NEWS

2016年05月16日 (月)

【メルヴェル】新たな侵略予告☆☆☆あさくさ花やしき侵略!!☆☆☆

NEWS - 15:11:25

先日初ミニアルバム絵本「びっくりこっくり」をリリースしたばかりのメルヴェル。
現実世界を着実に侵略しているメルヴェルからびっくりこっくりな侵略予告が届いた。

 

————————♪

 

■夏休み特別企画■
メルヴェル現実世界侵略計画2016

 

メルヴェルが現実世界を侵略するために降臨
花やしきを占拠し
神々は何を企んでいるのであろうか…

 

————————♪

 

■2016年8月25日(木) 浅草寺
メルヴェル現実世界侵略計画
参拝編-現実世界侵略祈願 in 浅草-

 

※天候により開催日が2016年9月22日(木)へ
変更となる場合がございます

 

■集合時間:17:00
■参加費:無料

 

予約方法
参加ご希望の方はHPよりご予約下さい
http://melvel.punyu.jp
※お祭り編参加希望の方は別途予約が必要です

 

予約期間
2016年6月23日(木)18:00-
2016年8月10日(水)17:00

 

■メルヴェルと一緒に侵略祈願
■浅草寺付近でメルヴェルと撮影会
※メンバーは衣装で参拝に挑みます
メルヴェルと一緒に浅草を
メルヴェル色に染め上げちゃいましょう
■企画/制作 メルヴェル

————————♪

 

■2016年8月25日(木) 浅草花やしき
メルヴェル現実世界侵略計画
お祭り編-花屋敷占拠シテ非現実世界ノ宴-

 

※天候により開催日が2016年9月22日(木)へ
変更となる場合がございます

 

■開園18:30 / 開演19:00
■前売4000円 / 当日4500円(D代別)

 

出演 メルヴェル

 

■メルヴェルが花屋敷を占拠し
園内特別アトラクションで遊んだりと
やりたい放題の非現実世界ノ宴へ
参加して頂きます

 

※一部別途料金が発生致します

・ドリンク代1,500円
※飲み放題(ソフトドリンクのみ)

・ドリンク代2,000円
※飲み放題(アルコール+ソフトドリンク)
※当日上記どちらかのプランをご選択下さい
※未成年の方の飲酒・喫煙はお断りしております

※超絶重大発表有り

 

■入園券
□物販(A1番-)
2016年6月23日(木)
2マン庭園時のみ物販にて販売
※A1-100 シャッフル販売

 

□もふもふランド
http://melvel.shopselect.net/
2016年6月24日(金) 18:00-

 

□当日券

※参拝編参加希望の方は別途予約が必要です

 

・前売り券販売期間
2016年6月24日(金)18:00-
2016年8月10日(水)17:00

 

※整理番号順入園

※許可のない撮影はお断りしております

 

■企画/制作 メルヴェル

■協力 浅草花やしき
http://www.hanayashiki.net/

今しかできないメルヴェルとのおともだちごっこ…是非庭園へと足を運んでみては?

 

————————♪

 

◆侵略情報
メルヴェル 新絵本リリースツアー
びっくりこっくり降霊行脚

 

5月17日(火) 大阪RUIDO庭園
5月18日(水) 名古屋ホリデー庭園
5月27日(金) 新宿ジルコ庭園
6月17日(金) 名古屋ホリデー庭園
6月18日(土) 大阪ホリデー庭園
6月23日(木) 池袋CYBER庭園
6月25日(土) 池袋BlackHole庭園

 

ツアーファイナル
■7月7日(木) 高田馬場AREA庭園

 

特別企画 侵略計画2016
◆8月25日(木) あさくさ花やしき侵略
超超超超重大発表アリ

 

こっくりさんしましょか
おともだちになってくれますか…?

 

————————♪


■メルヴェル 公式通販もふもふランド
http://melvel.shopselect.net/
◼︎メルヴェル 公式チャンネル
https://youtu.be/zZIm_MnGfxE
■メルヴェル 公式ページ
http://melvel.punyu.jp

 


2016年05月16日 (月)

【Misaruka】5月25日、最新ミニアルバム『Floride umbra』発売。新宿ReNYでの無料ワンマンか、池袋CYBERでの後夜祭かのいづれかでvetchie(Dr)が腹筋を披露!?

NEWS - 12:34:21

 

 

 現在、8月8日に新宿ReNYを舞台に行う「無料ワンマンライブ」へ向け、「12ヶ月連続企画」(http://misaruka.syncl.jp/?p=custom&id=19448263)など精力的に展開を描き続けているMisaruka。

彼らが、5月25日に最新ミニアルバム『Floride umbra』を発売する。

収録した一曲一曲の中へ綴ったのは「悲しみを抱いた物語」。その五つの花びら(歌)が寄り添い愛(あい)、『Floride umbra』という一つの花(作品)として開花した。

この『Floride umbra』について、メンバーが以下のように語ってくれた。

 

 「これまでのMisarukaは、 「人魚姫」や「ジュリエット」などコンセプトを軸に据えたアルバム作りを行い続けてきました。

でも今回は、作品全体ではなく一曲一曲に物語を作り、それを五つの花びらに例え、『Floride umbra』というアルバムとしてまとめあげました。

『Floride umbra』は、「美しい花ような影」という意味を持つ言葉。収録した五曲には、それぞれに異なる色を持った悲しみが描き出されている。

まさにジャケットの花のように、色の異なる花びらたちが寄り添い愛(あい)、一枚の花(作品)になっています。

ぜひ、いろんな悲しみの物語を観てもらえたらなと思います」(rui)

 

 「『Floride umbra』には「異なる心模様を描いた五つの悲しみ」が描き出されています。

一つ一つに色を持ちながら、五つの悲しみが一つにまとまったとき、さらに異なる「悲しみの色を持った作品」として心に映し出されてゆく。

しかも、ただ悲しい歌を収録したのではなく、その悲しみの中にも「いろんな悲しみの色」を感じてもらえるはず。

その悲しみの物語が寄り添い花開いた作品を、今度はライブを通し、僕らが希望の花として咲かせたいなと思っています」(rin)

 

メンバーの言葉を聴いていると、『Floride umbra』に触れるのが楽しみになってきた。

現在Misarukaは、8月8日に新宿ReNYを舞台に行うワンマンライブへ向けて様々な展開を描いている。しかもこの日は、「無料」でワンマンライブを実施。

これも、「今のMisarukaに自信があるからこそ、その支持の輪を大きく広げるためにも、まずは大勢の人たちへ触れて欲しいから」(rui) 行うこと。

 

8月8日の新宿ReNYでは、Misarukaの前にも盟友のSynk;yetが、同じく新宿ReNYで無料ワンマンを行う。

さらにMisarukaとSynk;yetは、8月8日の深夜に池袋サイバーを舞台に、「後夜祭」という名目のもと、2マンイベントを開催する。

ここでは、何時もなら観れないMisarukaの姿を観れそうだ。

事実、ドラムのvetchieは、こんな言葉を寄せてくれた。

 

「今、身体を鍛えてるんですけど。8月8日を迎える頃には腹筋も割れているはずです。

しかもその日は、Misarukaのファンで埋めつくされますよ。

だからこそ僕はその日、その努力の成果を祝して新宿ReNY公演の舞台上で…あっ、この日はいろんな演出もあるので難しいから、深夜に行う池袋サイバー公演に来てくれたら、鍛え上げ、腹筋が6つに割れてる予定の僕の上半身裸姿を見せつけてやりますよ」(vetchie)。

「じゃあ、僕も(笑)」(rui)

 

   思わぬメンバーからの発言も登場したように、ぜひvetchieとruiの上半身裸を観たい方は…。

いや、これまでに培った活動の成果を感じつつ、Misarukaに興味を持ちながらもまだライブに足を運んだことのない方々は、ぜひ8月8日の新宿ReNYへ集合していただきたい。

タダよりお得なものはない。

ついでに盛り上げて、新宿ReNYでもvetchieを脱がせてください。

 

 

TEXT:長澤智典

 

——————————-

 

★CD情報★

 

「産まれ落ちたこの世界で僕に詠う意味をくれるなら」

其々の楽曲で様々な悲しみの中にある愛を表現した今作。

花の様に美しい影は貴方の心にどんな色を映すだろう?

会場限定で販売され完売した三枚のシングルの楽曲に、書き下ろしの新曲「-Maria-」と「-この歌よソラへ届け…-」を追加して収録!

2016年4月にはミニアルバム発売を記念して4都市ワンマンツアーを行う。

2016年8月8日には去年に引き続き最大キャパの新宿ReNYワンマンに挑戦する!

全国流通盤のTYPE-Aとライブ会場&通販限定盤のTYPE-Bの2タイプ同時発売!

 

Misaruka ニューミニアルバム『-Floride umbra-』

2016年5月25日 店頭発売

型番:SWMR-17

発売元:Starwave Records

販売元:FWD Inc.

価格:2,700円(税込)

限定:完全限定1000枚

 

CD収録曲:

  1. -Floride umbra-
  2. -Maria-
  3. -Unacceptable-
  4. -己を憐れんでただ嘆き泣く君と云う名の戯曲-
  5. -Separate-
  6. -この歌よソラへ届け…-

 

DVD収録曲:

  1. -Maria-(MV)

 

ご購入方法:オンラインショップでのご購入

http://dlonline.ocnk.net/

CDに関する問い合わせ先 E-MAIL:info@starwaverecords.jp

 

——————————-

 

★LIVE情報★

 

2016年08月08日(月)新宿ReNY

Misaruka 無料ワンマン公演「-Reunion—」

 

OPEN:18:30 / START:18:45

前売:¥0 / 当日:¥0 ※Drink代別

 

出演:Misaruka

OA:シュヴァルツカイン

 

※プレミアムチケット特典:8/8(月)池袋CYBERにて行われるオールナイトイベント

Synk;yet VS Misarukaツーマン公演「Reunionの絲」へご招待。

 

★チケット:

■A:e+プレオーダー(プレミアムチケット 価格:5000円)(2016年5月9日(月)より受付開始)

■B:e+プレミアムチケット一般

■C:Misarukaライブ会場物販ブース、CD SHOP、ライブハウスなど各種店舗にてシャッフル配布

【入場順】A→B→C→当日券

【主催】Misaruka

【企画】Starwave Records

【お問い合わせ】新宿ReNY TEL:03-5990-5561

 

——————————-

 

2016年08月08日(月)池袋CYBER

Synk;yet VS Misarukaツーマン公演「Reunionの絲」

 

OPEN:24:30 / START:25:00 / CLOSED:5:00

前売:¥0 / 当日:¥4,000 ※Drink代別

 

出演:Synk;yet / Misaruka

O.A:シュヴァルツカイン

 

※メンバーによるゲーム対決企画あり!

 

★チケット:

■A1:2016.8.8(月)新宿ReNYにて行われるSynk;yetワンマン公演プレミアムチケット半券をお持ちの方

■A2:2016.8.8(月)新宿ReNYにて行われるMisarukaワンマン公演プレミアムチケット半券をお持ちの方

【入場順】A1、A2並列入場(整理番号順)→当日券

※当公演は、オールナイト公演となっております。22時以降は18歳以上のご来場をお断りしております。22時以降は、受付にてIDチェックを行います。必ず顔写真付き身分証明証のご呈示をお願いします。18歳以下のお客様は保護者の承諾書が必要となります。

※当公演は、再入場可となっております。但し、再入場の際にはドリンク代が必要となります。

 

【お問い合わせ】池袋CYBER TEL:03-3985-5844

 

——————————-

 

■Starwave Records presents

Misaruka&Synk;yet共同主催ツアー「Legend of Eden 3」

 

2016年09月05日(月)池袋CYBER

2016年09月10日(土)SUSUKINO 810

2016年09月11日(日)SUSUKINO 810

2016年09月15日(木)新潟CLUB RIVERST

2016年09月16日(金)仙台Space Zero

2016年10月02日(日)浜松FORCE

2016年10月04日(火)福岡DRUM BE-1

2016年10月06日(木)大阪HOLIDAY

2016年10月07日(金)名古屋HOLIDAY NEXT

-TOUR FINAL-

2016年10月19日(水)高田馬場AREA

 

【チケット料金】

ADV ¥3,000 / DAY ¥3,500-(D代別)

 

【プレイガイド詳細】

各公演の詳細をご覧ください。

※バンド予約無し

入場順:プレイガイド前売り→当日券

【各公演詳細】

後日発表!

 

主催:Misaruka / Synk;yet

企画/制作:Starwave Records / GLENDIA

 

★動画リスト★

http://misaruka.syncl.jp/?p=custom&id=19294170

 

Misaruka Web

http://misaruka.syncl.jp/

 







2016年05月15日 (日)

Purple Stoneが新ヴィジュアルを公開!!

NEWS - 21:06:28

【最速報】

Purple Stoneが新ヴィジュアルを公開!!

 

・・・が、しかし、

背景の一部以外、全てがモザイクという、謎の写真1枚しか確認出来ておらず、関係者大パニック!

これを見たファンもきっと、パニックになっているのではないだろうか。。

背景の月?ようなモチーフは何を意味するのか

そして、気になるメンバーの全貌は

この全ての詳細は、529() 22時に明らかになるようで、

公式サイトではカウントダウンが始まっている。

 

 

<Purple Stone オフィシャルサイト>

http://purplestone.jp/

 

 

<ライブ情報>

5/14() OSAKA RUIDO

5/15() FANJ twice

5/29() 心斎橋hillsパン工場

6/8() HOLIDAY NEXT NAGOYA

6/10() 新宿ReNY

6/18() OSAKA RUIDO

6/25() 渋谷REX

6/27() OSAKA MUSE

7/1() HOLIDAY NEXT NAGOYA

7/3() 高田馬場AREA

7/14() アメリカ村DROP

7/22() 仙台darwin

7/29() 新宿club SCIENCE

7/31() 渋谷REX

8/6() OSAKA MUSE

8/27() 池袋EDGE

8/28() STUDIO PARTITA

 

 

<Twitter>

keiya https://twitter.com/keiya0001

風麻 https://twitter.com/FUMA0628

GAK https://twitter.com/GAK0116


2016年05月15日 (日)

<摩天楼オペラより大切なお知らせ>

NEWS - 18:00:30

 

日頃より摩天楼オペラに多大なご声援をいただきまして心より感謝申し上げます。

 

突然のお知らせになりますが20167月末日を持ちまして8年間、摩天楼オペラのギタリストとして活動して参りましたAnziがバンドを脱退する運びとなりましたことを報告させていただきます。

 

これまで摩天楼オペラを応援して頂きましたファンの皆様、そして全ての関係者の皆様には、多大なるご心配とご迷惑をお掛けする事を深くお詫びするとともに、この結論に至ってはメンバー及びスタッフの間で度重なる協議を重ねた結果の苦渋の結論であることをご理解いただけますと幸いです。

 

そんな中、大変残念ながら現体制のラストライブを下記の日程で開催する運びとなりました。これまで通り摩天楼オペラにしか表現出来ない音楽とステージパフォーマンスを皆様にお届けしていく所存です。

 

また、その後は苑、彩雨、燿、悠、4人での活動になりますが、再度、未来を見据え、前を向き、地に足を付け、4人体制での摩天楼オペラを表現していく所存です。活動についても早い段階で皆さまにご報告できますよう努めますので、引き読き、変わらぬご声援をいただけますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

 

同時にAnziの今後の活動についても温かく見守っていただき声援をいただけますと幸いです。

 

尚、既に発表されておりますイベント・ライブスケジュール(5/28Anime North2016」、6/8 Rayflower presents Night which GLORIOUS)につきましては、現体制でパフォーマンス致します。

 

摩天楼オペラ スタッフ一同

 

——————————-

 

<現体制ラストライブについて>

 

摩天楼オペラ「飛翔」

開催日:2017722日(金)

会場:TSUTAYA O-EAST

開場/開演:18:15/19:00

チケット料金:オールスタンディング 前売\4,500・当日\5,000(税込・ドリンク代別)

一般発売日:2017625日(土)

 

——————————-

 

Anziコメント>

突然の脱退発表で沢山の方々を悲しませてしまったと思います。

感謝の思いしかないファンの皆様、関係者の皆様に多大なるご迷惑をお掛けしてしまうことは心苦しさの極みですが、偽りのない正直な今を受け止めていただけると幸いです。

意識や信念の違いそれが理由の全てです。昨日今日の感情で出した答えではありません。長い間苦楽を共にしてきた中で辿り着いた答えであり、互いの未来を見据えた上で決めた覚悟です。

衝突の多かった8年間。それは真摯に向き合い全力で戦った証拠。だからこそ悔いはありません。「摩天楼オペラのギタリストとして歩んだ時間は誇りであり財産」とはっきりと言えます。

俺は俺らしく、自分の信念を貫きます。

摩天楼オペラは摩天楼オペラらしく、彼等の信念を貫いてくれるはずです。

でも、まだ終わっていません。

残された時間が無くなるその時まで、俺は摩天楼オペラの最高のギタリストであり続けます。

 

Gt.Anzi

 

——————————-

 

 

<苑コメント>

5人での活動を応援し支えてくれた方々の期待を裏切ることになってしまい、申し訳ありません。

8年以上の時間をAnziくんと共に歩いてきました。

お互いに全力でバンドをやってきたからこそ、目指す未来や音楽に妥協のできないズレが生まれたのだと思います。

袂を分かつ、、摩天楼オペラをやっていて、まさかこんな選択に至る時が来るとは僕もAnziくんも他メンバーも思っていなかったと思います。

5人だから奇跡をつくれたと理解しています。

それでも、今僕たちは別々の未来を選択しました。

また新たな奇跡をつくるため、自分の音楽を貫くためです。

わがままな結果ですが、Anziくんを、残る4人での摩天楼オペラを、この先も応援していただけると嬉しいです。

 

Vo.

 

——————————-

 

 

 

<彩雨コメント>

いつも応援してくれるファンのみなさまにとっても、非常につらいニュースとなってしまい、心苦しく思います。

もうすぐ迎える10年、そしてこれからの音楽人生を変わらずこの5人でやっていきたかったし、当然のようにそれができると思ってこれまでバンド活動をしてきました。

雑誌のインタビューやライブのMCでも、当たり前のようにそう言ってきました。

今回の脱退については何度もメンバー間で話し合いをしてきました。

自分にとっては人生観が変わる出来事でした。

今回の全国ツアーが終わったら気が変わって続行することになんてないかなという淡い期待もありましたが、こうして発表日を迎えてしまったことがとても残念です。

残りのライブは少ないですが、5人でのベストを尽くせるよう頑張りたいと思います。

 

Key.彩雨

 

——————————-

 

 

<燿コメント>

仲間が一人、巣立つことになりました。

長い年月を共に過ごしてきた今、各々の人生、アーティストとしての在り方を改めて考え、話し合いを重ねた上で皆が前に進んでいくために決断し、受け入れました。

色々な感情と向き合いながらツアーを回り、やはりまだ「残念だ。」という気持ちはあるけれど、今はそれ以上に、これからの摩天楼オペラの可能性、「ギタリストAnzi」の今後の活躍が俺は楽しみです。

ツアーが終わったばかりなのに摩天楼オペラを応援してくれているファンの皆、 関係者の方々を少なからず落ち込ませてしまうことは本当に申し訳なく 思いますが、苑、Anzi、彩雨、燿、悠、この5人での残された最後の時間を共有して頂きつつ、その後の活動を前向きに期待して待っていてもらいたいです。

 

Ba.

 

——————————-

 

 

<悠コメント>

当たり前の様にこのメンバーでずっとバンドを続けて行くと思っていました。

これからの活動をこの5人で続けられないのはとても寂しいし、何より応援してくれている皆を悲しませる結果になってしまい、本当にごめんなさい。

だけど、凄く勝手な事かもしれないけど、この結論になってしまった以上、残った俺達もAnzi君も前を向いて進まなければ行けません。

残された時間は僅かですが、この5人で出来る最後の時まで、最高の音楽をステージから届けたいと思っています。

 

Dr.

 

 

 

http://matenrou-opera.jp/

 

2016年05月15日 (日)

【DearLoving】メジャー復帰2作目となるNEW ALBUM「DOOR」は、スピード感溢れる楽曲が目白押し!2016年8月10日発売!

NEWS - 14:15:57

 

結成23年を迎え、今尚走り続けるDearLovingがNEWALBUM「DOOR」の情報を解禁した。
昨年9月に、MINIALBUMで再メジャーデビューを果たし、本作品が2作目となる。


「DOOR」と題されたALBUMタイトルに関して、ボーカルMASAは「今回は、〝愛を持って生きる”をテーマに、自分自身やALBUMを聴いてくれる人の心のドアを開く鍵になるようなメッセージアルバムを表現したかった」と語った。
 
DearLovingは、ロック・ポップス・バラード・コミックソングと、200曲以上の楽曲を多彩に表現したLIVEに定評があるが
本作品では、MASAのメロディーメーカーとしての個性が発揮されており、またDear Lovingのの武器であるメッセージ性溢れる歌詞も、
過去の作品と比較して、リアリティを持った内容で描かれているとの事。
 
23年間、様々なジャンルを渡り歩いたDearLovingだからこそたどり着いたサウンドは今作品を聴けば納得である。
 
なお、本作品の発表と共に公開されたアーティスト写真を撮影した江隅麗志氏は、DearLovingが駆け出し当時(約20年前)に
初めてアーティスト写真を撮影した人物、今や人気アーティストを撮影するなど、時代を超えた再会となった。
 
DearLovingは、本作品を引っ提げたツアーを発表しており、ファンにとっても必見となるだろう。
そして、7月7日には、TSUTAYA O-WESTで恒例イベント「星降る夜に逢いましょう」を開催する。
本公演は、チケット前売料金770円と破格とチケット代金の上、スタート時間も19時7分と拘った内容になっている。
 
まだまだ進化し続ける彼等の活動に注目したい。
 

——————————-


■ALBUM「DOOR」概要

2016年8月10日発売


収録曲
1.Dreamer
2.I’m here
3.CHANGE!!
4.Door
5.タイトル未定
6.Fighting Road
7.手の甲にキス
8.GOLD RUSH
9.SOS
10.タイトル未定
11.愛してるを叫ぼう


発売元:POSIPOCK RECORD
販売元:コロムビア・マーケティング

 

——————————-


 
■DearLoving TOUR2016「DOOR」TOUR
2016/8/13(Sat) 福岡DRUM SON
2016/8/14(Sun) 長崎DRUM BE-7
2016/8/20(Sat) 名古屋ハートランド
2016/8/27(Sat) 仙台SPACE ZERO
2016/8/28(Sun) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
2016/9/3(Sat)  大阪RUIDO
2016/9/9(Fri)  渋谷REX
 
チケット一般発売日
6月1日(水)一斉発売

 

——————————-

 
■星降る夜に逢いましょう
2016/7/7(Thu)TSUTAYA O-WEST


19時7分スタート チケット代金770円
チケット一般販売中 Lコード71566

 
■公式HP
http://www.dearloving.net/
 



2016年05月14日 (土)

<攻撃的サウンド炸裂>【The THIRTEEN】1st Full Album「PANDEMIC」収録「CHAINSAW」MV公開!!

NEWS - 16:36:06

 

昨年9月21日のZepp Tokyoワンマンをもって活動休止期間に入ったSadieのボーカル・真緒とギタリスト・美月。
この二人の新ユニット・The THIRTEEN。
サポートベーシスト&ドラマーを加えた4人編成で、5月25日に1stアルバム『PANDEMIC』をリリースすることが既に発表となっているが、この作品に収録されている「CHAINSAW」のMVが公開となった。

刺激的な赤色をベースに、攻撃的な彼らのサウンドが炸裂する。


6月24日には赤坂BLITZで初ライブ“INDEPENDENT13”を開催するこのユニット、超攻撃的なヘヴィサウンドが“パンデミック=爆発感染”するまであと少しだ。

赤坂BLITZワンマンのチケットは絶賛発売中。

 

——————————-

 


1st Full Album
「PANDEMIC」
2016.05.25 Release!!


【初回限定盤】CD(13曲入)+DVD / GR13-0001 / ¥3,700(tax out)
DVD:「CHAINSAW」MV

【通常盤】CD(13曲入) / GR13-0002 / ¥3,200(tax out)


01.Pandemic Hazard
02.cockroach
03.CHAINSAW
04.犯行声明
05.Jesus Christ’s confession
06.STUPID
07.13’s BLOOD
08.KAMIKAZE
09.PHANTOM PAIN
10.FRYDAY NIGHTMARE
11.starry night
12.KILLER MAY
13.Abnormal Bullets
※順不同

 

——————————-

 

INDEPENDENT13
2016.06.24 赤坂BLITZ

 

18:00 OPEN 19:00 START
1F Standing ¥4,800(税込)
※ドリンク代別


★チケット:2016年5月1日(日)〜
チケットぴあ 0570-02-9999 (P:293-397)
ローソンチケット 0570-084-003 (L:74042)
イープラス http://eplus.jp

 


[問]HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

https://www.red-hot.ne.jp/live/detail/25821

 

——————————-


★The THIRTEEN★
http://www.the-thirteen.com/