NEWS

2016年09月21日 (水)

【lynch.】9月20日(水)豊洲PITにて東名阪フリーライブ完走!そして「カラオケまねきねこ」で“プレミアムライブ実現キャンペーン”企画がスタート!

REPORT - 15:04:32

 

 

 lynch.によるフリーライブ『MAJOR DEBUT 5TH ANNIVERSARY「THE RECKLESS MANEUVER」-完全無料東名阪-』の最終公演が、9月20日(水)に豊洲PITで行われた。
“lynch.のライブを見たいけど見たことがないという人たちも、一カ所に集めて大きな音で聴かせたい”という想いで企画され、東名阪の大会場で開催された今回のライブは、初日9月14日のなんばHatch、9月15日のZepp Nagoya共に大盛況。
続くファイナルの豊洲PITにも、あいにくの悪天候にも関わらず多くの人が集まって開演を待つ。

 

派手で鮮やかな照明に映える5人のメンバーが堂々と位置に付くと“東京、声聞かせて下さい!”と葉月(Vo.)が叫び、1曲目に「LAST NITE」を披露した。
超満員になった会場を目にして葉月は“よく来てくれました!”とオーディエンスに感謝の意を述べ「I’m sick, b’cuz luv u.」「GREED」「F.A.K.E.」と、次々に爆音のナンバーたちを歌い上げてゆく。

 

今日はファイナルということもあってMCでは“会場がデカくなると遠い存在になるって言うけど、みんな仲間になれるから!”と言う明徳(Ba.)に続き、“すごい良いライブやってるんで、これからも遊びに来てください!”と悠介(Gt.)が、“支えてくれる皆さんの期待以上に頑張ります!”と玲央(Gt.)が、そして晁直(Dr.)は“無料ライブ、またやりたいです!”と、メンバーそれぞれが思いの丈をぶつけた。
4曲のアンコールを終えた後も鳴り止まない声援に、“俺たちの最大級の愛を!!”という葉月の一声で、ダブルアンコール「TIAMAT」を。lynch.の魅力を十分に堪能できた一夜だった。
そして本日より、「lynch.プレミアムライブ実現キャンペーン 第二弾」がスタート。
これは、全国のカラオケまねきねこ(他系列店舗)設置のオリジナルカラオケ機種「すきっと」で、lynch.の曲がキャンペーン期間中に全国総計「15000回」を歌われると、プレミアムライブの開催が実現するキャンペーンだ。

詳細はこちら


https://www.skit-net.com/web/pc/kikakuWeb/lynch5/

 

また、9月15日(木)Zepp Nagoyaにて行われた『MAJOR DEBUT 5TH ANNIVERSARY 「THE RECKLESS MANEUVER」 -完全無料東名阪-』ステージ上に設置された360度カメラによる、マルチアングル映像をYouTubeで公開中。

 

 アルバム『AVANTGARDE』には、11月27日(日)にGRACE BALI秋葉原(パセラリゾーツAKIBAマルチ エンターテインメント 8F)で開催される招待制スペシャルイベントが当たる応募ハガキが封入されている。

 

lynch.は今後、10月に全国ツアー『TOUR’16「THE NITES OF AVANTGARDE」』の開催、X JAPAN、LUNA SEA、GLAYらが出演する『VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten』(lynch.は10月14日出演)、年末に12月11日(日)に品川INTERCITYで葉月(Vo.)の単独公演『奏艶』や、12月30日(金)・31日(土)にNAGOYA BOTTOM LINEでのワンマンライブを開催。
2017年には『TOUR’17「THE NITES OF AVANTGARDE #2」”A BLOODY REVENGE”』と称したワンマンライブを東名阪で開催することが決定している。

 

====================

 

■本日開始!「lynch.プレミアムライブ実現キャンペーン 第二弾」実施決定!

全国のカラオケまねきねこ(他系列店舗)に設置のオリジナルカラオケ機種「すきっと」で、lynch.の曲がキャンペーン期間中に全国総計「15000回」を歌われると、プレミアムライブの開催が実現!

 

キャンペーン期間:2016年9/20(月)~12/25(日)

※プレミアムライブ開催時期は2017年初頭予定(場所・会場等詳細は開催決定後に発表)

※参加方法、店舗情報等はHPに記載。  

 

https://www.skit-net.com/web/pc/kikakuWeb/lynch5/

 

====================

 

■9月20日@豊洲PITセットリスト

 

1. LAST NITE

2. I’m sick, b’cuz luv u.

3. GREED

4. F.A.K.E.

5. ALL THIS I’LL GIVE YOU

6. THE FATAL HOUR HAS COME

7. GHOST

8. stuck pain

9. UNELMA

10. an illusion

11. THIS COMA

12. AMBIVALENT IDEAL

13. INVINCIBLE

14. GALLOWS

15. THE OUTRAGE SEXUALITY

16. MIRRORS

17. pulse_

18. MOON

 

En-1-1.NEW PSYCHO PARALYZE

En-1-2.unknown lost a beauty

En-1-3.discord number

En-1-4.EVOKE

En-2-1.TIAMAT

 

====================

 

マルチアングル映像公開中!

9月15日(木)Zepp Nagoyaにて行われた『MAJOR DEBUT 5TH ANNIVERSARY 「THE RECKLESS MANEUVER」 -完全無料東名阪-』ステージ上に設置された360度カメラによる、マルチアングル映像を公開中!

スマートフォンのyoutubeアプリから御覧頂くとスマートフォンの動きに合わせて360度映像が楽しめます。

 

■MAJOR DEBUT 5TH ANNIVERSARY 「THE RECKLESS MANEUVER」 -完全無料東名阪- @Zepp Nagoya

360度カメラ 映像URL

 

詳細はHPに記載→lynch.jp

 

 

====================


lynch. LINE公式アカウント設立!

LINEの「公式アカウント」→「CATEGORY」→「バンド」で登録!

 

====================

  

lynch.AVANTGARDE」発売記念スペシャルイベント

914日発売lynch. New AlbumAVANTGARDE」初回限定盤または通常盤初回プレス分に封入されている応募ハガキにて、応募方法に従ってご応募頂いた方の中から抽選で100名様を下記イベントにご招待。(メンバーによるトーク中心の内容を予定)

【日程】20161127日(日) 

【時間】1230開場/1300開演
【場所】GRACE BALI秋葉原 (パセラリゾーツAKIBAマルチ エンターテインメント 8F
応募締切:20161010日(月祝)当日消印有効

詳細はHPに記載→http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t8765/

 

====================

  

商品情報

10/14(金)GAISHIN RECORDSよりヨーロッパで発売決定!

New AlbumAVANTGARDE (読み:アヴァンギャルド)

発売日:2016914日(水)

リード曲「F.A.K.E.Music Video公開中! https://youtu.be/SAAQh5oZqWA

アルバム全曲試聴動画公開中! https://youtu.be/lJx81k73mw8

【初回限定盤】KICS-93415/¥3,333+税/スペシャルパッケージ仕様・スペシャルイベント応募ハガキ封入/CDDVD

[CD]1.AVANT GARDE2.EVIDENCE3.PLEDGE4.F.A.K.E. 5.DAMNED6.UNELMA7.PHANTOM8.KILLING CULT9.PRAYER10.NEEDLEZ11.THE OUTRAGE SEXUALITY12.FAREWELL

[DVD] F.A.K.E.Music Video収録

【通常盤】KICS-3415/¥2,778+税/初回プレス分のみスペシャルイベント応募ハガキ封入/CD only

[CD]初回限定盤と同内容

 

====================

 

AVANTGARDE」発売記念サイン会
【福岡】10/24(月)19:00 タワーレコード福岡パルコ店
【京都】10/27(木)19:00 タワーレコード京都店
【高松】10/28(金)19:00 デュークショップ高松店
【広島】10/31(月)19:00 タワーレコード広島店
【横浜】11/5(土)13:00 タワーレコード横浜ビブレ店
【札幌】11/7(月)18:30 タワーレコード札幌ピヴォ店
【仙台】11/11(金)19:00 タワーレコード仙台パルコ店

対象店舗等の詳細→http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t8565/

 

====================

 

■SHADOWS ONLY「THE BEGINING OF AVANTGARDE」”INTRODUCTION”

10/12(水) 18:15/19:00 @名古屋Electric Lady Land(ファンクラブ限定)

 

====================

 

TOUR’16THE NITES OF AVANTGARDE

10/16(日)16:45/17:30 @新潟LOTS

10/20(木)18:15/19:00 @梅田CLUB QUATTRO

10/22(土)17:00/17:30 @鹿児島CAPARVO HALL

10/23(日)16:45/17:30 @福岡DRUM LOGOS

10/26(水)18:30/19:00 @京都MUSE

10/29(土)17:00/17:30 @高松MONSTER

10/30(日)17:00/17:30 @広島CLUB QUATTRO

11/3(木)17:00/17:30 @浜松窓枠

11/4(金)18:15/19:00 @横浜Bay HALL

11/8(火)18:30/19:00 @札幌PENNY LANE24

11/9(水)18:30/19:00 @札幌PENNY LANE24

11/12(土)16:45/17:30 @仙台Rensa

11/15(火)18:15/19:00 @渋谷CLUB QUATTRO

11/17(木)18:15/19:00 @名古屋CLUB QUATTRO

 

====================

 

■TOUR’17「THE NITES OF AVANTGARDE #2」”A BLOODY REVENGE”

2017年2月11日(土)16:45/17:30 @Zepp Nagoya

2017年3月12日(日)16:45/17:30 @Zepp Tokyo

2017年3月26日(日)16:45/17:30 @なんばHatch

詳細はHPに記載。→http://pc.lynch.jp/live.html

 

==================== 

SHADOWS ONLY 12th Anniversary Premium LiveTHE IDEAL

日時:1230日(金)開場/開演 16:45/17:30

場所:NAGOYA BOTTOM LINE

 

Countdown Live2016-2017

日時:1231日(土)開場/開演 22:15/23:00

場所:NAGOYA BOTTOM LINE

 

葉月単独公演「奏艶」

日時:1211日(日)開場/開演 17:15/18:00

場所:品川INTERCITY   Piano:堀田健志

 

====================

 

イベント出演情報

9/25(日)『ラムフェス2016EXTRA」』恵比寿LIQUIDROOM *悠介のみ出演

 出演: MERRY / cali≠gari / ガラ(MERRY/ 尾形回帰(HERE) / 近野淳一() / defspiral(TAKAMASATO) / 悠介(lynch.) / ネロ(MERRY) / 団長(NoGoD) / and more

10/8(土)『J 2016 Live 10 days of GLORY -10 Counts for Destruction>』TSUTAYA O-EAST

10/10(月祝)『GENESIS』新木場Studio Coast
 出演:lynch. / NOCTURNAL BLOODLUST / A9 / Psycho le Cemu(順不同)

幕張メッセ国際展示場 91011ホール

11/25(金)・26(土)『COMMUNE Vol.2Zepp Tokyo
 出演:MUCC / Plastic Tree / lynch. and more]

イベントの詳細はHPに記載→http://pc.lynch.jp/

 

 

当日の写真       Photo by 土屋良太



2016年09月21日 (水)

【Waive】奇跡の新曲を引っさげ、9月17日(土)横浜BAY HALLを皮切りに最高潮のツアーを開始!“全て無駄じゃなかったようにしたいし、してほしい”

REPORT - 14:50:17

期間限定活動を行っているWaiveが、9月17日(土)横浜BAY HALLを皮切りにツアーを開始した。

 

開始1曲目から、ステージ上の各メンバーが汗を散らすほどに暑くアツいライブは、現役で活動中のバンドでも、きっと驚くであろうほどのテンションで送られた二時間半強。
中盤では、ボーカル田澤孝介の歌唱力を生かした得意のミディアムバラードでしっかりと聴かせつつも、その後はライブハウス叩き上げバンドの本領発揮と言わんばかりに「ドミソファイター」、「ガーリッシュマインド」、「いつか」などアッパーな楽曲で畳み掛けた。

 

本編19曲を終え、アンコールでは、11年ぶりの新曲「Days.」を披露するにあたり、この曲を含めたWaiveのほとんどの楽曲を作詞・作曲している杉本善徳が、
「Waive結成からの16年。ようするに活動時の約6年、解散後の5年、2010年の再演、その後の6年。どんな出来事も結果として良いと思える出来事につなげていきたいし、それが今だったり、更に未来だったりするようにしていきたい。そうやって全て無駄じゃなかったようにしたいし、してほしい」
と、途切れ途切れに、丁寧に語った。
真意が伝わりにくくなってしまいそうなほど慎重に選ばれた言葉の数々に、会場の反応は様々なように見えたが、その言葉の慎重さとは裏腹なほどにストレートな歌詞の内容が、きっとそこにいたすべてのWaiveファンに真っ直ぐに届いたのではないだろうか。

 

尚、新曲「Days.」と「END ROLL」が収録されたシングルは、ツアーの各会場限定で販売されている。

 

ライブ中、MCで田澤と杉本が「5本のライブと考えると、まだあると感じるのに、4本になると少なく感じる」と語っていたが、その1本が消化され残り4本となったWaive特別公演。

今からでも”最高潮”のライブを、見逃す手はない。

 

====================


▼ライブ情報


〈GIG「END ROLL」〉
2016年10月1日(土)
梅田AKASO -SOLD OUT-
open 16:45 / start 17:30
チケット前売り:¥6,500-(オールスタンディング)
チケット一般発売日:2016年8月27日(土)
問合せ先:夢番地 06-6341-3525


〈GIG「Negative & Positive」〉
2016年10月2日(日)
梅田AKASO
open 16:15 / start 17:00
チケット前売り:¥6,500-(1F・オールスタンディング)
チケット一般発売日:2016年8月27日(土)
問合せ先:夢番地 06-6341-3525(平日11:00~19:00)


〈GIG「Span of dream」〉
2016年10月7日(金)
名古屋BOTTOM LINE
open 17:30 / start 18:15
チケット前売り:¥6,500-(1F・オールスタンディング)
チケット一般発売日:2016年8月27日(土)
問合せ先:JAIL HOUSE 052-936-6041(平日11:00~19:00)


〈GIG「Days ─In the future─」〉
2016年10月22日(土)
赤坂BLITZ -SOLD OUT-
open 16:00 / start 17:00
チケット前売り:¥6,500-(1F・オールスタンディング)/¥7,000-(2F・全席指定)
チケット一般発売日:2016年8月27日(土)
問合せ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999(平日12:00~18:00)

 

====================

 


▼リリース情報
・会場限定販売シングル「Days.」
〈収録曲〉
1. Days.
2. END ROLL
3. Days.(instrumental)
4. END ROLL(instrumental)

 

 

====================

 


▼Waiveオフィシャルサイト
http://www.waivewaive.com/

▼WaiveオフィシャルTwitter
https://twitter.com/Waive_info

▼WaiveオフィシャルLINE@
http://line.me/ti/p/%40waive_info

▼Waive「Days.」クロスフェード試聴(YouTube)

 



2016年09月20日 (火)

【ライヴレポート】<カメレオ ワンマンツアー2016 #カメレオ維新>2016年9月14日(水)渋谷WWW!!

NEWS - 16:50:24

 

 9月14日(水)、カメレオが『カメレオ ワンマンツアー2016 #カメレオ維新』のツアー初日公演を、渋谷WWWにて行なった。

 先日、10枚目となるシングル「運命開華ディスコ」をリリースしたカメレオ。和のテイストを取り入れたダンスナンバーのタイトル曲を始め、「応援」というテーマを様々な形でアウトプットした本作は、今のカメレオをしっかりと打ち出した1枚となった。

 

 そんな会心作を掲げた全国14カ所15公演を廻るワンマンツアー『#カメレオ維新』が、いよいよ開幕。開演前のフロアには、Takashi作曲によるカメレオの過去曲をフィーチャーしたエレクトロナンバーが流され、平日にも関わらず会場に駆けつけた、もしくは、急遽決定したニコニコ生放送の独占生中継を観ているカメコカメオ(カメコカメオはカメレオファンの愛称)の興奮を沸々と高めていた。

 

 カメレオンのパネルで顔を隠して登場した5人は、“ツアー初日、ぶちかましていこうぜ!”というHIKARU.の叫び声から、「運命開華ディスコ」でライヴをスタートさせた。ステージから伸びる緑色のレーザー光線と、フロアでカメコカメオが振り回す和柄の扇子や、激しく明滅する定番グッズの「ヒカリング」が華を添える中、瞬く間に熱狂的な空間を作り上げると、続く「デビルくん」では、楽曲終盤でメンバー全員が楽器を置き、マイクを持って歌って踊る5人ボーカルスタイルにスイッチ。そのまま「カメクエ」へとなだれ込むなど、序盤からめまぐるしい展開でステージを進行していった。

 

 現在オフィシャルホームページにアップされているインタビューで、ツアーでは「運命開華ディスコ」のコンセプトにあった和に沿ったものを何かしらできたらいいなと思っているとHIKARU.が話していたが、「なぞなぞ」では、楽曲の中盤で、原曲になかった和テイストなEDMパートが突如スタート。メンバー達は光るゴム製のヨーヨーをフロアに投げこんだり、HIKARU.がCO2をフロアに向かって噴射したりと、歌詞に出てくる<1+1=ぱろぷんて>なサプライズでフロアを盛り上げていた。他にも、ギラギラとしたサウンドが特徴的な定番曲「ダメ男」を、『#カメレオ維新』バージョンとして、ジャズ風にアレンジして披露。しっとりとした空気で会場を包み込み、バンドが掲げている「変幻自在」というコンセプトを、サウンドでもしっかりと提示していた。

 

 また、ライヴ中盤では「セットリスト開華〜YOU決めちゃいなよ!!〜」というコーナーを実施。これは、持ち曲がすでに70曲を超えていることもあり、なかなかすべての曲を披露するのが難しい現状を踏まえて、「カメコカメオが聴きたいであろう曲」を、メンバー2人がセレクトして発表。どちらの曲を演奏するかを、会場にいるカメコカメオの声の大きさを測定して決めるというものだ。この日は、Takashiが「美容整形」を、Daisukeが「検索結果0」をセレクト。どちらの曲も、タイトルが発表されるとフロアからは歓喜の声があがっていたが、測定の結果、僅差で「検索結果0」に決定。現代社会の闇を抉った歌詞が綴られたヘヴィで尖ったバンドサウンドを轟かせていた。

 

 ライヴ終盤では、彼らがカメレオを始動させる前に制作した「始まりの歌」や、HIKARU.が再びCO2をフロアに撒き散らすだけでなく、巨大バルーンがフロアに投入された「捏造ピエロ」など、活動初期に発表した楽曲達を披露。ちなみに、「捏造ピエロ」は彼らの1stシングルだ。

 

HIKARU.「この曲達を出してきたからこそ、今のカメレオがあると思ってるし、この曲達を出してきたからこそ、感じることや考えることがいっぱいありました。結局、今までやってきたことが全部、今に繋がっていると思ってます。だからこそ、俺達が今まで出してきた楽曲を、このツアーで全部大切に育てていこうと思ってます。そして俺達自身、どこに行っても、どんな会場でも、どんな場所でも、どんな状況でも、目の前にいるみんなを必ず笑顔にする、笑顔にできる強いバンドになるために、“変化”しながら、“進化”していく──そんな想いを込めて、みんなにこの曲を送ります!」

 

 HIKARU.が自身の想いをまっすぐに告げた後、「変化論」を披露。メンバー達も腹の底から叫ぶようにコーラスをし、熱く、力強い音をフロアにめがけて放っていく。そして“今からすげえ空間にしちゃうから、それをパワーに変えて、明日からもお互い頑張って行こうぜ!”と、「幸あれっ!」を凄まじいテンションで繰り出し、ツアー初日を締め括った。最後に“お互い成長して、ツアーファイナルのときに良い顔で再会しよう!”と、HIKARU.が宣言。大きな拍手と歓声を受けながら、5人はステージを後にしたのだった。

 

 ここからカメレオは、幕張メッセ9-11ホールにて開催される「VISUAL JAPAN SUMMIT」への出演を挟みつつ(出演日は10月15日)、11月25日(金)にEX THEATER ROPPONGIで行なわれるツアーファイナルまで一気に駆け抜けて行く。尚、EX THEATER ROPPONGI公演は、スタンディングや指定席のみでなく、特典付きの“座席数限定SS席”を始め、親子限定の“ハートフルファミリー席”、カメレオ初体験の人にもお求めやすい“平日お試し半額席”など、様々なシートプランが用意されているので、詳しくはオフィシャルホームページをチェックしていただきたい。

 

 また、ツアー内コーナー「セットリスト開華〜YOU決めちゃいなよ!!〜」で演奏してほしい曲のリクエストを現在受付中。会場と曲名を明記の上、「#カメレオ維新リクエスト」というハッシュタグをつけてTwitterでつぶやくと、“エゴサーチをして勝手にヘコみがち”なDaisukeがピックアップしてくれるとのこと。これからツアーに足を運ばれる方々は、そちらにも是非ご参加を。

 

 いよいよスタートしたワンマンツアー『#カメレオ維新』。残りの14公演で、彼らはどんな成長を遂げるのか。そして、ツアーファイナルのEX THEATER ROPPONGIでどんなステージ繰り広げ、そこからどんな未来を“開華”していくのか。その姿を、是非とも多くの方々に目撃していただき、5人が生み出すエンターテイメントを体感していただきたい。

 

TEXT:山口 哲生
PHOTO:藤川 正典

 

——————————-

 

カメレオ Official HP http://www.kameleo.jp/
カメレオ Official Blog http://ameblo.jp/kameleojp
カメレオ Official Twitter https://twitter.com/kameleojp/

 

——————————-

 

 

●ニューシングル「運命開華ディスコ」

2016年8月24日発売

作詞共同制作として椎名慶治(ex.SURFACE、JET SET BOYS)が参加!


【初回生産限定盤】CD+エムカード(絵柄全5種類) 価格 1,800+税 DCCSG-009
<CD>
1.運命開華ディスコ
2.変化論
3.♂ or ♀
<エムカード特典>運命開華ディスコMV、MVメイキング、※追加コンテンツあり

 

【通常盤】CD ONLY 価格 1,400+税 DCCSG-010
<CD>
1.運命開華ディスコ
2.変化論
3.♂ or ♀<5VOCAL ver.>
4.カメトーク

 

●「運命開華ディスコ」インストアイベント

9月22日(木・祝)タワーレコード渋谷店
10月10日(月・祝)札幌・音楽処 

 

——————————-

 

●カメレオ ワンマンツアー2016 #カメレオ維新
【チケット料金】前売 4,500円 / 当日 5,000円(税込・スタンディング・ドリンク代別途)

 

9月14日(水) 渋谷WWW
OPEN 18:00 / START 18:30
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

 

9月23日(金) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
OPEN 18:00 / START 18:30
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

 

9月25日(日) HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3
OPEN 17:00 / START 17:30
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

 

10月7日(金) 盛岡club Change WAVE
OPEN 18:00 / START 18:30
キョードー東北 022-217-7788

 

10月9日(日)札幌ペニーレーン24
OPEN 17:00 / START 17:30
WESS 011-614-9999

 

10月16日(日)高松MONSTER
OPEN 17:00 / START 17:30
DUKE高松 087-822-2520

 

10月18日(火)岡山IMAGE
OPEN 18:00 / START 18:30
キャンディープロモーション岡山 086-221-8151

 

10月19日(水)神戸VARIT.
OPEN 18:00 / START 18:30
キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)

 

10月21日(金)福岡DRUM Be-1
OPEN 18:00 / START 18:30
BEA 092-712-4221(月~金 / 11:00~18:00◆第2・第4土曜日 / 11:00~15:00)

 

10月23日(日)熊本DRUM Be-9 V1
OPEN 17:00 / START 17:30
BEA 092-712-4221(月~金 / 11:00~18:00◆第2・第4土曜日 / 11:00~15:00)

 

10月26日(水)仙台darwin
OPEN 18:00 / START 18:30
キョードー東北 022-217-7788

 

10月28日(金)浜松窓枠
OPEN 18:00 / START 18:30
サンデーフォークプロモーション静岡 054-284-9999

 

11月2日(水)名古屋E.L.L.
OPEN 18:00 / START 18:30
サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00~18:00)

 

11月4日(金)大阪BIG CAT
OPEN 18:00 / START 18:30
キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)

 

——————————-

【チケット】<一般発売中>
ローソンチケット:http://ur2.link/xG5a 
チケットぴあ:http://bit.ly/2bMmgs8 0570-02-9999
イープラス:http://eplus.jp 

——————————-

 

●ワンマンツアー2016 #カメレオ維新 ファイナル

11月25日(金)EX THEATER ROPPONGI  OPEN 18:00 / START 19:00

【チケット料金】1Fスタンディング 4,500円 / 座席数限定SS席 10,000円(※特典付
き!詳細は後日発表!)

指定席 5,000円 / 平日お試し半額席 2,500円 / ハートフルファミリー席 4,000円

(問) HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

【お問い合わせ】HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

 

★チケット:発売中
ローソンチケット : http://ur2.link/xG5a 0570-084-003(L:71204)
チケットぴあ : http://t.pia.jp 0570-02-9999(P:302-619)
イープラス : http://eplus.jp 

 

——————————-

 

■VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten
10月15日(土)幕張メッセホール 9-11ホールにカメレオの出演決定!


【時間】OPEN 8:00 / START 9:00 (22:00終演予定)
【出演者】カメレオ、X JAPAN、GLAY、hide with Spread Beaver、シド、VALS 、Plastic Tree、A9、R指定、LM.C、DEZERT、ASH DA HERO、FEST VAINQUEUR、摩天楼オペラ、heidi.、The THIRTEEN、defspiral、グリーヴァ、ALDIOUS and more…


【料金】1日券(オールスタンディング)14,000円(税込)
    3日通し券(オールスタンディング)39,000円(税込)


【チケット発売中】詳しくはVISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakutenのオフィシャルサイトへ
VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten  http://visual-japan.com/


【お問い合わせ】VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 実行委員会事務局(楽天マネジメント) 
03-6695-0497(平日 10:00~18:00)

 

——————————-

 

■「DDTフェス2016」
11月6日(日)東京・新木場Studio Coast「DDTフェス2016」にカメレオ出演決定!
【時間】OPEN 14:00 / START 15:00
【出演者】カメレオ、筋肉少女帯、清水アキラ、DISH//、BiSH、ベッド・イン、マッチョ29ほか
【チケット発売中】詳しくはDDTプロレスリングオフィシャルサイトへ
DDTプロレスリングオフィシャルサイト http://www.ddtpro.com/

 

 











2016年09月13日 (火)

【ライヴレポート】<PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~>9月11日(日)名古屋ダイアモンドホール公演!「こんなに楽しいことが起こるなんて、すごくない!?(Ken)」

REPORT - 18:01:56

Ken(L’Arc~en~Ciel)が主宰のライヴイベント、
「PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~」のツアー初日、名古屋ダイアモンドホール公演が開催された!
この日のレポートを出演者の声とともにお届けする。

 

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


超満員の会場は、開演前からいつ誰が登場するのか、
どんなセッションになるのかとワクワク感が漂う。
そんな中、トップバッターとしてAKiのライヴがスタート。
アーティストとして、ミュージシャンとして、ソロツアーを経て、
たくましさや頼もしさがステージから感じられ、
一発目からこのイベントの基準値の高さに驚かされる。


「最高の初日でした!新曲も初披露なのにフロアのグルーヴもアツくて、
みんなライヴを見に来るんじゃなくライヴをしに来てくれる様な気がしました、
ありがとう!素晴らしいイベントでした!マジみんな見に来て、後悔しねーから!」(AKi)



続いて登場したのはgibkiy gibkiy gibkiy。百戦錬磨のメンバーが作り出す異世界に
同じ会場での出来事かと目を疑う。それほどにもディープ。
ヴォーカルのkazumaの圧倒的な存在感に観客も息をのむ。
また、Kenがギターで2曲参加。
即興演奏を旨としたドープな絡みの5人から繰り出される音に心地良く圧倒される。


「温故知新 猛獣たちを仕切るのは百獣の王 Kenライオン」(sakura)


そして、Deeply Entwining Sessionと銘打たれた1つ目のセッションコーナーへ。
「Merry Go Round Respects」
このシーンを引っ張ってきたヴォーカリストの一人であるkazumaとの共演にミヤも嬉しそうだ。


「園長ということで名古屋といえばkazumaさん。
kazumaさんといえばMerry Go Round。
ということで演らせていただきました。光栄でした。」(ミヤ)



続いては、BAROQUEの登場。ヴォーカル怜の涼しげな声が会場中に広がる。
クリアに鳴り響く圭のギターの音色とともに会場を塗り変えていく。
途中、機材トラブルの中聴けた怜のアドリブの歌声も、この日の偶然の宝物のように思えた。
ライヴのラストでは、初めてBAROQUEを見たであろう観客も声をあげ、BAROQUEを楽しんでいた。


「遂に迎えた初日、個人的には悔しいトラブルもあり迷惑かけちゃったけど
想像以上に楽しいPARTY ZOOだった。
出てるバンド皆リスペクト出来る人達だしお客さん達も素敵で
まだ初日なのにあと4本で終わっちゃうのがもう寂しい感じ。次の豊洲もがんばる。」(けい)



トリには貫禄たっぷりのMUCCが登場。
このPARTYを一番楽しんでいるのは自分たちだと言わんばかりのハードで熱量溢れるライヴを魅せつける。
和を感じさせる衣装を羽のように広げ妖艶な逹瑯。
ダークもポップもどちらも武器にするMUCCに、観客の興奮も最高潮へ!



「パーティーの幕開けだ!!
一番楽しんだヤツの勝ち!!
ドンドンいっちゃって頂戴!!」(逹瑯)



そして、「Ken with Naughty stars」のセッションコーナーへ。


「独断でKenさんの「Speed」、S.O.A.P.の「Dunce」、
そしてそして、初めてコピーしたラルクの曲「Vivid Colors」を演らせていただいて感動でした!!
PARTYは続く!!動画UPするからZOO SONG覚えてきてね!!」(ミヤ)



ミヤ園長のKenファンの心をくすぐる選曲たちに会場からは悲鳴と歓声が。
また、この日初めて演奏されたPARTY ZOO公式ソング。
PARTYZOO出演者が勢ぞろいして演奏されたこの曲は、観客も仲間に迎え入れ、
PARTY ZOOの一員としてライヴに参加し、出演者と感覚を共有できる曲になっている。



この後の、豊洲PIT、堂島リバーフォーラム、Zepp DiverCity Tokyo、仙台PITと続くツアーでも
この曲を会場全員で一緒に叫び、PARTY ZOOの一員になる人が増えていくのが楽しみだ。



「このイベント、楽しくなればいいなと思ってたけど、
こんなに楽しくなるなんて想像を超えてた。
みんなに声かけて集まったらこんなに楽しいことが起こるなんて、すごくない!?
このあとの公演もお楽しみに~!」(Ken)

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

 


「PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~」 
名古屋ダイアモンドホール 2016.9.11(Sun)


SET LIST


【AKi】
1. Fx$k the WORLD!
2. FREAK SHOW
3. ミッドナイト/狂騒/DARLING:
4. FAIRY DUST
5. LOOP
6. STORY (新曲)
7. libido
8. The Inside War


【gibkiy gibkiy gibkiy】
1. I LOVE YOU
2. 箍を外す場合、穴に群れる具合
3. 蟻は血が重要である (with Ken)
4. 形の無い、何よりも、愛したのは、お前だけが (with Ken)
5. 脳内に

<Deeply Entwining Session>
【Merry Go Round Respects】
1. 禁じられた遊び
2. 実験体
3. 桜の満開の木の下で
Vocal:kazuma
Guitar:aie、ミヤ
Bass:kazu
Drums:sakura

【BAROQUE】
1. DREAMSCAPE
2. ガリロン
3. SWALLOW THE NIGHT
4. MEMENTO
5. 魔女と林檎
6. 我伐道
7. CELEBRATE
8. PLANETARY LIGHT
9. G I R L

【MUCC】
1. THE END OF THE WORLD
2. ENDER ENDER
3. CLASSIC
4. KILLEЯ
5. ハイデ
6. Mr.Liar
7. 蘭鋳
8. TONIGHT

【Ken with Naughty stars】
1. Dunce
Vocal:Ken
Guitar:ミヤ
Bass:YUKKE
Drums:sakura

2. Speed
Vocal:Ken, AKi
Guitar:ミヤ, 圭
Bass:YUKKE
Drums:sakura

3. Vivid Colors
Vocal:逹瑯、怜
Guitar:ミヤ, 圭, Ken
Bass:YUKKE, AKi
Drums:sakura

4. PARTY ZOO
Vocal:逹瑯、怜, AKi, Ken
Guitar:ミヤ, 圭, Ken, aie
Bass:YUKKE, AKi, kazu
Drums:sakura
and Naughty stars

====================


■「PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~」ツアースケジュール

2016年9月18日(日) 豊洲PIT
【出演】A9, AKi, BAROQUE, MUCC, Ken with Naughty stars
    Deeply Entwining Session:押ちゃんズ
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888

2016年9月25日(日) 堂島リバーフォーラム
【出演】A9, BAROQUE, GUTS AND DEATH, MUCC, Ken with Naughty stars
    Deeply Entwining Session:カラスRe-born
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888

2016年10月2日(日) Zepp DiverCity Tokyo
【出演】A9, BAROQUE, Made in Asia, MUCC, Ken with Naughty stars
    OPENING ACT:VALS
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888

2016年10月9日(日) 仙台PIT
【出演】AKi, BAROQUE, Made in Asia, MUCC, Ken with Naughty stars
    Deeply Entwining Session:I❤B-T
(問)キョードー東北 022-217-7788

全会場 OPEN 16:00 / START 17:00  21:30終演予定

【チケット料金】
オールスタンディング
前売券 ¥7,000(税込・ドリンク代別)
当日券 ¥8,000(税込・ドリンク代別)

【チケット受付サイト】 https://ticket-every.jp/all/partyzoo

 

【ローソンチケット、チケットぴあ、イープラスでも発売中】
<イープラス> http://goo.gl/IIBcBu 
<チケットぴあ> http://goo.gl/83x86S 
<ローソンチケット>
堂島(大阪) http://goo.gl/KdK9oM 

ZeppDiverCity http://goo.gl/kWudkF

仙台PIT http://goo.gl/1YhPTM 
             

PARTY ZOOオフィシャルサイト http://www.party-zoo.com











2016年09月12日 (月)

【ライブレポート】<“Visual Parade” Extra at Summer’16>8月20日(土)21日(日)渋谷 TSUTAYA O-WEST★2日間に渡り満員御礼、スペジャルコラボも連日登場!

REPORT - 21:00:28

 


8月20日(土)と21日(日)の2日間に渡り、渋谷 TSUTAYA O-WESTを舞台に「“Visual Parade” Extra at Summer’16」と題したイベントが行われた。


20日に出演したのが、葵-168- / アンティック-珈琲店- / DIV / HERO / mitsu。


21日には、アンティック-珈琲店- / FEST VAINQUEUR / Black DASEIN / THE MICRO HEAD 4N’S / Mix Speaker’s,Inc.が登場。


両日ともライブ終了後の転換時に「Stuppy」編集長”ぽっくん”による出演アーティストとの、夏の思い出をテーマにしたトークも行われた。

 



20日のステージのトップを飾った葵-168-は『requiem』や『雪月花』など激しい表情から、儚さ抱いたバラードの『蜃気楼』、妖艶さを持った『SCANDAL』、ポップに弾けた『スピカ』など、枠に捕らわれない幅広い音楽性を提示してくれた。



アンティック-珈琲店-は、最新シングル『生きるための3秒ルール』や大黒摩季のカバー曲『熱くなれ』を突きつけ場内に熱気を巻き起こせば、『スマイル一番イイ♀~2016ver.~』ではお馴染みの掛け合いを作り出してゆく。

最後にぶつけた『千年DIVE!!!!!』の頃には、観客たちのブンブン振り回すタオルにより、会場全体に熱気が攪拌されていた。



元ν[NEU]のヴォーカリストだったmitsuが、中盤に登場。透き通る歌声と心地好いメロディーを這わせしっとり『Naked』を歌えば、キラキラとした輝きを与えた『蛍』や疾走感満載な『エトリア』を提示。

最後に届けた『For Myself』に詰め込んだmitsuの想いが、嬉しく胸を揺さぶってくれた。



10月に解散の決まったDIV。彼らのライブは牙を剥いた攻撃ナンバー『ANSWER』からスタート。

一転、DIV流ダンスロック『神様がもしいるなら』を通してフロアをディスコ空間に塗り替えれば、『イケナイKISS』や『ゴールデンキネマ劇場』を通し、場内にモッシュ生まれる大暴れの風景を描き出していた。

 


トリを飾ったHEROのライブは、場内の人たちが肩を組みはしゃぎ続けた『カントリーロード』からスタート。

場内をモッシュ空間に染め上げた『ALIVE』。「大きな声で」「出てこいやー」の掛け合いも楽しい『超過激愛歌~Super Ultra Love song~』など、終始笑顔が生まれ、トリに相応しいステージングをHEROは見せてくれた。



止まぬ熱狂に応えたアンコールでは、葵-168-の葵、アンティック-珈琲店-の輝喜とゆうきも飛び入り参加し、”ヴィジュパレ”のお題でJINがトークで会場を爆笑にさせてから、HEROの楽曲『ソプラノ』を演奏。


世代の近いアーティストが集まった日になり、最後に微笑ましく感じたセッション風景を見れたのも嬉しいサプライズだった。





2日目となった21日のライブは、FEST VAINQUEURからスタート。

いきなり観客たちを熱狂に巻き込んだ『ペルソナ傷女』から幕を開けた。HALの甘くセクシーな歌声と重量感あふれた演奏が重なり、危険な匂いを放った『FANG』。

『現代的疑惑都市`DOUBT!’』ではHALとギターのGAKUがキスを交わしたりと、熱狂のみならず、妖しく過激な面も彼らは見せていた。



THE MICRO HEAD 4N’Sは、切なくもノスタルジックな世界観を描き出した『星に願いを』からライブをスタート。

シンガロングナンバー『NOCTURNE』や無数の拳が突き上がった『Curtain Call』、『MONSTER’S ROAR』では ヴォーカルのNimoがモンスターと化し、観客たちを煽っては、場内へ暴れ奉る空間を導き出していた。

強烈な存在感と迫力には、まさに貫祿という言葉がピッタリだ。



場内に異空間を作りあげたのが、Mix Speaker’s,Inc.。

『Carni=balism』が連れ出したのは絶望渦巻くレストラン。

彼らは、観客たちを闇の宴へと導いてゆく。奇妙なダンスに興じた『ドクロKITCHIN』。

闇と光の交錯する世界に恐怖と好奇心を覚えた『Ghost gate』。

最後に届けた『MONSTIME ~long ver.~』では、ヴォーカルのMIKIとベースのseekがパートを入れ代わる場面も加えながら、場内に狂喜な物語を描きあげていった。



ヴォーカルの力(Ricky?)が黒いバットを振り乱し、厳つい武装した恰好の集団を引き連れ、ステージに乱入。Black DASEINとは、黒とDASEINをこよなく愛し、コピーしているバンド。

舞台上から轟かせたのは、『Yの黙示録』や『黒細胞』など邪悪な匂いを満載した楽曲たち。

『黒細胞』では、「Black細胞!」の連呼で場内を煽り(途中STAP細胞!やSMAP解散と聞こえたような聞こえないような…)、熱狂へと連れてゆく。

中では『I miss you』のような開放的なポップナンバーも披露しつつ、終始邪悪な匂いを放ちながら、イベントに黒い暴風を巻き起こし続けていた。



トリを飾ったのは、連日登場と勢いづいているアンティック-珈琲店-。

この日も『千年DIVE!!!!!』『生きるための3秒ルール』、大黒摩季のカバー曲『熱くなれ』、『スマイル一番イイ♀~2016 ver.~』などお馴染みの楽曲を突きつけ、フロアを開放的な熱狂空間に染め上げていた。

他にもこの日は、あえて季節を逆行するように桜ソング『Cherry咲く勇気!!』や、初期の人気ナンバー『逃避回路~2016ver.~』も演奏。

終始、笑顔の花咲く最高のライブ空間をアンティック-珈琲店-は届けて本編を閉めてくれた。



アンコールでは、アンティック-珈琲店-のメンバーを軸に、出演バンドのヴォーカリスト全員が舞台に登場。

全員で大黒摩季の『熱くなれ』を大セッション。

会場中を祭りの風景に染め上げ、ブチ上がっていった。

そうそう、Black DASEINの力(Ricky)の腕には大黒の文字が。それに気づいたアンティック-珈琲店-のみくがしっかり突っ込みを入れていたことも報告しておこう(笑)。



 

2日間に渡り行われた「”Visual Parade” Extra at Summer’16」。

このシリーズ、次はどんな顔ぶれで、どんな楽しいセッションが飛び出すライブを見せてくれるのか!?

現在絶賛次回の調整中とのこと。

次の開催も楽しみに待っていてほしい。

 

====================


★出演アーティストの最新情報はこちらから★


葵-168-
http://aoism.com/

 

アンティック-珈琲店-
http://www.ancafe-web.com/

 

DIV
http://www.div-official.com/

 

HERO

http://hero-izm.com/

 

FEST VAINQUEUR
https://www.festvainqueur.com/

 

Black DASEIN
http://hyperneosoloist.com/ricky/

 

THE MICRO HEAD 4N’S
http://themicrohead4ns.jp/

 

mitsu
http://www.mitsu-official.com/home/

 

Mix Speaker’s,Inc.
http://www.mixspeakersinc.com/pc/

 











2016年09月11日 (日)

速報♪【Smileberry】2016年9月10日(土)新宿ReNY<SUPER SMILE>ライブレポ&3rd Single「サンタの正体」リリース決定!!

REPORT - 01:14:07

 

初ライブから1年後に当たる9月10日(土)、Smileberryは新宿ReNYを舞台に結成1周年を記念したワンマンライブ「Smileberry 1st Anniversary Oneman Tour Final 「SUPER SMILE」」を行った。

1年前の同日にデビューの場として選んだのも、新宿ReNYだった。そのときは、イベントを彩るバンドの一つとして登場。

今年3月にTSUTAYA O-WESTで初ワンマンライブを経験。1年間に及ぶ活動の成果は、目に見える形でしっかり場内に描き出されていた。


キラキラと光輝く舞台の中、演奏は明るく華やかに駆け出した。『One Story』が描き出したのは夢を描くことのワクワクとした感情。

その意識とシンクロするように、早くも会場には未来を期待するたくさんの笑顔の花が咲いていた。

一緒に未来を描きたいと想いを捧げるように…。場内に花開いたのは、数多くのハートの手のマーク。告白するように、Motokiは『小悪魔KISS ME』を歌いかけてきた。その歌は、触れた人たちの心へ確かなときめきを与えてゆく。ムズムズするくらいに胸がワクワクしてきた。

嬉しさの鼓動が思いきり走り出していた。

 

 『キミが好き』。

愛しい人へ、Smileberryを支え続けてくれる仲間たちへ離したくない想いを伝えるように、Motokiは『キミが好き』と真っ直ぐな気持ちで歌いかけてきた。

会場中のSmiley’s(ファンたち)が、満面の笑顔でモンキーダンスに興じた『LUCKY DAY』。

律の荒々しいギターサウンドを合図に、場内中の人たちが思いきり頭を振り乱してゆく『FLY AGAIN』。
 ギラギラとした熱い刺激を与えてゆく灼熱ポップナンバーの『Sun!Sun!Smile!!』では、誰もが頭上高く右手を振り上げ、太陽をつかむように全力で飛び跳ねてゆく。

一転、Smileberry流ポップな煽りナンバー『Go My Way』では、ギラギラと輝き放つ演奏が、騒ぎたいエナジーを身体中に注ぎ込んでゆく。

サビでタオル振りながら跳ね続けていたSmiley’sたちのアガる気持ちも納得だ。

胸をウキウキときめかす『君に届きますように』に合わせ、場内中にたくさんの手の花が咲きだした。無条件に無邪気になれる。

それこそが最高の笑顔が生まれる源。「何時だって君の側にいたい」。舞台上も客席も、同じ「求める想い」を共有しながら、たくさんの花を咲かせてゆく。


「誰一人離さずに繋がっていたい。

もっともっと大好きにさせてください。

そして、みんながもっと俺たちのことが大好きになりますように。

最高の笑顔を見せていこうぜ!」

 

Motokiは、そう叫ばずにいられなかった。

5人は『ワンダーワード』を通し、解けない強い絆を結び合いたかった。

会場に生まれた無数のハートマークが、心を繋ぎ合わせた想いの証を確かに示していた。

 

「時代の流れって凄くあるんですよ。

俺たちが始動した去年の今日、時代に逆行したバンドが現れたことを知らしめられた。

そんな逆行しているバンドについて来てくれるSmiley’sは、本当にかけがえのない存在だと感じ続けています。

歌で心を笑顔にしたい。ほんの小さな光でいい、俺たちの歌で一人一人の心に光を灯せるように走ってきました。

これからもずっと、みんなの心に光を灯していきたいなと思っています」(Motoki)

 

Smileberryの歌を愛おしく想う人たちの胸へ染み込ませるように、Smileberryはミドルバラード『Milk Step』を響かせた。

その歌と演奏は、触れた人の心をキュッと優しく抱きしめるように伝わってきた。

続くバラードの『STRAWBERRY POTION』が、愛しい人へ優しく接吻(くちづけ)するように、甘い刺激と温かい優しさで心を蕩けさせてくれた。

 

終盤を彩ったのは、Smileberryの魅力の一つであるカバーナンバーたち。

『NO MORE CRY』を通し会場中の人たちが気持ち一つにサビを歌えば、『ハレ晴レユカイ』でSmileberryは場内を弾けた学園祭ムードに彩ってゆく。

ヘドバンや手繋ぎモッシュが炸裂、笑顔の花咲く空間へ、スリリングで刺激的な興奮を注入した『キューティーハニー』。

どれも原曲の良さを活かしながらも、Smileberry色へ染め上げている。だから、誰もが素直に熱狂していたんだと思う。

 

「来てくれたみんなが何より大切です。

何時か人は環境が変わってしまうけどさ、それでも合間を見つけて会いに来てくれたら、俺たちは笑顔にする。

みんなの心を何時もよりも少し晴れさせてあげるからさ。

何年経っても、俺たちの曲を通し思い出を積み上げながら笑顔を大事にして欲しい。

俺たちがずっとずっとみんなの笑顔に、太陽になり続けるから」

 

 Motokiの言葉に続き最後を彩ったのが、Smileberryの始まりの歌『Smiley』。

先の言葉を証明するように、『Smiley』がSmiley’sの心へたくさんの笑顔の種を植えつけてゆく。

その種が、一人一人の心の中で芽吹いたなら、きっと笑顔を忘れることはないはず。

少なくともSmileberryのライブに来たときは、その芽がしっかり笑顔の花を咲かせてくれる。

そんな想いも胸に感じながら、熱した笑顔の空気に楽しく触れ続けていた。

 

アンコールでは、12月7日に発売が決まった最新シングル『サンタの正体』をいち早く披露。

ロマンチックなフレイバーをまぶしたハートウォームな歌が、Smiley’sの心へ、だいぶ早いクリスマスプレゼントとして響いていた。

きっと時期が近づくにつれ、この歌へ愛おしさが増していくのだろう。

 

「最高の笑顔でいくぞー!」

最後は、SmileberryとSmiley’sたちを繋ぐ歌『We Are Smiley’s』。

誰もがこの空間を最高の遊び場にしようと、大きく手を振り無邪気に跳ね続けていた。

その楽しい笑顔が、もっともっとたくさんの人たちに連鎖してゆくように願いながら…。

 


この日のライブで幾つかの嬉しい発表が届けられた。

Smileberryは、12月7日(水)に3rdシングル『サンタの正体』を発売する。この日のライブでも初披露。

ワクワクときめくドリームを与えてゆくロマンチックな楽曲が、触れた人たちの心へ、どんな素敵な笑顔のプレゼントとして響いてゆくのか楽しみだ。


12月24日(土)には、「昼」に「Smileberryスペシャル企画『スマベリサンタを探せ!?』」を原宿/渋谷界隈で行う。

タイトル通り、メンバーがサンタクロースの恰好をして街で何かしらやらかすのだろうか、とても気になるイベントだ。

同日の「夜」には、渋谷REXを舞台に「『サンタの正体』購入者限定特別招待ワンマン公演!」も行われる。

クリスマスイブの夜のライブだけに、どんな聖なる熱狂の一夜を届けてくれるのか、こちらも楽しみにしたい。

 

他にもSmileberryは、11月に二度目となる全国ワンマンツアー「Smileberry 2nd ONEMAN TOUR 笑顔を咲かせろ!We are Smiley’s!!」を開催する。

11月21日は、ヴォーカルMotokiの。ツアーのファイナルとなる12月4日は、ベーシスト由奈の二部制によるバースデーライブになっている。

中でも由奈のバースデーライブは、タイトルへ「概要:SE.MC.ENCORE全て無し!曲も時間も服装も由奈の当日の気分。」と記したように、どんな内容になるのかも楽しみだ。


年末に向け、笑顔を導く刺激的な展開を次々と投げかけてゆくSmileberry。

その動向へ、熱い視線を注いでいただきたい。

 


PHOTO:NORI
TEXT:長澤智典

 

====================

 

-セットリスト-
『One Story』
『小悪魔KISS ME』
『キミが好き』
『LUCKY DAY』
『FLY AGAIN』
『Sun!Sun!Smile!!』
『Go My Way』
『君に届きますように』
『ワンダーワード』
『Milk Step』
『STRAWBERRY POTION』
『NO MORE CRY』
『ハレ晴レユカイ』
『キューティーハニー』
『Smiley』
En.
『サンタの正体』
『We Are Smiley’s』

 

====================

 

★CD情報
3rd Single「サンタの正体」
2016年12月7日(水)3type Release!!

 

====================

 

★EVENT情報★
今年の12/24(土)クリスマスイブはSmileberryと一日中楽しめる!全員無料参加可能★
【昼】原宿-渋谷周辺
Smileberryスペシャル企画!
『スマベリサンタを探せ!?』
【夜】渋谷REX
「サンタの正体」購入者限定特別招待ワンマン公演!
※内容等は後日お知らせさせていただきます。

 

====================

 

★LIVE情報★
Smileberry 2nd ONEMAN TOUR
笑顔を咲かせろ!We are Smiley’s!!
■2016年11月18日(金)福岡DRUM SON
■2016年11月21日(月)心斎橋VARON※Motoki Birth Day
■2016年11月22日(火)名古屋ell.SIZE
■2016年11月24日(木)新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
■2016年12月02日(金)仙台HooK
■2016年12月04日(日)渋谷REX※由奈 Birth Day 二部制

 

====================

 

-
■2016年11月18日(金)福岡DRUM SON
Smileberry 2nd ONEMAN TOUR
笑顔を咲かせろ!We are Smiley’s!!
Act:Smileberry
OPEN 17:30 / START 18:00
前売¥3,500+D / 当日¥4,000+D
チケット購入方法:
10月1日(土)よりe+にて販売開始(No.1-150)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002203087P0030001
入場順:e+→当日※バンド予約無し
【主催】Smileberry
【制作】VR LABEL
【CONTACT】GreeN Music 092-714-0230 (平日12:00~18:00) http://green-music.jp
【ACCESS】福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-29


-
■2016年11月21日(月)心斎橋VARON
Smileberry 2nd ONEMAN TOUR
笑顔を咲かせろ!We are Smiley’s!!
【Smileberry Motoki Birthday ONEMAN〜モトえもんの逆襲〜】
Act:Smileberry
OPEN 17:30 / START 18:00
前売¥3,500+D / 当日¥4,000+D
チケット購入方法:
9月25日(日)よりe+にて販売開始(No.1-150)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002200220P0030001
入場順:e+→当日※バンド予約無し
【主催】Smileberry
【制作】VR LABEL
【CONTACT】心斎橋VARON(06-6243-1400)
【ACCESS】大阪府大阪市中央区南船場4-4-10 辰野心斎橋ビルB1F


-
■2016年11月22日(火)名古屋ell.SIZE
Smileberry 2nd ONEMAN TOUR
笑顔を咲かせろ!We are Smiley’s!!
Act:Smileberry
OPEN 17:30 / START 18:00
前売¥3,500+D / 当日¥4,000+D
チケット購入方法:
10月1日(土)よりe+にて販売開始(No.1-150)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002202319P0030001
入場順:e+→当日※バンド予約無し
【主催】Smileberry
【制作】VR LABEL
【CONTACT】名古屋ell.SIZE(052-201-5004)
【ACCESS】愛知県名古屋市中区大須2-10-43


-
■2016年11月24日(木)新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
Smileberry 2nd ONEMAN TOUR
笑顔を咲かせろ!We are Smiley’s!!
Act:Smileberry
OPEN 17:30 / START 18:00
前売¥3,500+D / 当日¥4,000+D
チケット購入方法:
10月1日(土)よりe+にて販売開始(No.1-150)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002202422P0030001
入場順:e+→当日※バンド予約無し
【主催】Smileberry
【制作】VR LABEL
【CONTACT】新潟GOLDEN PIGS RED STAGE(025-201-9981)
【ACCESS】新潟県新潟市中央区東堀通6番町1051-1 G.Eビル 5階


-
■2016年12月02日(金)仙台HooK
Smileberry 2nd ONEMAN TOUR
笑顔を咲かせろ!We are Smiley’s!!
Act:Smileberry
OPEN 17:30 / START 18:00
前売¥3,500+D / 当日¥4,000+D
チケット購入方法:
2016年10月1日(土)よりe+にて販売開始(No.1-150)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002202389P0030001
入場順:e+→当日
【主催】Smileberry
【制作】VR LABEL
【CONTACT】仙台HooK(022-716-8633)
【ACCESS】宮城県仙台市青葉区一番町2丁目3-33 ESPビル B1F


-
■2016年12月04日(日)渋谷REX
Smileberry 2nd ONEMAN TOUR
笑顔を咲かせろ!We are Smiley’s!!
【Smileberry 由奈 Birthday ONEMAN「CRY BABY」】
Act:Smileberry
【一部】OPEN 15:00/ START 15:30
前売¥3,500+D / 当日¥4,000+D
【二部】OPEN 18:00 / START 18:30
前売¥3,500+D / 当日¥4,000+D
チケット購入方法:
2016年4月30日(日)よりe+にて販売中!
【一部】■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002187855P0030001
【二部】■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002187856P0030001
入場順:e+→当日
【主催】Smileberry
【制作】VR LABEL
【CONTACT】SHIBUYA-REX(03-5728-4911)
【ACCESS】東京都渋谷区道玄坂1-18-3 プレミア道玄坂ビルB1

 

Smileberry Web
http://smileberry.jp/