VISUNAVI COLUMN ※スマホ会員限定

航海日誌

遂に登場!?笑撃的ヴィジュアルバンド・Jin-Machineの破壊担当、あっつtheデストロイが日々の徒然を綴ります。実は癒し系のアニメヲタクさんが、貴方の心をホットにします☆

PROFILE

20XX年、南極で発生したセカンドインパクトと呼ばれる大災害…。
人類は、使徒と呼ばれる未知の脅威に怯えていた。
セカンドインパクトの真相、襲来する使徒の正体、そして秘密裏に進められる「人類補完計画」の全貌、この星の運命やいかに!

 

それとは別に魔界都市・仙台(宮城県)から今世紀最大の恐怖が舞い降りた…
この世界を恐怖と破壊と笑いで埋め尽くすべく悪(いやがらせ)の限りを尽くす恐ろしい散布ラー(メンバー)…
貴様ら人間どももジンマシーンのミサ(ライブ)に感染(見る)し
この世の終わりをその目で確かめよ…

 

おまえも菊人形にしてやろうか…
恐ろしい…

あっつtheデストロイ

『変わり目』     季節の変わり目 春から夏、夏から秋、秋から冬、そして冬から春へ     季節の変わり目というのは時に激しい気候だったり突然変化が訪れたり気まぐれな印象。 急な雨、激しい風。時には何もかも吹き飛ばし洗い流すのではと思うくらいの雷雨 その『自然』エネルギーの大きさはとても凄い 時には壊滅的な位に人間社会に牙を向くこともある。 決して苦手な存在ではないが、... MORE

あっつtheデストロイ

『ちょっとした習慣』   いつからか好きで写真を撮ったり眺めるようになった。 いつもずーっと下ばっかり向いてるからだったかな?(笑) だから上を向かなきゃと思い始めた事も一つのきっかけだったのかもしれない。それ以来一日一回は意識して見上げる事にしてる。     晴れの日も曇りの日も雨の日も     不思議なもので空は同じ表情を見せない。曇ってる時は似てるけど   雲の大きさ... MORE

あっつtheデストロイ

『がたんごとん』   『2番線電車が到着いたします、白線の内側まで下がってお待ち下さい』   ガタンゴトン 到着する電車。いつもと変わらない日常。移動。そして帰り道。 「乗ってから目的地まで意外と長いんだよな~」 っと口には出さないが心の中で思っていた。   プシューっと扉が開いて電車に乗る。車内の椅子は埋まっている。   「帰りは立ちかな」   優先席は座らないっていう... MORE

あっつtheデストロイ

『並行』   平行世界(並行世界・パラレルワールド)   現実とは全く違うもう1人の自分が生きている実在するかどうか判らない世界があるのかもしれない。   ふと先日このワードを見つけて以来とても気になって調べてしまいました。   それは人々の妄想だったり想像(=創造)だったり作られた世界なのかもしれない。物理学者の方々の間では有るという話でもある。もう一つの宇宙の形。   例え... MORE

あっつtheデストロイ

『音へ吸い寄せられて』     ある夏の日   季節は夏。でも夕暮れ時はどこか涼しくて。窓を開けると差し込んでくる風が心地よかった。 暑いのは嫌な自分だけどこの夏独特の空と風の香りはこの時期にしか味わえないもので好きだったりする。矛盾かもしれないけど時にその矛盾が良かったりもする自己満足ですね。   夕暮れ時の時間は一日の中で一番時が早く過ぎる感じがする。同時に一日が終わっていく感... MORE

あっつtheデストロイ

『ガタンゴトン』     ガタンゴトンガタンゴトン ここは電車の中。もうかれこれ長い時間電車に揺られている。 ふと思い立ってあの地に行ってみたい!と、簡単な経路を調べて飛び乗ってみた。 これから出会う景色にどこか楽しみを覚えつつ自分は一体何をしてるんだろう、こんな事をしてて良いのか?という後ろめたさ。ふとした時に湧いてくる本当に変な感情だ。   日々の生活に刺激が無い訳じゃ無い。で... MORE

あっつtheデストロイ

『霧』     もやもやとした夢を見ていた気がする。内容までは覚えていない。 悪い夢では無かったようだ。 朝なのだろうか。 窓の外から聞こえる小鳥の鳴き声 「もうこんな時間か」 固くなった身体をほぐすかのようにバンザイする。 でも何かいつもとは違う違和感を感じていた。 時間の感覚が麻痺してるのかもしれない。   「昨夜は飲みすぎたかな、いやでもそんな飲んでないや。気付いたら... MORE

あっつtheデストロイ

『ある日の妄想』   「ちゃお~しゃきーんぶわっ」 何コイツ...なんか黄色いくてでっかいバナナの化物が叫びつつシャンプーしてるんだけど...。 こっちくんなこっち見んな!   「はっ!?夢か...。」   ここは移動中の車内。眠気が襲ってきてちょっと気を失ったら悪夢を見ていた様で首元とかは若干の寝汗。 時間にしたらほんの数十分だけどパンチがあった。バナナはどちらかと言うと苦手で... MORE

あっつtheデストロイ

『夢だったらいいな~』   電車に乗る。当駅始発。まもなく発車。 車内は比較的空いてる。 「今日は疲れたなー…。」 と、ふとため息混じりに1日を振り返る。座ってどこか落ち着いてる自分がいた。 電車が動いた。乗り換えとそこから帰るまであと1時間はかかる。この時間がもっと短くなれば…。   ぼ~っとしてきたら突然電車の窓の外が青白い光になり電車を包む。電号掲示板が告げる行き先は読めない... MORE

あっつtheデストロイ

『一通のメール』 ​ 普段と変わらぬ日常。毎日にそれぞれの変化はあるもののどこか何か物足りなさを感じ、気付けば時間だけが過ぎている感じがし一日が終わっている。   『今日は何をしてたんだろう』   時折そんな事を思う機会が増えた気がする。ただの自己嫌悪かもしれないが、何もしてないんじゃないか出来てないんじゃないかという嫌悪感だけが纏わり付いている。 常に何かに追われているようなそんな... MORE