NEWS

2020年03月21日 (土)

Share on Facebook
LINEで送る

<インタビュー>【David】びじゅなび連載第二回!妥協なき活動への強い決意と、その心の表れ<Davidの六芒世界へ〜Vol.2>2020年連続リリースの第一弾・第二弾発売記念詳細を公開!

NEWS - 19:00:11

びじゅなび読者の皆様を「David」の六芒世界にいざなう連続企画。
今回、3周年を迎えた「David」が新たに掲げた「Gothculture」というコンセプトのもと、1年がかりで体現する壮大な物語を綴るということでびじゅなびの全面協力で実現した特別企画である。
「Gothculture」ストーリーのを全6部作でリリースすることや、その第一弾・第二弾を記念した主催イベントとショートワンマン公演ツーデイズの発表をしたばかりのこのタイミングで、今まで触れることのできなかった「David」の全貌を広く皆様に触れていただこうというものだ。

 

——————————-

★連載第一回の記事はこちら★

http://www.visunavi.com/news/358024/

 ——————————-

 

ただのインタビューや記事にとどまらず、妥協のないこだわりを貫く世界観や楽曲はもちろんの事、活動への想い、そして楽曲に込められているメッセージ、綴り続ける六芒世界の根底や創造主である「SUI」のパーソナルな部分までも丸裸にしていきます。

 

昨今のシーンにおいて、ここまでの世界観・楽曲・コンセプト・衣装やアートワークに至るまで、妥協することなく徹底し、こだわり抜いているアーティストは類を見ないと言っても過言ではない。
そんな印象から筆者の主観を元に、プロジェクトの中心人物でもありDavidの掲げる六芒世界の創造主であるSUIと、Davidの楽曲を支えるJointArtistにも協力していただき、深く深くその魅力を掘り下げていく。

 

第二回は「David」の活動に対する決意やスタンス、そして本格的に動き始めたライヴや作品について聞いてみよう。

 

====================


■第二回のインタビューとなりますが、予想外のボリュームに大反響をいただきました。
今回も大ボリュームでいかせていただきたいと思います。
第一回で語られた「自身のご縁から大舞台でのステージやサポートを受けての活動開始」となりましたが、初の作品はセルフプロデュースでのリリース。
これはかなりの覚悟のいる選択だったのではないですか?

 

SUI:もともと、その展開を考えた上での活動だったので不安はありませんでした。
初めての事は少なかったのですが、自分自身の手で全ての舵を握る事に関しては初めてだったので背負うものは大きかったです。
バンド時代も、始めた当初は事務所に所属せず自主で運営していた時代はあったものの、その時とは規模感も何もかも異なるので。

 


■バンドからソロという選択も一つの転機ではあったと思いますが、
自分の力で活動することを選んだのは、更に大きな転機になったのではないですか?

 

SUI:ソロアーティストにも様々な形態がありますが、基本的には自分一人で完結出来る活動をしています。
もちろんライヴやレコーディングでは信頼できるミュージシャンの協力を得ていますし、そのエッセンスも注いでいただきます。
でも、それ以外は自分で構築する事に意味を見出しているので、アーティスト写真やPVも基本1人です。
そうでなければ、ソロアーティストの意味がないと思っています。

 


■自分と向き合うこともバンド時代に比べて多くなったと思うのですが
ソロになったことで見つけられた自分って何かありましたか?

 

SUI:自分の拘りを1から10まで表現していったら、自分って癖が強めな方なのかな?と思っていたりします(笑)
こればかりは周りに聞いてみないと分からない事ですけどね。

 


■バンドであればメンバー、事務所所属などであればスタッフなど意見をぶつけ合う事もできると思うのですが
ソロでの活動になってからは、どのようにして確信を得ていましたか?

 

SUI:正直、今も迷う事はたくさんあるし難しいです。
でも、悩んで決めた事に対して賛同があると確信の根拠になっていきます。
構築しつつ、時には崩しての繰り返しです。

 


■ソロになってみて初めてやったことって何かありましたか?

 

SUI:全作詞、作曲は基本、ソロである事の拘りの1つなので続けています。
後は、時に楽器隊を従えずに一人でステージに立ったり。
これからも挑戦は続けていきたいです。

 


■ボーカリストとしてバンドとソロで違いを実感したところはありますか?

 

SUI:良い悪いではなく、同じ人数でステージに立っていても表現の手段が違いますね。
俺個人で言うなら、バンドだとよりアグレッシブに、ソロだとより繊細に。
どちらも、それぞれでしか得られないものがあると思います。

 


■初めてのリリースとなった「Requiemage」のテーマを教えてください。

 

SUI:「Requiem(鎮魂)」と「Mage(魔術)」を組み合わせた造語です。
こうやって言葉を作るのも好きだったりします。
亡き者(物)を自らの手によって蘇らせるという意味をもっています。

 


■「David」ではどのように曲を仕上げていくのですか?

 

SUI:メロディー先行でそこからイメージを広げていくパターン、
リズムとコード進行から広げていくパターンのいずれかですね。
前者の方が迷いなく制作が進みます。

 


■楽曲に対して作曲からジャッジまで自身でやると、永遠に完成しない気がしますけど(笑)

 

SUI:自分の中での線引きはあるつもり…です。
そこは運営的な面も握っているからこそ、デッドラインは守っているつもりですが、結局際どいところまで拘ってしまうのは性です。

 


■正直バンドでは作れないものは作れました?

 

SUI:作れています。
バンドはメンバーにしかできないものが合わさったものであって、比較も出来ません。
だからこそ、バンド時代しか知らない、または全く知らない人にも俺のエッセンスが100%生かされた楽曲に触れて欲しいなと思います。

 


■今回もこの企画と共に動画を公開していただいていますが
Davidの楽曲を演奏したり公開することに思う事はありますか?

 

SUI:Davidは3年間活動こそしていますが、未だライヴは1本1本貴重なものです。
この機会にその歩みに少しでも触れていただけるなら、それはとても嬉しく思います。

 


インタビュー / 文章
神崎 要


===================

 


◆最新LIVE情報
2020年連続リリースの第一弾・第二弾発売記念の主催・ワンマン2DaysLIVE詳細公開!


—————————————-
【公演日】2020年6月24日(水)
【会 場】大塚Hearts+
【公演名】David Gothculture First Act発売記念EVENT
「Nightimage eve」
【時 間】開場16:45/開演17:15
【料 金】前売4,000円(D別)/当日4,500円(D別)
【出 演】David / AIOLIN / GE+IM / 蘭図 / 戮
※全アーティスト35分ステージ
【チケット】
■A:プレリクエスト
先行受付期間 5/2(土)12:00~5/9(土)23:59
※お1人様8枚まで
当落確認/入金発券期間 5/12(火)15:00~5/14(木)23:00

■B:ローソンチケット一般 5/16(土)より発売開始!
※お1人様8枚まで
共通販売ページ
https://l-tike.com/nightimageeve/
※チケット販売開始のタイミングより販売ページが表示されます。
【入場順】A→B→当日券
—————————————-


—————————————-
【公演日】2020年6月25日(木)
【会 場】大塚Hearts+
【公演名】David Gothculture Second Act発売記念ONEMAN
「断章」
【時 間】開場18:30/開演19:00
【料 金】前売4,000円(D別)/当日4,500円(D別)
【出 演】David(66min Limitedワンマン)
【チケット】
■A:先行チケット 4/24(金)浦和Narciss公演終了後発売開始!(A1-A66) 1人2枚まで
※最後尾並び直し可

■B:一般チケット 5/2(土)よりローソンチケットにて発売開始!(B1-) 1人4枚まで
販売ページ
https://l-tike.com/david/
※チケット販売開始のタイミングより販売ページが表示されます。
—————————————-


◆Release情報
Vocalist SUIのソロプロジェクトDavid(ダヴィデ)が
3rd Anniversaryの節目に提示した「Gothculture」というコンセプトに基づくストーリーを
2020年を通し6つの作品にて表現。
各取扱店にて順次予約受付開始!

第一弾
—————————————-
【発売日】2020年4月29日(水)
【タイトル】First Act「Gothculture -Nightimage-」(ゴスカルチャー・ナイトイマージュ)
【収録曲】完全新曲含む3曲入り(完全限定盤)
【価格】¥2,200 (TAX IN)
【発売元 / 販売元 / 品番】Resonance / FWD / RDCD-012
—————————————-
※制作段階につき、内容及び特典は予告なく変更・追加のおそれもございます。


第二弾
—————————————-
【発売日】2020年5月27日(水)
【タイトル】Second Act「Gothculture -断章-」(ゴスカルチャー・ダンショウ)
【収録曲】完全新曲含む3曲入り(完全限定盤)
【価格】¥2,200 (TAX IN)
【発売元 / 販売元 / 品番】Resonance / FWD / RDCD-013
—————————————-
※制作段階につき、内容及び特典は予告なく変更・追加のおそれもございます。


■両タイトル共にOfficial Store直販あり(Storeのみの限定Ver販売予定)
Wizard Store URL
https://wizardstore.stores.jp/


◆PICK UP LIVE
—————————————-
【公演日】2020年4月24日(金)
【会 場】浦和Narciss
【公演名】Davidクラウドファンディング成功記念招待制公演『Reason for existence -Japan-』
【時 間】開場17:30 / 開演18:00
【料 金】招待制(D代別途1,000円)
【出 演】
・David(60分ステージ)
JointArtist
Gt:erina Ba:Яyu(Ashmaze.) Dr:Syu

・Start Act
Astaroth / the Reveude-リヴード-

【チケット】
A:招待状(ご本人様のみ1枚迄、Eメールにて申し込み)

・宛先
info.wizard.store@gmail.com

・件名
「招待状申し込み」

・必要事項
お名前、ご連絡先お電話番号。

折り返し招待状画像をEメールにて返信させていただきます。
※予定枚数上限に達し次第、終了となります。
※入場整理券のお引き換えを当日の17:00よりナルシス受付にて行います。(番号No.1~シャッフル)

B:当日入場
開場時間以降、お越しいただいた順にご案内となります。
チケット等は不要です

【入場順】A/招待状→B/当日入場(開場時間以降キャパシティに達するまで)
【問合せ】浦和Narciss : 048-824-0647
====================

 

<関連リンク>

★David OFFICIAL SITE★※リニューアル中
https://davidofficial666.wixsite.com/david

★SUI OFFICIAL Twitter★
https://twitter.com/_David_SUI

★David OFFICIAL YouTube★
https://www.youtube.com/channel/UCqf-zKVCmz_kTQHnbX6SgRg