NEWS

2017年04月25日 (火)

★レポート★【 D 】バンド史上初!4月23日(日)フリーライブ@Zepp Tokyo、15年目に向かう新章の幕開け───。

REPORT - 00:03:44

2017年、結成14周年を迎えた5人組ロックバンド“D”。

 

14周年を迎えてもなお、新たな挑戦を続け、自らの道を切り開き続けるDが、バンド史上初となるフリーライブを4月23日(日) Zepp Tokyoにて開催した。


この日はまさに新たな物語の幕開けとなった。

2015年9月リリースの「HAPPY UNBITHDAY」から始まり、シングル「MASTER KEY」、そして昨年10月リリースのアルバム「Wonderland Savior」の3作品に渡り“アリスの世界”を描いてきたDが、2017年に放つ新コンセプトは“妖精王の物語”。

 

アーティスト写真を公開するやいなや、大きな反響を呼んだ 美しすぎる“妖精”ビジュアルと、待望の新曲「Dark fairy tale」がこの日のライブで初披露になるということで、新たな物語への期待に胸を膨らませたファン約2,000人がZepp Tokyoに集結した。

 

ライブはこの日初公開となる新曲「Dark fairy tale」のミュージックビデオから華やかにスタートした。
お伽話のような幻想的で美しい映像、そして切なく悲しいストーリー展開に観客は息を飲み、Dが魅せる新たな物語の世界に一気に引き込まれていった。

 

幕が開き、メンバーが登場するやいなや、会場からは大きな歓声とため息が漏れた。
黒×紫の美しい衣装に身を包んだメンバーはまさに妖精そのものだった。

 

煌びやかな妖精たちは、序盤から“攻め”の姿勢で、瞬く間に観客の心に火を付けた。
「7th Rose」、「闇の国のアリス」、「Night-ship “D”」など、会場と激しく一体となる楽曲が続き、一気に会場の熱気は最高潮に達した。

 

そして、この日は14周年を記念するライブということで、メンバー各々がDとして初めて作曲した曲を次々に披露。
これまでバンドを支え続けてきてくれたファンと共に重ねてきた記憶・景色を振り返った。
この世界にDが残してきた楽曲の1曲1曲が全く色褪せることなく、その歌声・音色は、進化を続けるDというバンドに相応しい輝きを纏い、新たな光を放っていた。

 

本編ラストの曲は、この日初披露となる新曲「Dark fairy tale」。

妖精の世界の煌めきと、妖精王の美しくも悲しいストーリーが見事に表現された楽曲は、Dが描く物語の無限の広がりと奥深さを十分に感じさせるものだった。
まさに、15年目に向かう新章の幕開けに相応しい楽曲と言えよう。

 

アンコールは、14年間支えてくれたファンへの感謝、そして会場に集まってくれた多くのファンと今この時を迎えることができたことへの感謝の気持ちを込めて、「EDEN」そして「Dearest you」、「春の宴」などが演奏された。大きな愛が溢れ、会場は暖かな優しさに包まれていた。

 

「この先も夢を見させてやるからな!」


というASAGIの強い言葉通り、新しい夢の世界の扉を開け、その先へ向かう力強い一歩を感じさせるライブとなった。

 

そして、この日ニューシングル「Dark fairy tale」の6月28日リリースが発表された!
美しくも悲しい妖精王の物語が全4形態で表現される。限定盤A-TYPEは、「Dark fairy tale」のMusic Videoとメイキング映像が収録されたDVD付。そして限定盤B-TYPEは、美麗なアートワークが存分に楽しめるブックレットが付属となる。また、限定盤D-TYPEに封入されるジャケットサイズステッカーにはある特殊な仕掛けが!なんと、そのステッカーにARアプリをかざすと妖精メンバーが出現する“妖精降臨仕様”となっている。妖精の世界が存分に楽しめるシングルとなる予定だ。


新宿BLAZEでのニューシングル発売記念ワンマン、ニューシングルを引っ提げての夏ツアーも発表となった。
7月21日(金)仙台CLUB JUNK BOXからスタートし、ツアーファイナルは8/29(火)に赤坂BLITZで開催される。発売記念ワンマン、そしてツアーを通して、妖精王の物語がどのように紡がれていくのか、
Dが描く壮大な世界観をぜひライブで体感してほしい。

 

====================

 

★2017628日発売

D New Single Dark fairy tale

 

限定盤A-TYPE (CD+DVD) ¥1,800+ / VBZJ-46

CD:「Dark fairy tale」他、全4曲収録予定

DVD1.Dark fairy tale Music Video 2.Dark fairy tale Music Video Making

 

限定盤B-TYPE (CD+豪華ブックレット) ¥1,800+ / VBZJ-47

CD:「Dark fairy tale」他、全4曲収録予定

豪華ブックレット

 

通常盤C-TYPE (CD) 1,200+ / VBCJ-30021

CD:「Dark fairy tale」他、全4曲収録予定

 

限定盤D-TYPE (CD+ステッカー) 1,500+ / VBZJ-48

CD:「Dark fairy tale」他、全3曲収録予定

妖精降臨仕様!ジャケットサイズステッカー封入(5種ランダム)

ステッカーにARアプリをかざすとメンバーが出現する特殊ステッカー!(ステッカーの絵柄のメンバーが出現します。)

 

☆限定盤A-TYPEB-TYPE/通常盤C-TYPE(初回生産分のみ)に「トレーディングカード」封入(6種ランダム)

 

【全4形態同時購入特典】
全4形態収納オリジナルスリーブケース
※一部ショップでは特典のご用意がない場合がございます。詳しくはショップにお問い合わせ下さい。
※特典は全て先着となり、無くなり次第終了となりますので、予めご了承下さい。 

 

【D「Dark fairy tale」発売記念スペシャルキャンペーン!(CD封入応募キャンペーン)】
全4形態に封入されている「応募券」(全4形態分)をハガキに貼ってご応募いただいた方に、下記特典をプレゼントいたします。

 

A賞:「直筆サイン&お名前入りB2ポスター」(抽選で100名様)
※メンバー全員の直筆サイン入り
※ポスターにはご当選された方のファーストネームをお入れします。

B賞:応募者全員プレゼント「Dark fairy tale」非公開写真(直筆サイン入り2L版)

キャンペーン詳細は、CD封入のチラシをご確認下さい。

 

【New Single「Dark fairy tale」 4/23(日)Zepp Tokyo終演後72時間限定スペシャル予約特典】
ローチケHMVにてNew Single「Dark fairy tale」をご予約の方に、ここでしか手に入らないスペシャルな特典をプレゼント!
URL: http://www.hmv.co.jp/product/detail/7836701
[ご予約期間] 2017年4月23日(日)21:00~4月26日(水)21:00まで


 

====================

 

【ライブ情報】


◆D 14th Anniversary Special Premium Live 高田馬場AREA 5Days
5月1日(月) 高田馬場AREA 「Exceed your limit」~Produced by HIROKI~
5月2日(火) 高田馬場AREA 「燃え上がれ赤」~Produced by Tsunehito~
5月3日(水・祝) 高田馬場AREA 「Memory of the Wind」~Produced by HIDE-ZOU~
5月4日(木・祝) 高田馬場AREA 「K.M.N.N(今日は皆で猫になろう)」~Produced by Ruiza~
5月5日(金・祝) 高田馬場AREA 「L’amour de VampireⅢ」~Produced by ASAGI~ SOLD OUT!

 

OPEN 16:30 / START 17:00
[料金] 前売¥4,200 / 当日¥4,700 (税別・オールスタンディング ※D代別<一般>


———————————————————


◆D New Single「Dark fairy tale」発売記念ワンマン
「Dark fairy tale ~The midsummer night’s Dream~」

6月21日(水) 新宿BLAZE  OPEN/START 17:30/18:00

 

[料金] スタンディング¥4,500(税別)/DRINK代別 
※3歳以上チケット必要
[一般発売日] 5月20日(土)~
※当日は終演後㊙企画有り


———————————————————


◆D TOUR 2017 「Dark fairy tale」


7月21日(金) 仙台CLUB JUNK BOX OPEN/START 18:30/19:00
7月23日(日) 札幌cube garden OPEN/START 16:30/17:00
7月27日(木) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE OPEN/START 18:30/19:00
7月30日(日) HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3 OPEN/START 16:30/17:00
8月2日(水)  金沢AZ OPEN/START 18:30/19:00
8月4日(金)  名古屋Electric Lady Land OPEN/START 18:30/19:00
8月6日(日)  OSAKA MUSE OPEN/START 16:30/17:00
8月12日(土) 新横浜NEW SIDE BEACH!! OPEN/START 16:30/17:00
8月14日(月) 岡山IMAGE OPEN/START 18:00/18:30
8月16日(水) 広島SECOND CRUTCH OPEN/START 18:00/18:30
8月18日(金) 福岡DRUM Be-1 OPEN/START 18:30/19:00

 

[TOUR FINAL]
8月29日(火) 赤坂BLITZ OPEN/START 18:00/18:30
※当日はご来場者全員に未発表曲音源(CD)プレゼント!!

 

[料金] スタンディング¥4,500(税別)/DRINK代別 
8/29赤坂BLITZのみ スタンディング¥5,000(税別)/DRINK代別
※3歳以上チケット必要
[一般発売日] 6月10日(土)~

 

——————————-

 

【プロフィール】
2003年4月、ASAGIとRuizaを中心にバンドを結成。2005年に現メンバーとなる。
メンバーはASAGI (Vo)、Ruiza(G) 、HIDE-ZOU(G) 、Tsunehito(B) 、HIROKI(Dr)。
2017年4月に結成14周年を迎えた。
世界観を重視した、ドラマ性を持った作品を次々に発表し、2008年にメジャーデビュー。そのビジュアルと完成度の高いストーリー性を持つコンセプトが海外でも高い評価を得る。2011年から独自活動を行い、世界10か国のワールドツアーを決行。バンド結成10周年の2013年メジャー復帰。
2014年バンド初の47都道府県ツアーに挑む。その後約1年間の活動休止期間を経て、2015年9月にアリスの世界をコンセプトにしたシングル「HAPPY UNBIRTHDAY」にて完全復活。昨年10月には約2年ぶり、そしてアリスシリーズ完結作となるフルアルバム「Wonderland Savior」をリリース。2017年1月、「Wonderland Savior~月の歯車~」ツアーを無事成功させた。

 

====================

 

■Official Site

D official website http://www.d-gcr.com

GOD CHILD RECORDS website http://www.god-child-records.com

D オフィシャルブログ「我らの航路に!」 http://ameblo.jp/official-d/

■Label Site http://jvcmusic.co.jp/d/

 








2017年04月23日 (日)

【ライヴレポート】幻鬼、アコギ1本で歌いきった1st ワンマン [ 氷の世界 ]

REPORT - 14:02:13

4月22日、晴れた昼下がり。
高田馬場Live cafe monoという場所で、ex.MeteoroiDのボーカリスト幻鬼による初のソロライブが開催された。
MeteoroiD解散後、数ヶ月の時間を経てファンの前に姿を現した幻鬼。彼が用意したのはその歌声と、ギター1本。
マンスリーアコースティックライブ第1弾「氷の世界」の模様をお届けしようと思う。

 

派手なSEが鳴り、ステージに登場するメンバーの名前を叫んだり声を張り上げたりするのが慣習。そんなヴィジュアル系の世界とは少し違い、静かにステージに現れた幻鬼、そしてそれを見つめるファンたち。
ライブタイトルでもある「氷の世界」を連想させる幻想的な映像をバックに、おもむろにMeteoroiDの楽曲「DIVER」のサビを歌い、挨拶を告げた。


『ある程度セットリストは決めてるんですけど 、ある程度なんで。僕のさじ加減でやります』


そう言って始まったのは、METEOROIDの頃の楽曲だというバラード。
タイトルもないこの曲は、「愛してるとごめんねは時に同じ意味を持つ ごめんねの数だけ歌うよ 愛してると」というメッセージ性のある歌詞が並ぶ優しい曲。幻鬼の歌声とギターのみのシンプルなサウンドで、言葉がすっとダイレクトに入ってくる、そんな感覚を覚えた。


次に始まったのは切なさがメロディーに乗って届く「黄泉の風」。和風のメロディーはアコースティックギターの音との相性がとてもよく、高らかに歌い上げる姿に観客はじっと聞き入る。
どこか優しさを感じる空間。それはMCでも一緒。
幻鬼らしいアットホームで緩いトークを聴かせ、『出来るか分かんないけど』などという前置きもしつつ演奏されたのは「Vocalist」。


歌うこと、生きることをテーマにしたこの曲に見られるように、彼の歌詞は等身大な部分を見せつつも、心の中に潜む想いや人の弱さを投げ掛ける。バン ドサウンドでも生きていたその言葉たちは、ギターのみのシンプルなサウンドに乗ることによって更にダイレクトに届く。そんな気がした。
続いて披露された「anticlockwiseの心臓」では歌いながらも途中で演奏を止め、『ここから先は5月歌う』、とファンを焦らした。そんな幻鬼らしい一面が再びこうして見られることも、嬉しさの一つだ。


『(MeteoroiDの)前にRED universeってバンドやってたんだけど。知ってる人いる?』と呼びかけ、そのRED universeの楽曲である「CODE BLUE」の一節を歌い上げた幻鬼。
福山雅治のあのお馴染みの曲「桜坂」のカバーを披露したり、バンドをやることに対しての思いや経験を語ったりと、ソロならではの自由な身のこなしも見せつつ、続いてもRED universeの楽曲「Lover’s Lane」を弾き語る。彼の歴史も辿れる嬉しい演出だ。


MCでは終始観客に話しかけるように自然体で話す幻鬼だが、ここで観客に一つの質問を投げかける。『何の曲聴きたい?』
ファンが選んだのは、彼が書いた曲の中でも特に思いの込められた、大切にされてきたナンバー「リトルボーイ」だった。
ギターの優しい音色に乗って歌い上げられるこの曲に、涙するファンの姿も。
『ラストなんですけど、以前MeteoroiDというバンドをやっておりまして』と何度目かの自己紹介をした後、話はこの日のライブタイトルへ。


「氷の世界」というタイトルに、彼のファンならあの曲を連想するだろう曲。
『今日はやらないよ。あれはタイトルだからね。謳い文句。みんな釣られたね」と冗談を交えつつ も、きちんとファンの想いに応え、最後に「ice world」を歌い上げる。


「涙声の君はもう必要ないから その涙僕に預けてよ」


幻鬼が歌うラブソング、それはファンに向けての歌なのかも知れない。彼の優しい歌声を聴きながらふと、そんなことを考えた。

 

『一人は不安』と言いながらも、集まったファンたちと共に初のアコースティックライブを成功に終えた幻鬼。今回のライブで感じた手応え、それは確かなものだったはず。
次のマンスリーワンマンは5月20日、池袋RUIDO K3にて。「眠りの森」と題されたこの日はファーストライブよりもさらにドラマティックで、沁みる音が聴けることだろう。
是非、一度彼の思いが乗せられた歌声を、あなたも耳にして欲しい。

 

TEXT:ヴィジュアル博士のる

 

――――――――――

 

◆LIVE SCHEDULE


5月20日(土) 池袋RUIDO K3
Mini Acoustic Live [ 眠りの森 ]
【開場/開演】11:00/11:30


6月4日(日) 池袋RUIDO K3
Mini Acoustic Live [ エデンの園 ]
【開場/開演】11:00/11:30

 

◆オフィシャルサイト
https://genkipanman.wixsite.com/genki




2017年04月19日 (水)

【ライヴレポート】<MUCC 20TH ANNIVERSARY 97-17 「羽化 -是朽鵬6極志球業シ終T脈殺-」>2017.4.14 / 4.15 @Zepp DiverCity

REPORT - 12:00:39

2017年。MUCCは20年という節目を迎えた。
茨城という地に生まれ、同じ時代を生き、共に“バンドというサウンドが放つ熱”に翻弄され、友達の提案からノリで付けたMUCCというバンド名で“バンド人生”を歩み出した10代。
今から20年前の彼らは、その頃、今の自分たちを想像出来ていただろうか?

きっと、彼らは迷わず自分たちの変化と進化を、想像出来なかったと語ることだろう。

結成から20年経った今、【MUCCというノンジャンル】を築き上げた彼らは、確実に“自分たちがなりたいバンド”になれていると思う。
しかし彼らは、今の自分たちのスタイルを結成当初から明確に持っていた訳ではないと思うのだ。
というのも、結成当初の彼らの放っていたサウンドは、メインコンポーザーであり、バンドのリーダーであるミヤ(G.)のルーツでもある昭和のフォークを基盤とする、アンダーグラウンドなダークさを宿したサウンドであり、そのサウンドに乗せて唄われる歌詞は、人間の業を赤裸々に吐露する言葉たちだった。
故に、そこにエレクトリックな質感や同期音や英語などは皆無であったのだ。
しかし。20周年という歳月の中にあった様々な出逢いや経験から、MUCCは新たなサウンドへの道を切り開いていった。

目に見えた大きな変化があったのは、2007年10月にリリースされたシングル『ファズ』であったと言えるだろう。
4つ打ちのダンスチューンであるこの曲は、MUCCがエレクトロやテクノといった、いままでのMUCCの音の中に存在することのなかった要素がふんだんに取り込まれていたのだ。

細かい変化としては、オーケストラと共存させたバンドサウンドで聴かせたメジャー5枚目のシングル『雨のオーケストラ』などを含む、2005年の11月にリリースされたアルバム『鵬翼』も、MUCC史上における一つの転換期であったとされるが、分かりやすくデジタルを取り入れたサウンドの変化が見られた2007年以降の彼らは、確実にバンドとしての振り幅と表現力を多いに広げたと言えるだろう。

今、MUCCというバンドは音楽シーンにおいて、いったいどのジャンルに属するのだろう? 
一般的には【ヴィジュアル系】というジャンルに属すると言われるのだろうか? 
日本の音楽シーンの中でヴィジュアル系というジャンルは、なにかと疎外されがちではあるが、MUCCは自分たちが例え疎外感のあるシーンに属され、どう呼ばれようとも全く気にしてはいない。
MUCCは、ヴィジュアルシーンのフェスや、メタルシーンのフェスや、ラウド、パンクシーンのフェスや、流行のロックバンドが一堂に会するフェスと、どのシーンにも堂々とその名を連ねているほど、MUCCという確実なジャンルを築き上げているのだ。

まさしく。MUCCとは、【MUCCというノンジャンル】なのである。

そんな彼らが20周年目に選んだのは、自らの過去との対面だった。
その対面の形こそが、2月4日の渋谷O-EASTから始まったツアー『MUCC 20TH ANNIVERSARY 97-17 「羽化 -是朽鵬6極志球業シ終T脈殺-」』だったのだ。
このツアーは、21ヶ所23公演というスケジュールで全国をまわり、4月14日、15日のZepp DiverCity Tokyo 2days公演で、そのツアーを締めくくった。

今回のツアーのセットリストの軸となっていたのは、1月25日にリリースされた通算13枚目のフルアルバム『脈拍』であったのだが、20周年を記念する“周年ライヴ”であったことから、セットリストには軸となる『脈拍』の他に、もう1枚のアルバムが偲ばせてあったのだ。
今回のツアーでは、その“もう1枚のアルバム”が何であるかが分かる【方程式】が設けてあり、一つ前のライヴでその方程式が解けるという仕掛けになっていたのである。
その仕掛けとは、その日のアンコールの始まりが次のライヴの“もう一つのアルバム”の中の1曲であったのだ。

つまり、オーディエンスは、聴きたい曲を狙ってライヴに来れるということも可能であったという訳。
これは、ただ過去曲たちと対面するというだけでは物足りないという、彼らの粋な計らいだ。

実に、フルアルバムは、2014年の6月25日にリリースされた『THE END OF THE WORLD』以来3年ぶりとあって、アルバムツアーとしても久しぶりだった彼らは、今ツアーでは4曲目までをアルバムの収録順と同じ並びで頭に置き、しっかりとアルバムをオーディエンスの記憶に刻んでいった。

照明が堕とされ、真っ暗になったフロアとステージ。
フロアと客席を隔てる黒い紗幕にいくつもの光が彷徨うと、彼らはステージへと姿を現した。
「脈拍」へと繋がる言葉をステージ中央で逹瑯(Vo.)が唱えると、ミヤの幻想的なギターフレーズに導かれ、逹瑯の叫びと爆音と共にその幕は落とされた。

約2ヶ月ほど前に観たツアー初日と同じ流れとは思えぬほどの成長に息をのんだ。
間髪入れずに届けられていった「絶体絶命」も、つい3ヶ月前に産み落とされ、オーディエンスの元に届けられた新曲とは思えぬほどの馴染み具合である。
ミヤとYUKKEが同時に竿をまわすパフォーマンスもすっかり定番となり、オーディエンスはこの曲で大きなサークルを出現させ、力の限り走り回った。
そんな“最低最悪の景色”は、さすが、アルバム1の人気曲の風格を漂わせていた。

アルバムの流れ通りに届けられていくこともあり、前の曲が終ると、頭の中に刻まれた記憶が既に次の曲のイントロが流れ始める準備をし始める。
そんな脳内で始まった「CLASSIC」の音に、会場のクラップが加わり、音源以上に勢いを増して描かれていく「CLASSIC」が目の前に広がった。
TVアニメ『七つの大罪 聖戦の予兆』のオープニングテーマであり、ベースのYUKKEがシングルとしては初の作詞作曲ナンバーであるこの曲では、YUKKEが中央に立ち舵を取っていくフォーメーションも、このツアーで新たに生まれた景色だ。
続く「KILLEЯ」での、逹瑯が前列のオーディエンスに体を預け、そのまま天を仰いで歌い、フロアの真ん中にはサークルモッシュが出現するというド迫力な景色も、同じくツアー中盤あたりから、この曲のおキマリの演出となっていた。
オーディエンスと共に曲を育ててきた成長の過程が伺えたのも、1曲目から4曲目までを変わらぬ並びでセットリストに置いた、今回のツアーだからこそ生まれた特別な景色だった様に思う。

そして。5曲目に置かれた楽曲こそが、『脈拍』の他に偲ばせてあるアルバムの楽曲である。
それは、9日のZepp Osaka Baysideのアンコールの1曲目であった「誰も居ない家」を受けての「路地裏 僕と君へ」だった。
オーディエンスは、ミヤのつま弾く妖しげなフレーズに、SATOち(Dr.)の大きく構えたドラムが加わり、それが「路地裏 僕と君へ」だと分かると、歓喜の声を上げた。
2004年にリリースされた4枚目のアルバム『朽木の灯』からの選曲である。
業に塗れたとことん暗い世界を描き上げたこのアルバムは、【MUCCという名のノンフィクション】が詰め込まれた重要作と言っても過言では無い。
左手をネックに滑らせ低音で深い闇を描いていくYUKKEのベースがとても印象深いこの曲から、「未完の絵画」「濁空」「幻燈讃歌」と『朽木の灯』の世界が繋がれていく。
この当時のMUCCの唄は、感情そのものであり叫びであるが故、単に歌唱力だけではなく、表現力が求められるものである。13年という時を経て歌われたそれらからは、逹瑯が見て来たこと触れてきたものが積み重ねられた、“表現力の増したあるがまま”を感じ取ることが出来た。

9曲目に届けられた「りんご」から、「勿忘草」「EMP」「秘密」と、『脈拍』のラインナップへと戻されていったのだが、この流れでは確実に進化したMUCCの音の中に、“初期のMUCC”を毎回感じていた。
アルバム『脈拍』は、プロデューサーにKen(L’Arc〜en〜Ciel)を迎えての制作であったのだが、今作は、MUCCのアルバムの特徴でもある【新たなジャンルをMUCCに持ち込むというチャレンジ】よりも、培ってきたMUCCの個性のブラッシュアップを感じる1枚だと思っていたこともあり、「りんご」から始まるこのブロックに差し掛かると、改めて『脈拍』は、原点回帰と進化の両方を含んだ20周年目に相応しいアルバムであったことを実感させられたのである。

「過酷だったツアーも、今日と明日で終ります。ただね、このツアーが終るだけなんですよ。何も終った感がないんですよ」(逹瑯)

 そう。彼らは結成20周年に当たる2017年に20個の卵の孵化を提示し、それらを20周年の使命として自らに課していることから、このツアーが終っても、まだまだ卵は孵化し続けるのである。
現在、20個の内10個の卵が孵化しているが、この日のライヴで2個の卵が孵化することを新たに告知したのである。
 それは、7個目の卵から孵化する、5月4日に茨城県立県民文化センター大ホールで行われる結成記念凱旋公演『家路 〜Happy Birthday to MUCC〜』と、6月20日、21日に行われる、MUCCとして5回目・6回目となる武道館単独公演『MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 飛翔への脈拍 〜そして伝説へ〜』の会場で購入できるという、会場限定シングル『家路』(1,667円+税 MSHN-026)のリリースと、13個目の卵から孵化する、MUCC結成20周年ヒストリーブック『M』の発売決定(7月19日発売:(株)音楽と人 3,200円+税)だった。

どちらもやはり、過去との対面。シングルでは過去曲と向き合い、新録やパートチェンジで本気で遊び、ヒストリーブックでは過去の自分たちと向き合い、包み隠さず語りきっているのだ。

自らの過去と、とことん向き合うことを選んだ20周年。
1つ目の卵の孵化であった『脈拍』も、2つ目の卵として孵化したこのツアーも、現在の彼らを隠さずに曝け出したありのままの生き様を見せつけられるからこそ、心を大きく揺さぶられるのであろう。

この日、何度か絶頂を越える盛り上りを魅せてくれた彼らだったが、その中でも特に印象的だったのが、「名も無き夢」で魅せた“愛しいまでの最低最悪な景色”だった。
曲中に“人壁”が出現し、一斉にダイブする景色は絶景であった。

「東京! 今日と明日で勝負しようぜ! 未来と勝負しようぜ! 
明日に負けてらんねぇよな! 明日に勝ったら未来に行けるんだよ! 飛べるよな!」(ミヤ)

と叫ばれたミヤの言葉でさらに拍車がかかり、フロアはサークルモッシュとダイブを全力で繰り返し、絶頂を超えたのである。
「名も無き夢」の歌詞の中に在る様に、彼らは、失うことで強くなり、擦り切れた想いを詩として歌ってきたのだろう。

まさしく、彼らのすべては、【MUCCという名のノンフィクション】なのである。

オーディエンスは、そんな赤裸々で不器用で嘘の無いMUCCの生き様に胸を打たれ、自らの足りない部分にMUCCというピースを嵌め込み、心を満たし、自らの背中を強く押すのであろう。最高の関係性である。

「東京! よくやった!」(ミヤ)

なかなか満足度のハードルが高いミヤが素直に認めたほど、オーディエンスは素晴しい盛り上りを魅せたのだ。

そして。「孵化」をラストに、オーディエンスを包み込む圧巻のサウンドで本編を締めくくり、第2部と呼べる、このツアーの見せ場でもあったアンコールへと繋げたのだった。

このツアーの特徴としてもう一つ、次のライヴで届けるもう1枚のアルバム時期の衣装を身に付け、当時のメイクを施し、当時のSEをバックに登場するという、“20周年ならではの見せ場”を用意していたのである。

届けられたのは「絶望」。
これは、2002年にリリースされた2ndアルバム『葬ラ謳』からの選曲であった。

2日目15日。
彼らは、“未来と勝負しようぜ!”という前日のミヤの叫びを、ノッケから自らに課していたかのような勢いで攻めてきた。

「脈拍」「絶体絶命」「CLASSIC」「KILLEЯ」を固定とした昨日と同じ始まりだったのだが、前日に、失うことで強くなり、擦り切れた想いを詩として歌ってきた余力を残さぬ彼らの生き様を見せつけられ、彼らの脈拍を肌で感じたからなのか、その1曲1曲に涙が込み上げ止まらかった程に、深い共感と感銘を受けた。
「絶体絶命」で、フロントの3人がSATOちに向き合い、音を重ね、想いを一つにする姿は、胸を大きく掻きむしった。

そして。この日、5曲目に置かれた楽曲は「絶望」だった。
14日のアンコールの1曲目の「絶望」を受け、「絶望」から「君に幸あれ」「黒煙」へと繋がれたのだ。

「ヤバイ。何十回とMUCCのライヴ観てきてるのに、今日、初めてMUCCを観た感覚に戻れた! 

なんでだろう? ヤバイ。この気持ちなんだろう?」
曲間に耳に入ってきたオーディエンスの言葉がとても印象的だった。

この言葉は、『脈拍』が、結成から20年のMUCCのバックボーンを追っていくアルバムであったことを意味していた気がしてならかった。

20年という節目を迎えられるバンドが少ない中、それだけの歴史を築き上げてきたことも奇跡に近いことではあるが、MUCCというバンドは、ミヤのサウンドブームが、アルバムごとに色濃く反映され、アルバムごとに毎回大きな変化を繰り返してきたバンドである故に、受け取り手である聴き手は、自分の好きなMUCCをどんどんと変化させられてしまうのである。
“提示されたMUCCを好きになれなかったらどうしよう?”という不安が毎回襲いかかる中、MUCCの中に持ち込まれる心地よい違和感のすべては、いつしか“MUCC”へと馴染み、“MUCCでしかない音”となっていくのである。
まさしく、今回のツアーは、それを証明していたものであった気がしてならない。

ステージが透明な光で包まれ、ステージとフロアが全く別の空間にある様に感じた照明の中で届けられた「君に幸あれ」は、スクリーンの中に居る4人を見ているかのような不思議な感覚に包まれた。
現在の彼らのまま、「君に幸あれ」がリリースされた2002年にタイムトリップしているかのような、不思議な時間。ピンスポットを用いず、ほぼシルエットしか見えないほどの透明な強い光が4人を包む。
オーディエンスも、遠い日の彼らをそこに重ねていたのだろう。
身動き一つせず、その曲を聴き入っていたのだった。

そんな静を打ち破り、狂ったように音をぶつけ、一気にその場を静から動へと導いた「黒煙」を境に、SATOちの叫びから、SATOち作曲の「BILLY×2 〜Entwines ROCK STARS〜」が始まった。
ハードロックンロールに、ロックスターに憧れを抱いていた頃の純粋な想いが乗った、手放しで盛り上がれるこの曲で、オーディエンスは完全に心の奥の硬く閉ざされた扉を解放した。

「盲目であるが故の疎外感」を1曲目に置いたアンコールでは、「蘭鋳」で絶頂を迎え、「1997」で絶頂を超えた。

「娼婦」から繋げられたこの曲は、“東京! 悔い残すなよ!”というミヤの叫びから始まった。
いつものように全員を座らせ、ジャンプを煽る前に、逹瑯は、“ファイナルありがとう! 武道館まで突っ走りたいと思います!”と、6月20日、21日に日本武道館で行われる『MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 飛翔への脈拍 〜そして伝説へ〜』への想いを言葉にした。

そして、「蘭鋳」終わりで、逹瑯がジャンプを煽り、ヘッドバンギングでオーディエンスの熱を滾らせると、ミヤがオーディエンスに挑発的な言葉を投げた。

「東京! 過去と勝負しようぜ! 昨日、“未来と勝負しようぜ!”って言って、すげぇ盛り上がったから、今日は過去に勝とうぜ! 
 このツアーで、20年の過去と対峙してきたけどよぉ、 過去も未来もどっちだって、どうだっていいんだよ! 今しかねぇんだよ! いけるか!?」(ミヤ)


そんなミヤの叫びを受け、オーディエンスは間違いなくこの日1番の景色を魅せてくれたのだった。
このツアーの最後を締めくくったのは「シャングリラ」。
懇々と放たれる音と魂の叫び。それは、とても美しい終わりだった。
盛り上げることだけを目的としない、生きとし生ける全ての者に告ぐ、我(MUCC)こその生き様。
そんな彼らの覚悟を、ここに観た気がした。

20周年の集大成ライヴとなる6月20日21日に控える日本武道館では、20年の歴史にさらに塗り重ねられたこのツアーでの成長を、どんな形で魅せてくれることになるのだろう?

擦り切れるほどに脈打つ感覚を見せつけて来る彼らと向き合うには、相当な覚悟が必要となるに違いない。

 

 

文◎武市尚子

写真◎西槇太一

 

====================


◎RELEASE情報

 

——————————-


■会場限定Single『家路』 MSHN-026 ¥1,667+tax
【収録曲】
01. 家路 -2017 飛翔-
02. 家路 -3 Piece Ver. 2007 New Mix-
03. 家路 -Original Mix from 2001 (青盤)-
04. 世界の終わり -2017 飛翔-
05. 世界の終わり 〜END OF THE EARTH Ver.〜
06. 世界の終わり -Original Mix from 2002 (葬ラ謳)-
07. NO!? -2017 飛翔-
AND…

<販売公演>
2017年5月4日(木・祝)「家路 〜Happy Birthday to MUCC〜」@茨城県立県民文化センター大ホール
2017年6月20日(火)、21日(水)「MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 飛翔への脈拍 〜そして伝説へ〜」@日本武道館

<購入者全員特典>
「見開きガキムック 〜無垢なMUCC〜」
※A5変形片抜きサイズ

——————————-


■「BEST OF MUCC ㈼」 NOW ON SALE
2CD ¥3,500+tax(AICL3311〜2)

■「カップリング・ベスト ㈼」NOW ON SALE
1CD ¥2,500+tax(AICL3313)

■「BEST OF MUCC ㈼ & カップリング・ベスト ㈼」NOW ON SALE
4CD ¥6,920+tax(AICL3314〜7)
※5,000枚限定販売スペシャルパッケージ

——————————-


■New Album「脈拍」 NOW ON SALE!!
[初回生産限定盤A(CD+DVD+Art Book)]※3000セット限定販売:豪華盤 ¥6,920+税(AICL-3266〜3268)
[初回生産限定盤B(CD+DVD)] ¥3,800+税(AICL-3269〜70)
[通常盤(CD only)] ¥3,000+税(AICL-3271)

 

====================


◎書籍情報
ヒストリーブック「M」

【発売日】2017年7月19日(水)
※タワーレコード独占販売
※一般発売分のみ特殊仕様予定
【価格】3,200+tax

<オンライン予約>
ご予約はコチラ http://tower.jp/item/4496335 
※先行発売の予約は不可

<先行発売>
2017年6月20日(火)、21日(水)「MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 飛翔への脈拍 〜そして伝説へ〜」にて先行発売
(問)音楽と人販売係 03-5452-4266

====================


<<MUCC LIVE情報>>
■ニコニコ超会議2017 “超音楽祭2017″
2017年4月29日(土)幕張メッセ国際展示場1〜11ホール+イベントホール


■家路 〜Happy Birthday to MUCC〜
2017年5月4日(木)茨城県立県民文化センター ※SOLD OUT
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888

■THE BACK HORN「KYO-MEI対バンライブ in KAWASAKI Vol.3」
2017年5月31日(水)川崎CLUB CITTA’

■MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY
飛翔への脈拍 〜そして伝説へ〜

第㈵章 97-06 哀ア痛葬是朽鵬6
2017年6月20日(火)日本武道館
OPEN PM5:00 START PM6:09
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888

第㈼章 06-17 極志球業シ終T
2017年6月21日(水)日本武道館
OPEN PM5:00 START PM6:09
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888

【チケット一般発売日】 2017年4月22日(土)

(問)DISK GARAGE 050-5533-0888


====================



<Official Twitter> https://twitter.com/muccofficial 
<Official Facebook> https://www.facebook.com/facemucc 
<Official HP> http://www.55-69.com/ 

<MUCC 20TH ANNIVERSARY 97-17 “飛翔”>
特設ページ http://www.55-69.com/20th/ 






2017年04月18日 (火)

【ライヴレポート】BREAKERZ 10番勝負公演、いよいよセミファイナル!仲良しゴールデンボンバーとの公演はつかの間の休息!?

REPORT - 12:07:32

今年7月にデビュー10周年を迎えるBREAKERZが企画した2マン・ライブバトル「BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS-」第8戦を終えた2日後の416日、対戦の熱も覚めやらぬまま第9戦が開催された。

4月に入ってから既に3つの勝負を繰り広げた彼らにとって、今宵の対戦相手は憩いの場のような存在だったに違いない。

その相手とは、公私ともに親交の深いバンド・ゴールデンボンバー!

 その仲の良さはファンの間でも広く知られており、今回の対戦で両バンドによる2マン・ライブが初めて実現する貴重なステージとあって、会場のZepp Tokyoは開演前から大きな期待と興奮が充満していた。待望の公演となった対戦の結末はいかに!? 

両者の絆とリスペクトが溢れた10番勝負セミファイナル、9thバトルの模様をレポート。

 

開演時刻の17時過ぎ。スクリーンに映し出されたうぃっしゅポーズのスカルのMC映像で今回の勝負内容が紹介され、先手・赤コーナー、ゴールデンボンバーのステージがスタートした。

オープニングを飾ったのは45日にリリースされたニューシングル「#CDが売れないこんな世の中じゃ」。音楽番組でのパフォーマンスや音楽業界の現状に切り込んだ歌詞と鋭いサウンドが話題になっている1曲だ。勢い良くステージに現れた4人に沸き立つ会場。

鬼龍院翔(Vo-karu)のタオル振り回せるか! かかってこいやー!という言葉に一斉にタオルが振り上げられ、フロアの熱気が一気に上昇する。

どうもゴールデンボンバーです。よろしくお願いしますと挨拶した後、そのまま突入したのが、シンセサウンドとたたみかけるリズムが刺激的な「毒グモ女(萌え燃え編)」。オーディエンスの飛べ飛べ!の声が大きくなり、そのジャンプがフロアを揺らす。

この曲にはヴィジュアル系バンドのライブで繰り広げられる観客の振り付けが詰まっていて、間奏ではメンバーそれぞれがレクチャー。その振りの締めがDAIGOうぃっしゅポーズとあって、一体感が増したのは言うまでもない。しかもこの日は鬼龍院と喜矢武豊(Gita-)によるロックステップ付き。

リスペクトを盛り込むパフォーマンスからは、メンバーがこの日を楽しみにしていたことが伝わってきた。

 

熱を帯びたまま迎えたメンバー紹介では、それぞれが近況を交えながら進行。

歌広場淳(Be-su)は近日DAIGOと番組共演する予定を明かし、喜矢武はアカデミー賞を受賞した「ラ・ラ・ランド」をおススメし、樽美酒研二(Doramu)は日頃のトレーニングの話題からその成果を自分にしか出来ないパフォーマンスで披露するという。

何か起こりそうな匂いぷんぷんの中「抱きしめてシュヴァルツ」が始まった。ゴールデンボンバーのステージでは各パートのソロがパフォーマンスの目玉だ。

ドラムソロでの樽美酒は自慢のボディを見せながら肉体派の有名人の顔パネルで自分の顔を隠す体モノマネを実行し、そこにSHINPEIAKIHIDE、最終的にはDAIGOの顔まで登場するという展開に会場は大笑い。

ギターソロでは白い衣装に羽を付けた喜矢武がラララランドセルDAIGOに扮し、女子小学生姿の歌広場と共にCMを再現するという、BREAKERZへの愛がたっぷり詰まっていた。

また「酔わせてモヒート」でもユニークな演出が繰り広げられ、喜矢武が得意のダンボール工作でデフォルメしたビッグフェイスくんDAIGOの描いた絵本の主人公)姿で登場したり、B’zへのリスペクトを込めて作った楽曲「ultra PHANTOM」ではダンボール製のギターの着ぐるみに身を包んだ喜矢武自身が声でギター音を表現するという大胆なパフォーマンスに目を奪われた。

そして激しい曲中心の中で登場した、80年代の雰囲気をまとう「アモーレ」(ニューシングルのカップリング)の存在も忘れられない。情熱的なヴォーカルに耳を傾け、サビ部分ではBOXステップ。その動きが浸透していく場面も印象的だった。

 

ステージ後半は暴れるにはもってこいのナンバーが立て続けに登場。メンバーの動きも激しくなり、その中で歌い続ける鬼龍院の声は圧倒的な存在感を放っている。

「ローラの傷だらけ」で中央のお立ち台に立ってヘッドバンギングする鬼龍院とその下で歌舞伎の連獅子のように高速で頭を回す歌広場の最強コンビネーションは、ライブでしか見られない。

刺激的な空間となった会場は「欲望の歌」で濃度を増し、歌広場の叫びで会場がヘドバンの嵐に。畳み掛ける激しいサウンドが脳内を浸食する「ザ・V系っぽい曲」がラストに投下され、樽美酒のデスボイスが響く中、フロア中がおりたたみ(上半身を前のめりになる)体勢になり、終盤でゴールデンボンバー演奏しろ!コールが響き渡る。

ユーモアと荒々しさが交差するパフォーマンスは、10番勝負の中でも異端な存在であることは間違いない。“BREAKERZさん、後は頼んだ!という鬼龍院の言葉と共にゴールデンボンバーのステージは終了した。

 

そしてステージ転換を経て、後手・青コーナー、BREAKERZステージが幕を開ける。

お馴染みのSEが流れると手拍子が起こり、SHINPEIAKIHIDEDAIGOの順で姿を見せると歓声はさらに大きくなった。

オープニングを飾ったのは力強いメッセージが詰まった勢いのあるロック・ナンバー。オーディエンスの手が一斉にステージに向けられる光景はいつ見ても壮観だ。

その後はDAIGO“Zepp飛べー!が轟くソリッドなパワー・チューンを披露。序盤から振り切れた展開を見せた。

そして1st MCでは今回の対戦について、第8戦の vs VAMPSを終え、第10戦のvs GLAYを控えた状況とあってつかの間のオアシスと本音を漏らすDAIGO。気を遣わずにフランクで居られることで、いつも以上にリラックスして歌えそうだと嬉しそうに話す様子が印象的だった。

さらに今回の10番勝負開催にあたり、第1回目の会議で勝手にゴールデンボンバーを決定済み枠にしていたというエピソードも。

ゴールデンボンバーにできなくて俺達ができることは、ちゃんと演奏することと笑いを誘いつつ今日はGB=ガツンと ブチかまそうぜ)でいきましょう!DAI語入りで意気込みを語った。

その後はきらめきが詰まったハッピー・チューンで会場を華やかにしたかと思えば、ヘドバンが入り乱れるナンバーで圧倒。SHINPEIAKIHIDEもステージを動き回り、熱気を確かめるようにオーディエンスを煽っていく。

他にもドラマティックな展開が魅力のメロウな曲や情緒溢れるミディアム・ソングなど、表情豊かな構成でステージは進行。

ダンサーを交えてショーアップした楽曲やライブに欠かせないタオルを回すアグレッシヴなナンバーも、BREAKERZのライブを初めて見る人を引き込むパワーを放っていた。

 

メンバー紹介ではそれぞれが今回の対戦についてコメント。

SHINPEIは楽屋で樽美酒と筋肉談義に花を咲かせたという微笑ましいエピソードを述べ、AKIHIDEはある意味異種格闘技戦だと分析していた。

DAIGOは金爆ファンから“DAIGO兄さんと慕ってもらえることが嬉しいと漏らした後、実際に観客に呼び掛けてもらって嬉しさを爆発させていた。

そしてゴールデンボンバーとの深い友好関係を見せつけられたのが、この日のために作ったという新曲の披露。

彼らのことを思い切りリスペクトした内容で、BREAKERZ史上初の曲中にデュエット・パートがあることが告げられると、どよめきが起こる。

ダンスビートに乗せて切ない女心が歌い進められ、注目のデュエット・パートに突入した時、女性に扮した鬼龍院が登場してDAIGOの隣で艶っぽく歌い上げるという嬉しいサプライズが。

会場の驚きの声の大きさが、その衝撃を物語っていた。この新曲がBREAKERZにどのような作用をもたらすのか。今後に注目だ。

 

アンコールで再登場した各メンバーは笑顔全開。

DAIGOと鬼龍院が一緒に現れ、AKIHIDEに抱きつく喜矢武とその光景を見て加わる樽美酒、SHINPEIの側を離れない歌広場と、両バンドの仲の良さが際立つシーンのオンパレードに、会場は大騒ぎ。

ピースフルな雰囲気に包まれる中、今日のライブについて鬼龍院が僕らも緊張しなかったと告げたことも2組の相性の良さを物語っていた。

ここでもサプライズは続き、鬼龍院と喜矢武から日頃お世話になっているDAIGOに向けて、誕生日プレゼントとして大きなお肉が贈られる1コマも。

お楽しみのコラボレーション・タイムでは「DESTROY CRASHER」で各メンバーがシャウトと煽りを浴びせると、オーディエンスはヘッドバンギングと折りたたみで応える。

その盛り上がりを切り取った記念撮影の後、また対戦しようと固い約束を交わすと、大きな拍手が起こった。

そして最後を飾ったのは、ゴールデンボンバーの代表曲「女々しくて」。

バンドの生演奏にDAIGOと鬼龍院の歌声が重なり、パワーアップした演奏はこの日だけのスペシャル・ナンバー。

会場にいる全員が、ステージではしゃぐ彼らをずっと見ていたいと思ったのではないだろうか。

最初から最後まで笑顔しかなかった一夜限りのお祭りは、中央のお立ち台に乗った7人の最高うぃっしゅで幕を下ろした。

 

BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS-」は最終決戦を残すのみ!

その相手は、日本のロック・レジェンド、GLAY! 

最上級のリスペクトを持ってBREAKERZはどんな戦いを繰り広げるのか。

その日は刻々と近づいている。

    

Text:森 恵美

PhotographerMASA,小境 勝巳

 

——————————-

 

INFORMATION

 

■BREAKERZ デビュー10周年記念ライブ【BREAKERZ XMEMORY

2017715日(土)

会場:豊洲PIT

 

開場16:00/開演17:00

チケット代金:オールスタンディング 6,900円(税込)

チケット一般発売日:2017617日(土)

公演に関するお問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888

 

7/15公演「MEMORY」のみ限定、お客様のフィーチャーフォン、スマートフォンを使用しての写真撮影可能。

撮影に関する注意事項は後日BREAKERZ HPにてお知らせ致します。ご来場の際は必ず注意事項をご確認のうえ、お越しいただきますようお願い申し上げます。

入場時に別途ドリンク代必要。

未就学児入場不可。

入場は整理番号順の入場となります。

 

——————————-

 

■BREAKERZ デビュー10周年記念ライブ【BREAKERZ XPROMISE

2017716日(日)

会場:豊洲PIT

 

開場15:00/開演16:00

チケット代金:オールスタンディング 6,900円(税込)

チケット一般発売日:2017617日(土)

公演に関するお問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888

7/16公演「PROMISE」のみ限定、DVD[「BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS- SPECIAL DVDLive+舞台裏Off Shot]を来場者全員にプレゼント。

入場時に別途ドリンク代必要。

未就学児入場不可。

入場は整理番号順の入場となります。

 

——————————-

 

■BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS- 

10公演/2017年開催/10アーティストとの2マンイベント

公演終了分は掲載割愛。

 

-VS- GLAY

2017429日(土)Zepp DiverCity(TOKYO)

 

開場16:00/開演17:00

チケット一般発売:201741日(土)

(問)ディスクガレージ 050-5533-0888

【チケット】

スタンディング/指定席 7,500円(税別)※8,100円(税込)

各会場限定の「-VS-」ステッカー付き。

入場時に別途ドリンク代必要。

未就学児入場不可。

1Fスタンディングは整理番号順の入場になります。

 

——————————-

 

BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS- 特設サイト>

PC・スマートフォン

http://breakerz-web.net/special/10th/-vs-.html

携帯

http://breakerz-web.net/special/10th/m/-vs-.html

 

——————————-

 

RELEASE

BREAKERZ 17th Single「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」

2017.1.18 Release

 

「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」MV Web Size Version

https://youtu.be/S3W6gcro1Gg

 

初回限定盤ACD Only

01.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて

<名探偵コナンテーマソング Special Live Track~>

02.Everlasting Luv [2015.5.20 BREAKERZ FREE LIVE at 代々木公園野外ステージ]

03.Miss Mystery [2016.7.23 SPECIAL LIVEBREAKERZ at 豊洲PIT]

04.WE GO [2015.9.26 BREAKERZ LIVE TOUR 2015 Ø-ZERO- at TOKYO DOME CITY HALL]

05. [2010.12.1 BREAKERZ LIVE TOUR 2010 BUNNY LOVE ~野生に還れ~ at 中野サンプラザホール]

06.月夜の悪戯の魔法 [2012.4.8 SPRING PARTY 2012 DAIGO's Birthday ~変身!! 魅惑のウルトラD at TOKYO DOME CITY HALL]

07.オーバーライト [2016.7.23 SPECIAL LIVEBREAKERZ at 豊洲PIT]

品番:ZACL-4046

価格:\1,600\1,481+税)

 

初回限定盤BCDDVD

01.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて

02.Kamisori Acoustic Version

特典DVD収録内容:幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて”Music ClipMusic Clip Off Shot

品番:ZACL-6041(特典DVD品番:ZABB-6041

価格:\1,500\1,389+税)

 

通常盤【CD Only

01.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて

02.Kamisori Acoustic Version

03.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて TV Size Edit

初回生産分のみ:トレーディングカード封入(全4種類/ランダムで1枚封入)

品番:ZACL-6042

価格:¥1,000¥926+税)

 

——————————-

 

■Total Information

BREAKERZ Official Site  http://breakerz-web.net/

BREAKERZ 10th Anniversary Special Site http://breakerz-web.net/special/10th/-vs-.html

BREAKERZ Official Twitter@BRZofficial0725 http://twitter.com/BRZofficial0725
BREAKERZ Official Facebook http://www.facebook.com/breakerz.official










2017年04月15日 (土)

<BREAKERZ 10番勝負>公演に“神”が降臨!VAMPSとの夢の初ツーマンに歓喜した第8戦!

REPORT - 18:32:05

  今年7月にデビュー10周年を迎えるBREAKERZが初めて主催するライブイベント「BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS-」。

毎回1組の対戦相手を迎えてバトルを交わすこのイベントも今回で8回目。4月14日Zepp Tokyoでの対戦相手は、BREAKERZのみならず、多くのバンドやアーティストがリスペクトしてやまない最強ユニット、VAMPSだ。


 VAMPS は、HYDE(L’Arc~en~Ciel)とK.A.Z(Oblivion Dust)によるロックユニット。

DAIGOはHYDEと公私ともに仲が良く、BREAKERZとしてもVAMPS主宰のライブイベントに招待されるなど親交が深いことはファンの間では周知の事実。

VAMPSはこの10番勝負の翌日、翌々日にも大きなライブイベントに出演、さらに19日、20日のファンクラブ限定ライブを皮切りに国内外でのロングツアーが待ち受け、しかもHYDEは4月8日、9日にL’Arc~en~Cielの25周年記念ライブを終えたばかり。

そんな多忙を極める中、駆けつけてくれた偉大なる大先輩に、深い感謝とリスペクトの念を捧げながら渾身のパフォーマンスで挑んだ世紀の一戦をレポートした。

 

 開演時刻の18時半が訪れ、本イベントのシンボル、うぃっしゅポーズをキメたスカルのMC映像により戦いの火蓋が切って落とされた。

先陣を切ったのは赤コーナー・VAMPSだ。

彼らは2008年の結成以来、あえて全国のZeppを中心に連続公演を行う籠城型ツアーをメインに、アリーナ公演や野外公演を開催する他、国内最大級のハロウィンライブや、ロックフェス“VAMPARK FEST”を主宰。また、海外でのツアーも積極的に展開してきたが、昨年度よりモトリー・クルーを抱えるアメリカの大手マネージメントと契約を結び、さらなる海外での音楽制作やライブ活動に力を入れることを発表している。


 そんなワールドクラスの実力を見せつけるかのように、「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White」(メタル・コア・バンド・MOTIONLESS IN WHITEのクリス・モーションレス(Vo.)をフィーチャーした曲)で、今宵最初の一撃を投じた。

躊躇なくド頭から臨戦態勢で襲いかかると、続いては「DEVIL SIDE」。サイケ調の艶かしい照明に変わりイントロが流れると、客席は早くも興奮の坩堝と化した。

HYDEの妖艶なヴォーカルからサビで一気に放たれるサウンド、曲終わりのキメ部分では満場のフロアが一斉に“DEVIL SIDE”と叫ぶライブの定番曲だ。気がつけばあちらこちらでクラウドサーフィングが起こっている。

さらに鋭利に迫り来るハードコアナンバー「EVIL」、シンガロングで問答無用に一体感を増していく「REVOLUTION II」、そしてリリースされたばかりのシングルに収録された、デペッシュ・モードのカヴァー曲「ENJOY THE SILENCE」では、それまでとは一転、幻想的で叙情的な世界を描き出した。

 

 「楽しんでる? ここZeppは俺たちのホームグラウンドでもあるから、 BREAKERZには負けらんね~な。お前ら大丈夫? でも今日はBREAKERZのファンの子もいるからね、少し良い子になろう……。なんてね! 今日は気にしないで全員で悪い子になろうぜ!」と、煽った後は、なんと4月26日にリリースとなるニューアルバムのタイトル曲「UNDERWORLD」を発売を待たずして初公開!

VAMPSのダークサイドを描いたラウドな1曲に、Zepp Tokyoはまるでひとつの生命体になったかのように熱く脈打った。


 怒濤の展開はなおも続き、英語と日本語が入り交じる歌詞がキャッチーに耳を刺激する「AHEAD」、続く「RISE OR DIE feat. Richard Z. Kruspe of Emigrate / Rammstein」では掛け合いもバッチリ決まって、場内はBLOODSUCKERS(VAMPSのファンの愛称)もTEAM BREAKERZ(BREAKERZのファンの愛称)も、一心同体!

カオス状態の中、ここでまたしてもライブ初公開の新曲がぶち込まれた!3月22日にリリースされたばかりのニューシングル「CALLING」だ。

ヘヴィーなK.A.Zのギターリフと有機的に絡み合う強靭なバンドサウンド。

そこに融合した、激しさと憂いを伴った人間の本能を揺さぶる芸術的かつ独創的なHYDEのヴォーカルが、オーディエンスの心をわしづかみにしていった。


 「温まってきたね。VAMPSは明日も明後日もライブあるけど、明日のことは考えてません。皆さんも考えないでください。しんどくても全部出さないとダメです。後先考えずに100出そうぜ~!!! あっ、大きい声出したらお腹空いてきちゃった。ちょうど夕飯時だからしょうがないけど、“腹減った~~~!”一番イキのいい奴喰いてえな。一番イカレた奴はどこにいるのかな~?」

というお馴染みの振りで「HUNTING II」へ。

ぶっといベースのヘヴィーな揺れに、ダークな歌声が会場を飲み込んでいった。ヘドバン&モッシュが乱立するライブは終盤戦へなだれ込むと、それまでとは一線を画す心地よい4つ打ちビートのダンスナンバー「ZERO」、さらに海賊風フラッグをなびかせながら、壮大なサウンドと勇敢な歌詞がシンクロしたロックナンバー「THE JOLLY ROGER」で涼風を送り込んだ。


 緩急を見事に織り交ぜながら辿り着いたラストは、「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」で迫力のコール&レスポンスを巻き起こし、快楽を共有。こうして、ステージと客席とが全力で求め合い理想郷を描き出したVAMPSのライブは終焉を迎えた。

地鳴りのような大歓声が鳴り響き、騒然とするオーディエンスに、さりげなく投げKISSを贈るHYDEと、クールにステージを後にするK.A.Z。その存在が唯一無二であることを実感させられる圧巻のステージだった。

 

 ステージ転換後は、いよいよ青コーナー・BREAKERZの出番だ。客席から自然と起こった温かい手拍子に迎え入れられると、DAIGOの「東京声出せ~」の雄叫びでエネルギッシュに幕を開けた。


 「VAMPS=ヴァーンと・熱く・盛り上がる・パーティーに・しようぜ」のDAI語で表したステージは、ツインギターであるバンドの強みを活かしたナンバーや、AKIHIDEとSHINPEIの異なる個性が際立つギタープレイを堪能出来るナンバー、さらにドMなパフォーマンスで高揚感を煽るナンバー、リリース時にHYDEから“いい曲だね”と褒められた想い出の曲など、ライブならではの衝動を掻き立てられる熱量マックスな曲を次々にドロップ!

時に感情を剥き出しにしなが激しく挑発し、時に優しく聴衆と寄り添いながら高みへと導くDAIGOのヴォーカルが、この日限りの特別な空間を作り上げていった。全身全霊、ひとフレーズごとに魂を捧げるかのようなエモーショナルなアクトは、10年のキャリアの中で積み上げられてきたライブバンドとしての真価を発揮した堂々たるステージだった。


 また、HYDEから今年の誕生日の祝いにプレゼントされた“指切りグローブ”(=ロック手袋)を装着したDAIGOは、

「こんな素敵な日が来るなんて夢にも思っていませんでした。本当に10年続けてきて良かったと、つくづく思える大切な一日になりました。今日しかないこのスペシャルな一日をみんなすごく楽しみにしてくれていたと思うんですけど、多分この中で僕が一番楽しみにしていたと思います!」

と、本音を漏らし、心から感激している様子も印象的だった。

 

 アンコールではお揃いのコラボグッズTシャツを着て、VAMPSとBREAKERZが共に登場。

DAIGO から感謝の言葉を向けられたHYDEは、

「ずいぶん前からオファーを頂いていて、是非一緒に出たいなと思っていたんで良かったです。本当に10周年おめでとうございます」

と、改めて祝福の言葉を3人に贈った。


 そしてBREAKERZの「SUMMER PARTY」、VAMPSの「ANGEL TRIP」と、お互いの曲をコラボレーション。BREAKERZバンドにK.A.Zも加わり、HYDEとDAIGOのツインヴォーカルというアニバーサリーライブにふさわしいスペシャル・ヴァージョンで披露された。最後は「もっと全力で、みんなでお祝いしてやろうぜ~。おめでとう~!」のHYDEの心温かい盛り上げに、客席からも「おめでとう!」の大合唱が起こり、夢の饗宴は大きな感動に包まれる中、惜しまれつつ幕を閉じた。

 

 さあ、「BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS-」次戦は4/16(日)、今宵と同じZepp Tokyoで開催される、盟友・ゴールデンボンバーとのガチンコ勝負だ! 

互いのエンターティナー振りを遺憾なく発揮したステージに期待しよう!

 

====================

 

Text:松原由香里(music freak magazine編集部)
Photographer:田中和子(CAPS), 達川範一(Being.),MASA

 

====================

 

<INFORMATION>

 

■BREAKERZ デビュー10周年記念ライブ【BREAKERZ X】MEMORY
2017年7月15日(土)
会場:豊洲PIT


開場16:00/開演17:00

 

チケット代金:オールスタンディング 6,900円(税込)
チケット一般発売日:2017年6月17日(土)
公演に関するお問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888

 

※7/15公演「MEMORY」のみ限定、お客様のフィーチャーフォン、スマートフォンを使用しての写真撮影可能。
撮影に関する注意事項は後日BREAKERZ HPにてお知らせ致します。ご来場の際は必ず注意事項をご確認のうえ、お越しいただきますようお願い申し上げます。
※入場時に別途ドリンク代必要。
※未就学児入場不可。
※入場は整理番号順の入場となります。

 

====================


■BREAKERZ デビュー10周年記念ライブ【BREAKERZ X】PROMISE
2017年7月16日(日)
会場:豊洲PIT


開場15:00/開演16:00

 

チケット代金:オールスタンディング 6,900円(税込)
チケット一般発売日:2017年6月17日(土)
公演に関するお問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888

 

※7/16公演「PROMISE」のみ限定、DVD[「BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS- SPECIAL DVD」Live+舞台裏Off Shot]を来場者全員にプレゼント。
※入場時に別途ドリンク代必要。
※未就学児入場不可。
※入場は整理番号順の入場となります。

 

====================


■BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS- 
全10公演/2017年開催/10アーティストとの2マンイベント
※公演終了分は掲載割愛。


【-VS- ゴールデンボンバー】
2017年4月16日(日)Zepp Tokyo
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年4月1日(土)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888

【-VS- GLAY】
2017年4月29日(土)Zepp DiverCity(TOKYO)
開場16:00/開演17:00
チケット一般発売:2017年4月1日(土)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888


【チケット】
スタンディング/指定席 7,500円(税別)※8,100円(税込)
※各会場限定の「-VS-」ステッカー付き。
※入場時に別途ドリンク代必要。
※未就学児入場不可。
※1Fスタンディングは整理番号順の入場になります。

 

<BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS- 特設サイト>

PC・スマートフォン

http://breakerz-web.net/special/10th/-vs-.html

携帯

http://breakerz-web.net/special/10th/m/-vs-.html

<RELEASE>

BREAKERZ 17th Single「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」

2017.1.18 Release

「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」MV (Web Size Version)

https://youtu.be/S3W6gcro1Gg


■初回限定盤A【CD Only】
01.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて

<名探偵コナンテーマソング ~Special Live Track~>
02.Everlasting Luv [2015.5.20 BREAKERZ FREE LIVE at 代々木公園野外ステージ]
03.Miss Mystery [2016.7.23 SPECIAL LIVE『BREAKERZ Ⅸ』at 豊洲PIT]
04.WE GO [2015.9.26 BREAKERZ LIVE TOUR 2015 Ø-ZERO- at TOKYO DOME CITY HALL]
05.光 [2010.12.1 BREAKERZ LIVE TOUR 2010 BUNNY LOVE ~野生に還れ~ at 中野サンプラザホール]
06.月夜の悪戯の魔法 [2012.4.8 SPRING PARTY 2012 DAIGO's Birthday ~変身!! 魅惑のウルトラD~ at TOKYO DOME CITY HALL]
07.オーバーライト [2016.7.23 SPECIAL LIVE『BREAKERZ Ⅸ』at 豊洲PIT]

品番:ZACL-4046
価格:\1,600(\1,481+税)


■初回限定盤B【CD+DVD】
01.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
02.Kamisori ~Acoustic Version~
特典DVD収録内容:“幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて”Music Clip+Music Clip Off Shot

品番:ZACL-6041(特典DVD品番:ZABB-6041)
価格:\1,500(\1,389+税)


■通常盤【CD Only】
01.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて
02.Kamisori ~Acoustic Version~
03.幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて ~TV Size Edit~
※初回生産分のみ:トレーディングカード封入(全4種類/ランダムで1枚封入)

品番:ZACL-6042
価格:¥1,000(¥926+税)

 

■Total Information

BREAKERZ Official Site http://breakerz-web.net/

BREAKERZ 10th Anniversary Special Site 

http://breakerz-web.net/special/10th/-vs-.html

BREAKERZ Official Twitter:@BRZofficial0725 http://twitter.com/BRZofficial0725
BREAKERZ Official Facebook:http://www.facebook.com/breakerz.official









2017年04月15日 (土)

【ライヴレポート】<Neverland全国 12都市14ヶ所 1Coin One Man Tour【そうだ!!500円あったらNeverlandへ行こう!!】>2017年4月12日、超満員のTSUTAYA O-WEST!

REPORT - 17:20:42

 

2階席まで埋めつくしたワンマンツアーのファイナル公演で、新作の発売とふたたひワンマンツアーを行うことを発表。当日の熱狂の模様も報告!!

 2月よりスタート。全国12都市14ヶ所を廻るワンコインワンマンツアー「Neverland全国 12都市14ヶ所 1Coin One Man Tour【そうだ!!500円あったらNeverlandへ行こう!!】」を行い続けてきたNeverland。チケットは多くの場所でソールドアウトを記録。各地で巻き起こした勢いを引き連れ、彼らは4月12日(水)にTSUTAYA O-WESTを舞台にツアーファイナル公演を行った。この日もチケットはソールドアウトを記録。2階席まで人を詰め込むほど場内を埋めつくしたファンたちが、これから始まる熱狂のドラマに期待を寄せていた。

 ワンマンライブは『Dummy』からスタート。サイコホラーなビートの上で、呪詛を唱えるように涼太が毒々しい声で歌いかけてゆく。重く怪しく唸る音に身を預け、大きく身体を揺さぶる満員の観客たち。その様に、ゾクゾクっとした興奮を覚えていた。

 序盤から『666Hz』や『ハイカラ輪舞曲』『セカイのハジマリ』と、頭の螺子を外してゆくヒステリックでクレイジーな楽曲を次々とブチ噛まし、Neverlandは満員の観客たちへ熱狂描く戦いを挑んでいた。場内の人たちも、最初から身体中の血管へ沸き立つ熱を注がれ、頭を真っ白に暴れ倒していた。「ここまで廻ってきた11ヶ所、それを俺らとお前らで今日は越える、ただそれだけ!!」と叫ぶ涼太。その言葉通りのライブが、早くも場内には生まれていた。

 込み上げる想いを吐き出すように歌った『Missing memory』。狂気を抱いた感情を歌声に変えナイフのように突き刺した『嘘と月』。暗闇の中から抜け出し光をつかもうともがくように歌い叫んだ『Heart sleep』と、Neverlandは心の闇をソリッドな演奏に乗せ次々と突きつけてゆく。これまでの表情から、一変。切ないバラードの『桜時計』では、桜の季節になるたびに思い出す悲しく切ない恋心を、沸き上がる感情のままに歌い叫んでいた。その歌声は、嗚咽したい気持ちを胸に呼び起こしてくれた。

 涼太の絶叫が場内へ響き渡ると同時に、ふたたび会場は熱狂に支配された。黒く激しく唸る演奏が巨大な塊となって身体中へ降り注いできた。ラウドな『SECRET WORLD』を通し、観客たちの身体を熱く激しく揺さぶるNeverlandの面々。狂いたいなら狂えばいい、騒ぎたいなら騒げばいい。理性をぶっ壊してこそ、この場へ似合う感情だ。

 この日、会場へ涼太の母親と姉が来場。そのことをメンバーに煽られたせいか、涼太は思わずこんな宣言をした。「俺は今日決めたんだ、日本武道館を演るまで、もう家族は呼ばねぇ。みんな、俺らのことを日本武道館まで連れていってください」と。そこへすかさず、一輝が「俺らがつれていくんじゃねぇの」と突っ込んでいたこともお伝えしておこう。

                                              「まだまだイケるか!!」。甘い熱狂を生み出すように『絶交×キャンディ』が飛び出せば、歌謡サイコナンバー『アグリマン』を突きつけ、Neverlandはどす黒い音の唸りの中へ観客たちを引き込んでいった。

 「このツアーに参加してくれた一人一人の力があったからこそ、このツアーの中で「超無敵じゃん」と俺らは自信をつけられた。出会いってすげぇなと思う。今日まで歩んできた道のりの中で生まれた出会いが繋がって、今ここにいれるからこそ、みなさんと出会えて本当に良かったなと思います。この会場にいるすべての人へ感謝を込めて」(涼太)

 涼太は今にも壊れそうな声で『Merry go land』を歌いだした。様々な想いを頭の中へ巡らせながら、彼は「一緒にいたい」と歌いかけてきた。その歌声は、胸をギュッと締め付ける感動や、嬉しい震えを心に与えてくれた。

 これまでの熱狂や心揺らす想いをすべて無垢な気持ちに変えて解き放つよう、最期にNeverlandは『Daydream』を演奏。大勢のファンたちが舞台上へ手の花を捧げ、彼らが届けた愛しき想いをギュッとつかんでいた。ひと言ひと言を零さぬように歌う涼太。彼らが紡いだメロディは、いろんな人たちの気持ちを明日へ繋いでくれた。

 アンコールは、7月12日にシングル発売するサイコホラーチューン『DeadMAN』からスタート。「食い殺せ!!」と煽る涼太。満員の観客たちも頭を振り乱し大きく身体を折りたたみ、神経を痛く掻きむしるどす黒い暴走ナンバーへ熱狂の闘いを挑んでいた。続けざまNeverlandは、ハロウィンパーティナンバー『SORROW GHOST』を演奏。こんな騒がしくも怪しげなパーティなら、いくらでも狂気にまみれたい。共に狂喜を覚え続けていたい。

 轟く演奏が導いたのは、絶叫の中で騒ぎ狂う興奮と恍惚。『憂鬱チェリー』が騒がずにいれない衝動を身体から引きずり出してゆく。終盤には、止むことなく延々と続く逆ダイの風景が場内中に広がっていた。狂ったように騒ぎ続ける観客たち。それでも満足することなく煽り続ける涼太。互いに限界まで感情を闘わせてゆく。今にも客席へ墜ちそうな勢いところか、実際に客席へ飛び込みながら涼太は観客たちを煽り続けていた。互いに限界を越えてこそ見える最上級の光景がある。それを一緒につかもうと、止むことなき闘いが繰り返されていた。

 「間違いなくお前ら一番熱かった、ありがとう。もう1曲、新曲を持ってきました。言葉にするといろいろ照れくさいじゃない。告白とか相手に伝えるってすげぇ勇気いるじゃん。このツアー中に俺が感じたことを、そのまま歌にしました」

 涼太の言葉に続き披露した新曲の『ノンフィクション』は、温かみを覚える演奏と、歌詞に詰め込んだ想いが胸を熱く揺さぶる楽曲。告白するよう歌う涼太の歌声が気持ちへダイレクトに響いてゆく。だからこそ余計に、「このストーリーはお前がいねぇとできないぞ」と叫んだ言葉が、生々しく心を揺さぶっていた。

 「お前らのとびっきりの笑った顔を見せてくれ。そしたら俺ら、また明日から頑張れっから」(涼太)。最期の最期にNeverlandは『ココロアンブレラ』を演奏。自分たちを熱狂で支えてくれた仲間たちと最上級の笑顔を交わしあおうと、沸き上がる喜びを彼らはダイレクトにぶつけてゆく。互いの肌は触れあわなくとも、心と心でしっかりとハグしあっていた。これからも一緒に歩いてゆくよと伝えるように、込み上げる想いのままに彼らは歌を、演奏を届けてくれた。

 この日の熱狂の模様は、後にLIVE DVDとして発売になる。今後のNeverlandだが、7月12日に最新シングル『DeadMAN』を発売。7月30日には、結成5周年を記念したワンマンライブ「Neverland 5th Anniversary One Man Show 【The JUDGEMENT in the 5th】」を東京キネマ倶楽部で行うことを発表。さらに、8月から今回と同じヶ所を正規料金で廻る全国ワンマンツアー「”DeadMAN OneMAN Show Tour 2017″『ヒーロー見参!!!!』」を行うことも伝えてくれた。彼らがどんな熱狂の景色をまた舞台上へ描き出すのか楽しみになってきた。

 

TEXT:長澤智典

 

====================

 

2017年4月12日 TSUTAYA O-WEST

SET LIST

 

Dummy

666』Hz

ハイカラ輪舞曲

セカイのハジマリ

Missing memory

嘘と月

Land Escape

Heart sleep

桜時計

SECRET WORLD

絶交×キャンディ

アグリマン

Merry go land

Daydream

-ENCORE-

DeadMAN

SORROW GHOST

憂鬱チェリー

ノンフィクション

ココロアンブレラ

 

====================

 

Neverland

2017年7月12日(水)

NEW SINGLE RELEASE!!

『DeadMAN』

 

PCM-209A 初回限定-黒盤- 2,000円(税抜)

[CD] 1.DeadMAN 2.ノンフィクション

[DVD] DeadMAN(MUSIC VIDEO)+Making

 

PCM-209B 初回限定-白盤- 2,000円(税抜)

[CD] 1.DeadMAN 2.ノンフィクション

[DVD] マル秘映像集

 

PCM-209C 通常-灰盤- 1,500円(税抜)

[CD] 1.DeadMAN 2.ノンフィクション 3.Missing memory-Remix-

 

====================

 

DeadMAN OneMAN Show Tour 2017

『ヒーロー見参!!!!』

2017年8月19日(土)水戸SONIC

2017年8月20日(日)本八幡ROUTE14

2017年8月26日(土)名古屋ハートランド

2017年8月29日(火)神戸ART HOUSE

2017年8月30日(水)心斎橋soma

2017年9月15日(金)札幌Crazy Monkey

2017年9月16日(土)札幌Crazy Monkey

2017年9月22日(金)福岡DRUM SON

2017年9月24日(日)広島セカンドクラッチ

2017年10月14日(土)福島#9

2017年10月15日(日)仙台BIRDLAND

2017年10月21日(土)新潟CLUB RIVERST

2017年11月11日(土)高田馬場AREA

 

全公演共通

開場18:00 開演18:30

前売3,500円

 

Official Site

http://planet-child.jp/neverland/