NEWS

2019年09月09日 (月)

Share on Facebook
LINEで送る

【ライヴレポート】2019年8月25日 東京・渋谷ストリームホール<メリー東京圏沿線GIG #1 敷かれたレール ~銀座線編~>◆熱い夏を駆け抜けた東京圏沿線GIG 銀座線シリーズの続編、#2 中央線編が決定!

REPORT - 18:11:22

 

825日、東京・渋谷ストリームホールにて、メリーが〈メリー東京圏沿線GIG #1 敷かれたレール ~銀座線編~〉と題された今夏のツアーの終点を迎えた。本ツアーは、その名の通り、銀座線沿線の会場に絞り込んでメリーがライヴを披露するという趣向。727日の浅草花劇場FC限定公演を皮切りに、銀座、上野、新橋、赤坂、青山、渋谷の計7会場8公演に及んだこの旅は、銀座、新橋、赤坂で全編アコースティック形式のショーを開催するなど、各会場でバラエティに富んだ夏の名場面を生み出した。

 

 ツアーファイナルに先立って、筆者は814日の新橋BLUE MOODアコースティック公演を観たのだが、ガラ(Vo)、結生(G)、健一(G)、テツ(B)、ネロ(Dr)のメンバーに加え、サックス奏者1名を交えたアコースティック編成で綴られるメリーの楽曲の数々は、選曲、ムード、アレンジセンスのどれもが上質だった。洗練されたライヴ・レストランで、着席スタイルにて鑑賞するメリーの音楽は格別で、ステージ上のメンバーとの近さもファンにとって貴重な思い出となったはず。この日は、たとえば、情景が間近に迫るような「チック・タック」や場末の香り漂う「東京テレホン」などが絶品で、観客は思わず息を呑むほどだった。

 

予定外のダブル・アンコールでは、意外なアレンジが施された「Midnight Shangrila」に挑み、オーディエンスを楽しませた彼ら。このアコースティック形式の公演では、いつものメリーの情趣とはまた異なった魅力が全編に溢れている。こうした形でのライヴを定期的に観たいと願わずにはいられなかった。

 

 そして迎えた銀座線シリーズ最終夜、825日の渋谷ストリームホールは、セットリストの半数に及ぶ楽曲に3名のホーン隊が参加した豪華な編成。このシリーズのために書き下ろされたSEの煌びやかなメロディーで幕を開けると、そこから先は、メリーの真骨頂と呼ぶべき、湧き上がる爽快感と染み入るエモーションがたまらないライヴとなった。

 

Toxicosis Island」で場内はいきなり興奮状態に陥る。「Zombie Paradise~地獄の舞踏曲~」「BLUESCAT」「歌声喫茶『モダン』」と彩り豊かに目まぐるしく放たれる楽曲が心地よい。書き残しておきたい場面は山ほどあるのだが、このツアーファイナルでは、自然と体を揺らしたくなるような、メリー特有の躍動感が光っていたように思う。本編中盤の「sheeple」で見せたハジけた狂気なども見どころで、ホーン隊が退場した後に「F.J.P」や「消毒」などの激しいチューンを勢いよく繰り出した姿にも惹かれるものがあった。本編ラストの「最後の晩餐」の余韻のなか、5人のメンバーの表情が達成感に満ちていたのが何よりの光景。素晴らしいライヴを観ていると、時間が経つのがあっという間に感じられるものだが、この夜のメリーの演奏にはまさしくそんな迫力があった。

 

 まだまだメリーの曲を聴き足りないオーディエンスが夢中で手拍子を鳴らし続ける。その声援に応え、アンコールでも勢いを緩めることなく、「Charlie」「sweet powder」「[human farm]」などでパンキッシュに夏の終わりの思い出を刻むメリーのメンバーたち。アンコールの最後にホーン隊を呼び戻して爆発させた「不均衡キネマ」の気持ちよさは何事にも代えがたいものがあった。レトロな風合いとギラギラの猥雑さが入り混じったメリーならではの領域を感じた。

 

この曲が着地すると同時に、SEの生演奏が鳴り響くと、ガラがホーン隊を含めたメンバー全員の紹介を始め、フロアに向けて大きな声を放った。「そして、乗車してくれた皆さん、ありがとう! それでは皆さん、次回の中央線で会いましょう!」彼の口から唐突な嬉しい告知がなされ、この日最大級の歓声に包まれるフロア。「今日はめちゃくちゃ気持ちよかったな!」とニヤリと笑みを浮かべたガラをはじめ、メンバーそれぞれが満ち足りた表情でフロアの熱気に応える。その後、予期せぬダブル・アンコール「絶望」が炸裂、濃厚な銀座線シリーズは見事な終点に至った。

 

 そんな渋谷での最終夜、メリーは次なる動きを発表している。ガラがMCでも触れたように、銀座線シリーズの続編となる〈メリー東京圏沿線GIG #2 ドリームキラー ~中央線編~〉の開催が決定。1011()Hachioji RIPSから始まり、202028()神田明神ホールまで続くこのツアーの第一弾詳細が発表された。

 

メリー初のオールナイト公演、ハロウィン時期にはサブタイトル(Merry Halloween Party 2019 Trick or MERRY)が付いておりメリーらしい思考を凝らしたライブになるにでしょう。無論、全公演乗車に乗り遅れないように。

 

また、117日に恵比寿LIQUIDROOMにて開催される〈メリー18周年記念公演「ノスタルジヰ」〉の客演の詳細も発表された。メリーとぶつかり合うのは、活動休止から13年を経て今年復活したdeadman。彼らのサポートを務めるテツがこの日2ステージの演奏を披露する点にも要注目だ。

 

 なりふり構わず狂い咲くメリーをもっと観たい。歌と曲というシンプルにして最大の武器で、素敵な光景を見せてくれる彼らのことをもっと追いかけたい。熱い夏を駆け抜けたメリーの秋以降の活動にも期待が膨らむ銀座線ツアーファイナルだった。

 

TEXT BY 志村つくね 

PHOTO BY 中村 卓

 

 ====================

 

メリー東京圏沿線GIG #2 ドリームキラー ~中央線編~

10/11()Hachioji RIPS

10/18()吉祥寺SEATA ※オールナイト公演

10/25()立川BABEL

10/29()高円寺ShowBoatMerry Halloween Party 2019 Trick or MERRY~)

10/30()中野MOON STEPMerry Halloween Party 2019 Trick or MERRY~)

2020

1/05()新宿ANTIKNOCK

1/12()四谷OUTBREAK!

1/13(月・祝)市ヶ谷Honey Burst

1/18()水道橋Words

1/19()Zher the ZOO YOYOGI

2/08()神田明神ホール

 

<チケット>

オールスタンディング:前売り ¥5,000(D)

 

10月公演

MERRY MEMBERS CLUB CORE会員対象先行販売

受付期間:9/11()12:009/16(月祝)23:59

MERRY ONLINE会員対象先行販売

受付期間:9/17()12:009/25()23:59

■メリーオフィシャルHP先行販売(イープラス)

受付期間:9/22()12:009/25()23:59

■一般発売:10/3()

 

20201月公演

CORE先行受付は11月初旬を予定

 

 

メリー18周年記念公演

「ノスタルジヰ」

11/7() 恵比寿LIQUIDROOM ※客演有

 客演:deadman(guest musician:Ba.テツ/Dr.晁直(lynch.)

11/23() 神戸 クラブ月世界 ※単独公演

11/24() 神戸 クラブ月世界 ※単独公演

12/28() 愛知 豊橋市公会堂 ※単独公演

 

VERY MERRY CHRISTMAS 2019 CORE Premium Night

12/24()新横浜NEW SIDE BEACH!!

 

ライブに関するお問い合わせ

NEXTROAD 03-5114-7444(平日14:0018:00)

 

■メリー公式サイト http://merryweb.jp/