NEWS

2022年05月27日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

【ライヴレポート】<The Benjamin 7th ANNIVERSARY ONEMAN SHOW『Bark in the New Garden』>2022年5月7日(土)原宿RENON◆次回のワンマンのチケットは明日発売開始!

NEWS - 18:00:39

3月にリリースしたシングル『Bark in the Garden』で、大きくバンドの印象を変えたThe Benjamin。

バーバラ(The Benjaminファンの総称)もそうでない人も、その変貌ぶりに驚いたはずだ。

そして迎えた5月7日、「7th ANNIVERSARY ONEMAN SHOW『Bark in the New Garden』」。

見事ソールドアウトした原宿RENON(現・原宿RUIDO)で、これまでの歴史を礎にした最新の自分たちの姿を見せてくれた。

 

 

記念すべきライヴの一曲目を飾ったのは、もちろん「Bark in the Garden」。真っ赤な照明が気合いあふれるMineyを映し出す。

その横で吠えるMashoe。Tackyの表情からは内に秘めた闘志がうかがえる。

結成時からポップな曲調で明るく前向きなメッセージを届けてきた彼らが、7周年を前にしてこの曲で怒りをあらわにし、攻撃に転じた背景にはコロナ禍という特殊な事情もあった。

彼らは、不条理な世の中で吠えることを選んだのだと言えるだろう。

 

 

5周年、6周年と記念ライヴもできないまま迎えた7周年のこの日、この曲にかける想いは相当なものであったことは想像に難くない。

同時に緊張もあっただろうが、それを上回るような気迫が3人からは感じられた。

 

 

「今ここで思い切り楽しむことが大事です!」とMineyが力強く呼びかけて「ベンガルタイガー」が始まると、オーディエンスは頭を激しく振って応える。

そのまま激しくもムーディにMineyが魅せたのは「ビルディング」。

続く「バズーカをぶっ放せ」では、メインヴォーカルをとるTackyが、凛々しい表情で真正面を見据えて「ぶっ放せー!」と気合いをぶつけてくる。

この日のTackyは、鋭い表情や目つきから、熱い思いをたぎらせながらライヴに臨んでいるのがひしひしと感じられた。

 4.Tacky

 

ピアノのおしゃれなイントロからガラッと世界を変えて「バリケード」が始まる。メインヴォーカルはMashoe。繊細で美しい世界の中をエモーショナルな歌声が突き進む。

曲によってメインヴォーカルが変わり、メンバー3人ともが歌うのがThe Benjaminの特徴。

それぞれの得意とする曲調を歌い分けることで、バンドの世界を広げ、魅力的なものにしている。

 

 

Mashoeメインヴォーカルの曲が続き、「ベルガモット」をドラマチックに歌い上げると、「Broaden my Spot」ではポップに会場を揺らす。

激しいシャウトで吠える一方、キュートな一面を見せたり、温かみのある歌声を聴かせたりと、Mashoeはべースのプレイ以外にも幅広い表情を持つ。

 3.Mashoe

 

MCでこの春の自分たちの変化に触れ、新たな方向性は間違っていないという確信を口にしたMiney。「まだまだ進化します」という言葉は、自信の現れと可能性の証だ。

不穏な空気を漂わせる「Babel」から、「Big Ben is ringing by The Man(大鐘を鳴らす男)」へと、曲ごとの世界観を音で描写するような曲が続く。

さらにMashoeの手による「望遠鏡」では、ロマンティックな情景と心情を描写した歌詞が、リアリティのある甘酸っぱい恋愛を描いた。

 

 

そして、1stアルバム『BEGIN』の最後を飾る名バラード「バトンタッチ」へ。明日の自分に向けて「バトンタッチ」するという歌詞には、常に前を向いて進んでいくこと、その先に幸せがあること、未来への可能性を信じること、そんな彼らのメッセージが詰まっている。

たとえ不安があったとしても、明日の自分に手を差し伸べることができるように、The Benjaminの音楽は聴く人を勇気づけてくれるのだ。

 

 

ここまでの手応えを「パーフェクト」と表したMineyは、後半戦に向けて「やっちまおうぜ!」と煽る。

「ビックリ箱」が始まると、Mashoeの荒々しい声がオーディエンスに火をつけ、メインヴォーカルをとるTackyがそこへ参戦。フロアは振り乱される髪がいっぱいになり、会場全体に荒々しい空気が広がった。

けれども、激しくノリノリになっても攻撃的なだけで終わるのではなく、楽しくはしゃげるのがThe Benjaminのライヴの楽しいところ。「BumbleBee」や「BATTLE FEVER」では、今できる可能な限りのはしゃぎっぷりでフロアは沸いた。

2.MIney 

 

「最高のアニバーサリーです!」とクライマックスに近づき、Mineyの様子に感激しているのが見て取れる。

全開の笑顔で感情をあふれさせているMineyの隣で、Tackyも笑顔でノビノビとステージを楽しんでいる。

そこに流れるのは、Mashoeの歌う「ブーツを脱いで」。ちょっぴり切なくも温かい、光と幸福感に満ちた空気が満ちる。

 

 

The Benjaminは7周年だが、以前から共に活動してきた3人のつながりは15年にも及ぶという。

Mineyがそんな歳月を振り返り、そして「何度でも足を運びたくなるようなライヴをする」という未来への決意を語ったところで、本編ラストは「SORA-Boing229-」。

イントロが始まると、目の前の世界が遠く高く、だんだん広がっていくかのような心地よさに包まれる。

ステージの上の3人も気持ちよさそうに曲の世界を味わいながら、オーディエンスへと届けていく。

「ひとつになってみようか!」というMashoeの言葉どおり、ステージへ向けられた手が最高のシーンを美しく彩っていた。

 

 

アンコールに登場した3人はすっかりリラックスした表情。ワンマンの成功を確信し、喜びにあふれている。

そんな中、Mineyが語ったのは、今日がスタートであること。大切な節目である記念日ではあるが、大きな変化を遂げた彼らはまだ始まったばかり。

何年バンドを続けようと、彼らはカッコいいバンドであることをひたむきに更新し続けている。

 5.Sub

 

さらなる第一歩目となる新曲「Bridge of Rainbow」を披露すると、まだまだ前進し続ける気持ちを、まずは7月16日の池袋EDGEでのワンマンへとつないでいくことを告げる。

さらに11月には所属事務所BadeggBoxが10周年を迎えるなど、前進し続けるどころか、加速していきそうな勢いだ。

彼らに後れをとらないように、今ここで、The Benjaminをしっかりマークしておこう。

 

 

文:村山 幸
写真:米田 光一郎

 

====================

 

<SETLIST>

 

The Benjamin
7th ANNIVERSARY ONEMAN SHOW
「Bark in the New Garden」
2022.05.07
原宿RENON

 


1. Bark in the Garden
2. バーニングブライト
3.ベンガルタイガー
4.ビルディング
5.バズーカをぶっ放せ
6.バリケード
7.ベルガモット
8.Broaden my Spot
9.Babel
10.Big Ben is ringin’ by The Man
11.望遠鏡
12.バトンタッチ
13.ビックリ箱
14.BumbleBee
15.BATTLE FEVER
16.ブーツを脱いで
17.SORA-Boeing229-
en.
18.ビスケット
19.Bridge of Rainbow
20.バーバラ

 

 

====================

 

<映像情報>


The Benjamin
7th ANNIVERSARY ONEMAN SHOW
「Bark in the New Garden」
2022.05.07 原宿RENON ダイジェスト
https://youtu.be/UxacNV93YDM

「Bark in the Garden」MV FULL
https://youtu.be/qwoZ-bXp2CM

 

 

====================


<ライブ情報>


5月に行われた7周年記念ワンマンをソールドアウトさせ勢いが増すThe Benjaminがすかさず新しいテーマにてワンマン決定!
なんとビギナーズチケットは500円、当日券は無料!

…………………………………………

タイトル:
The Benjamin ONEMAN SHOW
「Bridge of New Rainbow」

 

公演日:2022年7月16日(土)
会場:池袋EDGE
東京都豊島区南池袋1-23-6 KDG池袋ビルB2
開場/開演:18:00/18:30
※開演開場時間の変更に関するチケットの払い戻しはございませんので予めご了承ください。

…………………………………………

出演:The Benjamin
サポートドラム:Shinsaku

…………………………………………

チケット/料金
●一般チケットA[ビギナーズチケット](ライブ会場物販)
料金:500円 Drink代別
一般発売日:2022年5月28日(土)
チケットNo.A001-
※スペシャルピクチャーチケット

 

●一般チケットB[ビギナーズチケット](TICKET PAY)
料金:500円 Drink代別
一般発売日:2022年5月28日(土)
入場券:TICKET PAY
チケットNo.B001-
購入URL:
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=38412

 

●当日券
料金:0円 Drink代別

入場順:番号順:S→AB並列→当日券
主催/企画/制作:BadeggBox
問い合わせ:会場

 

====================


★The Benjamin オフィシャルwebサイト★
http://thebenjamin.jp