NEWS

2020年09月26日 (土)

【DEXCORE】1st Full Album [METEMPSYCHOSIS.] 全曲試聴トレーラー公開!!!

RELEASE - 23:00:04

発売日まであと4日!

いよいよ来週930日(水)に発売となる、DEXCOREの1st Full Album [METEMPSYCHOSIS.] の全収録曲試聴トレーラーが解禁された!

オフィシャルYouTube channelで公開中。

 

====================

 

●DEXCORE [METEMPSYCHOSIS.]  DIGEST

 

「BREATH」 MV

 

★930日(水) 1st Full Album [METEMPSYCHOSIS.]

…………………………………………

通販限定盤[METEMPSYCHOSIS.] -EXTRA-

JRCA-1009A ¥10,000(tax out)

waltz online storehttp://waltz-store.com

…………………………………………

流通盤[METEMPSYCHOSIS.] -RED-

JRCA-1009B ¥5,000(tax out)

…………………………………………

流通盤[METEMPSYCHOSIS.] -BLUE-

JRCA-1009C ¥3,000(tax out)

全国TOWER RECORDHMVCDショップ、専門店にて予約受付中!

ショップ購入特典情報 https://dexcore.jp/news/2017/

 

====================

 

■Oneman Live [METEMPSYCHOSIS.]

20201010日(日)  名古屋ElectricLadyLand

 

[OPEN / START] 17:00 / 17:30

[ADV / DAY] ¥3,500 / —-D別)

キャパシティを制限しての開催となります。

当日券の販売予定はございません。

[配信TICKET]

一般:e+ 926日(土)14:00

配信:情報は9月月末にお知らせ予定

[問] ElectricLadyLand052-201-5004

 

開催にあたっての対策および注意事項などはこちらからご確認下さいhttps://dexcore.jp/news/2098/

会場限定盤 [METEMPSYCHOSIS.] -WHITE- 販売開始予定

 

——————————-

 

[METEMPSYCHOSIS.] 発売記念アウトストアイベント

 

20201010日(日) 20:0021:00予定(公演終演後)

【開催会場】名古屋ElectricLadyLand

【内容】CDサイン会

【対象】10/10 Oneman Live [METEMPSYCHOSIS.]ご来場者で、アルバム [METEMPSYCHOSIS.]ご購入済みの方が対象のサイン会イベントです。(※Oneman Live [METEMPSYCHOSIS.] 公演終了後の開催となります。)

【対象商品】[METEMPSYCHOSIS.] EXTRA/RED/BLUE/WHITE

参加方法など詳細情報はこちらhttps://dexcore.jp/news/2100/

 

…………………………………………

 

[METEMPSYCHOSIS.]発売記念インストアイベント

 

【開催日時】20201218日(金) START 19:00

【会場】タワーレコード渋谷店 5F(店内イベントスペース)

【内容】サイン会

【対象店舗&お問合せ先】

 タワーレコード渋谷店:03-3496-3661

 タワーレコード新宿店:03-5360-7811

参加方法など詳細情報はこちらhttps://dexcore.jp/news/2104/

 

——————————-

 

■Oneman Live [METEMPSYCHOSIS.]-Dead or Alive-

20201219日(土) Shibuya cyclone Day1Dead

20201220日(日) Shibuya cyclone Day2Alive

詳細は後日発表

▼DEXCORE BREATH Music Video(テレビ朝日系全国放送「BREAK OUT9月度エンディング・トラック)

https://youtu.be/mMv7JccFC4k

 

====================

 

★DEXCORE Official TwitterInstagramYoutubeBlog

http://twitter.com/dexcore_info

https://www.instagram.com/dexcore_official/

https://www.youtube.com/c/dexcoreofficialchannel

https://ameblo.jp/dexcore

 

★Member Official TwitterInstagramYouTube

Vocal:架神 -kagami-

https://mobile.twitter.com/kagami_dexcore

https://www.instagram.com/dexcore_kagami/

https://www.youtube.com/c/kagamifromDEXCORE

Guitar:梦斗 -yumeto-

https://mobile.twitter.com/yumeto_dexcore

https://www.instagram.com/yumeto_dexcore/

http://www.youtube.com/c/YUMECORE

Bass:澄 -to-ru-

https://mobile.twitter.com/toru_dexcore

https://www.instagram.com/toru_dexcore/

Drums:伶司 -reizi-

https://mobile.twitter.com/reizi_dexcore

https://instagram.com/reizi_dexcore

サブスク等配信先一覧

https://www.tunecore.co.jp/artist/dexcore

□ LINE着せかえ

https://store.line.me/themeshop/author/1536030


2020年09月26日 (土)

【Eins:Vier】30周年最新アーティスト写真公開!ミニアルバムの詳細も発表!

NEWS - 12:00:30

Eins:Vier30周年を記念したプロジェクト「Eins:Vier 30th Anniversary Project」の最新アーティスト写真と、今秋リリースのミニアルバムの詳細が発表された。

 

結成30周年を迎えた彼らの最新アーティスト写真は、近年のEins:Vierを撮り続けている小松陽祐氏(odd job)の手によるもの。

MV撮影と同日に行われた撮影は数か所のロケーションで行われ、数千枚の中から厳選された今回の写真は、彼らの30年の歩みを表すかのような濃密な仕上がりとなっている。

 

また、21年振りの新曲を詰め込んだミニアルバム「five sights」が1125日(水)にリリースされる事も決定。

先行配信された「three stories」、「100年の幻想」を含む全5曲入りとなっている。

初回盤にはボーナストラックとして名曲「Staying and walking」を収録。

そして新曲5曲の撮り下ろしMV集「five sights [moved]」も同梱される。

オンライン数量限定盤には初回盤にプラスして56Pフォトブックや30th Anniversaryステッカーが付随するなど、ファンにはマストアイテムになるであろう豪華版となっている。

 

====================

 

★NEW LOOK★

HIROFUMI_MAIN_2020_01

HIROFUMI_MAIN_2020_02

▲HIROFUMI (Vocal)

YOSHITSUGU_MAIN_2020_01

YOSHITSUGU_MAIN_2020_02

▲YOSHITSUGU ( Guitar) 

Luna_MAIN_2020_01

Luna_MAIN_2020_02.jpg のコピー

▲Lüna (Bass)

 

====================

 

21年振りの新曲を詰め込んだミニアルバム

five sights

1125日(水)リリース

…………………………………………

【初回盤】

LZLN-016 / ¥8,000(tax out)

 

●CD five sights

1.touch or don’t touch you know
2.100年の幻想
3.three stories
4.Come on loser
5 .I mean what i say
6.Staying and Walking ※BONUS TRACK

 

●DVD five sights [moved]

1.touch or don’t touch you know
2.100年の幻想
3.three stories
4.Come on loser
5 .I mean what i say

…………………………………………

【通常盤】LZLN-017 / ¥2,300(tax out)

●CD five sights

1.touch or don’t touch you know
2.100年の幻想
3.three stories
4.Come on loser
5 .I mean what i say

…………………………………………

 

【オンライン数量限定豪華盤】LZLNHB-002 / ¥14,000(tax out)

・初回盤

・56P撮り下ろしフォトブック(メンバーパーソナルインタビュー/ヒストリー/etc…)

・30th Anniversaryステッカー

・スリーブケース入り

…………………………………………

【発売元】LIZARD NEO

【販売元】FWD.Inc

…………………………………………

【店舗購入特典 ※LZLN-016,017のみ】 オリジナルポストカード

 

——————————-

 

three stories

デジタル配信

2020721()配信開始 

https://linkco.re/4avuHNzf

…………………………………………

100年の幻想」

デジタル配信

2020826()配信開始 

https://linkco.re/r1QPd0BN

 

====================

 

<LIVE INFO>

 

■Eins:Vier Live 2020”three stories”

202153(/),4(/) 会場:OSAKA MUSE  振替公演 

202158(),9() 会場:渋谷WWW X  振替公演

 

全公演開場 16:45 開演 17:30

 

★チケットの再販は各プレイガイドにて 103()10:00~発売開始!

【ローチケ】https://l-tike.com

e+http://eplus.jp

【チケットぴあ】https://t.pia.jp

 

====================

 

【オフィシャルHP 

https://eins-vier.wixsite.com/eins-vier


2020年09月25日 (金)

【INORAN】9月30日発売NEW ALBUM『Libertine Dreams』発売目前に、メイン・ビジュアル解禁!そして今作に続く、続編と未来。

RELEASE - 18:00:57

9月30日に発売されるINORANのニュー・アルバム『Libertine Dreams』から、リード・トラック「Don’t Bring Me Down」Music Videoの解禁に続き、今作のメイン・ビジュアルとなる写真が公開された。


既に公開されているビジュアルの自然体な雰囲気とは異なりスタイリッシュなスーツを身に纏い、こちらへと向けられるどこか挑発的な視線、漂う存在感は、Music Videoにも共通するどこか危険な香りと華麗な佇まいを合わせ持つある男…まさに今作『Libertine Dreams』の世界観を貫くキー・ビジュアルであると言えるだろう。

 

さらに今作の発売を目前に、なんと『Libertine Dreams』に続く、続編とも言えるアルバムの存在が明らかとなり、早くもその制作に着手したという驚きのニュースが飛び込んできた!
ニュー・アルバム『Libertine Dreams』は現在のコロナ禍において、INORANが一人のアーティストとして、その表現の深淵を追求した作品である。

その世界は今作『Libertine Dreams』には収まり切らず、彼の見据える世界にはまだ続きがあるという。

INORANからは次のようなコメントが届いている。

 

 

「『Libertine Dreams』はいわゆる、二部作の前編なんだ。

この世界を時代を生きてる事、感じてる想い、そして、届けたい音…この一枚では当然終われないよ!

まだまだ、続きがあるのさ。

後編もすぐに届けるつもりだから、まずは前編となる今作を楽しんでくれ!」

 

 

その果てなき探究心の先にどのような旅の続きが待っているのか、今から楽しみでならない。
まずは9月30日にリリースされる『Libertine Dreams』を手にして、その世界をその想いを堪能して欲しい。

二部作の前編となる、今作を。


そしてその旅の続きとなる新たな路は、近いうちに発表されることだろう。
驚きと共に期待が募る中、待望のニュー・アルバムはついにリリースされる!

 

 

==================== 

 

■INORAN 「Don’t Bring Me Down」Music Video (Short Version)

 

 

<NEW RELEASE>


★『Libertine Dreams』(読み:リバティーン・ドリームス
2020年9月30日(水)発売

…………………………………………

Print

【完全生産限定盤-LP SIZE BOX-】
NKCD-6929 /¥12,000+税/CD+Blu-ray+写真集

[CD]
M-1. Don’t Bring Me Down
M-2. Soul Ain’t For Sale
M-3. Libertine Dreams
M-4. Purpose
M-5. Missing Piece
M-6. Soundscapes
M-7. ‘75
M-8. Kingdom Come
M-9. Shaking Trees
M-10. Dirty World
[Blu-ray]Don’t Bring Me Down (Music Video) 、INTERVIEW (Full Version)
[写真集]全28ページ予定
※KING e-SHOP限定販売
※KING e-SHOPオリジナル特典:「オリジナルコメントDVD」付き
販売ページURL:https://kingeshop.jp/shop/g/gNKCD-6929/

…………………………………………

Print

【初回限定盤】
KICS- 93940/¥4,800+税/CD+Blu-ray

[CD]全10曲収録(※完全生産限定盤-LP SIZE BOX-と同内容)
[Blu-ray]Don’t Bring Me Down (Music Video) 、INTERVIEW
※三方背BOX仕様予定

…………………………………………

Print

【通常盤】
KICS- 3940/¥3,000+税/CD

[CD]全10曲収録(※完全生産限定盤-LP SIZE BOX-と同内容)

●メーカー特典情報
内容:A5サイズクリアファイル
※特典は先着となります。無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
※ご予約及びお買い上げになる前に必ず各店舗にてご確認いただきますようお願いいたします。
※詳細は各店舗へお問い合わせ下さい。

 

====================

 

ライブ情報

 

INORAN、自身のバースデーに初のストリーミング・ライブ決定!!

「INORAN -VISION- SUITE ROOM#929」

日時:2020929 () 19:00

 

チケット販売URL

一般発売:https://eplus.jp/inoran-s/

【受付期間】 2020911日(金)18:00929日(火)20:00

 

【チケット料金】

ONLINE TICKET4,500円(税込)

ONLINE TICKET with INORAN BIRTHDAY WISHES!!(サポート1000):5,500円(税込)

ONLINE TICKET with SAVE THE STAGE CREW(サポート2000):6,500円(税込)

ONLINE TICKET with INORAN BIRTHDAY WISHES!! & SAVE THE STAGE CREW(サポート3000):7,500円(税込)

…………………………………………

<サポートチケットとは>

「サポートチケット」は、INORANの誕生日を祝した事前投げ銭として、またアーティスト及びステージクルーの活動資金として活用させていただきます。

ご覧いただけるライヴ映像の内容は全て同じとなり、配信画質等の優劣もございません。

ご無理のない範囲で、ご賛同いただける方のみ、サポートチケットのご購入をお願いいたします。

…………………………………………

<注意事項>

・アーカイブ配信はございません。ご試聴の際は、インターネットの通信環境、視聴端末の設定などに充分ご確認ください。

・開演約30分前から視聴画面をオープン予定です。お早めのログインをおすすめいたします。

・お客様のインターネット環境に起因する閲覧の不具合に関しては、主催者では一切責任を負いかねます。視聴前に必ず動画視聴に適した通信環境をご準備ください。

・配信途中から視聴した場合はその時点からの配信となり、巻き戻しての再生はできません。

・いかなる場合も、チケットご購入後の払い戻しは出来かねますので、予めご了承ください。

・本配信は有料配信となり、一切の権利は主催者が有します。動画サイトなどへの無断転載・共有を行った場合、法的責任に問われる場合がございます。

・配信プラットフォームは「Streaming+」です。視聴・配信に関するお問合せは下記をご確認ください。

 「Streaming+」視聴ガイド>>https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

 

====================


レーベルサイト:https://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=33839
INORAN OFFICIAL SITE: http://inoran.org/
INORAN OFFICIAL FAN CLUB「NO NAME?」: http://inoran.org/no-name/


2020年09月25日 (金)

【ライヴレポート】<PENICILLIN O-JIRO BIRTHDAY LIVE 「とのさまGIG 2020」>9月13日(日)初の無観客生ライブ配信!◆「このケーキ、景気がいいねぇ」

REPORT - 18:00:51

  毎年恒例、PENICILLINのドラマーO-JIROの誕生日時期に行われる、ワンマン公演「とのさまGIG」。

今やメンバーの誕生日を祝う「生誕祭」は、どのバンドも恒例行事として行っているが、ヴィジュアル系界隈で「生誕祭」を最初に始めたのがPENICILLINであり、O-JIROの誕生日を祝う「とのさまGIG」だった。

 

 

  「とのさまGIG」の連続開催も、今年で24回目。

例年、ファンたちと一緒にO-JIROの誕生日を祝ってきたが、今年はコロナ禍の影響から無観客生ライブ配信という形で913()に行った。

嬉しかったのが、「ライブ」と「バースデーセレモニー」と題したトークコーナーの2部構成で届けてくれたこと。

トークに長けたメンバーたちでもあるように、ライブのみならず会話でも楽しませてくれた。

ここからは、当日のライブの模様をお伝えしたい。

 

 

 千聖のギターが唸りを上げるのを合図に、ライブは「Too young to die!」から幕を開けた。

HAKUEIは、スタンドマイクをギュッと握り、画面の先の人たちを挑発してゆく。

モニターに足を乗せ、前のめりの姿勢で演奏する千聖。

視聴者たちを煽るメンバーたちを、O-JIROはいつものよう的確にビートを叩きながら、しっかり後押ししていた。

カメラ目線を意識したステージングを見せる千聖とO-JIRO

HAKUEIは、舞台にどっしりと構え、雄々しい姿を示してゆく。

 

 

  O-JIROのドラムが強烈なビートを叩き出すと同時に、楽曲は「REALXXX」へ。

激しいビートを繰り出すO-JIROの演奏に、気持ちが熱く煽られる。

荒ぶる演奏の上でも、悠然とした姿を見せるHAKUEI

千聖は、挑発するように舌を出しギターを弾く場面も。

「もっと強く もっと深く 君の中で愛し合えば」と歌いながら、HAKUEIは感情のボリュームを巧みに調整、攻める姿勢と切なさを抱いた表情の両面を示していった。

続く「聖・MARIAN HURRICANE」では、心を解き放つ開放的な姿を提示。

輝きをまとった演奏や、イケイケな姿勢で声を響かせるHAKUEIの歌に触れているうちに、何時しか両手を大きく広げ、歌の風を感じながら脳裏に広がった大空を彼らと一緒に羽ばたいていた。

 

 

 披露したのが「C-section」。

気持ちの内側から沸き立つ熱をジワジワと膨らませ、サビで一気に炸裂。

揺れ動く心模様を、彼らは緩急起伏の効いた演奏や感情の振幅豊かな歌声を通して見せてきた。

しなるO-JIROのビートがドラマを描く絵筆となり、楽曲に起伏を描き出していたのも、耳を惹きつけた。

 

 

 タイトなO-JIROのドラム演奏、そこに千聖のギターが音を重ねるのに合わせ、楽曲は「心」へ。

O-JIROのしなやかなビートに合わせ、気持ちが次第に沸き立つ。華やかなのに温かさを覚える楽曲だ。

身近な、でも大切な人への心情をスケール大きな言葉として綴った歌詞が心にじんわり染みてゆく。

優しく気持ちと身体を満たす楽曲に触れていたら、何時しか身体も心地好く揺れていた。

 

 

 11曲表情を変えながら、PENICILLINは見ている人たちの脳裏にさまざまな心象風景を映し出す。

千聖のギターソロをブリッジに、楽曲は「冷たい風」へ。タイトル通り、冷たい風を身に覚える楽曲だ。

何時までも消せない愛しい人のことを慕うように歌うHAKUEIの切々とした声に触れていると、同じよう痛みを覚えずにいれなかった。

胸張り裂けんばかりの哀切な想いで歌うHAKUEIの声に、想いを寄り添え、同じ痛い気持ちに浸っていたかった。

 

 

  次に披露したのが、「とのさまGIG」ではお馴染みの「吸血鬼」。

華麗に舞うように千聖のギターの旋律が踊れば、彼の演奏を、O-JIROChiyuによるリズム隊が軽快に沸き立てる。

HAKUEIの歌声にも、気持ちを解き放つような解放感と温かさが満ちていた。

触れた人たちを絢爛豪華な社交場へと導き、ともに寄り添いステップを踏みながら、HAKUEIは観ている人たちの心の首筋へ優しく噛みついてきた。

その刺激に解放感と心地好さを覚え、何時しかとろける気持ちに。

 

 

  O-JIROのドラム演奏をブリッジに、楽曲は妖艶な色を塗り重ねるよう「クーデタークラブ」へ。

妖しく挑発するように歌うHAKUEI

艶めきながらも迫力を持った彼の歌声へ、3人の演奏陣が危険な香りを塗り重ねてゆく。

フロアに下りたHAKUEIがカメラの眼前にせまり、投げKISSをする場面も登場。

画面越しに誘い、煽るHAKUEIと千聖。

とくに、この日の千聖はカメラ目線を意識した動きを多く見せていたように、オンラインライブだからこその楽しませ方を強く心がけていた。

楽曲は「SAMURAI BOY」へ。

ふたたび荒ぶる心のスイッチを入れたメンバーたちは、熱狂を巻き起こすように攻めた姿を見せてゆく。

熱情したギターソロを奏でる千聖。

挑発するHAKUEIの歌声も胸を熱く騒がせれば、その声へ身を寄せ、抱かれたい気持ちにもしてゆく。

O-JIROの荒ぶる一打一打に触発され、身体の疼きが止まらない。

 

 

 本日のセットリストはO-JIROが作ったことを、HAKUEIが紹介。

この日は、O-JIRO作曲ナンバーが中心。

続いて披露したのが、O-JIROが作曲をした中、初めてシングルになった「99番目の夜」だ。

HAKUEIの「飛べ!!」の声を合図に、楽曲が勢いを持って跳ねだした。

相手の心を射抜くように歌うHAKUEI

涙を誘うサビのメロウな歌に触れるたび、胸がギュッと揺さぶられる。この甘酸っぱい感覚がたまらない。

99th night」と挑発するように声を重ねる千聖。

フロント陣をけしかけるO-JIROのドラム。

めくるめく激しくも官能的な世界に心が溺れそうだ。

 

 

  もっともっと暴れろと言わんばかりに、熱情した激歌ナンバー「イナズマ」を突きつけ、PENICILLINはカメラの先にいる人たちを熱く煽りだす。

身体を大きく逸らし声を張り上げるHAKUEI

千聖のギターも感情昂るフレーズを次々繰り出していた。

素直に暴れ狂えるのも、O-JIROの攻めながらも安定したビートが支えているからだ。

大サビ前へ入る一瞬のブレイクのときに、HAKUEIがさりげなく投げKISSしていた姿も、悲鳴をあげたくなるセクシーで恰好いい姿だった。

  

 

 

  画面の先で見ている一人一人ともっと熱く戯れ、一緒に絶頂を迎えようと、PENICILLINが最後にぶつけたのが「SEX」。

HAKUEIが、千聖が、カメラの先にいる人たちを熱く挑発する。

心を野生に戻し、絶叫にも似た声を張り上げ、煽るHAKUEI

ふたたび彼はフロアへ降り、カメラの目の前でデンジャラスな言葉を叫んでいた。

気持ち騒ぐままに挑発し続ける刺激的なステージング

熱く昂るその姿こそ、PENICILLINらしいじゃない。

 

 

 第二部は、O-JIROの誕生日を祝おうと「バースデーセレモニー」と題したトークコーナーへ。

HAPPY BIRTHDAY」の歌に導かれ、サポートベーシストのChiyuを含め、4人が舞台へ。

恒例のバースデーケーキのセレモニーに続き、メンバーらの気ままなトークへ。

 

 

  大きなケーキを手にした千聖が、「このケーキ、景気がいいねぇ」とギャグを飛ばす。

O-JIROは、「みんなも、僕らもがっつり盛り上がれるセットリストにしたいなと思ったように、今日は弾けられて楽しかったです」と、この日の選曲の理由やライブの感想について語っていた。

 

 

  最後に、PENICILLINの最新情報として、千聖の誕生日である104日に、彼の生誕祭「ROCK×ROCK」を生ライブ配信で行うのが決定したことを伝えてくれた。

千聖は、生誕祭当日について、「俺専用のカメラがずっとここ(目の前)にある」と発言。その言葉を聴き、すかさずO-JIROが「サーバーまでうっとりしちゃうかも」と突っ込んでいたところはさすがだ。

来月の生ライブ配信(アーカイブ放送も有り)も楽しみになってきた!!

 

 

PHOTO:コザイリサ

TEXT:長澤智典

 

====================

 

 

セットリスト―

Too young to die!

REALXXX

「聖・MARIAN HURRICANE 

C-section

「心」

「冷たい風」

「吸血鬼」

「クーデタークラブ」

SAMURAI BOY

99番目の夜」

「イナズマ」

SEX

-ENCORE-

BDセレモニー~トークコーナー」                              

 

====================

 

 

PENICILLIN O-JIRO BIRTHDAY LIVE「とのさまGIG 2020」~Tonosama GIG September 13, 2020

 

PENICILLIN ONEMAN LIVE「祭り -MATSURI- August 23, 2020

 

====================

 

PENICILLIN 千聖 BIRTHDAY LIVE ROCK×ROCK 2020」開催決定!

 

■PENICILLIN 千聖 BIRTHDAY LIVE ROCK×ROCK 2020

【公演日】10/04()

START19:00 ライブ配信スタート予定(18:30からChat機能開始)

【アーカイブ視聴期間】10/5() 23:59まで

【チケット】927() 12:00105()21:00

【料金】¥5,000(税込) スペシャル・バースデーデジタルフォトカードを全員にプレゼント

【プレイガイド】https://eplus.jp/st/penicillin1004/

 

【備考】

・視聴券購入者全員にライブ当日撮影したスペシャル・バースデーデジタルフォトカード1010()頃よりダウンロード

Streaming+とは?

https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

[]サイレンエンタープライズ 03-3447-8822

 

サポートBassChiyu (https://amagasaki-rockstar.com/)

 

…………………………………………☆

 

「とのさまGIG2020」グッズ、絶賛発売中!!まもなく締め切り!

販売期間
9/13() 12:009/27() 23:59まで
発送予定
202011月中旬

 

▼DDJ公式通販サイト

https://ddj.official.ec

 

====================

 

<関連リンク>

 

★PENICILLIN 公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCwZb-Yju0wx1ptQi_Clhxlw

(#お家で千聖」、絶賛更新中)

「居酒屋はくえい」

https://ch.nicovideo.jp/club-Zy/live

PENICILLIN Web

https://www.penicillin.jp/

PENICILLIN twitter

https://twitter.com/PENICILLIN_info





2020年09月25日 (金)

【ライヴレポート】<メリー「5 Sheep Last Tour」>2020年9月19日(土)東京・日比谷野外音楽堂◆聖地とも言える日比谷野音で「未来への扉」を開く。「“メリー”ってハッピーって意味もあるじゃん。ハッピーに健くんを送りたいと思います」(ガラ)

REPORT - 12:00:30

“あの日からどれくらい時間が経つのだろう”──現メンバーで2001年に結成したメリーは今年で19年目を迎える。

“君とならずっとどこまでだって一緒に行けると思っていた” ──19年前、ガラ(vo)は長く一緒にやっていけるようにと人間性を重視してメンバーを集めた。

そんな“永遠を夢見た”けれど、2020919日、東京・日比谷野外音楽堂“メリー「5 Sheep Last Tour」”公演をもって、健一(G)がメリーから脱退した。

 

 

今年2月の健一脱退発表を受け、本来なら3月から5月の3カ月間にわたり行なわれる予定だった5人体制でのラストツアー。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、例に漏れずメリーも開催の延期を余儀なくされた。

緊急事態宣言が解除された後も、エンターテインメント業界再建に向けた状況は厳しいものだった。

メリーも延期、再延期と続く中で、北は北海道、南は福岡までを巡る17本の全国ツアーの開催を決めた。

賛否両論、その風当たりはおそらく強かっただろう。でもそれは至極当然のこと。

この未曾有の事態に誰もが不安だったし、誰もが守るべきものを守りたいと思っていた。その想いは、メンバーも観客も同じだっただろうと思う。

テツ(B)がプレイングマネージャーとしてバンド活動の指揮を取り、メンバー5人で試行錯誤しながら作り上げた初めてのツアーである。

最後までツアーを完走できたのは、寄付金によって彼らを支えた人たちの功績もあることを忘れてはならない。

そして本来のファイナル公演から4カ月遅れの9月19日、デビューライブから節目節目でこのステージに立ってきた、メリーの聖地とも言える最高の舞台、日比谷野音で健一を送り出し、同時に未来への扉を開いたのだった。

 200919_m_6005

 

この日は午後から雨が降る予報だった。

今にも涙がこぼれ落ちそうな曇天の中、開演の17時ちょうどにSEが流れ始めた。

黒い衣装に身を包んだネロ、結生、テツ、健一がステージに現れると場内から拍手が沸き起こる。

恭しく一礼をしたローディーから渡されたギターを健一が手にした頃、カラフルなモヒカン姿のガラが姿を見せた。

1曲目は健一作曲の「Happy life reprise-」。

この「–reprise-」バージョンは、20175月に行なった日比谷野音でのアレンジを音源化した印象深いもの。

“世界がどうなったって 別にそれでいい 目の前の人達を幸せにしたいだけ”。今のメリーの状況や想いを、不器用ながらまっすぐに届けるメッセージソングだ。

 

「俺たちにとってこのツアーはすごい重要でした。

健くんとの日々を日記に書いていました。

919日日比谷野外音楽堂、忘れないように心に刻んでくれ!!」。

200919_m_2660 

ガラの叫ぶようなMCの後、ファンへの想いを綴った「群青」、ラストの“自分の歩むべき道はどれですか?”をシャウトするように歌った「オリエンタル BL サーカス」、「迷彩ノ紳士」と続いたアップチューン。

いつもならステージの熱とフロアの熱が一体化している頃だが、歓声も思うように上げられないコロナ下ではなかなかそうもいかない。

しかしその分、バンドアンサンブルや、伸びやかなガラの歌声に自然と耳が傾く。

sheeple Living Dead Remix」での抑揚をつけたアンサンブルや、空へと抜けていくガラのヴォーカルは心地よかった。

健一のストロークが際立つ「平日の女 –A面–」。

健一のギターとガラの歌のみになるエンディングがやけに心にしみる。

「今夜はファイナル。みんなわかってるよね。最高の最高の記憶をあなたに与えたい」と歌MCをした後、なんとか持ちこたえている空を見上げて「雨が降らないからメリーが降らせたいと思います」と「傘と雨」を歌い出した。

が、ガラが音程を取り損ねたのか、演奏をストップさせる。

「♪何事もなかったようにメリーの雨を降らせます」と再び歌い始めるハプニングもあった。

ガラのア・カペラから始まった「路地裏哀歌」、健一作曲の「高層ビルの上でラストダンス」ではガラが真っ赤な傘を持って軽やかなステップを見せる。

マーチングドラムのリズムが印象的な「【人間曲芸坐】」で赤いリップを顔に塗りたくったガラは、続く「ハーメルン」でそのリップをさらに塗り広げ、真っ赤な顔で不気味な笑みを湛えていた。

終盤は「F.J.P」「ジャパニーズモダニスト」「千代田線デモクラシー」と、現代社会に切り込むハードなナンバー三連発。

できる限りのレスポンスで懸命にステージを盛り上げようとするオーディエンスと、いつもと変わらない熱量のパフォーマンスをぶつけるメンバーとの熱の応酬を見るにつけ、彼らの絆の深さを感じずにはいられなかった。

そしてラストは「エムオロギー」。

“君とならずっと どこまでだって 一緒に行けると思っていた”。一瞬歌えなくなって、少し顔を歪めたガラ。痛みと共に新しい未来へと一歩を踏み出す彼らにふさわしいナンバーで本編を締めくくった。

 200919_m_3564

200919_m_4386

 200919_m_2904

200919_m_1624

アンコールは、メジャーデビュー直後の「首吊りロンド」「さよなら雨(レイン)」や、インディーズ時代の代表曲「バイオレットハレンチ」「T.O.P」と、思い入れの深い曲が並んだ。

途中のMCでガラは「ツアーをやって自分の世界観が変わった。行かないと気がつかなかったことが全国にあって、それはこれからの人生において大きな糧になると思う」と、このツアーを強行して得たことを伝えた。

そしてメンバー一人一人が今日の日を迎えた想いを語る。

「いろんなことが重なりすぎて頭の中がごっちゃごっちゃになりながらツアーを回りました。今日この地で5人でラストライブなんだなと思うと、グッと(身を引き締めて)立てています」と結生は正直な心境を、「正直言うと今日この日を迎えるまで、時間よ止まれと思っていたんですけど、今思うことは俺たち6人の未来、最高に幸あれってことです。いい景色を見せてくれてありがとう」とネロは感謝の気持ちを伝える。

テツは「俺は今、自分の気持ちを保つことが正直できません」と言葉を詰まらせる。「最後、笑って送りたいんで、日比谷の空に拍手を響かせてください」と、メンバー一人一人の名前をコールした。

そして健一は、「この日のMCを前から考えたりしてたんですけど、言葉が見つからない。本当にありきたりなんですけど、どうもありがとうございました」と率直な想いを語った。

そして最後に「この19年俺たちが毎日一緒にいて築いてきた絆は、形が変わっても絶対に消えることはない。俺らも健くんもみんなも、未来に向かって進んでいるよ。“メリー”ってハッピーって意味もあるじゃん。ハッピーに健くんを送りたいと思います」とガラ。

その後の「バイオレットハレンチ」の間奏で一度袖にはけると、墨汁を持って再び登場。口に流し込んで顔中に塗りたくる。

初期を彷彿とさせるパフォーマンスを見せて「これがメリーだ!よく焼き付けとけ!!」と絶叫した。

ラストは、健一が奏でる繊細なギターイントロが美しい「そして、遠い夢のまた夢」。

この日の前日に公開されたソロインタビューで、健一はメリーを「1番夢に近づいた居場所」だったと語っていた。

この曲を奏でながら、メンバーの胸の中は、どんな想いが去来しているのだろうか。

そんなことを考えながら、一音一音を噛み締めていた。

 

 

メンバーがステージを降りると、ツアーの写真と共に、ガラが付けていたという日記がスクリーンに映し出される。

このツアーをどんな想いで駆け抜けてきたのか、うかがい知ることができた。

そして、「みんなとメリーの未来のために」と、最後にもう一度「Happy life reprise–」をプレイ。

途中、ガラが結生、テツを誘導して健一の元へ。4人がフロントに並んで演奏する姿をしっかりと目に焼き付ける。

やがてテツはネロのドラムへ向かい、健一と結生が向き合ってギターを爪弾く。そうそう、これもメリーのライブの中の好きなシーンの一つだった。

 

正直、いまだに健一がいなくなったメリーを想像することができないでいる。

晴れやかにメンバーが去ったステージをぼんやりと眺めていると、フロアで大きな拍手が沸き上がった。それは、大声を出して思いの丈を伝えられなかったファンの想いだ。

健一への餞として贈られた温かな拍手は、いつまでもいつまでも続いた。その想いはきっと、彼らの胸に届いたことだろう。

200919_m_5629 

 

文●大窪由香

ライブ写真●尾形隆夫

 

 ====================

 

メリー「5 Sheep Last TourFINAL】そして、遠い夢のまた夢」

2020/9/19()日比谷野外大音楽堂

 

-SET LIST-

 

01 Happy life ‒reprise

02 群青

03 オリエンタル BL サーカス

04 迷彩ノ紳士

05 sheeple Living Dead Remix

06 平日の女 -A -

07 傘と雨

08 路地裏哀歌

09 高層ビルの上でラストダンス

10 【人間曲芸坐】

11 ハーメルン

12 F.J.P

13 ジャパニーズモダニスト

14 千代田線デモクラシー

15 エムオロギー

 

ENCORE 1

16 首吊りロンド

17 さよなら雨 ( レイン )

18 バイオレットハレンチ

19 T.O.P

20 そして、遠い夢のまた夢

 

ENCORE 2

21 Happy life ‒reprise

 

====================

 

◆メリー公式リンク◆

公式サイト http://merryweb.jp

公式Youtubeチャンネル https://www.youtube.com/user/MERRYOfficial

公式Twitter https://twitter.com/merry_official








2020年09月24日 (木)

【MOB】配信ライブ第二弾、9月27日(日)20:00〜開催!

NEWS - 22:00:07

MOBより配信ライブ第二弾のお知らせが到着!

新宿club SCIENCEにて収録された、MOB無観客ライブがツイキャスプレミアライブにて配信される。

第二弾となる収録ライブ配信、ライブ未発表曲を含むハイテンションなライブを存分に楽しんで欲しい!

 

====================

 

■MOB無観客収録ライブ配信
2020年9月27日(日)
START 20:00〜
チケット:¥2,500

 

▼チケットのお求めは下記より

ツイキャスプレミア公式ストア

https://twitcasting.tv/mobofficial2017/shopcart/27615


====================

 

★MOB OFFICIAL SITE★

https://www.mobofficialsite.com/

★MOB OFFICIAL Twitter★

https://twitter.com/mobofficial2017

□MOBofficialGOODSsite
https://mobgoods.official.ec/