NEWS

2018年04月19日 (木)

【JILUKA】びじゅなびへコメント動画到着!<5th ONEMAN LIVE「BIGEMINY」>2018年5月20日(日)[渋谷]Shibuya TSUTAYA O-WESTにて開催!

NEWS - 17:58:02

2018年5月20日(日)TSUTAYA O-WESTにてワンマン<5th ONE MAN LIVE「BIGEMINY」>を開催するJILUKA!

先日はメンバーからのスペシャル・メッセージということでコメントを頂きました!

→こちら http://www.visunavi.com/news/271757/

 

本日はなんと動画でのコメントが到着!

当日は全力でのパワーMAXなJILUKAが見れそうです!

是非、TSUTAYA O-WESTで彼らのサウンドに震えて下さい!

 

——————————-

 

●コメント動画

 

 

——————————-

 

■JILUKA 5th ONEMAN LIVE「BIGEMINY」

2018年5月20日(日)[渋谷]Shibuya TSUTAYA O-WEST

 

【時間】開場16:30 / 開演17:00

【料金】前売¥3800(当日¥4300) ※別途ドリンク代

 

★チケット:2017年12月9日(土) 10:00

<イープラス>
お申込みはコチラ

<ローソンチケット>
0570-084-003(L:71567)
お申込みはコチラ

<チケットぴあ>
0570-02-9999(P:349-906)
お申込みはコチラ

 

[問]DISK GARAGE 050-5533-0888

 

====================

 

★JILUKA★

http://www.jiluka-web.com/


2018年04月19日 (木)

シド、完売続出のオリジナルディズニーグッズの一部再販開始とTシャツの新色の追加販売が決定!

NEWS - 16:06:22

4月4日に「SID Anime Best 2008-2017」をリリースしたシド。
4月14日(土)から全国7都市のPOP・UP・SHOPとヴィレッジヴァンガードの限定店舗にて販売したオリジナルディズニーグッズが大変ご好評により売り切れ続出。
それに伴い、4月21日(土)からヴィレッジヴァンガード展開店舗にて一部アイテムの再販と問い合わせ殺到だったTシャツ ミッキー、ドナルド、グーフィー、プルートのホワイトカラーの追加販売も決定!

また、ヴィレッジヴァンガード通販サイトでも4月21日(土)10時より販売決定!
前回購入できなかった方も是非この機会にお求めください。

バンド結成15周年に入り、めまぐるしく活動を続けるシド。
5月5日(土・祝)からは、追加公演含む全14公演を駆け抜ける全国ツアー「SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018」がスタート。
追加公演以外は全てチケットが一般発売と同時に完売するなど、勢い止まらない彼らから目が離せない!

 

====================

【ディズニーグッズ情報】
・ミッキーと仲間たち Tシャツ ¥4,000(税別)
・Tシャツ ミッキー ¥3,800(税別)
・Tシャツ ドナルド ¥3,800(税別)
・Tシャツ グーフィー ¥3,800(税別)
・Tシャツ プルート \3,800(税別)
・パーカー ¥6,800(税別)
・トート ¥2,900(税別)

——————————-


【全国ヴィレッジヴァンガード取扱店】
<北海道> 札幌エスタ
<東北> 仙台ロフト
<関東> 新宿ルミネエスト NEW!! / 下北沢 / ルミネ立川 / 三軒茶屋 / 池袋サンシャインシティアルタ / 町田(路面)
ルミネ横浜 / PLUS イオンレイクタウンmori / ルミネ川越
<甲信越> 新潟ビルボードプレイス
<東海> 名古屋パルコ / 名古屋中央 / 静岡パルコ
<関西> アメリカ村 / 梅田ロフト / なんばパークス / 新京極 /三宮
<九州> 福岡パルコ

——————————-


【グッズ再販&新色発売日】 4月21日(土)
※商品の在庫状況等は、上記取り扱い店舗に直接お問い合わせください。
【購入制限】 お1人様 1アイテム2点まで(Tシャツは5種の中から2点まで)
【通信販売開始日】 4月21日(土) 10:00〜
ヴィレッジヴァンガード通販サイト https://vvstore.jp/feature/list/ 

※詳細はシド オフィシャルサイトをご覧ください。

 

====================

■ライブ情報
SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018
<追加公演>
6月27日(水) 豊洲PIT 〜昭和歌謡曲限定LIVE〜 OPEN 18:00 / START 19:00
6月28日(木) 豊洲PIT 〜インディーズ曲限定LIVE〜 OPEN 18:00 / START 19:00

【チケット料金】¥7,300(税込/ドリンク代別)※未就学児童入場不可
【追加公演 チケット一般発売日】 6月17日(日)

——————————-

SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018
5月5日(土・祝) Zepp DiverCity TOKYO 〜ID-S限定LIVE〜 OPEN 17:00 / START 18:00
5月6日(日)  Zepp DiverCity TOKYO 〜ID-S限定LIVE〜   OPEN 15:00 / START 16:00
5月12日(土) Zepp Osaka Bayside 〜ファン投票LIVE(大阪編)〜 OPEN 17:00 / START 18:00
5月13日(日) Zepp Osaka Bayside 〜暴れ曲限定LIVE〜 OPEN 15:00 / START 16:00
5月18日(金) Zepp Nagoya 〜ファン投票LIVE(名古屋編)〜 OPEN 18:00 / START 19:00
5月19日(土) Zepp Nagoya 〜暴れ曲限定LIVE〜  OPEN 15:00 / START 16:00
5月26日(土) 福岡DRUM LOGOS 〜ファン投票LIVE(福岡編)〜 OPEN 17:00 / START 18:00
5月27日(日) 福岡DRUM LOGOS 〜暴れ曲限定LIVE〜 OPEN 15:00 / START 16:00
6月2日(土)  Zepp Sapporo 〜インディーズ曲限定LIVE〜 OPEN 17:00 / START 18:00
6月9日(土)  SENDAI GIGS 〜昭和歌謡曲限定LIVE〜 OPEN 17:00 / START 18:00
6月15日(金) Zepp Tokyo 〜ファン投票LIVE(東京編)〜 OPEN 18:00 / START 19:00
6月16日(土) Zepp Tokyo 〜暴れ曲限定LIVE〜 OPEN 15:00 / START 16:00

====================


■ニューアルバムリリース情報
「SID Anime Best 2008-2017」NOW ON SALE

【初回生産限定盤(CD+DVD)】KSCL-3043/44 \3,333+税 
<DVD収録内容>「ASH」(Music Video / Live Edition)
<初回生産限定盤封入特典>
「歴代アニメ5作品着せ替えジャケット(蛇腹仕様)」
「シド15周年ヴィジュアル着せ替えジャケット」
【通常盤(CDのみ)】KSCL-3045 \2,778+税

<CD収録曲>
1. 「モノクロのキス」(TVアニメ「黒執事」オープニングテーマ)
2. 「嘘」(TVアニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」エンディングテーマ)
3. 「ドラマ」(Wii専用ゲームソフト「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST -暁の王子-」テーマソング)
4. 「レイン」(TVアニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」オープニングテーマ)
5. 「乱舞のメロディ」(TV東京系アニメ「BLEACH」オープニングテーマ)
6. 「V.I.P」(TVアニメ「マギ」第1期オープニングテーマ)
7. 「ANNIVERSARY」(TVアニメ「マギ」第2期オープニングテーマ)
8. 「ENAMEL」(TVアニメ「黒執事 Book of Circus」オープニングテーマ)
9. 「硝子の瞳」(劇場版アニメーション「黒執事 Book of the Atlantic」主題歌)
10. 「螺旋のユメ」(TVアニメ「将国のアルタイル」オープニングテーマ)
<BONUS TRACK>
11. 「ASH」
※「ASH」(Music Video / Live Edition)
https://www.youtube.com/watch?v=2PyRemO9sAw   

====================


シド オフィシャルサイト http://sid-web.info/    
シド オフィシャルTwitter https://twitter.com/sid_staff   
シド 15th Anniversary 特設サイト http://sid-web.info/15th/   



2018年04月19日 (木)

【CLØWD】4月28日(土)リリース、会場限定シングル「NO BORDER」MVを公開!

NEWS - 08:00:16

現在「百戦錬磨」と題したツアー中のCLØWDが4月28日(土)にリリースする会場限定シングル「NO BORDER」のミュージックビデオをYouTubeで公開した。

壮大な大陸感のあるビートに、KØU(Vo)の表情豊かな歌声、各所に登場するシンガロングコーラスが印象的な楽曲となっている。
更に全編を通し英詞がメインの歌詞となっている事も大きな特徴であり、国内だけでなく海外のオーディエンスへのアプローチとしてもバンドの新たな試みが受けて取れる。

実際に現在YouTubeにて公開中である彼らの楽曲の「ANTITHESE」や「紅い意図」が、立て続けに50万回再生を突破する中、多くのコメントが海外のオーディエンスから彼らに向けられたもので、海外での期待も高まっている事は間違いない。

今回のミュージックビデオの監督は、前作「21g」、前前作「紅い意図」に引き続き、国内ではONE OK ROCKやMY FIRST STORY、AKB48等をはじめ、海外でもSlipknotやARCH ENEMY等の作品に携わる木村和亮氏で、今作に対する本人からのコメントも届いている。

 

====================

◆木村和亮監督からのコメント
壮大な世界観を持つ楽曲に対し、バンドのイメージと自分の中のイメージを照らし合わせ、今回のロケ地を選ばせて頂きました。
衣装ともマッチし、少し日本とかけ離れたイメージで撮影できたと思います。
「紅い意図」から回を重ねるごとに演技に対するメンバーのキャパシティーも広がってきているのを撮影時に感じました。
「紅い意図」の時はかなり苦戦したイメージパートもすんなり撮影できたり、
楽曲に対しMVの表現力も今回のポイントかと思います。

今回、唯一苦労したのが「風」。
むしろ強風がずっと続き、せっかくセットした衣装や髪が崩れたりなど、
それでも嫌な顔せず楽しい雰囲気で終始撮影できたことが、今のCLØWDの良さを物語っています。
とにかく毎回撮影現場は明るい雰囲気で救われます。
きっとこの楽曲をきっかけにいろいろな「壁」を越えて行ってくれると信じています。
CLØWDだから出来た楽曲であり、歌詞のテーマもそうですが、
彼ら自身が置かれた世界からも飛び越えて躍進してくれると信じています。

====================


「NO BORDER」にはリード曲である「NO BORDER」と、未発表曲「Showdown」の全2曲が収録される。
現在敢行中であるツアー「百戦錬磨」にて「NO BORDER」が披露されており、「Showdown」もツアー中に演奏予定とのこと。
「NO BORDER」は4月28日(土)に川崎セルビアンナイトにて行われるワンマンライヴから会場限定シングルとして販売される。

ツアーは7月27日(金)まで続き、更に大きな節目のライヴとして8月25日(土)には渋谷クラブクアトロにて「CLØWD ONEMAN SHOW “誘惑”」が開催される。
「NO BORDER」は、各地のライヴ会場にて購入可能となるので、バンドの強い意志を込めた一枚を手に入れに、会場に是非足を運んで頂きたい。

 

====================


「NO BORDER」MV 

https://youtu.be/ylN-O1JRdR4

====================


<CLØWD INFORMATION>

■会場限定シングル第二弾「NO BORDER」4月28日リリース。
CLØWD TOUR「百戦錬磨」4月28日(土)川崎セルビアンナイト公演より発売!
品番:DCCA-1023  価格:1,000円(税込)
<CD> 1. NO BORDER 2. Showdown


■DANGER CRUE Presents CLØWD TOUR「百戦錬磨」
4月21日(土)池袋EDGE [w/ WING WORKS]
4月28日(土)川崎セルビアンナイト [ONEMAN]
5月5日(土)池袋BlackHole [w/ ジャックケイパー]
5月20日(日)西川口Hearts [w/ ユナイト]
5月27日(日)浦和ナルシス [ONEMAN]
6月8日(金)横浜BAYSIS [w/ アクメ]
6月17日(日)池袋EDGE [w/ ベル]
6月30日(土)柏ThumbUp [ONEMAN]
7月/7日(土)池袋EDGE [w/ GRIMOIRE、POIDOL]
7月/20日(金)浦和ナルシス [SECRET]
7月/27日(金)池袋EDGE [ONEMAN]

 

…………………………………………



■CLØWD ONEMAN SHOW「誘惑」
8月25日(土)渋谷CLUB QUATTRO OPEN 17:15 / START 18:00

【TICKET NOW ON SALE】チケット詳細 http://clowd.tokyo/news/91554
【チケット料金】 [ONEMAN]:前売¥3,500 / 当日¥4,000(税込・ドリンク代別)
[EVENT]:前売¥4,000 / 当日¥4,500(税込・ドリンク代別)

 

…………………………………………

■2018年夏 2nd Full Album発売決定!!
■LIVE DVD発売決定!!
 CLØWD 3rd Anniversary LIVE「REVENGE」TSUTAYA O-WESTを収録したLIVE DVD発売決定。
 ※詳細は後日発表。


■オフィシャルファンクラブサイト「ガチじゃん」開設!
 詳細 http://clowd.tokyo/fanclub 


■会場限定シングル「21g」発売中 価格:1,000円(税込)
21g」MV https://www.youtube.com/watch?v=GoFaIwzK6XQ

 
CLØWDオフィシャルサイトhttp://clowd.tokyo/ 
CLØWD公式Facebook https://www.facebook.com/clowdofficial/
※世界へと情報を発信するCLØWD公式Facebookがついにオープン!
※更新は英語になります。

 

ライヴ写真◎Seka




2018年04月18日 (水)

【ニコびじゅ】<B.P.RECORDS×ResistarRecords対抗戦>6バンドの魅力を更にエグる延長戦スペシャルのアンコール放送が決定!!4月19日(木)21時オンエア!

NEWS - 21:48:28

2月22日(木)にニコ生で放送された、 「【ニコびじゅ】B.P.RECORDS×ResistarRecords対抗戦 6バンドの魅力を更にエグる延長戦スペシャル」を好評につき、4月19日(木)にアンコール放送します!!

 

B.P.RECORDS(己龍/Royz/コドモドラゴン)とResistar Records(DOG inThePWO/BugLug/Blu-BiLLioN)の 選抜メンバーが生出演したこの日の放送では、番組中に、2レーベルによる合同イベントツアー 「BPR VS レジレコTOUR『シバきあい!!』」の開催を生発表!

 

生・情報解禁&生・出演順決め・そして7月からのツアーに向けたアツいバトル等、この日の緊張と興奮のもようを是非ご覧ください!

 

====================

 

■番組名:

【ニコびじゅ】BPR vs レジレコTOUR『シバきあい!!』開催記念・アンコールSP

 

■放送スケジュール:4月19日(木)

・21時分~ 6バンドの特選MV集をお届け

・22時頃~【ニコびじゅ】B.P.RECORDS×ResistarRecords対抗戦

       6バンドの魅力を更にエグる延長戦スペシャル」《再放送》

※番組の後半部分が一部プレミアム会員限定コーナーとなります。

※2月22日(木)当日のCH放送部分は、今回プレミアム会員限定放送部分となります。 

  予め、ご了承ください。

 

■番組URL:http://live.nicovideo.jp/gate/lv312396185

 


2018年04月18日 (水)

【FEST VAINQUEUR】びじゅなびへコメント動画到着!現在、TOUR「GENERATION 2」開催中!DaizyStripperとのツーマンライヴ「兄弟喧嘩2018」、夏のFEST FESなどスケジュールもりだくさん!!

NEWS - 16:59:24

先日、10月28日をもって第3期の活動を終える発表をしたFEST VAINQUEUR。

それまで、たくさんのスケジュールが予定されています。
今回は、メンバーよりびじゅなびへコメント動画を頂きました!
今一度、スケジュールをチェックして是非、ライヴにも足を運んで下さい!

 

——————————-

 

●コメント動画

 

 

——————————-

 

★現在開催中★

 

■FEST VAINQUEUR 2018 TOUR「GENERATION 2」
4月19日(木)福岡DRUM Be-1
4月21日(土)鹿児島SR HALL
4月22日(日)熊本B.9V2
4月27日(金)岡山IMAGE
5月4日(金)高松DIME
5月6日(日)広島セカンド・クラッチ
5月13日(日)神戸VARIT.
5月18日(金)TSUTAYA O-WEST
5月19日(土)TSUTAYA O-WEST
5月26日(土)大阪BananaHall
5月27日(日)大阪BananaHall

 

——————————-

 

■DaizyStripper vs FEST VAINQUEUR ツーマンライブ
「兄弟喧嘩2018」~The FINAL~

 

2018/7/15(日) 梅田CLUB QUATTRO
2018/7/16(月・祝)名古屋CLUB QUATTRO
2018/7/22(日) 渋谷CLUB QUATTRO

 

——————————-

 

■FEST FES~The End or Continue~

 

Day1
【公演日】2018/8/25(土)
【会場】STUDIO PARTITA
【時間】OPEN 11:30 / START 12:00
【出演】FEST VAINQUEUR / DADAROMA / LEZARD / Purple Stone / Ravecraft / Rides In ReVellion / S!N / 甘い暴力 / ザアザア / -真天地開闢集団-ジグザグ

 

Day2
【公演日】2018/8/26(日)
【会場】STUDIO PARTITA
【時間】OPEN 11:00 / START 11:30
【出演】FEST VAINQUEUR / AllS / BabyKingdom / GRIMOIRE / Neverland / POIDOL / RAZOR / Rides In ReVellion / 0.1gの誤算 / ペンタゴン

 

▼FEST FES~The End or Continue~特設サイト
https://www.festvainqueur.com/pages/festfes2018

 

【チケット】前売¥5,000(D別)

 

——————————-

 

第3期FEST VAINQUEUR FINAL ONE-MAN
「9th Birthdayの約束~ 2・0・1・9 / 1・0 / 2・7 ~」

 

SEMIFINAL DAY
9月17日(月・祭)恵比寿LIQUIDROOM
OPEN 16:00/START 17:00
[問]HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

 

FINAL DAY
10月28日(日)大阪なんばHatch
OPEN 16:00/START 17:00
[問]夢番地大阪 06-6341-3525

 

——————————-


2ヵ月連続 Mini Album Release 決定!

2018年8月29日(水)2nd Mini Album 発売

2018年9月26日(水)3rd Mini Album 発売

※作品詳細は追ってお知らせいたします

 

——————————-

 

★FEST VAINQUEUR★
https://www.festvainqueur.com/


2018年04月18日 (水)

米国コーチェラフェスティバルの「X JAPAN」ギグにて、YOSHIKIとマリリン・マンソンが夢の共演か!?

NEWS - 16:12:47

本日、 マリリン・マンソンがYOSHIKIの友人として、 今週末に行われる米国のコーチェラフェスティバルの「X JAPAN」ギグにてYOSHIKIと出演することを明かした。

 

マリリン・マンソンは自身のインスタグラムで、

 

「I am happy to join my great friend @yoshikiofficial and Xjapan at Coachella on Saturday the 21st for a special performance.」

 

【日本語訳】

「4/21(土)のCoachella Festivalで、 僕の偉大な友人YOSHIKIとX JAPANのステージでスペシャルパフォーマンスをすることを楽しみにしてるぜ!」

 

と告知し、 その数分後には、 YOSHIKIが自身のインスタグラムにて

 

「Rock is here to stay at @Coachella. Can’t wait to joint forces, brother. #Xchella」

【日本語訳】

「コーチェラフェスティバルにロック魂を刻み込む。 共演が待ち遠しい。 」

 

と告知し、 出演が確実となった。

 

彼らは長年の友人であり、 レコーディングに取り掛かっていると噂されているが、飛ぶ鳥を落とす勢いのYOSHIKIとX JAPANに、 さらに強い味方が加わった。

コーチェラフェスティバル初日のX JAPANのパフォーマンスに対して、 海外大手メディアから連日以下のように大きな反響が寄せられている。

 

 “…there was some perfect Beyoncé counter-programming in the form of X Japan, the only metal band of the entire otherwise largely rock-free weekend. …the adjective “epic” very much applied to their ferocious, face-blasting show.

–Lyndsey Parker, YAHOO Entertainment (4/15/2018)

 

【日本語訳】

ビヨンセと同時間帯に相対するに相応しいパフォーマンスが行われていた。 他にロックアーティストがいない中で出演した、 唯一のメタルバンドX JAPANである。 X JAPANの激しく、 吹き飛ばされるかのような破壊力のショーには、 “偉大”という形容詞が相応しいだろう。

米ヤフーエンターテイメント リンジー・パーカー(2018年4月15日)

 

 

“These guys aren’t used to playing second fiddle to anybody, so enormous are they in their home country, but they just crack on like the experienced, road-hardened warriors they are . And holy shit! X Japan resurrected TWO deceased members with holograms–guitarist Hide and bassist Taiji. It’s frankly impressive that a band can create such a sense of epic history in the country after just cracking America’s shell. But they did. This show felt important .”

–Brett Callwood, LA WEEKLY “X Japan Over Beyonce” (4/17/18)

 

【日本語訳】

“彼らは脇役としてプレーすることに慣れてはいない。 母国の彼らの存在は絶対的なものだが、 まるで 熟練し鍛え上げられた戦士 のように突き進んでいく。 そして驚いたことに、 バンドが失ったギタリストのHIDEとベーシストのTAIJI、 二人のメンバーをホログラムとして生き返らせたのだ。 アメリカという殻を破った直後に 偉大な歴史をこの国で作った ことには、 純粋に感銘を受ける。 彼らはそれをやってのけたのだ。 このショーが与えた影響は偉大である 。 ”

-ブレット・コールウッド 米LAウィークリー「ビヨンセではなくX JAPANを選んだ」(2018年4月17日)

 

“There were hard rock explosions and teary ballads… ‘Jade’ began with a speed metal riff and geysers of pyro, then shifted into an emotional glam melody and lyrics sung in English. The star behind the drums and piano was band mastermind Yoshiki , shirtless and wearing a leather neck brace. He ended the night with the band’s traditional show of unity, shouting ‘We are! We Are!’ and their followers responding with a rousing ‘X! X!’”

–Steve Appleford, ROLLING STONE (4/16/18)

 

“ハードロックの爆発あり、 涙を誘うバラードあり…‘JADE’は、 スピード感のあるメタルリフと間欠泉のような激しさで始まったかと思えば、 エモーショナルで華やかなメロディーへと移っていく 。 そしてその歌詞は、 英語で歌われている。 ドラムとピアノの両方を演奏するのは、 このバンドをプロデュースするYOSHIKIだ。 彼は上半身を脱ぎ、 首にはレザーのネックカラーを付けて登場した。 YOSHIKIは、 「WE ARE! WE ARE!」という掛け声に続いて観客が「X! X!」と叫ぶ、 バンドが恒例としている形でその夜の幕を閉じた。 ”

-スティーブ・アップルフォード 米ローリング・ストーンより(2018年4月16日)

 

アメリカでもロックが死んでいると言われている中、 X JAPANが現在大奮闘している。 今週のコーチェラフェスティバルでは、 風当たりも強いと思われるが、 このまま行けば歴史的なパフォーマンスを期待できるだろう。




1 / 2412345...1020...最後 »