NEWS

2022年09月24日 (土)

Share on Facebook
LINEで送る

【ライヴレポート】<Petit Brabancon Tour 2022「Resonance of the corpse」>2022年9月21日(水)東京 Zepp Haneda◆初のツアー完走。鬼気と繊細さが共存する圧巻の進化。さらなる高みを目指し、次のステージ1月豊洲PIT公演を発表。

NEWS - 22:05:35

 Petit Brabancon Tour 2022Resonance of the corpse」の最終日、東京Zepp Haneda公演である。

私は初日の名古屋公演に続いて見ることができた。名古屋公演は十分にバンドのポテンシャルを感じさせる凄いライヴだったが、まだまだこんなもんじゃない、もっともっと伸びしろがあるはずだとも感じた。

 

 

そして今日。案の定、凄いと感じた名古屋公演をはるかに上回る圧巻すぎるライヴだった。

名古屋のオーディエンスは、このバンドの初ワンマンライヴという緊張感とフレッシュさを共有できたわけだが、羽田での彼らはまるで別のバンドだった。名古屋公演のライヴ評で「我々オーディエンスが凄いと思ったそのはるか先に、彼らの目指す場所がある」と書いた、その文言を訂正する必要は一切なかった。短期間に恐ろしいほどの進化のスピードである。

 

 

名古屋公演の会場となったZepp Nagoyaに比べると2回りほど大きなステージであり、照明や演出、特効などもより見栄えがして効果的だったが、なにより出音が素晴らしい。

分離がよく隅々までクリアで力強い音は、凝った曲構成や変拍子、ポリリズムなども駆使したリズム・アレンジの妙、打ち込みと生ドラムの融合、ミヤとantzという2本のギターの絡み、繊細さと荒々しさが同居した音色(おんしょく)など、さまざまのテクニカルなプレイや精密なアンサンブルをしっかり際立たせていた。

ミヤ

antz

とりわけ昨今のラウドロックにありがちな、手技を詰め込んだアレンジとは一線を画すプレイで絶妙なリズム・コントロールと音の深さと強さでバンドを支配するyukihiroのドラムは圧巻だったし、初日に比べると固さがとれダイナミズムを増した高松浩史のプレイは生気に溢れていた。

yukihiro

高松浩史

バンド一体となったエネルギーや音圧感は当然として、そうしたプレイの全体像とディテールが共に明瞭になることで、バンドの底知れぬ実力がいっそう露わになったのである。

実際、バンドの演奏自体も初日に比べるとずっとこなれてきた感があり、演奏に躍動感があって、プレイもキレキレな中に余裕が感じられた。

メンバーの動きも激しく、ステージが広い分より大胆だ。それに応じて京のパフォーマンスはなお一層凄まじい。

「かかってこい!「噛みついてこい!」「お前らの胸の中を吐き出せ!」という客煽りも絶好調だ。

彼らのライヴには、クールで冷静な知性と全てを引き裂き破壊し尽くすような激しく熱い衝動、計算し尽くされた緻密で精密な演奏と予測不可能なトリッキーな動きと美しい獣のような叫びが矛盾なく同居する。

客のノリものっけから全開。声を出せない分、激しいヘッドバンキングとジャンプとハンドクラップで応える。

2階席からみると見事なぐらいその動きはバラバラだが、その自由さこそがPetit Brabanconだし、まだスタートしたばかりで何も凝り固まったものがないバンドの勢いも感じる。

椅子席のライヴでモッシュもできないし声も出せないが、アーティストもオーディエンスも、こうしたライヴのやり方に慣れてきたようだ。

 PetitBrabancon02

 

yukihiro作のトリップホップ「come to a screaming halt」と、atnz作のヘヴィでゴシックなポスト・ロック「非人間、独白に在らず」の流れは白眉だった。

前者の重低音はZeppの床や壁を震わすほどだったし京の舞踏を思わせる動きはあくまでも優美でしなやか。一転して後者での何かに取り憑かれたような京の奇怪な動きとサウンドの狂気じみた響きは、あまりに鬼気迫っていて目が離せない。

この曲の終わりにギター2人によるアンビエントなドローン・ノイズが鳴らされるのは名古屋公演同様だったが、この日は京のスクリームがそれに加わり、圧巻の照明も手伝って、ステージはさながらこの世ならぬ異境のようだった。

 京

 

個人的に一番ブチあがったのはantz作「無秩序は無口と謳う」の、タブラとギターによるダンサブルなイントロが流れた瞬間だった。

名古屋では機材の関係で一定のポジションから動けなかったという高松が、ここでは弾かれたように前に出てきて弾きまくる。

会場は一気に沸騰し、いきなりフロアは怒濤のピークタイムに突入する。

ミヤ曲のヘヴィでハードでざらついたラウド・ロックの中にこうした変化球があるから効果的だし、それができるメンバーが揃った強みを感じる。素晴らしい。

 PetitBrabancon03

PetitBrabancon04

 

新曲も含む全15曲は恐ろしいほどの密度と強度とスピードだった。

思えば初日の名古屋ではメンバーも舞台スタッフもオーディエンスも、実質初ライヴということで手探りだったのだろう。

これこそがPetit Brabanconの本領だったのだ。

 

 

開演前の客入れの音楽はずっと80年代欧米のニュー・ウエイヴやポスト・パンクが流れていて、知る人ぞ知るノイエ・ドイッチェ・ヴェレ(ジャーマン・ニュー・ウエイヴ)のリエゾン・ダンジェルースが流れ、いきなり音が大きくなると暗転してライヴが始まったのは驚いた。

つまりこれはただの客入れのBGMではなく一定の意図を持ってショウの流れに組み込まれた選曲だったわけだ。

終演後には「ツイン・ピークス」のテーマ曲が流れたが、セットリストがツアー全公演共通だったことも含め、一定の美意識と音楽観が貫かれた、見事な構築美としてのショウだったのである。

これらのBGMyukihiroがリクエストしてantzがセレクト、そしてSEyukihiroが制作したそうだ。

 

 

終演後には来年1月の豊洲PIT公演の発表も。

ツアー・ファイナルで圧倒的な高みに達した次のステージが早くも用意されたのは喜ばしい。

次はスタンディング公演であり、客の暴れっぷりも、煽るアーティストのテンションもさらに凄まじいことになるだろう。

 

 

しかし個人的にはこのバンドは海外を目指して欲しいと思っている。

彼らのようなバンドはほかにない。今なら間違いなくアメリカでもイギリスでも世界のどこででも勝てるはずだ。 

 

 

 

文◎小野島大

写真◎河本悠貴/尾形隆夫(尾形隆夫写真事務所) 

 

====================

 

Petit Brabancon Tour 2022Resonance of the corpse

2022921日(水)東京 Zepp Haneda

セットリスト

 

01. 渇き

02. Don’t forget

03. Ruin of Existence

04. 主張に手を伸ばす修羅

05. 新曲

06. come to a screaming halt

07. 非人間、独白に在らず

08.

09. I kill myself

10. Pull the trigger

11. 無秩序は無口と謳う

12. OBEY

13. A Praying Man

14. Isolated spiral

15. 疑音

 

==================== 

 

<LIVE情報>

 

<Petit Brabancon EXPLODE -01-

2023128日(土) 東京・豊洲PIT

OPEN 17:00 START 18:00

[]HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

………………………………………… 

【チケット料金】

SSスタンディング> ¥25,000(前方エリア・オリジナル特典付き)(税込・整理番号付き・ドリンク別) ※オリジナル特典後日発表

<一般スタンディング> ¥8,800(税込・整理番号付き・ドリンク代別)

 …………………………………………

【オフィシャル最速先行受付】

受付期間:2022921日(水)21:00928日(水)23:59

イープラス https://eplus.jp/pb23/ 

受付方法:抽選

制限枚数:14枚まで

チケット受取:スマチケ・紙チケット併用

※申し込みにはe+の会員登録が必要です(登録無料)

 

 

Petit Brabancon EXPLODE -01- Teaser https://youtu.be/vRaNDi4H9XA

 

 

 

====================

 

<リリース情報>

 

★Petit Brabancon 1st AlbumFetish」 発売中

購入はこちらから https://www.petitbrabancon.jp/ 

…………………………………………

<収録曲>

1.Don’t forget                                  作詩:京/作曲:ミヤ

2.疑音                                               作詩:京/作曲:ミヤ

3.OBEY                                 作詩:京/作曲:ミヤ

4.Ruin of Existence                     作詩:京/作曲:antz

5.主張に手を伸ばす修羅               作詩:京/作曲:antz

6.                                                  作詩:京/作曲:ミヤ

7.come to a screaming halt         作詩:京/作曲:yukihiro

8.I kill myself                                   作詩:京/作曲:ミヤ

9.Pull the trigger                             作詩:京/作曲:ミヤ

10.非人間、独白に在らず              作詩:京/作曲:antz

11.Isolated spiral                            作詩:京/作曲:ミヤ

12.無秩序は無口と謳う                  作詩:京/作曲:antz

13.渇き                                             作詩:京/作曲:ミヤ

………………………………………… 

<完全限定盤>(CD+Blu-ray+フィギュア) 品番: DCCA-108/109 9,900 (税込) ※SOLD OUT

Blu-ray2022114日にCLUB CITTA’川崎で行われたPetit Brabancon The 1st Premium Live「渇き」を収録

 …………………………………………

<通常盤> 品番: DCCA-107 3,300 (税込)

[ステッカー]1種ランダム封入(全5種)

CD特殊パッケージ仕様

※通常盤はAmazonTOWER RECORDS(店舗/ONLINE)でも購入可能な商品となります。

 

 

====================

 

Official Web: https://www.petitbrabancon.jp/ 

Twitter: https://twitter.com/PetitBra_staff 

YouTube: https://www.youtube.com/c/PetitBrabancon_official 

Instagram: https://www.instagram.com/petitbrabancon.official/ 

Facebook: https://www.facebook.com/petitbrabancon.official