ARTIST FILE

Share on Facebook
LINEで送る

メロメロ

PROFILE

2006年1月より始動。
札幌を中心に活動を続け、徐々に関東にも進出。
4月9日に1st-maxi-single「モーテル札幌」を発表。
ハイレベルな曲調、魅力あるヴォーカルスタイルがクチコミで拡がり1000枚完売!
その後、追加再販される。

飛び抜けたサウンドセンスと目の離せない個性的なパフォーマンス、
ヴォーカルセンスは強烈なインパクトを残す。必見必聴の札幌発・超注目バンド。

数々の大イベントに参加し、
東京単独公演も完売状態させたMELLO(メロ)が、満を持して今動き出す。

その瞬間を見逃すな!

-----2009年12月15日 渋谷BOXXのライブをもって活動休止-----
> official WebSite
> ライブ情報はこちら

NEWS

—お知らせ—

平素より御声援を賜り、厚くお礼申し上げます。
皆様に大切なお知らせがあります。
MELLOは本年度の公演日程を持ちまして「封印(=主だった活動の休止)」する事になりました。
来季に向けての調整も重ねて来ましたが、
メンバー各々が現状求める方向性や音楽性を尊重するスタンスの結果、封印する事に至りました。
最期のその時を迎えるにあたり、今後とも応援して頂ければ幸いです。

MELLO
智 amonn 峻

LIVE

2012年

MELLO
限定追加公演
「メロンコリーは二度笑う」

天聞 / 夢時 / 峻 / 智 / 湊

▼公演日
2012年12月16日(日)

▼会場
SAPPORO-CUBE-GARDEN

OPEN 18:00 / START 18:30
前売¥3,000/当日¥3,500
(税込*D代別)

◆店頭販売
2012年10月27日(土)
ZEAL-LINK SHIBUYA 03-5784-9666
初日から店頭販売あり

Like an Edison TOKYO 03-3369-3708
初日は御電話にて受付⇒店頭お渡し

音楽処 011-221-0106
初日から店頭販売あり

Lucy’s Pocket 011-223-4666
初日から店頭販売あり

◆通販受付
2012年10月28日(日) 22:00開始
ticket@mello2.com⇒代金引換となります。
チケット配送先の住所/御名前/電話番号を明記の上、送信ください。
(希望枚数に関係なく送料一律400円)

【共通事項】
※チケット番号は全て完全シャッフルとなります。
※枚数制限なし。
※東京公演 / 札幌公演 OFFICIAL GOODS販売予定
(売切次第販売終了)

INFORMATION

■オフィシャルHP
http://mello.jp/

■インフォメーション
info@mello.jp

■ファンレターなど宛先
〒001-8691
私書箱14号 「メロ」
※ファンレターの場合は●●宛と明記して下さい。

BIOGRAPHY

2005年

初冬 sato、amonn、yumezi、shun、minatoの5人で初めてセッションを行なう。

●デモンストレーションライブ
12月10日 札幌MESSE HALL
★会場限定CD 「アリス華の乱」 発売

●姫苺/ポワトリン/Darty drop 合同イベント
デモンストレーション期間終了
12月19日 札幌PENNY LANE24

====================

2006年

01月 始動
01月30日 渋谷O-WEST「to HONEY」
02月11日 札幌KRAPS HALL「Winter Romantic Fes.」
★会場限定CD 「ありえないCD」 発売
02月12日 札幌KRAPS HALL「Winter Romantic Fes.」
02月25日 札幌MESSE HALL
03月17日 札幌KRAPS HALL

●1st Maxi 「モーテル札幌」 先行発売単独公演
04月08日 札幌MESSE HALL *SOLD OUT*

★04月09日 1st Maxi 「モーテル札幌」 発売
*初回生産分1,000枚は即日予約完売*
★04月26日 1st Maxi 「モーテル札幌」 追加生産分を全国流通盤として再発売

05月05日 札幌MESSE HALL
05月13日 高田馬場AREA
05月14日 池袋CYBER
05月15日 池袋CYBER
05月28日 札幌MESSE HALL(シークレット出演)
06月02日 札幌KRAPS HALL
06月17日 高田馬場AREA
06月24日 札幌MESSE HALL
07月17日 札幌MESSE HALL
07月30日 札幌MESSE HALL「東京イルミネッセンス。夏 2006」
08月04日 札幌KRAPS HALL 「Mad tea party」
●このイベントを最後にminato脱退

09月13日 高田馬場AREA 「ヘヴンのお祭り☆天まで飛ぼう!!~創刊4周年記念東名阪TOUR~」

●メロ主催イベント
09月24日 札幌MESSE HALL *SOLD OUT*

09月25日 LOOP ASH RECORDSに所属
12月04日 大阪心斎橋CLUB QUATTRO 「心斎橋SMALL DOG」

★12月07日 Maxi Single 「ススキノ赤い雨」 発売

●メロ単独公演 【メロンコリーは2度笑う 「札幌!狸小路は私のガーデン」】
12月17日 札幌MESSE HALL(*SOLD OUT*
●メロ単独公演 【メロンコリーは2度笑う 「渋谷!道玄坂を駆け上げれ!」】
12月27日 渋谷O-Crest

12月31日 Zepp Tokyo「marsa&LOOP ASH COUNTDOWN EVENT 2006「赤いキツネと緑のイノシシ」

====================

2007年

●-OZ- VS メロ 2MAN 「50/50」
02月06日 渋谷O-Crest
——————————-
<The☆不思議☆サークル☆TOUR’07>
03月02日 名古屋CLUB QUATTRO
03月03日 広島CLUB QUATTRO
03月04日 大阪心斎橋CLUB QUATTRO
03月10日 札幌KRAPS HALL
03月11日 札幌KRAPS HALL
03月20日 渋谷CLUB QUATTRO
——————————-
<stylish wave CIRCUIT’07 春の嵐>
03月18日 横浜ARENA SOUND HALL
03月21日 HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
——————————-
★04月 オムニバスアルバム「CROSS GATE 2007~STRAWBERRY SEEDS~」に参加
★04月04日 1st Single 「春速ライナ」 発売! 初回生産分 3,000枚!

●メロ単独公演 【メロムラメロ】
04月07日 札幌MESSE HALL (*SOLD OUT*
——————————-
<UNDER CODE PRODUCTION & LOOP ASH EVENT「CROSS GATE 2007~STRAWBERRY SEEDS~」>
04月12日 大阪MUSE
04月13日 名古屋HeartLand
——————————-
05月26日 渋谷O-Crest「順風満帆~風向良好~[拾]」
——————————-
●ヘブンズ喧嘩祭ほわっちゃー!~暴れたいの拡大路線~
ポワトリン VS メロ
05月27日 渋谷O-Crest
06月10日 札幌KRAPS HALL
——————————-
06月01日 池袋サイバー「LuLu主催公演『感染拡大』~新型ウィルス猛威を奮う~」
06月03日 新横浜アリーナサウンドホール「順風満帆~風向良好~[壱拾壱]」
07月03日 札幌KRAPS HALL「Dear:M.H 『項1:バターを塗りたくる男』 」
——————————-
<stylish wave ’07 MAX>
07月15日 横浜アリーナサウンドホール
07月22日 水戸ライトハウス
<ループ開き-2007->
07月18日 渋谷BOXX
07月25日 大阪ミューズ
07月27日 名古屋エルフィッツオール
<順風満帆~風向良好~>
07月20日 仙台HOOK
07月23日 新潟JUNKBOXmini

★07月25日 1st MINI ALBUM「メーデー」発売
※初回限定盤/通常限定盤
*初回限定盤予約完売*

08月11日 札幌MESSE HALL
——————————-
●7ガツク日ハ”メロ”ノ日!秋の札東単独公演
09月07日 札幌KRAPS HALL
09月08日 札幌KRAPS HALL ☆追加公演
09月17日 渋谷CHELSEA HOTEL
——————————-
11月07日 札幌KRAPS HALL
11月11日 池袋CYBER
12月09日 高田馬場AREA

●MELLO単独公演 ~RiSiNg of MAYDAY~
12月18日 札幌KRAPS HALL

====================

2008年

●ポワトリン・MELLO・姫苺 ~新年会サミット記念ライヴ~
01月31日 原宿ASTRO HALL

●MELLO 新春1発目3マンライヴ
w:Ruvie / RENTRER EN SOI
02月08日 札幌KRAPS HALL
——————————-
<PS COMPANY PRESENTS 『地中楼閣-チチュウロウカク->
02月11日 高田馬場AREA
02月24日 高田馬場AREA
——————————-
02月14日 原宿ASTRO HALL「LIKE AN EDISON PRESENTS「Be My Valentine’08 」
03月17日 渋谷O-WEST「S’CUBE主催「闘争本能~地核破壊~」

★05月11日 5月、6月、8月連続発売第01弾 Core-CD-Single「彩撃のヴェクトル」限定発売
★オリコン 2008年05月26日 付インディーズシングル 週間ランキング 5位獲得★
※店舗/通販限定

●東京MELLO 主催限定イベント 『虹渦』
06月14日 池袋CYBER *SOLD OUT 御礼*

★06月25日 5月、6月、8月連続発売第02弾 Core-CD-Single「虹渦のフォトン」限定発売
★オリコン 2008年07月07日 付インディーズシングル 週間ランキング 7位獲得★
※店舗/通販限定

07月05日 渋谷BOXX「ν(NEU)初主催イベント」
——————————-
<stylish wave ’08 MAX>
07月13日 横浜アリーナサウンドホール
07月27日 札幌ペニーレーン24
——————————-
07月22日 札幌KRAPS HALL「-A Noble was Born in Chaos-」
08月01日 浪花が大変
08月04日 渋谷が大変

●東京MELLO 主催限定イベントⅡ『時勢』
08月23日 池袋CYBER
*SOLD OUT*

★08月27日 5月、6月、8月連続発売第03弾 Core-CD-Single「時勢のカタストロフィ」限定発売
※店舗/通販限定

●MELLO 東京単独公演 『故に空は終焉す』
09月26日 渋谷O-WEST

★12月24日 Debut Mini Album「MELLO」RELEASE

12月27日 札幌Sound Lab mole

====================

2009年

●お年玉的な無料解放 MELLO-GIG
1月25日 池袋CYBER

●MELLO-Club-Party’09 プレミアム密会イベント
3月1日(日) 池袋CYBER

<stylish wave CIRCUIT’09 春の嵐>
3/21(土)水戸ライトハウス
4/1(水)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
4/2(木)神戸チキンジョージ
4/11(土)高田馬場AREA

<カル・ヴァリ「HIDEOUT」先行発売記念東名阪主催~HIDEOUT PARTY~>
4月23日(木)大坂MUSE
4月24日(金)HOLIDAY名古屋
4月28日(火)渋谷O-WEST

<Versailles Presents「革命のアンソロジー」>
05月18日(月)札幌KRAPS HALL
05月26日(火)新宿RUIDO K4

5月24日(日) 原宿ASTRO HALL「TOUR 暴れ納め「ポワトリン昇天」

●MELLO単独公演
◆メロ・ド・クチュール・コレクション 09◆
05月30日 VUENOS-TOKYO-SHIBUYA

06月05日 目黒LIVE STATON「MASQUERADE主催イベント「Dancing in The World★vol.1」

06月26日 札幌cube garden「V LIVE CHANNEL(side:V)」
出演:彩冷える/MELLO

◆stylish wave MAX ‘09
7月14日(火) 柏ドランカーズスタジアム
7月22日(水) 仙台CLUB JUNK BOX
7月24日(金) 青森QUARTER
7月26日(日) 札幌ペニーレーン24

11月28日(土)SAPPORO CUBE GARDEN
12月6日高田馬場AREA

= MELLO 活動封印 単独公演 =
◆ メロ・ド・クチュール・コレクション 09 ◆
◆ ◇ ◆ ◇ エイチ ドメイン ◇ ◆ ◇ ◆
12月15日(火)SHIBUYA BOXX

DISCOGRAPHY

¥2,300(税込)
発売日:2008/12/24
品番:CRCP-40225

TITLEMELLO

1.With the Modern
(作詞:amonn 作曲:sato)
タイトルは「モダンと共に」という意味。
収録以前からライヴでも演奏されているナンバーで、大きな盛り上がりを見せるナンバー。
デビュー前にも原曲(モダンな速さで)がリリースされている。
前回のイメージよりも、デンジャラスで激しく鋭い要素を取り込みつつも曲の持つ雰囲気には気品を持たせている。
構成はPV化をイメージして作られたらしいが「彩撃のヴェクトル」が先にPV化決定した事から作られてはいない。
スタジオでイントロのギターリフから広げられ、勢いがさらに増した。

2.彩撃のヴェクトル
(作詞:amonn 作曲:sato)
タイトルは「様々な方向から発生する色彩の交差と衝突のヴェクトル」という意味。
sato曰く「物語や映画のような構成をイメージしてから、リズム、メロディ、という順番に作っていきました」。
サウンド面には攻撃的でノイジーな部分が随所に見られるが、
空間系の音色がギターやシンセが世界観的な拡がりを見せている。
唄い回しにもそれは意欲的に現れており、My Bloody Valentineにあるような繊細で甘美な部分や、
ミックスヴォイス、ファルセットを織り交ぜた複雑な構成だ。今までからは考えられないがデスヴォイスにも取り組んでいる。
MELLOにとっては初のタイアップ曲となるが、これはメンバーの知らない所で進んでいたようで、
実際はタイアップが決まった時点で、その映画への書き下ろし曲を制作していたようだ。(その曲は公開不明)

3.時勢のカタストロフィ
(作詞:amonn 作曲:amonn)
タイトルは「崩壊してゆく時」を意味する。
モーテル札幌から2年ぶりとなるamonn作曲のナンバー。前作とはまったく異なる曲調。
久しぶりの作曲をするにあたっては、
amonn曰く「様々な作業でまったく時間がなかったが、言い訳がましいから」という事らしい。
原曲の段階ではプログレッシブな要素が強く現れた曲であったが、
ある程度、聴きやすさを求めたら現状のかたちになったという。
サウンドや構成はゴシックメタルの特色が反映されており、ダークな世界観になっている。

4.To Such You
(作詞:amonn 作曲:shun)
タイトルは「そんなあなたへ」という意味。
デモの段階では8ビート主体の曲だったが16主体となる。
とてもキャッチーで聴きやすいストレートロックチューンナンバーであるが、
歌詞には、恋人達は、それぞれの国に等しく存在するが、
その者達が、争う双方の国の思惑で始める戦争で互いに殺し合うという悲劇を謳い、
そんな政治的背景への反戦的なメッセージが込められている。

5.Good bye Halphas
(作詞:amonn 作曲:shun)
タイトルは「さようなら!ハルパス」という意味。
ハルパスとは「ソロモンの小さな鍵」という書物に記される72人の悪魔のひとりで、
主に黒い鳩で表されるが、妖艶な女性にも変化するといわれている。
その書物の記載順によるとハルパスは「38」である。DiabolosとはDevilの語源で悪魔を表す。
作曲者のshun曰くファンクはファンク。でもファンクなロック。
今まで作った事がなかったタイプの楽曲なので挑戦曲との事。
アンニュイでクールな序盤から、サビでの拡がる展開はとても聴き心地が良い。
amonn曰く「理想的なヴォーカルスタイルのひとつ」との事でレコーディングも1時間程で終えたという。

6.Mourning
(作詞:amonn 作曲:amonn)
タイトルは「哀悼」という意味。
amonn曰く、曲自体は相当昔から存在していたが、
構想と世界観がとても大きく、今まで納得出来るかたちにはなっていなかったという。
1曲で沢山の人々の物語を表現したかったという構成は、
今ままでの楽曲にはなかったようなアンビエントな情緒すら感じる。
希望がない人、故人、夢を失った人、あるいは夢を探す人へ込めた曲である。
まるで母親が子供をあやす時のような、
あるいは、子供が母親に話し掛けるようなamonnの声が極限まで冴え渡っている。
ギタープレイにおいてshunは終始クリーントーンにこだわったという。

※track2,3・・・Album Version収録
¥800(税込)
発売日:2008/06/25
品番:MELLO-03

TITLE虹渦のフォトン

,,,1.虹渦のフォトン,,,

作詞:amonn & yumezi 作曲:yumezi 
編曲:MELLO & blue on blue

ブリティッシュロックな風合いもあるサウンドとヴォーカルセンスは必聴。
個々の楽曲の完成度を追求するような姿勢と、
リスナーを置き去りにしないキャッチーさの兼ね合いは見事。
前作で発生したヴェクトルがうねりとなり渦が発生。
そのうねりの摩擦は渦を超速の光の粒子(フォトン)に変還して行く。
超速の光は渦を満たし、その勢いでかたちを留められなくなる。
¥800(税込)
発売日:2008/05/11
品番:MELLO-002

TITLE彩撃のヴェクトル

,,,1.彩撃のヴェクトル,,,

作詞:amonn 作曲:sato 編曲:MELLO & blue on blue

MAYDAYによって集約された世界が完結、
そこから新たな現象の成り立ちをイメージして作られたナンバー。
サウンド面には攻撃的でノイジーな部分が随所に見られるが、
空間系の音色がギターやシンセが世界観的な拡がりを見せている。
唄い回しにもそれは意欲的に現れており、
My Bloody Valentineにあるような繊細で甘美な部分や、
ミックスヴォイス、ファルセットを織り交ぜた複雑な構成だ。
今までからは考えられないがデスヴォイスにも取り組んでいる。
¥3,150(税込)
発売日:2007/07/25
品番:TNSR-24

TITLEメーデー【初回限定盤】

【CD】
,,,1.EpiLogue,,,
死と生は表裏一体=終わりは始まりを象徴するナンバー。
曲のタイトルもMAYDAYの1曲目であるにも関わらず、
EpiLogueとしたのも、そのようなメッセージが込められている。
今までのMELLOの楽曲の中でも取り分け幻想的な曲調だ。
何よりも、Vo天聞のセンスが雰囲気をさらに際立たせている。
序盤の静かな夜の荒廃した世界へ、
命が吹き込まれて行くかのようなサビへの導入部分には感動を憶える。

,,,,2.Labyrinth,,,,
ライヴで大きな盛り上がりを見せる事になるであろうナンバーのひとつ。
映画Labylinthがイメージの発端。
セクシーかつ激しく妖しい曲調と唄い回し、歌詞が印象深い。
魔王の城へ引き込まれ、邪悪な舞踏会が繰り広げられているイメージ。

3.EnVee ←試聴OK!
本作MAYDAYのメインポジションにあるフラッグシップナンバー。
MELLOの要素としてある、
レトロ、メロウ、情緒的、ジャズエッセンスなイメージを、
さらに構築させたハイレベルな曲で、
歌詞にも新たな試みが施されており、
このシーンにおいては一線を画す作品であろう。

4.不義理の国のアリス ←試聴OK!
ライヴでは定番となっている激しく攻撃的なナンバーで、
デモンストレーションライヴの日限定で、
発売された「アリス華の乱」に収録されたものを再レコーディングした。

5.瞳を閉じて見る夢 ←試聴OK!
片道キップに続き、峻が作詞作曲。MAYDAYを締めくくるナンバー。
クリーントーンと歪みを調和させた心地良い曲調となっている。
元々、MAYDAYの中間に入る指示があったらしいが、
全体的に世界観の濃い曲を聴いた聴き手の心身を、
リセットさせたいとのメンバーの意図もありラスト6曲目になった。
これによってもう1度重厚な1曲目から気持ち良く聴き入れる事が、
EpiLogueのテーマへ繋がり、
MAYDAYの構築された概要を垣間見る事が出来る。
ちなみに、東京での共同生活の際、峻の隣りで寝ていた夢時が、
美人の女が傍にいる夢を見て、峻の二の腕を触っていた事が、
作曲のきっかけになったらしい。

【DVD】
春速ライナ(PV)
¥2,625(税込)
発売日:2007/07/25
品番:TNSR-25

TITLEメーデー【通常盤】

,,,1.EpiLogue,,,
死と生は表裏一体=終わりは始まりを象徴するナンバー。
曲のタイトルもMAYDAYの1曲目であるにも関わらず、
EpiLogueとしたのも、そのようなメッセージが込められている。
今までのMELLOの楽曲の中でも取り分け幻想的な曲調だ。
何よりも、Vo天聞のセンスが雰囲気をさらに際立たせている。
序盤の静かな夜の荒廃した世界へ、
命が吹き込まれて行くかのようなサビへの導入部分には感動を憶える。

,,,,2.Labyrinth,,,,
ライヴで大きな盛り上がりを見せる事になるであろうナンバーのひとつ。
映画Labylinthがイメージの発端。
セクシーかつ激しく妖しい曲調と唄い回し、歌詞が印象深い。
魔王の城へ引き込まれ、邪悪な舞踏会が繰り広げられているイメージ。


3.Reminds me ←試聴OK!
これもライヴでは楽しく盛り上がるナンバーで人気も高い。
通常盤のみ収録。
軽快な楽曲に切ない恋人達の気持ちが込められた歌詞となっている。

4.EnVee ←試聴OK!
本作MAYDAYのメインポジションにあるフラッグシップナンバー。
MELLOの要素としてある、
レトロ、メロウ、情緒的、ジャズエッセンスなイメージを、
さらに構築させたハイレベルな曲で、
歌詞にも新たな試みが施されており、
このシーンにおいては一線を画す作品であろう。

5.不義理の国のアリス ←試聴OK!
ライヴでは定番となっている激しく攻撃的なナンバーで、
デモンストレーションライヴの日限定で、
発売された「アリス華の乱」に収録されたものを再レコーディングした。

6.瞳を閉じて見る夢 ←試聴OK!
片道キップに続き、峻が作詞作曲。MAYDAYを締めくくるナンバー。
クリーントーンと歪みを調和させた心地良い曲調となっている。
元々、MAYDAYの中間に入る指示があったらしいが、
全体的に世界観の濃い曲を聴いた聴き手の心身を、
リセットさせたいとのメンバーの意図もありラスト6曲目になった。
これによってもう1度重厚な1曲目から気持ち良く聴き入れる事が、
EpiLogueのテーマへ繋がり、
MAYDAYの構築された概要を垣間見る事が出来る。
ちなみに、東京での共同生活の際、峻の隣りで寝ていた夢時が、
美人の女が傍にいる夢を見て、峻の二の腕を触っていた事が、
作曲のきっかけになったらしい。
¥1,260(税込)
発売日:2007/04/04
品番:LPE-0003

TITLE春速ライナ【GURUGURU限定盤】

¥2,100(税込)
発売日:2006/12/07
品番:LPE-001

TITLEススキノ赤い雨【特別盤】

【CD】
1.モダンな速さで。
2.ロミオとジュリエット
3.三日○照明(ミカヅキライト)

【DVD】
三日○照明(ミカヅキライト)
¥0(税込)
発売日:2005/12/10
品番:DMC-000

TITLEアリス華の乱

1.不義理の国のアリス…バンド結成前からの楽曲で、その後にアレンジされ、初ライヴから演奏されているナンバー。
手探り状態から始まったようだがサウンド自体はレベルの高いものに仕上がっており、独特の空気感や世界観へ拡がる紀元前的な作品となった。
¥0(税込)
発売日:2006/04/09
品番:MELLO-001

TITLEモーテル札幌

1.メロンコリー…ブラスやストリングスを導入したシャッフルアップテンポのナンバー。
ベースはアップライトベースを使用しており、ジャズ・エッセンスが各所に顔を出す。
ライヴでは楽しく盛り上がる曲でもある。
,,,2.モーテル札幌,,,
…ミドル・テンポのバラード調ナンバーであり、シーンに一石を投じる意欲作。
白人系のジャズヴォーカルのように、リアリティのある刺激的な歌詞をストイックに歌い上げる。
峻と夢時の情熱的かつメロウなギターソロも素晴らしい。
3.片道キップ…一転して、青春サウンドとも言うべきナンバー。
彼らに一貫する歌メロを大事にしながら、各パートが絡み合うアプローチ。
現実的な歌詞とサビが、さらにそれをキャッチーにまとめあげている。
ライヴでも一体感を感じ取れる。

フライヤー

  • ●LIVE SCHEDULE
    2006.12.31-2007.1.1
    MARSA&LOOPASHCOUNTDOWNEVENT

ここに掲載しているフライヤー(ちらし)は、過去の物も掲載しております。掲載されている問い合わせ先は、現在変更になっている場合もありますのでお問い合せなさらない様、お願いします。現在のお問合せ先はLIVE SCHEDULEコンテンツ、又はARTIST FILEのコンテンツをご覧下さい。又、公演日程なども既に終了している物がありますので御注意下さい。