NEWS

2021年05月01日 (土)

【ライヴレポート】配信時代のニューノーマル。アプリ×リアルライブ──進撃のイチナナ会feat.ラキの1stライブに密着!

REPORT - 17:00:45

2020年、世界は一変した。自粛を余儀なくされ当たり前のことが当たり前にできない日々と、先の見えない焦燥感に人々はふさぎこんだ。それは音楽業界、ライブハウス、そして我らヴィジュアル系の世界もまた同じだった。希望を胸に抱いて結成したバンドも、より高みを目指して継続してきたバンドも、有終の美を飾って終止符を打とうとしたバンドもいただろう。しかし多くの公演が中止になり、目も当てられないほどの被害を受けたバンドも少なくなかった。まさにそんな絶望の淵に立たされた中で一筋の光が差し込むように台頭してきた分野がある。ライブ配信だ。

 

YouTubeライブ、インスタライブ、ツイキャスなど既存のSNSや動画サイトの中でリアルタイムにストリーミングを視聴できるサービス、それがライブ配信である。これを利用し配信ライブが家にいながらにして参加でき、無観客でもライブができるとして、ファンのみならず多くのアーティストの活路、救いとなった。

 

そんな中、全く新しいアプリとして数年前から人気を集めているのが17Live(以下イチナナ)である。

 

台湾発祥のこのアプリは、日本を含むアジアのみならず、欧米でも人気となりその利用者は5000万人を超えるほどだ。そして、そのイチナナを基軸としてライブ配信をするアーティスト、芸能人も登場し始めた。その影響力は計り知れず、我らヴィジュアル系業界にもライバー(配信者)が現れ始めた。ジン(ex-SCREW)、BAN(ex-少女-ロリヰタ-23区)、有栖川塁(未完成アリス)など、著名なバンドのライバーが中心となり、トップライバーのKEKE(AMBEEK)、人気ゲームライバーの冥乃(ex-ワルアガキ)、配信時間世界一の夢浮(ex-ICe0AGe)、企画系ライバーの零々七(ex-メアリィ)、男の娘ライバーのこむ(ex-グレヱテル)などがイチナナ内でのV系シーンを盛り上げている。

 

ソーシャルディスタンス、自粛などネガティブな言葉が飛び交うリアルとは真逆で、イチナナの中では日々楽しいコメントが溢れている。そして彼らは一般層へのヴィジュアル系の訴求にも尽力しているのだ。アプリの中での会話は言わばバーチャルな世界なのかもしれない。しかし、彼らの配信には人々が本来求めているアーティストとの交流がふんだんに詰め込まれている。そこはジャンルなど関係なく、ヴィジュアル系を全く知らない層のリスナーも多く集まるボーダレスな空間だ。日頃、バンギャルをときめかせる術を熟知している彼らにとってはもはや朝飯前、アーティストとしての手腕を見せつけるにはイチナナはうってつけだった。これが「ヴィジュアル系」なのだ。その発信力が多くのリスナーの心を鷲掴みにすることに成功し、配信実績がこの一年間で急激に伸びている。

 

年が明け、BAN、夢浮、こむ、零々七から発表があった。

-2021年3月29日 ライブ決定!進撃のイチナナ会feat.ラキ-

 6

これまでライバーとしてアプリの中で活動してきた彼らのリアルのライブがついに決まったのだ。

この発表はとても反響が大きかった。イチナナ内にいるバンギャルのみならず、一般層からの反応も多数見られた。

 チケットのソールドアウトが予想され、ソーシャルディスタンスなどの関係から急遽会場が変更、ミニ2マン公演となった。

実際、会場は平日にもかかわらず定員オーバーギリギリなプレミアムライブとなり、V系業界の関係者の間でも話題となった。

ここからはそのライブの模様をお届けしたい。

 

 

少女-ロリヰタ-23区のSEでメンバーが登場。歓声と拍手が会場に鳴り響く中、ラキの煽りから1曲目のIris。この曲は夢浮の作詞曲・編曲による作品で、夢浮を中心にイチナナのアーティストを集めて企画されたアルバム「一期七会」の楽曲の一つである(アルバム全曲夢浮による作詞曲・編曲ミックス)。レコーディングには夢浮がギター、ベースが零々七、ドラムがBANが参加していたため、まさにご本人様登場の初披露なのである(音源版のボーカルはYouTuber兼ライバーのおとなし)。

 

BANのドラムと零々七のベースによるリズムアンサンブルからヘヴィなリフへのバンドイン。会場にいる全員が初めて見る楽曲にも関わらず、ラキの匠な扇動でいきなりボルテージMAX。自粛によりオーディエンスの抑え込まれた感情が爆発し、この勢いは終演まで失われることがないほどに盛り上がった。

 

激しい演奏とキャッチーで耳に残るメロディから一転、優しく三拍子で包まれる間奏。夢浮の流麗なギターソロとこむのバッキングに酔いしれる。その流れから一気に加速して、大サビのジャンプ、アウトロのヘドバンがRED-Zoneを揺らす。

 

最高潮の盛り上がりの中、次の楽曲はベースの零々七が活動していたバンドのメアリィから「あなたと私」。

 

魔法少女のような出で立ちで可愛らしく奏でるこむのギターリフから始まり、バンドインで客席に拳が突き乱れる。シンプルでノリやすい楽曲がラキの煽りと完全にハマっていた。また、飛び道具の拡声器もノイジーで、歌詞の「キ●ガイ生まれ」の演出に一役買っている。間奏のベースソロではゴシックな衣装に身を包んだ零々七が妖艶に前に出て、下手には観客による花が咲き、その後のBANのドラムソロでは客席中央にも花が咲いた。また、小規模なキャパシティのステージを暴れ乱れまくる夢浮に客席後方まで魅了された。

kom20210329_1

 Reona20210329_1

勢いそのままに、3曲目はドラムBANのバンド、少女-ロリヰタ-23区より「VIRUS」。この楽曲は少女-ロリヰタ-23区の中でも一際アグレッシブに重きを置いた楽曲で、この流れのセトリにはうってつけだった。ヘヴィなリフに止まらないヘドバンと拳。ファンシーな装いながら激しいドラムを叩くBANに身を預け、メンバーも会場も我を忘れるほど暴れ倒した。

BAN20210329_1 

オープニングSEからここまでの間が一瞬に感じるほどの熱いライブに束の間の休息。とはいえ、このMCこそライブ配信者にとってはお家芸披露の格好の場である。今回のライブは一般層のオーディエンス―つまり、イチナナのリスナーが大半を占めており、所謂V系ノリがないライブと言えた。また、2マンということも相まって、非常にアットホームな誰でも楽しめる雰囲気が会場を満たし、とても心温まるMCになった。熱いライブと温かいMCで会場はさらにヒートアップし、後半戦へ。

 

今回の自粛期間での葛藤や不甲斐ない想いを書き綴ったラキのソロ曲「惡夢」。ダークでヘヴィながら心に突き刺さるメッセージ性の高い歌詞と旋律、そしてラキの歌唱力に心の傷が癒えていく…人々の、多くのアーティストの気持ちを代弁してくれているようなこの楽曲を、今回のイチナナ会のメンバーが彩り、演出する。

 Laki20210329_1

間奏明けのパートで優しく歌い上げ、最後はソウルフルに大サビで圧倒。会場に拍手が巻き起こり、そのままラキのバンドのモンストロより「ビッグマウス・マーチ」。

 

ラウドかつテクニカルな楽曲にメンバーも苦戦したそうだが、積み重ねてきた個々のキャリアでこの日はラキのファンをも湧かせた。轟音のリフとドラム、そしてデスボイス。間奏のシャッフルのセクションがあの曲を彷彿させ、ポップで遊び心満載なのが憎らしい。歌詞の風刺も小気味よい。

 

また、今回のライブ全編を通してラキの煽り、そして客席中央のラキのファンが非常にライブを盛り上げ、観客を扇動した。まさに”調教された”と言っても過言ではないライアー(モンストロのファンの呼称)達。イチナナという配信アプリのライバーではない彼やライアーにとって、このライブがアウェイではなくホームになり、お互いに受け入れ合ったことが新しい時代の到来を予感させる瞬間になったのは間違いないだろう。

 

会場の盛り上がりが絶頂まで高まったところで最後の曲、「うっせえわ」(Adoのカバー)。この日のために特別にドラムアレンジを用意してきたBANのリズムにノリ、会場全体が揺れる。本来なら右往左往にモッシュするところをソーシャルディスタンスの関係でその場でモッシュする観客だが、決して冷めることなく非常に熱いノリだった。

 

また、このライブ以前に自身のYouTubeチャンネルでカバーを披露していたラキにとってはこの曲を原曲キーで歌うのはまさに「問題はなし!」と言ったところ。女性が歌っている楽曲を原曲で歌えるというボーカリストとしての懐の深さも垣間見ることができた。

 

間奏では夢浮によるアドリブソロ。音楽理論に精通し、「指板が光って見える」と語るほどどんな楽曲も初見で弾ける彼の卓越したプレイが観客を虜にした。

 mw20210329_1

全6曲を終え、メンバーが退出するやいなや、どこからともなく野太い声の「アンコール!アンコール!」が会場中に響き渡る(BANがドラム配信でいつも使用しているSE)

 

進撃のイチナナ会feat.ラキに加えてスペシャルゲストとしてトアリ’sセッションから、わりトアリがギターで参戦。最後にもう一度Irisを弾いて大歓声の中、幕を閉じた。

 

本番の後のメンバーの顔はとても晴れやかで、一同全員「楽しかった、やってよかった」と手応えを感じていた。

 

イチナナというアプリ上でのバーチャルな体感から、ライブというリアルな体感。双極の相反する分野がクロスフェードし、それらが生み出す新しい形のエンターテイメントと、彼らの今後の活躍に注目したい。

 

====================

 

【SET LIST】

1.Iris / 一期七会

2.あなたと私 / メアリィ

3.「VIRUS」 / -少女-ロリヰタ23区

4.惡夢 / ラキ

5.ビッグマウス・マーチ / モンストロ

6.うっせぇわ / Ado

 

 

写真◉宮岡里英

 

 

===================================

 

 

そして早くも第二弾のライブが決定!!

 

 【NEXT LIVE】

2021年5月2日(日)EDGE Ikebukuro

『池袋ハンティング~vol.2~』

開場16:00/開演16:30

前売¥4,300/当日¥4,900(D代別+¥600)

 

【出 演】

進撃のイチナナ会feat.ShamiRock / LAY ABOUT WORLD / 3470.mon / ANONYMOUS

 

【チケット】

1.e+ 4月18日10:00発売 ※URLは4/14~

https://eplus.jp/sf/detail/3414190001-P0030001

2.当日券


2021年05月01日 (土)

【最美桜前線】怒涛の3ヵ月連続オリジナル曲配信の第2弾「流星」公開!

NEWS - 00:00:38

 

ヴィジュアル演歌歌謡、こうき、つかさ、せいじ、による世界初!世界一ド派手な2.5次元演歌歌謡グループ「最美桜前線(もがみざくらぜんせん)」、3ヵ月連続オリジナル曲YouTube配信の第2弾「流星」が公開された。

 https://youtu.be/sRkguXvizqM

 

「流星」の公開にあたり、メンバーインタビューが到着!

 

 

――最美桜前線の第3弾シングルとして今回この「流星」を制作するにあたって歌詞はつかささんが担当ということですが、どういう想いで書かれたのでしょうか?

 

つかさ:毎日毎日コロナのニュースをテレビで見ててもう一年以上経つのに収束しなくて。単純に早くなくなればいいなぁという願いを込めて、流れ星に願う風景を思い浮かべながら書きました。沢山の人がご尽力なさってる中で僕らは願うことしかできない、でもこの苦しい期間は地球の歴史で考えたら多分ほんのちょこっとだと思うので。なので頑張ろう、そして自分がやれることをやって乗り越えよう、大切な人を守ろうという想いで書きました。

 

――つかささんの歌詞を見てお二人はどんな印象を受けましたか?

 

こうき:壮大な歌詞でとても新鮮だったのと3人のハーモニーまで考えてくれている所が歌い甲斐がありました、そしてリスナー愛もとても感じた作品になってます、この曲のデモ聞いたときに痺れました!!

 

せいじ:夜空に浮かんで包まれてる、そんな気持ちになりましたし人柄ですかね?優しさが伝わって来て感動しました。

 

――曲はどういう形で出来上がったんですか?

 

つかさ:この曲に関してはAメロをみんなで作って、Bメロとサビを自分が歌詞とすり合わせながら作って組み立てていった感じですね。

 

ーー皆さんの歌うパートが入り組んでて面白いですね。

 

つかさ:僕ハモリとか輪唱が大好きで、せっかく3人で歌うんだったらみんなでジグザグしたいなぁと。でもその分パート考えたりハモリのフレーズ考えるのは苦戦しました。

 

――今回レコーディングで歌ってみて大変だったところはありますか?

 

こうき:ハーモニーが同じメロだったとしても上だったり下だったりする所ですかね、最美桜前線はグループなので一人のテイクが良かったとしてもハマらなかったりするので全員の呼吸が大切で、とても勉強させてもらってます。

 

つかさ:これはマストな事ですが伸ばしの長さやビブラート。みんなで合わせるところが一番気を使いますよね。あと裏声が難しかったです。普段あまり使わないので。あとは歌詞の風景思い浮かべながら歌いましたね。結構SFみたいな風景でしたが(笑)。

 

せいじ:ここまでしっとり優しい曲はあまり歌ったことがなくて、それ自体が自分には初挑戦でした。あとはハモリが複雑になっているのですが、この3人でのハマり具合が素晴らしく聴いてもらった時に「おおっ!!」ってなってもらえるんじゃないでしょうか。

 

ーーMVもとても素敵ですね。

 

こうき:今回は水彩のタッチで世界観を広げてもらいました。実写で作るだけのまだスタミナがないので…いつか実写でも撮影できるようにまずは、色んな方にこのグループを知ってもらいたいです。

 

つかさ:今まで結構可愛らしいタッチが多かったですが、今回世界的な問題をテーマにしてることもあって今までで一番シリアスなタッチと表情になってますね。動画もとても素敵です。これ夜中に見て聞くとすごく感極まります。僕らの願い、みんなの願いが天の神様に届いて欲しいです。

 

せいじ:今回のイラストは淡いタッチで、その淡さが心をぎゅーって掴みにくるんです!そして最美桜前線のMVは歌詞との絡み合いが見所だとも思うんですが、今回もその歌詞の出かたやエフェクトに感動を倍加する効果が出ています!

 

――流れ星は見た事は?

 

こうき:あります、ただ一瞬と驚きで願い事している暇なんてないですね…誰が考えたかわかりませんが流れ星の最中に願い事をしたら叶うというのを考えた人はロマンチストの極みだと思います。

 

つかさ:高校生の頃友人の家の離れにその友人の家の営む工場があって、その上に部屋があったんですけど、泊まりに行った時に一緒に工場の屋根に登って何か途方も無い話しながらずっと二人で星空眺めて流れ星も何度も見ました。あと友人たちと最上川に行ってアコギで歌いながら星空眺めたりもしてましたね。上京してからも流星群とかの時期になるとよく眺めてました。

 

せいじ:流星群を見に行ったことがあります。次々と流れてくる星々に儚さと美しさと感動を覚えた記憶があります。

 

――宇宙には興味ありますか?

 

こうき:自分が行けない、感じれないのでないです()

ふ~んそうなんだ、でも俺それ感じれないもんねってただの嫉みです!!

 

つかさ:ありすぎます。NHKの宇宙番組はよくビデオに録って何度も見てました。日食とかもロマンを感じてブログにも僕の熱い気持ちを記してますのでぜひアメブロ検索して見てください。もうすぐ普通に宇宙に行けるようになりますよ。僕月に土地持ってますしスイングバイの法則で宇宙の旅がしたいです。とりあえず火星の氷溶けろ!って感じです。

 

せいじ:めっちゃ興味あります!宇宙人とかUFOとか!月の裏に基地があるとか!!、、、多分この様な事ではないですよね?()

 

――最後に、視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

 

こうき:3カ月連続の第二弾も自分たちの納得できる音源になりました、どうですか?結構このグループのポテンシャル高くないですか?今のうちにオリジナル曲を沢山貯めて、コロナが収束した時に全てオリジナルでワンマンができるよう目指してます、その日を考えるとそれを糧に生きれませんか?僕は生きてます。

 

つかさ:まだまだコロナが終わる景色が程遠くて世の中大変な時期ですが、自分ができることをやって祈り続けるしかないと思います。本当に長い長い戦いで嫌になっちゃいますが、何か目標を定めて明るく行きたいですね。僕の目標は早くさくらっ娘のみんなに会うこと。それにはやはりコロナの収束。希望を持って一緒に頑張りましょう!そして流星に祈りましょう。

 

せいじ:3ヶ月連続オリジナル曲発表!!第二弾も素晴らしいが過ぎている!最美桜前線は一曲一曲妥協がない事を証明する素敵な曲です!とにかくピッチを上げて君達が驚いて喜んでくれる、不安を消し飛ぶ作品をいっぱい作っていくからまた逢えるまでゆっくり待っててね!!

 

最美桜前線 Official YouTube channel

https://youtu.be/sRkguXvizqM

 

最美桜前線Official site

https://mogamizakurazensen.localinfo.jp/

 

最美桜前線 ツイキャス

https://twitcasting.tv/mogamizakura

 


2021年05月01日 (土)

【ラヴェーゼ】最新シングル曲「白昼夢」を通して僕らに見せた、心揺さぶる非現実的な衝撃と感動

NEWS - 00:00:23

      512()に巣鴨獅子王を舞台に、ラヴェーゼが主催スリーマンイベント「白昼夢」を行なう。出演するのは、ラヴェーゼvs鐘ト銃声vsヒッチコックの3バンド。この日のイベントのタイトルには、気になる文字が。それが「ラヴェーゼ 会場&通販限定SingleHallucinations」リリース記念」という言葉。でも、それ以上に気になったのが、この楽曲と映像だ。

 

「白昼夢」MV

https://www.youtube.com/watch?v=9PgFernXve8

 

  これまでのラヴェーゼと言えば、「深淵への契約」 暗闇の底から見える世界を表現・・・ヘビィなバンドサウンドに重厚な音色を重ね、耳に残る歌声を乗せた楽曲を展開」とみずから語っているように、漆黒な闇の世界の中から「悲痛の心の叫び」を言葉とメロディー、歌声とヘヴィ/ラウドな楽曲に乗せぶつけてゆくバンドであった。いや、今もその姿勢は変わっていない。

  

  ラヴェーゼは、512日より最新シングル「Hallucinations」を会場&通販限定盤として発売する。そのリード曲となる「白昼夢」で彼らは、全身真っ白な衣装を身につけ、今にも崩れ落ちそうな感情のままに歌う紗弥-saya-の歌声を軸に据えた、壮大かつ哀切なラブバラードを作りあげた。ピアノや弦楽の音色に乗せて始まった楽曲は、紗弥-saya-の感情が高ぶるのに合わせ、バンド演奏を伴い、スケールの大きい世界観を描き出してゆく。

 

  MVでも、廃墟のような打ちっぱなしの部屋の中で、彼らは心が凍えそうな想いを演奏に映し出してゆく。大和-yamato-がウッドベースを用いて演奏したことも、ただ悲嘆に暮れるのではなく、楽曲に優しさや温かみを添える効果的な役割を与えている。最初はモノクロの映像で始まりながら、終盤には映像が色づいてゆくのも、この歌の主人公の気持ちの変化を描き出す冴えた演出だ。

 

  ラヴェーゼにとって新境地、新機軸となった「白昼夢」。今回のシングル盤は、タイトルのように一時の「幻覚(Hallucination)」を見ている作品になるのだろうか。それとも

 

  この感動を、いち早く感じたい方は、ぜひ512日のスリーマン公演に足を運び、目の前で嬉しい衝撃を味わっていただきたい。もちろん、会場でこの作品を手にすることも忘れずに。

 

 

TEXT:長澤智典

 

「白昼夢」MV

https://www.youtube.com/watch?v=9PgFernXve8

 

====================

 

★インフォメーション★

 

ラヴェーゼ 通販&ライブ会場限定シングル「Hallucinations

2021512日発売

 

型番:GLLAD-7

レーベル:Glendia

価格:2,500(税込)

限定:完全限定100

仕様:トールケース

CD-R作品です。

 

CD 収録曲:

1. -Hallucination-(SE)

2. 白昼夢

3. Autonomic imbalance

 

オンラインショップ:

https://starwave.official.ec

INFORMATION

CDに関する問い合わせ先 E-MAIL: info@starwaverecords.jp

 

Hallucinations」スペシャルパッケージ:

CD+オフショットDVD+写真セット+A3ポスター+オンラインサイン会参加券

(オンラインサイン会はInstagramメッセージ機能にて5/19,6/18,6/2321-23時で実施します) 

  

====================

 

LIVE情報★

 

GLENDIA presents

ラヴェーゼ 会場&通販限定SingleHallucinations」リリース記念

ラヴェーゼvs鐘ト銃声vsヒッチコック 3MANイベント

「白昼夢」

2021512()

会場:巣鴨獅子王

 

OPEN 15:30

START 16:00

ADV \3,500-

DAY \4,000-

(D代別)

 

【出演】

ラヴェーゼ

鐘ト銃声

ヒッチコック

 

【プレイガイド詳細】

Ae+

https://eplus.jp/sf/detail/3401000001-P0030001

入場順:A当日券

その他のライブ情報は、以下を参照。

http://labaiser.com/category/schedule

 

 

ラヴェーゼ Web

http://labaiser.com/

ラヴェーゼ twitter

https://twitter.com/labaiser_info


17 / 17« 先頭...10...1314151617