NEWS

2021年06月24日 (木)

BAROQUEの圭、夏に異なる3本のワンマンライブを開催!

LIVE - 21:00:21

この夏、アーティスト・圭の進化が止まらない――。

 

無期限活動休止中のBAROQUEの圭(G)が、7月と8月に、有観客で内容が異なる3本のワンマンライブに挑戦することを発表した。圭といえば今年412日、東京・TSUTAYA O-EASTで行なった<圭 SOLO LIVETHE LIBERTY -輪廻の新月-」>で、ボーカリストとしてステージのセンターに立ち、ギターやピアノを弾きながら歌うという衝撃的なアクトで、本格的にソロ・アーティストとしての第一歩を踏み出したばかり。

 

夏に実施する3本のライブは、そこからさらに次のステップへ移行したものとなる。それを示すように、まずはアップグレードされたアー写を公開。さらに、今回初めて国内外で活動している現代美術家・真砂雅喜とコラボして制作したこれから行なう3本のライブを予感させるキービジュアルも一斉に公開された。公開された3枚のアートワークはどれも深読みしたくなるようなデザイン性がありながらも、そのすべてに共通して白い羽がアクセントとして使われ、そのモチーフがリスナーの想像力をさらにかきたてるものとなり、そのアートワークも話題となった。

 

また、詳細未定となっていたライブ内容に関して、まずは7月公演の詳細が発表された。

 

1本目となる710()、4月公演と同じ【新月】が巡ってくる日に東京・日本橋三井ホール<「THE SCRIPTURE -回帰の受難-」>。圭がこのホールでライブを行なうのはBAROQUE(20194)、圭ソロ(20209)に続いて3回目となる。そんな圭を力強くサポートしようと、ライブには4月の公演と同じメンバー(Gu.結生/メリー、Ba.高松浩史/ THE NOVEMBERSDr.山口大吾/People In The BoxKey&Mani.hico)が一同に集結。また、4月の公演で好評を博した花道も、今回ステージに設置されることが決定している。

 

こちらのチケット(*電子チケット)は3種が用意され、先週発売した 当日リハーサル見学&会場前のステージ上をご案内&未収録音源(CD)付<VIP席>チケットは即日完売。

 

また、未収録音源(CD)が付いた<S席>、<A席>は、明日 625() 20:00~ GALAXY BROAD SHOP(先着)にて販売となる。

 

 

さらに、その続きとなる2本目、3本目のライブは、圭の誕生日当日となる812()、東京・渋谷ストリームホールで開催することもすでに発表されている。こちらのワンマンライブ< THE ELEGY -夜明けの明星->は1日2公演を実施。1st STAGEは「TRANSPARENT UTOPIA.」と題して、BAROQUEと平行してやっていたギターインスト曲を軸においたライブを、2nd STAGEは「WITH LOTS OF LOVE.」と題して、圭の全キャリアを動員して行なった4月の公演の“最新版”をお届けするライブになる。8月に行なう2本の公演については、今後、詳細が届き次第お伝えしていく。

 

 

この夏行われる3タイプの圭の可能性を試すライブステージ。ぜひとも、チケットをゲットして生で観覧して、公演ごとに進化して異なるアビリティを伸ばしていく圭を体感していって欲しい。

 

 

====================

 kei_thescripture_20210710

THE SCRIPTURE -回帰の受難-

2021710() 日本橋三井ホール

OPEN 16:00 / START 17:00

 

Support Members

Guitar 結生(メリー)

Bass 高松浩史(THE NOVEMBERS)

Drums 山口大吾(People In The Box)

KeyboardManipulator hico

 

◎チケット料金

VIP[SOLD OUT]:20,000(税込) ステージ中央最前列・花道最前列・特典付* ※ドリンク代別

S:14,000(税込) 前方指定席・特典付※ドリンク代別

A:8,120(税込)※ドリンク代別

 

■特典*

VIP席:ライブ当日リハーサル見学&開場前のステージ上をご案内+未収録音源(CD)

S席:未収録音源(CD)

VIP席・S席 未収録音源(CD) 共通

 

◉チケット発売日

GALAXY BROAD SHOP(先着) ※電子チケット

https://www.galaxybroadshop.com/artist/baroque/kei/

 

[VIP] SOLD OUT

[S] [A]

6/25() 20:007/9() 23:59まで

 

※枚数制限:11

※予定枚数に達し次第、受付終了

 

info. NEXTROAD 03-5114-7444(Weekdays 14:0018:00)

 

==================== 

 

2021812() 渋谷ストリームホール

THE ELEGY -夜明けの明星-

kei_the_elegy_transparent_20210812_1st

1st STAGE_TRANSPARENT UTOPIA.

 

kei_the_elegy_lotsoflove_20210812_2nd

2nd STAGE_WITH LOTS OF LOVE.

 

※詳細は後日発表いたします。

 

 

==================== 

 

サブスク配信中

■圭

Amazon Music Unlimitedhttps://music.amazon.co.jp/artists/B085XQWR3Y

Apple Musichttps://music.apple.com/us/artist/kei/1465709836

Spotifyhttps://open.spotify.com/artist/0maFrI7WiLIRflewebbNeF?si=W_ypbJb9SVujxq-HpkMU6Q

LINE MUSIChttps://music.line.me/artist/mi0000000012988b5f

AWAhttps://mf.awa.fm/2WI5gxn

KKBOXhttps://kkbox.fm/Lr18Rt

 

 

BAROQUE official SNS

site http://pigmy.jp/

Twitter @BAROQUEofficial

Facebook https://www.facebook.com/BAROQUEofficial.JP/


2021年06月24日 (木)

【ザアザア】2021年10月6日(水)約4年ぶりとなるオリジナルフルアルバム「失敗作」の発売が決定!アルバム発売記念・全曲先行記念ライブも開催!

NEWS - 19:04:37

2020年12月発売のシングル「冷凍人間」がロングヒットを記録し、4月に行われ たKT Zepp YOKOHAMAでのワンマンライブも大成功のうちに終了。
5月5日に発売されたコンセプト・ミニアルバム「五月病」は過去最高のセールスを記録するなど、今ヴィジュアル系シーンで最もブレイクの期待がかかるバンド「ザアザア」 が、早くもニューアルバム「失敗作」を完成させた。

 

本作は初回・通常、共に全録り下ろしの10曲に加え、表題曲である「10月5日月曜日、バラバラ」のミュージックビデオが収録。
初回限定盤のみに「痣」のミュージックビデオ、さらに、前作「五月病」の発売を記念して行われた「全員五月病」@白金高輪SELENE b2でのライブ映像を収録。

豪華特典として、フォトブック、AR缶バッチが封入される。

(※AR缶バッチとは、スマホ専用アプリ「COCOAR2」にて缶バッチを読み込むことで各メンバーの写真がスマホ画面内に表示されるグッズ)

 


通常盤では全13種類あるトレーディングカードが1枚封入されている。(各形態ジャケットのデザインは異なりますが、CDの内容は同一のものになります。)

 

アルバムに先駆け、毛色の全く異なるリード曲「10月5日月曜日、バラバラ」と「痣」をデジタル・シングルとして先行配信することも決定しており、バンドの 持つ様々な表情を見せつつアルバムへの期待を膨らませるプロモーションを実施。

まさに「失敗作」とは名ばかりの、自信に満ちたバンド史上最高傑作が完成!

 

8月からはニューアルバムの楽曲を1日1曲披露するスペシャル・ライブ<アルバム発売記念 全曲先行記念ライブ「失敗作」>の開催も予定されている。

 


====================


<リリース>


★2021年10月6日(水)リリース
オリジナルフルアルバム「失敗作」


◆初回生産限定盤
¥8,800(tax in)
CD+DVD+フォトブック+AR缶バッチ4種類
【CD】
1.成功作
2.欠陥品
3.痣
4.流出
5.消去
6.ねじ曲がったしね
7.10月5日月曜日、バラバラ
8.失恋
9.あなたの奴隷
10.失敗作

【DVD】
MV2曲+オフショット+ライブDVD「全員五月病」@白金高輪SELENE b2


◆通常盤
¥3,850(tax in)
CD+DVD+トレーディングカード1枚(全13種)
【CD】
1.成功作
2.欠陥品
3.痣
4.流出
5.消去
6.ねじ曲がったしね
7.10月5日月曜日、バラバラ
8.失恋
9.あなたの奴隷
10.失敗作
【DVD】
1.10月5日月曜日、バラバラ


発売:littleHEARTS.Music / 販売:Happinet Media Marketing.Co


====================


■LIVE INFO

 

●アルバム発売記念 全曲先行記念ライブ「失敗作」

*ニューアルバムの楽曲を1日1曲披露するスペシャル・ライブ

・2021年8月12日(木) 新宿WARRY

・2021年8月31日(火) 渋谷DESEO

・2021年8月13日(金) 新宿WARRY

・2021年9月11日(土) 原宿RENON

・2021年8月19日(木) 高田馬場 CLUB PHASE

・2021年9月12日(日) 原宿RENON

・2021年8月20日(金) 高田馬場 CLUB PHASE

・2021年9月17日(金) CHELSEA HOTEL

・2021年8月30日(月) 渋谷DESEO

・2021年9月18日(土) CHELSEA HOTEL

 

●FES

・2021年8月1日(日) アルルカン暁presents「OSAKA LOVERS SUMMIT」 大阪BIG CAT

・2021年8月7日(土) BugLug Fes.「バグサミ2021」 USEN STUDIO COAST

 

 


オフィシャル HP : https://xaa-xaa.com/

◆Twitter:@xaaxaa_official


2021年06月24日 (木)

【MAGAZINE】2021年6月25日発売『GiGS(ギグス)8月号』★LUNA SEA、L’Arc~en~Ciel、DIR EN GREY、Shinji from fuzzy knotなど掲載!

NEWS - 11:43:58

雑誌情報、おなじみ、GiGS (ギグス)!

最新号は明日、6月25日に発売です!!!!

 

LUNA SEA、L’Arc~en~Ciel、DIR EN GREY、Shinji from fuzzy knotなど掲載、じっくり読んで下さいね♪

 

——————————-

 

GiGS (ギグス)8月号

A4変型判/144頁/定価980円/6月25日発売
◎Roseliaスペシャル・ポスター付き

   

——————————-

 

■表紙巻頭特集:Roselia
最新ミニ・アルバムと共にRoseliaの道程と未来を見つめる超大型特集! 
Zuerst The Words of Five Roses −前編−
5人が観た劇場版作品の全貌と新作ミニ・アルバムのすべて
Zweite The Lasest Sound of Five Roses
最新ライブ機材と演奏フォームから紐解くRoseliaサウンドの進化
工藤晴香(Gt.)/中島由貴(Ba.)/櫻川めぐ(Dr.)/志崎樺音(Key.)/相羽あいな(Vo.)
Dritte The Words of Five Roses −後編−
新たな可能性が詰め込まれた新作を引っ提げて向かう未来のステージ
◎スペシャル・ポスター付き

 


■第2特集:工藤晴香
1stシングル「Under the Sun」で魅せる“自分らしさ”と“新しさ”
★Band Score「Under the Sun」

 


■登場アーティスト
DIR EN GREY:朧げながらも明瞭な5つの跫音が“望まぬ新たな日常”を打ち砕いた瞬間 
SUPER BEAVER:過去のサウンドから生み出された最新シングル「名前を呼ぶよ」
マカロニえんぴつ:ツアーを経て更新し続けてきた“マカロック”の最新形
Argonavis:自らの思いを音と言葉に乗せ、掴み取った新たな可能性
Shinji from fuzzy knot:ソロ・ユニット始動インタビュー! & Astral Destinyスペシャル試奏企画
ヤユヨ:“日常”に溶け込む音楽『THE ORDINARY LIFE』が紡がれた背景

 

LUNA SEA:-30th Anniversary CROSS THE UNIVERSE -THE DAWN- Live & Sound Report-
L’Arc~en~Ciel:-30th L’Anniversary Starting Live“L’APPY BIRTHDAY!”Live & Sound Report- 

 

 

——————————-

 

https://www.shinko-music.co.jp/genre/magazine-1-4/

 

 

おうちですごすお供に音楽雑誌(¬з¬)☆ 


2021年06月24日 (木)

【ライヴレポート】<SARIGIA「悪魔的完全無料ミニワンマン サバト~大罪起源-666- 悪魔集会~」>2021年6月4日(金)東高円寺二万電圧◆無料単独公演に作り上げた熱狂!

REPORT - 11:02:59

  726日に赤羽ReNY alphaでワンマン公演が控えているSARIGIAが、64日に東高円寺二万電圧を舞台に完全無料ワンマン公演「悪魔的完全無料ミニワンマン サバト~大罪起源-666- 悪魔集会~」を行なった。当日の模様を、ここにお伝えしたい。

 

 

 荘厳な音色が会場中を支配する。その音へ導かれるようにメンバーたちが舞台へ姿を現した。SARIGIAのライブの冒頭を飾ったのが、「悪魔」をバンドのコンセプトに掲げるSARIGIAに相応しい「Devil Carnival」だ。黒く、重く唸る音に触発された満員の観客たちが、頭を大きく振りながら、舞台上から襲いかかる激烈な音の衝撃に身をひれ伏してゆく。サビ歌ではフロア中の人たちが跳ねながら、彼らの催したサバト(儀式)に溺れていた。冒頭からフロアには、SARIGIAとファンたちが感情をぶつけあう刺激による熱が沸きだしていく。

 

 

 続く「傲慢-arrogance-」でも題名通りの傲慢かつ豪快な音を叩きつけ、メンバーたちは観客たちの身体を大きく前へ前へと折り畳んでいった。激しい中にも、印象深いサビ歌も魅力に据えているように、身体は熱狂を求めながらも、気持ちは、胸に響く歌をむさぼるように喰らっていた。後半には、観客たちが動ける範囲の中でとはいえモッシュしてゆく風景も、そこには生まれていた。

 

 

  高ぶる感情を、彼らは激情した音へダイレクトに投影。激しく跳ねる音とアスカの高陽した歌声がノイズのような音の中で重なりあい、意識へ、肉体へ襲いかかる。「嫉妬-envy-」が与えた衝撃に触発された観客たちは、誰もが理性というボタンを壊し、みずからの感情を制御することを拒みだした。ただただ、暴れたいってことだ。理性を壊してしまう気持ちへ導いてゆくライブが、今、目の前にあるんだもの。そうなるのも当然だ。振り回される拳の数が、それを物語っていた。

 

 

  エスノサイコティックな音色がフロア中に広がりだす。アスカの煽りを合図に演奏が轟くと同時に、楽曲は「色欲-lust-」へ。凄まじい音の洪水が。身体中へ襲いかかる。この環境で冷静になどいれるわけがない。フロア中の人たちが身体を激しく折り畳み、頭を振り乱し、演奏へ触発されるままに飛び跳ねていた。それこそが、自分を開放してゆく無限のパワーの源であるというように。本当はモッシュしたいところだが、それが出来ない環境だからこそ、誰もが上へ上へと飛び跳ね、沸き立つ熱情を舞台上にぶつけていた。

 

  「お前らのその罪を、俺らにぶつけてこい!!」。アスカの煽りを合図、にSARIGIAは轟音ホラーナンバー「S.D.S」を演奏。フロア中の人たちを狂ったゾンビに変え、本能が赴くままに暴れ狂わせる。でも、それこそがライブだ。剥きだした感情と感情をぶつけあってこそ、興奮が恍惚へと変わってゆく。

 

 

  激しさの中にも哀愁を忍ばせた「Deep;er」でも、SARIGIAはけっして攻撃の手を緩めない。緩急巧みに表情を変えながら、4人はフロア中の人たちの身体を横に揺らし、縦に揺さぶっていた。切なくもメロウなサビ歌で、フロア中に花咲いた光景が広がっていたのも目に鮮やかだった。

 

  「もっと悪魔的な世界へ染めてあげるから」「悪魔やれるかい、もっと深い深いの悪魔の世界へ案内しよう」。それまでの荒ぶる音楽性を踏襲するどころか、さらに激しさを増すように、SARIGIAは「in NIGHTMARE」を突きつけた。妖艶で耽美な魅力を見せながらも、激烈した表情や、胸をグッと揺さぶるメロディアスな歌など、いろんな要素を1曲へ濃縮。観客たちも曲の表情が変化するのに合わせ、身体を揺らしたり、激しく揺さぶるなど、楽曲が導く世界へ嬉しそうに溺れていた。

 

 

  激しさの中へ、よりダークな闇を増すように、SARIGIAは「鴉」を突きつけた。激しいギターのリフやドラムのビートとシンクロしながら騒ぐ観客たちの姿も印象的だ。暴走する音へ、そのまま飛び乗れ。絶叫上げながら楽しむジェットコースターへ飛び乗ったような刺激を覚えながら、メンバーも観客たちも理性を彼方へと吹き飛ばしてゆく。

 

 

  「一緒に悪魔になってくれるか!!」、絶叫するアスカの声を合図に飛びだしたのが、激烈高陽曲の「Die , Die , DIE」。フロア中の人たちが、激しく拳をまわし、大きく振り下ろしながら、メンバーらの突きつける音へ熱狂した姿をぶつけ返していた。いつの間にかフロア中が、その場で両手を高く掲げ踊り騒ぐ祭り人たちに支配されていた。轟音の中で踊り騒ぐこの光景こそ、死人たちの小悪魔と化した人たちが織りなす宴の様だ。

 

 

  理性を失くし騒ぐ観客たちの感情を、もっともっと恍惚へと導くよう、SARIGIAは最後に「自己愛的自虐思想の歌」をぶつけてきた。床を通して揺れる振動が身体に伝わるほど、フロア中の人たちが飛び跳ねながら、激音の中へ嬉しく溺れていた。たとえ制約のある環境だろうと、一人一人に与えられた空間の中でも、十分に魂を開放していける。その楽しさを、この日のSARIGIAのライブが証明してくれた。

 

 

 みやびのドラムビートへ、ベースの翔磨が、Natsuのキターが音を重ねだす。アンコールの最初に奏でたのが、激烈シャッフル系ナンバーの「強欲-greed-」だ。SARIGIA流のダンスロックが、ふたたび理性を消しさり、荒れ狂う音の渦の中へと観客たちを巻き込んでゆく。刺激的な音に身体は大きく揺れながらも、胸にグッと刺さる印象深いメロディアスな歌にも、心はずっと惹かれていた。

 

 

「悪魔的に暴れてくぞ、いいかっ!!」。翔磨のスラップベースが炸裂。みやびのドラムロールを合図に、フロア中の人たちが一斉に跳ね出した。SARIGIAは「クルエルシンフォニー」を通し、観客たちの感覚を狂わせ、熱狂の中へぐいぐいと引き込んでゆく。この曲も、SARIGIAらしい激しさと躍動さを抱いた激烈なダンスロックナンバーだ。誰もがメンバーらの煽りに応えるように跳ね続けていた姿も印象深かった。

 

 

  最後にSARIGIAが突きつけたのが、まさに悪魔的なという言葉が相応しい「VENOM」だ。フロア中に響く熱い手拍子、そして身体を深く折り畳む姿。SARIGIAは最後の最後まで観客たちから現実を奪い去り、悪魔的な熱狂の空間へと導き、会場中の人たちを、本能だけが支配する姿へと変えていった。でも、それこそがライブ。そう、ライブとしてあるべき楽しさを、SARIGIAはこの日の公演の中へしっかりと見せていった。この日生み出した熱狂、次は赤羽ReNY alphaの場で味わおうか!!!!

 

 

PHOTO: 、高橋まりな、富田万尋

TEXT:長澤智典

 

====================

 

★インフォメーション★

 

新体制始動公演 悪魔降臨~THE SEVEN DEADLY SINS

2021/07/26 (Mon)

赤羽ReNY alpha

OPEN 17:30 / START 18:00

ADV ¥3,500 / DAY ¥4,000(+D)

チケット

.豪華特典付きSチケット

会場物販のみでの販売です

.特典付きe+ (6/19)

.e+一般 (6/26)

.当日券

 

====================

 

<セットリスト>

 

Devil Carnival

「傲慢-arrogance-

「嫉妬-envy-

「色欲-lust-

S.D.S

Deep;er

in NIGHTMARE

「鴉」

Die , Die , DIE

「自己愛的自虐思想の歌」

 

-ENCORE-

「強欲-greed-

「クルエルシンフォニー」

VENOM

 

====================

 

暴食 – gluttony – Music VideoFULL

https://www.youtube.com/watch?v=ennJ_a67jUI

傲慢-arrogance- Music VideoFULL

https://www.youtube.com/watch?v=6DW-u8N5Ytc

強欲-greed- Music VideoFULL

https://www.youtube.com/watch?v=xPUhQgthC7w

色欲-lust- Music VideoFULL

https://www.youtube.com/watch?v=iWxp69E7Sf8

嫉妬-envy- Music VideoFULL

https://www.youtube.com/watch?v=AEa-IkE6R2E

SARIGIA Web

https://www.sarigia.com/

SARIGIA twitter

https://twitter.com/SRGA_Official

SARIGIA 公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCUOlqJdaraafZu2QEEBHQ5g/videos

SARIGIA ONLINE STORE

https://sarigiainformation.stores.jp/







2021年06月23日 (水)

【The THIRTEEN】第四弾目のIKKIUCHIアーティストは「ハイダンシークドロシー」!

EVENT - 21:00:23

5周年を記念して、13アーティストとの2MAN公演を開催しているThe THIRTEEN。

第四弾目の“IKKIUCHIアーティスト”はハイダンシークドロシー!

8月1日に高田馬場CLUB PHASEにて開催される。

 

====================

 

■The THIRTEEN

5th Anniversary presents

IKKIUCHI-拾参番勝負-

0801() 高田馬場CLUB PHASE

 

開場17:00 / 開演17:30

前売¥5,000-(税込・D)

 

出演:The THIRTEEN / ハイダンシークドロシー

 

問:高田馬場 CLUB PHASE 03-5911-2777

 

今後の社会情勢の変化により

公演中止・延期の可能性もございますので予めご了承下さい。

 

★チケット:

一般チケット発売日:7/18(日)10:00より、ローソンチケットにて発売。

https://l-tike.com/ikkiuchi/

購入URLは発売日時まで閲覧できません。

7/2(金)13:00より、

The THIRTEEN MOBILE先行チケット発売開始!

受付URL:近日発表

受付期間:7/2(金)13:00~7/4(日)23:59

購入URLは発売日時まで閲覧できません。

 

====================

 

★The THIRTEEN OFFICIAL SITE★

http://www.the-thirteen.com/

★ハイダンシークドロシー OFFICIAL SITE★

https://hsd.tokyo/


2021年06月23日 (水)

【道化て鴉】新メンバーが加入、6月25日(金) には福岡INSAにて主催イベント開催!

NEWS - 20:00:57

福岡を拠点に活動する「道化て鴉」に、新メンバー・BASS.三島ヱリカが加入した。

6月25日(金) には福岡INSAにて主催イベントを行い、そこで初お披露目となる。

バンドからコメントも到着している。

 

====================

 

■バンドよりコメント

 

いつも道化て鴉を応援いただき誠にありがとうございます。
この度、新メンバーとして「三島ヱリカ」が加入致しました。
今後とも道化て鴉を何卒よろしくお願い致します。

 

====================

 

■LIVE予定

 

——————————-

2021年6月25日(金)
道化て鴉 × Escape from Tomorrow Presents
takuya&TAKAHIRO Birthday Live
「大乱闘キュウシュウブラザーズ」
@春吉INSA

OPEN 16:30 / START 17:00
ADV ¥3,500 / DOOR ¥4,000(別途DRINK代)

——————————-


7月25日 福岡DRUM Be-1
8月4日 新宿某所(後日詳細解禁)
8月21日 天神graf

 

====================

 

●MEMBER

takuya

▲Vocal.takuya
https://twitter.com/takuyadokekara

rito

▲Guitar.rito
https://twitter.com/ritoritori

erika

▲Bass.三島ヱリカ
https://twitter.com/erika_mishima

 

 

★道化て鴉 OFFICIAL Twitter★

https://twitter.com/dokekara_staff