VISUNAVI COLUMN ※スマホ会員限定

航海日誌

遂に登場!?笑撃的ヴィジュアルバンド・Jin-Machineの破壊担当、あっつtheデストロイが日々の徒然を綴ります。実は癒し系のアニメヲタクさんが、貴方の心をホットにします☆

PROFILE

20XX年、南極で発生したセカンドインパクトと呼ばれる大災害…。
人類は、使徒と呼ばれる未知の脅威に怯えていた。
セカンドインパクトの真相、襲来する使徒の正体、そして秘密裏に進められる「人類補完計画」の全貌、この星の運命やいかに!

 

それとは別に魔界都市・仙台(宮城県)から今世紀最大の恐怖が舞い降りた…
この世界を恐怖と破壊と笑いで埋め尽くすべく悪(いやがらせ)の限りを尽くす恐ろしい散布ラー(メンバー)…
貴様ら人間どももジンマシーンのミサ(ライブ)に感染(見る)し
この世の終わりをその目で確かめよ…

 

おまえも菊人形にしてやろうか…
恐ろしい…

あっつtheデストロイ

『花見とは』     今回は普通?にコラムを目指して書いてみようと思います。 春って過ぎるのが本当に早い気がします。 桜の季節が終わったら一気に初夏の様な。前後に雨風強い日がきて切り替わるみたいなw 春の嵐?春が嵐?花粉も嵐...(涙) 今回どんな事を書こうかなぁ~って思い最初はですね… 『桜の花の様に風に舞って散ってゆく。 今年の春もまた会えなかった。 僕の心はこの桜の花びら... MORE

あっつtheデストロイ

『着きましたよ~』     ガタンゴトンガタンゴトン あぁ...電車間に合った...   ガタンゴトンガタンゴトン 少し混んでるけど良かった座れた。目的地まで長いから立ってると地味にキツいんだよね。   ガタンゴトンガタンゴトン 荷物は安定の多さ。   ガタンゴトンガタンゴトン 足元からの暖房が心地よい   ガタンゴトンガタンゴトン 電車の振動ってなんでこんなに心地... MORE

あっつtheデストロイ

『雪』   さーむいー ひーえーるー   窓を開けようにも凍っていて中々開かない。   力を込めてよいしょっと   バリバリ氷が剥がれるような音と立てながら窓を開ける 雪が降っている。外は積もっている。   しんしんと雪が降り、積もっている時って不思議なもので辺りは凄く静か。どこか遠くに居るような、孤立してるような、でもそれは嫌な感じの孤独ではなく心地良い静かさだったり。 ... MORE

あっつtheデストロイ

『突然』     ある日の朝、いつも通り何気なく洗濯機に向かう。 洗って干して。 なんとなく手間がかかる感じはするけど僕は洗濯は凄く好きだ。 脱水かけている時もほのかに香るあの感じ。干した時の洗剤と柔軟剤のふわっとした香りが堪らない。 普段身につけている衣服に感謝とまたよろしくねっ!て気持ちが芽生えるひと時でもある。   天気のいい日には取り込んだ時にもふもふもふもふ//// ... MORE

あっつtheデストロイ

『灯り』     街の灯りがいつもにも増して華やかになる季節。 綺麗だな~とか思いつつも電気代幾らかかってるんだろと時に変に冷静になってみたり(笑) イルミネーションの一つ一つに何か感情や物語がある感じがして自分は好きだったりします。   寒いけどどこか暖かくて。 でもやっぱり冷たくて。 明かりが消えた時は寂しさがあって。   深夜にはクレーンを使ったり手作業で現場の方が電球... MORE

あっつtheデストロイ

『変わり目』     季節の変わり目 春から夏、夏から秋、秋から冬、そして冬から春へ     季節の変わり目というのは時に激しい気候だったり突然変化が訪れたり気まぐれな印象。 急な雨、激しい風。時には何もかも吹き飛ばし洗い流すのではと思うくらいの雷雨 その『自然』エネルギーの大きさはとても凄い 時には壊滅的な位に人間社会に牙を向くこともある。 決して苦手な存在ではないが、... MORE

あっつtheデストロイ

『ちょっとした習慣』   いつからか好きで写真を撮ったり眺めるようになった。 いつもずーっと下ばっかり向いてるからだったかな?(笑) だから上を向かなきゃと思い始めた事も一つのきっかけだったのかもしれない。それ以来一日一回は意識して見上げる事にしてる。     晴れの日も曇りの日も雨の日も     不思議なもので空は同じ表情を見せない。曇ってる時は似てるけど   雲の大きさ... MORE

あっつtheデストロイ

『がたんごとん』   『2番線電車が到着いたします、白線の内側まで下がってお待ち下さい』   ガタンゴトン 到着する電車。いつもと変わらない日常。移動。そして帰り道。 「乗ってから目的地まで意外と長いんだよな~」 っと口には出さないが心の中で思っていた。   プシューっと扉が開いて電車に乗る。車内の椅子は埋まっている。   「帰りは立ちかな」   優先席は座らないっていう... MORE

あっつtheデストロイ

『並行』   平行世界(並行世界・パラレルワールド)   現実とは全く違うもう1人の自分が生きている実在するかどうか判らない世界があるのかもしれない。   ふと先日このワードを見つけて以来とても気になって調べてしまいました。   それは人々の妄想だったり想像(=創造)だったり作られた世界なのかもしれない。物理学者の方々の間では有るという話でもある。もう一つの宇宙の形。   例え... MORE

あっつtheデストロイ

『音へ吸い寄せられて』     ある夏の日   季節は夏。でも夕暮れ時はどこか涼しくて。窓を開けると差し込んでくる風が心地よかった。 暑いのは嫌な自分だけどこの夏独特の空と風の香りはこの時期にしか味わえないもので好きだったりする。矛盾かもしれないけど時にその矛盾が良かったりもする自己満足ですね。   夕暮れ時の時間は一日の中で一番時が早く過ぎる感じがする。同時に一日が終わっていく感... MORE