NEWS

2018年10月31日 (水)

【ライヴレポート】<第3期FEST VAINQUEUR FINAL ONE-MAN>「9th Birthdayの約束~ 2・0・1・9 / 1・0 / 2・7 ~」 FINAL DAY ◆2018年10月28日(日)大阪なんばHatch◆「本当の意味で全力全開のFEST VAINQUEURになって帰ってきたい」

NEWS - 15:12:08

 「FEST VAINQUEURは2018年10月28日大阪なんばHatchでの8周年記念公演をもって1年間活動を休止します」

 

今年初頭、フルアルバムを引っ提げての全国ツアー初日、FEST VAINQUEURから告げられた予期せぬ言葉。メンバー脱退を乗り越え再び加速し始めた時期だけに、耳を疑う人も多かっただろう。

 

「(2017年10月のなんばHatch公演で)大阪城ホールでの10周年記念ライブを宣言してからノンストップで、無我夢中に7年間走り続けてきました。だけど、今のまま走り続けても駄目だと思うんです。立ち止まる必要も感じたんです」(Bass.HIRO)

 

「メンバーそれぞれ様々な経験をして本当の意味で全力全開のFEST VAINQUEURになって帰ってきたい」(Vo.HAL)

 

大きな目標を成功させるため、より先へと進むための活動休止。

“終わり”ではなく”新たな始まり”の節目となる大阪なんばHatch公演は、その姿を見届けようと会場を埋め尽くすファンの熱気の中で幕を開けた。

 

大きな歓声に迎えられ「奇跡の翼」「ソレイユ」とライブ鉄板曲でステージを駆け回り、華やかなオープニングからスタートすると、立て続けに届けられたお祭りソング「宴~utage~」、スリリングな「断罪~Black or White~」、「FANG」に扇動され、テンションが急上昇していく客席。

インストゥルメンタルの「陣」を挟み仕切りなおした後は、ツインギターがぶつかり合うMETALアルバム『戦~ikusa~』から「戦~ikusa~」「激情」「MIA」を立て続けに演奏し、さらに温度を高めていった。

 

「愛しくて大切なものは、失っても無くしても…想い、願い続けることができます」

 

そう語ったMCからの中盤は一転、ミディアムナンバー「Shelley~名も無い星の詩~」というレアな楽曲に、タイトルコールだけで息をのむような歓声が上がる。

その後も、大切に、その一音一音が心に届くよう奏でられる歌ものが続き、「共鳴」ではHALの少し震えるような優しい、けれどサビでは力強く、何か強い意志を感じさせる歌声を、GAKUのアコースティックギターが彩った。

 

大きな拍手を受けての「LIONHEART~lifetime wish~」は、彼らの節目のひとつとなった代表曲。再び熱気を徐々にあげていき、打って変わってのパーティータイム「NANIWA DANCE NIGHT FEVER」「Evil Disco~somnambulism~」では、メンバーはお互いに、そしてファンと笑顔を交わし自由奔放に、会場全体が楽しくはしゃぐ光景が広がった。

こちらもレア曲「∑-sigma-」からのラストスパートは、「Addiction-中毒性愛依存癖-」から「現代的疑惑都市’DOUBT!’」まで、聞かせて暴れるライブの鉄板曲を詰め込み、会場の一体感も最高潮へ。

 

ここでサプライズとしてプロジェクターに映し出されたスタッフからのメッセージに驚きながらも、想いが、そのまま歌詞と音で届けられるラストの「霞桜」へ。銀テープの舞う中、メンバーと客席の笑顔は、バンドとファンがお互いに共有する時間を永遠に望むような、強い繋がりを感じさせた。

 

本編終わりでプロジェクターに投影されたのは、第3期FEST VAINQUEUR最後の作品である『戦~ikusa~』MVの続きの物語。

バラバラの道を歩き始めたメンバーの、ソロ活動を予感させる文字がスクリーンに映し出された。

それぞれが進む先は、きっと、バンドとして活動するより険しくたくさんの壁にぶつかるだろう。

そんな1年間を乗り越え、またこの4人が集まる<9th Birthdayの約束~ 2・0・1・9 / 1・0 / 2・7 ~>。

何が起こるか具体的なことはまだ明かされない約束の日だが、きっと、そこには今日以上に強く、そして輝くFEST VAINQUEURの姿があるだろう。

 

====================

 

■FEST VAINQUEUR ソロ活動情報解禁

Voal HAL 2018.11.01.11:00

Guitar GAKU 2018.11.01.11:00

Guitar I’LL 2018.12.21.21:00

Bass HIRO 2018.11.01.11:00

 

 

 

====================

 

■SET LIST

第3期FEST VAINQUEUR FINAL ONE-MAN

「9th Birthdayの約束~ 2・0・1・9 / 1・0 / 2・7 ~」

FINAL DAY

2018/10/28 大阪なんばHatch

 

01.奇跡の翼

02.ソレイユ

03.HIGH!!!!

04.宴~utage~

05.断罪~Black or White~

06.FANG

07.陣

08.戦~ikusa~

09.激情

10.MIA

11.Shelley~名も無い星の詩~

12.THANKS

13.共鳴

14.LIONHEART~lifetime wish~

15.NANIWA DANCE NIGHT FEVER

16.Evil Disco~somnambulism~

17.∑-sigma-

18.Addiction-中毒性愛依存癖-

19.ヴァレンシアとヴァージニア

20.現代的疑惑都市’DOUBT!’

21.霞桜

 

EN1.Reminiscence Driver

EN2.NANIWA SAMBA

 







2018年10月30日 (火)

【Jin-Machine】ワールドツアーがイギリス(高田馬場CLUB PHASE)から遂にスタート!!ライヴ直前動画コメント到着!!次回は11月1日(木)ブラジル(HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3)!

NEWS - 22:00:08

Ola’!

ブラジルの公用語、ポルトガル語で「やあ!」とか「こんにちは!」のあいさつ。
「オラ!」と読むんだよオラ!

 


ということで遂にスタートしたJin-Machineのワールドツアー。
明後日、11月1日(木)はブラジル(HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3)で行われます!

 

そんなジンマの皆様から、またもや動画コメントが到着しました!
いつもありがとうございます♪
好評のライヴ直前コメントです!

10月28日(日)イギリス(高田馬場CLUB PHASE)のライヴ直前コメントとなります!

 

あ、悪の秘密の組織団体…????(意味わからn)
相変わらずキャラ設定がアレな感じで素敵です(笑)

どうぞ御覧下さいませ!!!!

 

 


そしてびじゅなびでも激推薦の新作Mini Album。
発売日が10月28日から延期となっておりますが、11月10日(日)発売予定(発売日の決定につきましてはヤマハミュージックコミュニケーションズのホームページ(https://www.yamahamusic.co.jp/)にてご案内をさせて頂きます。)ですので、楽しみにお待ち下さい!

 

ツアーにも是非足をお運び下さいませ♪ 

 

====================

 

★Jin-Machine

New Mini Album
「Re≒BorN(ヨミ:リボーン) 」
2018年11月10日(日)発売予定
※発売日が10月28日から延期となっております。

発売日の決定につきましてはヤマハミュージックコミュニケーションズのホームページ(https://www.yamahamusic.co.jp/)にてご案内をさせて頂きます。
…………………………………………
▼Type-A
品番:XWCW-10009/B
定価 2,778円(本体価格+税)
内容:6曲入りCD+DVD

…………………………………………

▼Type-B
品番:XWCW-10010
価格:1,667円(本体価格+税)
内容:6曲入りCD

…………………………………………

[収録曲]▼Type-A
(CD)
01. 昆虫すごいぜ!
02. ドレミファ家族、愛のハードコア
03. グリーンデイズ
04. はじまりは今
05. 五星戦記 Lucifer’s Dimension 主題歌「近未来Brightest」
(ヨミ:ごせいせんき るしふぁーずでぃめんしょん しゅだいか「きんみらいぶらいてすと」)
06. Dancing on the fire

 

(DVD)
『平民vs国民』SG「売れたくて」発売記念フリーイベント
01. Opening
02 ゴリラ
03 さよなら†黒歴史
04 MC1
05 がんばれ!桜アディオス
06 環境デストロイ
07 警察24時
08 MC2
09 マグロに賭けた男たち
10 売れたくて
11 MC3
12 たのしい日本語
13 救声
14 スーパーハッピー

…………………………………………

▼Type-B
01. 昆虫すごいぜ!
02. ドレミファ家族、愛のハードコア
03. グリーンデイズ
04. はじまりは今
05. 五星戦記 Lucifer’s Dimension 主題歌「近未来Brightest」
06. Fire Love

 

====================

 

■じんましーんのワールドツアー「〜平成最後のワールドツアー〜」

10月28日(日)イギリス・高田馬場CLUB PHASE ※公演終了※
11月01日(木)ブラジル・HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
11月03日(土・祝)カメルーン・大阪MUSE
11月04日(日)インド・名古屋ハートランド
11月10日(土)メキシコ・福岡DRUM SON
11月11日(日)シンガポール・広島BACK BEAT
11月17日(土)日本・仙台JUNK BOX
11月23日(金・祝)アメリカ・新宿BLAZE

 

チケット情報はこちらに詳しく→http://www.visunavi.com/artistlive/17379/

 

====================

 

 ★Jin-Machine Official HP★

 http://www.jin-machine.net/





2018年10月30日 (火)

【アンドゥー】バンド史上初となるミュージックビデオ『安藤の雌豚-ドメスティック製法-』MV FULLが公開!

RELEASE - 21:00:43

アンドゥーの、バンド史上初となるミュージックビデオ『安藤の雌豚-ドメスティック製法-』のMV FULLが公開された。

こちらの楽曲は11月21日(水)発売の1st Maxi Single収録曲で、その名も【雌豚盤】と【メシウマ盤】の2typeが同時でリリースとなっている。

同時にこちらのリリースアイテムにて開催されるインストアイベントも公開となった。

ライブで必ず盛り上がる楽曲なので是非一度聞いてもらいたい。

 

それに伴い主催ライブとワンマンの開催も決まっており、こちらも目が離せない。

2018年の年末~2019年にかけて絶対的注目バンドである!

 

====================

 

アンドゥー最新MV

『安藤の雌豚-ドメスティック製法-』

https://youtu.be/bb_RdY9dCwo

 

====================

 

<リリース予定>

——————————-

2018年11月21日(水)

アンドゥー 1st Maxi Single

『安藤の雌豚-ドメスティック製法-』

2type同時Release!!

雌豚盤

【雌豚盤】GLK-066 ¥1800(税抜き)3曲入りCD+DVD

1.安藤の雌豚-ドメスティック製法-

2.呵責

3.僕は君を殺したい

DVD:安藤の雌豚-ドメスティック製法- MV+オフショット

——————————-

メシウマ盤

【メシウマ盤】GLK-067 ¥1500(税抜き)3曲入りCD

1.安藤の雌豚-ドメスティック製法-

2.呵責

3.浴槽

 

====================

 

<ライブ情報>

 

■1st Maxi Single発売記念主催ライブ

『ドメスティック製法の始まり~ブラホ走る雌豚~』

11月29日(木)池袋BlackHole

 

前売り¥3500+D/当日¥4000+D

open16:30/start17:00

 

ACT:アンドゥー / まみれた / ジャックケイパー / てんさい / 午前零時。 / Rock & Sick

 

★チケット:e+にて一般チケット発売中

企画/制作 GLK MUSIC

 

——————————-

 

■新春単独公演

『2019~初夢、初暴、初狂い~』

1月7日(月)巣鴨獅子王

 

前売り¥3500+D/当日¥4000+D

open18:00/start18:30

 

ACT:アンドゥー

※ご来場者には社会不適合なお年玉プレゼントあり

 

★チケット:e+にて一般チケット発売中

入場順:会場限定販売Aチケット→一般チケット

企画/制作 GLK MUSIC

====================

 

<インストアイベント>

11月29日(木)14:30~ little HEARTS.新宿店

12月2日(日)14:30~ 渋谷ZEAL LINK店 

12月2日(日)17:30~ ライカエジソン・ラフォーレ原宿店

12月9日(日)15:00~ 自主盤倶楽部

12月9日(日)18:00~ ライカエジソン東京店

12月16日(日)12:00~ 名古屋fiveStars

12月24日(月・祝)13:00~ 高田馬場ZEAL LINK店

1月11日(金)15:00~ 池袋Brand X(巣鴨獅子王内にて開催)

1月17日(木)14:00~ ライカエジソン大阪店(『不適切ナ、ボクラノ雑音集』振り替えイベント)

2月18日(月)14:30~ ライカエジソン名古屋店

2月19日(火)14:30~ 大阪ZEAL LINK店

 

====================

 

<その他のEVENT>

 

10月31日(水)巣鴨獅子王

11月1日(木)浦和ナルシス

11月3日(土)池袋BlackHole

11月7日(水)柏Thumb Up

11月13日(火)新横浜NEW SIDE BEACH!!

11月19日(月)池袋EDGE

12月12日(水)巣鴨獅子王

12月16日(日)名古屋 栄R.A.D

12月24日(月・祝)高田馬場CLUB PHASE

12月29日(土)池袋BlackHole

 

====================

 

◆オフィシャル

https://undeux-official.com/


2018年10月30日 (火)

【イベント】<JACK IN THE BOX 2018 ~LAST BUDOKAN~>2016年以来、2年ぶりの開催決定!!!第一弾発表は、DEZERT / シド / MUCC / ユナイトの4アーティスト!今回のゲストは一体…?どんな企画が飛びだすか!?

EVENT - 18:00:50

2018年1227日(木)、日本武道館にて平成最後の年末緊急招集!!MAVERICK DC GROUP PRESENTS JACK IN THE BOX 2018 LAST BUDOKAN~>が開催されることが決定した。

 

2016年以来2年ぶりの開催となる<JACK IN THE BOX>とはMAVERICK DC GROUP主催のライヴイベントで、2007年から2011年まで5年連続で開催。

夏の公演なども含め、計10回の公演を行ってきた。

 

まず第1弾出演アーティストとして発表されたのは、前身イベント「天嘉」から出演し続け、タフなライヴパフォーマンスで国内外から高い評価を得る「MUCC」。

JACK IN THE BOX>には過去フル出演、華麗なステージングとキャッチーな楽曲で日本のロックシーンを牽引する「シド」。

自由な音楽性と洗練されたヴィジュアルで定評のある「ユナイト」。

ストイック且つ攻撃的なスタイルはV系随一とも称される「DEZERT」。

そして、10年に渡り数々の伝説的セッションを生み出した「MDC SUPER ALL STARS」。

上記4バンド+1セッションの出演が発表された。

 

前身イベント「天嘉」時代より様々な組み合わせで伝説に残るセッションが頻繁に行われてきた日本武道館で、今年はどんな名演、怪演が繰り広げられるのか予想は全くつかない。

しかし今回も「JACK IN THE BOX」というタイトル通り、“びっくり箱”のごとく観るものを驚かせてくれるのは間違いないだろう。

さらに今年はシドの結成15周年イヤー。どんな企画が飛びだすのか、期待せざるを得ない。

 

今回のJACK IN THE BOX 2018は「~LAST BUDOKAN~」というサブタイトルもついており、LAST”が「改修前最後の武道館」という意味なのか、はたまた別の意味を持っているのか──。

 

“最後”の武道館、何かが起こる!

 

 ====================

 

<イベント情報>

 

平成最後の年末緊急招集!!

MAVERICK DC GROUP PRESENTS

JACK IN THE BOX 2018 LAST BUDOKAN

 

【出演】DEZERT / シド / MUCC / ユナイト / MDC SUPER ALL STARS / and more

 

【日時】20181227日(木)

【場所】日本武道館

【開場/開演】1400 / 1500

【チケット料金】全席指定・前売¥7,500(tax in)

4歳以上有料

※出演者の変更に伴うチケットの変更、払い戻しはできません。ご了承ください。

※営利目的の転売禁止

 

★チケット:

●先行予約情報

・出演者FC先行予約:受付期間 1031() 1200116() 2300

→シド / MUCC / ユナイトのFC会員の方は、各FCからのお知らせの通りにお申込みください。

・出演者ホームページ先行予約:受付期間 1031() 1200116() 2300

→DEZERTのオフィシャルホームページをご覧の上、お申込みください。

 

・ローソンチケット最速プレリクエスト:受付期間 117() 12001113() 2300

受付URL https://l-tike.com/jitb2018/ 

 

====================

 

●イベントリンク

公式サイト http://www.jack-itb.com/ 

Twitter  https://twitter.com/jackinthebox_jp 

Instagram https://www.instagram.com/maverickdci/ 

Facebook https://www.facebook.com/jackinthebox2018/ 

Spotify https://open.spotify.com/user/xobkdiltny129ta7hiutc0c05?si=CPaLK-YpTIGcIYh1fmQ1uA 

 






2018年10月30日 (火)

【YOSHIKI CHANNEL】2018年11月2日放送:ゲストに土屋アンナ登場!“着物”に精通する両者のファッション対談が実現

NEWS - 16:21:30

日本最大級の動画サービス「niconico」のニコニコチャンネルでアーティスト部門1位独走中の『YOSHIKI CHANNEL』で、 11月2日(金)に土屋アンナがゲストとして登場することが決定した。

 

ミュージシャン、 ファッションモデル、 女優として、 マルチな活動を続けるトップアーティスト・土屋アンナ。

主演を務めた映画「さくらん」での、 華麗な着物姿が印象的な彼女だが、 実は母親が着物の着付け師であり、 自身も日頃から着物に慣れ親しんでいるという。

 

この日の番組では、 YOSHIKIが手掛けるキモノブランド「YOSHIKIMONO」の、 記念すべき10回目となる展示会を訪れるYOSHIKIに独占密着。

その後迎える土屋アンナとの対談では、 着物について、 そしてファッションについての興味深い話を聞く事ができるだろう。

 

初となる“ファッション対談”。 今回に相応しいゲストを迎えた、 貴重な対談は見逃せない。

 

====================

 

■「CELEBRATION OF THE 10TH YOSHIKIMONO EXHIBITION IN TOKYO」にYOSHIKI電撃降臨& 伝説対談Vol.30 ファッション編  YOSHIKI x 土屋アンナ


放送日時:11月2日(金)19:00~

ゲスト:土屋アンナ


スケジュール:
19:00~ 19:10オープニング
19:10~ YOSHIKI生出演
20:00~ YOSHIKI × 土屋アンナ生出演


番組URL: http://live.nicovideo.jp/gate/lv316554923

 

※放送時間は予定のため変更となる場合がございます。
※番組の一部はYOSHIKI CHANNEL会員限定となります。 番組全編視聴するには YOSHIKI CHANNELにご入会をお願いいたします

 

====================

 

<関連リンク>
YOSHIKI Official Instagram: https://www.instagram.com/yoshikiofficial/
YOSHIKI Official Site: http://www.yoshiki.net/

 


■YOSHIKI CHANNELとは
「niconico」が提供する「ニコニコチャンネル」内の有料会員制チャンネルとして2015年8月にスタート。

現在、 ニコニコチャンネルの音楽アーティストチャンネルのランキングで1位の会員数を誇る。


YOSHIKI CHANNELでは、 X JAPANの石巻チャリティーライブを始め、 日本ツアー、 ウェンブリー・アリーナ公演、 またYOSHIKIソロクラシックツアーYOSHIKI CLASSICALやプレミアムディナーショー等、 数多くのライブ会場生中継を実施。

そして2016年始の小室哲哉との新春対談に始まり、 ゴールデンボンバー、 GACKT、 THE ALFEE高見沢俊彦、 シド、 LUNA SEA、 ポルノグラフィティ、 ピコ太郎、 CHEMISTRY川畑要、 清春、 マーティ・フリードマン、 乃木坂46の生駒里奈と高山一実、 AI、 そして盟友HYDEや、 あのKISSジーン・シモンズやポール・スタンレー、 マリリン・マンソンまで、 更には新経済サミット2017での小泉元首相、 2018年のSalesforce会長兼CEOマーク・ベニオフ、 代表取締役会長兼社長 楽天・三木谷浩史との対談など、 超豪華ゲストとの貴重なトークも数多く放送。

またX JAPANのドキュメンタリー映画「WE ARE X」の公開に合わせ、 プロモーションの為世界中を飛び回るYOSHIKIに密着し、 米国「サンダンス映画祭」「サウスバイサウスウエスト」、 ロシア「Beat Film Festival」、 中国「上海国際映画祭」、 メキシコ「グアナジュアト国際映画祭」、 「香港国際映画祭」、 オランダ「アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭」、 香港「Asian Film Awards」などの各国映画祭や、 最近では劇場公開タイミングでヨーロッパ10カ国を訪問した超過密スケジュールのツアーやロシアのプレミアツアーにも同行。

日本のみならず海外からの生中継も積極的に実施している。

また台風の影響により中止となった、 X JAPAN日本公演での『無観客ライブ』全編緊急生中継は、 伝説の一夜として多くの視聴者から凄まじい反響があった。


2018年10月30日 (火)

【ライヴレポート】<umbrella Member Produce OneMan>2018年10月25日(木)SHIBUYA REX◆音楽に特化したピュアなライヴ。

REPORT - 16:05:36

10月から12月にかけて、メンバーそれぞれがプロデュースしたワンマン・ライヴを行っているumbrella

普段のワンマンとはまた一味違った彼らに触れられるライヴとして話題を呼んでいる中、第二弾となる【Case CONTACT US ASAP!!」】が1025日にSHIBUYA REXで開催された。

 

ライヴはステージ上手に設置されたライザー上に柊が立ち、ギターで抒情的なメロディーを奏でるというイントロダクションに続いて、パワフル&エモーショナルな「叩けば誇り。」で幕を開けた。

別世界からやってきた異邦人のようなオーラを発して、ギターをかき鳴らしながらアンニュイな歌声を聴かせる唯。

長い髪と身体を揺らしながら、ファットなグルーブを紡いでいく春。

クールな表情と力強いドラミングの取り合わせが印象的な将。

そして、会場を見渡して笑顔も見せつつソリッドなギターワークを決める柊。

強い存在感を放つ4人が並び立った姿とタイトな爆音にオーディエンスのボルテージは一気に高まり、場内はスタートから熱気に包まれた。

 

その後は“尖り”とキャッチーさを兼ね備えた「掌ドロップ」や疾走感を押し出した「五月雨」、唯のクールなボーカルと春のグルービィなベースをフィーチュアした「月」などを相次いでプレイ。

ライヴが進むに連れて加速していく流れも、それに呼応して激しさを増していくメンバー達のステージングも本当に魅力的で、目と耳を奪わずにいられない。

また、今回のライヴは“柊のギターから始まる曲限定”という趣向だったため、曲が始まる前に柊が少し緊張感を漂わせてから曲が始まるシーンが多く、それがライヴのいいアクセントになっていることも印象的だった。

 

ライヴ中盤ではメロディアスな「微熱」や、スリリング&ハードなサウンドに客席がヘッドバンギングの嵐と化した「Frontier」、将のタイトなドラムと春のウネりに満ちたベースのマッチングが光る「ハイキ」などで幅広さを見せた後、スロー・チューンの「スロウレイン」を披露。

ライヴの場面転換としてバラードを聴かせるパターンとは異なり、ライヴが始まってから様々な楽曲を演奏していく中でメンバー達の内面に折り重なった想いが溢れ出たように感じさせる流れは実に見事。

抑揚を効かせて歌いあげる唯のボーカルはもちろん、バック陣が奏でるテイスティーなサウンドも聴き応えがあって、スロー・チューンでライヴ中盤のハイライトといえる情景を描いてみせたことに圧倒された。

 

アップテンポの「風穴」から始まったライヴ後半では躍動感とせつなさがない交ぜになった「Labo」や、ヘヴィなサウンドと唯の訴えかけるボーカルを活かした「内向的声明」、ハードネスに拍車をかけるように柊がホットな速弾きのギター・ソロを聴かせた「SCAB」などを畳み掛けるようにプレイ。

umbrellaが創りあげる世界観は翳りを帯びていながら、極端にウェットではないことが特徴といえる。

彼らならではの透明感を纏った憂愁感やハードネスは心地好さと強く気持ちを駆り立てる力を併せ持っていて、オーディエンスの熱気はどんどん高まっていき、場内は盛大な盛り上がりとなった。

 

メンバー・プロデュースのライヴというと企画色が濃い場合も多いが、今回の【Case CONTACT US ASAP!!」】は本編中はMCすら一切なく、ひたすら楽曲を聴かせる構成になっていて驚いた。このことからはumbrellaのメンバー達が、“いいライヴを見せること=ファンにとって一番嬉しいこと”と考えていることがうかがえる。

そして、それは絶対的に正しい。

今回のように、音楽に特化したピュアなライヴでオーディエンスを満足させた彼らは「さすが!」の一言に尽きる。

非常に観応えのあるライヴだっただけに、残り2本のメンバー・プロデュース・ライヴも、それに続く通常形態のワンマン・ライヴも本当に楽しみだ。

 

 

写真◎YOSHIHITO_SASAKI

文◎村上孝之

 

====================

 

LIVE情報> 

——————————- 

umbrella Member Produce OneMan

■【Case将 「噛めば噛むほど味がある」】 

1125()寺田町Fireloop 開場17:00 開演17:30 終演予定時間 19:30

【ライヴ内容】通常のバンド演奏+アコースティック演奏の2部構成ワンマン

【来場者特典】イベントライヴドラムカメラDVD(25or30分ステージ)

【チケット料金】 前売り:\2910 当日:\4030 (ドリンク代別途)

【限定物販】 将デモ音源

【チケット情報】 

  A:イープラス  https://goo.gl/7BNWfe   ※発売中

  B:バンド予約 umbrella.information@gmail.com 

【入場順】 AB→当日券

——————————-

■【Case唯 「自論」】

1223日(日・祝)池袋手刀 開場17:00 開演17:30

【ライヴ内容】唯の作曲した楽曲のセルフカヴァー、録画可能タイム有り

【チケット料金】前売り \3.000 当日:\3.500 (ドリンク代別途)

【限定物販】唯 デモ音源(タイトル未定)収録曲数未定

【チケット情報】

  A:オリジナル手売りチケット 物販で発売中

  B:イープラス  https://goo.gl/Juj9Ck   ※発売中

  C:バンド予約 umbrella.information@gmail.comにて受付中 

【入場順】ABC→当日券

 

——————————-

 

■危険因子~東京アウトブレイク~

124() EDGE Ikebukuro 開場18:00 開演18:30

【出演】Mr.ChickenHat TimersTHE NOSTRADAMNZumbrella

【チケット料金】 前売:\3500 当日:\4000 (ドリンク代別途)

【チケット発売中】1028() イープラス https://goo.gl/fjEmtE 

——————————- 

■危険因子~大阪アウトブレイク~

131() 北堀江Club Vijon 開場18:00 開演18:30

【出演】Mr.ChickenHat TimersTHE NOSTRADAMNZumbrella 

【チケット料金】 前売:\3500 当日:\4000 (ドリンク代別途)

【チケット発売中】イープラス https://goo.gl/GTRSZt  

 ——————————-

umbrella 9th anniversary All songs onemanChapter.8「全部」

2019324() 高田馬場AREA

OPEN 15:00 START 15:30

【チケット料金】前売4000円 当日4500

※来場者に全曲解説DVD配布

【チケット先行受付】イープラス先行チケット http://ur2.link/MKoR

 受付期間 1026()12001111()1800

 入金期間 1113()13001118()2100

【チケット一般発売】121()1000~  イープラス http://ur2.link/MKoR

【入場順】e+先行チケット→e+一般チケット→当日券

 

====================

 

umbrellaオフィシャルサイト http://xxumbrellaxx.com/