NEWS

2022年08月10日 (水)

Share on Facebook
LINEで送る

【ライヴレポート】<ビバラッシュSUMMER ONEMAN TOUR 2022 FINAL 顔面ストッキング!!>2022年8月6日(土) Spotify O-WEST◆最上級の“アゲ”の先に見つけた未来への意志表明──「絶対見てね、俺たちの未来も」。

NEWS - 20:00:16

ビバラッシュが、6月から行ってきたサマー・ワンマンツアーを完遂! ツアー・ファイナル公演を8月6日、Spotify O-WESTを舞台に行った “アゲみ集団”を称する彼らが繰り広げた、ビバラッシュ史上最大に派手で、アゲで最高に楽しいライブの模様をお届けしよう。

0806全景

この日のライブ・タイトルは、「顔面ストッキング!!」。「楽しさの絶頂を表現したくて出てきた言葉だった」(るいまる / Vo)と、なんとも彼ららしいワードチョイスだ。こ のタイトル以外にも、会場にはツアー各地でメンバーがインスタントカメラで撮影してきた思い出写真が張り出されたり、バンドロゴを示した巨大なバックドロップがステージを覆っていたりと、ツアーの集大成に対する意気込みが至るところから感じられる。

 

オンタイムで幕を開け、メンバーが一斉に登場すると、キラキラリングが輝く満員のフロアに向けて放った「闇カワ#アゲみゾーン」で、すぐさまボルテージは爆上がり。るいまるが笑顔で「俺たちの最強のライブ、とくとご覧あれ!」と叫びあげた通り、清々しいまでの攻めのスタートだ。「ギガラバチェリハート♡」に続き、生涯現役宣言のごとく “ギャル”のパワーをテーマにした「シワくちゃギャルうぇぽん」。さらに頭上で大きくマルを作った“タピジャンプ”が揺れた「タピってチマチョゴリ」へと、臨場感はちっとも衰えることを知らない。

 

刺激を表すようにキンブレが揺れた「ビ(雷マーク)ビ(雷マーク)」(ビリビリ)では、幸村の「ファイ ナル、ぶちかますぞー!」の掛け声や“アゲみアイーン”とキメポイントでステージとフロアは見事な一体感を生む。「それいけバンギャルちゃん」「Merry-Merry-Merry-Go!!- Round☆」でもハイテンションぶりが急上昇すると、「たけのこチルドレン」でもファニーなたけのこポーズで盛り上がる中に「昨日の自分を超えて行こう!」というメッセージもしっかりと刻んでいく。そして、好きな気持ちを“どすこいポーズ”で表現した「ドス 恋!!~とある横綱系恋愛体質乙女のパワータイプラヴ~」へとぶっ続けに駆け抜けた。

 

エネルギッシュな中にも、ジッと構えて「love」で愛を届けたり、ミラーボールの光が差し込んだ水中を思わせる空間で「Century Mermaid」を聴かせたりといったロマンチッ クな表情が映える。「Blue flame」で再び熱を上げて続いたのは、バンドからの熱意を伝えるための楽曲としてポテンシャル高く進化した「FANTASTIC FLY HIGH」。「どこまでも一緒に行こう。誰一人置いていかない!ビバラッシュの手を握ってくれ、 Dreamer!(※Dreamer=ファンの総称)」(るいまる)

0806るいまる

メンバーが時折ファンへ向けて手を伸ばしながら届ける様は、実にエモーショナルだ。よりラウドにバンド力を見せる「ギャングマーチ」では、ドラムを中心にメンバーが向かい合ってガツンと轟かせるバンドサウンドにはハッとさせられる迫力がある。ポップな印象が強い彼らが楽曲の折に覗かせるプレイヤーなところもまた、ビバラッシュの魅力なのだ。

 

「ライブは、俺たちと君たちの好きが集まる場所」だと一層気合いを入れて突入した後半戦。大事な呪文として放った「オコサマジック」、祭の拍子や花いちもんめのノリを交えた「荒ぶれ!!祭囃子」を通し、ラストスパートへ向けて気持ちを焚きつけた「プリズンラボ」。そこへキラーチューン「踊らされた人生」とくれば、凄まじいほどの一体感で“楽しい”が爆発する。音とパンチのあるワードでビバラッシュ節が炸裂する中で、曲頭にいつも添えている“お前の人生お前が踊れ!”の言葉通りに彼らなりの人生論も感じられるからアツい。

 

「ラスト!」をコールし、本編を締めくくる1曲を届ける前にるいまるは会場へ足を運んでくれたことやビバラッシュを好きになってくれたことに対する、たくさんの“ありがとう”と幸せな思いを嚙みしめていることをファンへと伝えた。

 

「俺たちビバラッシュは、ライブや音楽を通してみんなの楽しいを引き出して、愛をいっぱい届けて、笑顔で溢れさせて、あなたたちの人生を少しでも幸せにしたいと思います。 君たちの人生に関わらせてくれてありがとう」(るいまる) この気持ちをすべて乗せて届けたこの日の「等身大Dreamer」の幸福感と言ったら格別だった。“100年後の僕たちも今と変わらず ワクワクしているかな?”という節を“ワクワク しているに決まってるよな!”と歌い替えたこと、これはしっかりとバンドが前を向いて進んでいる証拠だとも思えた。

 

アンコールの手拍子が起こる中、流れ出した映像で嬉しい発表があった。WINTER ONEMAN TOUR【CLIMAX】を回ることと、そのツアー・ファイナルとして2023年1月11日に恵比寿LIQUIDROOMと次なる大きな目標を掲げたのだ。これを受けてさぞ気合いの 入った姿でアンコールに登場するだろうと思った矢先……なんと顔面ストッキング姿で現れたのだから、さすがである(笑)。しかし気合いはしっかりと「ウチらは明日から本気出す」で伝えると、一人ずつストッキングを脱いでから今回のツアーの手応えを語る場面 もあった。

0806ストッキング

「今回のツアーは特に、どの箇所もファイナルの気持ちで臨んだ」と話したパーミー。ツアー中コロナ感染により2本出演が出来なかった冬也は「ステージに立てないと思った時に浮かんだのはファンの顔だった」と話した。幸村は、「Dreamerのこともメンバーのことも一層好きになった。自分の中で良いことしかなかったツアーだった」と振り返り、ベルは相変わらずの二次元アイドルオタクな思いを吐露して笑いを起こすも「例えばセットリストが同じでも1本1本ライブが違って、お客さんの気持ちも変わる。いろんな見方をする人がいる中でどう楽しませるかを考えた」という。そして、るいまるは「ここ1~2年で頭が固まった。それは、考え方が確定したっていうこと。届けたいと思った時に届けられる相手がいること、音楽に対して足を運ぶことはすごいことだと思う。俺たちは、その人の人生に触れたことになる」と、“人生”という言葉をもって強い責任感のような、フロントマンとしてのメッセンジャー力を確信したようにも感じられた。

バンド活動において、“絆”という言葉を用いるのはありきたりかもしれないが、そこか ら生まれるものが人の心を動かすことは大いにあると思う。この日のビバラッシュからは改めてそれを感じられ、“俺にはお前が居るお前には俺が居るそれだけで強くなれるさ”と いうフレーズが強く胸を打った「もろたでニッポン!」では、前進と挑戦していく気持ちを再確認。さらに「美しく咲き誇れ!」と「ダンデライオン」が輝かしいエンディングを飾った。

 

常に極上のエンターテイメントで“楽しい”を作りだしてきた彼らが、このツアーで目指した“楽しい”の先に残るもの。それは伝えるということであり、伝えた先にある答えをしっかりと胸に刻んで回ってきたことがわかる素晴らしい集大成だった。これを踏まえて、冬のツアーではたくさんの“CLIMAX”を見せてくれるだろう。そんな姿に期待を込めて、るいまるの言葉を借りて皆さんに伝えたい――「絶対見てね、俺たちの未来も」。

 

 

<セットリスト>

 

1.闇カワ#アゲみゾーン

2.ギガラバチェリハート♡

3.シワくちゃギャルうぇぽん

4.タピってチマチョゴリ

5.ビ  ビ  (ビリビリ)

6.それいけバンギャルちゃん

7.Merry-Merry-Merry-Go!!-Round☆

8.たけのこチルドレン

9.ドス恋!!~とある横綱系恋愛体質乙女のパワータイプラヴ~

10.love

11.Century Mermaid

12.Blue flame

13.FANTASTIC FLY HIGH

14.ギャングマーチ

15.オコサマジック

16.荒ぶれ!!祭囃子

17.プリスンラボ

18.踊らされた人生

19.等身大Dreamer

 

EN-1. ウチらは明日から本気出す

EN-2. もろたでニッポン!

EN-3. ダンデライオン

 

 

文 ● 平井綾子 / 写真 ●おにてん。

 

====================

 

<NEWS> 

 

本編終了後に流れた映像にて、メンバーの寸劇の中で“俺たちらしい新しい武器”として発表されたのが、VIVA RUSH WINTER ONEMAN TOUR2022[CLIMAX]だ。11月2日の池袋EDGEを皮切りに、全17公演を回る大規模ツアーとなる。こちらはなんと、全公演当日券無料というのだから驚きだ。
そして、気になるツアーファイナルは2023年1月11日 恵比LIQUIDROOM! バンドの更なるステップアップが期待できる、大きな目標となるだろう。
SUMMER TOUR「顔面ストッキング!!」では、“楽しい”の先に伝えることをしっかりと形にしてきたメンバーだったが、「[CLIMAX]は1ヵ所じゃない」とるいまる(Vo)もMCで話していたように、WINTER TOURでは各所でビバラッシュのエンターテインメント性がどのように爆発するのかが今から楽しみなところだ。

音楽とエンターテインメントの最強コラボレーションを繰り広げ続ける、“アゲみ集団”の挑戦に期待が高まる!

 

■ビバラッシュ オフィシャルサイト■
https://vivarush.jp/

 

WINTERTOUR告知用
VIVA RUSH WINTER ONEMAN TOUR2022
[CLIMAX]

※全公演当日券無料※

 

2022年
11月02日(水)【東 京】池袋EDGE
11月03日(木)【千 葉】柏ThumbUp
11月11日(金)【愛 知】HOLIDAY NEXT NAGOYA
11月15日(火)【大 阪】阿倍野ROCKTOWN
11月18日(金)【兵 庫】live music club PADOMA
11月24日(木)【福 岡】INSA FUKUOKA
11月25日(金)【福 岡】INSA FUKUOKA
11月27日(日)【山 口】LIVE rise SHUNAN
12月04日(日)【京 都】京都MOJO
12月07日(水)【神奈川】横浜BAYSIS
12月08日(木)【埼 玉】西川口Hearts
12月10日(土)【宮 城】仙台space Zero
12月11日(日)【宮 城】仙台space Zero
12月21日(水)【愛 知】HOLIDAY NEXT NAGOYA
12月24日(土)【北海道】札幌Crazy Monkey
12月25日(日)【北海道】札幌Crazy Monkey

 

TOUR FINAL
2023年01月11日(水)
【東京】恵比寿LIQUIDROOM

 

●NEW LOOK

10th-るいまる

▲Vocal.るいまる
https://twitter.com/vr_ruimaru

10th-ベル

▲Guitar.ベル
https://twitter.com/vr_belle_

10th-幸村

▲Guitar.幸村
https://twitter.com/vr_yukimula

10th-冬也

▲Bass.冬也
https://twitter.com/vr_to_ya

10th-パーミー

▲Drums.パーミー
https://twitter.com/vr_pamypamy