NEWS

2018年06月30日 (土)

びじゅなび独占潜入レポあり!【BABOO】★びじゅなび限定企画「BABOOの日常」第5回 アーティスト写真撮影編★DANGER CRUE MUSICより2nd EP「ALONE」リリース、このCDが出来るまでをちょっとだけ覗いてみよう!

NEWS - 12:00:28

 

びじゅなび限定企画、今週で第5回目となる「BABOOの日常」。

2nd EP「ALONE」をリリースすることが決まったBABOOの日常を、動画と合わせて楽しくお届けするこの企画。

この新作「ALONE」が出来上がるまでをのぞき見しておりますが、今回は先日公開となりました、アーティスト写真撮影編!

今回はびじゅなびもちょこっと潜入取材して参りました。
当日は雨。というか豪雨。
それでも明るく、終始楽しそうな撮影でした!

それではレポをどうぞ♪


====================


あいにくの雨、都内某所。
BABOOの新作MV+アーティスト写真撮影現場に、びじゅなびが潜入しました!

▼廃工場を利用したスタジオ。
1

1_2
午前中から機材などをメンバー自ら着々と搬入します。

▼衣装はすでに装着済みのJOY。
2
スタッフやメンバーから「こうした方がいいんじゃない?」とアイデアを貰ったり、かっこよくなるようにワイワイと作っていきます。

所々で大爆笑の声も響くスタジオは、雨にもかかわらず明るく元気です!

順番にメイクを進行、準備がほぼ整ってきたBero。
▼首元の蝶ネクタイ「これ、自分で塗ったんです。」
3
今回は各メンバーの衣装にカラフルな色が施されています。
▼透明のビニール傘にBero自ら色を塗っていきます。とても楽しそう。
4
これが映像でどのようになるのか、楽しみ!


白い耽美なスペースでは、JOYが早速撮影開始。
▼一瞬だけ王子様?になりきって小指を立てるJOYだったのでした…。

5
スタジオ内には雨の叩きつける音が響きます。
かなりの豪雨・・・
6

NINEはメイク中Phantomはオメカシ中。

いよいよ撮影がスタート。
まずは個人写真、JOY、そしてNINEへ。
置いてあった窓枠をもって顔を出し、撮影中のNINEを笑わせるJOY。
7

8


先ほどから笑顔の絶えない撮影現場です。

Beroの撮影では、自分の足や手にもBero自らペインティング。

先ほど塗った赤い傘を持って撮影にのぞみます。

9

スタジオ内にはグランドピアノが撮影用に設置されており、

JOYはGLAY、NINEは「ねこふんじゃった」をさも巧そうに弾きまくる・・・。
10

11
あの有名な久石譲の「Summer」も流れてきます。
みなさんさすが!ばんばんピアノを弾きまくり、生ピアノの音色がちょっとしたBGMになったスタジオ内。
▼連弾?!
12


さて、ここまでPhantomが登場しておりません。
どこに行ったのでしょうか・・・
おっと、きました!
ウサギさんはどうやら巣穴でにんじんをかじっていたようです。

▼「にんじんおいしかったなー」
13

▼ウサギに説教されるJOY
14

▼しっぽもバッチリ。
15
▼カメラをいじるウサギ
16

4人揃っての集合写真も無事撮り終えて、いよいよPVの撮影に入ります。

 

続く。

 

Photo by:びじゅなび

 

====================

 

そして今回はメンバー全員からコメントもいただきました!

 

…………………………………………

 

<BABOOの日常~第5回 ~アーティスト写真 撮影編~>


■Bero(Vo.)

やほー。Vo.Beroです。

今回はアー写の時の事でも話そうかな。

色々と思い描いているものを具現化するってのは難しくて、考えていたものと違ったりその場の思いつきが良かったり色々刺激的だったよ!!

これからも思い描いた作品をつくり続けるから楽しみにしててね!


それじゃーBeroでした。

 

■JOY(Gt.)

今回のアー写は退廃的なイメージで、僕の個人撮影はPhantom監督に撮って頂きました。

今回の色彩鮮やかかつ派手すぎないシックな衣装も個人的に凄く気に入っていて、撮影前夜までペインターの方に全員分デザインしてもらいました。

スタッフもみんな、そのまま徹夜で挑んだなかなかハードな撮影でした。

 

 

■NINE(Ba.)

やあやあ皆様。

おはようございます。

NINEです。

ナインと読みます。

9日生まれだからです。

意味なんてそんなもんです。

 

あ、新アー写を発表しました。

今回の作品はBeroのワガママ(やりたい事)を全面的に受け止めて僕とPhantomで咀嚼し、昇華させた作品です。

気に入って頂けたら幸いです。

 

■Phantom(Dr.)

今回のアー写は、難しかったぜ メーン !!

僕はBABOOの中で一番POPなキャラなので、アー写の感じが出せるのかドキドキしてポージングとか表情とかすごく練習してから撮影を迎えたぜ メーン !!

当日撮影が始まったらすごく楽しくて!!

もっとこういう感じとか、僕が考えていたより素敵に撮ってもらえました !!

 

 

▼動画はコチラ

 

====================

 

いかがですか!?


音楽だけじゃなくて写真や映像も大切な作品のひとつ。
BABOOはその「ものづくり」をとても楽しそうに、そして生き生きと取り組んでいるバンドなんだということをとても感じた撮影で、「自分達だけの何か」を産み出そうとするエネルギーに溢れていました。
そこにはシーンが忘れかけていたものが、確実にありました。


さて!
企画は不定期のお届けとなりますが、次回は撮影終盤。

アーティスト写真の撮影が終わったら、あとはそうです、いよいよMVの撮影です!

写真撮影から引き続いて行われたMV撮影、疲労から壊れるメンバーは出るのか?!


MVは既に公開されておりますので、是非御覧になって下さい。

 

 

そして、そんな日々頑張るBABOOの最新情報はコチラ!!

是非チェックしてライヴにも遊びにきて下さいね!

 

====================

 

<リリース情報>

 

■ 発売日:2018年7月25日(水)

■ タイトル:「ALONE」 価格:¥2,000+税

■ 収録曲 1. Thriller 2. 不響和音 3. 夏、血祭り。 4. 僕×ぼく×ボク


インストアイベント、店舗・購入者特典情報はオフィシャルサイトを御確認下さい。
http://www.babooformal.com/news/0/41800/


====================



【動画情報】

 

BABOO YouTube Channel こちら

 

2nd EP ALONE 試聴動画(DANGER CRUE公式 YouTube Channel)

https://youtu.be/Pa9xYMvBc7Q


====================

 

■ BABOO OFFICIAL WEB SITE

http://www.babooformal.com/

 

■ BABOO OFFICIAL Twitter

https://twitter.com/baboo_formal

 

====================

 

<LIVE情報>

 

2018年

7/06(Fri)新宿HOLIDAY

7/20(Fri)新宿RUIDO K4

7/29(Sun)池袋EDGE

8/8(Wed)池袋EDGE

8/9(Thu)池袋EDGE

 8/23(Thu)池袋EDGE

 

====================

 

<過去リンク♪>

 

★第一回 選曲会 前編★

記事▶http://www.visunavi.com/news/279344/

動画▶https://youtu.be/JAkM2ETmg5I

 

★第二回 選曲会 後編★

記事▶http://www.visunavi.com/news/279862/

動画▶https://youtu.be/B6i-8XJ8-yo

 

★第三回 プリプロ編★

記事▶http://www.visunavi.com/news/280814/

動画▶https://youtu.be/33_rXSf8zTg


★第四回 レコーディング編★

記事▶http://www.visunavi.com/news/281330/

動画▶https://youtu.be/JbHnkFuG3_8


2018年06月29日 (金)

DIR EN GREY、約3年9ヵ月ぶり待望のニューアルバム『The Insulated World』が9月26日にリリース!

NEWS - 21:30:54

DIR EN GREY待望のニューアルバム『The Insulated World』が926日にリリースされることが決定した。

 

“隔離された世界”を意味するタイトルが冠された本作は、20141210日に発表されたアルバム『ARCHE』から約39ヵ月ぶりとなる通算10作目のオリジナルアルバム。収録曲は今のところ不明だが、今年4月に発売された最新シングル『人間を被る』でその片鱗を感じさせた“DIR EN GREYの今”が凝縮された内容が期待できそうだ。

 

本作はBlu-spec CD2仕様のアルバム本編に特典CDと特典Blu-ray / DVDを加えた3枚組の完全生産限定盤、アルバム本編CD+特典CDからなる初回生産限定盤、アルバム本編CDのみの通常盤という3形態4仕様を用意。明日630日からオンラインストアを含む全国CD取り扱い店舗での予約が順次開始される。タワーレコード、TSUTAYAHMVAmazonではアルバム予約購入者を対象とした特典も用意。なお、完全生産限定盤および初回生産限定盤は生産数量限定商品となるため、確実に手に入れるためには810日までに取り扱い店舗への予約が必要となる。

 

また、ニューアルバム『The Insulated World』発売を記念したインストアイベントも予定されている。こちらのスケジュールは追ってアナウンスされるので、お楽しみに。

 

DIR EN GREYは明日630日に新木場STUDIO COASTでの追加公演をもって以って、今年最初のツアー「TOUR18 真世界」を終了。82日からは久しぶりのヨーロッパ公演を含む次のツアー「TOUR18 WEARING HUMAN SKIN」もスタートする。同ツアーのチケット先行受付も7118:00まで実施中なので、こちらもお忘れなく。

 

====================

 

DIR EN GREY

10th ALBUM 『The Insulated World

2018926 RELEASE

【完全生産限定盤】

3枚組(Blu-spec CD2*+特典CD+特典Blu-ray) SFCD-0229231 9,000 (tax out)

3枚組(Blu-spec CD2*+特典CD+特典DVD) SFCD-0232234 8,000 (tax out)

29th SINGLE『人間を被る』【完全生産限定盤】との連動特典専用応募ハガキ封入

【初回生産限定盤】

2枚組(CD+特典CD) SFCD-0235236 3,400 (tax out)

【通常盤】

(CDのみ) SFCD-0237 3,000 (tax out)

 

Manufactured by FIREWALL DIV.

Distributed by Sony Music Marketing Inc.

 

※収録内容、タイトル表記及び仕様等は変更になる可能性がございます。

※完全生産限定盤・初回生産限定盤は、生産数量限定商品となります。確実にお買い求めいただくには、2018810()までにお取扱い店舗にてご予約くださいませ。

 

詳細 DIR EN GREY オフィシャルサイト

http://www.direngrey.co.jp/

 

 ====================

 

DIR EN GREY

TOUR18 WEARING HUMAN SKIN

201882() 【京都府】ロームシアター京都メインホール -a knotonly-

201883() 【京都府】ロームシアター京都メインホール -a knotonly-

201887() 【神奈川県】CLUB CITTA -a knotonly-

201888() 【神奈川県】CLUB CITTA -a knotonly-

2018811(土・祝) 【宮城県】仙台PIT

2018812() 【宮城県】仙台PIT

2018823() 【東京都】東京国際フォーラム・ホールA

2018824() 【東京都】東京国際フォーラム・ホールA

2018828() 【福岡県】福岡市民会館

2018830() 【大阪府】なんばHatch

2018831() 【大阪府】なんばHatch

201894() 【新潟県】新潟LOTS

201895() 【新潟県】新潟LOTS

2018914() 【愛知県】Zepp Nagoya

2018915() 【愛知県】Zepp Nagoya

 

詳細 DIR EN GREY オフィシャルサイト

http://www.direngrey.co.jp/

 

====================

 

OVERSEAS (EUROPE)

TOUR18 WEARING HUMAN SKIN

2018106() AURORA HALL -ST.PETERSBURG / RUSSIA-

2018107() RED HALL -MOSCOW / RUSSIA-

20181010() THE CIRCUS-HELSINKI / FINLAND-

20181012() PROGRESJA -WARSAW / POLAND-

20181014() LE TRIANON -PARIS / FRANCE-

20181016() THE ELECTRIC BALLROOM -LONDON / UK-

20181018() NEUE THEATERFABRIK -MUNICH / GERMANY-

20181019() LIVE MUSIC HALL -COLOGNE / GERMANY-

 

[TOTAL INFO] NINE LIVES ENTERTAINMENT www.nle.rocks

 

 

 

 ====================

 

TOUR18 真世界」 追加公演開催!

 

29th SINGLE『人間を被る』発売記念LIVE

2018630() 【東京都】 新木場STUDIO COAST (追加公演)

[開場] 17:15 [開演] 18:00

[チケット料金]

1Fスタンディング ¥6,500(税別)

Exclusive Ticket (2F指定席・オリジナル特典付) 13,000(税別)

[] NEXTROAD 03-5114-7444 (平日14:0018:00)

 

DIR EN GREY オフィシャルサイト

http://www.direngrey.co.jp/

 

 ====================

 

DIR EN GREY

29th SINGLE

『人間を被る』

NOW ON SALE

 

DIR EN GREY – 『人間を被る』 30sec Teaser

https://youtu.be/4qBeJYAeS4A

 

DIR EN GREY – 人間を被る (Scenes From Recording) Trailer

https://youtu.be/PDlhjpEA6JU

 

【完全生産限定盤】

CDBlu-ray SFCD-0222223 5,500 (tax out)

CDDVD SFCD-0224225 4,500 (tax out)

 

[DISC 1 : CD]

1. 人間を被る

2. Ash

3. 詩踏み [LIVE]

*Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017

 

[DISC 2 : Blu-ray or DVD]

01. Chain repulsion

TOUR14 PSYCHONNECT -mode of GAUZE?-

2014.08.30 新木場STUDIO COAST (追加公演)

02. 禍夜想

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]

2016.07.01 新木場STUDIO COAST

03. Phenomenon

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]

2016.09.23 ホクト文化ホール

04. Un deux

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬]

2016.11.08 CLUB CITTA [FEMALE LIMITED] -a knot & ONLINE only-

05. Revelation of mankind

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS]

2017.02.10 東京国際フォーラム・ホールA

06. Midwife

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of THE MARROW OF A BONE]

2017.04.18 Zepp Nagoya

07.

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of MACABRE]

2017.07.26 中野サンプラザ

08. Sustain the untruth

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of Withering to death.]

2017.10.12 Zepp Tokyo -a knot & ONLINE only- (追加公演)

 

IN-STUDIO FOOTAGE

人間を被る (Scenes From Recording)

 

 

【初回生産限定盤】

CDDVD SFCD-0226227 1,800 (tax out)

 

[DISC 1 : CD]

1. 人間を被る

2. Ash

3. 詩踏み [LIVE]

*Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017

 

[DISC 2 : DVD]

[if !supportLists]01.  [endif]Un deux

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬]

2016.11.08 CLUB CITTA [FEMALE LIMITED] -a knot & ONLINE only-

02. Revelation of mankind

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS]

2017.02.10 東京国際フォーラム・ホールA

03. Sustain the untruth

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of Withering to death.]

2017.10.12 Zepp Tokyo -a knot & ONLINE only- (追加公演)

 

IN-STUDIO FOOTAGE

人間を被る (Scenes From Recording)

 

 

【通常盤】

SFCD-0228 1,200 (tax out)

 

DISC 1 : CD

1. 人間を被る

2. Ash

3. 詩踏み [LIVE]

*Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017

 

 

Manufactured by FIREWALL DIV.

Distributed by Sony Music Marketing Inc.

 

※収録内容、タイトル表記及び仕様等は変更になる可能性がございます。

※完全生産限定盤・初回生産限定盤は、生産数量限定商品となります。

 

<予約店舗特典>

TOWER RECORDS (一部店舗除く)

ステッカーA

TSUTAYA (一部店舗除く)

ステッカーB

HMV (一部店舗除く)

ポストカードA

Amazon

ポストカードB

※特典は数に限りがございますので、なくなり次第終了となります。

※特典の有無に関するお問合せは直接店舗へご確認ください。

 

 

DIR EN GREY オフィシャルサイト

http://www.direngrey.co.jp/

 

 

====================

 

20186月 公式ファンクラブ「a knotLIMITED LIVE Blu-ray & DVD 2作品同時RELEASE

 

13th a knotLIMITED Blu-ray & DVD

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of MACABRE]

2017.07.26 中野サンプラザ

 

14th a knotLIMITED Blu-ray & DVD

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of Withering to death.]

2017.10.12 Zepp Tokyo -a knot & ONLINE only- (追加公演)

 

<受付方法>

本映像作品は、DIR EN GREY公式ファンクラブ「a knot」会員様のみがご予約(ご購入)いただける商品となり、201851()12:00より公式通販サイト「GALAXY BROAD SHOP」にて受付を開始致します。

 

<受付場所>

公式通販サイト【GALAXY BROAD SHOP a knot」】 (http://www.galaxybroadshop.com/artist/dir_en_grey/a_knot/)

 

<受付期間>

2018/5/1()12:00より受付開始

 

<対象>

DIR EN GREY公式ファンクラブ「a knot」会員様

※「a knot」ご入会はコチラ (http://www.e-fanclub.com/aknot/fc/index.asp)

 

詳しくは DIR EN GREY オフィシャルサイト http://www.direngrey.co.jp/

 


2018年06月29日 (金)

【ラッコ】新体制での最新ビジュアルを公開!明日6月30日より<『マグロ』リリース記念主催~楽しい貴族ツアー~>チケット発売!

NEWS - 21:00:34

先日、cali≠gari(カリガリ)のカバーシングル『マグロ』の発売を発表したラッコ。

そんな彼らの最新ビジュアルが公開された!(※尚、オフィシャルサイトへの反映は7月31日以降)

 

今回はカバー作のイメージもあり、よりスタイリッシュにイメージされているとのこと。

注目の『マグロ』SPOTも近日公開、そちらも楽しみに待ちたい。

 

そして明日より<『マグロ』リリース記念主催~楽しい貴族ツアー~>のチケットが発売となる。

新しいラッコを、是非とも生で体感してもらいたい。

 

====================

 

<リリース>

 

2018年8月8日(水)

4th SINGLE 『マグロ』2type同時Release!

1

【初回盤】GLK-060 ¥1800(税抜き)3曲入りCD+DVD

1.マグロ

2.マネキン

3.青春狂騒曲

DVD

マグロ MV+オフショット

2

【通常盤】GLK-061 ¥1500(税抜き)3曲入りCD

1.マグロ

2.マネキン

3.青春狂騒曲

 

====================

 

<ライブ>

 

■ラッコ NEW SINGLE『マグロ』リリース記念主催

    ~楽しい貴族ツアー~

…………………………………………

大阪公演

8月18日(土)心斎橋Bigtwin Diner SHOVEL

 

前売り¥3500+D/当日¥4000+D

open16:30/start17:00

 

ACT:ラッコ / Leetspeak monsters / DAMY / まみれた / IGGY  / ヴァ―ジュ

…………………………………………

名古屋公演

8月19日(日)HOLIDAY NEXT NAGOYA

 

前売り¥3500+D/当日¥4000+D

open16:30/start17:00

 

ACT:ラッコ / Leetspeak monsters / DAMY / まみれた / IGGY / ビバラッシュ

…………………………………………

東京公演

9月1日(土)高田馬場AREA

 

前売り¥3500+D/当日¥4000+D

open16:00/start16:30

 

ACT:ラッコ / Leetspeak monsters / DAMY / まみれた / ギャロ / SAVAGE / アンドゥ―

…………………………………………

チケット発売日

6月30日(土)よりe+にて発売開始

 

====================

 

★ラッコ オフィシャル★

http://lack-co.com/







2018年06月29日 (金)

BAROQUE、7/24 2作同時リリースのニューシングル詳細&アートワークが解禁!

RELEASE - 21:00:09

 

BAROQUEのニューシングル『AN ETERNITY』および『FLOWER OF ROMANCE』が、724日に2作同時リリース。本作のアートワークと収録内容が公開された。

 

201610月発売の『G I R L』以来1年9ヶ月ぶりのシングルとなるこれらのシングルは、来たるニューアルバムのワンシーンを切り取ったもの。ポップな作風が印象的だった『G I R L』から一転、新曲はBAROQUEが持つダークで幻想的な側面や攻撃的な一面も垣間見れるものになり、断片的ながらもここからアルバムの世界観を堪能することができそうだ。

 

それぞれのシングルは、表題曲と同曲のインストバージョンを収めたCDと、各表題曲のミュージックビデオを収録したDVDからなる紙ジャケット仕様の2枚組。ジャケットにはフラワーアーティストのahi.代表・相壁琢人氏が本作のために制作したフラワーアートが使用されている。

 

また、本作はライブ会場および通販のみで購入可能の会場・通販限定盤も用意。こちらは『AN ETERNITY / FLOWER OF ROMANCE』と題したCDDVDの特殊パッケージ仕様となっており、CDには「AN ETERNITY」「FLOWER OF ROMANCE」の新曲2曲と両曲のアコースティックバージョン、そして昨年1225日のディファ有明公演からライブ音源を8曲収録。DVDには「AN ETERNITY」「FLOWER OF ROMANCE」の各ミュージックビデオとボーナス映像が収められる。

 

なお、BAROQUEは今週626日に昨年のディファ有明公演の模様を収めたライブBlu-ray / DVDALL OF THE LOVE, ALL OF THE DREAM -LIVE at DIFFER ARIAKE 2017.12.25-』をリリースしたばかり。現在YouTubeにて同作から、「SILENT PICTURE」のライブ映像(https://youtu.be/xqhzM5FTET0)がフル公開されているのでぜひチェックしてみよう。

 

そして、明日6301000からは全国ツアー『BAROQUE TOUR N THE ATMOSPHERE』のチケット一般発売がスタート。724日の渋谷WWW-Xを皮切りに、全16公演にわたるこのツアーには静岡、千葉、神戸といったBAROQUEとして初めて訪れる場所や、2001年のイベント出演以来となる長野、2012年以来となる岡山、愛媛、青森、福島などが含まれている。

 

 …………………………………………

 

BAROQUE OFFICIAL SITE

http://www.pigmy.jp/

 

  …………………………………………

 

BAROQUE 

NEW SINGLE 2タイトル同時

2018724日 リリース

 

NEW SINGLE

AN ETERNITY

<一般流通盤>PGSK-012/013 (CDDVD) 1,800+税 ※紙ジャケット仕様

 

収録曲

[DISC 1CD]

1: AN ETERNITY

2: AN ETERNITY [Instrumental Ver.]

[DISC 2 : DVD]

AN ETERNITY MUSIC CLIP

 

 

NEW SINGLE

FLOWER OF ROMANCE

<一般流通盤>PGSK-014/015 (CDDVD) 1,800+税 ※紙ジャケット仕様

 

収録曲

[DISC 1CD]

1: FLOWER OF ROMANCE

2: FLOWER OF ROMANCE [Instrumental Ver.]

[DISC 2 : DVD]

FLOWER OF ROMANCE MUSIC CLIP

 

 

NEW SINGLE <会場・通販限定盤>【数量限定】

AN ETERNITY / FLOWER OF ROMANCE

<会場・通販限定盤>PGSK-016/017 (CDDVD) 5,000 ※特殊パッケージ仕様

 

収録曲

[DISC 1CD]

1: AN ETERNITY

2: FLOWER OF ROMANCE

3: AN ETERNITY [Acoustic Ver.]

4: FLOWER OF ROMANCE [Acoustic Ver.]

5: PLANETARY LIGHT [LIVE]

6: DREAMSCAPE [LIVE]

7: CELEBRATE [LIVE]

8: SKY WALKER [LIVE]

9: SWALLOW THE NIGHT [LIVE]

10: SILENT PICTURE [LIVE]

11: ORIGINAL LOVE [LIVE Acoustic Ver.]

12: MEMENTO [LIVE]

*Live Take at ディファ有明on December 25, 2017

 

[DISC 2 : DVD]

1: AN ETERNITY MUSIC CLIP-

2: FLOWER OF ROMANCE MUSIC CLIP-

3: BONUS FOOTAGE

 

 

BAROQUE 物販ブース または

BAROQUE 通販サイト http://www.galaxybroadshop.com/artist/baroque/

にて、ご購入いただけます。

 

Manufactured & Distributed by FWD Inc.

 

 ………………………………………… 

LIVE INFO.

BAROQUE TOUR 2018

IN THE ATMOSPHERE

 

724() 渋谷WWW-X

OPEN 18:30 / START 19:00

info. NEXTROAD 03-5114-7444(平日14:0018:00)

 

728() 大阪BananaHall

OPEN 17:30 / START 18:00

info. SOUND CREATOR 06-6357-4400

 

729() 長野 LIVE HOUSE J

OPEN 16:30 / START 17:00

info. FOB 025-229-5000

 

83() PALOOZA

OPEN 18:30 / START 19:00

info. NEXTROAD 03-5114-7444(平日14:0018:00)

 

85() 新横浜 NEW SIDE BEACH!!

OPEN 16:30 / START 17:00

info. NEXTROAD 03-5114-7444(平日14:0018:00)

 

810() 静岡Sunash

OPEN 18:30 / START 19:00

info. SUNDAY FOLK PROMOTION 054-284-9999

 

812() 名古屋ReNY limited

OPEN 16:30 / START 17:00

info. SUNDAY FOLK PROMOTION 052-320-9100

 

819() 岡山YEBISU-YA PRO

OPEN 16:30 / START 17:00

info. CANDY PROMOTION 086-221-8151

 

824() 松山サロンキティ

OPEN 18:30 / START 19:00

info. DUKE 089-947-3535

 

826() 福岡DRUM SON

OPEN 17:30 / START 18:00

info. BEA 092-712-4221

 

91() 神戸VARIT.

OPEN 17:30 / START 18:00

info. SOUND CREATOR 06-6357-4400

 

92() 浜松窓枠

OPEN 16:30 / START 17:00

info. SUNDAY FOLK PROMOTION  054-284-9999

 

99() 札幌DUCE

OPEN 16:30 / START 17:00

info. SMASH EAST 011-261-5569

 

914() 仙台darwin

OPEN 18:30 / START 19:00

info. GIP 022-222-9999

 

915() 青森Quarter

OPEN 17:30 / START 18:00

info. GIP 022-222-9999

 

917(月・祝) 郡山 club #9

OPEN 16:30 / START 17:00

info. GIP 022-222-9999

 

 

LIVE MEMBERS

BAROQUE Vocal / Guitar

Support Members Bass 高松浩史(THE NOVEMBERS) / Drums KENZO

 

チケット料金

スタンディング ¥5,400 ※ドリンク代別

 

◎チケット一般発売日: 6/30() 10:00

 

 …………………………………………

BAROQUE OFFICIAL SITE

http://www.pigmy.jp/

 

  …………………………………………

 

RELEASE INFO.

LIVE Blu-ray & DVD

ALL OF THE LOVE, ALL OF THE DREAM

-LIVE at DIFFER ARIAKE 2017.12.25-

2018626() リリース

Teaser (LIVE Ver.) https://youtu.be/ISx2Du6OnWg

SILENT PICTURE https://youtu.be/xqhzM5FTET0

 

収録曲

Blu-rayDVD】 共通

1: CELEBRATE

2: PLANETARY LIGHT

3: DREAMSCAPE

4: BLACK BANE

5: メロウホロウ

6: SKY WALKER

7: SWALLOW THE NIGHT

8: SILENT PICTURE

9: SKY FITS HEAVEN

10: キズナ [Acoustic Ver.]

11: ORIGINAL LOVE [Acoustic Ver.]

12: 魔女と林檎

13: Nutty a hermit.

14: 我伐道

15: 何千何万何億の君への想い

16: teeny-tiny star

17: G I R L

18: MEMENTO

19: PLANETARY LIGHT

 

Blu-ray PGSK-010 6,800(tax out)

DVD PGSK-011 5,800(tax out)

 

Manufactured by sun-krad Co., Ltd.

Distributed by FWD Inc.

 

 …………………………………………

BAROQUE OFFICIAL SITE http://www.pigmy.jp/

BAROQUE OFFICIAL Twitter @BAROQUEofficial




2018年06月29日 (金)

【ドットジパングロマンチカ】「東京レトロ」MVフル本日解禁!2018年9月1日には重大発表を解禁!

NEWS - 20:00:43

「大衆浪漫」をコンセプトに躍動している異色のバンドの【大衆文楽お座敷演者】ドットジパングロマンチカ『心中お察し編』。

1st Single「東京レトロ」の表題曲である「東京レトロ」のMVフルが公開となった。

 

 

この曲は、朝比奈 輝(流浪乃小説家志望)が作詞作曲を担当し哀愁レトロ感溢れるキラーチューンとなっている。

MVの映像のテーマは『哀愁レトロ』。

MVの全面に流れる線路を取り入れることでレトロさを強く印象付きながらもメロディから繊細さを伝わせている。

この曲の歌詞からはサビの強く引き寄せられる好きだから追いかけ、自分よりあの子を選ぶ片思いの切なさが表現されている。

前作の「浪漫心中、高襟乃桜」以上に全メンバーの顔立ちも見えるようになっている。

 

電車の音からはじまり切ないメロディを奏でたオルゴールとバンド演奏でイントロが始まり、歌詞は恋愛小説を読んでいるかのような文学性を感じつつサビで感情が爆発するかのような寄せ付けられるメロディ。

流浪乃小説家志望と名乗っているだけの言葉選びであろう。

全体的に哀愁深いレトロ感溢れる映像作品に仕上がっている。

まだ一度も聴いていない方は是非、「浪漫心中、高襟乃桜」と合わせて一度聴いてみてほしい。

 

 

そんな彼らは今回もう一つ重大発表を予告している。

2018年9月1日に重大発表を解禁するということで今後の彼らにも注目していきたい。

夏に向けた音源制作も決まっている今後の彼らの活躍に注目だ。

 

====================

 

《大衆文楽お座敷演者》

流浪乃小説家志望:朝比奈 輝(アサヒナ ヒカル)

Twitter:https://twitter.com/dzr_hikaru

六弦:篁 宵知(タカムラ ヨイチ)

Twitter:https://twitter.com/dzr_yoichi

六弦:風間 真朔(カザマ シンサク)

Twitter:https://twitter.com/dzr_shinsaku

ドラマス:鱒(マス)

Twitter:https://twitter.com/dzr_masu

 

—————————————-

 

OFFICIAL WEB SITE

http://d-z-r.com/

OFFICIAL Twitter

https://twitter.com/d_z_r_official

インフォメーション:dotzr.info@gmail.com

 



2018年06月29日 (金)

【ライヴレポート】VisUnite主催<VisUnite Fest Special Edition Vol.3>2018年6月20日(水)TSUTAYA O-EAST

REPORT - 18:00:47

 若手ヴィジュアル系バンドを中心に、数多くのバンドマンたちと、ヴィジュアル系バンドを応援したいファンたちが参加中のバーティカルプラットフォームアプリ「VisUnite」。

6月20日(水)TSUTAYA O-EASTを舞台に、通算3回目となるイベント「VisUnite Fest Special Edition Vol.3」を開催。Special MCに団長(NoGoD)と椎名ぴかりんを迎えた同イベントには、LM.C、A9、ダウト、CHIYU、Project.Revive-リヴァイヴ-、OAにSmileberry、Awakeが出演。

 会場には、ビューティープロデューサー柳氏によるヘアメイクや新作コスメの体験が出来るブースを筆頭に、MiAがプロデュースしたコスメのコンシーラーを試せたり出来る「VisUnite ビューティーブース sponsored by WILLOW Inc.」。

無料占いを体験できる「株式会社クォーレ 占いブース」。さらに、TENGA商品にタッチ&トライできる「株式会社TENGA」のブース、椎名ぴかりんとMiAのパーソナライズアロマを展示した「CODE Meee Inc.」のブースも登場。

またVisUniteと椎名ぴかりんがコラボしたYour Nailのネイル体験も行われていた。

 

VisUnite Fest」のロビーでは

 

 開場と同時に、フロアー内へ次々と人が押し寄せた。その波と同時に、開演や、目的のバンドまでの時間を楽しもうと、ロビーを散策する人たちの姿も。

中でも無料で行える占いコーナーは、開場時から人が列を作るほど大勢の人たちが並び、占い師の言葉へ熱心に耳を傾けていた。

_C1I4720

その横で、手袋型のTENGA人形で愛嬌を振りまくお兄さんのいるTENGAブースにも多くの女性たちが興味関心を持って集まれば、写真を撮影したり、手に取って興味深そうに眺めていた。この日は、希望者にTENGAを無料で配布。用意した数十個は、すべて女性たちの鞄の中へ吸い込まれていった。

_C1I4724

 もちろん、ヘアメイクやネイルのブースでも、ヴィジュアル系バンドも手がけるプロの人たちの手によるヘアメイクやネイルを無料で受けられるとあって、こちらも列が途切れることなく続いていた。暴れたその後にヘアセットする人も、もしかしたらいた?!…いや、きっといたに違いない。

CC1I4735

 他にも、いろんなコスメグッズを試したり、手に入れたりと、女性にとってはとくに嬉しい無料で自分を磨けるブースが、この日のTSUTAYA   O-EASTにはたくさん設置されていた。

         

団長(NoGoD)と椎名ピカリンが司会で登場!!

 

 ステージには、この日のイベントに協賛したStudio Cielがプロデュースした着物を身にまとった団長(NoGoD)と椎名ぴかりんが登場。この日のイベントの説明と言いつつ、コミカルなトークを繰り広げていた。2人は、転換の合間にも毎回登場し、楽しい会話で会場中の人たちを和ませていた。

団長(NoGoD)と椎名ピカリン

 mc

 

…………………………………………

 

Awake

 

 本イベントのO.Aは、VisUniteアプリ内ランキングに堂々の一位となったAwake

Awakeは、瞬時にして胸をつかむポップでキャッチーな『∞Star★Piratez』を奏で、フロアー前方の人たちの身体を揺らしだした。初めて触れた人でもすぐに親しみを覚えるつかみを持った歌、自然と身体が動き出す心地好い演奏。

気持ちがドキドキときめきだす?!。胸をウキウキはしゃがせるキラキラポップチューンの『ギャラギャラ♂communication』を通し、開場中の人たちから手拍子を導き出せば、つかみを持った歌に刺激を受けフロアーのあちこちで身体を揺らす人たちの姿も。

 次第に会場中の人たちをみずからのペースに巻き込みだしたAwakeは、最後に『AWAKE』をプレゼント。優しく暖かい歌と、胸くすぐる明るく弾けた演奏を魅力に、Awakeは、TSUTAYA O-EASTに足を運んだ人たちへ眩しくキラキラしたバンドという好印象を残していった。

awake

 

 

…………………………………………

Smileberry

 

 O.Aの二番手は、5/17 VisUnite Fest Vol.9の動員一位となったSmileberry。

出音は激しいながらも、胸をギュッとつかむキャッチーな歌を魅力に会場中の人たちをはしゃがせた。『絶対LOVER』の演奏に合わせ、フロアー前方にはキラキラと輝く指輪の光が大きく揺れ動く。勢いを増す歌と演奏へ触発され、頭上高く掲げ揺らした手の波が後ろまで広がりだす。その姿へ、ライブバンドとしての彼らの実力の片鱗を見た気分だ。

 温かくも感情的なMotokiの歌声に触発され、優しく身体が揺れだした。『Greed Prince』を通しSmileberryは、フロアー中の人たちの身体を左右に心地好く躍らせる。短いイベントステージにも関わらず、あえて胸に響く楽曲を持ってきたところに、彼らが歌で心をつかむ自信があることを示していた。

 最後にSmileberryは、激しくドライブした演奏を魅力に『リリカルドライブ』をブースト。つかみを持った歌と身体中へ熱いエナジーを注ぐ演奏に触発され、頭を振り熱狂する人たち。胸をスカッとさせ、気持ちを心地好く上げる楽曲を通し、夢中ではしゃぐ人たちの姿がどんどん増えだした。ライブの魅力で観客たちを瞬時に虜にしてゆく。その力を持ってこのステージに立ったことを、この日もSmileberryはしっかり証明してくれた。

smileb

 

 

…………………………………………

ダウト

 

 ここからが、本編のスタート。トップバッターを飾ったのが、ダウト。ライブは、終わりゆく夏の風景を描くように、哀愁抱いたバラードの『閃光花火』から幕を開けた。胸の中を巡るいろんな想いや思い出を振り返るように。終わりゆく過去と未来への始まりとなる景色を描くよう、哀愁浪漫携えた歌に乗せ、彼らは物悲しい物語を切々と語りかけてきた。その歌に、誰もがうっとり酔いしれてゆく。

 「最高の夜にしようかー!!」、ここからは一気に熱い宴の風景へ。『感電18号』を通し、幸樹が観客達を情熱の嵐吹きすさぶ空間へ呼び入れた。和心や哀愁味を抱いた歌ながらも、飛び出す音からは身体をビリビリと痺れさせる刺激があふれだす。強烈なビートに合わせ飛び跳ねる観客たち。フロアー中を巻き込んだ宴は、序盤からクライマックスにも似た熱狂を描き出す。

 荒ぶる演奏を叩きつけ、ダウトは観客たちの身体を激しく折り畳みだした。『禁じられた遊び』を武器に彼らは、騒ぎたい観客たちを「もっともっと暴れられるだろ」と言わんばかりに挑発してゆく。その煽りに嬉しく刺激され、頭振り乱し騒ぐ観客たち。後でブースでヘアメイクを直してもらう…には、あまりにも人数が多すぎるか(笑)。

 続く『卍』では、幸樹が手にした扇子を振り回し、会場中の人たちを熱した宴の中の踊り人たちへ変えてゆく。演奏の途中で幸樹が「ストップ」と声を上げるたびに演奏も止まれば、観客たちも、くるくる回していた扇子の動きを瞬時に止める。その一体化した動きは流石だ。場内のあちこちで舞い躍る扇子の波。ダウトは躍動した演奏を真正面からぶつけ、一緒に熱狂の中で踊り続けていた。

 「かかってこーい!!」、ダウト流ダンスロックナンバー『MUSIC NIPPON』の登場だ。幸樹のシャウトを合図に、一斉に頭を振り乱す観客たち。勇壮で猛々しい演奏に触発され、沸き上がる熱気をすべて解き放たずにいれない。場内中に響く「NIPPON!!」の掛け声。感情を熱く掻き立てる激熱な昂揚ソングに刺激を受け、踊り騒ぐ観客たち。この熱気、もっともっと沸き立て!!。

 最後にダウトは、優しい歌始まりの『恋文』を披露。次第に熱とビートを上げる演奏に触発され、心地好く跳ねる観客たち。胸をグッと締めつける哀愁味を帯びた歌で心をつかみながら、共に大きく手を振り、彼らは観客たちと一緒に心地好い一体感を描きだしていった。最後に場内中を揺らした「ラララ」の合唱も、胸に熱く染みる嬉しい興奮を与えてくれた。

 

dout

…………………………………………

 

CHIYU

 

 猛々しいドラムの響きに導かれ、メンバーたちが舞台へ姿を現した。勢いを携えたまま、演奏は『無限の風』へ。「声出せ!!」、CHIYUの煽りに触発された観客たちが熱い声を上げれば、フロアー中から手拍子も鳴り響きだす。なんてつかみを持った、心の琴線をキュッと刺激する歌だろう。疾走する演奏に身体は反応を示しながら、それ以上に胸をくすぐる歌へ気持ちはグッとつかまれていた。

 その歌と演奏は、スリリングな香りを持って響きだした。優しく挑発するように『愛欲の華』を歌うCHIYU。でもその歌からは、どこか開放的な香りも漂っていた。サビでは、すべての想いを解き放つように歌う姿も。何より、スーッと染み込むキャッチーな歌が心をグッとつかんで離さない。

 CHIYUに煽られ、「オーイエー!!」と声を上げる観客たち。熱いやり取りから始まったのが、『AMArican Dream』。演奏が駆けだしたとたん、会場中で無数のタオルがクルクルと廻りだす。胸くすぐる歌が疾走する演奏の上で弾け飛ぶ。CHIYUの歌が、触れた人たちの心へどんどん光を射してゆく。大きく膨らみだす「オーイエー!!」の掛け声。このまま、とことんまで熱く気持ちを滾らせてくれ。

 トライヴァルなデジタルビートの上へ、CHIYUは勇壮で躍動的な演奏を重ねだした。胸の内側から沸き上がる気持ちを、彼は『書生論』へ突きつけるようにぶつけてゆく。雄々しさを抱いたロックナンバーの上で、CHIYUは奮い立つ感情を、壊れる寸前の熱した気持ちを持って歌いかけてきた。その凛々しき歌に魂が震えずにいれない。

 CHIYUのラップから始まった『apathy house』。歌のパートへ突入すると同時に、演奏は一気に駆けだした。疾走する楽曲の上で情熱的な歌を突きつけるCHIYU。 ベースソロではダウトの冷夏、The THIRTEENの美月、GOTCHAROCKAのJUN.が舞台へ飛び入りし、CHIYUを煽る場面も。まさかこんなところで、彼らの熱い友情の場面を見れるとは…。

 最後にCHIYUは、胸を熱く高ぶらす歌系昂揚ナンバー『Regret』を演奏。風を切るように駆ける演奏の上で、心騒がせるつかみを持った歌が弾けだす。フロアー中から突き上がる無数の拳と、声を掛け合う風景。後半へ進むごと激しさを増す演奏に触発され、頭振り乱し想いを返す観客たち。一体化したこの昂揚がたまらなく刺激的だ。CHIYUも、終始、熱を抱いたライブを描いてくれた。

 

chiyu

…………………………………………

 

LM.C

                                              

 舞台へ姿を現すと同時に、観客たちをmayaが煽りだした。そのまま演奏はスリリングでハードなデジロックナンバー『Chameleon Dance』へ。ザクザクとしたギターの音を突きつけ、観客たちを刺激するAiji。雄々しき姿でフロアーを埋めた人たちの感情に熱い火を焚きつけるmaya。歌が進むごとに躍動を増す演奏。サビで一気に楽曲も感情もバースト。LM.C流のエレクトリックなダンスロックに触発され、何時しか場内には無数の拳と嬌声が飛び交っていた。

熱い手拍子が会場中を包み込む。激しく身体を揺さぶる弾丸ダンスロックナンバー『DOUBLE DRAGON』の登場だ。全身を震わせる躍動的な演奏に触発され、気持ちが荒々しく騒ぎだす。それ以上に、心をぐっとつかむmayaの歌に、感情が熱く引っ張られていた。 攻めな姿勢で挑み続けるのに心揺さぶる刺激を覚えるのも、彼らが全身から放つ熱に気持ちが嬉しく魅了されたせい!?。

 ちょっとファニーなノリも投影。「一つになりませんか」、mayaの声を合図に、Aijiの重厚なギターの音が突き刺さる。そのまま楽曲は、激しさと妖艶な香りを掻き混ぜたダンスロックナンバーの『@FUNNY PHANTOM@』へ。終始攻めな姿勢を見せながら、サビでは一気に開放した様へ導いてゆく手腕は流石だ。無条件で身体を揺らす演奏に触発され、フロアーではリズムに合わせ飛び跳ね、拳を高く振り上げる大勢の人たちの姿も。熱気はどんどん増してゆく。

 猛々しいドラムビートの上で、「オーオーオオオー」と勇壮な歌声と演奏が轟きだした。会場中の人たちが、腹の奥底から声を振り絞り、雄々しき声を高らかに響かせてゆく。気持ちを一つに騒ぎだす前奏。その熱した気持ちを、LM.Cはそのまま後半戦のライブへと直結!!

 mayaの煽りに触発され、場内中を震撼させた観客たちの絶唱。定番曲である、『We are LM.C!! 〜The Anthem of Strong Pop〜』が演奏され、ヒートアップ。そして、エスノハードな『The BUDDHA』へ。ブンシャカブンと身体を震撼させる楽曲を叩きつけ、場内へ熱狂渦巻く興奮の宴の様をLM.Cは描きだした。妖しいエスノな旋律に意識を惑わされ、雄々しき演奏の直撃に魂が震え出す。理性なんか忘れ、このままLM.Cと一緒に騒ぎ続ければいい。

 最後にLM.Cは明るく開放的なパーティロックチューン『PUNKYHEART』をブースト。観客たちも、最高の笑顔を浮かべ大騒ぎ。光を持って疾走する歌と演奏へ飛び乗り、そのまま大空へ向かって飛び立ちたい。その歌や演奏は、無垢な気持ちのまま彼方の世界まで大勢の人たちを笑顔で連れだしてゆく。今はただただ身体を揺らし、大きく手を伸ばしながら、光携えたその歌をつかもうと騒げばいい。それがLM.Cが届けてくれた、最上級の快楽なのだから。

 

lmczentai

 

…………………………………………

 

A9

 

 将の煽りを合図に、演奏は一瞬にして豪圧な音へと変化。ド頭からA9は、脳天直下型の衝撃を与えるように『Adam』を轟かせた。次々と伸しかかる重厚な演奏に触発された身体は、最初から全力で熱を求めていた。騒ぐ観客たちをクールな眼差しで捉えながら、浪々とした歌を這わせる将。なんて勇壮なステージングだ。圧倒的な存在感とパワーを放つ姿へ、もっともっと熱狂をぶつけたい。

 虎の掻き鳴らす熱いギターの音、その刺激に触発されるように、重厚な音を抱きながら楽曲が駆けだした。重量級の衝撃を背負いながら暴走した『闇ニ散ル桜』の演奏。サビで心解き放つ様や妖しくメロウな表情も示すが、暴走した演奏はずっとスリリングな、何より、心地好い緊張感を携えたまま走り続けてゆく。一触即発なスリリングさを持った演奏だからこそ、身体が熱く騒ぎだす。サビで気持ちを一つに溶け合いながらも、何時感情が壊れるかわからない、その危険な刺激がたまらなく気持ちいいじゃない。

 トライヴァルな幕開け。A9流ニューロマンティック&ダンスロックしたデジタルナンバー『F×IX=YOU』の登場だ。これまでの重厚な黒い世界から、一変。キラキラとした輝きを身体中にまといながら、彼らは会場中に浪漫な香り漂う刺激的な音のアロマを振りまきだした。胸をグッとかつむキャッチーな歌に心奪われながら、光を携えた開放的な歌に包まれ、誰もがにやけた笑顔のまま心地好く踊り続けていた。終盤では、メンバー全員が楽器を置き、横一列になってキメるエンディングのポーズも。そのままライブは、A9流EDMナンバー『CASTLE OF THE NINE』へ突入。なんとこの曲で5人は、将の歌に合わせ、韓流グループかと見紛うほどの一体化した?ダンスを披露。楽器を置き、歌とダンスを届け、観客たちへアッパーな刺激を与えてゆく。フロアー中の人たちも拒絶反応どころか、そのノリを楽しく受け止め、一緒に身体を揺らしトライヴァルなEDMナンバーに合わせ共にはしゃいでいた。

 強烈なダンスビートの上で、再びメンバーらは轟音を叩きつけ暴れだした。A9流ダンスロックナンバー『UNDEAD PARTY』を突きつけ、フロアー中の人たちを熱狂の宴の中へグイグイ引きずり込む。挑発的な演奏に刺激を受け、騒ぐ観客たち。途中、ドラムのNaoがTENGAを手にステージ前へ飛び出せば、ギターのヒロトがさりげなくドラム台に座り、演奏をフォロー。何より、テンションぶちきれたNaoの暴走マイクプレイは嬉しい衝撃だった。後半も、A9は熱狂を引き連れ暴れ続けていた。そして…。

 最後にA9は『MEMENTO』を披露。暴走した演奏はガンガン熱狂と恍惚へ向かって突き進む。サビで気持ちを開放しながらも、終始攻めな姿勢で彼らはフロアー中の人たちの心や身体へ興奮と絶叫という快楽を与えていった。なんて貫祿あふれる、触れた人の理性を嬉しく破壊するライブだ。A9、熟成するどころか、ますますもってヤバい刺激的な花を咲かせ続けている。ぜひこの興奮を体験してくれ。

a9

 

 

…………………………………………

 

Project.Revive-リヴァイヴ-

.  

 真緒(Sadie/The THIRTEEN)/MiA(MEJIBRAY)/SARSHI(HIRO/ナナ)/塩谷朋之(TAKE NO BREAK / More / 12012 / G.∀.M.E)/JIN(ex.SCREW)という面々が集まり誕生したセッションバンドProject.Revive-リヴァイヴ-が、ついに「VisUnite」のイベントへ登場。このメンツで、何を演ってくれるのか。その期待を反映するように、Project.Revive-リヴァイヴ-が最初に届けたのが…。

 「いくぞEAST、かかってこい!!」、真緒の叫びに続いて飛び出したのがSadieの『迷彩』だ。身体を直撃する凄まじい豪圧な音に刺激ざれ、会場中の人たちが一斉に頭を振り乱し暴れ出した。サビのつかみを持った歌メロに合わせ大きく手を揺らす姿も。終始突き上がる拳と頭振り乱す光景がこの場には広がっていた。なんて嬉しい幕開けだ。この日は全員が、Studio Ciel提供による特性の着物風衣裳姿で登場。

これも、「VisUnite」とのコラボレートがあって見れた一夜限りの嬉しい夢の姿だ。

 嬉しい衝撃は止まらない。続いて飛び出したのが、SCREWの『FUGLY』だ。重厚なグルーヴを持ってガツガツと攻めゆくラウド&ダンスロックナンバーを魅力に、彼らは会場中の人たちを轟音と熱狂渦巻くフロアーの中で躍らせてゆく。強烈な四つ打ちビートに身を任せ、真緒の絶叫した歌をパートナーに、頭からっぽに踊り狂えばいい。それ以外に、何が必要だ。

 3曲目の刺客となったのが、感情的な歌始まりの12012の『As』だ。振幅激しい気持ちのままに歌をぶつける真緒。その歌声を歪みを上げた演奏が疾走しながら盛り立てる。感情的に揺れる歌が、胸をグッとつかんで離さない。その歌声を、唸りを上げて疾走する荒々しい演奏で盛り立ててゆく。歌に心震えながらも、身体は火照った感情をけっして冷ますことはない。

 演奏は、一気に開放的な表情へ。飛び出したのが、HEROの『ソプラノ』だ。でも、このメンツだもの、オリジナルのような爽やかな色に染まるわけがない。どこか豪快でノイジックな表情を携えた荒々しい演奏と低音の響く歌声を重ね合わせ、重量感を持った『ソプラノ』として染め上げたのも新鮮だった。むしろ、原曲を活かしたうえで一番Project.Revive-リヴァイヴ-色に染め上げたのが、この曲だったのかも知れない。

 飛び出したのが、MEJIBRAYの『サバト』だ。この会場を一気に暗黒の魔境へと塗り上げるように、ノイジックでラウドな音が場内中で暴れ出した。サビで胸をつかむ切ない歌を響かせ心をグッと沸き立てながらも、終始荒れ狂う演奏をほとばしらせ、Project.Revive-リヴァイヴ-は熱狂のサバトを執り行っていった。

 最後にProject.Revive-リヴァイヴ-が届けたのが、SCREWの『S=r&b』。「紫に染まってくれー」の真緒の声と同時に飛び出した豪快な演奏に触発され、フロアー中から拳振り上げた絶叫が沸き上がる。キリキリと突き刺すスリリングで豪圧な演奏が身体を貫きだす。とはいえ、緩急効かせた楽曲のように、時に攻めながら、時にはメロウな歌を響かせてと、1曲の中で次々と表情を変えてゆく様も、この曲の魅力。共に歌を交わす姿から最後の熱狂一体化した様まで、イベントの最後をシメるに相応しい暴れゆく風景を描きだし、Project.Revive-リヴァイヴ-のライブと今宵のイベントは幕を閉じていった。

 この日で、Project.Revive-リヴァイヴ-は一度活動を停止する。次、何時動き出すのか、その日が来るのを心待ちにしていようか。

 

pr

 

…………………………………………

 

VisUnite Fest Special Edition」アフター。

 

 終演後には、いろんなコスメグッズの詰まったVisUniteお土産袋を全員に配布。ライブの熱狂覚めやらない人たちは、同じ渋谷にあるMusic Bar ROCKAHOLICへ移動。この日、同会場を「VisUnite」が貸し切り、ファンたちのためにアフターパーティを無料で実施。アフターまでフォローしてくれるところが、「VisUnite Fest Special Edition」の魅力。「Visual-keiを通じて世界を繋ぐ」というヴィジョンをしっかり体現しているイベント。

 

 今回で3回目の開催となった「VisUnite Fest Special Edition」。第4回目の開催は何時になるのか、その発表も心待ちにしていて欲しい!!

 

PHOTO:Anastasia

TEXT:長澤智典

 

 

====================

 

<セットリスト>

 

●Awake

『∞Star★Piratez』

『ギャラギャラ♂communication』

『AWAKE』

 

●Smileberry

『絶対LOVER』

『Greed Prince』

『リリカルドライブ』

 

●ダウト

『感電18号』

『禁じられた遊び』

『閃光花火』

『卍』

『MUSIC NIPPON』

『恋文』

 

●CHIYU

『無限の風』

『愛欲の華』

『AMArican Dream』

『書生論』

『apathy house』

『Regret』

 

●LM.C

『Chameleon Dance』

『DOUBLE DRAGON』

『@FUNNY PHANTOM@』

『We are LM.C!! 〜The Anthem of Strong Pop〜』

『The BUDDHA』

『PUNKYHEART』

 

●A9

『Adam』

『闇ニ散ル桜』

『F×IX=YOU』

『CASTLE OF THE NINE』

『UNDEAD PARTY』

『MEMENTO』

 

●Project.Revive-リヴァイヴ-

『迷彩』(Sadie)

『FUGLY』(SCREW)

『As』(12012)

『ソプラノ』(HIRO)

『サバト』(MEJIBRAY)

『S=r&b』(SCREW)