NEWS

2016年08月23日 (火)

ライヴレポート【0.1gの誤算】<2016年8月3日池袋BlackHole【有害だらけのいちご狩り】>自身のスタイルを貫く1stワンマンライヴ

REPORT - 00:32:40



2016年8月3日池袋BlackHoleにて0.1gの誤算1stワンマンライヴ【有害だらけのいちご狩り】が開催された。
公演のチケットはソールドアウト、始動から4ヶ月しか経っていない新人バンドとしては異例のスピードである。
また、メディア露出を一切せずライヴ活動やSNSを中心に口コミにより人気が拡散していることからも彼らの実力が伺える。
思った通り、圧倒するライヴアクトを見せてくれた。

開演前、フロアは既に超満員不安と期待が入り混じったようなピリッとした空気に包まれていた。
照明が落ちいよいよスタートか、とその前にアナウンスが入る。Vo.緑川裕宇がライヴに備えての注意事項を述べる。
そして「暴れない奴は来るな、安心して付いて来い。俺らのやり方が気にくわないならもっとオススメの他のヴィジュアル系バンドさんがいると思います」
と切れ味鋭い一言。彼の歯に衣着せぬ発言は時に議論を呼び、炎上することもしばしば。ただし、そこにはイズムがあり、付いてきてくれるファンに対しては惜しみない愛情が込められている。現に暴れない奴は帰れ!と言いながらもフロア後方には暴れられない理由がある人や音楽を耳で楽しみたい人のためにパーテーションで区切られた「暴れないゾーン」が用意されている事からも気遣いが伺える。

アナウンスが終わり幕が開くと同時にSEが流れ出す。1人づつ登場するメンバーそれぞれの名前を呼ぶファンたちの声がまるでライヴへの期待度に比例しているかのように会場を埋め尽くす。ボルテージは一気に上がっていく中、緑川が登場。

「俺にしか扱えない曲 そしてお前らの歌」と一言語りライヴの火蓋は切って落とされた。一曲目「有害メンヘラドール」はポップな曲調から一転、一気にハードな曲調に変わり、目まぐるしく曲調とBPMが変化し続けるトリッキーな曲だ。こんなに変化が激しければノリについていけないのでは、と思ったがそんな心配は杞憂であった。流石は「有害」ないちごちゃん(ファンの愛称)達、一糸乱れずに付いていく様子はゾクッとさせられる迫力である。とはいえ、メロディラインのキャッチーや歌詞も想いがストレートに届く内容であるため、初めて聞いた人にも受け入れられるように計算された曲作りがされている。その発言から大味なバンドに見られがちではあるが、きちんと音楽的に裏打ちされた実力を有しているバンドだということがはっきりと分かる一曲だ。

一曲目で会場が一体となった所で「ネットで叩きたい奴は叩け、そんな奴らに向けてのアンサーソング」と言い放った次曲「【L】1126【悲劇】」ではDr.神崎流空のタイトかつ攻撃的なドラムソロがステージに華を添える。続く「NEVER ENDING」ではBa.眞崎大輔のセンス溢れるベースラインが非常に映えていた。

そして「他のバンドが言えないことを言う」と始まった『真実』を意味する「Truth」。この曲でも緑川のスタイルを存分に表現している。
そして楽器隊によるセッション、ジャジーな雰囲気になり会場は一旦落ち着きを取り戻す。

「暴れにくい奴がいたら俺に言って、場所を確保するから」とフロアをファンが楽しみやすくする一面も見られた。

世の中に必要ないものはない、というメッセージが込められた「残飯パセリーナ」は会場が座りメンバーに芝居が入るパートがあるユニークな曲だ。
「千年恋歌-五月雨-」は和を前面に押し出した曲で、彼らの曲調の幅広さを見せつけられる。

会場が暗転し緑川裕宇が一言、「声を聞かせろ」と語ると割れんばかりのメンバーコールが続く。
そして「緑川でなく本名の桑山で話します」とトーンダウン。ステージの上の緑川裕宇でなく、素の自分の気持ちを述べたいという意味なのだろう。
桑山裕宇として恥ずかしそうにしながらもワンマンライヴに対しての感謝の気持ちを語った。こういった愛嬌がある一面も彼の魅力なのだろう。

本日の主役Gt.河村友雪へのバースデーソングを歌うと「終わり!で俺戻るから!」と煽りと共に緑川裕宇に変化、激しい煽りと共に「夏らしいことしたくないか!?」と始まったのは発売したてのNew Single「必殺!からくり七変化!」。フロアに降りた緑川を中心に盆踊りとモッシュを繰り返す。会場はさながら夏祭り会場、夏を感じられる自由なパフォーマンスに会場は皆笑顔に包まれていた。「新曲やるぞ!」と始まったのは「【S】0723【終焉】」小柄だが確実な演奏力で楽曲を支えるBa.眞崎、不可思議なキャラクターだがテクニカルなフレーズを得意とするGt.水田魔梨、華やかで流麗なプレイを魅せてくれるGt.河村、そしてセンスあるドラムフレーズをこれぞV系ドラマー!といった激しさで叩きつけるDr.神崎それぞれのソロプレイが映えるアップチューンな一曲だ。


「超有害、だけど超カッコ良い、そんな俺たちどうですか」と始まったのは「こんな僕ら、どうですか?」。緑川裕宇水鉄砲を取り出し撃ちまくり、逆ダイでは会場中の観客が全員前に詰め暴れまくる。まさに熱狂、彼らのライヴの真骨頂である。そしてラスト「必殺!からくり七変化!」で更に熱狂を紡ぎ本編は終了。

鳴り止まないアンコールの声が響く中会場のスクリーンに東名阪無料ワンマン、ミニワンマン、そして一周年を記念したワンマンの情報が映された。この突然の発表に歓声が上がり、次いで幕が開くとそこにはメンバーが。「呼んだのはお前らだからな、好き勝手やらしてもらうぜ」とアンコール一発目に持ってきたのは「21gの感傷」だ。緑川と観客によるコールアンドレスポンスや、この規模のライヴハウスでは珍しく緑川扇動によるウェーブも巻き起こった。

そして緑川がこう語る「「始動ワンマンで今回のワンマンをソールドアウトさせたら次は600キャパのライヴハウスでワンマンをやると約束した、正直もっと大きな箱でやりたい。でもゆっくりでいい、せっかく組んだバンドを焦って壊したくない。だけど、次のワンマンソールドしたらその時は楽しみにしてろよ!」とファンと交わした約束に対する想いを語った。

「ナツイロドロップ」で爽やかに歌い上げ、緑川が叫ぶ「お前らならもう分かると思う、この曲が何を歌っているか!」と本編でもやった新曲「【S】0723【終焉】」を再び演奏。

そしてライヴは場を掌握した緑川の思いのままに進む、「21gの感傷」、「こんな僕ら、どうですか?」と続き会場の熱狂はピークを迎える。「これからも俺たちは嫌なことは嫌だという
このスタンスは曲げねぇ」と伝えラスト「【L】1126【悲劇】」で0.1gの誤算の初めてのワンマンライヴ、まさに狂宴と呼ぶにふさわしい一夜は幕を閉じた。

正直、彼らの自由奔放なライヴスタイルは決して万人に受け入れられるタイプではない。バンドが始動してまだ幾ばくも経ってはいないがその間に敵を多く作ってきたのも事実である。しかし、彼らの想い、伝えようとしているメッセージはただひたすらに真っ直ぐであり、それに呼応するファンもまた確実に増えている。その結果が今回の池袋BlackHoleワンマンソールドという事実なのであろう。今後も彼らは自身のスタイルを貫くであろう、その結果がどのようなものになるか楽しみに見守っていたい。

====================


0.1gの誤算イベント・ライヴ情報

 

——————————-


2017年3月23日
1st anniversary 2nd ONE MAN
【最強と最恐】
高田馬場AREA

 

——————————-



【東名阪無料ワンマンツアー】
2016年12月1日 HOLIDAY OSAKA
2016年12月2日 HOLIDAY NEXT NAGOYA
2016年12月11日 渋谷RUIDO K2

 

——————————-



2016年11月26日
ミニワンマン at 池袋Cyber
【L】1126【悲劇】

 

——————————-



2016年9月12日
緑川裕宇Birthday主催
【毒突く犬】
TSUTAYA O-WEST

 

★0.1gの誤算★

http://gosan0-1g.com/

 



2016年08月12日 (金)

ライブレポート【ViV】初の無料ワンマンツアー「VIV無料ONEMAN TOUR 2016「タダじゃ済まさねぇ夏。」★8月10日(水)新宿RUIDO K4★

REPORT - 15:54:19

 

 

 

 灼熱の日々が続く8月、ViVは東名阪仙を舞台に初の無料ワンマンツアー「VIV無料ONEMAN TOUR 2016「タダじゃ済まさねぇ夏。」を行った。そのファイナルの地となったのが、8月10日(水)新宿RUIDO K4。今回の公演では、観客たちを無料した「本編」講演のみならず、5000円のSチケットを購入してくれた人たちのために、「公開リハーサル」という名の、何時もと変わらぬ全身全霊を傾けたライブも毎回行ってきた。特徴的なのが、「公開リハーサル」では「本編」とは異なるレアーな楽曲も味わえたこと。

 

「公開リハーサル」編

 

レアーな楽曲やトークも飛びだした公開リハーサルという名の熱狂ライブ!!

「公開リハーサル」は、メンバーが客席後方から入場する形でスタート。予期せぬ登場に、ファンたちも嬉しい興奮の声を上げていた。ライブは、『ONE』からスタート。ViVは雄大な楽曲を朗々と、堂々と叩きつけてきた。 懐深くも激しさを携えた楽曲へ、観客たちは身体を全力で折りたたみ挑んでゆく。何時ものライブの光景?!。むしろ限られた(数十名の)人数だからこそ、誰もがフロアーを存分に使いながら思いきりはしゃいでいた。

観客たちが、タオルをまわしながら『MERRY’S-GO-ROUND』の演奏に飛び乗り騒ぎだした。渉の手の振りに合わせ咲けば、全身を折りたたみ歌うHIROHIROの動きへ呼応するように、誰もが思いきり身体を揺らしていく。何時しか熱した感情も、止まらないメリーゴランドのように弧を描きながら上昇し続けていた。

「拳!!」。場内にこだまする観客たちの絶叫。挑む姿のもと、ViVは激熱昂揚歌『完全無欠のスーパースター』を突き付けた。間奏では、HIROHIROと渉の煽りが炸裂。その気合いに負けじと拳を振り上げてゆく観客たち。ヒートアップした感情は、もう止められない。

 

MCでは、HIROHIROの「ステージドリンクの水をタオルにしめらせ振りまわしていたところ、飛沫が飛んできた」話も飛びだせば、「右肩」にまつわる話をしていたところへ、さゆきが「ラーメンの固さは、バリカタ??」と意味不明な突っ込みを入れてくる場面も。その緩さも、公開リハーサルならではだ。

 

オイ!!ではなく、乙女を捨て、獣になってハイトーンでイャーッと叫べ!!

 

跳ね続けるHIROHIROに呼応するように、会場中の人たちが右手を上げ跳ね続けた『Sweet Dayz,Calling』。心地好い熱風を感じさせる歌物躍動曲もViVには似合う表情だ。

 2回目のMCでも、「オイ!!ではなく、乙女を捨て、獣になってハイトーンでイャーッと叫べ」という、緩いやり取りも登場。

 

「僕らなりの”ありがとう”って何だろうと何時も考えるんですけど、今、言いたいことや伝えられることを真っ直ぐにみんなへ届けたい。また会いたい人のことを思って、この曲を贈ります」。そう語るHIROHIROの言葉に続いて演奏したのが、バラードの『「絆」』。ひと言ひと言を噛みしめるように、目の前の一人一人に語りかけるよう、「何時までもそばにいるよ」と想いを込めながらHIROHIROが歌を届けてくれた。熱く騒ぐのもライブだが、心を震わせ気持ちと気持ちで抱き合う歌も、嬉しいくらいに想いを揺らしてくれる。

「思いきり楽しんでいこうぜ!!」。終盤に飛びだしたのが、モッシュナンバーの『Supeoki Pain』。観客たちがフロアーをめいっぱい使いグルグルまわれば、右拳を振り上げ、大きく身体を揺らし続けていた。間奏では、メンバーどうしのセッション演奏や、HIROHIROとファンたちによる絶叫の掛け合いも登場。さらにドラムのさゆきが、観客たちと「SAY HO!!」「SAY プルン」「ミキプルーン」のやり取りを行えば、ギターの渉がリバーヴを深くかけながら「あぅ、いぇーぁ」とファンたちと掛け合う場面も。そんな遊び心も加えながら、メンバーも観客たちもパーティムードを楽しんでいた。

最後はアグレッシブな姿勢で挑みかかる攻撃ナンバー『MESSAGE』を叩きつけ、会場中にヘドバンしてゆく空間を描きながら、公開リハーサルという名のもと、限られた人たちが会場をめいっぱい駆使して騒いだライブの幕は閉じていった。

 

「本編」編

 

上がり続ける熱気は止まることを知らない。

 

本編は無料公演ということもあって、後ろまでぎっしりと人で埋めつくされていた。「殺ろうか、Tokyo!!」、HIROHIROの言葉を合図に満員の観客たちへViVが最初に突き付けたのが、ここに集まった観客たちへ贈るに相応しい『LOVE SICK』。ラウドでヘヴィなグルーブロックが舞台上から大きなうねりとなって襲いかかってきた。場内は、最初から祭り状態だ。何時しか会場は、暴れ狂うことが常識であり、正義という名のコロシアムと化していた。

ザクザクとしたギターサウンドが唸りを上げ襲いかかった。場内中から突き上げられた無数の拳。重厚な音を背に堂々と、朗々とHIROHIROが『Scarred.』を歌いあげてゆく。凛々しくも気持ちを昂揚させる歌声に触発され、観客たちも全力で頭を振り乱していた。まさに、上がり続ける熱気は止まることを知らない。

「暴れようぜ!!」。HIROHIROの動きに合わせ、思いきり右手を左右に揺らす観客たち。ワイルドなロックンロールビートを身にまとったViV。『G-lips.』が高ぶった感情に、「もっともっと」と熱気を注ぎ込んでいた。ヤバいぜ、感情も肉体も序盤から壊れそうな空気だ。

 

完全無敵な熱狂がそこには描き出されていた。

 

 「この場所でみんなと一つになりたい。完全無欠の!!」「スーパースター」。お馴染みのやり取りに続いて舞台上から解き放たれたのが、『完全無欠のスーパースター』。演奏が進むにつれ、身体の奥底から昂揚した感情がどんどん沸き立ってゆく。魂が嬉しく震える感覚?!。舞台上からけしかける歌と演奏に触発され、冷静でいれるわけがない。まさに、完全無敵な熱狂がそこには描き出されていた。

 続けざま、モッシュナンバー『Supeoki Pain』の登場だ。ギュウギュウ状態の観客たちが、狭い空間の中でさえ右に左に駆け、飛び跳ねてゆく。もみくちゃ状態?!。むしろ熱狂と興奮にまみれてこそ、『Supeoki Pain』の作り上げるバトルなパーティに参加している実感を得れるのも確か。「来い×4」のコール&レスポンスが飛びだせば、間奏では、ドラムのさゆきが「SAY HO!!」「SAY YES!!」「SAY プルプルプル」「ミキプルーン」と、壊れたやり取りを披露。ベースのRAYJIがメンバーの名前を呼べば、ギターの渉は思いきり深くリバーヴをかけた(家風呂状態になった)うえで、「おぅぅ~、いえぁ~」と色っぽくコール&レスポンスを決めていた。ライブならではなコミカルなやり取りも加えつつ、何時しか『Supeoki Pain』を通し、場内にはクレイジーなパーティ空間が生まれていた。

「暴れようぜ!!」の言葉を合図に、激しくもエモーショナルな演奏が炸裂。空へ駆け上がるよう、気持ちが絶頂へ向かってHIGHにトリップしてゆく気分。『EMOTION』は、間違いなくハートに火をつけてくれた。気持ちにガンガン熱狂のエナジーを注ぎ込んでゆく、その感覚がたまんないくらいに恍惚で快感。まさに、心狂うまで暴れるしかない気分だ!!

ザクザクとしたワイルドビートが轟かせながら、ViVは『君の為なら死ねる(僕×君)』を突き付けた。ViVのためなら死ねる?!。俺は死ねないが、ここにいる連中は、その覚悟を持って夢中で熱狂の渦に溺れていた。好きなバンドに全身全霊で熱狂の闘いを挑むのは、支持してくれる人たちへ最高のおもてなしをすることは、裸の感情で想いの拳を交わしあうのと同じこと。大サビ後に生まれた♪ラララーララ♪の合唱が、嬉しいくらいに胸に震える喜びと感動を与えてくれた。本気で気持ちを一つに重ね合わせるって、こういうことだよ。これぞ、最上級の快楽じゃないか!!

本編最後に叩きつけた『MESSAGE』でも、会場中が、絶叫と熱狂と愛に満ちた空間に染め上げられていた。動くのも大変な空間の中でさえ、誰に遠慮することなく身体を折りたたみ、頭を振り乱し、暴れ狂い続ける観客たち。それくらい、完膚無きまで?!ViVの演奏が理性を壊してくれたという証明だ!!

 

今日という日は今日しかねぇぞ、燃えていこうぜ!!

 

「僕たちとみんなの曲です」。アンコールの最初に奏でたのが、優しく暖かな想い伝わるバラードの『「絆」』。訪れた一人一人の心へしっかり想いを染み渡らせるように、HIROHIROが込み上がる想いのままに歌いあげていた。それまでの熱狂が嘘のよう、誰もがジッと『「絆」』へ耳を、心を傾けていた。いや、そうしていた(痛)かった。

心が浄化された気分。そんな無垢な気持ちへ寄り添うように『Destiny』が響き渡った。君らと僕らの運命を確かめるように、愛しい人たちへ想いを伝えるよう、ViVは歌で熱い抱擁を求めてきた。その愛情を、誰もが大きく手の花を咲かせ受け止めていた。まわるミラーボールの下、大勢の人たちが運命を感じでいた。ここで出会ったことが、きっと長く続いてゆく大切な関係に発展してゆくという喜びを…。

 

やまないアンコールの声を受け、メンバーらはふたたび舞台へ。飛びだしたのが『MERRY’S-GO-ROUND』。演奏に合わせクルクルと手をまわすたびに、観客たちが指につけたカラフルなリングライトもギラギラとまわり続けてゆく。「輝き始めた夜に」という歌詞に似合う熱した風景が、そこには生まれていた。

その熱気をさらに高めようと突き付けたのが、ラウドでワイルドビートな『バレないようにkissして』。冒頭から大きく頭を振りまわし騒ぎ狂えば、舞台上へ絶叫のデスボイスを返してゆく風景も。サビの「バレないように」「kissして」のやり取りを通したスリリングな興奮。まさに絶叫と絶頂を味わっている気分だ!!

「今日という日は今日しかねぇぞ、燃えていこうぜ!!」。最後の最後に『Cage』を叩きつけた頃には、場内は轟音と熱狂に支配されていた。でも、それこそが「暴れ歌物系」を自負するViVらしいライブの光景じゃないか。

 

新宿RUIDO K4を舞台にViV ONE MAN LIVE「Typhoon Night Fever 2016」を行うことを発表。

 

 ファイナル公演後に、ViVから新たな情報が告知された。それが、9月22日(木祝)に新宿RUIDO K4を舞台にViV ONE MAN LIVE「Typhoon Night Fever 2016」を行うことの発表だ。ふたび新宿RUIDO K4の地を選んできたのが嬉しいポイントだ。他にもいろんな主催イベントの発表も控えているように、これからもViVの動向へ目を光らせていて欲しい。そしてライブ当日を、何時ものように震えて待て!!

 

 

PHOTO: Mishimagick

 TEXT:長澤智典

 

 ——————————-

 

公開リハーサルSET LIST

『ONE』

『MERRY’S-GO-ROUND』

『完全無欠のスーパースター』

『Sweet Dayz,Calling』

『「絆」』

『Supeoki Pain』

『MESSAGE』

 

―セットリスト―

『LOVE SICK』

『Scarred.』

『G-lips.』

『完全無欠のスーパースター』

『Supeoki Pain』

『EMOTION』

『君の為なら死ねる(僕×君)』

『MESSAGE』

-ENCORE-

『「絆」』

『Destiny』

-2nd ENCORE-

『MERRY’S-GO-ROUND 』-

『バレないようにkissして』

『Cage』

 

 

 ——————————-

 

ViV Web

http://vivofficial.com/

ViV twitter

https://twitter.com/ViV_0fficial?ref_src=twsrc%5Etfw

 

 ——————————- 

★LIVE情報★

 

9/22(木祝)新宿RUIDO K4

ViV ONE MAN LIVE「Typhoon Night Fever 2016」

【開場/開演】18:00/18:30

【前売/当日】3,500/3,800

【出演】 ViV

【チケットお取り扱い】

A:e+ 8/13(土)~

■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)

http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002199091P0030001

B:当日

 

 ——————————-

 

8/20(土)大阪RUIDO

8/21(日)名古屋ell.FITS all

8/27(土)高田馬場AREA

9/5(月)大阪RUIDO

9/6(火)名古屋MUSIC FARM

9/10(土)新宿RUIDO K4

9/22(木祝)新宿RUIDO K4(ワンマンライブ)

9/28(水)大塚Deepa 

10/3(月)名古屋MUSIC FARM 

10/4(火)大阪RUIDO 

10/15(土)札幌Crazy Monkey

10/16(日)札幌Crazy Monkey

10/17(月)小樽GOLD STONE

10/19(水)新宿RUIDOK4

10/28(金)名古屋サーキットイベント(festtoke)

10/29(土)名古屋HOLIDAY NEXT

11/5(土)高田馬場AREA

11/6(日)高田馬場AREA

11/12(土)名古屋HOLIDAY NEXT

11/14(月祝)大阪SUNHALL

 



2016年08月10日 (水)

ライブレポート【Misaruka】無料ワンマン公演「-Reunion—」2016年8月8日(月)新宿ReNY。「死に物狂いで高みに立つ姿をみんなに見せてこそ、みんながつらかったときに背中を押せるんだと思います」

REPORT - 13:46:55

 

すべては、この日のために…。

昨年8月27日にMisarukaは、初の新宿ReNYワンマン公演を行った。

その時に感じた、「今のMisarukaが新宿ReNYという場を彩るうえで足りない要素」。

それを克服し、「あるべき姿として新宿ReNYにふたたび立つ」ことを目標に、Misarukaは昨年9月より12ヶ月連続企画(http://misaruka.syncl.jp/?p=custom&id=19448263)を続けてきた。

その集大成となったのが、8月8日(月)に新宿ReNYで行った無料ワンマン公演「-Reunion-」だった。この日、あえて無料公演にしたのも、自信があるからこそ、より多くの人たちに今のMisarukaの雄姿を見て欲しい想いからだった。

 

——————————-

 

場内を染め上げた黒い音の唸りが、感情のストッパーを破壊!

 

 幕が上がり、舞台上に現れたのは人形のように動きを止めた演奏陣4人の姿。荘厳なSEに導かれヴォーカルのruiが現れると同時に、演奏は『-Unacceptable-』へ。メンバーらの熱い煽りに触発され絶叫を上げる観客たち。が、冒頭で機材トラブルが…。むしろそのハプニングを5人は、この日の観客たちも、みずからの力に変えていた。流れ出した荘厳シンフォニックな音の絨毯の中、勇壮な音を背景に朗々と歌うrui。その気迫に負けまいと全力で跳ね続ける観客たち。マイナス要素を決起してゆくパワーに変えたとき、そこには最初から高ぶった興奮の火種が産まれていた。だから、誰もが顔をくしゃくしゃにしながら最初から全力で暴れていた。

「救済の光をあなたに」。激しく荘厳な音の轟きが場内を支配してゆく。『-Maria-』が与えたのは、闇の中に産まれた確かな強い光。荘厳な音の中へ悲哀と同時に凛々しく逞しい熱を感じたのも、そこに希望を抱けたから?!。熱狂の中へ、心の救済を求めていたから?!。

沸き上がる熱い手拍子。流れ出したのが、狂響曲という言葉が相応しいゴシックハードシンフォニックな『-Rogation-』。場内を染め上げた黒い音の唸りが、感情のストッパーを破壊してゆく。客席は、全力で身体を折り畳む観客たちの熱気が支配していた。rinのギターソロのときに観客たちのすべてが跪(ひざまず)き頭を振り乱してゆく様も、Misarukaのライブではお馴染みの光景だ。

 

——————————-

 

魂の叫びは雄々しい歌声の矢となり、胸にしっかり突き刺さっていた。

 

「1年前から今日の日のためだけに生きてきました。みんなが集まっているから僕たちはここに立てています。何時か、君たちが此処に来たことには意味があったと思い出して欲しい」

 

公演のタイトルにも記された『-Reunion-』は、自分たちとMisarukaを支持する人たちが、共に集いあえることへの感謝の想いを詰め込んだ歌。とても美しく壮麗なのに、そこには熱い感情がたぎっている。いや、想いが強いからこそ、美しいメロディを支える演奏に、重厚さや躍動の音色が寄り添っていたと言ったほうが正解か。魂の叫びは雄々しい歌声の矢となり、胸にしっかり突き刺さっていた。

妖しいまどろみの中へ『-Medousa-』が手招きをし始めた。華麗な仕種で観客たちを煽りだしたrui。妖艶さの中へ情熱を秘めた楽曲だからこそ、鈍い情念な音の炎に身も心も魅了されてゆく。なんて赤く妖美な宴なんだ。

麗美なワルツの音色が、ruiの合図と共に破壊的な熱を持って暴れ出した。『-Rosary-』が連れ出したのは、奈落と闇が微笑みかける舞踏(武闘)会。耽美で浪漫な香りを漂わせながらも、そこには痛い快楽が伴っている。ヒリヒリとした刺のような音の痛みが、どんどん理性を妖しく惑わせ狂わせて逝った。「もっともっと狂った夜にしよう」の言葉通り、音の絵筆を通し、壊れた熱狂がそこには描き出されていた。

 

——————————-

 

美と歓喜に嬉しく溺れたい人たちよ、この歌が、あなたの黒い心の隙間に光を詰め込んでくれるはず。

 

「人は生きていたら何時か必ず別れる時が来る。それを悲しく思えることが財産。大切な気持ちを込めて、この歌が空へ届くように…」

 

今にも嘆き壊れそうな音の調べからの始まり。悲愴な音色へ寄り添うように流れだした壮麗な音の調べ。失った人へ…失くした人に向け、胸に溜め込んだ想いをすべて空へ届けるように、ruiはバラード『-この歌よソラに届け-』を崩れそうな心模様のままに歌いあげた。その歌は、大切な人への鎮魂歌?!。残された人の心に澱りた慟哭を、彼は愛しい人へ向け、熱く歌いあげていた。それまで熱狂していた観客たちの誰もが、その姿を食い入るように見つめていた。

一転、激しく躍動した演奏が、嘆きの昂揚歌『-Separate-』を刻みだした。哀切な想いを、熱情を持って勇壮華麗に響かせてゆくメンバーたち。胸をキュッと突き刺す歌に誰もが酔いながら、大きく大きな手の花を咲かせていた。

ruiのアカペラからの幕開け。雄々しい中に哀な色を覚えるのは、その歌声のせい?!。流れ出した重厚な演奏は大きなうねりとなり、まるで地の底からゆっくりと沸き上がるような昂揚を全身に与えていった。『-Jester-』、なんて痛く、優しく心を溺れさせる歌なんだ。

「ここに集まった最愛のお前たちにこの歌を贈るよ」。なんて壮麗で美しく、華麗で可憐な、でもチクッとした刺を持った歌なんだろう。歌に触れ続けているだけで無垢な自分へ戻れる。魂を優しく浄化するように、『-Juliet-』が心にキラキラとした眩しさを注ぎ込んでいく。美と歓喜に嬉しく溺れたい人たちよ、この歌が、あなたの黒い心の隙間に光を詰め込んでくれるはずだ。愛に包まれる幸せに、あなたは嬉しい微笑みを覚えてゆくだろう。

 

——————————-

              産まれ変わっても、あなたの側に…。

 

「とても幸せです。この5人が出会って最初にこの曲が出来ました」。その言葉を合図に飛びだしたのが、激しく昂揚した想いへ浪漫と高貴な香りをまぶしながら朗々と歌いあげた『-Sin-』。歌が、演奏が、触れた人の気持ちにどんどん沸騰した血を注いでゆく。身体中から沸き立つ興奮を解き放たねば身体が壊れそうだ。

「僕は、お前たちと今しか作れない時間を過ごすために生きてきました。お前たちは何が欲しい?!」。本編最後を彩った『-What do you want?-』が流れたとたん、会場中の人たちが左右へモッシュし、全力で身体を折りたたみ、逆ダイし、胸を揺さぶるサビ歌ではタオルを振りながら、Misarukaが創りあげた情熱で華激で浪漫な交狂曲に嬉しく乱れ続けていた。理性を忘れさせる、それくらい演奏に、この空間にずっと浸っていたい。そんな狂った高貴な宴こそ、何にも変えがたい恍惚じゃないか。妖美で高貴な音楽でエクスタシーを覚えられる、それこそが最高の快楽だ!!

 

「死に物狂いで高みに立つ姿をみんなに見せてこそ、みんながつらかったときに背中を押せるんだと思います」

最後に届けたのが、会場中を絶叫と熱狂に染め上げた荘厳シンフォニック/ハード浪漫な、嘆きと昂揚が交錯した『-My Dear Rose-』だ。Misarukaらしい華激な気品さを、狂おしい音に包み込んだ演奏が、刹那という言葉の似合う歌が、いく筋もの光射し込む闇の中にこそ快楽と心の安住があることを教えてくれる。光を浴びたいんじゃない、闇の中で光に手を伸ばし存在を確認してもらえるからこそ、黒に包まれながら自分を素直に曝け出していける。そんな、自分らしくいれる舞台をMisarukaは届けてくれた。赤い光の中で暴れ狂った人たちの姿を見ながら、ここに集う意味を改めて感じていた。そう、産まれ変わっても、あなたの側に…と。

                           

PHOTO: Dora

TEXT:長澤智典

 

==================== 

 

―セットリスト―

『-Unacceptable-』

『-Maria-』

『-Rogation-』

『-Reunion-』

『-Medousa-』

『-Rosary-』

『-この歌よソラに届け-』

『-Separate-』

『-Jester-』

『-Juliet-』

『-Sin-』

『-What do you want?-』

-Encore-

『-My Dear Rose-』

 

====================

 

Misaruka Web

http://misaruka.syncl.jp/

 

Misaruka ライブ動画

https://www.youtube.com/watch?v=KoqDioSCZVI

 

====================

 

★LIVE情報★

 

2017年1月12日(木)高田馬場AREA

Misaruka ワンマンライブ「この身が朽ち果てて、やがて灰になるとしても」

Starwave Records Presents

 

OPEN 18:00 / START 18:30

ADV ¥3,500- / DAY ¥4,000-(D代別)

 

出演:Misaruka

 

【プレイガイド詳細】

■A:e+プレオーダー(2016年8月9日より受付開始)

http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002197981P0030001

【受付期間】8/9(火)12:00~8/16(火)18:00

■B:e+(2016年9月3日10:00〜より発売開始)

http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002197981P0030001

■C:バンドライブ物販&レーベルオンラインショップ(2016年9月5日より発売開始)

入場順:A→B→C→当日券

※バンド予約無し

 

====================

 

 

Starwave Records presents

Misaruka&Synk;yet共同主催ツアー「Legend of Eden 3」

2016年09月05日(月)池袋CYBER

2016年09月10日(土)SUSUKINO 810

2016年09月11日(日)SUSUKINO 810

2016年09月15日(木)新潟CLUB RIVERST

2016年09月16日(金)仙台Space Zero

2016年10月02日(日)浜松FORCE

2016年10月04日(火)福岡DRUM BE-1

2016年10月06日(木)大阪HOLIDAY

2016年10月07日(金)名古屋HOLIDAY NEXT

-TOUR FINAL-

2016年10月19日(水)高田馬場AREA

 

====================

 

2016年9月21日 神楽坂TRASH UP!

UNDER FALL JUSTICE主催3MAN『闇からの挑戦状』

出演:UNDER FALL JUSTICE/Misaruka/VIVALET                       22016年9月30日(金) 神楽坂TRASH UP!

THE SOUND BEE HD VS Misaruka ツーマン「MSB」

出演:THE SOUND BEE HD / Misaruka (各バンド60分ステージ)                 

 

 







2016年08月03日 (水)

【ライブレポート】★MeteoroiD★8月3日(水)渋谷REX★アメリカ凱旋!会場・通販限定音源『夏の83三角形』発売記念ミニワンマンライブ『83祭り』!

REPORT - 22:00:19

 


8月3日(水)に渋谷REXにてMeteoroiDの、会場・通販限定音源『夏の83三角形』発売記念ミニワンマンライブ、『83祭り』が行われた。

 

4月に新たなコンセプト「平成の“ヤミ”をお掃除しましょう。」を打ち出し、「世の中、そしてヴィジュアル系シーンの歪みや鬱屈を一層しよう」という思いを込めて走り出したMeteoroiD。7月にはアメリカで開催された『TOKYO in TULSA2016』に、日本のヴィジュアル系ゲストバンドとして出演し、初の海外公演も行った。


そんな彼等のアメリカ凱旋ライヴでもあるこの日のコンセプトは“平成の“ヤミ”祭り”。会場の渋谷REXは提灯で飾り付けられ、会場の浴衣姿のファンやハッピ姿のスタッフが目に鮮やかだ。入り口ではオリジナル印刷の団扇が配られ、祭囃子のBGMや朋夜(Dr)の陰ナレ、スクリーンに「世界は私を嫌ってる」の振り付け練習映像が映し出されるサプライズがあるなど、開演前からお祭り感が満載だった。

 

久しぶりのMeteoroiDのワンマンライヴとあって、ステージにメンバーが登場すると、気合いの入った大歓声が会場を包む。ライヴはこの日発売のシングル『夏の83三角形』より、「世界は私を嫌ってる」からスタートした。


事前にYouTubeにアップされた振り付け練習動画でしっかり予習してきたファンが、1曲目から一体となって楽しげに踊る。そのままラテン風のメロディラインとスラッシュメタルの要素が融合したハードチューン「racrimosa」へと雪崩れ込み、フロアはたちまちヘドバン地獄と化した。夏の猛暑に負けない熱い熱い“ヤミ祭り”が幕を開ける。


エッジの効いたリフで殴りつけるような本格メタルチューン「タランチュラ」、敬礼するメンバーのパフォーマンスが楽しい「背徳者に敬礼を」など前半戦はライヴ必須のアッパーチューンを連発された。MeteoroiDの持ち味である、シーン屈指の演奏力とグルーヴ感を存分に見せつける。

 

幻鬼(Vo)「(ライヴがない間)みんな何してた?」
raL(Ba)「僕達はアメリカ行ってきたんですよ! ライヴ以外にも観光したりもして、楽しかったです。」
MCでは、アットホームな雰囲気でアメリカでの思い出を語った。ライヴ以外の道中でも、言葉が通じないなどのハプニング見舞われるなど密度の濃い時間を過ごしたそうだ。

 

中盤のセクションでは最新シングルよりキャッチーなダンスチューン「めんへら輪舞曲」、退廃的な世界観を歌ったラヴソング「彼女はサイコパス」、ランタンを使った演出にツインギターの妙が映えた「いばら姫」など、MeteoroiDのソングライティングセンスの高さを感じさせるバラエティ豊かな楽曲が続いた。


初披露となったミドルナンバー「黄泉の風」では、一言一言しっかりマイクに乗る幻鬼の声がバンドのグルーヴにしっかりと重なり、MeteoroiDの新たな一面を垣間見ることが出来た。この日の彼等は細かいリフやきっかけすらもぴったりと同調していて、メンバー同士でのアイコンタクトも多かった。海外公演を経て“バンドで演奏する”という事への意識がまた一つ高まったのだろう。筆者はこれまでさまざまなバンドを取材してきたが、その中でもMeteoroiDは特に成長のスピードが目覚ましいバンドの一つで、取材する度に驚かされることが多い。

 

「渋谷のヤミをお掃除しましょう!!」という叫びを皮切りに、本編ラストはMeteoroiDの新たなアンセム、「平成のヤミをお掃除しましょう」で締めくくられた。ファンのシンガロングと圧倒的な音圧が会場を突き抜け、多幸感に包まれる。

 

アンコールではなんとメンバーが浴衣に着替えて登場! ファンの黄色い歓声にメンバーも満足気だ。
「アメリカですごく大スター扱いしてもらっちゃったんですよね。すごくライヴも盛り上がったし。日本に帰ってきてどう思うんだろう?って不安になった部分もあったんですが、やっぱり日本はいいなって思いました。9月1日のワンマンに向けて頑張って行きます。」
と幻鬼が今後への意気込みを真摯に語る場面もありつつ、アンコールも本編に負けず劣らずの盛り上がりで“ヤミ祭り”は続く。メンバーコールの絶叫が響いた「オトギリソウ」、初期からの人気曲「ドラキュラ」、そしてラストはファンがステージに向けてガンガン突っ込んで行くライヴテッパンのキラーチューン「呪殺」で幕を閉じた。


「ありがとう! ありがとう!」と仕切りに感謝の言葉を伝えながら笑顔でステージを去るメンバーの笑顔が印象深い。9月1日に、 過去最高動員を目指して行われるワンマンライヴ『居場所の啓示』に向けて、大きく弾みをつけるような本当に熱い熱い祭りだった。

 

 

(文:高崎光)
(撮影:Meiko.K)

 

====================


〜セットリスト〜
1:世界は私を嫌ってる
2:racrimosa
3:タランチュラ
4:背徳者に敬礼を
5:この愛を手放せば自由だろう
6:めんへら輪舞曲
7:彼女はサイコパス
8:いばら姫
9:黄泉の風
10:脈時計
11:平成のヤミをお掃除しましょう


◎アンコール
1:オトギリソウ
2:ドラキュラ
3:呪殺


◎Wアンコール
世界は私を嫌ってる

 

====================

 

9月1日

MeteoroiD ONEMAN LIVE
マチBirthday「居場所の啓示」
※重大発表あり
※Aチケット来場者限定特典
「平成“ヤミ”JUMP」オリジナルCD「手紙」プレゼント


【出演】MeteoroiD


【開場/開演】17:30/18:00
【前売/当日】¥3,500/¥4,000(D代別)


【チケット】
■A:一次先行イープラス 6月4日(土)~6月26日(日)販売開始
■B:一般発売イープラス 7月2日(土)より販売開始
【入場】A→B→当日
【問】高田馬場AREA(03-3361-1069)
【会場】東京都新宿区高田馬場3-3-8-B1

 

——————————-


2016年09月25日(日) 新宿SAMURAI
MeteoroiD MOBILE FANCLUB「蚕-kaiko-」会員限定LIVE
「あなたが選ぶ着せ替え人形(二体目)」


【出演】MeteoroiD


【開場/開演】17:00/17:30
【前売/当日】¥3,500/¥4,000(D代別)


【チケット】
■A:MOBILE FANCLUB「蚕 -kaiko-」
8月7日(日)より受付開始 
http://meteoroid-kaiko.com/ 
【問】 新宿SAMURAI(03-5287-3390) 
【会場】 東京都新宿区歌舞伎町2-42-16 第2大滝ビルB1

 

——————————-

 

2016年10月12日(水)恵比寿天窓.switch
流星音楽団 ~Acoustic Live 2016~


【出演】流星音楽団


【開場/開演】17:00/17:30
【前売/当日】¥3,000/¥3,500(D代別)


【チケット】
■A:MOBILE FANCLUB「蚕 -kaiko-」
8月7日(日)より受付開始 
http://meteoroid-kaiko.com/ 
【問】 恵比寿天窓.switch(03-5795-1887) 
【会場】東京都渋谷区恵比寿3-28-4 B1F

 

====================

 

2016年08月03日(水)発売
MeteoroiD 会場、通販限定Single
「夏の83三角形」
M-1.世界は私を嫌ってる
M-2.めんへら輪舞曲
M-3.黄泉の風
METE-0001
¥830(税込)/ 全3曲収録

 

★MeteoroiD★

http://meteoroid-web.com/

 


2016年07月20日 (水)

【ライブレポート】<BEGINNING BURNING SUMMER TOUR 2016>★7月16日(土)SHIBUYA DESEO★The Benjamin/ADAPTER。/怪人二十面奏/絶リン☆ハグキ/TЯicKY/ムシケラトプスが登場!

REPORT - 13:02:27

 

          

 

 ART POP ENTERTAINMENTとBadeggBox共同主催として7月中に行っているイベントツアー「BEGINNING BURNING SUMMER TOUR 2016」。初日となる7月16日(土)のSHIBUYA DESEOには、The Benjamin/ADAPTER。/怪人二十面奏/絶リン☆ハグキ/TЯicKY/ムシケラトプスの6バンドが登場。

 

 この日の模様は、The Benjaminのミネムラ刑事とツブク巡査が司会を行うCS放送ミュージックジャパンTV内番組「ヴィジュアル刑事Z」内で、8月より前編/後編として流れる。場内には浴衣姿の女性たちの姿も。夏祭り気分で訪れた人たちと、果たして夏が似合うのかわからない人たちが繰り広げた燃える夏の始まりを告げるイベントの模様を、ここにレポートした。

 

 

——————————- 

TЯicKY

 ——————————- 

 「今日も頭を洗っていきましょうか」の声を合図に、大勢の観客たちが一斉に頭を洗い出した…いや、大きく頭を振りまわし始めた。TЯicKYが冒頭にぶつけたのが、デジタルハードポップナンバー『シャンプー☆プロカリテ』。サビの♪シャンプープロカリテ♪とリフレインするインパクトの、なんて強烈なことか。ワァー!!

 最新ナンバー『いかすぜ!サマースライダー』は、場内へカラッと弾けた夏の風景を描き出したアゲアゲなデジタルラテンパーティチューン。タオルを振りまわし、TЯicKYと一緒にパリピになって騒ぐ人もいれば、ポップだけどひねりの効いたコミカルさに圧倒??されている人たちも。楽曲が進むにつれ、何時しか大勢の人たちがタオルを振りながら、弾けたラテンビートに心地好く身を預けていた。最初のインパクトで引かれようと、最終的に楽しければオールOK。それこそがパリピ精神だ。ワァー!!

「叶わない恋は黒魔術で…」。ダークでラウドなデジタルサウンドが炸裂。勢いに身を預けヘドバンしてゆく観客たち。激しい演奏に乗せたTЯicKYの歌声が観客たちを奈落へ突き落とすどころか、泥沼に堕ちた人たちを天使のような笑顔で救いあげるよう、爽やかに歌っていた。『恋する黒魔術』がかけた呪いに、何時しか観客たちも手でハートマークを作ったりヘドバンしたりと、激しく儀式に興じていた。終盤では客席に飛び下り、観客へ「好きっていってんじゃん」と告白するTЯicKY。その様を観て、「キャー」と嬉しい悲鳴をあげてゆく人たちも。ワァー!!

キラキラと弾けた音に飛び乗り、TЯicKYもファンたちもツーステップ踏みながら、一斉に騒ぎだした。楽曲には、ラウトさとチープスリルなポップ感をミックス。オケを用いたライブを行うTЯicKYだけに、バンドど比べての臨場感は欠けてしまう。そのぶTЯicKY自身のパリピ精神で、観客たちのハートを笑いと熱狂を持って惹きつけてゆく。『レジの前でお金が足りなかった事に気付いた僕の動きはスローモーションになる』に触れ、何時しかハッピー感に包まれ踊りだしていたのも、TЯicKYのライブが描き出す幸せのマジックだ。ワァー!!

最後は、カラフルでキラキラでダンサブルでヘヴィービートなアゲアゲ歌ものチューン『とびきりコンプレックス』だ。えっ、説明がくどいって。じゃあ、簡単に説明しよう。この歌を聞いてると、バカになれる。初TЯicKYな人でも、歌に合わせ、何時しか一緒に左右に笑顔でモッシュしてしまう。くだらないコンプレックスさえ忘れ、とびきりのポップワールドに包まれ、何時しかTЯicKYに想いを捧げている自分に気付くはず。そうやって、ハマっちゃいな、TЯicKYワールドへ。

 

 ——————————- 

ムシケラトプス

 ——————————- 

 ヘヴィで圧のある強烈なダンスビートが炸裂。踊れって?!。言われなくとも、身体の疼きは大きくなってゆく。ド頭に叩きつけた『倉庫の秘密』から、ムシケラトプスは圧巻なパワー誇るダンスロックで観客たちを熱いウネリの中へ巻き込んでいった。演奏が進むごとパワーのレベルが上がっていく、騒ぎたくなる指数もグングンとアガってゆく。

 フリーキーかつシンフォニックな音が洪水のようにあふれ出した。ムシケラトプスは押せ押せな姿勢を持って、轟音炸裂したダンスロック『Who are you?』を武器に、観客たちを熱く大きなウネリの中へ飲み込んでいった。客席は暴れるか?!圧倒されるか?!、それくらい強烈なインパクトが炸裂してたということだ。

闇の世界へ引きずり込むように、その音が頭振り乱す儀式の合図のように、『ダークエイジスライフ』が凄まじい圧を持って舞台上から降り注いできた。高揚した歌声と、どんどん過激さを増してゆく演奏。もしや彼ら、戦いを挑んでる??。いやいや、ムシケラトプスは最初から喧嘩腰だった。今までその迫力に圧倒され続けていた。彼らに対する唯一の対抗手段が熱狂だ。『リワインダー』が轟き出した頃には、ヘドハンしてゆく光景が後ろまで広がっていた。理屈なんかどーでもいい、とにかく騒ぎ狂え、それが正しい答えだ!!

最後に殴りつけた『トリックパーティワールド』まで、シンフォニックでラウドな音を魅力にグイグイ引き寄せた興奮を抱きながら、圧巻の激烈音激祭りは幕を閉じていった。

 

——————————-                    

絶リン☆ハグキ

 ——————————- 

 アコースティックユニット、絶リン☆ハグキのライブは、茨城県は鹿島市に捧げた?!『鹿島市娘』からスタート。鹿島ちゃんという女子高生の体で歌ってゆく彼ら。楽曲は、大好きな鹿島市へ全力で想いを捧げたご当地リスペクト?!ソング。鹿島市のことを知らなくとも、いや、知らないからこそ、なんとなく町の雰囲気や市民たちの卑屈だけど地元愛に包まれた生活模様が見えてくる。もちろん、コミカルな視点でね。ブラックな笑いを持って紹介してゆくところにも、彼らなりの地元愛が滲み出ていた…と捉えておこう。

笑わせてこそ、その場を沸かせてこそ、このユニットの存在がある。コンテストで優勝した金メダルが盗まれたという体で、小芝居がスタート。それを盗んだのが、怪人二十面奏のファンという噂。じつはこのライブが始まる前に、金メダルを会場の人に彼らは渡していた。なるほど、こんな布石があったとは…。

二人は、金メダルを盗んだ(渡した)人へ向かい、バラードの『出られなくて新宿』を歌いだした。茨城県から東京へ、不安とワクワクを抱えながら向かった主人公。だけど、田舎の小市民ほど都会に圧倒され、街中の迷子として路頭を彷徨ってしまう。そんな田舎民の純粋さと卑屈さを絶リン☆ハグキは、声量あふれた歌声を通し、圧巻のパワーを持って歌いあげていた。新宿駅が迷路ということを延々と歌ってゆく2人。確かに新宿駅は田舎者か都会人かを差し計るラビリンスだ。

最後は、会場中を手拍子で包み込んだ『水戸ナイトニッポン』。水戸市と水戸市民たちの市民性を皮肉と悲哀とエロさをもって絶リン☆ハグキは熱く熱く歌いあげていた。

絶リン☆ハグキの歌に触れていると、茨城県民と栃木県民の都会へ対する卑屈さと地元愛がヒシヒシと伝わってくる。北関東、恐るべき県民たちの蠢く小都会だ?!?!?!?!?!

 

——————————- 

怪人二十面奏

——————————-  

 怪人二十面奏のライブは、思いきり荒ぶる姿勢を持ってせまってきた。凄まじい勢いでドラムビートが炸裂。勢い満載な姿勢のもと怪人二十面奏は、牙を剥き出し、過激に『NUMBER TWENTY』を叩きつけた。その姿勢は、完全に喧嘩をふっかけてゆく姿だ。それくらい気合いと気迫を持って彼らはライブに挑んでいた。

 「あなたを殺したい」。歌謡浪漫な歌が、この日は凄まじいパワー炸裂した演奏の上で華激に踊り狂っていた。心を悩ませる『愛憎悪』が、気持ちをメラメラと情熱色に染め上げてゆく。暴れずにいれない。昂った興奮を舞台上にぶつけないと昇天しきれない!!

華やかに、でも狂気を携えながら『アヴストラクト シニシズム』が轟きだした。彼らは、触れた人たちを闇のカーニバルへ連れてゆく。その世界がとても妖しくて艶かしいからこそ、痛い闇の世界へ嬉しく溺れたくなる。その挑発で、もっともっと危険な魅惑の世界へ導いてくれ。

凶暴な様を剥き出しながら、歌謡浪漫な『嘘憑きと盲目と』がギラついた野生を持って襲いかかってきた。あえて過激な装いをまぶしたからこそ、その歌が、より毒々しさと生々しさ持って身体を、心を浸食して逝った。

一転、今にも壊れそうな悲哀さを抱きながら『透明。』が幕を開けた。演奏が進むにつれ、激しさを増してゆくスタイルも刺激的だ。むしろ、そのトゲトゲしい音が突きつけたスリリングな高揚と興奮に、痛く心地好く感情が溺れていた。怪人二十面奏、なんて心を狂わせ、惑わせる歌の魔術師のような連中だ。

「もっと狂っていこうぜ!!」。マコトの煽りを合図に、ヒステリカル&サイコティックな旋律が脳味噌を掻き乱す『想望カルト』へ。雄々しくも男の色気香らせた歌声で、マコトが観客たちを挑発してゆく。激しさへ身悶え狂う感覚??。怪人二十面奏が楽曲を通して注入したエナジーは、明らかに身体を熱狂で惑わせていた。「しっかり証を持ち帰れ!!」。恍惚に狂った気分のまま、最後の『其の証』へ。妖艶に激しく炸裂した演奏が、身体を熱狂という姿へ浸食してゆく。こんな興奮に犯されるなら、何度だってイキたい。影を背負った過激な誘惑ほど惹かれるものはない。何度だって、その興奮を味わいたくて怪人二十面奏へ溺れてしまう人たちが増えているのも、納得だ。

 

 

——————————- 

The Benjamin

——————————- 

 

やばい、いきなり気分がウキウキすれば、口元がニヤニヤしてきたぜ。The Benjaminが『ベーゼ』を通して掛けてきたモーションは、かなり甘酸っぱい悩殺味じゃないか。心地好いマージービートへ身を任せ、ただただ心地好く身体を揺らせばいい。いや、そうしたい衝動がギュンギュン身体の中から沸き上がってくるんだよ。

奴らは60年代からやってきたパーティロッカーたち。恋のアバンチュールを夢見た連中の集う会場を彩るダンスパーティなら俺たちに任せろとばかりに、3人は、熱く熱く気持ちを挑発してゆくハードビートナンバー『BATTLE FEVER』を叩きつけてきた。「暴れろ」「ちっちぇえ自分と戦え」とばかりに観客たちを煽ってゆく。早くも会場へは、一つに溶け合った熱狂のパーティ空間が広がっていた。

とろけるように熱くなった場内へ、WAO!!と叫びながら『ベイクドチーズ』をガツンとぶつけだした。爽やかで甘酸っぱいのに、どっかに焦げた熱狂を隠し持ったこの歌、どんどん心をとろけるように浸食していく美味しい歌じゃないか。熱狂をさらに加速してゆくように演奏したのが、飛び跳ねずにいれない衝動を与えた『バンジージャンプ』。ミネムラとタクマの掛け合いも、ライブを通すと音源以上にスリリングに見えていた。身体の火照り止まぬ興奮のエナジーに包まれた場内。このまま『バーバラ』の演奏に飛び乗り、バラバラになるまでイッちゃえばいい。今宵のダンスパーティは、かなりホットにヒートしまくってるぜ!!

イッちゃうほどの熱狂へ優しく余韻を残すよう、最後に爽やかなミッドナンバー『SORA-Boing229-』を届けてくれた。短い時間の中へ青春のドラマを描きあげたThe Benjamin。熟練バンドの持つ説得力には、外れがないね。おっさんにでも消えない青春を教えてくれるライブって、素敵じゃない!!

 

——————————- 

 

 

ADAPTER

——————————- 

 

桜吹雪舞い散らしながら、福助。が舞台へ。ADAPTER。のライブは、ヒステリカルひねくれてやがるテクノナンバー『青春リバイヴァー』へ。小旗を振りながら、ゴツゴツとした音の隙間へ観客たちの熱狂したい感情をグイグイ押し込んでゆく。なんて天晴れなテクノスタイルなすぐいけるステージングなんだ。

チープスリルな音がピコピコと身体に衝撃をインストールしていく。『傷んでる君と腐ってる僕』が連れ出したのは、小箱のフロアーでダンスビートに溺れ踊り狂いたい興奮。晴れやかなパーティテクノロックが、オリエンタルな衝動もまぶしながら、身体を揺らし揺さぶり心地好く歪ませていく。

会場中の人たちが一斉にモンキーダンスに興じ始めた。昭和テクノな衝撃を携えた『ハッピーラウンド』に身を預け、福助。も、観客たちも頭をお猿なモードに切り換え、能天気に能動的に能率良くノホホンと本能のままに踊り狂っていた。

本能のままに騒いでゆく観客たちの元へ、ADAPTER。が華やかに軽やかに『本能モジュール』を花開かせた。神経を歪ませ揺らし揺さぶっていくサイコヒステリカル爆発してらっしゃるテクノビートに身体がバクられ、会場中の人たちが、制御不能なまま本能に従うまま成すがままに大きく身体を揺らし続けていた。

最後は、バーストした爆裂爆撃攻撃モードなテクノチューン『僕に幸あれ』だ。会場中の人たちも、タオルを振りながら祭りに興じてゆく。このままイクしかない。身体を躍動させるダンスビートが頭を白く塗り上げてゆく。それは、頭空っぽに火照った本能のままに騒ぎ狂えという合図。それがライブに於ける正解だ。ADAPTER。のライブが与えた逝っちゃう一体感だ。最後までタオル振りまわし踊り狂う観客たちの、なんて無邪気に楽しんでイッてた姿だったことか。

 

——————————- 

 

セッション

——————————- 

 

 

 福助。ミネムラ、マコトの3人によるトークに続き、最後に、この日出演したバンドたちが舞台上に大勢登壇、このイベントツアーでしか味わえないセッション大会へ。登壇者たちが演奏したのが、ユニコーンの『大迷惑』。ライブハウスが大迷惑するほどの熱狂が客席…よりも、舞台上で起きていた。それくらい、演者たちが純粋に楽しんでだということだ。

さらにこの日はもう1曲セッション。ミネムラが氷室京介モードになり、BOOWYの『Dreamin’』をセッション。会場中を熱狂のパーティ空間に染め上げていった。

このセッションは、各地で繰り広げられるはずだ。各地でどんな歌が飛び出すかも含め、最初から最後までこのイベントを味わい尽くしてくれ。

 

 

 

 TEXT:長澤智典

 

——————————- 

 

 

 

ヴィジュアル刑事Z Web

http://www.mjtv.jp/lineup/visual_deka_z/

http://v-deka-z.net/

ADAPTER。

http://www.adapter-web.net/

The Benjamin

http://thebenjamin.jp/

怪人二十面奏

http://k20.jp/

絶リン☆ハグキ

http://www.artpop.org/zetsurinhaguki/

ムシケラトプス

http://mushikeratops.com/

TЯicKY

http://kizokunotori.com/

 

——————————- 

 

 

★LIVE情報★

 

ART POP ENTERTAINMENT & BadeggBox Presents

『BEGINNING BURNING SUMMER TOUR 2016』

 

【日程】2016年7月22日(金)

【会場】名古屋JAMMIN’

【OPEN/START】17:00/17:30

【出演】ADAPTER。 / The Benjamin / 怪人二十面奏 / 絶リン☆ハグキ / 星と三日月(from Dear Loving)

 

 

【日程】2016年7月23日(土)

【会場】神戸マージービート

【OPEN/START】17:00/17:30

【出演】ADAPTER。 / The Benjamin / 怪人二十面奏 / 絶リン☆ハグキ / 星と三日月(from Dear Loving)

 

 

【日程】2016年7月24日(日)

【会場】大阪2nd LINE

【OPEN/START】17:00/17:30

【出演】ADAPTER。 / The Benjamin / 怪人二十面奏 / 絶リン☆ハグキ / 星と三日月(from Dear Loving)

 

——————————- 

 

セットリスト

 

 

TЯicKY                                    

『シャンプー☆プロカリテ』

『いかすぜ!サマースライダー』

『恋する黒魔術』

『レジの前でお金が足りなかった事に気付いた僕の動きはスローモーションになる』

『とびきりコンプレックス』

 

 

ムシケラトプス

『倉庫の秘密』

『Who are you?』

『ダークエイジスライフ』

『リワインダー』

『トリックパーティワールド』

 

 

絶リン☆ハグキ

『鹿島市娘』

『出られなくて新宿』

『水戸ナイトニッポン』

 

 

怪人二十面奏

『NUMBER TWENTY』

『愛憎悪』

『アヴストラクト シニシズム』

『嘘憑きと盲目と』

『透明。』

『想望カルト』

『其の証』

 

 

The Benjamin

『ベーゼ』

『BATTLE FEVER』

『ベイクドチーズ』

『バンジージャンプ』

『バーバラ』

『SORA-Boing229-』

 

 

ADAPTER。

『青春リバイヴァー』

『傷んでる君と腐ってる僕』

『ハッピーラウンド』

『本能モジュール』

『僕に幸あれ』

 

 

セッション

『大迷惑』(ユニコーン)

『Dreamin’』(BOOWY)

 

 











2016年07月14日 (木)

【Daiki】バンド解散から半年、ソロ3度目のワンマンライブを実施。「心のままに、ただ我武者羅に生きていますか?」

REPORT - 10:26:11

 

 7月よりDaikiは下北沢MOSAiCを、8月より名古屋SOUND NOTEを舞台に、年内いっぱい続くバンドスタイルの隔月ワンマンライブをスタートさせた。

彼は、2月から毎月ゾロ目の日に、幡ヶ谷36°5を舞台にアコースティックスタイルでのマンスリーワンマンライブも実施中。

何故、Daikiがバンドとアコースティック二つのスタイルを通して自分の音楽性を追求しているのか。

6年間夢を共有したバンドの解散を経て、何故ふたたび歌おうとしたのか。

その答えは、ライブという空間にしっかりと描き出されていた。


通算3度目、7月9日(土)に下北沢MOSAiCで行われたワンマンライブで、Daikiはサポートバンド(.ASIA/ドットエイジア)を従えてステージに登場。

白いスポットに照らされ、「君と僕にシアワセが永遠に降りますように」と歌う『ONE HEART ~世界が終わっても』からライブは幕を開けた。
 ”想い込めた言葉と歌声”を魅力にした『ONE HEART~世界が終わっても』を筆頭に、「心で一つに繋がりたい、本当の気持ちは言葉にならなくて」と、 自分の素直な気持ちを伝えた『愛になろうよ』。

「君と描きたいSweet Days」と歌いながら、ともに永遠の未来を描こうと呼びかけた『Sweet Heart』など、序盤には、ファミリー(ファン)たちと繋がりたい想いを軸にした歌を投影。互いの心の繋がりを確かめ合っていた。

 

「彼は俺と同じような夢を持った仲間だったけど、病気で命を失くしてしまった。

彼がよく言ってたのが「大丈夫」という言葉。

彼の想い描いてた夢も背負いながら、俺は歌い続けようと思います」


 
 『kimi』は心の本音をぶちまけ、本心を分かち合った大切な仲間に向けた哀悼歌。

でもその歌は、弱い自分の気持ちを鼓舞するために自分自身へ向けた応援歌。

君の存在が自分を前へ進めてくれる。

君と僕との熱い友情を歌いながらも、きっとDaikiは心が折れそうになるたび、自分を励ますように『kimi』を歌い続けてゆくのだろう。


 伸ばした手がつかもうとしたのは、あの頃の後悔?それとも、切なさを超えた前向きな勇気?

『紙飛行機』が胸をギュッと痛く締めつければ、♪愛をください♪と想いを告白するように、Daikiは優しく暖かく『愛をください』を歌いかけてきた。

中盤には、メロウな楽曲をプレゼント。

どの歌からも、言葉の裏に隠された悲哀を持った心模様が見えてくる。

だから、シンプルな言葉に胸が痛みを覚えながらも心地好く締めつけられていた。

 

 「ソロ活動を始めるにあたっての不安はあったけど、やってみて全然一人じゃないなと思ってる。

みなさん、俺の夢を自分の夢のように本気で支えてくれてるんですね。

メンバー・スタッフ全員で一つの大きなバンドみたいな感覚で、今はソロ活動をやっています」

 

 後半は、楽曲も、Daikiのテンションもバーニングなモードへ。サビでは♪シャナナナ♪と会場中の人たちの心を一つにした合唱も飛び出すなど、心地好く疾走する躍動ナンバー『シャナナ』を、Daikiは気持ちを解き放つように歌いかけてきた。


 「ありのままの僕をさらけだすよ」の言葉通り、着飾らない裸の歌声と想いを熱い陽差しの中へ響かせるように歌いあげた『魔法の夏』。

ファミリーたちと一緒歌う♪Let’ Go!!♪の声が大きく膨らむごと、熱狂という確かな絆で強く強く結ばれていった『心に愛を~Let’s Go!!~』。
「自分の意志で突き進め」、その言葉はみずからへ向けた強い言葉。誰だってその意志があれば前へ進み続ければ、輝く星になれる。

夢を抱き未来へ進む人に、『星の王子様』が熱いエールとして響いてきた。

「俺たちには誰にも譲れない夢がある」、夢追い人たちへ「ただ我武者羅に」夢を描いていけと歌いかけた『誰にも譲れない夢がある』は、Daikiと彼の想いに共鳴したファミリーたちの心の叫び。

その強い意志をともに感じあえることで、改めて自信を胸に明日へ進んでいける。

その夢が何であろうと、未来へ向かって我武者羅に突き進んでゆく自分になれる。それが嬉しかった。


荒ぶり駆けだしたギターサウンドに乗せ、Daikiは頭上高く左手を翳しながら「明日に向かって生きていますか?」と仲間たちへ熱く問いかけてきた。

『明日に向かって』の演奏に合わせ飛び跳ねるファミリーたち。心に確かな自信さえあれば、明日に向かって生きていける。素直に笑いあえる。

Daikiの歌は、心にいろんな気づきを与えてくれる。誰もが「ラララララララ」と歌いながら、Daikiの歌声を、叫びを、未来へ進む心の糧にしていた。

 

 「歌に対して重要なことへ気づき始めた頃にバンドが解散になってしまい、仲間と一緒に持った夢を叶えられなかったことにすごく後悔がありました。

だからこそ、ソロ活動を始めるときに覚悟をしたのは、どんなこともラストチャンスだと思ってやっていくこと。

どんなに苦手なことでも、まずはやってみようと覚悟を決めました。

自分で決めた一つのことを信じ続けて。我武者羅に自分で頑張ることがすごく大事だなと改めて思っています。

一つのことを信じきって我武者羅に頑張れば小さな光が射してくる。俺は、この半年でそれを証明出来たかなと思っています。

自分が信じてる道を歩み続ければ、そこへはかならず辿り着けると思っています」



みずからの決意を述べた後に、Daikiは『ピエロ』を優しく歌いだした。

「おどけたピエロになって君のために歌うよ」「弱い自分と戦っているよ」と彼は気持ちを投げかけてきた。

Daikiが「抱きしめた夢を壊さないでいて欲しい」と想いを届け続ける限り、その言葉をコンパスに、それぞれが指し示した自分の道へ歩んでいける。

そんな気持ちに、何時しか心は満たされていた。終盤、場内に響いた「ラララ」の優しい合唱は、彼との約束の合図のようにも感じていた。


本編最後を飾ったのが、「僕の声が失くなるまで」「君の支えになれるよう」と歌ったメロウバラードの『Refrain~僕の声~』。

Daikiは、支えてくれる人たちの側へ何時だって優しく寄り添い続けてくれる。何時だって想いを分かちながら、ともに未来の扉を開き続けようとしている。

その優しさと温もりを彼の歌声やステージングに感じるからこそ、Daikiのライブへ集うファミリーたちが着実に増え続けているのは間違いない。

 

「信じて努力すれば結果は裏切らない。もっと自信を持って勧められるアーティストになります。」。

仲間たちへ感謝の想いを伝えつつ、アンコールの最初に披露したのが、切々としたエレピの演奏を背景に、ひと言ひと言を噛みしめるように歌ったバラードの『Re-Born』。

「倒れてもまた立ち上がり続けよう」と歌うその姿勢は、これまでのDaiki自身の歩みを示した言葉。

彼の歌は、悲喜様々な経験に裏打ちされた強い意志や想いを持ったリアルな言葉が綴られている。

一つ一つの言葉が説得力を持って胸を打つからこそ、涙腺緩む感覚を抱きながらも、彼の歌声に、心の本音に、そっと寄り添いたくなる。


ふたたび忘れたくない熱狂を描こうとばかりに、Daikiは魂を震わせる『誰にも譲れない夢がある』と『明日に向かって』を連投。演奏が進むごとに場内の熱が確かに高く渦を巻いていた。

誰もが、ただ我武者羅に「ラララ」と歌い叫びながら、楽しくはしゃぎ続けていた。

会場に延々と響く大合唱がピークになった時、Daikiは迷わずファミリーの中へ飛び込んだ。そして、声の限りにファミリーと一つになって歌い続けた。

そう、理性のストッパーなんてぶっ壊し、沸き上がる感情のままにはしゃいでこそライブだよ。

たくさんの心の感動と汗ほとばしる熱狂をDaikiは届けてくれた。それが、嬉しかった。


そのスタイルがアコースティックでも、バンド編成だろうと、生きてる熱をリアルに伝えてゆくライブには、何時だって魂や身体が揺さぶられる。

その言葉の真意を知りたいなら、Daikiのライブに足を運んで欲しい。

「心のままに生きていますか?」「素直に笑えてますか?」というDaikiの呼びかけに対する、あなたなりの答えをきっと見つけられるはずだから。


                

PHOTO:Daiki’s Crew
TEXT:長澤智典

 

——————————-


―セットリスト―
『ONE HEART ~世界が終わっても』
『愛になろうよ』
『Sweet Heart』
『Paper Moon』
『堕天使輪舞曲』
『kimi』
『紙飛行機』
『愛をください』
『シャナナ』
『魔法の夏』
『I&I』
『心に愛を~Let’s Go!!~』
『星の王子様』
『誰にも譲れない夢がある』
『明日に向かって』
『ピエロ』
『Refrain~僕の声~』
ENCORE
『Re-Born』
『誰にも譲れない夢がある』
『明日に向かって』

 

——————————-


Daiki Web
http://daiki.asia/

 

——————————-

 

■LIVE情報
7月26日(火) 名古屋SOUND NOTE
★8月 8日(月) 幡ヶ谷36°5 (Acoustic)
 8月12日(金) 下北沢MOSAiC
 8月19日(金) 巣鴨獅子王(Acoustic)
★8月20日(土) 名古屋SOUND NOTE
★9月 4日(日) 下北沢MOSAiC
★9月 9日(金) 幡ヶ谷36°5(Acoustic)
 9月22日(木) 新宿SACT(Acoustic)
★10月10日(月) 幡ヶ谷36°5(Acoustic)
★10月22日(土) 名古屋SOUND NOTE
10月25日(火) 下北沢MOSAiC
★11月11日(金) 幡ヶ谷36°5(Acoustic)
★11月27日(日) 下北沢MOSAiC
★12月12日(月) 幡ヶ谷36°5(Acoustic)
★:ワンマン公演

 

——————————-

 

■歌詞
http://daiki.asia/category/nobodys-songs/
■CD情報
http://daiki.asia/discography/
■You Tube
<Daiki_0709ワンマンLIVEダイジェスト>
https://youtu.be/GdlQkYBbM3U
<Daiki_0629アコースティックLIVEダイジェスト>
https://youtu.be/YmpAe0AYGm8
<Daiki【堕天使輪舞曲/kimi】DEMO音源>
https://youtu.be/Ggi7-z4rt4c
<Daiki【誰にも譲れない夢がある/Sweet Heart】 DEMO音源>

https://youtu.be/yS_THFG2veo