NEWS

2020年09月24日 (木)

【ニコニコ生放送】V-ROCKシーンを♪ワチャワチャ♪とかき回す番組☆KSPチャンネル「WACHA★WACHA(ワチャワチャ)」本日放送の第33回はcali≠gari / NIGHTMARE / 葉月(lynch.)が登場!20時〜オンエア♪

NEWS - 12:32:33

V-ROCKシーンをワチャワチャとかき回すニコ生番組、KSPチャンネル「WACHAWACHA(ワチャワチャ)」。

毎月 第2・第4 木曜日、20:00〜21:00で生放送しております!!
MC
を担当するのはノボタンこと山本昇!

 

楽しみな本日、2020年9月24日(木)のメニューは・・・

https://live2.nicovideo.jp/watch/lv328170166

 

ゲストをお迎えするメインコーナー【WACHASPOT(ワチャスポ)】。

9月30日に「ブルーフィルム -Revival-」をリリースする
cali≠gariのメンバーが全員揃って登場♪

 

6 

▲cali≠gari

 

アツアツの情報をお届けするコーナー WACHA★DELI(ワチャデリ)
NIGHTMARE.と葉月(lynch.)のコメント動画をデリバリー!
トークテーマは『自分を褒めたくなる時・褒めた時』。

6 

▲NIGHTMARE

 6

▲葉月(lynch.)

 

KSPチャンネル会員の方がご覧いただける
WACHA★WACHA Chain Reaction。
前回ゲスト「NUL. 」からのミッションに「cali≠gari」がこたえます!
サイン入りステッカーのプレゼントもありますので要Check♪

 

♪メール募集♪
メンバーへの質問等
メールお待ちしています!
https://forms.gle/2KYJTwvtV25hq9kb6

番組URL  https://ch.nicovideo.jp/ksp-e

番組twitter https://twitter.com/WACHA_KSP





2020年09月23日 (水)

【Houts】新ヴィジュアル公開!各メンバープロデュースによる楽曲デジタルリリース、そしてワンマン開催を発表!

NEWS - 22:00:59

2周年ワンマンを終えたHoutsが新たな展開を発表した。

各メンバープロデュースによる楽曲のリリースと、そして11月に二部制ワンマンを開催する。

進化する彼らに是非、注目して欲しい。

 

====================

 

<リリース>

 

★2020年11月11日(水)

メンバープロデュースによるデジタルシングルリリース

 

@-atto-プロデュースシングル『Red』

樹奴プロデュースシングル『Cattleya of sadness』

零プロデュースシングル『Enter』

将十プロデュースシングル『monster』

柚葉プロデュースシングル『ハピポ!』

 

 

====================

 

<ライヴ>

 

メンバープロデュースによる二部制ワンマン開催!!

——————————-

零プロデュース

『Enter』

11月12日(木)HOLIDAY NEXT

【1部】OPEN 16:00 / START 16:30

【2部】OPEN 19:00 / START 19:30

前売¥500 当日¥1,500(ドリンク別)

——————————-

将十プロデュース

『浦和パンデミック』

11月19日(木)浦和ナルシス

【1部】OPEN 16:00 / START 16:30

【2部】OPEN 19:00 / START 19:30

プレミアム前売¥3,500 当日無料(ドリンク別)

——————————-

@-atto-プロデュース

『深紅』

11月26日(木)心斎橋soma

【1部】OPEN 16:00 / START 16:30

【2部】OPEN 19:00 / START 19:30

前売¥3,500当日¥4,000(ドリンク別)

——————————-

柚葉プロデュース

『東京はぴめろでぃーランド!』

12月10日(木)新宿club SCIENCE

【1部】OPEN 16:00 / START 16:30

【2部】OPEN 19:00 / START 19:30

前売¥3,500当日¥4,000(ドリンク別)

——————————-

樹奴プロデュース

『prequel』

12月24日(木)心斎橋BEYOND

【1部】OPEN 16:00 / START 16:30

【2部】OPEN 19:00 / START 19:30

前売¥3,500当日¥4,000(ドリンク別)

——————————-

Houtsプロデュース【1部】

『クリスマスに浮かれて何が悪い』

12月25日(金)OSAKA MUSE

OPEN 16:00 / START 16:30

前売¥3,500当日¥4,000(ドリンク別)

…………………………………………

Houtsプロデュース【2部】

『無差別な汚染』

12月25日(金)OSAKA MUSE

OPEN 19:00 / START 19:30

前売¥3,500当日¥4,000(ドリンク別)

 

====================

 

<OTHER SCHEDULE>

 

9月28日 神戸KINGSX

10月7日 池袋Black Hole

10月9日 福岡Early Believers

10月12日 今池3STAR

10月13日 心斎橋FANJ

10月20日 札幌Crazy Monkey

10月21日 札幌Crazy Monkey

10月30日 心斎橋soma

 

====================

 

★Houts OFFICIAL SITE★

https://kalmian-joker.jp/houts/


2020年09月23日 (水)

【VOID】韓国ヴィジュアル系バンド「VOID」が2nd アルバム「AKASHIC」をリリース

NEWS - 22:00:19

<バイオグラフィー>

VOIDは、韓国で活動するヴィジュアル系バンド。 韓国ヴィジュアル系バンドЯoaR(2014~2017)のボーカルToAとギターJ.Robynで2018年に結成。活動初期 はリズム隊をサポートで補いつつ、2018年7月~9月に 東京(日本) ソウル(韓国) 台北(台湾)の3ヶ国をまたいだ、アジア始動ツアーを敢行。
その後、元IMGLのビ・スヒョン(Ba) と 元ADICTOのメンバーであったShin(Dr.)が正式加入し、2018年に1st アルバム『NEO DECADANCE』をリリース。
今回の「AKASHIC」は約2年ぶりのリリースとなる。

 

8月29日に韓国にてティーザーが公開。続いて アルバム収録曲 Move On のMVを公開。今後 北極星、淡虹なMVが公開予定となっている。

 

(MV) Move On

 

今回のアルバムはVOIDとしては初のバラードナンバー中心のアルバムとなっており、ヴィジュアル系の激しいサウンドに馴染みのない人にも聞きやすく、韓国市場で多くの期待を集めている。

 

——————————-

 

<メンバー>

Vo. ToA (2020年7月脱退)
Gt. J.Robyn
Ba. ビ・スヒョン
Dr. SHIN

 

 

——————————-

 

<収録曲>
01.Technical “Che”(Maybe His Name Is “AKA”)
02.Dive To Black
03.Move On
04.Impassive Chronicle
05.北極星(Polaris)
06.D.E.D(Dead End Diver)
07.淡虹(Dam Hong)
08.Cybernetic “Kant”(Maybe His Name Is “CHIC”)

 

レーベル:Joeun Music (韓国)
品番:JEC0406
発売日: 2020年9月12日
販売価格: 30000ウォン

 

※日本からは、Qoo10他韓国CD販売サイトで購入可能。
https://m.qoo10.jp/gmkt.inc/Mobile/Goods/goods.aspx?goodscode=809045016&banner_no=1170169

 

韓国ヴィジュアル系バンド [VOID]
オフィシャルTwitter
https://twitter.com/bandVoid
オフィシャルYouTube
https://www.youtube.com/c/Voidofficialvk
オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/rockbandvoid/

 

日本でのお問い合わせ先
ルミエルコーポレーション
http://lumiere.littlestar.jp/
info.lumiere.corp@gmail.com



2020年09月23日 (水)

【ヴァージュ】9月30日発売、5th Single「千」MV&全曲試聴Trailer同時解禁!10月4日(日) 東京キネマ倶楽部にて単独公演開催!

RELEASE - 19:00:22

ヴァージュが、9月30日に発売となる5th Single「千」のMusic Videoを公開した。


バンドにとって特に大きな変化を感じさせる「千」は、遼(Vo)により楽曲も大幅にアレンジが施され、コロナ禍による人の弱さの現れや、生きていく事への変化を汲み取れる内容となっている。

カップリング曲含め、込められたメッセージが気になるところ。
今作「千」の全曲試聴TrailerもMusic Videoと共に同時公開されている。

 

また、10月4日には「東京キネマ倶楽部」にて「千」リリース後初となる単独公演<人の上には何が立つ?>も決定している。
当日はまさに彼らが伝えたい「今」をより鮮明に感じる事ができるだろう。

 

====================

 

■千 MV FULL

https://youtu.be/Ohb8WkGb7Ns

 

■5th Single 千 全曲視聴Trailer

https://youtu.be/i5inIc7KtfQ

 

====================

 

<Release>

 

★5th Single「千」2020年9月30日 Release!
…………………………………………

IMG_2090.jpeg

【A タイプ】

収録曲:
1.千
2.堕落部屋
3.万華鏡

価格:¥1.800+税
…………………………………………

IMG_2091.jpeg

【B タイプ】

収録曲:
1.千
2.堕落部屋
3.「怨ミ言」

価格:¥1.800+税

 

====================


<LIVE>


■ヴァージュ単独公演「人の上には何が立つ?」
2020年10月4日(日)
東京キネマ倶楽部

 

OPEN/START 17:00/17:30
全席自由席 前売¥5,600/当日¥5,600(税込/ドリンク代込)
入場整理番号付

 

★チケット:

●イープラス 9/13(日)10:00~
https://eplus.jp/sf/detail/2897350001-P0030002?P6=001&P1=0402&P59=1

(パソコン/スマートフォン/携帯共通)

 

【主催】H.I.P.
【企画/制作】SPEEDDISK
【協力】名古屋ell.SIZE
お問い合わせ:H.I.P. 03-3475-9999

 


■新型コロナウイルス感染防止対策を徹底し、会場・自治体などのガイドラインに沿った上で開催をいたします。

■ご来場の前に、必ずオフィシャルホームページ掲載のご案内・注意事項をご確認ください。

■質問表を事前にご記入いただき、来場時に提出をお願いいたします。

※詳細は、イープラスより後日ご案内をお送りいたします。

■当日の会場内のソーシャルディスタンス確保の観点から、誠に申し訳ありませんがバルーンスタンド及びスタンド花等はご遠慮頂きますようお願い致します。
尚、楽屋花につきましては受け付けさせていただきます。
予めご了承ください。

 

====================

 

★ヴァージュ OFFICIAL SITE★

 

★ヴァージュ OFFICIAL Twitter★

https://twitter.com/virge_official


2020年09月23日 (水)

【INORAN】9月30日発売NEW ALBUM『Libertine Dreams』リード曲「Don’t Bring Me Down」のMV公開!!STERLING SOUNDのランディ・メリル氏からコメントも到着!

RELEASE - 18:00:29

9月30日に発売するINORANのニュー・アルバム『Libertine Dreams』より、リード・トラックである「Don’t Bring Me Down」のミュージック・ビデオが公開された。

 

■INORAN 「Don’t Bring Me Down」Music Video (Short Version)

 

 

 

先日公開されたティーザー映像ではエモーショナルなINORANの姿が印象的だったが、今回の映像では新たにMVの世界観を華麗に渡り歩くINORANを観る事ができる。
その自身に満ちた表情からは、「目まぐるしく変化していく現代社会においても、己を見失うことなく、自由に歩いていく」という、今作のテーマが如実に映し出された内容とも解釈出来る。
そして、ソロとしての新たな一歩を踏み出したというINORANの強いメッセージが込められているとも言えるだろう。

 

 

また、アルバムリリース目前に今作のマスタリングを担当し、グラミー賞を受賞したキャリアを持つSTERLING SOUNDのランディ・メリルからINORANのニュー・アルバムを賞賛する下記のコメントが、ニューヨークから届いた!!!!

 

…………………………………………

 

「INORANのニュー・アルバムは絶対に聴くべきだ!私は作業した時間を徹底的に楽しんだよ。生々しく荒々しいグルーヴからエネルギッシュで爆発的な魂の聖歌まで、幾つかのサプライズによって、作品全体の雰囲気を更に増長させている。何度何度も聴きたくなる素晴らしいヴァラエティのある作品だよ!」

 

“The new album by INORAN is a must listen. I thoroughly enjoyed my time working on it. Its vibe spans from raw and gritty grooves to energetic and explosive anthems, augmented by a couple surprises. It has a wonderful variety that will leave you wanting to listen to it over and over!”

 

…………………………………………

 

これまで、レディー・ガガやジャスティン・ビーバー、テイラー・スイフト、アリアナ・グランデ、MUSE、アデルなどの作品を担当し、2016年にはアデルの作品『25』でグラミー賞『最優秀アルバム賞』を受賞。

そのランディとのタッグで、もうすぐこの世の中に産み落とされるINORANのニュー・アルバム『Libertine Dreams』はこの時代を象徴するようで、音楽のチカラを凝縮した、まさにワールド・ワイドなサウンドに仕上がった注目の作品だと断言できる。

是非、この奇跡を楽しんで欲しい!

 

 

==================== 

 

<NEW RELEASE>


★『Libertine Dreams』(読み:リバティーン・ドリームス
2020年9月30日(水)発売

…………………………………………

Print

【完全生産限定盤-LP SIZE BOX-】
NKCD-6929 /¥12,000+税/CD+Blu-ray+写真集

[CD]
M-1. Don’t Bring Me Down
M-2. Soul Ain’t For Sale
M-3. Libertine Dreams
M-4. Purpose
M-5. Missing Piece
M-6. Soundscapes
M-7. ‘75
M-8. Kingdom Come
M-9. Shaking Trees
M-10. Dirty World
[Blu-ray]Don’t Bring Me Down (Music Video) 、INTERVIEW (Full Version)
[写真集]全28ページ予定
※KING e-SHOP限定販売
※KING e-SHOPオリジナル特典:「オリジナルコメントDVD」付き
販売ページURL:https://kingeshop.jp/shop/g/gNKCD-6929/

…………………………………………

Print

【初回限定盤】
KICS- 93940/¥4,800+税/CD+Blu-ray

[CD]全10曲収録(※完全生産限定盤-LP SIZE BOX-と同内容)
[Blu-ray]Don’t Bring Me Down (Music Video) 、INTERVIEW
※三方背BOX仕様予定

…………………………………………

Print

【通常盤】
KICS- 3940/¥3,000+税/CD

[CD]全10曲収録(※完全生産限定盤-LP SIZE BOX-と同内容)

●メーカー特典情報
内容:A5サイズクリアファイル
※特典は先着となります。無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
※ご予約及びお買い上げになる前に必ず各店舗にてご確認いただきますようお願いいたします。
※詳細は各店舗へお問い合わせ下さい。

 

====================

 

ライブ情報

 

INORAN、自身のバースデーに初のストリーミング・ライブ決定!!

「INORAN -VISION- SUITE ROOM#929」

日時:2020929 () 19:00

 

チケット販売URL

一般発売:https://eplus.jp/inoran-s/

【受付期間】 2020911日(金)18:00929日(火)20:00

 

【チケット料金】

ONLINE TICKET4,500円(税込)

ONLINE TICKET with INORAN BIRTHDAY WISHES!!(サポート1000):5,500円(税込)

ONLINE TICKET with SAVE THE STAGE CREW(サポート2000):6,500円(税込)

ONLINE TICKET with INORAN BIRTHDAY WISHES!! & SAVE THE STAGE CREW(サポート3000):7,500円(税込)

…………………………………………

<サポートチケットとは>

「サポートチケット」は、INORANの誕生日を祝した事前投げ銭として、またアーティスト及びステージクルーの活動資金として活用させていただきます。

ご覧いただけるライヴ映像の内容は全て同じとなり、配信画質等の優劣もございません。

ご無理のない範囲で、ご賛同いただける方のみ、サポートチケットのご購入をお願いいたします。

…………………………………………

<注意事項>

・アーカイブ配信はございません。ご試聴の際は、インターネットの通信環境、視聴端末の設定などに充分ご確認ください。

・開演約30分前から視聴画面をオープン予定です。お早めのログインをおすすめいたします。

・お客様のインターネット環境に起因する閲覧の不具合に関しては、主催者では一切責任を負いかねます。視聴前に必ず動画視聴に適した通信環境をご準備ください。

・配信途中から視聴した場合はその時点からの配信となり、巻き戻しての再生はできません。

・いかなる場合も、チケットご購入後の払い戻しは出来かねますので、予めご了承ください。

・本配信は有料配信となり、一切の権利は主催者が有します。動画サイトなどへの無断転載・共有を行った場合、法的責任に問われる場合がございます。

・配信プラットフォームは「Streaming+」です。視聴・配信に関するお問合せは下記をご確認ください。

 「Streaming+」視聴ガイド>>https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

 

====================


レーベルサイト:https://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=33839
INORAN OFFICIAL SITE: http://inoran.org/
INORAN OFFICIAL FAN CLUB「NO NAME?」: http://inoran.org/no-name/


2020年09月23日 (水)

【ライヴレポート】<ハイダンシークドロシー 1st PREMIUM ONEMAN LIVE「ハイド」アンド「シーク」 >9月20日(日)赤羽ReNY alpha◆「たくさんの人との繋がりと、支えられてここに立てている感謝の気持ちを再確認できました。」

NEWS - 12:33:27

 920日に1stアルバム「ヒトリランド」を発売。リリース記念も兼ね、ハイダンシークドロシーが同日よりライブ活動もスタートした。赤羽ReNY alphaを舞台に、ハイダンシークドロシーは有観客ライブ「ハイド」と有観客&配信ライブ「シーク」を開催。彼らの始まりの舞台劇を瞼へ焼き付けようと、大勢の人たちが配信を通してライブを観ていた。ここでは、「シーク」公演の模様をお伝えしたい。

 

20200922_200923縺ョ繧ウ繝偵z繝シ 

 壮大な物語を語り始めるように幻想的な交響曲が流れだす。その音に導かれ、メンバーらが次々と舞台へ姿を現した。少し歪んだ調べが、この空間に訪れた人たちを不思議な世界へ招き入れる。そして。情次2号の爪弾くギターの音色を合図に、白いスポットライトに照らされた谷琢磨が、その場にいる人たちや画面の先で待ちわびていた人たちに向け、「おしえてあげる どうすればいいか~ ねぇ こっちであそびましょう」と妖しく誘うように歌いだした。物語(ライブ)は、ハイダンシークドロシーの始まりを告げた「メーズ」から幕を開けた。谷琢磨のハイトーンヴォイスに導かれ、心と身体を揺らすシャッフルビートが流れだす。少しずつ体温を上げながら、演奏はどんどん生命力を蓄えてゆく。「ねぇ こっちであそびましょう」と闇(病み)の中へ潜む遊園地へ手招かれ、気持ちが強く脈動。谷琢磨のオペラヴォイスが炸裂するのを合図に、激しく揺れだしたビートと感情がシンクロし、気分が一気に弾みだす。なんて麗しくも幻惑した音楽だ。ハイダンシークドロシーに導かれ、何時しか心は不思議な世界へ落ちていた。

 

 

  楽曲は、さらに熱を上げながら「バラバラモノガタリ」へ。彼らと一緒にスキップしながら園内の楽しい乗り物を次々と巡るように、はしゃぐ気持ちが心の中へどんどん広がってゆく。メンバーたちも軽快にステップを踏み、演奏。谷琢磨は、情次2号やジンへ寄り添いながら軽やかに歌声を弾ませていた。無邪気な童心へと戻り、笑顔ではしゃぎたくなる演奏だ。

 

 

  唸りをあげた激しい演奏へ触発されるように、谷琢磨が目の前やカメラの先にいる人たちを煽りだす。彼の煽りに触発され、フロアからも無数の拳が突き上がる。熱を抱えながら「トランプゲーム」が走り出した。とても挑発的な演奏だ。谷琢磨は凛々しく高貴な仕種や歌声を見せながら、昂る気持ちのまま熱情した歌声で煽り続ける。楽曲を重ねるごとに熱を増すステージ。冒頭から激しい楽曲やステージングの連打に気持ちがずっと昂り続けていた。

 

 

  「当たり前だったことが今はできなくなってしまって。でも、久しぶりのステージでたくさんの人との繋がりを、支えられてここに立てている感謝の気持ちを再確認できました。」(谷琢磨)

 20490

 

  次の物語で届けたのが、哀切な表情を抱いた「ブランコ」。二灯のランタンの僅かな灯火だけが見える暗闇の中、谷琢磨が情次2号の爪弾くギターの音色に合わせ、想いを零すように歌いだす。2人へ音を寄り添えるジンと靖乃。ランタンを手に、谷琢磨は痛みや悲しみを綴った物語を切々と語りだす。サビでは、泣き濡れる想いをぶつけるように歌う場面も。心を涙色に染めてゆく楽曲だ。情次2号のギターソロに気持ちがキュッと締め付けられる。想いを募らせるように歌う谷琢磨の歌声が、心を痛く縛って離さない。

 

 

  切なさを抱きながらも、そこへ熱を加えるように演奏は「ウタカタワルツ」へ。闇に潜む楽園へ導くように優しく弾む三拍子のリズム。頬を涙色に染めながら、愛しき人への想いを馳せるように歌う谷琢磨。その姿は、歪んだ音を響かせる哀愁ワルツ曲へ心を寄り添え、愛しい人を想いながら一人円舞曲を踊るようにも見えていた。

 

 

  物語は表情を一変。何も恐れるものも、悲しみを背負うこともなかった幼少の自分を取り戻すように、ハイダンシークドロシーは身体中へ光を集めるように「ヒナギク」を届けてくれた。次第に輝きを帯びる演奏。楽曲が一気に走り出すと同時に、解放感が身体中へ広がりだす。メンバーらも、無邪気で無敵だった少年時代の自分に立ち返り、笑顔で演奏を楽しんでいた。曲か進むごと、歓喜した想いが胸の内側から止めどなく沸き上がる。この感覚がたまらない。楽しすぎて心が破裂しそうだ!!

 

 

  靖乃のドラムに合わせ、ジンがベースの音を寄り添える。そこへ情次2号がブルーズなギター演奏を重ねだす。3人によるブルーズ&ロックンロールなセッションプレイがスタート。3人の演奏へ導かれ、谷琢磨がスキャットしながら歌声を重ねだす。4人の熱い演奏を受け、ライブは中盤へ。

 

20200922_200923 

  次なる物語は、ふわり、とろける気持ちを味わえる「ストロベリーバブル」だ。熱いジャジーな演奏の上で、谷琢磨は歌声を通して甘い香りをフロア中へ匂わせてゆく。お立ち台に座り、甘い誘惑を投げ掛ける谷琢磨。その素敵なおもてなしに、心もうっとりとろけそうだ。

 

 

続いて演奏は「モルフォ」へ。果てない荒野が眼前に広がる、とても雄大な楽曲だ。沸き立つ想いを次々と言葉に乗せ歌う谷琢磨。ダーメルヘンや開放的で軽やかな楽曲の多いハイダンシークドロシーだが、「モルフォ」のようなすさんだ風景や心象を映し出すブルースロックな姿も、もう一つの魅力。嘆くように、でも朗々と歌う谷琢磨の姿も印象深く見えていた。

 20200922_200923_0043_0

 

  楽曲は、アルバム未収録の「オモイデオルゴール」へ。いなたい、しゃがれたロックナンバーに哀愁や影を背負った浪漫を覚えるのも、谷琢磨の甘さと優しさを抱いた魅力的な声色のせい?!。ハイダンシークドロシーの中にあるブルースロックな世界を、このブロックでは、巧みに表情を塗り替えながら届けてくれた。

 

 

  「お前ら、いけんのかー!!」と、お立ち台に足を乗せ、谷琢磨が慣れないながらも煽りだした。後半の物語は、「ページェント」から。靖乃のドラムが騒ぐのに合わせ、ジンと情次2号が演奏を重ねると、楽曲は跳ねるように走り出した。オペラヴォイスを巧みに駆使し、抑揚するままに歌う谷琢磨。跳ねた演奏が気持ちを熱く沸き立てる。熱情してゆく歌声や演奏が、心の痛みを増幅していく。ランタンを手に、谷琢磨は昂る気持ちを吐きだすように歌う。終盤には、谷琢磨の悲哀を募らせる気持ちとシンクロするように演奏もどんどん熱狂の速度を上げていった。

 S__28770318

 

  勢いを加速させながら、ホラーハウスへ招き入れるように、道化師(ペニーワイズ?)と化した谷琢磨が、ランタンを手に「ヒトリランド」を熱唱。ハイダンシークドロシーが触れた人たちに示したのは、心を恐怖へ誘う魔境の世界。激しいダークホラー曲が触れた人たちの背筋を凍らせながら、でも怖いもの見たさの好奇心を掻き立ててゆく。まるでホラーハウス内をジェットコースターで駆け抜けてくような刺激的な楽しさだ。

 

 

  表情は一変。恐怖の館から抜けだした人たちの気持ちを青空広がる開放的な世界へ導くように、ハイダンシークドロシーは「アオゾラ☆カーテンコール」を演奏。谷琢磨の大きく振る手に合わせ、フロア中の人たちも大きく手を振っていた。演奏が進むごと心が解き放たれ、いつしか彼らと一緒に大空を飛び立つ気持ちを味わっていた。触れた人たちとの関係性を、彼らはピーター・パンとウェンディに変えてゆく。ともに心の翼を広げ、4人と一緒に無邪気な童心のまま青空をランデブーしていたい。眩しく輝くこのひととき、最高に気持ちをドキドキさせてくれるじゃない。このまま一緒に夢の世界の中、笑顔を交わしながら戯れていたい。

 

 

  それまでの物語を、すべて心の箱へ仕舞うように、ハイダンシークドロシーは最後に「アヴェ・マリア」を届けてくれた。重厚な演奏の上で、オペラヴォイスを響かせ、祈るように歌う谷琢磨。彼の歌声や3人の演奏が、ここまで描いてきた物語を綴じる背表紙となり、一人一人の心の中へ想いや想い出を綴じ込めていった。愛しい人への届かぬ想いを慕うように歌う谷琢磨の歌声と、彼の祈りに哀切なドラマを塗り重ねてゆく3人。その神々しくも優しい調べに心を寄り添え、共に祈りを捧げたい気持ちだった。

 

 

  ここで、配信ライブは終了。最後に、会場へ訪れた人たちにだけのスペシャルなプレゼントとして披露したのが、4人が初めてセッションイベントで共演したときに演奏したカバー曲の「愛の賛歌」。情熱的なシャンソンナンバーを、心地好く駆けるスウィングロックへアレンジ。この楽曲に触れたことで、アルバム「ヒトリランド」へ詰め込んだ曲が、どういう発展形を持って生まれたのかが見えてきたのも嬉しい発見だった。

 20200922_200923_0

 

 今後のハイダンシークドロシーだが、1027日に「ハウィン」イベント「@-streaming-Halloween LIVE」を開催。2マンシリーズを5本行うことが決定した。すべて配信ライブのようにそれぞれのヒトリランドで彼らと繋がり、その場をドロシーランドに変えながら、無邪気に戯れる時間と空間を楽しんでもらいたい。

 

 

TEXT:長澤智典

 

====================

 

「ページェント」MV

https://youtu.be/uWOmVemaFiU

「メーズ」MV

https://www.youtube.com/watch?v=xA6Z8BDHdSw

「ヒトリランド」全曲試聴

http://youtu.be/jXmSvDICL34

詳しくはこちら

http://hsd.tokyo/discography/

 

====================

 

★インフォメーション★

 

10/27()@-streaming-Halloween LIVE

OPEN/START 18:45/19:00

出演:Dacco,ハイダンシークドロシー,乙女おじさん

配信元:ツイキャス

配信アカウント:CLUBPHASE(https://twitcasting.tv/clubphase)

チケット代:\3,000(キャスマーケット)発売中!

問合せ:高田馬場CLUBHASE(03-5911-2777)

 

——————————-

 

ハイダンシークドロシー5ヶ月連続主催配信2マンイベント

10/12()「一」with ADAPTER

11/11()「一一」with 天照

12/22()「一一一」 with THE BEETHOVEN

01/13()「一一一一」 近日公開!

02/14()「正」 近日公開!

 

OP/ST 18:45/19:00

チケット代\3,500

https://twitcasting.tv/ml_hamashobo/shopcart/27040

 

OFFICIAL FAN CLUB「ドロシーランド」入会者募集中!(9月は無料)

https://camp-fire.jp/projects/view/312512

 

各サブスクにて配信リリース中!

CD購入はこちら

https://at-works-project.stores.jp

 

ハイダンシークドロシー Web

https://hsd.tokyo/

ハイダンシークドロシー twitter

https://twitter.com/HSDorothy2020

ハイダンシーク ツイキャス

https://twitcasting.tv/hsdorothy2020/

ハイダンシークドロシー Instagram

https://www.instagram.com/hide_and_seek_dorothy/?hl=ja

         

 

====================

 

                    

セットリスト―

 

 

「メーズ」

「バラバラモノガタリ」

「トランプゲーム」

「ブランコ」

「ウタカタワルツ」

「ヒナギク」

「インストセッション」

「ストロベリーバブル」

「モルフォ」

「オモイデオルゴール」

「ページェント」

「ヒトリランド」

「アオゾラ☆カーテンコール」

「アヴェ・マリア」

-ENCORE-

「愛の賛歌」