NEWS

2018年10月04日 (木)

【イベント】<Crazy Monsters~関東ZONE HALLOWEEN PARTY 2018~>今年もハロウィン!東京&埼玉公演はチケット残り僅か!!

EVENT - 21:47:01

MSTR(千聖 from PENICILLIN/Crack6)が主体となり、毎年開催されている「Crazy Monsters」こと”クレモン”は今年もハロウィンライブをやります!

2018年は、埼玉、千葉、東京、神奈川と関東を中心においての初開催です!

オープニングのMSTRの開会挨拶から転換中の名物司会の矢田耕平さんとのトークまでお見逃しのないよう!

 

そして、10/14(日)柏PALOOZA公演に”Ricky”さまの出演が決定です!

前売りチケットは絶賛発売中!!!

毎年人気のこのシリーズ、東京公演&埼玉公演はチケット残り僅かになっています!

お急ぎくださいませー!!!!

 

====================

 

■Crazy Monsters 

~関東ZONE HALLOWEEN PARTY 2018~

2018.10.13(土)

[埼玉] HEAVEN’S ROCKさいたま新都心

 

OPEN 16:00/START 16:30

 

[出演]

・Crack6

・THE MICRO HEAD 4N’S

・Ricky

・UCHUSENTAI:NOIZ

・葵-168-

・ADAPTER。

・矢田耕平(司会)

 

[チケット]

前売券¥5,500(D別)

 

★チケット:

■一般発売情報

7/29(日)より絶賛発売中!

※予定枚数に達し次第、受付終了となります。

★チケットぴあ

[WEB]https://t.pia.jp/

[TEL]0570-02-9999(P:115-899)

★ローソンチケット

[WEB]http://l-tike.com/

[TEL]0570-084-003(L:74518)

★イープラス

[WEB]http://eplus.jp(PC・携帯共通)

(問)DISK GARAGE/TEL.050-5533-0888

 

——————————-

 

2018.10.14(日)

[千葉] 柏PALOOZA

 

OPEN 16:00/START 16:30

 

[出演]

・Crack6

・THE MICRO HEAD 4N’S

・UCHUSENTAI:NOIZ

・葵-168-

・ADAPTER。

・Ricky(追加出演)

・矢田耕平(司会)

 

[チケット]

前売券¥5,500(D別)

 

★チケット:

■一般発売情報

7/29(日)より絶賛発売中!

※予定枚数に達し次第、受付終了となります。

★チケットぴあ

[WEB]https://t.pia.jp/

[TEL]0570-02-9999(P:115-899)

★ローソンチケット

[WEB]http://l-tike.com/

[TEL]0570-084-003(L:74543)

★イープラス

[WEB]http://eplus.jp(PC・携帯共通)

(問)DISK GARAGE/TEL.050-5533-0888

 

——————————-

 

2018.10.27(土)

[東京] 新宿ReNY

 

OPEN 16:00/START 16:30

 

[出演]

・Crack6

・THE MICRO HEAD 4N’S

・C4

・Ricky

・UCHUSENTAI:NOIZ

・葵-168-

・Leetspeak monsters

・Anli Pollicino

Bräymen

・矢田耕平(司会)

 

[チケット]

前売券¥5,500(D別)

 

★チケット:

■一般発売情報

7/29(日)より絶賛発売中!

※予定枚数に達し次第、受付終了となります。

★チケットぴあ

[WEB]https://t.pia.jp/

[TEL]0570-02-9999(P:115-899)

★ローソンチケット

[WEB]http://l-tike.com/

[TEL]0570-084-003(L:74577)

★イープラス

[WEB] http://eplus.jp(PC・携帯共通)

(問)DISK GARAGE/TEL.050-5533-0888

 

——————————-

 

■Crazy Monsters

~関東ZONE HALLOWEEN PARTY 2018~

「クレモン・アワード 2018」

2018.10.31(水)

[神奈川] Yokohama O-SITE

 

OPEN 18:00/START 18:30

 

※本公演はトークライブになります。

※ニコニコ生放送の中継を予定してます。

 

[出演]

・MSTR(Crack6)

・Nimo、ZERO(THE MICRO HEAD 4N’S)

・Junji(C4)

・Ricky

・ANGEL-TAKA(UCHUSENTAI:NOIZ)

・Shindy(Anli Pollicino)

・矢田耕平(司会)

 

[チケット]

前売券¥3,500(D別)

 

★チケット:

■一般発売情報

7/29(日)より絶賛発売中!

※予定枚数に達し次第、受付終了となります。

★チケットぴあ

[WEB]https://t.pia.jp/

[TEL]0570-02-9999(P:115-899)

★ローソンチケット

[WEB]http://l-tike.com/

[TEL]0570-084-003(L:74579)

★イープラス

[WEB]http://eplus.jp(PC・携帯共通)

(問)DISK GARAGE/TEL.050-5533-0888

 

====================

Crack6 オフィシャルサイト

http://www.crack6.jp


2018年10月04日 (木)

【Ricky】<SUMMER TOUR 2018「THE☆KAKIGORI☆CKY」~夏季にイケイケゴーゴーの略~>2018年9月30日(日)渋谷REX!「Rickyとしてのオリジナリティーを追求する事で、僕を選んでくれたみんなをワクワクさせたい!」

REPORT - 21:30:10

約3年振りとなるRickyソロツアーは8/25(土)西川口Heartsを皮切りにおよそ一ヶ月かけて全6公演行われた。

ツアー初日と同時にリリースされたニューシングル「曖昧モラトリアム」「Hi-Techno-Boy」その他のソロ曲はもちろん、今ツアーではRickyが以前所属していたバンド「R*A*P」(2007年に解散)からの楽曲も多数披露された。

180930_247

180930_406

180930_485

 

Rickyを支えるサポート陣もGt:TφRU(SEX ANDROID)、Ba:リウ(メトロノーム)、同じくBa:YUCHI(kannivalism/sukekiyo)、Dr:YUJI(ex.D-SHADE)、Mani:巧(DASEIN/千聖ソロプロジェクト)と豪華な面々。

180930_338

180930_343

180930_368

180930_445

180930_457

180930_514

 

180930_537

テクノ、ダンスミュージック的アプローチのシーケンストラックにROCK色の強いBANDサウンドがミックスされ、音源とはまるで違う、ライブでしか体感できないRickyワールドがそこにはあった。

 180930_584

ステージにはオリエンタル調な衣装を纏ったメンバーとタイダイ染めのバックドロップ、そして今回はかき氷をイメージして用意したという「のぼり」までセットされ、夏のお祭り感と華やかさを演出したという。

音楽のみならず視覚的にも趣向を凝らし愉しませてくれるのがRickyワンマンライブの醍醐味ではないだろうか。

「売れてるアーティストや素敵な音楽が沢山ある中、Rickyとしてのオリジナリティーを追求する事で僕を選んでくれたみんなをワクワクさせたい!それが今自分が音楽を続けるモチベーションです!」

MCで彼はこう語っていた。

その言葉通りこの日のサウンド、SET LIST、細かいステージ演出などにこだわるその姿からは、Rickyにしか生み出せない、Rickyでしか味わえない世界を届けようという気迫と情熱が火傷するほどに伝わってきた。

 180930_616

180930_623

180930_682

来年はソロデビュー10周年という節目を迎えるRicky。

これまでも一風変わったパフォーマンスやその出立ちから異彩を放ち続けてきた彼が、次は一体どんな世界を構築し魅せてくれるのか…きっとまた私たちの予想が到底及ばないはるか斜め上から攻めてくるに違いない…まるでUFOに乗った宇宙人のように(笑)。

もしかしたら彼は本当に宇宙人なのかも…そんな未知なる期待に胸膨らませるツアーファイナルであった。

 

====================

 

<スケジュール>

 

SOLODIERS~ソロジャーに花束を~ ーRicky Birthday Nightー

2018年10月20日(土) 白金SELENE b2  open 17:00 / start 17:30
出演:Ricky/コタニキンヤ./谷本貴義/緋村剛(21g)/nero/松本寛也 他

 

Crazy Monsters ~関東ZONE HALLOWEEN PARTY 2018~

2018年10月13日(土)

[埼玉] HEAVEN’S ROCKさいたま新都心  open 16:00 / start 16:30
出演:Crack6/THE MICRO HEAD 4N’S/Ricky/UCHUSENTAI:NOIZ/葵-168-/ADAPTER。矢田耕平(司会)

 

2018年10月14日(日)

[千葉] 柏PALOOZA  open 16:00 / start 16:30
出演:Crack6/THE MICRO HEAD 4N’S/Ricky/UCHUSENTAI:NOIZ/葵-168-/ADAPTER。矢田耕平(司会)

 

2018年10月27日(土)

[東京] 新宿ReNY  open 16:00 / start 16:30
出演:Crack6/THE MICRO HEAD 4N’S/C4/Ricky/UCHUSENTAI:NOIZ/葵-168-/Leetspeak monsters/Anli Pollicino  矢田耕平(司会)


2018年10月04日 (木)

【umbrella】東京&大阪にて3マンイベント<危険因子>開催決定!THE NOSTRADAMNZ、Mr.ChickenHat Timersと共演

NEWS - 21:00:39

関西を拠点に活動を続ける4人組バンド「umbrella」が、2019年1月にスリーマンイベント<危険因子>を東阪で開催することを発表した。


umbrellaは本日、各メンバープロデュースワンマン初日を地元大阪の北堀江Club Vijonで終えたばかり。

このスリーマンには、普段から親交が深いバンドでありながら3バンドで共演するのは初めてという「THE NOSTRADAMNZ」、「Mr.ChickenHat Timers」が出演する。

<危険因子>というタイトルの通り、攻撃的で熱いイベントとなりそうだ。


公演は2019年1月24日(木)EDGE Ikebukuroと1月31日(木)北堀江Club Vijonの2か所での開催となり、チケットのプレオーダーは10月4日(木)の21時より受付が開始されている。

この公演に対するメンバーから届いたコメントは以下。

 

====================


<メンバーコメント>

 

●唯(Vo/Gt)
型破りでマニアック。
流行が生んだセオリーに全く気にもとめない人たちが集まったイベントが決まりました。
とにかく何が起こるかなんてわかんない。
ホント危険な香りしかしないわ。


●柊(Gt)
今回のスリーマンは攻撃性の高い2バンドとの戦いだと個人的には思っています。
ライブパフォーマンスも楽曲も人間も、そこに魅力があるバンドだと私は思ってます。
凄くカッコいい2バンドだと思っていてumbrellaにないような雰囲気を持つバンドだなと思います。
バンドのカラーだけでみるとこのスリーマンはどんな風に見えるのかな。
キャッチーで切なさも爽やかさもあるTHE NOSTRADAMNZ、
泥臭くこれがロックだ!と言いたくなるストレートなMr.ChickenHat Timers
そんな2バンドと私たちがどう絡むのがが楽しみです

●春(Ba)
「こういうスリーマンやりたいよね〜」と話題にはよく上がってたけども
タイミングが今まで合いませんでしたが今回はタイミングが合いました。
このタイミングが大正解だったと言えるように、
自信を持ってステージで勝負し合えるイベントにしたいです。

●将(Dr)
東京、大阪でスリーマンイベントを開催します。
なかなか大阪に来ることがない2バンドと一緒なので、
大阪で見れるこの機会をお見逃しなく!
めちゃくちゃカッコいいバンドなんで負けないように頑張ります!

====================



<LIVE情報> 


■危険因子〜東京アウトブレイク〜
1月24日(木) EDGE Ikebukuro 開場18:00 開演18:30

 

■危険因子〜大阪アウトブレイク〜
1月31日(木) 北堀江Club Vijon 開場18:00 開演18:30

 


【出演】Mr.ChickenHat Timers、THE NOSTRADAMNZ、umbrella


【チケット料金】 前売:¥3500 当日:¥4000 (ドリンク代別途)


【チケット先行受付】 A:先行チケット チケットデリ http://ticket.deli-a.jp/ 
 10月4日(木)21:00〜10月17日(水)16:00
 受付URL http://ticket.deli-a.jp/ 
 ※抽選受付となります。受付期間内にお申込み下さい。
 ※初めてBARKS×TICKET DELIを利用される場合は新規会員登録(無料)が必要です。
 ご利用ガイドをご確認の上、お申込みください。


【チケット一般発売】10月28日(日) B:イープラス 


【入場順】A→B→当日券

====================



【umbrella Member Produce OneMan】

 

——————————-


■【Case柊 「CONTACT US ASAP!!」】
10月25日(木) SHIBUYA REX  開場18:00 開演19:00
【ライヴ内容】
・上手ギター始まりの曲のみのセットリストとなります
・当日限定 柊専用お立ち台あり

【チケット料金】 前売:¥2400 当日:¥2900 (ドリンク代別途)
【限定物販】 柊 デモ音源
【チケット情報】バンド予約 umbrella.information@gmail.comにて受付中
 ※お一人様4枚まで。バンド予約者にメルマガ配信
【入場順】バンド予約→当日券

 

——————————-


■【Case将 「噛めば噛むほど味がある」】
11月25日(日)寺田町Fireloop 開場17:00 開演17:30 終演予定時間 19:30
【ライヴ内容】通常のバンド演奏+アコースティック演奏の2部構成ワンマン
【来場者特典】イベントライヴドラムカメラDVD(25分or30分ステージ)

【チケット料金】 前売り:¥2910 当日:¥4030 (ドリンク代別途)
【限定物販】 将デモ音源
【チケット情報】 
 A:イープラス https://goo.gl/7BNWfe  ※発売中
 B:バンド予約 umbrella.information@gmail.com
【入場順】 A→B→当日券

 

——————————-



■【Case唯 「自論」】
12月23日(日・祝)池袋手刀 開場17:00 開演17:30
【ライヴ内容】唯の作曲した楽曲のセルフカヴァー、録画可能タイム有り
【チケット料金】前売り ¥3.000 当日:¥3.500 (ドリンク代別途)
【限定物販】唯 デモ音源(タイトル未定)収録曲数未定
【チケット情報】
 A:オリジナル手売りチケット 物販で発売中
 B:イープラス https://goo.gl/Juj9Ck  ※発売中
 C:バンド予約 umbrella.information@gmail.comにて受付中 
【入場順】A→B→C→当日券

====================


★umbrellaオフィシャルサイト★ http://xxumbrellaxx.com/ 




2018年10月04日 (木)

【イベント】★日韓イケメンアーティスト達が大集結★<CROSS WAVE vol.4>2018年10月9日(火)江東区カメリアホールにて開催!

EVENT - 18:21:18

イベントの御紹介です」!

 

——————————-

 

★日韓イケメンアーティスト達が大集結★

10月9日(火)江東区カメリアホールにて<CROSS WAVE vol.4>開催!

人気メンズアイドル、ヴィジュアル系バンド、kpopアイドルと、3ジャンルのイケメン達が大集合♪

 

V系イケメン代表は、Smileberry & B’LAIVEです!

是非遊びにいらして下さい♪

 

====================

 

■CROSS WAVE vol.4

2018年

10月9日(火)江東区カメリアホール

 (JR亀戸駅より1分)

https://www.kcf.or.jp/kameido/

 

OPEN/START 14:00/15:00

 

出演:

Rush x 300

HIGHMOST(韓国)

Smileberry

CoLoN:

FEARLESS

VELLE.J

G2B(韓国)

B’LAIVE

YsR(仮)

SWORD MONSTER

Am!Station

 

指定席★完売

自由席★4,000円 チケットペイにて発売中!

▼チケットペイ▼

http://goo.gl/XX7c2j

 

 

 

主催:株式会社ルミエル  

CROSS WAVE 事務局:crosswave@lumiere.littlestar.jp

協賛:株式会社 日光企画

協力:タイガーサウンド株式会社



2018年10月04日 (木)

【YOSHIKI feat. HYDE】「Red Swan」日本を含む14カ国で1位獲得!現在、ロックチャート米6位、英8位に上昇中

NEWS - 15:32:24


3日にリリースされた、 TVアニメ「進撃の巨人」Season 3のオープニングテーマYOSHIKI feat. HYDE「Red Swan」が、 日本の総合チャートで堂々1位を獲得し、 さらに現在、 ロックチャートで米6位、 英8位にランクインしている。

 

配信開始後、 iTunesロックチャートでは、 日本をはじめ、 タイ、 シンガポール、 インドネシア、 アルゼンチン、 メキシコ、 チリ、 ペルー、 ブラジル、 コロンビア、 フィンランド、 ギリシャなど14カ国で1位を獲得。 またノルウェーとスウェーデンで2位、 ニュージーランド4位、 カナダとアイルランドで5位と、 TOP5内に5カ国がランクイン。
さらに総合チャートでも日本をはじめ、 香港、 アルゼンチンで1位、 タイと台湾で2位、 フィンランドとペルーで3位、 タイで5位と、 見事なまでに世界の上位チャートを席巻している。


3日午後に告知が開始された、 YOSHIKIとHYDEのサイン入りジャケットが当たる「Red Swan」リリース記念RTキャンペーンの特設サイトは、 オープンと同時に世界中からアクセスが殺到しサーバーがダウン、 閲覧が困難な状況になるなど、 世界で活躍するトップアーティストYOSHIKIとHYDE の影響力の凄さを見せつけている。

 

本日4日(木)21時30分から放送される「YOSHIKI CHANNEL」では、 TVアニメ「進撃の巨人」のメインキャラクター、 エレン・イェーガーのCV梶裕貴をゲストに迎え、 YOSHIKIとの『進撃スペシャル対談』が行われる。

 

====================

 

<CD情報>


■YOSHIKI feat. HYDE「Red Swan」
発売日:2018年10月3日(水) 同日世界配信スタート

…………………………………………

【YOSHIKI feat. HYDE 盤】PCCA-70532 / ¥926( 本体)+ 税
M-1 Red Swan
M-2 Red Swan (Instrumental)

…………………………………………

【進撃の巨人盤】 PCCA-70533 / ¥1,111( 本体)+ 税
M-1 Red Swan
M-2 Red Swan (Instrumental)
M-3 Red Swan -TV Edit-

…………………………………………

YOSHIKI feat. HYDE「Red Swan」特設サイト: http://yoshiki-hyde.com
※予約購入先着特典情報などはこちらをご確認ください。
「進撃の巨人」Season 3 Official HP: https://shingeki.tv/season3/

YOSHIKI feat. HYDE「Red Swan」リリース記念RTキャンペーン!
「Red Swan」の発売を記念して、 YOSHIKI&HYDEのサイン入りジャケットを合計6名様にプレゼント!
http://pc-ent.jp/entry/tj67e9vl0/

 


■YOSHIKI CHANNEL 進撃対談SP VOL.29~声優・梶裕貴(進撃の巨人 エレン・イェーガー役)生出演~放送概要
放送日時:2018年10月4日(木)21:30~
ゲスト:梶裕貴
番組URL: http://live.nicovideo.jp/gate/lv315989205 
※会員はタイムシフト(アーカイブ)視聴可能

 

<関連リンク>
YOSHIKI Official Instagram: https://www.instagram.com/yoshikiofficial/ 
YOSHIKI Official Site: http://www.yoshiki.net/ 
YOSHIKI MOBILE: http://www.yoshiki-mobile.jp/ 
YOSHIKI CHANNEL: http://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial 
YOSHIKI Official Twitter: https://twitter.com/YOSHIKIOfficial
YOSHIKI Official Facebook: https://www.facebook.com/YoshikiOfficial 
X JAPAN Official Site: http://xjapan.com/

 



2018年10月04日 (木)

【YOSHIKI CHANNEL】新たに誕生した伝説の一夜──。前代未聞のX JAPAN『無観客ライブ』、台風の影響で中止となった幻の日本公演最終日を限定配信中!

NEWS - 12:03:54

「X JAPAN Live日本公演 2018 ~紅に染まった夜~Makuhari Messe 3Days」最終日の9月30日、 誰もが予想しなかった新たな伝説が誕生した。
台風の影響により開催中止となったこの日、 X JAPANが前代未聞の『無観客ライブ』を敢行。 この日を心待ちにしていたファンのために、 いま出来る限りの対応をしたいという、 X JAPANリーダーであるYOSHIKIの強い想いから、 急遽ニコニコ生放送「YOSHIKI CHANNEL」で、 このステージは全編生中継された。 その映像が、 現在YOSHIKI CHANNEL会員限定で10月7日(日)23時59分まで配信されている。

 

3時間におよび全19曲が演奏されたステージは、 当日YOSHIKI CHANNELとニコニコ公式生放送、 WOWOWメンバーズオンデマンドでのライブ配信もふまえると、 最終日だけで百万人を超える人々が視聴。 もともと3日間で10万人の動員を予定していた今回のライブは、 歴史に残る過去最大の超大型ライブとなった。

 

ライブを観た視聴者からは、 下記のようなコメントが続々届いている。

 

「この圧倒的な『がらんどう感』の中で、 いつもとまったく同じテンションでライブできる事自体がエンターテイナーとしての底力を感じる … !」
「ピンチをチャンスに変える。 何度でも奇跡を起こす。 」


「今日のステージの最後、 YOSHIKIさんが愛してるぜーって言って深々とお辞儀している姿を見て、 5歳の息子は号泣してました 。 大好きなYOSHIKIさんがそう言ってくれて嬉しかったそう。 年齢を超越してファンを虜にしてます … しばらく彼の号泣は止まりませんでした。 」


「これはある意味、 日本の音楽史において 歴史的瞬間かと。 」


「Typhoon seems so small when compare to spirit of Yoshiki and XJAPAN.
( X JAPAN、 YOSHIKI の魂に比べると台風が小さく見える )」


「これまでに見たコンサートの中で1番心を揺さぶられた。 このライブは死ぬ前に必ず 一度は観るべき。 」


「Yoshikiさん無観客ライブ DVD を出して頂けませんか 。 切に願ってます 。 SUGIZO さんにも Toshl さんにも コメント しちゃいました !! どうしても欲しいのです 。 どうかどうかお願いいたします 」

 

何にも代えがたい感動をおぼえるメンバー5人の全身全霊、 魂のこもったライブパフォーマンスは一見の価値あり。 音楽史の1ページに深く刻まれることとなったこの前代未聞のステージを、 ぜひ多くの人に体感してもらいたい。
なお、 ネットでも話題になったが、 無観客の会場を歩き回った時にいたSPは、 殺気だったYOSHIKIを抑える為についていたらしい。

 

<関連リンク>
■X JAPAN前代未聞の無観客ライブ 全編生中継映像
http://live2.nicovideo.jp/watch/lv315725677

 

YOSHIKI Official Instagram: https://www.instagram.com/yoshikiofficial/

 


■YOSHIKI CHANNELとは
「niconico」が提供する「ニコニコチャンネル」内の有料会員制チャンネルとして2015年8月にスタート。 現在、 ニコニコチャンネルの音楽アーティストチャンネルのランキングで1位の会員数を誇る。
YOSHIKI CHANNELでは、 X JAPANの石巻チャリティーライブを始め、 日本ツアー、 ウェンブリー・アリーナ公演、 またYOSHIKIソロクラシックツアーYOSHIKI CLASSICALやプレミアムディナーショー等、 数多くのライブ会場生中継を実施。 そして2016年始の小室哲哉との新春対談に始まり、 ゴールデンボンバー、 GACKT、 THE ALFEE高見沢俊彦、 シド、 LUNA SEA、 ポルノグラフィティ、 ピコ太郎、 CHEMISTRY川畑要、 清春、 マーティ・フリードマン、 乃木坂46の生駒里奈と高山一実、 AI、 そして盟友HYDEや、 あのKISSジーン・シモンズやポール・スタンレー、 マリリン・マンソンまで、 更には新経済サミット2017での小泉元首相、 2018年のSalesforce会長兼CEOマーク・ベニオフ、 代表取締役会長兼社長 楽天・三木谷浩史との対談など、 超豪華ゲストとの貴重なトークも数多く放送。 またX JAPANのドキュメンタリー映画「WE ARE X」の公開に合わせ、 プロモーションの為世界中を飛び回るYOSHIKIに密着し、 米国「サンダンス映画祭」「サウスバイサウスウエスト」、 ロシア「Beat Film Festival」、 中国「上海国際映画祭」、 メキシコ「グアナジュアト国際映画祭」、 「香港国際映画祭」、 オランダ「アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭」、 香港「Asian Film Awards」などの各国映画祭や、 最近では劇場公開タイミングでヨーロッパ10カ国を訪問した超過密スケジュールのツアーやロシアのプレミアツアーにも同行。 日本のみならず海外からの生中継も積極的に実施している。