NEWS

2018年01月07日 (日)

【chariots】4月22日 池袋EDGEでの主催イベントをもって解散することを発表

NEWS - 22:00:24

 

いつもchariotsを応援いただき誠にありがとうございます。

 

2016年の解凍から2017年11月の活動休止。

メンバーの失踪後、確定していたスケジュールを37564-ミナゴロ-として全力で取り組み、復活に向けて何度も何度もミーテングやメンバー探しを行ってまいりましたが、再始動までたどり着くことができず、現状のままサポートを向かえchariotsを続けることはchariotsとしての活動に妥協を生む事となり、これ以上継続することはできないという判断に至りました。

 

つきましては、当初予定しておりました最後のスケジュールでもある2018年4月22日をもって解散とさせていただきます。

 

今まで、苦しい時もみなさんの応援で乗り切って参りましたが、このような結果に至ってしまった事を深くお詫びいたします。

 

残り少ないスケジュールではございますが、最後の瞬間まで力を抜くことなく全力でchariotsの楽曲をお届けいたします。

 

◆official HP

http://chariots.xyz/

 

====================

 

◆LIVE SCHEDULE

 

01月15日(月) HOLIDAY NEXT NAGOYA

01月16日(火) RUIDO OSAKA

01月19日(金) 高田馬場AREA

01月22日(月) 池袋EDGE

02月11日(日) 池袋EDGE

02月15日(木) 高田馬場AREA

02月21日(水) 池袋EDGE

03月03日(土) 池袋EDGE

03月15日(木) 高田馬場AREA

04月22日(日) 池袋EDGE(解散主催)

 


2018年01月07日 (日)

【Angelo】2018年1月5日、6日 マイナビBLITZ赤坂<REVERSAL OF HETERODOXY>追加公演◆狂騒の光景が広がったツアーファイナル、盛況のうちに終了!

REPORT - 20:54:58

Angeloが1月5、6日にマイナビBLITZ赤坂で2018年の初ライヴを行なった。

これは去年11月からスタートしたツアー「REVERSAL OF HETERODOXY」の追加公演であり、2デイズの2日目となった1月6日は、ツアーのファイナル公演にもなった。

 

 このツアーは、去年9月に発表したアルバム『HETERODOX』を軸にしたもので、ツアー序盤からアルバムの世界をリアルに映し出すように、アルバムの収録曲順どおりに全曲を披露してきたAngelo

1月6日のライヴでも、その成果もツアーでの進化も詰め込みながら、アルバムの曲順どおりに突き進む。

とてつもなく高いバンド感と共に放つバンド・サウンドは、タイトに引き締まりながらも、強靭なラウドさも兼ね備えている。

それと同時に、遠慮なく刺激的なフレーズや音を入れ込むKaryu、ギル、KOHTATAKEOの楽器陣。

そのアンサンブルはアルバムの再現という範疇を超えたもの。熱量の高さも凄まじい。

そのサウンドを全身で浴びながら歌うキリトは、トランス状態と思わせるほどの入り込みっぷり。

狂人のような表情を見せることもあれば、優しい歌声で包み込むこともある。

こうしてアルバムの各曲をより高みへと導いていった。

 

 中盤過ぎからは、『HETERODOX』以前に発表してきた楽曲の数々を叩きつけていく。

ファイナル公演というのもあってか、いつにも増して激しい。

それに喰らいつき、表情を輝かせていくばかりのファン。

それを目にして、さらにエネルギーを放出するステージ上の5人。

2018年の幕開けからAngeloらしい狂騒の光景を作り出していった。

 

「今日はツアー・ファイナルというより、新しい始まりという感覚でやっていました」

 

 アンコールのラスト・ナンバー「Script error」を歌い終えて、そう語ったのはキリト。

 

Angeloにとって次なるライヴは、キリトの誕生日でもある2月24TOKYO DOME CITY HALLでの「THE CYCLE OF REBIRTH」。

新たな幕開けの次なる展開に期待は高まるばかりだ。

 

====================

 

2018.1.6 Angelo Tour「REVERSAL OF HETERODOXY」追加公演

 

  • SINGULAR
  • STRING
  • HETERODOX
  • ORIGIN OF SPECIES「ALPHA」
  • evil
  • Scheme
  • 胎動
  • Resolve
  • 際限ない渇き
  • RESISTANT BACTERIA
  • PANDEMIC
  • White fury
  • DAY OF THE END
  • RETINA
  • THE CROCK OF ULTIMATE
  • PERFECT PLAN
  • 狂人
  • FIELD OF GOD

Encore

  • Voice of the cradle
  • 嗤う月
  • RESULT
  • Daybreakers
  • PLOSIVE
  • Script error

====================

 

Angelo LIVE at TOKYO DOME CITY HALL「THE CYCLE OF REBIRTH」

2018.02.24(土)TOKYO DOME CITY HALL 

OPEN/START:17:45/18:30

Info:ディスクガレージ 050-5533-0888

SOLD OUT‼︎

 

KIRITO Acoustic live 18′DEEP PERCEPTION

2018.01.28() ディファ有明 

OPEN/START:17:00/18:00

 

====================

 

Info http://angeloweb.jp






2018年01月07日 (日)

【びじゅなび×CLØWD連載企画】「CLØWD図鑑」015<Ba.猟平>動画到着!★“前回のワンマンツアー<バタフライ・エフェクト>を振り返る”ラスト第三弾は仙台、名古屋、大阪、ファイナル代官山UNIT公演をピックアップ!

NEWS - 18:00:03

3周年記念ワンマンを2018年1月8日(月・祝)TSUTAYA O-WESTにて開催するCLØWD!

 

CLØWDというバンド、そしてメンバー5人を皆様に深く知って頂く為に、びじゅなび独占で行っている連載企画<CLØWD図鑑>!

 

動画やQ&Aなどでメンバーひとりひとりを個別で毎回取り上げて解剖しておりますが、
Vol.15となる今回はベーシスト猟平が再び登場。

 

前回のツアー<ONEMAN TOUR 2017 バタフライ・エフェクト-不死蝶->、仙台LIVE HOUSE enn 3rd、名古屋HeartLand、心斎橋CLAPPER、そしてファイナルの代官山UNIT公演を振り返ります。

各会場での衣装、楽屋やステージ袖からの貴重映像が盛りだくさん!

※ライヴ映像中にお客様が映っておりますが、バンド側の意思により加工せずそのまま使用しております。


普段はなかなか見る事ができない映像を、猟平の解説でたっぷりお楽しみ下さい♪

 

 

 

いよいよ迫って参りました、2018年1月8日にTSUTAYA O-WESTにて開催する<CLØWD 3rd Anniversary LIVE「REVENGE」>。

動画を見た後は、熱いCLØWDのライヴを、このO-WESTで是非、生でご覧下さいませ!
当日は会場限定シングル「21g (読み:にじゅういちぐらむ)」も販売されます!
会場で皆様のお越しをお待ちしております!! 


====================

 

■3周年記念会場限定シングル『21g』
2018/1/8(月・祝)RELEASE!
3rd Anniversary Limited Single「21g」

 

【会場限定シングル】CDのみ
品番:DCCA-1022
価格:1,000円(税込)

 

<CD>
1. 21g
2. Phantom pain

「21g」Music Video

====================

 

■CLØWD 3rd ANNIVERSARY LIVE「REVENGE」
2018/1/8(月・祝)TSUTAYA O-WEST


OPEN 17:00 / START 17:30
<チケット料金> 前売¥3,500 当日¥4,000(税込・オールスタンディング・ドリンク代別)


<チケット発売中>
イープラス https://goo.gl/DVUTAy 
チケットぴあ https://goo.gl/vNXVbq   0570-02-9999(P:337-303)
ローソンチケット https://goo.gl/Ns7W4R   0570-084-003(L:72770)

 

====================

■6th SINGLE「紅い意図」NOW ON SALE

「紅い意図」MV  

2分半で分かる「紅い意図」

 

====================

 

CLØWDオフィシャルサイト http://clowd.tokyo 



2018年01月07日 (日)

【Royz】新ヴィジュアル公開!TOKYO DOME CITY HALLワンマンにて5thアルバム『WORLD IS MINE』リリースと全国ツアー開催を発表!5月2日、Zepp Diver City Tokyoワンマン開催決定!

NEWS - 00:34:01

 表現者として生きる意志を示したシングル『ANTHEM』を手に、昨年11月にスタートしたRoyzの全国ツアー「AILE OF ANTHEM」。そのファイナル公演が、16()TOKYO DOME CITY HALLで行われた。

 

 絶叫飛び交う場内、「らしく掲げよアンセムを」、Royzのライブは、メンバーとファンたちとの絆を示す最新シングル『ANTHEM』から幕を開けた。重厚な音の轟く演奏へ触発され、観客たちは冒頭から一気に理性を剥き出しに暴れだした。序盤からRoyzは、自分たちの荒ぶる感情をダイレクトに音へ投影。続く『SACRIFICE』や『ブギーマン』でも、彼らは騒ぎ祭る光景を場内へ描いてゆく。次々と放たれる衝撃的な演奏に触発され、絶叫と拳を舞台上へぶつけてゆく観客たち。

                                                 

 「思い残すことないよう、バチバチにやりきろうぜ」()。『開眼』が一瞬にして感情のストッパーを破壊、椅子席にも関わらず場内に産まれたウォール・オブ・デス巻き起こす光景。会場中をヘドバンの渦で呑み込んだ『PANDEMIC』や『INNOCENCE』。轟音携え疾走する演奏と伸びのある歌声を魅力に、観客たちをタオル振り回す興奮の宴へ連れだした『疾風迅雷』。『PHANTASIA-パンタシア-』では、会場中がライトグリーンなサイリウムの輝きに埋めつくされる光景が広がっていた。♪思ったよりも僕らたやすく崩れてしまうから~僕が僕のことをあきらめがつくのなら、きっとこんな死ねるような思いもしなかったことでしょう♪。この曲では、昴の届けたい想いが強すぎるあまり歌詞が飛んでしまい、演奏をやり直したことも報告しておこう。

 

  ♪ずっと覚めない微熱にうなされていいから 夢を見ていたい♪、心を浄化するようにしっとり響かせた、美しく切ないバラードの『ユメクイ』。♪伝えられない気持ちは何処へ帰るのですか~ずるいあなたでいいので愛が欲しいのです♪、心嘆くように歌いあげた『胡鳥蘭ファレノプシス』。中盤でRoyzは、咽び嘆く心の声を真っ直ぐに伝えてきた。

  「とことんやってやろうか」、ふたたび攻めの姿勢を示したRoyzが熱狂の『洗礼』を浴びせれば、続く『Satisfy?』でも場内に手バン振り乱す光景を描き出してゆく。雄大かつ豪快な演奏を観客たちへぶつけ、終始、拳を振り上げ跳ねさせた『メイズギア』。「心の隙間を埋めようぜ」、感情を熱く昂らせる『0』が場内に生み出した、絶叫を交わし、互いに興奮を貪り喰らう光景。本編最後に、Royzは『ANTITHESIS』をプレゼント。♪まだ生きて歌いたい まだ生きて答えたい♪♪もう迷わないよ♪と会場中に響く歌声、誰もがこの歌を胸に掲げ、共に熱狂を謳歌し、一緒に明日へ進む約束を交わしていた。昴が最後に叫んだ「行こう、その先へ」の声が、熱く胸を打ち付けていった。

 

  「今回のツアーはみんなの歌声をすごく感じれて嬉しかったです」(智也)。「8年やってきた中、バンドが一番進化できたツアーになりました。しかも、やっと憧れのステージに立てて感動しています」(公大)。「『ANTHEM』ツアーは絶対にええものになると思ってたから、不安も心配もなくこの日を迎えることが出来ました。これからも突っ走っていきます」(杙凪)。「『ANTHEM』の歌詞を書いた頃から、自分で想いをちゃんと伝えんとマジで悔いが残ると思い始めて。一文字でも多く自分の気持ちを残したいと思って。今思ってるのは、誰にもある弱さを受け入れ、「こうなれたらいいな」という理想を強く描いてゆくバンドになりたいなということ。「この世界は自分のもんだ」と思えるくらい、誰にもある弱さを次のアルバムに描いていきたいと思います」()

 

  アンコールは、共に熱狂を交わすライブを実践。互いに感情を剥き出しに叫び、暴れ続けた『Flash Back』。「自分たちの理想を描こう、起こせよ」「Supernova!!!!」、会場中の人たちがキラキラと輝く演奏に合わせタオルを振りまわした『Supernova』。「真っ黒に汚れても、手を伸ばすことだけは絶対に止めんなよ。さぁ思いきり羽ばたくときだ」、振り上げた拳を絶叫に変え羽ばたかせ、Royzと一緒に熱狂の中へ飛び込んだ『RAVEN』。「自分たちで人生を賭けていることへついてきてくれる君たちがいるから、今日も歌っていれると思います。心からの気持ちです」。最後の最後にRoyzは『Aerial cord』を歌い、仲間たちと繋がっていることへ感謝の想いを述べながら、これからもずっと支え愛(あい)続けようと歌の握手を求めてきた。もちろん会場中の誰もが昴の歌声を、彼らの演奏をしっかりと胸で受け止め、同じように心の手を伸ばし、きつく、固く、解けない握手を交わし続けていた。演奏を終えても、その手をずっとずっと離したくはなかったんだ

 

そして、ここからは最新情報を

                                          

  この日のライブで、Royzから2つの嬉しい報せを受けた。321()Royzは、通算5枚目となるアルバム『WORLD IS MINE』を2-TYPE同時発売する。表題曲候補に予定している『Synchronicity(仮題名)Royzは「溢れ出したこの衝動 まだ空を翔びたがる」と、今の自分たちが胸の内に抱く想いをぶつけてきた。

 

  昨今のRoyzは、何度も挫け、折れそうになる弱い心を認めたうえで、それでも信じた夢が光を放つ限り、応援してくれる仲間たちの声を支えに走り続ける想いを歌に投影すれば、奮い立たせる気持ちを、ラウドな演奏に乗せ力強く歌ってきた。『WORLD IS MINE』と宣言したこのアルバムから響くのは、苦悩や葛藤を自信に変えた姿なのか。そこは、完成を楽しみに待つとしよう。

 

  Royzは、アルバム『WORLD IS MINE』を手に、324日より全国ツアー「Royz SPRING ONEMAN TOURWORLD IS MINE』」をスタートする。今回は1ヶ月強の中へ全15本と日程を凝縮。ファイナル公演を、52()Zepp Diver City Tokyoで行うことを発表した。

 

  同ツアーへ先駆け、3月上旬には、Royz FCWINGS」限定で、1st ONE MAN TOURDAZZLING WINGS」を再現した東名阪TOURDAZZLING WINGS」を実施。今回は小箱でのライブのように、とても貴重かつ濃密なライブを味わえそうだ。

 

  他にも、214日に赤坂BLITZでのヴォーカル昴の誕生日を祝う「~昴生誕祭~」が発表になっているが、新たにドラム智也のバースデーライブの開催も告げられた。511()に柏PALOOZAで行われる「~智也生誕祭~Royzメロディーパーティー~」、果たしてどんな内容になるのか楽しみにしていたい。

 

  ここ数年、ワンマンを軸に活動を続けてきたRoyzだが、今年はツーマンやイベントへの出演を多く組んでいるように、戦モードのRoyzを見れる機会が増えそうだ。その姿も、ぜひ味わっていただきたい。もちろん、今年のRoyzの動きからも、しっかり目を離さずにいて欲しい。

 

PHOTO: 岡田裕介

TEXT:長澤智典

 

====================

 

<セットリスト

 

ANTHEM

SACRIFICE

『ブギーマン』

『開眼』

PANDEMIC

INNOCENCE

『疾風迅雷』

PHANTASIA-パンタシア-

『ユメクイ』

『胡鳥蘭ファレノプシス

『洗礼』

Satisfy?』

『メイズギア』

0

ANTITHESIS

 

ENCORE

Flash Back

Supernova

RAVEN

Aerial cord

 

 

====================

 

CD情報★

…………………………………………

Royz

5th Full AlbumWORLD IS MINE

(読み方:ワールドイズマイン)

2018321() 2type同時発売

…………………………………………

Atype【初回限定盤】CD+DVD

3,500(税別)/BPRVD-284

CD11曲+DVD「タイトル未定」PV・メイキング

…………………………………………

Btype【通常盤】CD

3,000(税別)/BPRVD-285

CD11+ボーナストラック1

…………………………………………

★全タイプ共通封入特典:トレカ2枚(全8種)

★全タイプ購入応募特典有

募特典有

 

====================

 

LIVE情報★

…………………………………………

■Royz FCWINGS」限定東名阪TOUR

DAZZLING WINGS

…………………………………………

FC先行:201819()116()

チケット価格:\4,500

開場/開演 17:30/18:00

…………………………………………

2018

33()【愛知】名古屋ell.SIZE

34()【大阪】OSAKA MUSE

37()【東京】新宿RUIDO K4

 

——————————-

 

■Royz SPRING ONEMAN TOURWORLD IS MINE

…………………………………………

主要都市 17:15/18:00

FINAL    17:30/18:30

その他   17:30/18:00

前売り:\4,200/\4,700

FINAL :\5,000/\5,500

FC先行:201819()123()

一般発売:2018224()

…………………………………………

324()【埼玉】HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3

325()【千葉】柏PALOOZA

403()【秋田】Akita Club SWINDLE

405()【岩手】盛岡CLUB CHANGE WAVE

407()【宮城】仙台darwin

410()【新潟】新潟GOLDENPIGS RED STAGE

412()【長野】NAGANO CLUB JUNK BOX

415()【愛知】名古屋E.L.L.

417()【石川】金沢AZ

419()【岡山】岡山CRAZYMAMA KINGDOM

422()【福岡】福岡DRUM Be-1

424()【広島】広島SECOND CRUTCH

426()【香川】高松DIME

428()【大阪】umeda TRAD

 

TOUR FINAL

502()【東京】Zepp DiverCity

 

——————————-

 

■Royz ONEMAN LIVE

~智也生誕祭 Royzメロディーパーティー~

511()【千葉】柏PALOOZA

 

FC先行:2018312()325()

一般発売:2018414()

智也誕祭:\4,200/\4,700

開場/開演:17:30/18:00

  

====================

 

<関連リンク> 

Royz Web http://royz-web.net/

Royz twitter https://twitter.com/Royz_official









2018年01月06日 (土)

【B’LAIVE】大成功の新体制お披露目ワンマン@巣鴨獅子王をレポート!1月7日には同会場にて主催イベント開催!

REPORT - 22:00:02

活動休止から半年。

満を持して再始動のワンマンを開催したB’LAIVEのお披露目ワンマンをレポートする。

 

今回は特殊なライブ構成をとっており、お披露目ならではの楽曲紹介からメンバーのトーク。

そしてライブ本編につながるという内容だ。

開演時間になり、SEが鳴り響く中メンバーが登場した。

新体制のお披露目になる一発目には、公開されているMV曲「存在証明LIFE」が演奏された。

オーディエンスもぎこちないながらもジキルのリードに着いていった。

 

ここから新体制の挨拶に始まり、楽曲がすべて入れ替わるために楽曲の紹介を行った。

ヴィジュアル系としては「出オチ」感が出てしまうのではないかと思うが、そんな心配を他所に新体制楽曲を紹介していく。

こういった取り組みはやりたくてもやれないのが現実であり、彼らのライブを楽しんで欲しい気持ちから、体裁を取り払った潔さを感じる。

続いて行われたトークでも気取ることなくオーディエンスの質問答えていき、よりバンドを一緒に作り上げる空気が出来上がった。

 

そしていよいよお披露目ワンマンライブのスタートだ。

1曲目には「Break it!!」を演奏したが、今回の企画により1曲目から抜群の一体感が生まれた。

会場にいるオーディエンスも恥や遠慮を捨てライブを楽しんでいた。

この日は8曲と少ない楽曲ではあるが、各メンバーの経験に裏づけされた演奏と、本人達も自信を持って「カッコイイ」と語っていただけにこの日の演奏はもちろんの事、幅広い楽曲や旧体制からの進化としての新体制B’LAIVEを見せ付ける事ができただろう。

 

ライブのラストには「存在証明LIFE」と当日の配布音源の「WORLD×WORLD」を演奏し、最後まで盛り上がりに欠けることなくやりきった。

 

ワンマンライブ直後ではあるが、1月7日には主催イベントも開催されるので、ぜひ生まれたばかりのB’LAIVEを生で感じて欲しい。

 

====================

 

<セットリスト>

 

01 Break it!!

02 小悪魔XXXGIRL

03 カネの歌(仮)

04 東京Rouge

05 Umbrella

06 M.P.P.D(Midnight Party People Dance)

07 存在証明LIFE

08 WORLD×WORLD

 

- encore

09 M.P.P.D(Midnight Party People Dance)

 

文章:熊田 雪

 

====================

 

◆PICK UP LIVE

【新体制 B’LAIVE 初主催EVENT 】

———————————————————————-

 

【公演日】2018年01月07日(日)

【会 場】巣鴨獅子王

 

【公演名】新体制 B’LAIVE 初主催EVENT たまごサイクロン~黄妙奇天烈集会~

 

【時 間】開場17:00/開演17:30

【料 金】前売3,500円(D別)/当日4,000円(D別)

 

【出 演】B’LAIVE / Axkey / グラビティメリーバッドエンド / ユメリープ / 未完成アリス

 

【チケット】

11月26日(日)よりe+にて販売開始

http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002244914P0030001

【企画/制作】GLK MUSIC

 

———————————————————————-

 

【EVENT SCHEDULE】

 

01月12日(金) HOLIDAY NEXT NAGOYA 

01月19日(金) 池袋BlackHale

01月25日(木) SHIBUYA-REX

02月03日(土) HOLIDAY NEXT NAGOYA

02月05日(月) 高田馬場AREA

02月09日(金) SHIBUYA-REX

02月22日(木) 巣鴨獅子王

03月24日(土) SHIBUYA-REX

03月29日(木) HOLIDAY NEXT NAGOYA

03月30日(金) 心斎橋Bigtwin Diner SHOVEL

04月02日(月) 巣鴨獅子王

05月13日(日) KANSAI ROCK SUMMIT’18 EXPLOSION CIRCUIT VOL.5

【全7会場】 Music Club JANUS / OSAKA MUSE / SUNHALL / AMERICA-MURA / FANJ-twice / CLUB DROP CLAPPER / hillsパン工場

 

====================

 

◆リリース情報

1st Mini Album『B’LAIVE』2type同時リリース

—————————————-

【発売日】2018年03月14日(水)

【タイトル】B’LAIVE

 

【初回盤】GLK-052 ¥2300(税抜き)5曲入りCD+DVD

【通常盤】GLK-053 ¥2100(税抜き)6曲入りCD

—————————————-

 

 

◆official HP

http://blaive.com/




2018年01月06日 (土)

VENTCROIX(ヴァンクロア)始動、『君が死んで2年が経ち、僕達はもう一度ステージに立つ』

NEWS - 21:28:03

Vo.nancy、Ba.tetsu、Dr.yugaの3人からなるバンド「VENTCROIX(ヴァンクロア)」が始動を発表。

 

2018年10月20日(土)にMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて始動後初のワンマンライブを行う。

 

また毎月10日、20日にはシングルとリリックビデオの配信企画『10MONTHS / 20SONGS』も決まっており、10月20日まで10ヶ月連続、合計20曲の楽曲を全世界に送り出す。

 

王道の楽曲と型破りな企画で動き出したVENTCROIX。

2018年を派手に賑わす存在になりそうだ。

 

====================

 

配信シングル

『君が死んで2年が経ち、僕達はもう一度ステージに立つ』

リリックビデオ URL

https://youtu.be/xK45cG2EAk

 

====================

 

VENTCROIX

『君が死んで2年が経ち、僕達はもう一度ステージに立つ』

日程:2018年10月20日(土)

会場:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

前売:¥3,800- / 当日:¥4,300-

開場開演:17:30 / 18:00

※チケット詳細後日発表

 

====================

 

Twitterアカウント

VENTCROIXアカウント http://twitter.com/ventcroix_vc_2018

nancyアカウント http://twitter.com/nancy_vc_0506

tetsuアカウント http://twitter.com/tetsu_vc_0404

yugaアカウント http://twitter.com/yuga_vc_0118

 

Instagramアカウント

VENTCROIXアカウント https://instagram.com/ventcroix_vc_2018

nancyアカウント https://instagram.com/nancy_ventcroix_0506

tetsuアカウント https://instagram.com/tetsu_ventcroix_0404

yugaアカウント https://instagram.com/yuga_ventcroix_0118

 

VENTCROIX_YouTube

https://www.youtube.com/channel/UC-r2-CsLrqp5S40bA3AThvQ/featured?view_as=subscriber

VENTCROIX_LINE@ 

line://ti/p/@gdf6575

VENTCROIX_HP

https://aaa-wonder-vc.amebaownd.com