NEWS

2017年03月30日 (木)

★Acid Black Cherryの10年を振り返る【2015年編】★(9)

NEWS - 18:38:10

 

2017年7月18日よりソロデビュー10周年に突入するAcid Black Cherry。

 

記念すべき10周年に先駆けて、今週3月22日に「10th Anniversary Live History -BEST-」と銘打った、初収録映像満載の、総収録時間7時間32分にも及ぶライヴ映像作品を発売した。

そこで、Acid Black Cherryの10年を見てきた音楽ライターの武市尚子氏が、ABCの10年の歴史を1年づつ振り返る連載がスタート。


9回目の本日は、4thアルバム「L-エル-」を発売し、約10ヶ月に及ぶアルバムツアーを行った2015年に迫る!

 

====================

 


【2015年】 「Acid Black Cherry 2015 tour L-エル-」

 

 2015年2月25日。前作『2012』から約3年の時を経てAcid Black Cherryは4枚目となるオリジナルアルバム『L-エル-』をリリースした。

アルバム『L-エル-』のテーマは“愛”。波乱の人生を送った一人の女性が、その一生をかけて愛を求め生きる姿を描いた物語である。


 3月10日からは、このアルバムを引っさげてのツアー『Acid Black Cherry 2015 tour L-エル-』がスタート、アリーナ公演などを含めて年末まで続く、ロングツアーとなった。

「tour L-エル-」では、『L-エル-』の物語をイメージさせる映像が差し込まれるなど、アルバムのストーリーを色濃く感じさせ、その世界観へと深く誘う構成だった様に思う。


 「このときのツアーは、1枚のアルバムを10ヶ月かけてじっくりと魅せていけたツアーであったってとこが、いつもと大きく違ったとこだった。どのアーティストさんもそうやと思うけど、それなりの時間をかけて、全力をかけてアルバム制作に向き合うと思うのね。アルバムが完成したらだいたいツアーがあるけど、そこで終わっちゃう感じというか、落ち着いちゃう感じがあるでしょ。その期間って、すごく短い気がしてて。それってすごく寂しいというか、切ないというか。やっぱり長く時間をかけて一生懸命につくったから、聴く時もじっくり長い時間をかけて聴いてほしいなって思う。アルバムって、ツアーをやって初めて完成する感覚やからね。そういう意味でこのアルバムは、長く育 てられたのは良かったなって」


 ホールツアーは、長い期間をかけてまわったことから、ライヴ1本1本を分析して、次のライヴに望むことが出来た、充実したツアーであったとyasuは言う。

じっくり時間をかけて向き合ったツアーは、アルバムの世界観だけではなく、Acid Black Cherryのライヴの魅力をさらに際立たせていたように感じた。


「ずっと最初の頃から言い続けてる、【1万人であろうが1人であろうが、全力で同じステージを演る!】っていう気持ちを、アリーナツアーでどれくらい体現できたか分からないけど、一番後ろの人まで“楽しかった~!”とか“ワクワクしたわぁ~!”って思ってもらえてたら嬉しいなって思う」


 そう語っていたyasuのパフォーマンスは、アリーナクラスの会場で、どこの座席にいても楽しめるエンターテインメントを作り出していた。


“人生のピークを決めるのは自分次第”

“エルちゃんの生涯を俯瞰で見てもらって、それを自分の人生と照らし合わせてもらったら、すごく共感してもらえるんじゃないかなと思う”


「arena tour L-エル-」ファイナルの日本武道館でyasuはこう言った。

【愛されること】だけをただただ望んだエルという1人の女性を描いた物語と、10ヶ月にも及んだロングツアーは、観るものにも“人生”とは何かということを考えるきっかけになったのではないだろうか。


 日本武道館のステージで、yasuはこんな話もした。


「僕が年を取っておじいさんになって、この『L-エル-』というアルバムとこのツアーを思い出した時、きっと、またそこでも改めていろいろ感じるんじゃないかって思ったというかね。そんなツアーになったなって思うよ」


 『Acid Black Cherry 2015 tour L-エル-』は、yasu自身をも大きく成長させた、そんなツアーだったのだと思う。

 

Writer 武市尚子

 

====================


Acid Black Cherryリリース情報

LIVE DVD&Blu-ray『10th Anniversary Live History -BEST-』

2017年3月22日(水)発売

 

====================

 

■youtube

https://www.youtube.com/user/AcidBlackChannel

■オフィシャルブログ

http://ameblo.jp/abcdream-cup/

■facebook

https://www.facebook.com/TeamAcidBlackCherry

■オフィシャルサイト

http://www.acidblackcherry.net/

■twitter

https://twitter.com/TeamABCofficial



2017年03月30日 (木)

【AKi】今夏、LIVE DVDリリース&東名阪ツアーの開催が決定!

NEWS - 18:00:24

AKi(シドのベーシスト・明希のソロワーク)が、今夏にLIVE DVDのリリースと東名阪ツアーを開催する事を発表した。


LIVE DVDは昨年行われた「HEADZ UP & DO IT!」と「Doom boombox」2本のソロツアーを集約した1枚になる予定だ。 
発売日や収録内容等の詳細は、後日発表される。
また、「HOOKED ON THE BEAT」と名付けられたツアーは、6月11日の大阪umeda AKASO、6月12日 名古屋ElectricLadyLand、6月15日の東京 渋谷WWW-Xの3公演を開催。

今回、「病みつきになるビート」と題されたツアーのサポートメンバーは、加藤貴之(G / 兎-usagi-)、佑聖(G / ex. THE KIDDIE、GUTS AND DEATH)、KENZO(Dr / BVCCI HAYNES、GREMLINS)の3名が務める。
明日3月31日12:00からはシド・オフィシャルファンクラブ会員“ID-S”を対象としたツアーチケット優先予約受付が行われる。
SOLD OUT必至の貴重な3公演に是非期待してほしい。

 

====================



AKiオフィシャルサイト http://www.dangercrue.com/AKi/ 
AKi オフィシャルTwitter https://twitter.com/AKiSID_official   

====================


▼リリース情報
夏にLIVE DVD発売決定!



昨年行われた「HEADZ UP & DO IT!」と「Doom boombox」2本のソロツアーを集約した1枚になる予定。
発売日や収録内容等の詳細は後日発表。

 

——————————-



▼LIVE情報
AKi 2017年初のツアー開催決定!



AKi TOUR 2017「HOOKED ON THE BEAT」
2017年6月11日(日)大阪府 umeda AKASO



OPEN 16:00 / START 17:00
2017年6月12日(月)愛知県 名古屋ElectricLadyLand
OPEN 18:00 / START 19:00



2017年6月15日(木)東京都 渋谷WWW-X
OPEN 18:00 / START 19:00



【ID-S優先予約】受付期間 3月31日(金) 12:00〜4月4日(火) 16:00

【一般発売日】2017年5月13日(土)


2017年03月30日 (木)

びじゅなび新規掲載!【Veriel(ベリエル)】2017年4月2日始動。『悲哀』と『反逆』をコンセプトに掲げ、ヘヴィメタル調の重く、激しいサウンドで世界観を表現。

NEWS - 15:29:33

びじゅなびに新しく掲載となったバンドをご紹介です!

4月2日始動です!


バンド名は

「Veriel」(ベリエル)

 

 

●MEMBER

Vocal.シドー
Guitar.ノア
Guitar.ヨハン
Bass.ギル


★Twitter★
シドー
ノア
ヨハン
ギル

 

 

2017年4月2日始動。

『悲哀』と『反逆』をコンセプトに掲げ、ヘヴィメタル調の重く、激しいサウンドで世界観を表現している。

 

====================

 

 

 

 

2017年

 


◆LIVE SCHEDULE

 

■Dark Ambition Exposed vol.51
2017.04.02 [Sun] 新宿 HOLIDAY

2017.04.30 [Sun] 池袋EDGE

■春の大罪 vol.4
2017.05.09 [Tue] 渋谷REX

■2017年11月19日(日)の新宿BLAZEワンマンに向けて5ヶ月連続で主催やっちゃうぞ主催 vol.5
2017.06.17 [Sat] 池袋CYBER

 

 

★Veriel official site★
http://veriel-official.com/


2017年03月30日 (木)

【雑誌】4月27日発売★日本のHM/HRの専門誌BURRN!JAPAN、復活第2弾!表紙・巻頭はX JAPAN大特集!

NEWS - 12:08:21

雑誌情報をお届けです♪

 

今回は!鋼鉄!!

ANOTHER HEAVIEST HEAVY METAL MAGAZINE BURRN! JAPAN Vol.8 ★

26年ぶりに復活した日本アーティスト限定のBURRN!別冊、復活第2弾!

 

——————————-

 

シンコー・ミュージック・ムック

BURRN!JAPAN Vol.8

A4判/160頁/本体価格1,200円+税/4月27日発売

 

——————————-

 

■表紙・巻頭は映画『WE ARE X』公開で話題の人気バンド、X JAPAN!

YOSHIKIの独占インタビューや、ウェンブリー・アリーナ公演現地リポートを含む大特集!

 

■その他にもANTHEM、OUTRAGE、陰陽座、EARTHSHAKER、山本恭司、SABER TIGER、VOLCANO、GARGOYLE、44 MAGNUM、DIR EN GREY等々、注目バンドが続々登場! 

 

他では読めない裏話満載の独占インタビューの数々はBURRN!JAPANならでは。

BURRN!本誌とも一線を画する特別編集でお届けする、永久保存版!

 

◎本誌公式Twitter:https://twitter.com/BURRN_

 

——————————-

 

●Amazon

http://amzn.asia/hhLrMww

 

 

 

本屋さん行くぞー( ˙-˙ )ᕗ<鋼鉄

 

 


2017年03月29日 (水)

★Acid Black Cherryの10年を振り返る【2014年編】★(8)

NEWS - 22:27:09

 

2017年7月18日よりソロデビュー10周年に突入するAcid Black Cherry。

 

記念すべき10周年に先駆けて、今週3月22日に「10th Anniversary Live History -BEST-」と銘打った、初収録映像満載の、総収録時間7時間32分にも及ぶライヴ映像作品を発売した。

そこで、Acid Black Cherryの10年を見てきた音楽ライターの武市尚子氏が、ABCの10年の歴史を1年づつ振り返る連載がスタート。


8回目の本日は、約10ヶ月に及んだProject『Shangri-la』を走りきった2014年に迫る!

 

====================

 


【2014年】 「Project『Shangri-la』4th Season ~ Final Season」

 

 Acid Black Cherryが2013年8月からスタートさせたProject『Shangri-la』は、同年の12月末までに『3rd Season~関西・中国tour~』を終了し、年を跨ぎ、翌年の2014年2月から『4th Season~関東tour~』をスタートさせた。

 大雪の影響もあり、「Shangri-la Meeting」の千葉公演が延期されるなどの混乱もあったが、yasuはただただ自分の音楽を求めてくれる人たちに、誠実に向き合っていった。

 

 そして。3月11日。yasuはProject 『Shangri-la』のラストを飾るシングル作品として「君がいない、あの日から…」をリリースしたのである。

 この曲はリリース直後からスタートした『5th Season~四国・九州・沖縄tour~』から披露されていった。


 全都道府県で行われてきたShangri-la Meetingは、 FM沖縄の公開録音とハイタッチ会を以て、すべてを終え、全都道府県ツアーも、2014年4月26日の沖縄公演で無事にファイナルを迎えた。

 ファイナル公演に集まったファンたちは、【新作のリリース】【全都道府県ツアー】【全国での触れ合いイベント】、という自分たちと交わした3つの約束を有言実行したyasuに、たくさんの“ありがとう”を投げかけ、yasuも“とにかく、ありがとうの一言しかないです”と心からの感謝を伝えていた。


 全都道府県ツアーとして届けられたライヴを無事に終えたyasuは、5月13日の大阪城ホールを皮切りに、日本ガイシホール、日本武道館の全国3ヶ所6公演で『Encore Season~Arena tour~』、代々木第一体育館2days、宮城セキスイハイムスーパーアリーナで『Final Season』と、Project『Shangri-la』の追加公演を行うことになる。

 このアリーナツアーでも「君がいない、あの日から…」は披露されていたのだが、中でもとても印象的だったのは最終公演の宮城セキスイハイムスーパーアリーナでyasuが、この曲を唄う前に言った一言だった。


「この日、ここで唄う為に生まれてきた曲だと思います」


もともと「君がいない、あの日から…」は、Project『Shangri-la』の最後のシングルにしよう思って作っていた曲ではなかったのだ。

このProject『Shangri-la』を通して、ファンの声を聴き、ファンの笑顔に触れたことで、自然と産まれてきた楽曲なのだという。

照明で作られた満天の星空の中で、心を込めて唄うyasuの姿は、

限りなく無垢なものだった。

笑顔をくれた“君”への想いと、笑顔を見せに来ることができなくなってしまった“君”への想い。ただただ真っ直ぐに“君”に届けようとするyasuの純粋な気持ちが、痛いほどに伝わってきたのを感じた。


 また、このセキスイハイムアリーナでのライヴでもう1つ印象深かった出来事がある。Project『Shangri-la』では全公演、アンコールでファンからのリクエストに応えるコーナーを設けていたのだが、この日までオリジナル楽曲の中で唯一リクエストされなかった曲があり、それをyasu自身がリクエストして披露したことである。


 その曲は、「その日が来るまで」。


「その日が来るまで」は震災後、yasuが最初に作ったという曲。この曲がなければ『2012』が生まれることもなかっただろうし、その先に生まれたこのProject『Shangri-la』も開催されることはなかったであろう。そんな「その日が来るまで」を、この宮城の地で披露したことは、非常に感慨深かった。


「僕らが“日本中を笑顔に”って言って廻ったツアーだったんですが、僕らが笑顔にするというよりも、まさに僕らがお客さんに元気をもらって日本一周をしてきたんじゃないかと、本当に心から思うツアーでした。この『Shangri-la』というプロジェクトは、今日で終わるわけなんですけど、思い起こせば、このツアーは『シャングリラ』という曲が生まれてから『2012』というアルバムができて、本当に導かれるように今日という日を迎えたんじゃないかなと心から思います。みんながいたから僕は日本を廻って来れたんだなと今、心から思っています。人間としても、ミュージシャンとしてもすごく成長できたそんな10ヶ月でした。僕はあまり安い言葉で皆さんを励ましたりしたくないし、僕は音楽をやってて良かったって思ったことはそんなにないんですけど、皆さんが “とても感動した” って言ってくれた言葉を、今回ほど強く嬉しく思ったことはないかなと思います。今日ほど音楽をやっててよかったなと思った日はないです。これは本当に心から思ってる言葉です。ありがとうございました」


 こうして約10ヶ月に渡って届けられた【Project『Shangri-la』】は、たくさんの笑顔に包まれる中、幕を下ろしたのだった。

どの街でも、ファンが温かな笑顔で会場を後にしていたことが、今でも心に残っている。

 

 

Writer 武市尚子

 

====================


Acid Black Cherryリリース情報

LIVE DVD&Blu-ray『10th Anniversary Live History -BEST-』

2017年3月22日(水)発売

 

====================

 

■youtube

https://www.youtube.com/user/AcidBlackChannel

■オフィシャルブログ

http://ameblo.jp/abcdream-cup/

■facebook

https://www.facebook.com/TeamAcidBlackCherry

■オフィシャルサイト

http://www.acidblackcherry.net/

■twitter

https://twitter.com/TeamABCofficial



2017年03月29日 (水)

【ユナイト】新ヴィジュアル公開! 8月から全国ワンマンツアー<君はまだユナイトを知らない>開催決定!

NEWS - 22:00:22

ユナイトが8月より全国ワンマンツアー<君はまだユナイトを知らない>開催を発表、合わせて新ヴィジュアルも公開された。

 

これは昨日の主催イベント<トモダチコレクティブ>に続き、6周年の記念日である本日、3月29日にEX THEATER ROPPONGIにて行われたワンマンライヴにて発表されたもの。

ハク(B)がさいたま出身ということもあり、8月9日(ハクの日)に開催されるHEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3を皮切りに、ファイナルの沖縄桜坂セントラル2DAYSまで計14本を行う

 

またその後、9月30日に新宿BLAZEにて裏ファイナル<Q:ユナイトとは?>を開催する。

この意味深な問い掛けは何を意味するのか。ツアーを超え、この裏ファイナルで果たして答えは出るのであろうか。

 

ユナイトのモバイルFCサイト「elite U’s」では、本日よりチケットの最速受付がスタートしている。 

 

 

==================== 

 

LIVE情報

 

UNiTE. 2017 SUMMER ONEMAN TOUR 「君はまだユナイトを知らない」

8/09() HEAVENS ROCK さいたま新都心VJ-3

8/11(金・祝) 郡山CLUB #9

8/13() 仙台CLUB JUNK BOX

8/15() 札幌DUCE

8/16() 札幌DUCE

8/19() 金沢AZ

8/23() 高崎club FLEEZ

8/25() 名古屋CLUB UP SET

8/27() 大阪 阿倍野ROCKTOWN

8/29() 岡山IMAGE

8/31() 広島SECOND CRUTCH

9/02() 福岡DRUM Be-1

9/16() 沖縄 桜坂セントラル

9/17() 沖縄 桜坂セントラル

 

——————————-

 

UNiTE. 2017 SUMMER ONEMAN TOUR 裏ファイナル 「Q:ユナイトとは?」

9/30() 新宿BLAZE

 

 ——————————-

 

●ユナイト主催2マンライヴ 「トモダチコネクト」

6/07() 渋谷REX [出演]:ユナイト/ HERO  

6/08() 渋谷REX [出演]:ユナイトDevelop Ones Faculties

6/14() 高田馬場AREA [出演]:ユナイ / CHISA&将吾

6/25() 吉祥寺CLUB SEATA ※ハクバースデー [出演]:ユナイト / SHARE LOCK HOMES

6/26() 高田馬場AREA [出演]:ユナイト / Chanty

 

 

ユナイト オフィシャルサイト

http://www.unite-jp.com/   

 

 


1 / 1,65412345...102030...最後 »