NEWS

2015年10月08日 (木)

【ライブレポート】★“Visual Parade” #1★9月30日 新宿ReNY★DOG inThePWO、HERO、ユナイト、LEZARDが新宿で競演!

REPORT - 12:04:58

9月30日、新宿ReNY(東京)にてぴあ主催のヴィジュアル系ライブイベント「ぴあ Presents “Visual Parade”#1」が開催された。

出演バンドはHERO、LEZARD、ユナイト、DOG inTheパラレルワールドオーケストラ。

ヴィジュアル系シーンの最前線で活躍する人気バンドたちの競演ということもあり、平日開催ながらチケットはSOLD OUT。

800人が熱狂する一夜となった。

 

——————————-

 

■HERO

 

トップバッターはHERO。

尽(Vo)は今日も”舌”好調「このイベントは第一回だから、ぴあに媚び売っていこうぜ!」「楽屋で、DOG inTheパラレルワールドオーケストラの春にリステリンを貸したら大量に使われた。飲んでるの?」「LEZARDの”ぶっ殺そうか考え中…(『Gekiokoシンパシー』)”という歌詞は、来夢がもし殺人を犯した場合、計画的な犯行になるから裁判で不利になる」など言いたい放題。SARSHI(G)にたしなめられる一幕も。

8月にリリースされ、オリコンウィークリーチャート3位にランクインした『「僕の作り方」/ 光る指輪 大明神 』に収録されている2曲や、ライブでの定番曲である『超過激愛歌~Super Ultra Lovesong~』で盛り上げ、そしてラストの『「ソプラノ」』では歌詞を「ぶっ殺そうか考え中…」に変更したコールアンドレスポンスが登場するなど、爽やかかつキャッチーな楽曲とノリの良さでフロアのみならず対バン相手も巻き込み会場を沸かせた。

 

【セットリスト】
1. 「風の中で…」
2. 「僕の作り方」
3. 光る指輪 大明神
4. 超過激愛歌~Super Ultra Lovesong~
5. 「Not Title」
6. feeling
7. 「ソプラノ」

 

——————————-

 

■LEZARD


二番手はLEZARDだ。

「ぶっとんでいけるかー!」とトレードマークである「超絶」と書いたお立ち台の上に乗り、全力で煽る来夢(Vo)。

MCでは公佑(G)の「はむはー!」や、TACC(B)の「おはたっくるぅ〜」という独自の挨拶で親しみやすさをアピールしつつも、楽曲の方は意外と(?)尖っているのがLEZARDの面白いところ。

HEROにも弄られた『Gekiokoシンパシー』では早口言葉のような歌詞を流暢に歌い上げる来夢、ファンにはお馴染みのサングラスをかけたTACCのパフォーマンス(スーパーTACCタイム)が楽しい『SOS』、ラストの『カミサマイカサマ』の前には来夢の「こんなキラキラした衣装を着てるけど、意味があるんです。その光をみんなが受け取って、みんなにも学校や仕事場でも輝いてほしい」という真面目な発言も飛び出した。

めまぐるしく印象が変わるとかげたちに心地よく翻弄された時間であった。

「もしおまえらに居場所がなかったら、LEZARDを居場所にしてください!音楽が刻む最高点を見に行こうか!」と来夢の言葉で締めくくり去っていった。

 

【セットリスト】
1.負け猫
2.Gekiokoシンパシー
3.さよならいむ
4.SOS
5.死ニタイ症候群
6.絶望0ゲーム
7.サマーヒーロー
8.カミサマイカサマ

 

——————————-

 

■ユナイト


ドラマチックなSEの流れる中、莎奈(Dr)、ハク(B)、LiN(G)、椎名未緒(G)が登場。

この日は残念ながら結(Vo)が喉の不調のため休養中だったのだが、ボーカル不在というハンデをものともせず、ユナイトらしいステージを魅せてくれた。

MCは急遽LiNがとることになったのだが、「僕がしゃべると文化祭みたいになるから…」と会場を和ませ、「いつも頑張ってるけど今日も4人でがんばります。結もすぐ帰ってくるのでもう少しお待ち下さい」と、ファンに対して安心感を与えた。
『イオ』『universe』のような壮大なラブソングから、現在のシーンに対する風刺ソング『WONDER f∞l PEOPLE』、ダークな『ice』までユナイトの幅広い表現力を堪能。

そして「終わらないバンド」をというコンセプトを掲げる彼らとファンの絆の深さを感じることができたように思う。

 

【セットリスト】
1. イオ
2. HELIOS
3. WONDER f∞l PEOPLE
4. small world order
5. universe
6. ice
7. Cocky-discuS
8. AIVIE

 

——————————-


■DOG inTheパラレルワールドオーケストラ


本日のトリはDOG inTheパラレルワールドオーケストラ。犬の鳴き声をサンプリングしたSEが響く中メンバーが登場。

9月にリリースされたばかりのシングル『メテオライト』を、続いて『ココロ VIBES』を披露。

ポップでキュートなDOGの世界観でステージを染め上げる。MCに入ると春(Vo)が、「これまでの皆のステージ、上から見てたよ(笑)。リステリンは飲んで無いから!」とHERO尽のMCに反論し、メンバー全員がボーカルをとる『Doggy’sParty!!』では、HEROの『テノヒラ』をワンコーラスカバーするというサプライズも。

彼らの仲の良さが伺える。そのままアンコールでは全バンドのメンバーがステージに再登場し、『ミラクルGO!』が演奏される中、ステージ狭しと暴れ回り大盛り上がりのフィナーレとなった。

 

【セットリスト】
1. メテオライト
2. ココロVIBES
3. ハレルヤ。
4. コラン-新約:聖典-

5. PARADOX
6. S.B.N.
7. ハルシオンキャンディ
8. StyleLover-Rubber:Style-
9. Doggy’sParty!!
10. エレクトリックパレード
EN. ミラクルGO!


なお、「ぴあ Presents “Visual Parade”」は今後も継続的に開催されていく予定だ。第二回を心待ちにしたい。

 

——————————-

 

●TEXT:藤谷 千明
●PHOTO:坂口 正光

 

“Visual Parade” オフィシャルサイト  http://visualparade.jp
“Visual Parade” オフィシャルtwitter  https://twitter.com/Visual_Parade

 










2015年10月05日 (月)

【プチライブレポート】破壊と再生を繰り返すAngelo、圧巻の9周年記念ライブ──10月4日 東京・豊洲PIT。

REPORT - 14:53:22

Angeloの結成9周年を祝うライブが、10月4日(天使の日)に東京・豊洲PITにて行われた。先月9月30日に6 tracks EP『FACTOR』をリリースしたばかりのライブだけに進化を続けるAngeloを体感しに多くのファンが集結した。

オープニングから「FACTOR」の楽曲を披露し、その完成度の高さ、オーディエンスの浸透度の高さが会場の熱を上昇させた。

MCでは、キリトより

「夢中で突っ走っていると9年もの時間が経っていて、明日はどうなるか分かりません。
何一つ確約されていないことだからその一瞬一瞬に感謝できるし凄く大切なことです。
全ては“想い”のためにやっていて、辛い時、苦しい時、見守ってくれて背中を押してくれるみんなの想い、そしてそれに応えようとするバンドの想い、その“想い”の力は強いと思います。
今までの“想い”もこの空間にいるみんなの“想い”も何もかもを連れてこれからも前に進むのでついて来て下さい。」


とファンに向けメッセージを送った。

当日は、ニコニコ動画にてライブ独占生中継もあり、会場に駆けつけられなかったファンからも温かいコメントが寄せられた。

アンコール含め全24曲を怒涛のセットリストで会場を揺らし、次作の「RESULT」、11月からの全国ツアーに期待を寄せた。


——————————-

■Angelo 9th Anniversary 「THE ABNOMAL PHENOMENON」

01. FACTOR
02. URGE
03. Experiment
04. SELF AWAKE
05. 狂人
06. Collapse parade
07. REBORN
08. Voice of cradle
09. EDEN
10. RIP
11. My Strife
12. Deep Psyche
13. SCARE
14. PERFECT PLAN
15. THE CROCK OF ULTIMATE
16. PROGRAM
17. Script error
18. OUTBREAK

En
01 声にならない声
02 Nostalgia
03 CONVICTION
04 Crave to you
05 想像の楽園
06 SCRAP

——————————-

2015.9.30 (WED)発売
-6 tracks EP-
「FACTOR」

1. FACTOR
2. URGE
3. Experiment
4. SELF AWAKE
5. 狂人
6. Collapse parade

品番: IKCB-9542   価格: ¥2,480+税
期間生産限定
※(発売日より30日間の限定生産)
発売元: blowgrow     
販売元: Sony Music Marketing

——————————-

■Angelo Tour 2015-2016 「THE RESULT FROM PHENOMENON」

2015.11.23(祝) 横浜BayHall 17:15/18:00
ディスクガレージ 050-5533-0888
2015.11.27(金) 新宿BLAZE 18:15/19:00
ディスクガレージ 050-5533-0888
2015.12.02(水) 柏PALOOZA 18:30/19:00
ディスクガレージ 050-5533-0888
2015.12.06(日) 札幌PENNY LANE 24 17:00/17:30
WESS 011-614-9999
2015.12.13(日) 名古屋Diamond Hall 16:45/17:30
サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
2015.12.18(金) 大阪BIG CAT 18:15/19:00
キョードーグループ0570-200-888
2015.12.20(日) 金沢8HALL 17:00/17:30
キョードー北陸025-245-5100
2015.12.23(祝) 福岡DRUM LOGOS 17:15/18:00
キョードー西日本092-714-0159
2015.12.25(金) TSUTAYA O-EAST(FC限定) 18:00/19:00
ディスクガレージ 050-5533-0888
2015.12.27(日) 仙台Rensa 16:15/17:00
キョードー東北 022-217-7788
2016.01.09(土) 赤坂BLITZ 18:15/19:00
ディスクガレージ 050-5533-0888
2016.01.10(日) 赤坂BLITZ 16:15/17:00
ディスクガレージ 050-5533-0888

※TSUTAYA O-EAST公演は、FC会員限定LIVEとなります。


★Angelo★
http://angeloweb.jp



“想い”の力は強い。
キリト氏の言葉はいつもハートを包んで、高めてくれます。
多くのライブが予定されておりますので、生のAngeloを是非感じ取って頂きたいと思います!!
おすすめライブです!!!!




2015年10月05日 (月)

【ライブレポート】<ALSDEAD>9月19日(土)渋谷REX〜ALSDEAD presents ONEMAN【Born To Be Dead:ch.2】

REPORT - 11:53:29

活動休止を宣言したALSDEADが、新たな始まりのために企画したシリーズワンマン【Born To Be Dead】。

第三夜は、ファンたちからのリクエスト曲を中心に構成。
レア曲飛び出すファン熱狂の一夜!!


いよいよ今週金曜、10月9日に高田馬場AREAで行うワンマンライヴを持って、
7年間に及ぶ活動を一度停止し、眠りにつくALSDEAD。

彼らは現在、新たなる始まりに向け「Born To Be Dead:PROLOGUE/ch1/ch2/CODA」と、
それぞれに タイトルを付けた4本のシリーズワンマンを展開中だ。
「9月12日に新宿LOFT BAR LOUNGEにて行われた【Born To Be Dead:PROLOGUE】は、
全曲アコースティックによる公演。

2本目に当たる9月18日に東高円寺二万電圧にて開催した【Born To Be Dead:ch1】は、全編激しい曲のみで構成。
3本目、9月19日に渋谷REXにて行われた【Born To Be Dead:ch2】はファンからアンケートを取り、
人気上位の曲のみでセットリストを組むリクエストライヴ」になっていた。

残る10月9日高田馬場AREAでの【Born To Be Dead:CODA】の詳細は、間もなくメンバーらの口より告げられるだろう。


レポートも3本目。9月19日(土)に渋谷REXを舞台に、ファンたちのリクエストを元に構築したライヴ
ALSDEAD presents ONEMAN【Born To Be Dead:ch.2】が行われた。
この日は特定の年代に偏ることなく、その時代ごとにライヴを支えてきた曲たちや、
バンドを熱烈に支え続けてきたファンだからこそ知っているレアな歌の数々が並んでいた。
そのメニューを通し、ALSDEADがライヴを通して支持を重ねてきたバンドであることを再認識。

今宵のライヴは、リクエストランキング3位の支持を得た『IDEA』からスタート。
激しくもスケールあふれた演奏の上で、抑揚を持ったMAKIの歌声が軽やかに舞い踊りだした。
続く『Behind The Pride』を通し、場内へ無数の 拳を突き上げさせたように、
早くもALSDEADらしい舞台空間がそこには広がっていた。

「初のリクエストワンマン。けっこうマニアックな曲と何時もの曲が入り混じっててセットリストを組むのが大変だったね。
中には、ライヴでやるのが2回目の曲もあったり。どう楽しむかはリクエストしたみなさん次第なんで」(MAKI)

エキセントリックな沁のギターに重なるよう『Faceless Biliever』がドライブし始めた。
MAKIも抑揚を持ったメロディーを、駆ける旋律の上へ巧みに重ねてゆく。
観客たちを猛々しい熱狂の中へダイブさせた『Into The Void』やリクエスト2位を記録した『ENSLAVED』。
どちらもえぐるような衝撃を身体に与えるにも関わらず、その歌にとても惹かれてゆく。
奈落へ引きずり込み狂ったように身悶えさせた、ライヴでは定番の『LOS』が、
リクエストライヴでも上位にくるところが、ALSDEADのファンの熱さを物語っている。
激しいからこそ、その中から浮かび上がる高揚した歌にも強く魅入ってしまう。
間奏では、VOIVOIと絶叫のやり取りも登場。
今にも壊れそうな感情のもと、激しく唸るミッドグルーヴの上で朗々と歌い上げた『F99』。
一転、ふたたび轟音の撃鉄撃ち放った激情高揚歌『INAZUMA』。
マグナム弾で身体中を撃たれたような重い衝撃を全身に感じながら、誰もが禁断の熱狂に溺れ続けていた。

「今回のリクエストの1位が『Sugar』、圧倒的に多かったんですよ」(MAKI)の言葉に続いて演奏したのが、
これまでライヴで数回しか披露したことのないレア曲の『Sugar』。
触れた人の感情を熱く掻き立ててゆく歌と演奏に合わせ、会場中の人たちが手を振り熱狂の宴に溺れ出した。
その熱気へ拍車をかけるよう、誰もがタオルや頭を振り乱しながら
『Dirty Evil』や『EVO㈽』が作りあげた 激烈な音の渦に溺れ続けていた。

ライヴも終盤戦へ。熱狂し火照った身体を優しく抱くよう、哀切な感情たっぷりに『秘密』を歌い奏でてゆく。
触れたら壊れそうな脆さを持った表情なのに、その中からは、気持ちを掻き立てる熱い芯となる想いも伝わってきた。
沸き上がる感情のままに手拍子を始めた観客たち。駆けだした躍動的な演奏に乗せ、嘆き高揚のドラマを描き出した『Fragile』。
緩急様々な表情を持ったドラマは、身体折り畳み猛り狂わせた『404』と『In Bloom』を通し、熱狂と
絶頂を身に抱かせ、幕を閉じていった。

たとえ心情掻き立てる激烈な歌だろうと、どの曲も感情的でメロディアスな歌が胸に強烈に突き刺さっていた。
その芳醇な音楽の魔力に、誰もが身も心も奪われていたのは間違いない。

アンコールでも拳振り上げ、頭を想いきり揺さぶる空間作りあげた『乖離』や『FLASH BACK』と、
全身全霊で暴れるに相応しい楽曲を連発。
気力と体力の限界まで共に挑み愛い恍惚と絶頂を迎えフィニッシュしてゆくライヴを、今宵もALSDEADは見せてくれた。

新たなる幕開けに向け、9月に3本行われた【Born To Be Dead:PROLOGUE/ch1/ch2】。
1本毎に明確なテーマを掲げたことにより、ALSDEADというバンドが持つ本質を改めて強く感じてゆく機会にも、
このシリーズライヴはなっていた。 

終わりに向かって集大成してゆくのではない、次なるステージへ向け、
ファンとメンバーらで一緒に7年間の歩みの中へ描き出した”あるべき姿”を再確認し続けたこのシリーズ。

その最後を飾るのが、いよいよ今週10月9日(金)に高田馬場AREAを舞台に行われる
ALSDEAD presents ONEMAN【Born To Be Dead:CODA】になる。
この日は、LIVE DVD用の収録も行われることも決定。何に向けて終止符を打つのか?!。

その答えは高田馬場AREAで行われるワンマンライヴの日に、一緒に受け取めようではないか。
そして、何時もの熱狂の物語を永遠に消えない映像の中へ熱く記録するためにも、
封印前、最後の大暴れをしてやろうじゃないか!!  

 

TEXT:長澤智典

PHOTO:玲人

 

——————————-

 


9/19(土)【Born To Be Dead:ch.2】
渋谷REX

1.IDEA
2.Behind The Pridemc
3.Faceless Biliever
4.Into The Void
5.ENSLAVED
6.LOS
7.F99
8.INAZUMA
9.Sugar
10.Dirty Evil
11.EVO㈽
12.秘密
13.Fragile
14.404
15.In Bloom

en
乖離
FLASH BACK


——————————-


★LIVE情報

■9月12日(土) 新宿LOFT BAR LOUNGE 
ALSDEAD presents ACOUSTIC ONEMAN 【Born To Be Dead : PROLOGUE】
THANK YOU SOLD OUT!

■9月18日(金) 東高円寺二万電圧  
ALSDEAD presents ONEMAN 【Born To Be Dead : ch.1】
THANK YOU SOLD OUT!

■9月19日(土) 渋谷REX  
ALSDEAD presents ONEMAN 【Born To Be Dead : ch.2】
THANK YOU SOLD OUT!

■10月9日(金) 高田馬場AREA
ALSDEAD presents ONEMAN 【Born To Be Dead : CODA】
開場 18:30 開演 19:00  
前売 ¥4,000/ 当日 ¥4,500  ※税込/ドリンク代別

チケット発売中(残りわずか!)
イープラスhttp://goo.gl/Xq8Dsp  (パソコン/スマートフォン/携帯共通)
(問)高田馬場AREA 03-3361-1069

——————————-

 

ALSDEAD Web http://alsdead.com/  

 



2015年10月05日 (月)

【ライブレポート】PENICILLINライブにクマムシ飛び入り参加!一夜限りの“KUMACILLIN(クマシリン)”結成!!大ヒット曲「ロマンス」のコラボも実現!

REPORT - 11:27:48


お笑い芸人のクマムシが10月3日に恵比寿 LIQUIDROOMで行われたPENICILLINの「千聖 BIRTHDAY LIVE “ROCK×ROCK11(イイ)ライブ”」に飛び入り参加をした。


クマムシが「もしヴィジュアル系バンドだったら」という設定で作られた新曲「Could you tell me…」のミュージックビデオにPENICILLINのギタリストの千聖とドラムのO-JIROが出演し、このミュージックビデオ限定でPENICILLINとクマムシの合体バンド“KUMACILLIN”という架空のバンドが誕生したこともあり、“KUMACILLIN”のバンドメンバーでもある千聖の誕生日を祝うべく駆け付けた。

 

クマムシの2人はライブのアンコールから登場したが、その出で立ちは、千聖がプロデュースしたヴィジュアル系メーク&衣装。
パンチのあるその見た目に満員のPENICILLINのファンから笑いが巻き起こった。

「何が面白いんですか。。」とクマムシ長谷川扮する“KUMACILLIN”のボーカル、鬼切丸司(おにぎりまるつかさ)は、あくまでクールなカリスマボーカリストのキャラクターを崩さない。

一方、クマムシ佐藤扮するベース、鬼切丸さと子は場内から「かわいい!」という声が多数上がるほど、女装が板についている。
ドラムのO-JIROに何度もスカートの中を見せ、セクシー?に挑発する。

 

「Could you tell me…」を披露すると、「Could you tell me the way to the library ?」と図書館までの道を延々と訪ね続ける、不思議な歌詞と、芸人離れした長谷川の歌唱力に会場は盛り上がる。
もちろん佐藤は弾けもしないベースを持ちながら、会場をさらに盛り上げる。

長谷川は千聖のためにつくってきた、“あったかいんだからぁ♪”バースデーバージョンも披露し、会場のファンとともに千聖に“おめでたいんだからぁ♪”とメッセージを捧げた。

長谷川に煽られたHAKUEIも“あったかいんだからぁ♪”を披露し会場が和やかなムードになる一幕も。

 

この日のサプライズはそれだけでなく、長谷川とHAKUEIのダブルボーカルで、大ヒット曲「ロマンス」が演奏された。
「ロマンス」はクマムシ長谷川のカラオケ十八番ということもあり、PENICILLINファンにも受け入れられるパフォーマンスとなった。

 

ステージ前は2人にとってアウェイとなる環境に多少、不安を感じていたクマムシの2人だったが、PENICILLINのメンバーやファンに“あったか”く迎えられ、特別な一夜となった。
 

PHOTO 小林 裕和

 

——————————-


ライブ情報


PENICILLIN HAKUEI BIRTHDAY LIVE「SUPER HEART CORE ’15」
12/13(日) 新宿 BLAZE


クマムシ「Could you tell me…」ミュージックビデオはこちら

 
「Could you tell me…」好評配信中。
ダウンロードはこちら
iTunes http://po.st/couldyoutellmeitms
レコチョク http://po.st/couldyoutellmereco
 

PENICILLIN New Single 「Stranger」
2015.10.14 Release
Type-A、Type-B 2種同時リリース。

詳細はこちら http://www.penicillin.jp/

 

クマムシさん、まさにあったかく迎えられて良かったですね(^-^)

 








2015年10月01日 (木)

【ライブレポート】ALSDEAD、活動停止へ向けたワンマンシリーズ「「Born To Be Dead」の2回目を開催。9月18日高円寺二万電圧。

REPORT - 21:06:17

10月9日に高田馬場AREAで行うワンマンライヴを持って、7年間に及ぶ活動を一度停止し、眠りにつくALSDEAD。

「音楽を愛して、ALSDEADを愛して導いた結果を…その先に何があるかをみんなと一緒に導いていきたい。
信じる力が強ければまた出会えるし、未来を作っていけると思う。
ぜひ、未来をポジティブに考えていて欲しいです」(MAKI)と、
メンバー自身もステージ上で前向きな言葉を発し続けているように名言を避けてるとはいえ、解散ではなく、
新たなる始まりへ向けて一度眠りに就くと今回の行動については捉えて欲しい。


ALSDEADは、活動休止に向け「Born To Be Dead:PROLOGUE/ch1/ch2/CODA」と
それぞれにタイトルを付けた、明確なコンセプトを掲げた4本のシリーズワンマンを展開。
メンバーの言葉を借りるなら、「9月12日に新宿LOFT BAR LOUNGEにて行われた【Born To Be Dead:PROLOGUE】は、
全曲アコースティックによる公演。
2本目に当たる9月18日東高円寺二万電圧にて開催した【Born To Be Dead:ch1】は、全編激しい曲のみで構成。
3本目、9月19日渋谷REXでの【Born To Be Dead:ch2】は、ファンからアンケートを取り、
人気上位の曲のみでセットリストを組んだリクエストライヴとなった。

今回は2本目となる9月18日東高円寺二万電圧を舞台に開催した
ALSDEAD presents ONEMAN【Born To Be Dead:ch1】をお届けしたい。

後ろまで人の波押し寄せたぎゅうぎゅう状態の中、ライブは『Behind The Pride』からスタート。
ALSDEADは、満員の観客たちへ、ド頭から鋭い 牙剥き出しに挑みだした。
客席で一心不乱に頭を振りまわす観客たちも、同じよう牙を剥き出しにメンバーへ挑みかかってゆく。
早くもライブは、真っ向から戦いを挑む戦(いくさ) の場へと変貌していた。


激しく唸りを上げた演奏。『D.9.N』に合わせ針山のよう無数の拳が突き上がり、場内へ高ぶる熱を蓄えだした。
身体を貫くNIKKYのブラストビートが、否が応でも感情を沸き上がらせてゆく。
猛々しいハードコアな演奏が爆発。野獣と化し、暴れ続ける観客たちと音と歌のバトルを繰り広げた『Adrenaline』。
序盤から場内の熱気は、ヤバいくらいに沸騰状態だ。



「メチャクチャ熱くなって大暴れしましょう。思いきり音でぶつかっていこうか!!」(MAKI)
全身を刺すラウドな衝撃に、身体中のアドレナリンが沸騰した激情高揚歌『VOR』。
猛々しい音の衝動は、続く『Puzzle』を通し、さらに熱と加速度を上げて襲いかかってきた。
ヤバい、高揚した気持ちを放熱しないと、この身が壊れそうだ。
凄まじい音の稲妻が全身を一気に貫いた。感情を高揚させる『INAZUMA』に全身が嬉しく武者震い続けていた。
絶叫と絶叫のやり取りも炸裂。会場中を猛り狂うヘドバン空間に塗り上げた『Hacktvism』。
暴走した演奏は、止まるどころかどんどん激しさと速度を上げてゆく。


激しい演奏の中にも開放的な匂いをかぐわせた『Worlds End』では、タオル振りながら飛び跳ねる観客たちも登場。
すべてのフラストレーションを解き放つように、ヘドバンする観客たちの髪の揺れが、場内中に熱気を攪拌していった『EVO㈽』。
ヤバいくらいの狂い咲きっぷりだ。拳を降ろすことなく満面の笑顔で跳ね続けた『STARLESS』。
重轟音なマシンビートが炸裂。熱い絶叫のやり取りも生まれた『Dirty Evil』。
中盤のブロックへは、激しい中にも高揚感与える歌物楽曲をALSDEADは並べていった。


激しくドライブした演奏に触れ、暴れずにいれるわけがない。
緩急な表情を巧みに描きながら、高揚してゆくエナジーを身体中に注ぎ込んだ『乖離』。
「熱いか!!お前ら激しいのが好きなんだろっ、違うかっ!!」。VOIVOIとした絶叫のやり取りも登場。
高揚した歌を導線に,鋼の轟音にまみれ、頭カラッポに踊り狂った『Life Of Sorrow』。
全力で左右に駆けながら暴れ祭っ た『Pandemic』。最後に叩きつけた『Cynical』では、
誰もが気力の限界まで声を振り絞り、全力で身体を揺さぶり、咲き乱れながら、
熱狂の限界の壁を超えた恍惚を味わい続けていた。
ヤバいくらいに火照った身体は、もう静まらない!!


「最高に熱いねっ!!メンバーの音も、みんなの熱狂も至近距離でぶつかってくるんで、
今日はとてもパワフルなライヴです」(MAKI)。
アンコールでぶつけた『FLASH BACK』の頃には、誰もが理性を消し去り、
高 揚爆裂した歌と演奏へ全力でぶつかりながら、嬉しく絶頂に酔いしれていた。


この日のライブ中、「10月7日に高田馬場AREAで行うライブの模様をシューティングする」ことをメンバーが発表。
活動休止前最後の熱狂のバトル劇を映像作品として残すように、ファンたちにとっても嬉しい報告の場になっていた。

TEXT:長澤智典

PHOTO:玲人


——————————-


9/18 【Born To Be Dead:ch1】 
高円寺二万電圧-セットリスト-

1.Behind The Pride
2.D.9.N
3.Adrenaline
4.VOR
5.Puzzle
6.INAZUMA
7.Hacktvism
8.Worlds End
9.EVO㈽
10.STARLESS
11.Dirty Evil
12.乖離
13.Life Of Sorrow
14.Pandemic
15.Cynical
en
FLASH BACK

——————————-



★LIVE情報

■9月12日(土) 新宿LOFT BAR LOUNGE 
ALSDEAD presents ACOUSTIC ONEMAN 【Born To Be Dead : PROLOGUE】
THANK YOU SOLD OUT!


■9月18日(金) 東高円寺二万電圧  
ALSDEAD presents ONEMAN 【Born To Be Dead : ch.1】
THANK YOU SOLD OUT!


■9月19日(土) 渋谷REX  
ALSDEAD presents ONEMAN 【Born To Be Dead : ch.2】
THANK YOU SOLD OUT!


■10月9日(金) 高田馬場AREA
ALSDEAD presents ONEMAN 【Born To Be Dead : CODA】
開場 18:30 開演 19:00  
前売 ¥4,000/ 当日 ¥4,500  ※税込/ドリンク代別
<一般発売> 9月19日 (土) 10:00〜
イープラスhttp://goo.gl/Xq8Dsp  (パソコン/スマートフォン/携帯共通)
(問)高田馬場AREA 03-3361-1069

 

ALSDEAD Web http://alsdead.com/

 


2015年10月01日 (木)

9月30日、赤坂BLITZ。lynch.、sadsとの夢の対バン実現!

REPORT - 17:50:06

9月30日、赤坂BLITZにてlynch. presents 「THE VERSUS」feat. sadsが開催された。

 

先陣を切ったsadsは、初っ端の「HONEY」から貫禄あるステージを見せつけ、終盤でlynch.葉月(Vo.)を迎え入れて「Because」をコラボで歌唱。

 

“赤坂ぁ~!暴れようぜ!”の一言で始まったlynch.も、先輩バンドsadsに負けまいと爆音を唸らせる。
長年、清春を尊敬して音楽活動を続けて来た葉月は“夢は叶う人の方が少ないけど、辞めなければ叶うこともあるということを証明しに来ました!”と語り“今日この場所でシャウトできて嬉しいです!”と感極まると、フロアからは“おめでとう!”の言葉が行き交った。
アンコールでは、今度は葉月が清春をゲストボーカルに呼び、互いに肩を組んで「ADORE」を披露。後にも先にも味わうことのできない貴重な一夜となった。

 

lynch.は今後、10月7日にニューアルバム「D.A.R.K. -In the name of evil-」をリリースする。

このアルバムは、第1弾「EVOKE」(8月5日発売)、第2弾「ETERNITY」(9月2日発売)に続く3ヶ月連続リリースの第3弾作品で、収録曲「BEAST」は2016年早春より全国ロードショーとなる映画『復讐したい』主題歌。10月11日より全国ツアーlynch.TOUR’15「DARK DARKER DARKNESS」を開催。

 

——————————-


■商品情報
オフィシャルインタビュー公開中! http://www.lynch-special.com/interview.html

 


New Album「D.A.R.K. -In the name of evil-」
発売日:2015年10月7日(水)


【初回限定盤】KICS-93256/¥3,333+税/DIGIPAK&OUTER CLEAR SLEEVE仕様
[CD]
1.INTRODUCTION
2.D.A.R.K.
3.ANTARES
4.EVOKE(8月5日発売シングル表題曲)
5.GHOST
6.ILLUMINATI
7.ETERNITY(9月2日発売シングル表題曲)
8.FALLEN
9.BEAST(映画「復讐したい」主題歌)
10.INVADER
11.COSMOS
12.MELANCHOLIC
13.MOON 
[DVD]Music Video [EVOKE / ETERNITY]
※ 3作連動企画応募ハガキ封入
 


【通常盤】KICS-3256/\2,778+税
[CD]初回限定盤と同内容
※初回プレス分のみ3作連動企画応募ハガキ封入

——————————-

■lynch.TOUR’15「DARK DARKER DARKNESS」
10月11日(日)
会場:広島 CLUB QUATTRO OPEN 17:00/START 17:30
10月13日(火)
会場:滋賀 U☆STONE OPEN 18:30/START 19:00
10月15日(木)
会場:新横浜 NEW SIDE BEACH!! OPEN 18:30/START 19:00
10月17日(土)
会場:仙台 Rensa OPEN 17:00/START 17:30
10月18日(日)
会場:LIVEHOUSE 新潟 SHOW!CASE!! OPEN 17:00/START 17:30
10月20日(火)
会場:HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3 OPEN 18:30/START 19:00
10月24日(土)
会場:福岡 BEAT STATION OPEN 17:00/START 17:30
10月25日(日)
会場:鹿児島 SR HALL OPEN 17:00/START 17:30
10月27日(火)
会場:熊本 Django OPEN 18:30/START 19:00
10月29日(木)
会場:出雲 APOLLO OPEN 18:30/START 19:00
10月31日(土)
会場:高松 MONSTER OPEN 17:00/START 17:30
11月1日(日)
会場:高知 X-pt. OPEN 17:00/START 17:30
11月3日(火祝)
会場:名古屋 DIAMOND HALL OPEN 16:45/START 17:30
11月6日(金)
会場:なんばHatch OPEN 18:15/START 19:00
11月14日(土)
会場:札幌 PENNY LANE24 OPEN 17:00/START 17:30
11月15日(日)
会場:旭川 CASINO DRIVE OPEN 17:00/START 17:30
FINAL11月22日(日)
会場:TOKYO DOME CITY HALL OPEN 17:00/START 18:00


チケット一般発売中!
スタンディング¥4,320(税込)
11月22日TOKYO DOME CITY HALL公演チケット一般発売中!
アリーナスタンディング¥4,860(税込)/バルコニー指定 ¥5,400(税込)

——————————-

 

lynch.オフィシャルサイト>> http://lynch.jp