NEWS

2018年07月31日 (火)

『ROCK AND READ』078号発売記念◆幸樹(ダウト)トークショー・レポート「まずは曲を作って演奏して、CD出すのはその後。それがバンド本来の姿だと思うんです」

REPORT - 15:35:42

7月22日『ROCK AND READ』78号の発売を記念したトークイベントが幸樹(ダウト)をゲストに迎え、高田馬場ZEAL LINK店内にて開催された。当日の司会進行は吉田ROCK AND READ編集長が担当。

猛暑の休日午後1時、満員になった店内に吉田編集長が登場、早速幸樹(ダウト)を迎え入れる。

 

幸樹:暑い中お集まりいただきありがとうございます、今日もこの後ライヴなんですけどその前に久しぶりにイベントを。こうやってROCK AND READ吉田編集長と話す機会はなかなかないので、今日はちょっと真面目を多めに。

吉田編集長(以下吉田):オフレコ話をいっぱいしようと思ってます(笑)。

 

ここで着席を促すが、「縦社会なんで、僕立ってしゃべります」と立ったままの幸樹、流れで吉田編集長も立ったままのトークが始まった。

 

吉田:今日は本当に暑くて熱中症が話題になってるんですけど、大丈夫ですか?

幸樹:暑い方が好きですね、僕、寒いのが苦手なんで。明日も野球があるんですけど。(場内からえ〜〜!と驚きの声)、いや、野球やってると、“野球やってるヒマあるんですか?”って意見をよくもらうんですよ、これがジムだったら“ストイックですね、頑張ってますね”って言われると思うんですけど、これって一緒じゃないですか、やってることは(笑)。で、これ俺だけかなと思ったら、バンドマン結構みんな言われてるみたいで。“みんなでワイワイやってるだけみたいに見えて、俺たちがどれだけガチでやってるか分かってないよね、今度みんなにも見せよう“って話になってましたよ。(場内に)相当緊迫した中で野球やってるからね、守備でエラーしたらベンチに戻りたくない気持ちでやってますから。

吉田:明日?

幸樹:夕方からと、夜からの2試合なんで、そんなたいしたことないです。(場内驚きの声)。この前11時からやったんですけど、さすがにそれは暑くて無理だったので昼は止めたんです。

吉田:いやいや、明日、東京は今世紀最高の暑さらしいですよ(結果・翌日7/23熊谷市で国内観測史上最高の41.1度を記録)。で、野球もこの暑さの中での挑戦だと思うんですけど、今回の「ROCK AND READ 078」での幸樹さんの撮影もかなりの挑戦だったと思うんです。「シーシャ/水タバコ」を吸ってる写真を撮りたいってリクエストを貰って、ちょうどダウト10周年を終えたということもあって、水タバコをリラックスした雰囲気で吸ってる、まったりチルアウトした写真を撮りたいのかなと思ってたんですね。それが、シーシャの専門店を借りてロケをしたんですけど、スゴいことになっちゃって。

幸樹:僕の中では、自分の中からアクを出す感じで。

吉田:デトックス。

幸樹:そうです、巡り巡って浄化をイメージして。一番白く出せるものを調べたらシーシャだったので。でもやってみてこんなに辛いものとは思わなかったです。ああいう吸い方をしちゃダメみたいで、本当は3時間くらいかけてゆっくりと吸うそうで。

吉田:撮影なので、カメラマンが煙を出してくださいって何度も言うもんだから。

幸樹:全部空気を出して、全部シーシャ吸ってっていうくらいやったんです。最初は余裕だったし、煙の上手な出し方を教えれくれた女性の店員の方も慣れてるからバカバカ吸って白い煙を出すので、こっちも負けん気が出てやったんですけど──。人生の中で初めてですね、あんなに酸欠になったの。何度も中断して、吐く物がないのに吐き気がするってあんなにキツいんだなぁ…って、生まれてから一番気持ち悪かった。でも、ある意味デトックスですよね。

 

吉田:あの撮影もかなり無謀だと思うんですけど、僕の中ではダウトって無謀なことをやるのが真骨頂みたいなイメージがあるんですけど。

幸樹:たぶん僕ら5人が、あまり無謀だとは思ってないんですね。事の大きさがわかってなくてやってしまったり。結成してすぐの頃、リハスタの近くに豊島公会堂があったんです。当時、渋谷公会堂でやることが憧れだったけどさすがに結成2年じゃ無理かと、でもなんか近い感じがしたので、豊島公会堂の事務室に5人で行って、“ここで僕らライヴしたいんですけど“って…。

吉田:え!? 豊島公会堂に直で行ったってことですか?だってあれは豊島区の公的機関の会場で、そこに駆け込みで行った?すごい度胸。

幸樹:後々調べると、ブルーハーツがやってたり。

吉田:80年代は、BUCK-TICKだったり、ポジパンのバンドもよく使ってた会場ですね。

幸樹:警戒心がないんですかね、結局その話はポシャったんですけど。あと、僕ら『ZIPANG』ってアルバムでジッタリン・ジンの「夏祭り」をカバーしてて、2周年で<府中の森芸術劇場ふるさとホール>でライヴをやることになったとき、いつも使ってたリハスタにWhiteberry(「夏祭り」をカバーしてヒットさせた女性バンド)のヴォーカルの人が働いてたんです。これはライヴに登場していただこう──ってお願いしたんですけど、正式に断られました(笑)。

吉田:そういうのは普通ためらうのに(笑)。

幸樹:僕らダウトは、スタッフとかと仲良くなり過ぎちゃって、スタッフがメンバーに対してキレることが多いんです、ローディの子とかも。昔ならあり得なかったですよ、ローディがメンバーにそんなことしたらすぐに坊主でしたから。

吉田:今、バンド同士ではどうなんですか?昔は楽屋でケンカしたりとかありましたけど。

幸樹:昔、そういうのを目の当たりにしてましたけど、今は全然ないです。挨拶も“おはようございます”1回です。昔はすれ違うたびに“お疲れさまです”を言わなきゃいけなかったけど。

吉田:まぁ、いいといえばいい時代。

幸樹:でも、先輩からは言われるんですよ、“よく他のバンドと写メ撮れるよな、俺たちの頃は敵でしかなかったから”って。で、先輩に“ちょっと一緒に写メ撮ってもらっていいですか?”って言ったら、“いいよ”って(笑)。

吉田:昔は打ち上げもあったじゃないですか、飲むときは必ず一気で。一気飲みオンリー(笑)。

幸樹:先輩から、ジョッキを指して“おい”って言われたら、まずそれを空にしてから飲まないと失礼に当たるので、一気で空にしてから、“ありがとうございます”って戴いてました。

吉田:そういうのは最近はない?

幸樹:全然ないです。今、打ち上げもなくて、皆結構さっと帰りますからね。

吉田:会場の皆さんから事前にいただいた質問にもあったんですけど、お酒って飲む方ですか?

幸樹:飲むときは飲みますよ。でもビールが飲めないんですよスゴく酔うので。だから赤ワインとか。これは痛風で尿道結石持ちのおとん(父)が“結石は死んでもいいいと思ったくらい痛いぞ、だから遺言だと思ってこれから先、酒を飲むのなら赤ワインにしておけ”って。赤ワインはアルカリ性らしいんですよ、だからそれ以外飲むなって。

吉田:いい話なんだかどうだか分からない話ですね(笑)。

幸樹:遺言だと思って──って言いながらピンピン生きてますけど(笑)。

 

吉田:(笑)、さっきの無謀な話に戻るんですけど、去年から今年にかけてやった「前人未到!47!?都道府県フリーライブツアー2017-2018」って無謀の極みですよね。

幸樹:100か0かっていう意識がうちのバンドは強いんです。47ツアーのハコ(会場)は決まっていて、他のバンドからも地方の状況を聞いていて。じゃぁこのツアーをやることで、僕らにとって一番のプロモーションになることは何だろうって考えたとき、それはテレビとかに出まくることじゃなくて、ライヴを見てもらうことが一番いいってことになったんです。で、“よし、じゃぁ全部フリーにしようよ”ってことになったんですけど、絶対一人くらいは “いやいやいや”って言うですけど、うちらは全員“それで行こう”って。だからシンプルなんです、<いいライヴをすればいい>って。

吉田:それはそうですけど、全部フリーライブですよ!?

幸樹:もちろんタダでライヴができるわけじゃないので、“最悪バイトしよう”って。僕以外みんな自営業なので。

吉田:その47都道府県も、もしお客さんがゼロだったやらないっていう条件で。

幸樹:1人でもやろうと思ってました。で、フタを開けたら初日の山形はゼロ。最初の第一開封のときは山形だけゼロで、あぁこれじゃできないね──って思ったんですけどその後伸びて無事に。

吉田:よかったです(笑)。で、その47都道府県フリーライヴツアーを発表した日のライヴがまたスゴくて、なんですかあの10時間110曲ライヴって。

幸樹:全曲ライヴ。あれは今までやった曲を全部やりました。

吉田:だってあのムックの逹瑯さんが褒めてましたもん、あの毒舌逹瑯さんが(笑)。

幸樹:逹瑯さんから連絡が来たんですよ。“あれってメドレーとかでやったの?”って聞かれたので、“全部フルでやりました“って答えました。そしたら“マジすげえね”って。

吉田:逹瑯さんが褒めるくらいの無謀なことをやったわけですけど、喉は大丈夫なんですか?

幸樹:喉は余裕でした。最初は抑えて──とか思ったんですけど余裕でした、まだ行けましたね。でも夜11時過ぎまでやってて、ファンの方々がそろそろ終電が──っていうのが心配でした。

吉田:喉は何か鍛えてるんですか?

幸樹:極力使わないですね。ライヴの日だとほとんど喋らないし、リハーサルも自分のモニターさえ良ければいいわけで、そこで練習しようとは思わないし。だからリハは2曲くらいで出ますね。

吉田:普段何かケアはしてるんですか?

幸樹:加湿くらいじゃないですか。昔はワンマン・ライヴ1本やるだけで声が全然出なくなってたんです。それって自分の自信のなさから全部の曲に対して100%で歌ってて、抑揚もない一本調子で。でも意外に俺の声って優しく歌っても聴こえてる──って思ってからは、歌の振り幅が大きくなって、それが喉を痛めなくなった原因かなと。

吉田:ツアー中には飲まない?

幸樹:絶対飲まないですし、ホテルの部屋は真っ白になるくらい加湿して。そうすると全然違いますよ。

 

吉田:野球は──喉には関係ないか。体は鍛えられるかもしれないけど。

幸樹:野球は僕のメンタルケアで。これ、よくバンドマンは言うんですけけど、<あと4日頑張れば野球に辿り着ける>って。だからそれが今の原動力になってるんです。

吉田:その野球関連の質問も来てまして、“YUKKE(ムック)さんをどう思ってますか?”。

幸樹:YUKKEさんキャプテンなのに最近来ないんですよ。ハマの番長、三浦大輔さんがピッチャーの時にYUKKEさんがショートで。1回ポロっとエラーしちゃったんです、1回くらいするわな──と思ったら、不運にもその後YUKKEさんの所ばかりに飛んじゃって4連続エラーをして。番長も4回目のときはグローブで指して、オイッ!!って。で、最近来ない。

吉田:YUKKEさんのメンタルが心配(笑)。

幸樹:でも野球のメンバーのLINEでは“今日も行けなくてゴメン”って会話はしてくれます。

吉田:端から見ていて、幸樹さんって交友関係がすごく広い人っていうイメージがあるんですよ。

幸樹:いや、僕、全然ないですよ。好きなものに対して集まる人たちと仲がいいだけで。やっぱり人って怖いじゃないですか、だから必要以上には踏み込まないようにしてます。

吉田:僕の印象では誰にでもフレンドリーな優しい人ってイメージなんですけど。

幸樹:深く探ると、意外とこの人ひねくれてるなって所はたくさん出てくると思いますけど。

吉田:最近よく遊ぶ人っています?

幸樹:今は野球が恋人みたいになってしまっているので。

 

吉田:この一号前のROCK AND READ(077号)でゴールデンボンバーのキリショーさんに表紙をやってもらっているときのインタビューでも、わざわざ名前を出して、“ダウトはスゴい”と。今のバンドはバンギャに嫌われることを嫌がって守りに入るというか飛び出すようなことをしていないのに、ダウトはそれを恐れないでチャレンジしてる──と褒めてました。そういう意味では最近のヴィジュアル系に対して思うことあります?

幸樹:昔はもっと個性のあるバンドがいて──って思ってたんですけど、実は昔も今も同じようなバンドはいっぱいいて、その中で残ったのはオリジナリティがあるとか、何かしら取っ掛かりのあるバンドで、それは変わらないと思うんです。僕はメジャーにも行ったし、だからメジャーに行ってない後輩が“メジャーに行っても売れないっすよ”って言ってくるのは、“お前、それ違うから、売れるバンドはインディーズでも売れる”っていうのは話してます。結局はバンドなんですよね。

吉田:だからそういう意味ではメジャーもインディーズも関係ないと思うんですけど、今は、ダウトって完全インディーズですよね。

幸樹:今日も一人で来ましたから。マネージャーいないです、キレて来るローディはいますけど(笑)。でもそれって当たり前のことで、自分たちが結成したときってバイトもして、その中でグッズを作ったり、全部自分たちでやってたし。今ってCD出すのが最初じゃないですか、でもその頃はCDも出せなかったから曲先行で作って演奏してそのあとCDを出して。それがバンド本来の姿だと思うんです。今、バンドとして曲をたくさん作っていて、CDを出さなくても演奏したいし、もしツアーがあったら、“え、この曲何?”って曲が半分とか1/3あってもいいなって思ってるんです。いろんな経験をして、今、気持ちが結成した当初の感じに戻ってる気がします。

吉田:という感じで話がまだまだ続きそうなんですが。

幸樹:え、まだまだ行けますよ。

吉田:でも時間が来たので、何か告知があれば。

幸樹:今日この後ツーマンがありまして、10月20日に僕、誕生日のライヴ「KOUKI BIRTHDAY PLEMIUM CONCERT 幸の恩返し‘18〜満天の演奏会〜を北とぴあドームホールでするんです。で、まだ発表してないんですけど、誕生日当日はやっぱりダウトでやりたいと思ったので、10月21日も空けておいてもらえたらありがたいなと思います。

吉田:あと何かやってみたいことは?

幸樹:もっと吉田さんと話したかったです。

吉田:でも、だってダウトはこのあとライヴがあるんですよ!

幸樹:そうっすよ(笑)。でも楽しかったです、たぶん掘り下げるともっといろんな話があるんですけど。

吉田:ま、でも今日はこんな感じでトークを締めてサイン会に。

幸樹:ありがとうございました。(場内大拍手)

 

この後、サイン会が行われた。

 

 

ROCK AND READ 078

ROCK AND READ 078

A5判/224頁/本体価格1,200円+税/発売中

ISBN:978-4-401-77167-7

ミュージシャンの本音と本心に迫るパーソナルロングインタビュー集『ROCK AND READ』、最新号の表紙巻頭はthe GazettEのボーカリストRUKIが飾る。巻末にはluzが本誌に初登場。他にも幸樹(ダウト)、武瑠(sleepyhead)、AKIHIDE(BREAKERZ)、ナカヤマアキラ(Plastic Tree)他が登場

 

 





2018年07月31日 (火)

【フリーペーパー】2018年8月1日より配布開始♪★★★SHIBUYA-REXフリーペーパー「VR-Virtual Reality-」Vol.073★★★

NEWS - 00:00:27

 

お得にゲット♪

フリーペーパー情報です!!



SHIBUYA-REXフリーペーパー「VR-Virtual Reality-」!
Vol.073、今月も読むのが楽しみっ♪

 

◎8月1日よりSHIBUYA-REX、RUIDO各店舗、全国インディーズCDショップ、全国ライブハウス等にて配布
※場所によって配布日が前後する可能性が御座いますのでご了承下さい。

 

 

配布店舗一覧などはコチラ★ 

http://www.ruido.org/vr/

 

——————————-

 

■SHIBUYA-REXフリーペーパー「VR-Virtual Reality-」Vol.073■

 

・千聖とCrack6がスプリットシングル『ジキルの空/MAD RIDER』を発売!千聖の今を追いかけました。
・「Crazy Monsters ~関東ZONE HALLOWEEN PARTY 2018~」10/27(土)新宿ReNYにて!!


・Soanプロジェクト with 芥の3rdミニアルバム『動猛成る狂想、動脈に射つ』が9/5発売!『動猛成る狂想、動脈に射つ』が生まれた背景を伺った。
・Soanプロジェクト8/21、22に渋谷REXにて『真夏の夜の夢vol.2』開催!!


・mitsu 新宿ReNYワンマンが大成功に終わり、なんと恵比寿LIQUIDROOMにて4周年記念ワンマンを発表!8月から「みつどもえ」も開催♪ハロウィンや生誕祭と勢いを増す彼から目を離すな!


・Smileberry ONEMAN LIVE「SUPER SMILE 2018」渋谷WWWにて!間も無く開催!


・アンティック-珈琲店-15th Anniversary Year Special LIVE CAFE TOUR 2018 「ラグニャロク」~the last voyage~12/8(土)渋谷REX公演は輝喜Birthdayo(≧∀≦)o


・Leetspeak monsters ONEMANTOUR 2018 『Welcome to Monster’s Theater』FIANL渋谷O-WESTにて!


・8月15日(水)B’LAIVE 2nd Mini ALBUM『ハイブリ!』発売!東名阪3マンツアーも開催♪


・BABY I LOVE YOU埼玉会館小ホール~漆黒のシンフォニー~at埼玉会館出演!


・stylish wave CIRCUIT’18 夏の陣”今宵狂乱” / NEXT#01-45分、ガチンコ3本勝負!-


・Initial’Lアルバム先行シングル『Can You Feel It?』セルフディスクレビュー掲載♪


・連載コラム満載!【輝喜(アンティック-珈琲店-)/SARSHI(HERO/Flutter Echo/ナナ)/Smileberry/BAN(ex.少女-ロリヰタ-23区)/REIGN/レイヴ/FEST VAINQUEUR/GARAK’S/Kazuya/BABY I LOVE YOU】


2018年07月30日 (月)

★びじゅなびピックアップ連載!★【LIM】<第10回>いよいよ明日フラゲ日!★2018年8月1日(水)New SINGLE「BULLET」リリース!

NEWS - 23:19:03

都内を中心に、勢力的にライヴ活動を行っている「LIM」をピックアップしているびじゅなび連載!
6月で結成1周年を迎えた彼ら。
そのスタイリッシュなヴィジュアルと、ストレートなサウンドで着実にファンを獲得し続けています!

2018年12月7日(金)には高田馬場CLUB PHASEにて1st ONEMAN LIVE<SONG OF THE DAYBREAK>の開催も決定しています。

いよいよNew SINGLE「BULLET」が明日、フラゲ日となります!

コメント動画やプチインタビューなど10回の長期に渡りお届けして参りましたが、本日は最終回。

各メンバーのことをちょっとでも覚えていただければ幸いです!

そしてメンバーの皆さまもご協力ありがとうございました!

 

LIMは今後もイベント出演など多々行っていきますので、生のライヴもぜひぜひご覧下さい♪

そして明日フラゲでいよいよ皆さまのお手元に届けられる最新作『BULLET』のMVを是非ご覧になって下さい!


◆LIM『BULLET』MV

 

 

 

また何かの企画でご登場いただくかもしれませんが、びじゅなびをご覧の皆様&LIMの皆様、どうぞよろしくお願いいたします!!

これからも彼らの放つサウンドに期待です!!

 

====================

 

 

★LIM 2nd SINGLE「BULLET」

2018.08.01.[WED]RELEASE

 

LIM-0002 / ¥1,200(tax out)

[CD]
01. BULLET
02. Empty human
03. BULLET -Instrumental ver.-

 

販売店舗、インストアイベント、店舗別特典などの詳細はオフィシャルサイトより随時更新。

http://www.lim-official.com/

 

============================

 

■LIM 1st ONEMAN
「SONG OF THE DAYBREAK」

2018.12.07[FRI]高田馬場CLUB PHASE

 

OPEN 18:00 / START 18:30

ADV ¥3,500(+D) / DOOR ¥4,000(+D)

 

〈出演〉LIM

 

★チケット:
[A]イープラスにて7/21(土)10:00〜発売
[B]当日券

 

入場順:A→B

 

============================


【Twitter】
@LIM_Official
https://twitter.com/LIM_OfficiaI

【Official Site】
http://www.lim-official.com


2018年07月30日 (月)

【エインフェリア】新ヴィジュアル公開!巣鴨 獅子王にて主催イベント<-セラフィックゲート2周目-> 開催決定!

NEWS - 19:00:50

エインフェリアから新アー写と共に2nd主催開催の情報が届いた。

 

タイトルは<セラフィックゲート2周目>。
詳細は後日解禁される。

 

現在、初のMVを制作中というエインフェリア。

まだまだ幕が開いたばかりの彼ら、今後の動向も注目したい。

 

====================

 

■エインフェリア主催
-セラフィックゲート2周目- 開催決定

2018年11月13日(火) 巣鴨獅子王

※詳細後日発表

 

====================

 

■エインフェリアHP
http://www.ainneferia.net/

■ヴァルハラミュージック Twitter @seraph_gate


2018年07月30日 (月)

【アルルカン】2018年8月29日発売、1st MINI ALBUM「BLESS」全曲視聴SPOT&ジャケット公開!

RELEASE - 18:00:59


昨日、品川ステラボールにて行われた<闇戦!!!2018>LIVE終了後に、8月29日にリリースされる1st MINI ALBUM「BLESS」の全曲視聴SPOT&ジャケットを公開したアルルカン。

作品タイトルの「BLESS」に込められた意味とは…?
その謎を紐解く様に、是非SPOTを視聴して頂きたい。

 

8月5日(日)にはebisu LIQUIDROOMにてメンバーがリスペクトして止まない「MERRY」との2MAN LIVE<Baa Baa Dear Big Sheep>を開催。

9月からは<5th ANNIVERSARY ONEMAN TOUR Quint「」>がスタートする。
記念すべきTOUR FINALは12月8日(土)Zepp TOKYO。

 

結成5周年を迎えるアルルカン。
「BLESS」全曲視聴SPOTで、まずはこの作品に触れてみて頂きたい。

 

====================

 

< NEW RELEASE>

 

2018年8月29日 1st MINI ALBUM
「BLESS」
2TYPE RELEASE

 

※「BLESS」視聴SPOT

 

image2
【TYPE A】 GMCD-050A (¥3,700 tax out)
DISC1.(CD):1.世界の端/2.黒犬/3.Rem/4.好奇心、僕を生かす/5.消えてしまいたい夜に/
6.if
DISC2.(DVD):1. MUSIC CLIP +OFF SHOT
大名行列2018「絆-キズナ-」EX THEATER ROPPONGI公演より
1.エンヴィー/2.lullaby/3.NEGA ABILITY/4.exist/収録

…………………………………………

image3

【TYPE B】 GMCD-050B (¥2,300 tax out)
DISC1.(CD):1.世界の端/2.黒犬/3.Rem/4.好奇心、僕を生かす/5.消えてしまいたい夜に/
6.if

 

====================

 

<ライヴ>

 

■アルルカン 2MAN LIVE「Baa Baa Dear Big Sheep」
2018年8月5日(日)ebisu LIQUIDROOM

 

出演:アルルカン / MERRY

 

開場17:15 / 開演18:00

前売 ¥5,000(税込み/D別) / 当日 ¥5,500(税込み/D別)
※オールスタンディング

 

★チケット:
・イープラスプレオーダー(抽選)
6月11日(月)12:00 ~ 6月24日(日)23:59まで

・一般発売
7月7日(土)~

入場順:イープラスプレオーダー → 一般発売 → 当日券

 

[問]ディスクガレージ 050-5533-0888

 

——————————-

 

■アルルカン 5th ANNIVERSARY ONEMAN TOUR
Quint「」

…………………………………………

9月1日(土)大阪BIG CAT
9月8日(土)仙台darwin-SOLD OUT-
10月14日(日)福岡DRUM LOGOS
10月26日(金)名古屋DIAMOND HALL

【TOUR FINAL】
12月8日(土)Zepp TOKYO

…………………………………………

□大阪、仙台、福岡公演 開場17:00 / 開演17:45

□名古屋公演 開場17:30 / 開演18:15

□東京公演 開場17:00 / 開演18:00

…………………………………………

チケット料金
前売り¥4,500 (税込/D別) / 当日 ¥5,000 (税込/D別)

□Zepp TOKYO
前売り¥5,000 (税込/D別) / 当日 ¥5,500 (税込/D別)

…………………………………………

★チケット:


・大阪公演
【オフィシャルモバイルサイト会員先行 (A番)】*受付期間終了* 

【イープラスプレオーダー先行 (B番)】*受付期間終了* 

【一般発売 (B番)】
5月6日(日)10:00より
イープラス

…………………………………………
・仙台公演
【前売りチケット】
-THANK YOU SOLD OUT-
※消防法による会場定員を満たしたため当日券は当日の状況により販売を行います。
当日券販売の有無など詳細は、当日会場にてご確認ください。

…………………………………………
・福岡公演
【オフィシャルモバイルサイト会員先行 (A番)】*受付期間終了* 

【イープラスプレオーダー先行 (B番)】*受付期間終了* 

【一般発売 (B番)】
7月7日(土)10:00より
イープラス

…………………………………………
・名古屋公演
【オフィシャルモバイルサイト会員先行 (A番)】*受付期間終了* 

【イープラスプレオーダー先行 (B番)】*受付期間終了* 

【一般発売 (B番)】
8月4日(土)10:00より
イープラス

…………………………………………
・東京公演
【オフィシャルモバイルサイト会員先行 (A番)】
受付期間:9月2日(日)12:00~9月17日(月・祝)23:59

【イープラスプレオーダー先行 (B番)】
受付期間:9月18日(火)12:00~9月30日(日)23:59
受付URL:http://eplus.jp/arlequin18/

【一般発売 (B番)】
10月7日(日)10:00より
イープラス

…………………………………………
[入場順] A→B→当日

 

====================

 

◉iTunes こちら

◉ドワンゴ こちら

 

====================

 

★アルルカン Official HP★
http://arlequin-web.com/

★アルルカン Official Twitter★
https://twitter.com/arlequin_offi


2018年07月30日 (月)

元SCREWのVo.BYO率いる新バンド“KHRYST+”のメンバー発表!0th MINI ALBUM「BASALT」よりリード曲「螺旋階段」のMVも解禁!

NEWS - 15:00:24

解散から約2年、元SCREWのVo.BYOが新たに結成したバンド“KHRYST+”(読み:クライスト)のメンバーが発表された。

DrにはSCREW時代からの盟友・JIN。

そして元Nihilizmで活動していたGu.のQUINA(読み:クイナ)とBa.のIЯU(読み:イル)という布陣でヴィジュアルシーンを引っ掻き回す!

 

そんな彼らの初の音源になる0th MINI ALBUM「BASALT」(読み:バサルト)が、11月1日(木)TSUTAYA O-WESTで行われる初ワンマンライブの会場限定にて発売されることも決定。

KHRYST+の名刺代わりになるであろう、全6曲入りのMINI ALBUMを是非この機会に手に入れて欲しい。

 

 

そしてKHRYST+Official YouTubeチャンネルも開設され、リード曲「螺旋階段」のMUSIC VIDEOがフルで解禁された。

BYOの妖艶で退廃的な存在感と力強くもセクシーな歌声、エモーショナル且つテクニカルなQUINAのプレイ、ストイックでありながらパワフルな重低音を響かせるIЯUとJINのリズム隊。

そんな彼らが織りなす鋭利な刃物のようなKHRYST+の楽曲に、胸を抉られるような感覚を味わって欲しい。

 

そしてOFFICIAL FANCLUB【REDRUM】も発足。

8月1日(水)18:00〜から11.01(Thu) TSUTAYA O-WEST公演チケットのFC会員先行受付もスタートするので、確実にチケットを手に入れたい方は是非チェックして欲しい。

更に本日30日(月)深夜1:00~4:00放送FM802「REDNIQS」にて、0th MINI ALBUM「BASALT」から「螺旋階段」をラジオ初解禁も決定!

 

今後のKHRYST+の動向を見逃さないよう、注目して欲しい。

 

====================

 

<メンバーコメント>

 …………………………………………

◆BYO(Vo)

“受難と復活” 全てを捧げます。

俺の共犯者、この指とまれ

 

Instagram

https://www.instagram.com/byo_official

Vo.BYO

…………………………………………

◆QUINA(Gt)

KHRYST+のguitarを担当しているQUINAです。

色々な奇跡が重なって、このKHRYST+というバンドは結成されました。

僕が生きてきた人生の中で、この最高のメンバーで、現代のヴィジュアル系シーンを全力で盛り上げていきたいと思います。

 

Official Twitter 

https://twitter.com/khryst_quina

Instagram

https://www.instagram.com/denki_otoko

Gu.QUINA

………………………………………… 

◆IЯU(Ba)

初めまして、KHRYST+のBass.IЯUです。

このメンバーと生きていくと決めました。

これから色んな事があると思いますが自分らしくKHRYST+のベーシストとしてシッカリ頑張っていきます。

見守って下さい、よろしくお願いします。

 

Official Twitter 

https://twitter.com/khryst_iru

Instagram

https://www.instagram.com/inumamire_p1pit

Ba.IRU

 ………………………………………… 

◆JIN(Dr)

KHRYST+ DrumsのJINです。

離れないでついてきてくれたファンの皆、関係者の方々、メンバーのお陰で蘇生しました。

感謝の意を込めてこれから布教活動していきたいと思います。

KHRYST+を愛せ。

 

Official Twitter 

https://twitter.com/khryst_jin

Instagram

https://www.instagram.com/jin_0722_ofc

Dr.JIN 

====================

 

■KHRYST+ Official YouTubeチャンネル

0th MINI ALBUM「BASALT」より「螺旋階段」フルMV公開!!

 

 

====================

 

★0th MINI ALBUM「BASALT」

2018.11.01(Thu) TSUTAYA O-WESTにて販売

全6曲収録 

 

 

♪収録曲:

M-1.RING THE CHANGES

M-2.螺旋階段

M-3.FREAKING OUT

M-4.DON’T BE SILLY

M-5.ボクトアソボウヨ…

M-6.REDRUM

 

====================

 

<LIVE SCHEDULE>

 

■KHRYST+ LIVE #000000

2018年11月01日(Thu) TSUTAYA O-WEST

OPEN 18:30/START 19:00

 

★チケット:

◆FC1次先行 08.01(Wed)18:00~08.07(Tue)23:59 ※【REDRUM】会員対象

 

——————————-

 

OFFICIAL FANCLUB【REDRUM】発足!

有料会員登録(月額:500円(税別))していただきますと「MOVIE」「GALLERY」ライブチケット優先先行販売等をご利用いただけます。

その他、FC限定イベントなど企画中!

 

====================

 

★KHRYST+ OFFICIAL SITE★https://khryst.jp/

★KHRYST+ Official Twitter★https://twitter.com/khryst_official