NEWS

2022年05月04日 (水)

Share on Facebook
LINEで送る

【ライヴレポート】<Psycho le Cému New Concept Live『RESISTANCE~覚醒の狼煙~』>2022年5月3日(火・祝)LINE CUBE SHIBUYA◆「未来はもう始まる」という歌詞のとおり、幕を開けた彼らの未来。

NEWS - 15:00:20

23周年を迎えたPsycho le Cému53LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でニュー・コンセプト・ライブ!!

 

 

Psycho le Cémuと言えば、ド派手なヴィジュアルを思い浮かべる人が多いかもしれない。けれどもそれは、さまざまなコンセプトを打ち立てて活動する彼らの一面にすぎない。彼らはもっと多面的な魅力と想像を超える可能性に満ちたバンドだ。結成23周年を迎えた53日、LINE CUBE SHIBUYAでのNew Concept LiveRESISTANCE~覚醒の狼煙~』を観て、そんな思いを新たにした。

 

この日、お披露目になった新コンセプトは、「RESISTANCE」。彼ら5人はレジスタンスの一員であり、さまざまな自然現象や物を操る力を手にしている。ライヴの冒頭、紗幕には彼らが生きる世界をイメージさせるような言葉が現れた。そこでは、人間の犯した罪の数だけ雨が降っているらしい。雨音のSEが、現実から異世界へと観客を誘っていく。

 

紗幕が上がって目に入ってきたのは、ステージ後方、ひときわ高い位置になびいている「アカツキ」の旗。そこへYURAサマから順に一人ずつ登場するメンバーは、「我が隊は諸君らを歓迎する!」という言葉で締めくくる堂々たる演説を聞かせる。何が始まるのかと食い入るようにみつめる観客。緊張感に満ちたオープニングだ。

 

最後にDAISHIが姿を現し、始まった一曲目は「アカツキ」。コロナ禍で20周年記念ツアーの延期が続く中、それでも前へ進む意志を強く示したこの曲が新コンセプトの鍵となっている。みなぎる気合いが感じられるような演奏に、つややかなDAISHIの歌声が乗る。そのまま「ノスフェラトゥ」「2020」と続くセットリストからは、シリアスでドラマチックな新コンセプトの方向性が感じられた。

503_hon7373 

紗幕が下り、「罪の雨」をイメージさせるような水滴の映像に稲光が走る。THUNDER MASTERであるDAISHIが雷を操ったようだ。この後も、各メンバーがさまざまな異能の力を発揮していくのだが、キャラクターとメンバーの個性のミックス具合がほどよく、メンバーを深く知るファンもそうでない観客も楽しめる仕上がりだった。

 

「インドラの矢」が始まると、高い集中力でライヴに臨んでいる5人の緊張感が伝わってくる。ロックバンドとしての本領発揮といったところだろう。語り掛けてくるかのように始まったLidaのイントロのフレーズから「妄想グラフティー」、歌の説得力が光った「蒼い星」と、楽曲のクオリティと演奏力の確かさを堪能させてくれる。特にDAISHIの歌声は豊かでノビがあり、細部にまで神経の行き届いた歌は圧倒的な存在感を放っていた。

 503_hon0114

時計の文字盤の映像に続くのは、TIME MASTERYURAサマ。そして「クロノス」が、紗幕を下ろしたまま始まる。演奏するメンバーの姿に映像が重なり、視覚的に非常に面白い効果をあげていた。楽曲を聴かせるだけではない、エンターテインメント性にあふれるライヴを展開してきた彼らならではと言えるだろう。

503_hon0344 

FIRE MASTERAYAは、持ち前のキュートな一面も垣間見せつつ、炎の大きな輪を出現させたかと思うと、マイクを手にして最初に放った言葉が、「はい、(ここから)現実」。緊張し続けてきた会場の空気が一気にゆるむ。おなじみの「おっは~」の挨拶をすると、観客や各メンバーの心の声が聞こえると言いつつ、チクリと毒の効いた一言を交え、笑いを誘っていた。ここでAYAMCが入ったことで、YURAサマとAYAがダンスで華を添える「Prism」への流れも違和感なく自然だった。幅広い音楽性も彼らの魅力であるだけに、「RESISTANCE」というひとつのコンセプトの中でもこのような工夫は嬉しいところだ。

 _503_hon5687

LidaIRON MASTERであるのは、メタル好きが由来しているからなのか、「フルメタルに溺れ合おうぜ!」と、ハードな「銀狼」を激しいノリで聴かせ、GHOST MASTERseekをフィーチャーした「Murderer DeathKill」では、ホラー映画さながらの映像を使うなど、曲とメンバーのキャラクター、ひいては新コンセプトを巧みにリンクさせ、一瞬たりとも目が離せないライヴが続く。

 503_hon0577

 

503_hon5346

ライヴも終盤戦に入り、メンバーも観客も感情を高ぶらせ、荒々しさを増していく。その熱が「愛の唄」で心地よい温もりになって会場を包み込んでいった。美しく輝く照明の光に、それまで目にしていたのは暗い夢であったのかとも思えたが、流れ出した雨音に、5人のレジスタンスが生きる世界へ連れ戻される。青い照明に彩られる中、最後に贈られたのは「哀の雨」。しっとりと大人っぽくしめくくった本編は、最後まで新コンセプトを丁寧に表現し、Psycho le Cémuがこれから進む道をはっきりと提示した。

 

その後、流れるエンドロール。そして伝えられたのは、「物語は始まったばかり」ということ。この暗くすさんだ雨の続く世界は、コロナ禍にあえぐ現在の世界の状況とも重なる。「アカツキ」で「もう一度行こうぜ」と前へ進み始めた彼らは、雨を降りやませ、明るい世界を取り戻せるのだろうか。コロナの終息は未だ見えないが、23年の間にさまざまな出来事を乗り越えてきた彼らだからこそ、たくましく突き進んでいくはずだ。ステージ上ではためくアカツキの旗の下に揃った5人の姿は雄々しく、誇りに満ちていた。

503_hon6899 

ファンファーレで華やかに23周年をお祝いして始まったアンコールは、本編がウソのようにハッピーな空気にあふれ、5人も笑顔。一人ひとり、この23年間のお礼を口にし、これからへの決意を表明していく。そしてこの日の最後を飾ったのは、「REMEMBARANCE」。DAISHIの歌声が始まった途端、広い会場の空間がさらに大きく広がり、そこへ声が満ちていくような心地よさを感じた。

 

「未来はもう始まる」という歌詞のとおり、ここからまた彼らの未来は幕を開けた。未来のことはまだ誰にもわからない。けれども、5人の充実感に満ちた晴れやかな表情を見ていると、彼らの未来が明るくないはずがない、そう思えた。まずは7月からのツアー『RESISTANCE-領域拡大-』で、ひとりでも多くの人が現在の彼らに触れることを願っている。

 

 

文◎村山幸

 

====================

 

<最新情報>

 

■Psycho le CémuRESISTANCE-領域拡大-

713日(水)新横浜NEW SIDE BEACH!!   開場18:00 開演18:30

718日(祝・月)HEAVEN’S ROCK宇都宮VJ4  開場17:00 開演17:30

720日(水)HEAVEN‘S ROCKさいたま新都心VJ3  開場18:00 開演18:30

727日(水)柏PALOOZA  開場18:00 開演18:30

730日(土)浜松窓枠  開場17:00 開演17:30

86日(土)山梨KAZOO HALL  開場17:00 開演17:30

811日(祝・木)水戸ライトハウス  開場17:00 開演17:30

826日(金)LIQUIDROOM  開場18:00 開演18:30

 

…………………………………………

 

モバイルFC 先行受付5321:0051523:59

一般発売619

お問合せ:DISK GARAGE050–5533–0888(平日12:0015:00

*浜松窓枠(サンデーフォーク静岡054–284–9999

 

====================

 

★Psycho le Cému OFFICIAL SITE★

https://psycholecemu.com


2022年05月04日 (水)

Share on Facebook
LINEで送る

【Zeke Deux】5月10日(火)巣鴨獅子王より、DazzlingBADと廻る東名阪カップリングツアー<美悪ノ園-ミワクノソノ->を開催!

NEWS - 12:00:16

4月にNETH PRIERE CAINと行った全国カップリングツアーに続き、Zeke Deuxは、5月も東名阪を舞台にカップリングツアーを行う。今回の相棒バンドは、DazzlingBAD

ダーク/ラウド/スクリーモ/シンフォニック/ドラマチックな音楽性は、Zeke Deuxとも共通する面が多く、なかなか刺激的なバトルを繰り広げてくれそうだ。

 

  NETH PRIERE CAINと行った全国カップリングツアーのときには、互いのライブにメンバーがゲスト参加する場面があった。今回のツアーでも、コラボレートしてゆく姿を見れるのか、そこは興味深い。

 

  「美悪ノ園-ミワクノソノ」と題した今回のカップリングツアー。名古屋ではNETH PRIERE CAIN、大阪では ホンモノと、地元のバンドも加わる形になっている。今回も、各地でグロくて色濃いライブが繰り広げられそうだ。

 

  このツアー期間中に、Zeke Deux1st Mini AlbumAdvance to Glory』も発売になる。ライブでは、音源に収録した曲たちはもちろん。得意のアニソンカバーも披露してくれそうなだけに、こちらも楽しみにしていただきたい。

 

  今回のカップリングツアー、東京公演は2バンドとも。名古屋公演と大阪公演はZeke Deuxのライブ配信も決定している。当日会場に足を運べない方や、距離的に見るのが難しい方は、配信を通してもライブの模様をご覧になっていただきたい。

 

 

 

TEXT:長澤智典

 

====================

vocal_9111

▲Vocal.Kakeru(Zeke Deux) / -iT-(DazzlingBAD)
https://twitter.com/xkakerux0712
https://twitter.com/xxxBAD_iT_ 

guitar1_9084

▲Guitar.Haruka(Zeke Deux) / 悠汰-YUTA-(DazzlingBAD)
https://twitter.com/gt_haruka916
https://twitter.com/xxxBAD_yuta_

guitar2_9142

 ▲Guitar.Satsuki(Zeke Deux) / 痲紗-MASA-(DazzlingBAD)
https://twitter.com/GERTENA_satsuki
https://twitter.com/xxxBAD_MASA_

bassdrum_9157

▲Bass.Maya(Zeke Deux) / 綾葉-AYAHA-(DazzlingBAD) / Drums.Loa
https://twitter.com/TunBass
https://twitter.com/xxxbad_ayaha_
https://twitter.com/loa_drum 

====================

 

Zeke Deux MV

微笑みの爆弾/馬渡松子「幽☆遊☆白書」オープニング Covered by Zeke Deux

https://www.youtube.com/watch?v=3V1dyzajVRs

ペガサス幻想/MAKE-UP「聖闘士星矢」オープニング Covered by Zeke Deux

https://www.youtube.com/watch?v=pZDlBfkS0LA

Zeke DeuxAdvance to GloryMV FULL

https://www.youtube.com/watch?v=9Ej64fJs9cw

Zeke DeuxDragon HeartMV FULL

https://www.youtube.com/watch?v=O2-TK1JRkjc

DazzlingBAD MV

「カメラオブスキュラ」  (FULL PV)

https://www.youtube.com/watch?v=FMn4BSyAKKU

vertigoFULL

https://www.youtube.com/watch?v=95O64jBvye4

happy BIRTHDAYFULL

https://www.youtube.com/watch?v=hTg7ll4bzfc

 

 

====================

 

<ライヴ>

 

■DazzlingBAD ×Zeke Deuxカップリングツアー

[美悪ノ園-ミワクノソノ

…………………………………………

OPEN 17:00 / START 17:30

前売 3,500 / 当日 4,000 (D代別)

配信 3,500(Zeke Deuxのみ)

…………………………………………

●東京編2MAN

2022510()巣鴨獅子王

出演:DazzlingBADZeke Deux

★チケット:

A:eプラス

https://eplus.jp/sf/detail/3590340001-P0030001

転売防止のため整理番号のスタートはランダムになっています。

B:当日券

バンド予約無し

入場順:整理番号順

配信URL

https://twitcasting.tv/c:mitch0akimoty/shopcart/140103

…………………………………………

●愛知編

2022517()今池CLUB 3STAR

出演:DazzlingBADZeke DeuxNETH PRIERE CAIN

★チケット:

A:eプラス

https://eplus.jp/sf/detail/3590350001-P0030001

転売防止のため整理番号のスタートはランダムになっています。

B:当日券

バンド予約無し

入場順:整理番号順

…………………………………………

●大阪編

202266()心斎橋Bigtwin Diner SHOVEL

出演:DazzlingBADZeke Deux、ホンモノ

★チケット:

A:eプラス

https://eplus.jp/sf/detail/3590360001-P0030001

転売防止のため整理番号のスタートはランダムになっています。

B:当日券

バンド予約無し

入場順:整理番号順

配信URL

https://tiget.net/events/174490

 

====================

 

Zeke Deux

https://twitter.com/ZekeD_Official

DazzlingBAD

https://dazzlingbad.info

https://twitter.com/DazzlingBAD_


2022年05月03日 (火)

Share on Facebook
LINEで送る

【ライヴレポート】<DEZERT LIVE TOUR 2022 “再教育ツアー”>2022年5月1日(日)名古屋DIAMOND HALL

NEWS - 21:00:45

不可逆な時の流れの中を生きている以上、悩んでいても悲しんでいても明日はやがてやって来る。

逆に、いくら楽しくてもどれだけ名残惜しくても、その貴重な時間が永遠にずっと続くこともない。

時はただ一方向に向かって刻々と流れ続けていくだけ。そして、DEZERTという今まさに伸び盛りな状態にあるバンドは今、どうやらその速い時の流れの中でもきっちりと地に足を着けながら日々逞しく歩き続けているようだ。

 

「もう、俺はほぼ限界です。おまえたちにひとつ言っておきますが、限界は超えちゃダメだ。限界を超えると歪みが起きて壊れちゃう。

だから、限界が来そうになったらそこを乗り越えるために自分の中のキャパシティを拡げて生きていこう。

もちろん、時間はかかるぞ。ここから一緒に一生懸命やっていこう。ただ、時には限界を超えなきゃいけない夜もあるらしい!!」(千秋)

 千秋1-38

今春、最新シングル『再教育』を発表したのちに3月29日の渋谷CLUB QUATTRO公演から開始したDEZERT LIVE TOUR 2022 “再教育ツアー]が最終日を迎えたこの夜、名古屋ダイヤモンドホールでのワンマンライヴがいよいよアンコール終盤に差し掛かったところで、フロントマン・千秋が放ったのはこの言葉。

 

 『再教育』の表題曲を皮切りに、終始ライヴバンドとしての表現力をオーディエンスに対してこれでもか!とステージ上で刻々とみせつけていったDEZERTは、今宵その場所で単なる新音源お披露目ツアーとは全く異なる、まさに「再教育」の歌詞を地で行く〈求めたのは「未来」じゃない そうです 今だけです〉な姿勢を、あますところなく音とパフォーマンスを通じて我々へと強く感じさせてくれていた。

 

ちなみに、「再教育」については初日の渋谷では千秋が観客に対して曲中でクラップを求めていたのに対し、この名古屋でのファイナルにおいては千秋が求めずとも自然に盛大なクラップが発生することに。

また、シングル『再教育』のカップリング曲である「インビジブルビリーヴァー」ではフロア内で激しいヘドバンの嵐が巻き起こるなど、今回のツアーから投入された新曲たちがもはや完全に第一線で強い攻撃力を発揮するものへと進化していた点は、やはりとても印象的だった。

 

そればかりか、殺伐としたタイトルに反して底抜けな盛り上がり感が場内に蔓延した「殺されちゃう」の前にはSORAの持ち味を凝縮した華やかなドラムソロや、物静かな風貌とはある意味で裏腹なMiyakoのエモいギターソロ、そして何故かSacchanについてはベースソロではなくTikTok風ダンスソロが披露されるなど、今回のライヴでは各メンバーの魅力が随所に活かされていたところも、かつてのギスギスした不穏な緊張感が漂っていた時期がまるで嘘に思えるほど、今現在のDEZERTが芳しいアゲ状態にあることをよくあらわしていたのではなかろうか。

Miyako1-8

Sacchan1-4

SORA1-7 

とはいえ、DEZERTの内面には始動時から今に至るまで決して失われることのない深淵が変わらず息づいているのもまた事実で、この名古屋公演に関して言えば本編中盤での「「擬死」」から「神経と重力にかけての流れの中で、本来の歌詞を逸脱した千秋による即興的ヴォーカリゼイションをもって、ディープな世界が展開されていった場面は他の追随を許さぬ圧倒的な引力を持っていたと言える。

少しばかり具体的に書くならば、「「擬死」」での〈僕は本当の自分を誰にも見られたくないんだ〉〈僕はこんな自分を変えたいがために今を歌ってる〉という即興のくだりと、「神経と重力」の本来的なフレーズ〈ああ 「強くなりたい」〉は根底で繋がっているようにも感じられ、過去の既存曲をも今の旬なものとして表現することが出来る千秋の素晴らしい手腕とセンスに、あらためて感嘆してしまったほどだ。

 DEZERT_絡み-33

また、本編終盤で歌われた「「遺書。」」でも非常に興味深い歌詞改変が一部なされることになり、ここでは以下のような千秋の言葉から曲が始められることになった。

「昔、この曲でおまえたちに怒りをぶつけ、長く活動してきた中では自分にも怒りをぶつけ、どうしようもない日々もあった。

それでも、わかってくれる人もちらほらいる、そんな現実。どうしようもないけど、失いたくないから俺は過去も未来も全部獲る。そのためには何が必要か。

歌が下手でも、生き方が下手でも、何度だって自分を殺してまた新しい自分を生きる。俺はそんな人生を送っていきたいから、今日ここでその気持ちを込めてこの曲を歌います。希望と絶望を込めて遺書を書こう!」(千秋)

千秋2-11 

 〈だから誰かに僕の命を半分あげることにしました〉〈だから誰かに僕の音楽を半分あげることにしました〉と意図的に歌い変えられたこの「「遺書。」」から感じたのは、すなわち今の千秋が感じているのであろう強い使命感だった気がする。

 

そのうえで、本編最後に奏でられた「ミザリィレインボウ」は現状の彼らにとっての大切な代表曲と言えるもので、千秋はこの歌に対してもこのような言葉を添えていた。

「この曲は、希望の曲でも絶望の曲でも何でもない。ただ俺たちが真っ直ぐに、あなたたちとおなじ目線で贈る愛の歌だと思って聴いてくれ」(千秋)

 〈戦い愛する風も 憎しみを貫いた雨も 見て見ぬふりはもうできないよ〉〈無様に架かる 僕らの虹よ 大丈夫さ 行こうよ ミザリィレインボウ〉といったここでの歌詞たちは、昨年発表された音源『RAINBOW』に収録された楽曲でありながら、今この瞬間にこそ響くものとして聴衆の心に深く沁みていったのは言うまでもない。

 

その後、この夜のアンコールでは2015年にMiyakoが加入したタイミングで作られたものだというレアな未音源化楽曲「ともだちの詩」が久しぶりにふるまわれたほか、「包丁の正しい使い方~終息編~」では観客に対してスマホ使用が解禁され、SNSへの動画拡散がバンドから推奨されるという一幕も。そうしたさんざんの盛り上がりをみせた後に、大ラスの1曲である「「殺意」」を前に千秋が語ったのが、あの冒頭の「もう、俺はほぼ限界です」という言葉だったわけだ。

当然、この夜のDEZERTはそこから限界点を見事に撃破することでDEZERT LIVE TOUR 2022 “再教育ツアー]を無事完遂することになったのである。

Miyako2-26 

しかし、早くも618日にはDEZERT史上最大キャパとなる日比谷野外大音楽堂でのDEZERT SPECIAL LIVE 2022 in 日比谷野外大音楽堂 “The  Walkers”]が決定しており、ここでは千秋が「3年前からずっと悩みながら詞を添削しながら書いてきた曲」であるという「The  Walker」のCD入場者全員に無料配布されるとのこと。

 

この春の再教育ツアーで、ハジける時にはとことんまでハジけ、深く潜行していく時にはどこまでも深く潜行していき、愛を表現する時には限りなく貪欲かつ率直に愛をステージ上にて溢れさせてきたDEZERTが、いちロックバンドとしての大幅な伸暢をみせたことを考えれば、今度の日比谷野外大音楽堂での彼らはさぞかし堂々たる姿で我々をさらに驚かせてくれるものと予測出来る。

Sacchan2-6

SORA2-18 

思えば、最新シングル『再教育』のカップリング曲「ミスターショットガンガール」でDEZERTは、〈派手にいこうぜ 所詮どうせぐちゃぐちゃの未来歩いていくんだ〉と歌っているではないか。

彼らはここからも不可逆な時の流れの中で、たとえまた何かしらの紆余曲折があったとしても、きっとひたすらに歩き続けて行くに違いない。

 

 

写真◎古川喜隆

文◎杉江由紀

 

====================

 

DEZERT LIVE TOUR 2022 “再教育ツアー

202251日(日)名古屋DIAMOND HALL

SETLIST

 

01 再教育

02 Thirsty?

03 インビジブルビリーヴァー

04 カメレオン

05 insomnia

06 Sister

07 ミスターショットガンガール

08 殺されちゃう

09 Call of Rescue

10 「擬死」

11 神経と重力

12 「秘密」

13 デザートの楽しいマーチ

14 Your Song

15 「遺書。」

16 ミザリィレインボウ

 

EN1 ともだちの詩

EN2 普通じゃないⅢ

EN3 True Man

EN4 包丁の正しい使い方~終息編~

EN5 「君の子宮を触る」

EN6 「殺意」

 

 ====================

 

≪ライヴ情報≫

DEZERT SPECIAL LIVE 2022 in 日比谷野外大音楽堂 “The Walkers”

2022618日(土)日比谷野外大音楽堂

OPEN 16:30 / START 17:30

(問) DISK GARAGE 050-5533-0888

 

※入場者全員に新曲「The WalkerCD無料配布

 

【チケット料金】前売¥6,000(税込)/ 当日¥7,000(税込) 全席指定

 

【プレイガイド3社合同抽選二次先行 チケット受付中】

イープラス https://eplus.jp/desert/ 

ローソンチケット https://l-tike.com/dezert2022/ 

チケットぴあ https://w.pia.jp/t/dezert-t/ 

<受付期間> 427日(水)12:0056日(金)23:00

<入金期間> 511日(水)15:00515日(日)23:00 (イープラスは21:00

※お1人様2枚まで

※スマチケ・紙チケット併用

 

【一般発売】2022522日(日)

 

 

The Walker Project≫ 特設サイト https://www.dezert.jp/twp/ 

 

Documentary of “The Walker”

57日(土)21:00 DEZERT Official YouTubeにて配信開始

“The Walker Project” -Teaser- https://youtu.be/0iNrFKusQkE 

 

====================

 

≪リリース情報≫

NEW SINGLE『再教育』 発売中

<初回限定盤>(CD+DVDDCCL-242243   3,500円(税込)※収録内容詳細 https://bit.ly/3iTsf2h  

<通常盤>(CDDCCL-244   1,500円(税込) ※収録内容詳細https://bit.ly/3LnZLKi

 

【サブスクリプション・ダウンロード】 https://dezert.lnk.to/JTjvO9 

CD購入】  https://dezert.lnk.to/1xPjjY 

 

【収録曲(初回限定盤/通常盤共通)】

 1. 再教育 

 2. インビジブルビリーヴァー

 3. ミスターショットガンガール

 

「再教育」MV https://youtu.be/d8vmkYykmaY 

「インビジブルビリーヴァー」 リリックビデオhttps://youtu.be/dwCK1va2ZyQ 

 

====================

 

DEZERT オフィシャルサイトhttp://www.dezert.jp 

DEZERT YouTube URL https://www.youtube.com/dezert_official 

DEZERT 公式Twitter  https://twitter.com/DEZERT_OFFICIAL   

DEZERT 公式 Instagram  https://www.instagram.com/dezert_official/?hl=ja   

千秋 YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCbWWFZ7Px-9sWIyInENfc6g   

SORA YouTubeチャンネル  https://www.youtube.com/channel/UC4DXfy7kAvGfRuA_A4-VATQ   

SORA VoicySORAの元気になるハナシ」 https://voicy.jp/channel/1890



2022年05月03日 (火)

Share on Facebook
LINEで送る

キズ、日本青年館で開催される単独公演『天獄』1100席即日ソールドアウト!

NEWS - 16:38:50

 

 キズが5月14日に東京・日本青年館ホールにて開催する単独公演『天獄』のチケットが1100席即日完売となった。

 

キズの単独公演といえばソールドアウト続きの激戦LIVEとして知られており、今回の日本青年館ホール公演も漏れることなく文字通り激戦プレミアチケットとなった。

日本青年館ホールでのLIVEはキズとして初の会場となる為、単独公演ごとで細部にわたる演出が魅力のキズの世界観がどのように表現されるのか、必見の公演となることだろう。

 

また525日には、今年1月にLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて開催されたONEMAN公演「VISUAL」のLIVE DVDリリースも決定しており、完売公演で行くことが叶わなかったファンも存分にキズの世界を堪能できる作品となっている為、ぜひチェックしてほしい。

 

LIVE DVD『キズ ONEMANVISUAL2022.1.8 LINE CUBE SHIBUYA』〉

https://ki-zu.com/discography/3409/

 

 

尚、現在発表されているキズの公演は全て対バンイベントとなっている為、「514日の公演後に何かしらの動きがあるのではないか」とキズの動向が気になるファンの声も上がっている。

今回幸運にもチケットを手に入れた方、また今回は行くことが叶わなかったファンの方も、514日の公演を控えるキズの動きに今後も注目していただきたい。

 

★キズ オフィシャルサイト★

http://ki-zu.com/

 

 ====================

 

RELEASE情報】

LIVE DVD『キズ ONEMANVISUAL2022.1.8 LINE CUBE SHIBUYA

2022525日 リリース

【初回限定盤】 DMGD-023 ( DVD ) 8,800(税抜価格8,000)

LIVEフォトブックレット36P 封入

【通常盤】 DMGD-024 ( DVD ) 6,600(税抜価格6,000)

商品詳細:https://ki-zu.com/discography/3409/

 

《公式通販サイト【GALAXY BROAD SHOP LIMITED SITE】ご予約受付中》

https://galaxybroadshoplimited.com/products/kizu_live-dvd-visual

 

 ====================

 

LIVE情報】

キズ 単独公演

2022514() 日本青年館ホール

「天獄」

[開場 / 開演] 16:00 / 17:00

 

[チケット料金]

全席指定

◉来場者限定配布音源:「ピアスにフード」完全限定生産盤

 

※※SOLD OUT※※

 

 

アルルカン×キズ

LIVE ERECT 2022『九命』

811(木祝) 愛知・名古屋Electric Lady Land

open16:45 / start17:30

820() 大阪・梅田CLUB QUATTRO

open16:45 / start17:30

825() 東京・Spotify O-EAST

open16:30 / start17:30

 

▼チケット

前売 ¥8,000 (税込 / D)

当日 ¥9,000 (税込 / D)

※スタンディング

 

アルルカン×キズ

LIVE ERECT 2022『第三特区』

出演:アルルカン/キズ/※ゲストアーティスト

 

812() 愛知・名古屋Electric Lady Land

Guestdeadman

open16:45 / start17:30

 

819() 大阪・梅田CLUB QUATTRO

Guestcaligari

open16:45 / start17:30

 

824() 東京・Spotify O-EAST

GuestHAZUKI

open16:30 / start17:30

 

▼チケット

前売 ¥8,000 (税込 / D)

当日 ¥9,000 (税込 / D)

※スタンディング

 

 ====================

 

◉キズ [KIZU]

OFFICIAL SITEhttps://ki-zu.com/

Twitterhttps://twitter.com/ki_zuofficial?s=20&t=82INjI_s9Xi5jB0o1QrNEQ

YouTubehttps://www.youtube.com/c/kizuofficial

 

YouTubehttps://www.youtube.com/c/kizuofficial



2022年05月02日 (月)

Share on Facebook
LINEで送る

【縁(えにし)】初ワンマン(無料/有料)明日開催!2部はチケット残少&会場限定CD発売!

NEWS - 21:00:05

Vocal/SUI Guitar/美沙麗 Guitar/cero Bass/リゼ Drums/Syu

 

2021年秋、ソロヴォーカリストでありDavidとして活動しているSUIのセッション(当日限定)バンドとして、現ラインナップの5人が集結した。当初、SUIのキャリアにおいて縁深いラインナップが集結した事から「縁(えにし)」と名付けられた。

11月14日に一夜限りのバンドとしてライブを敢行するが、機材トラブルにより不完全な形のライヴとなった事をキッカケに活動継続がその場で決定。

明日、2022年5月3日にリベンジと称し2部制初ワンマンライヴを行う。

 

一部は初ライヴの再演となるリベンジ無料ライヴ、二部は初披露のオリジナル楽曲を含む有料ライヴとなり新音源「旬」の会場限定2nd CDがリリースとなる。

去年リリースされた1st CD「縁」は即完となっているだけに、こちらもぜひチェックしておきたい。

 

日本語詞で統一された奥深さのある歌詞と世界観、与えられた時間を精一杯楽しむ事に重きを置いた華やかなステージは要必見。

 

※メンバーのSNSにて最新音源「旬」の試聴が開始!

https://twitter.com/_David_SUI

 

ぜひご試聴ください。

 

====================

 

【公演情報】

 

公演日、会場:5/3(火・祝)大塚Hearts Next

公演タイトル:縁 二部制初ワンマン「逆時計/旬」

…………………………………………

第一部「逆時計」

※2021年11月14日高田馬場AREA公演と同一セットリストになります。

開場/17:00 開演/17:30

チケット料金 無料(D代別)

[チケット]

※当日16:30より会場前にて番号シャッフルにて整理券を配布。

(お並びになる場合は開始10分前からとし、それ以前は無効とさせていただきます。)

[入場順] 整理券 → 開場以降入場順(残数ありの場合)

…………………………………………

第二部「旬」

開場/18:30 開演/19:00

チケット料金 5,400円(D代別)

※オリジナル楽曲のみで構成。

第二部のみ、終演後、会場限定CD「旬」(4Tracks CD/2,500円)発売有。

[チケット]

2022年3月13日(日)12時より、Wizard Storeにて販売開始。

(お一人様4枚迄、整理番号シャッフル)

[入場順] 前売券 → 当日券(残数ありの場合)

…………………………………………

グッズ販売:有

撮影会:有

撮影レギュレーション

6,000円毎に撮影券1枚

撮影券1枚▶️集合

撮影券2枚以降複数▶️集合+2枚目~はソロも選択・撮影可能

※お客様の撮影機器 or チェキ

※お時間の都合によりプレゼント等の直接お渡しは不可とさせていただきます。

所定のボックスへお入れください。

撮影の際は、パーテーションを設置致します。

 

====================

 

SUI Twitter

https://twitter.com/_David_SUI

美沙麗 Twitter

https://twitter.com/MIZALY_OFFICIAL

cero Twitter

https://twitter.com/ceroJ1D

リゼ Twitter

https://twitter.com/Lyse_ariableyes

Syu Twitter

https://twitter.com/Syu_DRUMS