NEWS

2019年08月28日 (水)

Share on Facebook
LINEで送る

【有村竜太朗】<ACOUSTIC LIVE「Op.」>初日、東京キネマ倶楽部閉幕。29日、大阪公演がスタート!

NEWS - 22:33:01

Plastic Treeのボーカリストとして活動する傍ら、2016年からソロワークをスタートさせた有村竜太朗。

そんな彼がこの夏、アコースティックセットでのソロライブ“ACOUSTIC LIVEOp.を開催(都内2ヶ所&大阪1ヶ所。いずれも昼の部と夜の部の12公演)

涼しげなアレンジでしっとりと持ち曲を歌い上げた。

 

初日となったのは822日の東京キネマ倶楽部。

ここでは15時開演の昼の部の様子をお届けしよう。

 

会場となった東京キネマ倶楽部だが、ここは有村竜太朗が大好きなライブハウスと公言している。

レトロなキャバレーの香り漂う独特の雰囲気で、Plastic Treeとしても毎年ハロウィンライブを行っており、ファンにとってもなじみ深い場所である。

 

この日はフロアに椅子席が設けられ、じっくり音楽が楽める仕様。

ステージと客席の距離感も密接で、生音を楽しむには完璧なシチュエーションだ。

まずはステージにバンドメンバーの野村慶一郎(Key/Mani)、中条幸一(Acc)、青月泰山(Vc)、emyu(Vn)4人が登場。

ほどなく、開演を告げる上映ブザー音が響き、場内は暗転。

舞台下手から白い衣装に身を包んだ有村が現れ、ステージセンターのスツールに、ふわりと腰掛ける。

 

それからギターを手にして、さりげなく1曲目の「浮融/fuyuu」へ。

背景にはサンドアートの映像が映され、温かみのあるサウンドと溶け合いながら進行。

サンドアートは大人のような胎児のような、不思議な人物の姿を描き出す。

このサンドアートを担当したのはSILT(シルト)というサンドアートパフォーマンス集団。

これまでも、アーティストのライブ演出や広告映像に多数参加してきたので、彼らの作品に触れた人も多いはずだ。

今回の公演では、非常に重要な役割を果たしていると思う。

 

 2曲目の「猫夢/nekoyume」は、アコースティックながら、弾むようなノリ。

有村も左足でリズムを取って曲に入りこんでいく。

 

 ちなみに、セットリストは個人作品集1996-2013「デも/demo」と個人作品集1992-2017「デも/demo #2」の収録曲だ。

このあとも「くるおし花/kuruoshibana」や「鍵時計/kagidokei」など、2作品からの曲が次々と演奏されていく。

MCも一切ナシ。

ゆえに、ライブそのものが、非現実的な世界に感じられた。

 

 中盤ではバンドサウンドの印象が強い「色隷/shikirei」で、躍動感を作り出す。

かと思えば、「日没地区/nichibotsuchiku」の出だしにはひぐらしの鳴き声を流し、夕暮れを演出。

アコーディオンのイントロが響くと、照明も夕焼け色になってステージを照らした。

観客の多くは、それぞれが思い描く懐かしい夕焼けを思い浮かべたはずだ。

 

 後半へのラストスパートは「19/jukyusai」。

バンドアレンジではノイジーなギターが降り注ぐのだが、ここでは内に秘めた熱がジワジワあふれ出すようなパフォーマンスとなった。

さて、残るはあと2曲である。

 

 続いてプレイされた「恋ト幻/rentogen」では、再び冒頭のサンドアートで描かれた人物が背後に浮かんでくる。再び冒頭の緊張感に戻っていくような、不思議な感覚だ。

 

そして、ラストの「憑影と月風/tsukikagetotsukikaze」では、曲に合わせ、サンドアートで様々な月が描かれていく。

楽曲の世界観と融合する演出は見事だった。

 

 曲が終わり、バンドメンバーがステージを去ると、有村はひとり、深々と一礼。

ライブを締めくくった。

 

 暖かい拍手の中、客電が点いたが、観客は急に現実に引き戻されたように、戸惑い気味。

ここは、もう少し余韻に浸りたいところだ。

誰も席を立たず、アンコールの手拍子が起こる。

有村は声援に応え、再びステージへ。

しかし、「もう曲がないんです(苦笑)。また同じ曲でいいですか?」と前置きして、弾き語りバージョンで「くるおし花/kuruoshibana」を切々と聴かせた。

終演後、会場を出ると、夏の終わりの夕方らしい空気が漂っている。

早い時間のライブもまた粋だなと感じた。

 

 ちなみに夜の部では、有村は赤のアジア風衣装にチェンジ。

雰囲気を変えるという気配りを見せ、ダブルヘッダー公演を見事に完遂。

ノスタルジックなアコースティックサウンドと、記憶や思考を刺激する有村竜太朗の歌詞、そして哀愁漂う東京キネマ倶楽部の空気によって、夏の終わりにピッタリの公演となった。

 

文:海江敦士

 

====================

 

《公演情報》

 

ACOUSTIC LIVE Op.

2019829() 味園ユニバース(大阪府)

<昼の部> 14:00 / 15:00

<夜の部> 18:00 / 19:00

 

201993() Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(東京都)

<昼の部> 14:00 / 15:00

<夜の部> 18:00 / 19:00 (Sold Out)

チケット料金前売り¥5,800(税込)

3歳以上有料

*全席指定

1ドリンク代別途

 

====================

 

《リリース情報》

 

2019612日全国発売DVD

有村竜太朗 TOUR2019 「デも/demo #2-Road Show-

価格:¥6,400(税抜き)

発売元:()ブロウグロウ

販売元:()ソニー・ミュージックソリューションズ

 

有村竜太朗オフィシャルサイト:https://arimuraryutaro.com