NEWS

2019年08月08日 (木)

Share on Facebook
LINEで送る

【石月努】フルアルバム『SAFARI WORLD』8月13日リリース。アルバムツアー『SAFARI WORLD TOUR』も開催決定!

NEWS - 01:20:44

FANATICCRISISとして活動を経て2012年からソロ・アーティストとして活動を続けている石月努が8月13日にフルアルバム『SAFARI WORLD』をリリースする。 

 

ソロとして始動以来、驚異的なペースで音源をリリースしてきた石月努だが、今回も5月1日リリースされたミニアルバム『TSUTOMU ISHIZUKI NEW MINI ALBUM 『創生記』 から約3ヵ月という短いインターバルでのリリースとなる。

タイトルは『SAFARI WORLD』。

“SAFARI”はアラビア語で旅行を意味する。

 

広大な音の大陸を石月努がさまざまの音を狩猟して旅をしてく……

音聴く前から勝手にそんなイメージを膨らませてしまうようなタイトルだ。


収録曲は全10曲。

タイトルチューンの「SAFARI WORLD」は石月努の真骨頂ともいえるメロディアスなチューン。

しかしそこに綴られている言葉は 甘美な愛の言葉でなく、混沌としたの描写だ。冷静さを保ちながらも石月の辛辣な言葉が胸に刺さる。

またシリアスな歌詞とは裏腹に8ビートの レトロゲームマシーンのような0’sなサウンドメイクに石月の普通じゃなさがよく表れている。
ジェットコースターのように目まぐるしく展開し、ボーカロイドとの共演という意表をつく楽曲「摩天楼と薔薇と名もなき花に。」はまさに石月努節ともいえる。



ハートフルなラブソング「STARS」。平易な言葉ながら奥行きを感じさせるポジティブソング「テレパシー」など、石月が日常で感じたことをダイレクトに アウトプットして表現するという自身のカーボンコピーとも言える作品たちが並ぶ。

石月の複雑な人格を反映して(?)、収録楽曲もジャンルレスのものになっている。
特にサウンドメイクはプリミティブなワールドミュージック、8ビットのゲームマシーンのようなレトロテクノサウンド、重厚なコーラスワーク、ボーカロイド、 そしてバンドサウンドと、羅列して書き出すと無節操に思えるが、石月努の独特なボーカルスタイルと、彼が吐き出す裸の言葉が横串として刺さっていることで
アルバムに散漫さは一切ない。

 

またアルバムを受けてのツアーも決定している。

各会場2部制になっており、音像で感じるSAFARI WORLDとはまた違った感覚で 感じられるはずだ。

アルバムを聴き込んで是非、ライブにも足を運んでほしい。

 

====================


フルアルバム『SAFARI  WORLD』8月13日リリース

【オフィシャルサイト限定盤】
MSTI-0002

01. PARK  (feat . Ken  Ayugai)
02.SAFARI  WORLD
03.
摩天楼と薔薇と名もなき花に。
04.
さよならはまだ早い。
05.STARS
06.
戦場に咲いた花 (feat. Mary  Banri)
07.HUMAN
08.
テレパシー
09.VENUS
10.
ケセラセラ


TSUTOMU ISHIZUKI
LIVE tour 2019
SAFARI  WORLD  TOUR

8
17() 京都MOJO
8
18(日)名古屋HeartLand
9
1日(日)横浜O-Site

【開場/開演】
1
部 開場14:00/開演14:30
2
部 開場17:30/開演18:00
https://ticket.line.me/events/2439
https://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=3C120122

【お問い合せ】
8
17日京都MOJO
SOGO OSAKA
 06-6344-3326 (平日11001900*土日、祝日を除く

8
18日名古屋HearLand
サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(全日10001800

9
1日横浜O-SITE
SOGO TOKYO
 03-3405-9999(月~ 12:0013:00, 16:0019:00)*日曜、祝日を除く