NEWS

2019年03月31日 (日)

【フリーペーパー】2019年4月1日より配布開始♪★★★SHIBUYA-REXフリーペーパー「VR-Virtual Reality-」Vol.081★★★

NEWS - 18:00:21

 

お得にゲット♪

フリーペーパー情報です!!



SHIBUYA-REXフリーペーパー「VR-Virtual Reality-」!
Vol.081、今月も読むのが楽しみっ♪

 

◎4月1日よりSHIBUYA-REX、RUIDO各店舗、全国インディーズCDショップ、全国ライブハウス等にて配布
※場所によって配布日が前後する可能性が御座いますのでご了承下さい。

 

 

配布店舗一覧などはコチラ★ 

http://www.ruido.org/vr/

Twitter→https://twitter.com/SHIBUYA_REX 

——————————-

 

■SHIBUYA-REXフリーペーパー「VR-Virtual Reality-」Vol.081■

 

  

・表紙はVR初登場のVALSHE!!二つで一つ。VALSHEが『SYM-BOLIC XXX』に提示した想いや意図とは。

Twitter→https://twitter.com/valshe9

 

・裏表紙は毎年恒例の橋本祭!やーゆーと仲間達:Yuya(渋谷REX)/奏多(ぞんび)/SARSHI(HERO)/YUKI(Versailles)/Smileberry/HELLO./REIGN/SHiSHi

Twitter→https://twitter.com/rex_yuya

 

・mitsu 2019年7月20日恵比寿LIQUIDROOM「4th anniversary oneman」

 4月5日、4月26日、5月17日TSUTAYA O-WEST「みつどもえ」間も無く開催!!

Twitter→https://twitter.com/mitsu_official

 

・Smileberry 律Birthday主催イベント「XXXIV」、4th Anniversary ONEMAN LIVE「SUPER SMILE 2019」開催☆

Twitter→https://twitter.com/Smileberry_info

 

・一日復活を発表したMeteoroiD!5/1新元号初日は渋谷REXへ!

Twitter→https://twitter.com/GENKIPANMAN

 

・妹がバンギャ展開催!5/11-12原宿DESIGN FEST GALLERYにて♪入場無料です☆

Twitter→https://twitter.com/imoutoga_bangya

 

・UNiTE.2019 SUMMER ONEMAN TOUR「みんなのおと」AUTUMN ONEMAN TOUR「アンコール」開催!

Twitter→https://twitter.com/official_unite

 

・2019年始動最注目新バンド「DIEZE」7/26渋谷REXにて初主催!!ゲストには先輩アクメも参戦♪

Twitter→https://twitter.com/DIEZE_official

 

・stylish wave NEXT#04 / club Zy.ch

Twitter→https://twitter.com/clubZy_Raimaru

 

・連載コラム満載!【SARSHI(HERO/Flutter Echo/ナナ)/FEST VAINQUEUR/Smileberry/BAN(ex.少女-ロリヰタ-23区)/REIGN/レイヴ/Kazuya】


2019年03月31日 (日)

【ヘルタースケルター】2019年4月17日発売、最新single「淡色舞う、薄氷を解かす」のMV SPOTが解禁!

NEWS - 18:00:09

ヘルタースケルターから、最新single「淡色舞う、薄氷を解かす」のMV SPOT解禁のお知らせが届いた。

 

4月17日に発売される今作は、ヘルタースケルターらしい「懐かしさを感じるメロディと小説のような歌詞」という強みを踏襲しつつ、「春らしさ」を強く意識した楽曲となっている。

更に今回ヒット祈願企画「一度は観てから批評しな」として、公式Twitterの動画をRTすることで抽選で「ライヴ無料招待券」がプレゼントされるとのこと。

今回も全国各地の当選者にメンバーが直接届けるというフットワークの軽さも、少しでも自分たちを観て欲しい、知って欲しいという強い気持ちの表れであろう。

 

一部公演を除いてイベントライヴでも使える招待券となり、まだヘルタースケルターを観たことがない方も是非この機会にRT企画に参加、当選した暁にはライヴに参加してみてはいかがだろうか。

 

====================

 

 

 

 

<Release Information>


流通第2弾single「淡色舞う、薄氷を解かす」
2パターン同時発売!

…………………………………………
A-TYPE(HLSK-0005)
1.淡色舞う、薄氷を解かす
2.溺愛メモリー #2

…………………………………………
B-TYPE(HLSK-0006)
1.淡色舞う、薄氷を解かす
2.ロードムービー
各¥1,200(税抜き)

 

——————————-

 

◆「淡色舞う、薄氷を解かす」ヒット祈願企画「一度は観てから批評しな」
3/31 18:00〜4/16 23:59までの期間中、公式Twitterアカウント(@helter_tokyo)のMV SPOTをリツイートした方の中から抽選で5名様に、「ライヴ無料招待券」をプレゼント!
お届けにはメンバーが直接伺います!
イベントライヴでも使用可能です(一部使用不可の公演がございます)

 

====================

 

<ツアー>

 

◆全国6都市無料単独公演「一度は観てから批評しな」
4月5日(金) 大阪編@Live House Rumio
4月6日(土) 名古屋編@上前津club Zion
5月16日(木) 東京編@新宿club SCIENCE
5月24日(金) 仙台編@仙台bar TAKE
5月25日(土) 新潟編@新潟WOODY
6月5日(水) 福岡編@天神public space四次元

 

====================

 

★ヘルタースケルター Official HP★

http://helterskelter.tokyo/

 


2019年03月30日 (土)

びじゅなび連載【CHOKE】第4回★Q&Aインタビュー:Gu.KVYA NONO◆2019年4月5日(金)2nd Album「CHOKE2」リリース!「セオリーを汲んで、偉い人の言うこと聞いて、それでも成功しなきゃいけないとは思わない。」

NEWS - 22:00:17

シーンの中でも異彩を放つ“RAPMETAL BAND”として活動中、そのサウンドは当然のごとく一筋縄ではいかない「CHOKE」。

彼らをピックアップする連載の第4回をお届け!

 

「曲が複雑過ぎる」という周囲からの意見を受け、「それでは更に複雑な曲を作ろう」として完成させたMV「Fuck it」をYouTubeにて公開したり、“かっこいいバンドしか呼ばない”としてメタルフェスを企画したり──。
とにかく目が離せない彼らだが、前作『CHOKE1』から約2年、去年はリリースを一切せずにこの本作の制作に費やした。
満を持して2019年4月5日(金)、待望の2nd Album『CHOKE2』がリリースされる!


今回の連載では、この入魂の作品について各メンバーの方々に多いに語って頂き+彼らの音楽に関する側面も探って行く。


第4回目の今回は、Gu.KVYA NONOにQ&Aインタビューを行った。
今作『CHOKE2』の聴きどころ、推し曲、音作りのこだわりや初めてCHOKEに触れる人へのメッセージなど、本当にたくさんの言葉を聞かせてくれた。

そしてびじゅなびがCHOKEをピックアップしようと思った理由が、その言葉の中にたくさん散りばめられている。

KVYA NONOがCHOKEに捧げる想いが詰まったインタビュー、ぜひじっくり読んで頂きたい。

“ありきたり”や“常識”を蹴散らして自らを貫く彼らCHOKE、アルバムとライヴにも触れてみて欲しい。

 

====================

 

<Gu.KVYA NONO:Q&Aインタビュー>

 nono1

…………………………………………

 

Q:今回のアルバムでまず「ここを聴いて欲しい!」という所とは?

特に初めてCHOKEに接する方にアピールしたい所とはどんなことでしょうか。

 

A:関係ない話になるんですが今日3月30日はうちのベース”B5″の誕生日なんです。
おめでとう!B5!

本題に入ります。
CHOKEは”RAP METAL+DJENT”を前面に押し出して活動してきたんだけど、今回はそれに加えてHARDCOREの要素をどうしても入れたくて。
メンバーとフェスだったり、来日アーティストのライブに良く遊びに行くんだけど、その中で最近”HARDCORE”略して「ハーコー」ってワードが一つ自分達の中で熱いワードだったんです。
ハーコーを聴いてると音楽ってもっと自由でいいんじゃないかなって感じられる。
特にFirst BloodとかJESUS PIECEとかこの辺のバンドが凄い好きでとにかく聴き込んでリズム感っていうのか、感性というのか、そういうDNAを体に染み込ませて制作にとりかかりました。
その中でも一番重要視したのはテンポ。
今、世の中に出てる曲って一曲通してテンポが一定の曲がほとんど。
でもハーコーってブレイクダウンの感じとか、ギターリフの感じとかもっと自由で、人間が音楽を引っ張って行ってるって凄い感じる。
そこに何度もグッと来ちゃって。
そこをレコーディングでも再現できるようにかなり意識した。
どうしても自分のプレイスタイル的に音数を詰め込む事で音楽的なアイデンティティーを作り上げた人なんで、まだまだプログレ感が抜けないけど、でも向かっている方向は示せたかなと思ってます。

あとは曲も去ることながら音に関しても気にして聴いてくれたら嬉しい。
何度もレコーディング、ミックス、マスタリングをやり直したんで。
どうしてもボーカル中心のミックスになりがちなんだけど、うちのメンバーはギター中心のミックスを好むんでその辺も割りと海外の近年のメタルが好きな人にも響くんじゃないかと思ってます。

作曲に関しては一曲あたり最短でも1ヶ月かけてます。
3日くらいで一旦作り終えて、そこから27日間かけて微調整していくスタイル。
振り返ると”イントロ以外変わってた”なんてことはザラだし、一旦出来上がってプリプロしてからまたサビ変えたりする人達なんで、一曲の中に形にならなかった曲が何曲もあるからそんな深みを感じてもらって聴いてもらいたいなとエゴだけど思っちゃってますね。 

実はCHOKE3のビジョンもかなり固まっていてCHOKE2の延長線上にあるんだけど
8弦メインから7弦メインのリフが増えるような気がしてます。
そして今作ほど速い曲は多くないかと。
実はうちらはテンポに関して結構こだわりがあって、あんまり速い曲が増えることは意図してなかったんです。今作は多いけど(汗)

 

…………………………………………

 

Q:KVYA NONOさんの推し曲を1曲ピックアップして、解説をお願い致します。

 

A:一曲ピックアップするとなるとMVで先行公開しているけど「Fuck It」かな。
理由としては積極的に新しいことをしようと試みて作った曲だから。
Q1でも書いたけど、ハーコーに影響受けて音楽的な自由度ってどこまでいけるかなとトライして形にしたのがこの曲です。
まず頭のハイハット4カウントから入るのって、90年代のメロコアとか思い出しません?
自分の中ではハイスタとかスネイルランプとかメロコアとちょっと違うけどバーベキューチキンズとか。
そういう今にも走り出したくなる衝動みたいなのを頭の5秒間に詰め込みました。
そしてその後の足音なんだけど、これは結構伝わりづらいんだけどPINK FLOIDリスペクト。多分伝わらない気がするからあまり多くは語らないです。
そこからの展開もかなり攻めてると思ってて、とにかく新しいものを作りたいという一心で作り上げました。
去年の秋くらいだったと思うけどCHOKEの一つのスタイルとしてブレイクダウンをかっこよくキメるバンドになろうぜ!ってメンバーと話してたときがあって、マインドが特にブレイクダウンに行ってた時期の曲です。
あと自分が好きなのは歌い始めのボーカルの三連符。アレすごくないですか?!
あんなの聴いたことなかったからREONから送られてきたときにテンションアガっちゃって!こういうパンチラインを彼は持ってくるからさすがなんですよね。
彼の影響をうけて来たアーティストも大概イカしてて、作曲時点でかなり参考にしてます。
ギタープレイ面はかなり多用しているディミニッシュのワーミー奏法。
これをプレゼンしたいです。
急に高いギターの音が耳に入ってくると思うんだけど、ここで使っているのがワーミー奏法。
昔はどんなギターリストの足元にも赤ワーミー置いてあったんだけど、最近はあんまり見ないので、ここいらで一回リバイバルかなと思ってます。
海外では少数だけどワーミーをバッキングとかメインリフで入れるギターリストが居たりするけど、この2019年に日本でやってる人なんて他に誰かいるのかなぁ?
あともう一つ伝えておきたいのはyoutubeバージョンとCDバージョンは少し変わってます。
すぐわかると思うんですが、対バンの影響で速弾きにまたハマってしまって、ついついレコーディングしなおしちゃった。
Q1の発言とは矛盾しちゃうけど、今作以降はシンプルじゃない箇所にはテクニカルなフレーズがガッツリ入ってくると思います。

…………………………………………

 nono2

Q:「ここだけはゆずれない」という音作りに関するこだわりを教えて下さい。

今回の作品にとどまらず、ライヴや活動全般についてでも構いません。

 

A:音作りは俺達かなりうるさくてライブ会場によってはリハーサルでPAと喧嘩になったりしてます。向こうが資料に目を通してなかったりしたら「なんすかそれ?」とか普通に言っちゃうし。
でもそうなったらこっちのもんですね。リハーサル時間押してもそれは俺たちのせいじゃないから遠慮なく時間使わせてもらっちゃいます(笑)。
ここまで書いておいてなんですがライブの音作りで一番気を付けてるのはスタッフとのコミュニケーションです。
リハーサルで俺達がどれだけ本気かってことを見せるのってめっちゃ大事で、これくらい煽って、ちゃんと最後は「注文多くてすみませんでした」って謝ります。
転換途中でも「俺たちの音どうでした?」って聴いて具体的に周波数の話とかしますね。
リハ中から周波数とかデシベルの話をめちゃくちゃ的確に話していきます。
向こうに”音がわかる人”って認識してもらわないことには何も始まらないので。
ここまでやって話しかけても熱意が伝わらなかったり、向こうから避けていくようなPAは本気で音楽やってない人間だと思うんでもうそのハコには出ないです。
みんな絶対音楽好きだからこの仕事やってるはずなんで大体響いてくれるし、一緒に悔しがってもくれます。
確かにバンド何個も出るとスタッフも疲れちゃうし、学生みたいな演奏レベルのバンドの音作りとかモチベーション上がらないのはわかるんで、俺達はひと味違うぜっていうを全力で見せるんです。
本番前の転換も絶対スタッフ疲れてるんで仲良いPAとかに良く聞くのが「今日のやる気はどうですか?」って聞いたのちに「やる気ガツンと上がるかっこいい音出しますね」って伝えます。
やっぱ人間なんで、俺達もお客さんの熱意でその日のライブのパフォーマンスが上がったりも、下がったりもするし、PAもそこは一緒でバンド側によって上がったりするんですよね。
だから一番コミュニケーションが大切だと思ってます。
あと「お客さんは音を聴いてない」とか言っちゃうバンドや「私、素人なんで音とかわからないです」って言ってるお客さんを目にするんですがそれは絶対に間違いですね。
そもそもバンド側よりお客さんの方が絶対ライブの本数見てると思うんです。
一回の対バンで5バンドとか出るわけで、それを月2回ライブに行く子なら年間120バンド分見てることになる。
逆に年間120バンドも見てるバンドマンってどれくらい居るのかな?って思ってしまいます。だからファンの方はもっと自信を持ってください。すみません。脱線しました。

 

…………………………………………

 

Q:この「CHOKE2」制作時、REC時のエピソードがあったら教えて下さい。

面白かったこと、はまったこと、辛かったこと、楽しかったこと、など

 

A:RECはみんなで集まってやるってことはもうだいぶ昔から無くなってて、今は一人一人仕上げて来る感じになってます。だから昔みたいに面白い話は多くはないんだけど、捻り出せばいくつかあります。
例えば…これはレコーディングというかプリプロの話になっちゃうんだけど、もう既にMVで上がってる「Fuck It」。
この曲の一番初期段階のテーマが”うまい棒”だったんです(笑)。
だから歌詞に延々と、チーズ味とかめんたい味とかサラダ味とか、そういうのが並んでて。
確かうまい棒の魅力も語ってたはず!
これはこれは嘘みたいな本当の話で、CHOKEをちょっとコミカルな方向に持っていこうよ、というか曲はガチなんだけど歌詞はコミカルみたいな。
例えるならマキシマムザホルモンみたいな感じかな。
そういう事を俺がREONに提案して、彼も真面目に一生懸命調べて書いてくれたんですよ。
でもちょっと面白すぎてボツになっちゃいました(笑)。
カッコいいライブできる気がしないレベルの面白さになってて。
でもこういうベクトルに対しても真面目に向き合って取り組めて、ちゃんとディスカッション出来てっていうのは自分の中では絆が深まった感じがしましたね。
REONの方はNONOが変な事言い出したよって不信感でいっぱいになったかもだけど(汗)

あとはB5とうちで一緒にベースの音作りしたのも良い経験になりましたね。
ベースの音作りってあんまり分かってなくて、それを色々教えてもらいました。
彼は人一倍、音に関してこだわりがあるんで探求心がスゴいですね。
あと右手のアタックが凄いんで彼にしか出せない音っていうのがあるんですよ。
一度でもライブに足を運んでくれた人なら分かると思うんですがあんまり居ないタイプのベーシストですから。
だからそもそも音作りうんぬんの前にベースからの生の音が既にかなり良いっていう。

TOSSYは今回ドラムのレコーディングを自分でエンジニアの作業までこなしたんで、そこで生のドラムの音をどう録るか?かなり試行錯誤してましたね。
今回のを踏まえて、次作に向けてどんな風に録音するか、かなり話しました。
最近、自分は音源に対してスネアの重要性を感じているからとにかくスネアをどう良く録るか!
これはCHOKE3に期待です。

 

…………………………………………

 nono3

Q:ギターを始めたきっかけはなんでしょうか?また、尊敬するアーティストとその理由を教えて下さい。

 

A:ギターを始めたきっかけはあんまり覚えてないんだけど、8弦ギターを始めたのは完全にB5の影響。
元々6弦しかもってなかったからDjentやるなら8弦買っちゃおうと背中を押されました。
まだ別に一緒にバンドやるって話してたわけじゃない頃。
今のメインギターを見つけるまでは相当苦労しましたよ。
8弦ギターって本当楽器屋に置いてない。だから試奏しに東京から大阪まで行ったりして、でもそれが粗悪な品で、結局お好み焼き食べて帰ってきたり(苦笑)。
全然好みのギターが無かったんで、最終的にはカスタムすることに決めたんです。
弾き心地が良くなかったんだけど、音は求めてるところに近い一本を、フレットを擦り合わせたり、ナットを削ったり、ブリッジの穴を開け直したり。
腕の良いリペアマンと話し合ってやってもらいました。
ピックアップはEMGで、最近はアクティブのピックアップを嫌いだと言うギターリストが多い。
だからみんなEMG使わないから自分の音はその分個性的に聴こえてると思います。
尊敬するアーティストはEMMUREのJosh TravisやAfter The BurialのTrent Hafdahl、あとは超絶系のJason Richardson、Tosin Abashi、DragonforceのHerman Li、最近コピーしたのはBorn Of Osirisの”MACHINE”って曲でこの辺のギターリストも影響を相当受けてきましたね。
逆にメタラーならみんな好きな80年代90年代のギターリストはあんまり聴いてなくて、YngwieもSteve Vaiも凄い事は知ってるけどほとんど聴いたことないです。
2010年以降のメタルにどっぷりでそれ以前のはメンバーに薦められてちょくちょくって感じですかね。
だからCHOKE出始めは”Nu-metalリバイバルだ”って良く言われたんだけど、自分的には何を言われてるのか意味が分からなくて(笑)。
自分の中で新しくて、ホットな曲出したらそう言われたんで逆にそこから90年代2000年代Nu-metalやMixtureを掘って行った感じですね。
あっ、でもPANTERAのDimebag Darrelはかなり好きです!
Dimebagモデルのギターを持ってたことがあって、それからPANTERAを知り好きになり生き方に対してもリスペクトするようになりました。
日本人だとアーティストかはわかんないんですがギター講師でHidenoriさんって方がいるんですがめちゃくちゃ影響受けてますね。
いつかレッスン行きたいなと思ってます。
あとは人生のバイブル的な方だと窪塚洋介ですね。
彼が居なかったらそもそも俺死んでたかもしれないし(笑)。
紆余曲折ある人生も魅力的ですからね!
いつか卍ラインをfeaturingで呼びたい(切実)。
ラッパーの流れで、ケンドリックラマーとかチャイルディッシュガンビーノとかジョイナー・ルーカスとか常にメッセージを発信し続けていくスタイルの人に対する憧れが凄くて、なんとなく枠におさまって生きていくんじゃなくて、常に殻をぶっ壊して生きて行きたいなと思ってます。

 

…………………………………………

 

Q:今後CHOKEの音源を聴こうとしていたり、ライヴに来ようかと迷っている方へ背中を押すひとことをお願いします。

 

A:その一歩って実はなかなかしんどいですよね。俺らって自分達で言うのも何なんですがメチャクチャ新しいと思う。
意外と洋楽的でも無いし、Djentにどっぷりかといったらそうでもないし、Mixtureにどっぷりでもないし。
もちろんV系も否定してないしね。
どの要素も入ってるから
カテゴライズできないよねって思う。
でも最近それって自己満足な気がしてるんです。
そもそも新しいものなんて誰も求めてないんじゃないか?って。
みんなメタルコアならメタルコア、V系ならV系の中で、その流れを踏んで新しいことしてるバンドの登場を望んでるんだと思うんですよね。
俺たちは確実にそれではないんで(笑)。
でもこういうシーンの突然変異みたいなバンドが一つくらいあっても良いと思いません?
セオリーを汲んで、偉い人の言うこと聞いて、それでも成功しなきゃいけないとは思わないし。
スタンダートなものなら敢えて壊したいとか思っちゃう人達の集まりなんで。
そういう俺達みたいなバンドを面白がってくれる関係者もたくさん居るし、逆に最初は寄って来たのに金にならないからって、手のひら返す人もたくさん居た。
でもそれもまたリアルで結構そういうの嫌いじゃないんですよね。
分かりやすいじゃないですか。
もちろんそういう扱いを受けた事は絶対忘れないけど(笑)。
だから今、出させてもらってるイベントとか、こうやって特集を5週に渡ってやってくれる”びじゅなび”とか本当責任感と使命感をもってやってくれてるんだなって思います!
“びじゅなび”は俺が小さい頃からあって、ずっとこのシーンを盛り上げてくれている。
そういう媒体がピックアップしてくれるんですから一回くらい聴いてみたり、ライブ来たりしても良いんじゃないでしょうか?


====================


<RELEASE>


★2019年4月5日(金)リリース
「CHOKE2」

…………………………………………
【デラックスエディション】¥6,000(tax in)
CD(11曲入)+セルフライナーノーツ+オリジナルTシャツ+高音質音楽ファイルダウンロードURL
※ご購入はこちらから → https://choke.buyshop.jp/
…………………………………………
【通常版】CD(11曲入) / ¥2,500(tax in) / CHKYK002

収録曲:
01.Introduction of “CHOKE2”
02.Cradles Puppet
03.Fuck It
04.Stay high-DJ YUTO FLIP-(remix)
05.Bloody Hell
06.The Personal Killing
07.VORTEX
08.Smoke In Me
09.illogical(instrumental)
10.通天閣feat.KVYA NONO,B5,MC龍,AZU#,834,シノ,u($”Casper.),REON,TOSSY(bonus track)
11.BOOMIN'(LIVE)”2019.1.27.東高円寺二万電圧”
…………………………………………

販売店舗:
オフィシャル通販ショップ
ライブ会場
専門店(後日発表)


====================


<LIVE>


■CHOKE presents “BEEF” -Nagoya-
2019年5月13日(月)名古屋ell.size

前売り¥3000(D代別)/当日¥3500(D代別)
OPEN16:30/START17:00


【出演】
・CHOKE
・A Barking Dog Never Bites
・$”Casper.
・DEXCORE
・ZON
※タイムテーブル4月中旬公開


★チケット発売日2月24日(日)10:00~
・e-plus https://eplus.jp/sf/detail/2867040001-P0030001
・バンド予約有り
(問)ell.size TEL:052-201-5004

——————————-

■CHOKE presents “BEEF” -Tokyo-

5月26日(日)東高円寺二万電圧

前売り¥3000(D代別)/当日¥3500(D代別)
OPEN17:15/START17:30


【出演】
・CHOKE
・NAZARE
・WORLD END MAN
※タイムテーブル4月中旬公開


★チケット発売日2月24日(日)10:00~
・e-plus https://eplus.jp/sf/detail/2865420001-P0030001
・バンド予約有り
(問)二万電圧:03-6304-9970

 

====================

 

★CHOKE Official HP★
http://choke.tokyo/



2019年03月30日 (土)

【Sick²】2019年4月3日(水) リリース、NEW SINGLE 『D×M×F×S』MVフルを公開!

NEWS - 21:00:10

Sick²が、2019年4月3日(水)にリリースするNEW SINGLE『D×M×F×S』のMVフルを公開!

これは新木場にあるプロレス会場で収録されたもので、収録時の模様はこちらのレポートを!

http://www.visunavi.com/news/315224/

 

4月は企画型ワンマンツアー、そのあとは47都道府県 全60公演ワンマンツアーと予定も目白押しのSick2に注目だ。

 

====================

 

 

『D×M×F×S』MVフル

https://youtu.be/HUNK1NstCY0

 

 

====================

 

★Sick²

NEW SINGLE

『D×M×F×S』

2019年4月3日(水) RELEASE

…………………………………………

CD

【TYPE-A】¥2,000(+税)

[CD]

1.D×M×F×S 2.エゴ≠エゴ

[DVD]

1.D×M×F×S(Music Video)

…………………………………………

CD

【TYPE-B】¥1,500(+税)

1.D×M×F×S

2.エゴ≠エゴ

3.色情、或いは狂恋。

…………………………………………

CD

【TYPE-C】¥1,500(+税)

1.D×M×F×S

2.エゴ≠エゴ

3.かみさまはうそつきだ

 

====================

 

<企画型ワンマンツアー>

 

「六大都市ファンクラブツアーとして無料ファンクラブ会員全員が撮影会に参加できる筈だったのに準備が間に合わなくなり代わりの名目を考えられる程頭が良くないからとりあえず全員俺たちと撮影会しようよツアーを目論んでいる件」

 

■2019年4月6日(土)札幌SPIRITUAL LOUNGE

■2019年4月7日(日)札幌SPIRITUAL LOUNGE

■2019年4月13日(土)HOLIDAY NEXT

■2019年4月14日(日)心斎橋soma

■2019年4月21日(日)福岡graf

■2019年4月27日(土)space Zero

■2019年4月30日(火祝)渋谷REX

 

——————————-

 

<47都道府県 全60公演ワンマンツアー>

『Death Match Freaks Showcase』

 

5月6日(祝)新宿RUIDO K4

5月11日(土)札幌SPIRITUAL LOUNGE

5月12日(日)札幌SPIRITUAL LOUNGE

5月14日(火)青森QUARTER

5月15日(水)秋田LOUD AFFECTION

5月17日(金)盛岡Club Change

5月25日(土)松本ALECX 祭凱旋 OA.祭-まつり-

5月26日(日)前橋DYVER

5月28日(火)仙台space Zero

6月4日(火)横浜BAYSIS ろっしーの日 OA.ろっしー

6月5日(水)浜松FORCE

6月7日(金)岐阜ants

6月8日(土)滋賀BARI-HARI

6月10日(月)高松TOONICE

6月11日(火)徳島Crowbar

6月13日(木)京都ARCDEUX

6月15日(土)心斎橋VARON

6月16日(日)HOLIDAY NEXT

6月19日(水)高田馬場AREA たくまバースデー 病Sick2

7月2日(火)岡山CRAZYMAMA 2nd Room

7月3日(水)広島BACK BEAT

7月5日(金)福岡DRUM SON

7月6日(土)山口Rock Country

7月8日(月)長崎Be-7

7月9日(火)佐賀GEILS

7月11日(木)大分Be-0

7月20日(土)沖縄Output

7月21日(日)沖縄Output

7月27日(土)柏Thumb Up

7月28日(日)宇都宮HELLO DOLLY

8月3日(土)SUSUKINO810

8月4日(日)SUSUKINO810

8月6日(火)山形sandinista

8月10日(土)福島#9

8月11日(日)新潟CLUB RIVERST

8月17日(土)HOLIDAY NEXT

8月18日(日)四日市CHAOS

8月20日(火)神戸ART HOUSE

8月21日(水)和歌山GATE

8月23日(金)奈良NEVERLAND

8月24日(土)心斎橋BEYOND

8月31日(土)浦和ナルシス

9月8日(日)富山Soul Power

9月10日(火)石川GATE BLACK

9月11日(水)福井CHOP

9月13日(金)米子BEXX

9月14日(土)松江B1

9月16日(月)鹿児島speed king

9月17日(火)宮崎floor R

9月19日(木)熊本B.9 V2

9月20日(金)福岡DRUM SON

9月22日(日)長野J

10月5日(土)水戸SONIC

10月13日(日)山梨KAZOO HALL

10月19日(土)松山サロンキティ

10月20日(日)高知x-pt.

10月25日(金)新横浜NEW SIDE BEACH!! 大志バースデー OA.ろっしー

11月9日(土)HOLIDAY NEXT

11月10日(日)心斎橋soma

 

TOUR FINAL

『女の子を騙すだけの簡単なお仕事です。11』

2019年11月21日(木) Zepp DiverCity

 

====================

 

Official Site

http://planet-child.jp/sick2/


2019年03月30日 (土)

【ユナイト】夏のワンマンツア-<みんなのおと>、秋のワンマンツアー<アンコール>開催決定!夏には新作シングルのリリースも!

NEWS - 20:00:17

ユナイトが、7月と8月にワンマンツアー<みんなのおと>、10月にワンマンツアー<アンコール>を開催することが発表となった。

これは結成8周年を記念して、本日3月30日に日テレらんらんホールにて行われた<UNiTE. 8th Anniversary oneman live [-U&U's oneworld-]>で告知されたもの。

 

夏のワンマンツア-<みんなのおと>は、7月14日名古屋ell.FITS ALLより全国14ヶ所16公演で開催、秋のワンマンツアー<アンコール>は、10月5日東京・高田馬場AREAから昨年秋にできたばかりの東京・渋谷ストリームホールまで全国7カ所8公演が行なわれる。

また、合わせて夏にニューシングルをリリースすることもアナウンスされた。

こちらの詳細はまだ明かされていないが、それでも期待せずにはいられない。
昨年のツアーを上回る、総数24公演の全国ツアー、新曲リリースの発表、
いずれも全国のU’s(ユナイトファンの呼称)にとってハピエストなニュースだろう。

 

夏ツアー<みんなのおと>のチケットは、本日20:00よりユナイト・モバイルFCサイト「elite U’s」にて先行受付が開始されている。 

 

====================

 

<LIVE情報>

 

…………………………………………♪

 

■ユナイト 2019 SUMMER ONEMAN TOUR 「みんなのおと」

・7/14(日) 名古屋ell.FITS ALL

・7/15(月・祝)  金沢AZ

・7/18(木) HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3

・7/19(金) 水戸LIGHT HOUSE

・7/26(金) 仙台MACANA

・7/28(日) 盛岡 the five morioka

・7/31(水) 札幌COLONY

・8/01(木) 札幌COLONY

・8/04(日) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE

・8/05(月) 高崎club FLEEZ

・8/09(金) 神戸VARIT.

・8/11(日) 広島SECOND CRUTCH

・8/13(火) 福岡DRUM SON

・8/14(水) 福岡DRUM SON

・8/16(金) OSAKA MUSE

・8/23(金) 渋谷WWWX

 

…………………………………………♪

 

■ユナイト2019 AUTUMN ONEMAN TOUR 「アンコール」

・10/05(土) 高田馬場AREA

・10/11(金) 名古屋ell.FITS ALL

・10/13(日) 広島SECOND CRUTCH

・10/16(水) 福岡DRUM SON

・10/20(日) ESAKA MUSE

・10/25(金) 仙台MACANA

・10/28(月) 札幌COLONY

・11/04(月・祝) 渋谷ストリームホール

 

…………………………………………♪

 

■リリース情報 

ニューシングル 2019年今夏発売

 

…………………………………………♪

 

■インストアイベント

・6/29(土) 渋谷ZEALLINK(2部制)

・6/30(日) 自主盤倶楽部 / littleHEARTS.新宿店

・7/06(土) Brand X(2部制)

・7/13(土) fiveStars 

・7/27(土) littleHEARTS.仙台店

・7/30(火) 音楽処

・8/02(金) 音楽処 

・8/08(木)  littleHEARTS.大阪店

・8/10(土) マジカルスクエア

・8/14(水) SKULL ROSE福岡店

・8/17(土) 大阪ZEALLINK (2部制)

 

====================

 

★ユナイト オフィシャルサイト★

http://www.unite-jp.com/  

 


2019年03月30日 (土)

【DARRELL】新ヴィジュアル公開!約1年振りのニューシングルリリース&2周年2daysワンマン開催決定!!

NEWS - 18:00:47

始動2周年を迎えるDARRELLが、約1年振りのニューシングルリリース&2周年2daysワンマン開催を発表した。

 

悪魔の魂を纏い壮大な世界を舞い歌う「DEVIL’S NIGHT」、苦しみもがく心をこれでもかと打ち続け歌う「SCREW YOU」。

進化を続けるサウンドが洗練され、ソリッドに畳みかけるDARRELLが放つ究極の両A面シングルは、7月3日(水)に発売となる。

またこの最新作を引っ提げ、7月27日&28日には結成2周年記念2daysワンマンを敢行!

チケットは4月27日(土)よりe+にて発売開始となるので、ぜひチェックして欲しい!

 

====================

 

<リリース情報>

 

2019年7月3日(水)発売

3RD SINGLE

「DEVIL’Z」

 

JRCS-0010

JAN:4582426770218

¥1,000(税抜) ¥1,080(税込)

 

[収録曲]

1.DEVIL’S NIGHT

2.SCREW YOU

 

====================

 

<ライヴ>

 

■DARRELL 2ND ANNIVERSARY 2DAYS ONEMAN SHOW 

「SUMMER NIGHT DEVIL’S」 

…………………………………………

7月27日(土) 名古屋車道LINK

[OPEN / START] 17:30 / 18:00

[ADV. / DAY] ¥3,500 / ¥4,000(D別)

[チケット発売日] 4月27日(土)

[チケット発売所] e+(https://eplus.jp/sf/detail/2915540001-P0030001)

[問] LINK:052-933-3567

…………………………………………

7月28日(日) 名古屋車道LINK

[OPEN / START] 17:30 / 18:00

[ADV. / DAY] ¥3,500 / ¥4,000(D別)

[チケット発売日] 4月27日(土)

[チケット発売所] e+(https://eplus.jp/sf/detail/2915550001-P0030001)

[問] LINK:052-933-3567

 

 

その他イベント出演情報など最新情報はOFFICIAL WEB SITEをチェック!!

★DARRELL Official HP★

https://darrell.jp



1 / 2512345...1020...最後 »