったロゼから、5月19日にNew Single「束縛エンヴィル」のリリースが発表された。 それに伴いMusic Videoと新アーティスト写真も公開。 これまでのロゼとは違った、彼らの新しい一面を堪能して貰いたい。   6月9日には巣鴨獅子王にて無料ワンマン「Linz生誕ワンマン イエス・マイプリンセス」を開催。 また、1 MORE

ひまわり

THE DESPERADOザデスペラード

2019年12月、元DEVILOOFメンバー Gt.Seiya Dr.Hiroto そしてVo.Neroを招いて結成。「デジタルな活動をメインとした多角的活動型 次世代バンド」をテーマにデビュー。 MORE

OFIAMオブアイム

THE MICRO HEAD 4N'S メンバーが、新たな2つのプロジェクトを始動!   「OFIAM(オブアイム)」 Rise of "I am THE MICRO HEAD 4N'S" = THE MICRO HEAD 4N'Sとしての上昇 全てはTHE MICRO HEAD 4N'Sへ帰結するための新たな1歩であり更なる 進化を求め動き出す。 実験的音楽による常識の破壊。     MORE

Rorschach.incロールシャッハドットインク

謎に包まれた4人組オルタナティブバンド「Rorschch.inc」。 ウサギ型地底人よるメンバー構成は、ロールシャッハ1号・2号・3号・7号となるが、これは地上人向けのネームになっている。 ウサギ型地底人が発するサウンドは、重厚なギターリフとデスヴォイスによるメタルコアなサウンドと、日本の地上人的なヴィジュアル系メロディーが融合した、まさにウサギ型地底人の世界感が満載な楽曲に仕上がっている。 MORE

にがいニガイ

2021年4月30日より始動となった「にがい」。 6月30日に池袋BlackHoleにて行われる主催ライヴより、ギタリストとして友我(シェルミィ)が参戦することが発表された。 現在のアーティスト写真はメンバー4名でのものとなっているが、今後公開されるヴィジュアルなどにも注目して、続報を待ちたい。   MORE

毒蛾ドクガ

兼ねてより「T.S.K.M.J」としてシークレット活動をして来た彼らが、新たに「毒蛾(ドクガ)」として、2021/5/29に池袋ブラックホールにて行われた主催イベントにて、正式に始動を発表した。また5月29日より、音源集「0」の発売も決定。このコロナ禍において結成されたバンドの一つとして、どのような活動を経て進化していくのか。彼らの今後の活動を見逃すな! MORE

ジルドレジルドレ

AIは人類の知のジグソーパズル、AIは人類の知の集大成。自己意識を持つ事は形式理論学を基礎として、あり得ないとされる。けれど、何故人はそのような「物」に惹かれるのでしょうか。昔、自分が持っていたオモチャが喋れたらどんなに素晴らしかっただろう心の無い「物」達が、人の心を探し求める。ジルドレ ~3rd SEASON 開幕~ MORE

fuzzy knotファジーノット

ロックバンド・シドのShinji(Gt.)、ヴォーカルにRayflowerの田澤孝介(ex. Waive)によるユニット「fuzzy knot」。 田澤孝介は、SOPHIAの都啓一が中心となり結成した「Rayflower」のヴォーカルとしても活動しており、そのメンバーはドラムにZIGZOのSakura、ベースにBULL ZEICHEN 88のIKUO、ギターにAcid Black Cherryの MORE

3470.monサヨナラマンデー

2021年4月4日、平一洋(ラッコ)の参加中のプロジェクト、凄い人達(仮)から新たな展開と最新リリース「夜更かしさん」のMV SPOTの公開が発表された。   新感覚エンターテインメントとして、YouTubeでの番組配信や漫才への挑戦などジャンルどころか音楽というフィールドさえも超えた活動を行っていた彼らだが、初ライブを迎えた日、新展開となるバンドとしての活動を開始する。 バンド名は「347 MORE

CLOSE

★CLOSE To You Again... ~再びあなたに近づく為に~★   2021年、解散からちょうど20年目にあたる 1/14にCLOSEの再始動を発表。 2/24、デジタルシングル「想」リリース。 3/31、CD版「想」リリース。 事実上、CLOSEは再結成した。 再びあなたに近づくために… MORE

シンデレラキャッスルシンデレラキャッスル

「みんなを元気にするバンド」をコンセプトに、2021年04月02日 新ボーカルの加入と新体制での活動開始を発表。 2021年12月発売の新作、新ボーカル、キート加入後の初リリースとなる音源は、恋人と仲間への想いを綴った愛と友情の歌。 『切腹フレンド』というタイトルを「死ぬ時まで共に面白く行こうぜ」というフレーズで何とかまとめ上げ、インパクトと物語性をギリギリ融合させた究極の侍メルヘン。  公 MORE

ケイ

BAROQUE(無期限活動休止)のギタリスト、圭が本格的にソロ・アーティストとして始動する。 その始まりとして4月12日、東京・TSUTAYA O-EASTで開催するワンマンライブ<圭 SOLO LIVE 「THE LIBERTY -輪廻の新月-」>は、新たなパフォーマンススタイルを初披露するステージとなる。 このステージについて、圭はオフィシャルTwitterを通して「本当の意味での自分とい MORE

雪見だいふくの中身になりたい人生だったユキミダイフクノナカミニナリタイジンセイダッタ

ねこんちレコーズ主宰、さの。による音楽プロジェクト。 2019年5月1stシングル「閉塞はコスモ」からお騒がせに世間に飛び出した。 2020年3月1stミニアルバム「Traumerei」を引っ提げ、東名阪レコ発ツアー「夢見心地 2020-春の夢-」を敢行。 2021年2月、4週連続シングルを配信。 ジャンルにとらわれることなく自由に発信されるその音と、一枚絵を描くような歌詞表現。 彼の終 MORE

凄い人達(仮)スゴイヒトタチ

唯一無二といっても過言ではない歌・歌詞・世界観・パフォーマンスでヴォーカリストとしての活動を続ける「平一洋」が参加する新プロジェクトの最新情報が発表された。   新プロジェクトの「凄い人達(仮)」は、いわゆるバンドという枠組みにとらわれないものである。 このプロジェクトは多角的にエンターテイメントを表現するもので、音楽ではSYUTO(LAID BACK OCEAN)が作曲する「平一洋」にしか MORE

脳内麻薬project

EYENêSアイネス

2021年02月21日、音楽クリエイトグループからバンド体制で3月24日(水)高田馬場AREAより本格始動開始。 MORE

The Brow Beatザブロウビート

俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として、結成したバンドプロジェクト。ヘヴィ、オルタナティブで骨太なサウンドから軽快なロックまで、多種多様なRyujiの世界【The Brow Beat】を、PENICILLINのHAKUEIがトータルプロデュースする。 2018年1月1日、1st Album『ラグナロク』で待望のデビュー。オリコン週間インディーズアルバムランキング1位、1月1日付のiTu MORE

NINTHナインス

2020年7月 零(ex REVINE)を中心に結成。「生きた証」を残す為、2021年1月12日より活動開始! MORE

Keinaケイナ

今まで存在したことが少しづつ崩れてしまうなかで、いつなにが奪われても不思議ではないからこそ自身に忠実になりソロでの活動をスタートさせる。   先立ってはDigital single「Cage」を12月26日にリリース。各主要ダウンロード配信サイトおよび定額制音楽聞き放題(サブスクリプション)サイトにて配信スタート。   「Cage」のコンセプトとして提示されているのは「罪と嘘」。   MORE

アイミー

バンドコンセプトは「希望と絶望のバランス感」♪ アイミー誕生記念イベントは2021年4月1日(木)池袋BlackHoleにて! MORE

GrimAquaグリムアクア

2020年コロナ禍で未だ混乱を極める音楽シーンに新たな命が芽吹いた。 GrimAqua(グリムアクア)。 目に見えぬ恐怖に怯える日々、アクアリウムのような幻想空間に立ち寄り、抑圧された心を解放出来る場を。 そんな願いを込めて名付けられたバンドのメンバーは以下の4人。   Vo. LUM. Gt. 菊池明人 Gt. 柳 Ba. さとり ごう   Guitarの菊池明人と柳が中心と MORE

Keita Takeshita

2019年まで Far East Dizain のボーカルとして活動していた Keita が2020年に"Keita Takeshita" として立ち上げたソロプロジェクト。 12月18日に1st シングルをデジタルリリース。   MORE

SEESAWシーソー

2020年も終わりに近づいた今日、ヴィジュアルロック界騒然のビッグニュースが舞い込んだ。 圧倒的歌唱力の持ち主である元ViViDのヴォーカルSHINと、隙のないテクニカルなギターを奏でるNIGHTMAREのギター咲人という、奇跡の組み合わせが実現!その名は「SEESAW(シーソー)」。 2人の織りなすサウンドは未だヴェールに包まれているが、デジタルサウンドに響く激しくも滑らかに奏でるギターと突 MORE

ALCYONアルシオン

2018年7月9日 今池3Starにて始動し、名古屋を拠点として活動。 重めな楽曲を中心に展開、合わせてVocal.星羅のハイトーンボイスも魅力だ。 枠に囚われる事なくあらゆるジャンルをALCYON色に染める、名古屋を担う超新星の若手バンド。  MORE

洗脳TOKYOセンノウトウキョウ

「洗脳 Tokyo」はじめます──。   MORE

GLORIAグロリア

一つの音楽ジャンルに拘らず、幅広い多彩な作曲センスを持ち合わせたV系バンド。 Vo.雨、Gt.くっきーがコンポーザーとして中心に都内で活動中。 MORE

Nero Chronicleネロクロニクル

2020年11月15日、情報公開。   新たな物語が始まる。 バンドコンセプトは「物語を紡ぎ、語り継ぐ」。物語を楽曲で表現し、多種多様で非現実的な世界を創り上げる。さあ、Nero Chronicleの世界を体感せよ。 ようこそ、始まりの1ページへ。 MORE

LANTANAランタナ

2020年7月に5周年を迎えた彼ら。 流行に流されない主張の強いバンドサウンドと、そのサウンドに負けない力強さと響き渡るボーカルから生み出される楽曲達は独特の雰囲気が必ず感じられ、どの楽曲からも「LANTANA」らしさを感じさせてくれる。 2021年1月、LANTANAの新たな動きが──。 MORE

DazzlingBADダズリングバッド

2020年11月26日よりデモ始動。翌年2021年2月23日に池袋BlackHoleにて本始動となる。 MORE

鐘ト銃声カネトジュウセイ

2019年8月結成、バンドコンセプトは「君ト僕」────。 MORE

the Reveudeリヴード

2019年5月、結成を発表。 耽美ゴシック・クラシック・ハードロックを融合した叙情性のある楽曲で、既存の音楽シーンに囚われない純粋な旋律を追求する。 MORE

最美桜前線

ヴィジュアル系バンドと演歌歌謡 歌手の二足の草鞋で活動する、花見桜こうき、最上川司、美良政次による公演<夏だ!祭りだ!君との思い出作りだ!最美桜劇場 配信リサイタル>が8月8日に行われ、世界初!世界一ド派手な2.5次元演歌歌謡グループ「最美桜前線」を結成した事を発表。  2017年に花見桜こうき、最上川司で「最上桜劇場」として公演を行い、2020年に美良政次を加え、ビジュアル系演歌歌謡の御三家と MORE

リメイズリメイズ

リメイズとして2020年9月1日から本格始動。 重厚かつハードなサウンドにVo.きょーすけの伸びやかな歌声が乗る「メロディアス・ハードロック」を標榜し、活動。 90年代V系の音楽性を継承しつつ、Janne Da ArcやSIAM SHADEといったレジェンド達に影響を受けた楽器隊の高度な演奏力も魅力の一つ。 MORE

ハイダンシークドロシー

女装モデルやタレントとしても各種メディアで多方面に活躍しているハイトーンVo.谷琢磨、昨年結成25周年を機に犬神サアカス團から脱退したGt.情次2号とBa.ジン、さらにヴィジュアル系シーンにおいて長年第一線で活躍してきたex.KraのDr.靖乃の4人が2020年7月17日に新たなバンドの結成を表明した。 始動に先立ちオフィシャルサイト(https://HSD.tokyo)にティザートレーラーがア MORE

アリ

過去にリリースした3作品が自主流通でありながら全て完売―。  勢いに乗るヴィジュアル系新人バンド「蟻」が、2020年8月よりDIR EN GREY、メリーらと同じ「サンクレイド」への所属を発表。 所属後、独自のレーベル「ANTHIVE Record」から初の作品として、9月15日に4th シングル「虫唾が走る」を発売することが決定した。 前作品「弱虫は、幸福をさえおそれるものです。」では“和 MORE

MeltyFateメルティフェイト

2020年2月、情報公開。 名古屋発の「エモーショナルラウドバンド」、『MeltyFate』。 そのバンド名は「運命」を意味する。 MORE

DOGMASドグマス

2020年8月7日(金)、HOLIDAY SHINJUKUにて始動ワンマンを開催。 同日1st Single 「サキュバス」をリリース。 重く激しいサウンドにオーディエンス引き込んでいくようなメロディがDOGMASの世界観。   MORE

ゼラゼラ

VOIDヴォイド

誰もが抱く「孤独」をテーマにvocalアスカの描く様々な詩世界をヘヴィかつタイトなバンドサウンドに乗せ関西圏を中心にライブを展開していく。シークレットライブも好評な中、6/20(土)十三246Lstにて行われるワンマンライブより活動開始!! MORE

サイノ筐ニワサイノハコニワ

Leetspeak monsters、アンドゥーが所属するGLK MUSICより2020年03月16日、新たに「サイノ筐ニワ~31-8520~」(サイノハコニワ)の所属が発表された。 同時に最新アー写やリリース情報、主催イベントも解禁となった。 サイノ筐ニワ、まだどのようなバンドなのか細かい実態は露わになっていないが、深い世界観を秘めたバンドとのこと。 LIVEスケジュールを確認し、是非その MORE

HIZAKIヒザキ

VersaillesやJupiterで活動中のギタリスト。 MORE

GAM!ガミ

Avilisアヴィリス

ストレートでキャッチーなメロディを基調とし、重厚感あるバンドサウンドにデジタルサウンドを融合させた「聴けて暴れられるサラブレットロック」 MORE

KAKUMAYカクメイ

鴉-カラス-カラス

2020年1月1日、Vo.椋とDr.拓人を中心に結成。 バンドコンセプトは”時代に流されない真実の黒”。 Vo.椋の描く人の内面、言葉にし難い感情を表現した詞と荒く生々しいバンドサウンドが交錯する。 MORE

ヒッチコックヒッチコック

2020年01月26日よりシークレットライブ敢行。 同日無料音源『キメイラ』配布。 MORE

Zooっとともだちズットトモダチ

2019年12月末日、突如としてスタートした有名ヴィジュアル系バンドマンによるペット系アイドル。   MORE

自我-ジガ-

2020年01月07日 情報公開。 誰しもが手を伸ばす光___そして、誰しもが根本奥底に深く眠る黒い闇___   あなたの「自我-ジガ-」芽生えていますか?   令和なのに___なぜか昭和の懐かしい匂いがする雰囲気を醸し出すバンド「自我-ジガ-」。 MORE

道化て鴉ドウケテカラス

令和元年8月15日、始動。『ホラー×エンタメ×ファンタジー』をコンセプトに掲げ、九州バンドシーンの中でも異端な存在として精力的に活動中。   始動後1ヶ月足らずで初MV作品として『怖い譚』を発表。背後にそっと気配を感じてしまう恐怖、楽曲全体に散りばめられた儚さがバンドの世界観と相まって話題となる。   同年12月25日には1st Single『怖い譚』のRelease情 MORE

GLIM GARDOグリムガルド

2020年1月3日、解禁。 MORE

アダビトヲコガラヌアダビトヲコガラヌ

2019年~2020年、カウントダウンライブにて発表された「アダビトヲコガラヌ」。  夜明ケヲ待ツ愚図達ニ告グ。 "手ヲ繋ゲ" MORE

Chain×maiLチェーンメール

メールやSNSの台頭などにより過去のものとなりつつある『手紙』。 その古臭い手段に込められた生々しい人々の「想い」「感情」を、ラウドロックを基調とした楽曲に込めて表現するバンド。 MORE

Astarothアスタロト

関西を拠点に活動、バンドコンセプトは「負感情から生まれた悪魔の居場所」。 人間の心の醜さから生まれる負の感情と、孤独から生まれた悪魔という存在。 日常で感じる苦痛から逃れたいという思いは、自らの居場所として"現実に存在する魔界"を作り上げた。 賛同する者達を"魔族"と呼び、魔界は進化を遂げてゆく。   MORE

XANVALAザンバラ

XANVALA=“ざんばら髪”からの意味。乱れ髪でヘッドバンキングをするオーディエンスに向けて【乱れる事は美しい】というワードをコンセプトに、2020年1月30日池袋BlackHole<XANVALA始動ワンマン『WARNING COLOURATION -警告色と下極上-』>にて始動。 Vo.巽(たつみ)の声、メンバー個々のライブでの表現力、メロディアスかつミクスチャーロックの要素を取り込んだラ MORE

DAMILAダミラ

ボーカルのハイトーンボイスと重いディストーションサウンドで深淵な世界観を描き出す次世代ミクスチャーロックバンド。 MORE

Visual Laboratoryヴィジュアルラボラトリィ

2019年11月始動関西発のヴィジュアル系バンドになりたいバンド。 ヴィジュアル系をこよなく愛する4人が集まり、一人前のヴィジュアル系バンドになる為に、徹底的にヴィジュアル系の研究、実験を繰り返す。 その飽く無き探究心は留まることを知らず、きっといつかヴィジュアル系になれるその時まで止まることは無いだろう。 そう、全てのヴィジュアル系に愛を… MORE

NOCTILUCAノクティルカ

2018年10月結成。 社会にある綺麗事ではない現実、リアルに重点を置いたメッセージ性と、幅広い音楽ジャンルから形成された音楽性をウリに「媚びない事の美学」を貫くをコンセプトとしたバンド。 MORE

for severe addicts onlyフォー シビア アディクツ オンリー

Vo.進(空【ku:】) Gt.慎(ex-アヲイ) Ba.サキ(ex-アヲイ) Dr.Ryo (ex-アヲイ) によって構成されており、哀愁溢れる歌詞とメロディを持つ楽曲、そしてそれらを激情的なスタンスで表現している4人組。 MORE

企カクモノキカクモノ

激・悲・ 美、妖・楽・怒・奇・ 儚・哀・艶・虚・刹那固定観念を打ち砕き、様々な視点から創造していくバンド。 MORE

タラればタラレバ

2019年12月22日より九州を拠点に仮始動! 同日には1stシングル「最初のワガまま」をリリース!!「あの時ああしていたら…」「あの時こうしていれば…」すべての後悔と、未来への希望を楽曲に詰め込み、もう誰にも後悔させない時間を届ける。 MORE

DE/CLIOダクリオ

2019.10.31 情報解禁、2020.1.5 始動。『死者の帰還』『生と死』をコンセプトに掲げ、活動を行う。 [DE/CLIO]は[dacryon=涙骨]より連想。涙骨とは眼窩内側の前方にある薄い骨で、涙嚢が収まる溝があることから涙のスタート地点、悲しみの始まり、感情の慈しみ、それらを持つ者を包み込む(護る)という意味合いを持つ。独自のスケジュール展開、V系というジャンルに囚われない幅広い分 MORE

ネオグラフネオグラフ

平成最後の仙台系!というキャッチフレーズを掲げ2019年1月18日主催ライブより始動!写真や絵を用いて視覚に訴えるさまを曲に置き換え様々な色の楽曲と共にメンバーも枠に縛られず曲のテイストに合わせ変化し表現していくバンドという意味を込められネオグラフと名付けられた。 MORE

Lillリル

独自の世界観でヴィジュアルシーンをリードするvistlipのボーカルの智とベースの瑠伊によるユニット。 --- ■PROFILE 【智】 独自の世界観を持つ詞、そしてその甘い声でLillの世界をまとめ上げる。様々なジャンルの良い物は偏見無く取り入れ自分のフィルターを通して独自のスタイルを作り上げる。 【瑠伊】 持って生れた柔らかい物腰と独特の天然の緩さは周囲を和ませる。ジャンルにとらわ MORE

CHIC BOYシックボーイ

終焉ノ羅刹シュウエンノラセツ

2019年11月1日、情報公開。 流行りに流される事なく我が道を行く圧倒的なヴィジュアルと楽曲はまさに王道。 五感を揺さぶる激しさだけでなく、伝えたい思いが自然と心に響き渡るメロディーはまさにヴィジュアル系バンド好きにはたまらない楽曲を提示する。   MORE

在りし日のうたアリシヒノウタ

11月8日に始動するという謎のバンド「在りし日のうた」の情報が入った。 公式SNSに投下された告知映像で流れる楽曲は、非常に中毒性の強いモノ。 現在、これ以外の情報が無いので伝えられることは以上だが、非常に興味をそそられるのはなぜなのか────。   引き続き新たな情報が入ってくるのを待とう。   MORE

AMONOVAアモノバ

2019年12月6日池袋Black Holeより始動。 コンセプトは「毒POP」!? 聴きやすいポップな曲の中に、歌詞や音使い、曲展開等で毒を吐きまくる「毒POP」という新ジャンルを作り上げる! 振り付けもあり、暴れ曲もあり、のまるでオモチャ箱の様な彼らのパフォーマンスにぜひご注目を! MORE

赤い靴アカイクツ

新時代令和、突如現れた二人組みバンド「赤い靴」。   メンバーはボーカル:浅井勇太ドラム:難波一臣   両極端なヴィジュアルの二人が放つ音は、一体何を訴えかけるのか!?   コンセプトに令和パンクを掲げ、令和元年11月13日始動。 MORE

Marvelous Crueltyマーベラスクルエルティ

1 / 2612345...1020...最後 »