NEWS

2020年10月23日 (金)

【浅葱】オリジナル日本酒「アマビヱ酒」発売決定! & 購入者対象、ウェブストアイベント決定!

NEWS - 22:24:32

ソロアーティストとして圧倒的な世界観と表現力で独特の存在感を放っているDのヴォーカリスト、浅葱(ASAGI)。

先日、10/9(金)に観世能楽堂 無観客公演『疫癘退散祈願 「アマビヱ」』を開催したばかりの浅葱から新たなニュースが入ってきた。

 

創業1792年(寛政4年)、200年以上と長い歴史を誇る福岡の酒蔵「萬代」(株式会社 小林酒造本店)とのコラボレーションによるオリジナル日本酒「アマビヱ酒」(大吟醸)の発売が決定。

数量限定生産、豪華仕様となっている蓋身式箱やラベル、アマビヱが現れたと言われている海を彷彿させる青い瓶と世界観に細部まで拘ったデザインとなっている。

 

そして、更に注目したいのは今回のオリジナル日本酒には「音」が大きく関わっている点だ。

古くからの日本酒の造り方の一つに「船でお酒を運ぶ途中、波でお酒が揺れることで味が良くなる」と考えられた事から生まれた熟成方法がある。

音を振動に変換し、振動をお酒に与えることで、お酒の分子が細かくなり熟成が進み、とてもまろやかな味わいになると言われている。

疫病を退散させるという話題の妖怪「アマビヱ」に扮する浅葱の、切なくも優しい歌声を存分に聴いて育った日本酒…それが「アマビヱ酒」なのである。

 

そして、新曲発売と同時に発売された「アマビヱ」疫癘退散グッズの中には徳利・お猪口セットがある。味わい深い青みがかった色の入り具合はどれも同じ物は二つとない物となっており、この徳利とお猪口で「アマビヱ酒」を飲めばまさに疫癘退散、病を払い、健康に一役かってくれるに違いない。

 

また、浅葱オリジナル日本酒「アマビヱ酒」購入者対象ウェブストアイベントの開催が決定。

内容は「アサビヱ様とのオンライン飲み会」となっており「アマビヱ酒」ご購入の方に、参加権を特典としてプレゼント。

これまで幾度かDとしてもウェブストアイベントを開催をしているがオンライン飲み会は初の試みとなるのでこちらも注目だ。

 

新曲「アマビヱ」は現在、MVフルを公開、配信中(ダウンロード、サブスクリプション)、そしてCD音源は2タイプ発売中。

「アマビヱ」は、疫病を退散させるという話題の妖怪がコンセプトで、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響や被害を受けている人々に向けた楽曲となっている。

芸術家写真(アー写)、芸術作品(ジャケ写)はもちろん、楽曲を最大限に表現する壮大で艶やかなMVをご覧いただければ、その世界観に深く引き込まれるはずだ。アマビヱに扮した浅葱が波打ち際に腰掛け、しなやかな鱗が妖しくも優美に光る。大自然の中で切なくも美しく歌い上げる姿に、心を打たれるだろう。

 

また、MVの他に撮影の裏側を楽しめるメイキング等は、D official YouTube channelのプレミア公開アーカイブで観ることができるのでこちらも必見だ。

CD音源の豪華数量限定盤(CD+DVD)はオフィシャル通販のみ(SHOP流通未定)での取り扱いとなり、CDにはメインミックス、バージョン2として六弦越列機(6弦エレキギター)のアレンジが加わったもの、バージョン3として歌と海の音と和楽器のみの演奏とで構成されたもの、という3つのバージョンが収録される。

DVDはメインのMVの他、歌詞入り、そしてMVメイキングが収録され、こちらも3つのバージョンを楽しめる内容になっている。サイズはA4、ハードカバージャケット、32ページの美麗な写真集、己書記(セルフライナーノーツ)がついてくるということで、まさに豪華絢爛な仕様。

通常盤(CD)はオフィシャル通販 & SHOP流通有り、トレーディングカード、ジャケットサイズの「アマビヱ」イラストステッカー付きとなっている。

 

今作品は来賓音楽家(ゲストミュージシャン)として、Gt : HIRO (La’cryma Christi)、Ba : 人時 (黒夢)、Dr : Sakura-櫻澤泰徳 (gibkiy gibkiy gibkiy / Rayflower / THE MADCAP LAUGHS / ZIGZO)、箏 : いぶくろ聖志(和楽器バンド / 華風月)、鼓/大鼓/太鼓 : 真矢 (LUNA SEA)という豪華メンバーが参加。素晴らしい雅な音が奏でられている。

唯一無二の和の世界観を表現している”浅葱”を、その目、その耳で、ぜひ堪能していただきたい。

 

====================

 

【 二千二十年十二月一日(火) 浅葱オリジナル日本酒「アマビヱ酒」発売 & 購入者対象ウェブストアイベント開催決定!】

2020年12月1日(火)

浅葱オリジナル日本酒「アマビヱ酒」発売決定!

(「アマビヱ」を聴かせ育てた浅葱オリジナル日本酒。)

初回生産分:限定100本

蓋身式豪華仕様箱

価格:¥10,000(税別)

※別途送料がかかります。

 

疫癘退散の願いが込められた”浅葱”の新曲「アマビヱ」発売を記念し、オリジナルの日本酒(大吟醸)の発売が決定!

創業200年という長い歴史を誇る福岡の酒蔵「萬代」(株式会社 小林酒造本店)とのコラボーレションが叶った。

音楽を聴かせながら育てる事で日本酒の熟成が進み、味わいに深みが増すと言われている。

やや辛口ながらキレのあるコクと瑞々しい吟醸香が楽しめるお酒。

アマビヱが現れたと言われている海を彷彿させる青い瓶と世界観に拘ったデザイン。

また、アマビヱグッズとして徳利セットも販売していますので是非ご一緒にどうぞ。

 

〈受付期間〉

10月27日(火) 12時00分~無くなり次第販売終了予定。

12月1日(火)到着をご希望の場合

・お申し込み→11月20日(金)受付分迄

上記以降のお申し込みに関しましては随時発送予定となります。

 

〈商品ご購入先、お問い合わせ先〉

https://www.sakebandai.com/shop

※Rosen Kranz通販サイトとは異なりますのでご注意ください。

…………………………………………

 

<ウェブストアイベントのご案内>

 

12月1日~発売の浅葱オリジナル日本酒「アマビヱ酒」ご購入者を対象に、浅葱ウェブストアイベント参加権が特典として付きます。

(12月5日までに代金お支払い済みの方対象。)

 

​日時:2020年12月18日(金)20時00分頃~開催予定

内容:「アサビヱ様とのオンライン飲み会」

OPEN:19時00分頃~(承認開始)

START:20時00分頃~(19時50分以降の入場には承認にお時間を頂く場合がございますので予めご了承ください)

終了時間:21時00分頃を予定。

 

※20歳未満のお客様の飲酒は固くお断りいたします。

20歳未満でウェブストアにご参加のお客様は、くれぐれも飲酒なさらぬようお願い申し上げます。

※ウェブストアイベントご参加方法

ウェブストアイベント参加権は対象期間内の受付分までとなり、12月5日までに代金お支払い済みの方のみとなりますのでご注意ください 。

Web会議アプリZoomを使用しますので、参加希望者は予めZoomをダウンロードしてください。

 

====================

 

二千二十年八月二十九日(土)

“浅葱”「アマビヱ」配信中!

 

●「アマビヱ」音楽配信

URL:https://linkco.re/sQ8QzNSH

 

「アマビヱ」MV FULL公開

URL:https://youtu.be/XCpD-gtSLjY

※こちらは試聴版として映像・音声データを圧縮しております。

製品版はさらにハイクオリティーな音質にてご試聴いただけます。

 

D official YouTube channelにて「アマビヱ」MV & メイキングetc…をプレミア公開〔アーカイブ〕

URL:https://www.youtube.com/watch?v=hkqoxp3ZR2w

※こちらは試聴版として映像・音声データを圧縮しております。

製品版はさらにハイクオリティーな音質にてご試聴いただけます。

 

——————————-

 

二千二十年九月三十日(水)発売

“浅葱”「アマビヱ」

…………………………………………

●豪華数量限定盤(CD+DVD)

※オフィシャル通販のみ(SHOP流通未定)

GOD CHILD RECORDS / GCR-203 / ¥5,000(税抜) / CD 1DISC & DVD 1DISC / ハードカバージャケット / 写真集付き豪華仕様(32P) / 己書記(セルフライナーノーツ)付き / A4サイズ

 

<収録内容>

[Disc-1(CD)]

1.アマビヱ

2.アマビヱ(六弦越列機版)

3.アマビヱ(和楽器版)

 

[Disc-2(DVD)]

1.アマビヱ(Music Video)

2.アマビヱ(Music Video with lyrics)

3.アマビヱ(Music Video Making)

…………………………………………

●通常盤(CD)

※オフィシャル通販&SHOP流通有り

GOD CHILD RECORDS / GCR-204 / ¥1,000(税抜) / CD 1DISC / ブックレット(8P) /  トレーディングカード(全3種中1種ランダム封入) / ジャケットサイズ「アマビヱ」イラストステッカー1枚(1種)封入

 

<収録内容>

[Disc-1(CD)]

1.アマビヱ

 

——————————-

 

「アマビヱ」来賓音楽家 (GUEST MUSICIANS)

Gt : HIRO (La’cryma Christi)

Ba: 人時 (黒夢)

Dr : Sakura-櫻澤泰徳 (gibkiy gibkiy gibkiy / Rayflower / THE MADCAP LAUGHS / ZIGZO)

箏 : いぶくろ聖志(和楽器バンド / 華風月)

鼓/大鼓/太鼓 : 真矢 (LUNA SEA)

 

“浅葱”(ASAGI)は2016年にトリプルA面シングル「Seventh Sense」「屍の王者」「アンプサイ」を携えソロとしてメジャーデビュー、2018年には和の世界観を打ち出し、メジャーファーストフルアルバム「斑」(日本最高峰の豪華ゲストミュージシャン達が多数参加)、「妖狐の嫁入り」、2019年には「もののあはれ」をリリース。

古語を用いた歌詞、それを艶やかに歌い上げる歌唱、鼓や太鼓、琴など雅な音色を取り入れ圧倒的な和の世界観で仕上げられた楽曲達は必聴だ。

各音源情報、通販、配信の詳細などはオフィシャルホームページをチェック。

 

#浅葱(#ASAGI #D)

#HIRO (#LacrymaChristi) 

#人時 (#黒夢)

#Sakura #櫻澤泰徳 (#gibkiygibkiygibkiy / #Rayflower / #THEMADCAPLAUGHS / #ZIGZO)

#いぶくろ聖志(#和楽器バンド / #華風月)

#真矢 (#LUNASEA)

 

====================

 

●ASAGI solo works website http://www.god-child-records.com/asagi/

●D official YouTube channel https://m.youtube.com/user/DofficialJP

 

====================

 

“浅葱”

 

★「斑(Madara)」音楽配信

ASAGI’s music distribution service begins for world!

https://avex.lnk.to/ASAGI-MADARA

 

★「妖狐の嫁入り(Youkonoyomeiri)」音楽配信

ASAGI’s music distribution service begins for world!

https://linkco.re/e13p47mv

 

★「もののあはれ(Mononoaware)」音楽配信

ASAGI’s music distribution service begins for world!

https://linkco.re/ghDUfYrU

 

●「月界の御子」MVフル公開中

https://www.youtube.com/watch?v=MbQMI4p-s0Q

 

●「妖狐の嫁入り」電子絵巻物無料公開中

https://youtu.be/8zrh9UD7Cms

 

◆グッズ詳細•ご購入はこちら

https://rosenkranz.shop-pro.jp/

 

====================

 

浅葱へのこれまでの参加ゲストミュージシャン一覧

 

<GUEST MUSICIANS>

aie (the god and death stars / gibkiy gibkiy gibkiy / THE MADCAP LAUGHS / KEEL)

亜季(Sadie / AXESSORY)

天野攸紀

岡野ハジメ

K-A-Z (Sads / DETROX / STEALTH / カイキゲッショク) 

奏-kanade-

菊富士純子

沙我 (アリス九號.)

咲人 (NIGHTMARE / JAKIGAN MEISTER)

Sakura-櫻澤泰徳 (gibkiy gibkiy gibkiy / Rayflower / THE MADCAP LAUGHS / ZIGZO)

SYU (GALNERYUS)

SHUSE (†яi¢к / La’cryma Christi)

真矢 (LUNA SEA)

Shinya (DIR EN GREY / SERAPH)

樹威 (GOTCHAROCKA)

JUN (GOTCHAROCKA)

淳士 (BULL ZEICHEN 88 / 戦国時代-The age of civil wars- / ex. SIAM SHADE)

SUGIZO (LUNA SEA / X JAPAN)

DAITA (BREAKING AROW / BINECKS / ex. SIAM SHADE)

千聖 (PENICILLIN / Crack6)

Tsunehito (D)

TERO (†яi¢к)

十夜 (GOTCHAROCKA)

遠海准司 (己龍)

TOSHI (ex. Gargoyle)

Tomoko (HEAVENESE)

中村佳嗣 (Eins:Vier / alcana / 青天の霹靂 / yohiaco)

Heather Paauwe

HIDE-ZOU (D)

人時 (黒夢)

HIRO (La’cryma Christi) 

HIROKI (D)

藤原いくろう

MiA (MEJIBRAY)

都啓一 (SOPHIA / Rayflower)

MOTOKATSU

Motoki (HEAVENESE)

森岡賢 (ex. SOFT BALLET / minus(-))

you

燿 (摩天楼オペラ)

yo-ka (DIAURA)

Ruiza (D)

Leda

LEVIN (La’cryma Christi)

(50音順 / 敬称略)

 

====================

 

Dはバンド結成17周年。

D Official YouTube channelでは、新型コロナウイルス(COVID-19)と戦うすべての人に捧げる、”全世界へ向けてエールを送る新曲”「Hang in there」を公開、歌詞も公開中なので、是非、歌詞を読みながら新曲に触れて、Dの想いを感じ取ってほしい。

 

以前よりチャリティーライブイベント”Water Aid”への出演や、東日本大震災や熊本地震被災への支援、台風19号被災者支援など、チャリティー活動も積極的に行ってきているDは、昨年発生したオーストラリア森林火災の深刻な事態を受け、チャリティープロジェクト「#あなたの1再生が自然と命を救う」をスタート、音楽配信を通じWWFジャパンへの新たな寄付の形を作った。

こちらのプロジェクトは、オーストラリア森林火災へ向けたチャリティーソングであるDのニューシングル2タイトル「ACACIA~Pray For Australia~」「Hard Koala」(現在配信中)をダウンロードやサブスクで聴くだけで、楽曲収益の70%が自動的にWWFジャパンに寄付されるという、Vo.ASAGI考案の日本では全く新しい仕組みとなっている。

このシステムを活用し、『#あなたの1再生が子どもたちを守る』プロジェクトを発足。

自然・生命・愛など、楽曲を通して様々なメッセージを伝え歌詞や楽曲・世界観を創るVo.ASAGIならでは発案で、世界中の子どもたちの命と健康を守るために活動する国連機関である公益財団法人 日本ユニセフ協会へも自動寄付をする。

 

 

『#あなたの1再生が自然と命を救う』

『#あなたの1再生が子どもたちを守る』

 

 

こちらのプロジェクト名・ハッシュタグのように、楽曲を聴き思いを感じ、野生動物や自然保護、そして世界中の子どもたちへのチャリティーに参加してほしい。楽曲を聴けば聴くほどに寄付される仕組みとは、なんとも画期的で感慨深いものがある。

さらにDは全国ライブハウス応援企画( #LiveHouseNeverDie )も行なっており、新型コロナウイルスの影響で深刻な状況にある、音楽を提供するかけがえのない場所である”ライブハウス”のためという事で、音楽に根ざした活動をしているDならではの発案と行動と言えるだろう。

サブスクの場合は再生するほどにたくさん寄付されるということで、Dの音楽を聴き、音楽、バンド、ファンを繋ぐ”ライブハウス”を、応援していただきたい。

 

また、先日アナウンスされたように、D初のアコースティックアルバムはD Official Fan Club「Ultimate lover」の全会員にプレゼントすることが決定している。

コロナ禍でもバンドを応援してくれている会員への感謝の気持ちとして贈られるという、このプレゼントは、レコーディング風景の写真を多数収めたいわばミニ撮り下ろし写真集とも言えるFC会報と同時に届けられる。年内は新規の会員へもプレゼントされるという事で、是非この機会にファンクラブに入会してみてはいかがだろう。

 

20周年を記念して2023年にバンド史上”最大領域”に挑戦するD。

“最大領域”とは、動員数やキャパも含めた最大を意味しており、20周年という大きな節目でこれに挑むという。前代未聞のこの挑戦に注目し、常に荒波を前進し続け、唯一無二の存在を確立してきたDの航路を、共に突き進んで欲しい。

GOD CHILD RECORDS、Dの挑戦と活動、メンバーソロの動きを見逃すな!

 

====================

 

●各チャリティー詳細、楽曲配信情報、音源詳細、ライブスケジュールについてはこちら

D official website http://www.d-gcr.com

 

◆D official online salon 「Sub Rosa」 OPEN 入会受付中!

…………………………………………

・D official online salon “VIP” Sub Rosa ~Royal castle

https://lounge.dmm.com/detail/1644/

※Very Important Person(FC会員のみ入会可能)

※D official fan club「Ultimate lover」に入会されている方対象

…………………………………………

・D official online salon “GA” Sub Rosa ~Secret garden~

https://lounge.dmm.com/detail/1645/

※General Admission(一般の方も入会可能)

…………………………………………

ーDMMにてD official online salon、OPENー

Sub Rosa=秘密

オンラインサロンとは月額会員制のクローズド・コミニュティ。

Dとファンを繋ぐ秘密の花園への扉はまもなく開かれる。

鍵を手にした者だけに与えられる新たな世界は、これまでの常識を覆すことでしょう。

夢は現実に変わり、再び新たな夢が動き出す。

この春、我らは森の奥にある古城の中で円卓を囲み、Dという一輪の薔薇の下、永遠を誓い合うのです。

 

——————————-

 

◆2019.6.8「Studio Rosarium」OPEN!一周年記念キャンペーン実施中・予約受付中!

GOD CHILD RECORDSが運営する撮影スタジオ兼レンタルスペース「Studio Rosarium」オープン。

一周年記念キャンペーン実施中・予約受付中!

ゴシックなヨーロッパの古城や、シャビーシックなコテージガーデン、薔薇園をイメージし、世界観を重視した撮影スタジオ、イベントスペース、レンタルスペース。 パーティー、コスプレイベントなど様々なシチュエーションに応じて特別な時間をお楽しみ頂けます。

 

Studio Rosarium

〒192-0903 東京都八王子市万町117番地6 田倉ビル2F/3F

営業時間 9:00~22:00 (時間外相談可) TEL:042-686-1991 (9:00~22:00)

※ご予約に関しましては、HPの予約受付フォームからお願い致します。

※固定電話が繋がりにくい場合は携帯までよろしくお願い致します。080-9573-7874(担当:井上)

詳細はこちら

「Studio Rosarium」HP

https://www.studiorosarium.com/

 

====================

 

◆D official website http://www.d-gcr.com

◆GOD CHILD RECORDS website http://www.god-child-records.com

◆ASAGI solo works website http://www.god-child-records.com/asagi/

◆Ruiza solo works website http://www.d-gcr.com/ruiza-solo-works

◆Studio Rosarium website http://www.god-child-records.com/rosarium/

◆D official YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/user/DofficialJP【】







2020年10月23日 (金)

【The THIRTEEN】<有観客東名阪TOUR「QUIET RIOT」>開催決定!!

NEWS - 21:00:28

The THIRTEENが、東名阪にて有観客ツアーを開催することが決定した!!

12月に行われるこのツアー、注意事項も公開されているので必ずチェックして、存分にライヴを楽しもう!

 

====================

 

The THIRTEEN 有観客東名阪TOUR

「QUIET RIOT」

 

 

2020年

12月06日(日) OSAKA RUIDO

12月13日(日) SHIBUYA REX

12月20日(日) NAGOYA ell.SIZE

 

 

全会場

開場17:00 / 17:30

前売り¥6,700-(D別・税込)※椅子有

 

★チケット:

The THIRTEEN MOBILE先行

受付URL:https://sp.the-thirteen.jp/ticket/201024_quietriot/

受付期間:10月24日(土)13:00〜11月3日(火・祝)23:59

当落確認・引換期間:11/6(金)15:00~11/9(月)23:00

制限枚数:お一人様1申込1枚

 

一般チケット発売日:11月13日(金)13:00〜

販売URL:https://l-tike.com/thirteen/

 

※入場順

Aチケット(The THIRTEEN MOBILE先行)

Bチケット(一般チケット)

 

 

チケットに関するお問合せ

https://l-tike.com/contact/

 

 

 

【ご来場の皆様へのお願い】

●下記に該当される方については、ご来場をお控えください。

・37.5℃以上の発熱、頭痛、悪寒、咳、鼻水、倦怠感、味覚・嗅覚の異常等の症状がある方

・2週間以内に、感染が拡大している国や地域への訪問歴のある方、また感染者と濃厚接触がある方

●会場内では、必ずマスクをご着用ください。未着用の方の入場はお断りさせて頂きます。

会場内で外している方がいらっしゃれば、ご退場頂きます。 

●入退場時の手指の消毒にご協力ください。 

●入場時に行います検温にて、37.5℃以上の発熱が確認された場合、入場をお断り致します。

●整列時や会場内など、お客様同士の距離をできるだけ確保してください。 

●会場内での発声は、お客様同士の会話も含めて極力お控えください。アーティストへの応援は、声でなく拍手等でお願いいたします。 

●椅子を用意しております。その場で立つのは大丈夫ですが、座席の移動は禁止いたします。 

●感染者・クラスターが発生した場合の保健所への情報開示のため、会場によってはお客様の個人情報を集めさせて頂きます。

ご記入頂けないお客様のご入場はお断りいたします。



2020年10月23日 (金)

【ライヴレポート】<PENICILLIN・千聖 BIRTHDAY LIVE「ROCK×ROCK」>◆「10月4日は天使の日。天使の日と言えば千聖くんの誕生日です。」(HAKUEI)

NEWS - 20:40:27

 104()PENICILLINのギタリスト千聖の誕生日当日、彼がこの世に生誕したことを祝うように、PENICILLINは千聖 BIRTHDAY LIVE ROCK×ROCK 2020」を開催した。

例年、たくさんのファンたちを前に祝福の熱狂を描き続けてきた千聖のBIRTHDAY LIVE ROCK×ROCK」シリーズだが、今年は無観客ライブ配信という形で実施。

それでも、何時もと変わらぬ千聖らしい選曲による攻めたライブをPENICILLINは示してくれた。

 

 

 O-JIROのドラムが速いビートを刻む。

その音を背中に感じたゲストベーシストのChiyuが「本日は千聖さんのBIRTH DAY、みんなでお祝いしようぜ」と煽りだした。

その声へ導かれ舞台に姿を現したHAKUEIが、マイクを手に「SEX×4」と声を荒らげる。千聖のギターが豪快な音を重ね、フロア中を歪む音で埋め尽くすのを合図に、楽曲は「SEX」へ。

豪放なハード&ロックンロールに身を預け、「天国へ!!」と叫びながら、HAKUEIは観ている人たちを黒い熱狂の楽園へ連れ出した。

感情のボリュームを思いきり右へグイッとひねる熱い曲だ。

主役の千聖は、手にしたフライングVをマシンガンのように操り、猛り狂う音を次々撃ち放っていた。

 

 

  猛々しいO-JIROのドラムビートが身体を直撃。

千聖のギターが雄々しい音を刻むや、楽曲は「γ-大戦」へ。一度付けた感情の火をもっともっと大きく膨らませろと煽るように、PENICILLINは攻撃を仕掛けてゆく。

PENICILLINが求めていたのは、観ている人たちの本能をどれだけ裸な姿へ剥き出すか

攻撃の手を緩めない様こそ、千聖の仕掛ける「ROCK×ROCK」らしいスタイルだ。

 

 

   高ぶる気持ちへ甘い衝撃を注ぐように届けたのが、「天使よ目覚めて-20th ver.-」。

輝きを振りまき疾走するハード&ロックンロールな音へ、HAKUEIが甘い歌のフレイバーを振りかける。

胸踊らせる歌曲でありながら、何時も以上に音圧が深いのは、千聖の沸き立つ熱情がギターの音を通しダイレクトに反映しているからだ。

 

 

 「104日は天使の日。天使の日と言えば千聖くんの誕生日です」と、HAKUEIが説明。

なぜ、先のメニューに「天使よ目覚めて-20th ver.-」を加えていたかの理由が、そこから見えてきた。

 

  次に披露したのが、最新ナンバー「heartbeat」。

アメリカンハード&ロックンロールの香りを詰め込んだ楽曲だ。

甘い歌声を届けるHAKUEI、その後ろでずっと攻めたリフを刻む千聖。

雄々しきフレーズの数々を繰り出しながら、千聖は「heartbeat」を通し、画面の先にいる人たちの心の炎へ次々と油を注いでいった。

重厚かつブルーズな音を千聖が刻み出す。HAKUEIが「誰にも負けない ダイヤの翼で」と歌いだす。

CRASH」だ!!千聖は、何度も何度もカメラへギターを突きつけ、観ている人たちを挑発し続ける。

この日の千聖は、終始、長髪をなびかせ挑発し続けていた。その一貫した姿勢こそ、千聖らしいROCKISM!!

 

 

 アコギを手にした千聖。彼が熱情した音色を響かせ導いたのが「理想の舌」。

途中からエレキにシフトした千聖は、幻想民族系曲へ黄砂吹きすさぶ音を塗り重ね、荒れた異境の風景を描きだしていった。

 

 

  中盤には、ミドルメロウなロック曲「one star」を披露。

この手の楽曲でも、千聖のギターは攻撃的な姿勢を示していた。

むしろそれが、千聖らしい歌の支え方。嘆くように、胸の痛みを零すように歌うHAKUEI

切々とした歌声が、重く唸る演奏の上で哀切なドラマを描き出してゆく。

千聖流の重厚なブルーズ&ロックな音色も活かしながら、楽曲は、ふたたび熱情を導くよう「JUMP#1」へ。

暴れたい衝動へ、昂る感情へ刺激を与え身体を騒がせるようにPENICILLINは演奏を繰り出していた。

唸りを上げて演奏が走り出す。

PENICILLINは「透明人間パルサー」を通し、熱を放ち渦巻く坩堝へ観ている人たちを巻き込んでいった。

タフ&ワイルドな演奏に触発され、気持ちも荒ぶり続ける。

このまま荒れすさぶ演奏へ身を浸し続けていたい。

 

 

 剥き出した感情を、鋭い牙を首筋へ深くめり込ませるように、PENICILLINは「快感フィクション」を通し激情と恍惚へと導きだした。

荒れすさぶ嵐のような音へ身を浸し、本能が導くまま、痛い恍惚に身を浸せ。それが、快楽へ繋がる最良の道筋だ。

 

 

 昂る気持ちのままに弾き狂う千聖のギターソロから吸い寄せられるように、演奏は「Desire」へ。

欲望が求めるまま、本能が上げる声へ従うままに乱れ狂え。

今宵は、心の化粧を落とし、素顔の心のまま乱れ狂うことを求める日。

抑えた欲望を解き放ち、すっぴんな感情で恍惚を求めることが許される日。

何度も何度も画面越しにギターを突き刺しながら、観ている人たちの欲望を恍惚へと導いてゆく千聖。

疼く気持ちに身を寄り添え、もっともっと声を荒らげてゆけ!!

 

 

 PENICILLINが最後に突き上げたのが、激しく重厚なメタリックでパンキッシュな「FOR BEAUTIFUL MAD HUMAN LIFE」。

フロアへ降りたHAKUEIは、画面越しにアップな表情で挑発。

終始、激しく攻めゆく姿勢を貫いたまま、PENICILLINは、観ている人たちを何度も絶頂へと導いて逝った。

 

 

 アンコールは、お馴染みメンバーのトークコーナーへ。

まずは、この日が誕生日の千聖を祝うため、大きなケーキをプレゼント。

何時もよりもゴージャスなケーキが登場したことから、千聖もつい「景気がいい」と、お馴染みの駄洒落を零していた。

ROCK×ROCK」も今回で16回目の開催。

トークコーナーでは、何時ものようにきままな会話を繰り広げていた。

ついに千聖も、今回のROCK×ROCK 40代ラストイヤーを迎えたことになる。

再来年2022年のPENICILLIN30周年は、千聖の50代突入と同じタイミングで突入する。

30周年を迎えるカウントダウンへ向け、千聖は「わくわく和久井映見」の精神で進んでゆくことを宣言していた。。。のは良いけど、千聖さん、それ伝わりにくいっす()

 

  

PHOTO:コザイリサ

TEXT:長澤智典

 

 ====================

 

★インフォメーション★

 

 

2020.12.06 TSUTAYA O-EASTPENICILLIN LIVE 2020pulseimpulse」】開催決定

PENICILLIN LIVE 2020pulseimpulse」】
2020126()
TSUTAYA O-EAST

 

開場17:00/開演18:00
指定席10,000(税込)1F立見ブロック指定9,000(税込)
<来場者限定オリジナルフェイスシールド付(当日配布)
未就学児童入場不可


問:サイレン・エンタープライズ 03-3447-8822(平日12:00-18:00)

サポートBASS:Chiyu( https://amagasaki-rockstar.com/)


本公演は有観客公演として観覧チケットを販売いたします。
但し、コロナ禍における会場設定キャパ減少の都合上、FC[QUARTER DOLL]内のみでの販売となり、
一般発売はございません。

 

====================

 

PENICILLIN O-JIRO BIRTHDAY LIVE「とのさまGIG 2020」~Tonosama GIG September 13, 2020

 

PENICILLIN ONEMAN LIVE「祭り -MATSURI- August 23, 2020

 

====================

 

PENICILLIN 公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCwZb-Yju0wx1ptQi_Clhxlw

(#お家で千聖」、絶賛更新中)

「居酒屋はくえい」

https://ch.nicovideo.jp/club-Zy/live

PENICILLIN Web

https://www.penicillin.jp/

PENICILLIN twitter

https://twitter.com/PENICILLIN_info

                 

====================

               

セットリスト―

SEX

γ-大戦」

「天使よ目覚めて-20th ver.-

<MC>

heartbeat

CRASH

「理想の舌」<AG>

one star

JUMP#1

「透明人間パルサー」

「快感フィクション」

Gt Solo

Desire

FOR BEAUTIFUL MAD HUMAN LIFE

ENCORE

BDセレモニー~トークコーナー





2020年10月23日 (金)

【GOTCHAROCKA】<JUN Birthday Live ジューンライト伝説 2020 「HEART BOOSTER」>配信チケット10/25より販売開始!

NEWS - 18:00:01

GOTCHAROCKAのギタリスト・JUNのバースデイライヴが、今年はGPS会員限定ライブとして新宿ReNYにて開催されるが、配信も行われる。

この配信チケットが今週末、10月25日(日)より販売開始となる。

当日は画面越しでも、ぜひJUNを祝ってあげて欲しい!

 

====================

 


■GOTCHAROCKA JUN Birthday Live
ジューンライト伝説 2020「HEART BOOSTER」

配信チケット10/25より販売開始!!

 

■配信日時:11月14日(土) 17:00~ (約120分予定)

 

■視聴チケット料金&販売期間:
・早得(10/25 12:00~10/31 23:59販売分) ¥3,000(tax in)
・通常(11/1 12:00~11/17 21:00販売分) ¥4,000(tax in)
Streaming+」(イープラス)での配信となります。

チケット購入URL:https://eplus.jp/st/gotcharocka/

※配信終了後、チケットご購入者は11月17日(火)23:59までアーカイブをご覧頂けます。

配信視聴の問い合わせ
Streaming+(イープラス) https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

 

(問)サイレン・エンタープライズ 03-3447-8822

 

====================

 

★GOTCHAROCKA OFFICIAL SITE★

http://www.gotcharocka.com/

★GOTCHAROCKA OFFICIAL Twitter★

https://twitter.com/GOTCHAROCKA



2020年10月23日 (金)

【シド】11月から3曲連続で配信シングルをリリース決定!12月23日には3曲をまとめたCDシングル「ほうき星」をリリース!

RELEASE - 17:00:31

ヴィジュアル系ロックバンド、シドが11月より配信シングルを3曲連続でリリースすることが決定した。

 

このコロナ禍でシドのメンバーがなかなか会うことの出来ないファンとの絆を思いながら大切にしたためた3曲が、配信シングルとしてリリースされる。

1123日にShinji(Gt)作曲の「ほうき星」、127日に明希(Ba)作曲の「siren」、そして1221日にはゆうや(Dr)作曲となる「声色」と、それぞれの楽曲の持つ世界観を隔週で楽しめるとあって、是非楽しみにしておきたい。

 

そしてこの配信リリースを受けて1223日にはこの3曲を1枚にまとめたCDシングル「ほうき星」がリリースされることとなった。

CDの初回生産限定盤には、撮り下ろしのブックレットが付属するとのことで、ファンは絶対に見逃せない。

さらにCD購入者特典も用意されているとのこと。

必ずゲットして最新のシドを堪能しよう!

 

 

シドからの嬉しいクリスマスプレゼントともいえる今回の作品、続報をお楽しみに!

 

====================

 

 

★配信シングルリリース情報

第一弾 『ほうき星』 20201123Release!!

作詞 マオ / 作曲 Shinji

 

第二弾 siren』 2020127Release!!

作詞 マオ / 作曲 御恵明希

 

第三弾 『声色』 20201221Release!!

作詞 マオ / 作曲 ゆうや

 

 

★ニューシングル『ほうき星』リリース情報

『ほうき星』20201223日 Release!!

 

【初回生産限定盤(CD+写真集)】 KSCL-3285/6 ¥2,273+

 <CD> 1. ほうき星 2. siren 3. 声色

 <写真集> 撮り下ろしブックレット付属

 

【通常盤(CD)】 KSCL-3287 ¥1,364+

 <CD> 1. ほうき星 2. siren 3. 声色

 

『ほうき星』予約購入まとめURL

https://kmu.lnk.to/Fj0uqUT7 

 

『ほうき星』購入者特典

【対象店舗/特典内容】

TOWER RECORDS(オンライン含む/一部店舗除く)

シド「ほうき星」オリジナルB3ポスター(全5種)

1枚お買い上げにつき、ポスターをランダムで1枚プレゼントいたします。

※「ほうき星」は計2形態ございます。どれをお買い上げでもポスターは5種類のうち1枚をお渡しいたします。

※ポスターの絵柄はお選び頂けませんので、ご了承ください。

※数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。

※絵柄につきましては後日発表させて頂きます。

 

Amazon.co.jp

シド「ほうき星」メガジャケット

 

▼シド応援店特典・オンラインショップ

シド「ほうき星」オリジナルB3ポスター(集合1種)

※絵柄につきましては後日発表させて頂きます。

※応援店の対象店舗につきましては追ってご案内いたします。

 

====================

 

シド オフィシャルサイト http://sid-web.info/ 

シド オフィシャルTwitter https://twitter.com/sid_staff 

シド オフィシャルInstagram https://www.instagram.com/sid_official_jp 

シド オフィシャルWeibo https://www.weibo.com/sidofficial 


2020年10月23日 (金)

【ライヴレポート】<9月29日(火)INORANストリーミングライヴ『INORAN-VISION-SUITE ROOM♯929』>◆パンデミック下でのライブに懸ける想いと、更に加速する明日の第二弾ライブに込めるスピリット

NEWS - 12:00:50

INORAN50歳の誕生日である929日(火)に、自身初となるストリーミングライヴ『INORAN-VISION-SUITE ROOM929』を実施した。

INORANは毎年誕生日を記念したライヴを開催しており、2020年は『INORAN 50TH ANNIVERSARY BASH! -TOKYO 5 NIGHTS -』と題する特別企画を予定していたが、コロナ禍で丸1年後へと延期に。

やむを得ないこととは言え、ぽっかりと空いてしまったファンの心の空白を満たすように届けられたのが、この無観客配信ライヴだった。

 

 

ライヴが行われる都内の某スタジオへ到着し、ドア付近に除菌スプレー、体温計の設置された入り口を進むと、スタッフ全員が今回のためだけに作られたTシャツと黒のマスクで、チームとしての一体感を出すべく、スタンバイしている。温もりを感じさせる落ち着いた幾つものライトがウッディな内装を照らし、今日演奏されるステージとなるであろうエリアには、ラグがランダムに敷かれている。

タイトルが示すように、まさしく〝部屋(ROOM)″をイメージさせる空間だ。

本レポートでは、ライヴの内容を事細かに描写するというよりも、曲と曲の合間で起きた出来事や発せられた言葉など、収録現場の空気感を交える事で、このLIVEに賭ける想いをお伝えしたい。

 313A7352

 

INORAN、療養から復帰しこのLIVEの為だけに急遽フランスから帰国したRyo Yamagata(Dr)、アルバムTeardropからの盟友u:zo(B)、そして、同じJAZZMASTER弾きYukio Murata(G)というINORANソロ不動のメンバーが、円を描くように向かい合って立ち、久々に合わせる音を確かめ合っている。

LIVE前、INORANはまずスタッフに向けてこう語り始める。

「このバンドで10年ぐらい一緒に(ツアーを)廻っているよね、、コロナ禍の中で久々にこうして音を合わせてライヴができる。

ライヴの前にはいろいろな準備をそれぞれのセクションでしてもらった。

本当にこんなにたくさんの人に支えられていることを、改めて実感してます。

今日はみんなで素晴らしいライヴにしましょう、同じ時間を共有する皆にありったけの思いが届くように。」

響き渡るメンバーとスタッフの大きな拍手は、このチームINORANの強い絆、そして心の結束を感じさせた。

 

313A7526 

一瞬の静寂の後、INORANがアコースティックギターをストロークし始める。

物語の始まりは、前作『2019』のリード曲である名バラード「Starlight」。

この空間の中、1人で切々と情感豊かに1コーラス歌い終えると、メンバーが加わり、より広大なサウンドスケープを描き出していく。

それは、心に芽生えた想いやアイディアの雫がやがて人とのやり取りで形を変えて大きく膨らみ、海へと流れ着いていく情景を想起させるようなアンサンブル。

INORANの音楽そのものの生成過程を象徴するような幕開けに、早くも胸が熱くならずにはいられなかった。

2曲目に「Rise Again」鳴り始めると、幕開けの重厚感とは打って変わって明るく躍動的な、ライヴではお馴染みの曲が並ぶシークエンスへ。

INORANはジャンプし、ステップを踏みながら全身で音を表現していく。

即座に「Don‘t you worry」へと突入すると、通常の有観客ライヴではオーディエンスのコーラスが響くはずの場面で、自ら歌うように大きく口を開けるINORAN

目には見えない情景を脳裏で明確にイメージしているかのようだった。

続く「Beautiful Now」ではイントロから早くも昂ったテンションで、マイクを通さずシャウト。

メンバーそれぞれの音がはっきりと際立ちながら、互いに絡み合い、一つの熱い塊となってグルーヴしていくのが最高に心地良い。

楽しさがこれほどまでに伝わってくるのは、当人たちが嘘偽りなく、心底楽しんでいるからだろう。

 313A7424

 

額の汗を拭いながらINORANは前夜、このメンバーでセッションしている夢を見たのだと語り出し、その夢の中では、ちぐはぐだったノリをメンバーが、それぞれの個性を生かしグルーヴを立て直そうとしていた、と振り返る。

「決して完璧な空間ではなかったけど、絆をすごく感じたんだよね、夢の中でもさ」と締め括り、次に届けたのは「raize」。

INORANそしてメンバーもリズムに身を委ねながら、心身を解放して昂っていく。

<哀しみで強くなれた>と歌い、未来を信じる不屈のマインドが全編を貫くこの曲は、2020年の今だからこそ響く、新たな訴求力を帯びていた。

間髪入れずにスタートした「Awaking in myself」ではハンドクラップを交えながら一体感を求め、力強く高く、挙げた手を振り下ろしてメンバーに合図を送ると、4人の音はまるで一つの塊となりクレッシェンドの末、爆音へ。

その中INORANRyoに近付く。

さらにグルーヴを求めるかのように。熱気が次第に増していく。

 

 

LIVEの前、つくった曲の歌詞の意味を深掘りしたりするとさ……いろんなことが起こって、重なるんだよね。」

具体的に明かすわけではないものの、今の内なる心情を曲に託し、「Your Light is Blinding」を届けた。

ヘヴィーなグランジロックの轟音に感情が揺さぶられ、渦に飲み込まれていくような切迫感に囚われる。

そんな心理状態を更に掻き混ぜるように、アウトロからラップのリリックが忍び込み、「2Lime s」がスタート。

INORANは大きく脚を前後に開き、野生の獣が外敵を威嚇するかのよう

機敏なアクションを見せながら、深く音に集中していく。

 

 

One Big Blue」へと突入し、解放的でパンキッシュな世界が炸裂。

そのまま「Gonna break it」へと雪崩れ込むと、INORANはネックを這うように繰り返し手を滑らせ、カウンターリフを刻んでいく。

続く「COWBOY PUNI-SHIT」と共に『2019』の一翼を担うこのロックンロール群は、4人の呼吸がガッチリと噛み合うことで強固なグリップ感を生み、ギラついた魅力を発散していた。

ギターを低く構えアンプ前に立ちフィードバックさせた後、長く伸ばした音色にアーム使いで揺らぎを与え、「Rightaway」がスタート。

静と動のギャップが生むスリルとダイナミズムに身体が震え、かつて体感した熱狂も蘇ってくる

INORANは飛び跳ね、オーディエンスの声が聴こえるはずのパートではマイクから身を遠ざける。

そこにはたしかに〝コール&レスポンス″のあの熱の交流を感じ取ることができた。

 IMG_6170

 

興奮を一瞬鎮め、語り始めたのは、ヨーロッパツアー≪Seven Samurais” EUROPEAN TOUR 2012での体験。

「いろんな場所に行ったよね。たくさんのファンが待っていてくれたし、僕らがのまれるくらい凄いエナジーを浴びた場所もあった。

でも、ある場所だけは違ったのをよく思い出すんだ。

ヴェネツィアではなんと、お客さんが10人くらい。その100倍は入りそうな会場に。

でもね、なぜだろう思い返すとあのライヴが一番〝(気持ちを)込めて全霊でPLAYしてたかも″って」

と回想する。

エンターテイメント業界は今、厳しい。

ライヴ開催がままならず先行きも明確には見通せないコロナ禍において、そこに関わるスタッフの置かれる苦境をINORAN自身も共に感じ、慮りながらも、

「そこで気持ちが腐らないようにしよう。スタッフもメンバーだよ。

こんな時代にも負けない音楽を奏でるチームであるようにみんなで支えあってさ、この苦境を乗り越えて、今こそ必要とされる音楽を一緒に届けていこう。」

と力強いメッセージを放つと共に、自らに誓いを立てた。

この言葉に続いて届けたのは、4年前のアルバム『Thank you』から「Thank you」。

スタッフに新しい命が生まれた日にこの曲をツアーで奏で、子が生まれ親が初めて聴かせた曲が「Thank you」だったという。

そしてなんと、ちょうど今日が4歳のバースデイであると。

「今日またこの曲をできるのはすごく幸せだし、巡りにはいつも感動するんだ。」とINORAN

一音一音に生き生きとしたエネルギーが宿り、4人の音が重なることで生まれたポジティヴな光は、スタジオを飛び出して遠くまで届いていくかのよう。きっと届くはずだ。

してゆったりとしたテンポ感から急転、「I’m Here for you」へ。全速力で駆け抜けていくような圧巻の勢い。

怒涛のプレイに、大きな拍手が鳴り響いた。

 

 

そして次の曲は930日(水)にリリースされる最新アルバム『Libertine Dreams』からの楽曲を初披露。

本アルバムはINORANが一人でアレンジ・歌唱・演奏を行った打ち込みベースの作品だが、生身のメンバーたちがバンドヴァージョンとして具現化することでどう変化するのか?

期待に胸を高鳴らせていると、ひんやりとした質感のスペイシーなシンセ音が鳴り響き、リード曲「Don’t Bring Me Down」がスタート。

ギターを持たず、マイクスタンドを前に低音ヴォイスで歌い出すINORAN

直前までの笑顔は消え、暗雲を蹴散らして闊歩するような、クールで不敵な男がそこにいた。

Murataが哀切を帯びたギターフレーズを掻き鳴らし、u:zoが地を這うようなベースの律動を加え、Ryoのドラムが全身に響く鼓動を与えていく。

音源とも違う、また新たにアップデートされたグルーヴは、音源の段階で描かれた設計図をさらに立体化するように、すべての音に瑞々しいまた新しい命が吹き込まれていた。

 IMG_6664

 

ラストは、同アルバムから愁いを帯びたミディアムバラード「Purpose」。

哲学的かつ文学的な歌詞と、深い霧のような倦怠感のあるサウンドが美しい。

表情豊かに手を動かしながら、曲の世界に入り込んで歌唱するINORAN

揺るぎなく刻み続けられるu:zoのベースライン、解放と抑止のメリハリが効いたRyoのドラム、翳りを帯びて鈍く煌めくMurataのブルージーなギター。

いつまでも続くような長い後奏で締め括り、余韻が漂いながらいつまでも伸びていく

初の配信ライヴを終え、「こういう新しい日常へ……」と呟いて言葉を止めると、「でも、いいよね。絶対、伝わるよ」とINORANは言葉を落とした。

厳密なゴールを定めて進んでいくというよりは、日々、その時々の瞬間を味わいながら光の差すほうへと歩き、行先を探していくINORANらしい言葉。

そして、楽屋へ戻ったINORANはメンバーとLIVE後、久しぶりに訪れたこの時を喜ぶかのように談笑、ライヴ活動再開の喜びを分かち合っていた。

 

 

ステージから放たれる熱や想いを観客が直に受け取り、倍にして返す。それをキャッチしたメンバーが更にその倍にして戻す、というエネルギー循環がINORANのライヴには不可欠のものだったし、これからもその本質が変わることはないだろう。

しかし、理想形が叶わないからと嘆いてただ待つのではなく、INORANは音楽づくりと発信を決して諦めなかった。

このLIVEの様子を見つめていて、INORANが自分自身のパフォーマンス以上にメンバーとの連携に心を砕き、ライヴをつくりあげる上で欠かせないスタッフたちとの絆を大切にしている、という印象を強く受けた。

もちろん、その根底には、その先にいるライヴでの再会を心待ちにしているファンへの強い想いがあるからこそだ。

初ストリーミングライヴの興奮が冷めやらない中、早くも第二弾のLIVE1024日に開催されるとアナウンスされている。

「今回のセットリストは静かに始まりたかったんだ。祈りのようにね。

で、徐々に熱を帯びて今を、力強く進んでいく次回はまったく違うセットリストだよ。

さらに走り続けるためにさ、最初から躊躇わずに飛ばしていくよ!」

〝伝える″〝繋がっている″それも強く

を新たに開拓していくINORAN

回はまた初回とは違う、新たな景色と必ず出会わせてくれることだろう。

 

 

(取材・文/大前多恵)

Photo by:ヤマダマサヒロ@yamada_mphoto

 

====================

 

INORAN – VISION – The Second Coming

20201024日(土)19:00
アーカイブ配信:1024日(土)配信終了後 ~ 1026日(月)23:59

 

チケット一般発売
https://eplus.jp/inoran-s/

[販売期間] 1012日(月)12:001026日(月)21:00

[チケット料金]
ONLINE TICKET: 4,500
ONLINE TICKET with SAVE THE STAGE CREW(サポート1000: 5,500
ONLINE TICKET with SAVE THE STAGE CREW 2(サポート2000):¥6,500

 






1 / 1212345...10...最後 »