NEWS

2019年10月18日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

びじゅなびプッシュ連載・第5回★リレーインタビュー!【Ashmaze.】 Gt.詩結 → Gt.諒◆始動主催イベント10月25日(金)池袋EDGE!◆1st Mini Album「錯覚」NOW ON SALE!

NEWS - 22:00:52

ご好評頂いてます!!びじゅなび激プッシュ★Ashmaze.連載企画第5回!

 

10月25日(金)池袋EDGEにて始動主催イベントを行なうAshmaze.。
ついに!10月16日に1st Mini Album「錯覚」がリリースとなりました!

皆様、聞いて頂けたでしょうか!?

既に始動前から期待値マックスな彼ら、この音源ははっきり言ってびじゅなび激推薦盤です!!!

がっつり聞いて是非ライブへ…ということで、始動前からいち早く連載企画を敢行しています第5回!!

 

メンバーによるリレーインタビュー、先週に続き第4回目は…

先週インタビューを受けたGt.詩結からGt.諒へインタビュー!

 

では詩結さん!はりきってインタビュー宜しくお願いします!!!

 

 

====================

 

<びじゅなびプッシュ連載・第5回★リレーインタビュー Gt.詩結 → Gt.諒>

 

 

びじゅなび読者の皆様、こんばんは。
Ashmaze. Gt.詩結(しゆう)です。


16日(水)にリリースされたばかりの1stミニアルバム「錯覚」、お楽しみいただけてますか?
リレーインタビューシリーズも後半戦。
今回は僕から、広島出身・相方ギタリスト諒(りょう)へ向けて質問していきます。
…たぶん長くなるけど、読み飽きたら寝るくらいの軽~い気持ちで読んでもらえたらとね。
よろしくお願いしますね。

 

(詩=詩結、諒=諒)

 


詩:では早速。僕ら二人に関しては「(バンドを)やるのかやらないのか」…みたいな瞬間が無かったけど、いつの間に一緒にやることになったんだろうね(笑)。

何か、きっかけとかあったっけ。

 


諒:うーん、あんまり覚えてないけどお互い「いいメンバー見つかったー?」なんて連絡はちょくちょく取ってたよねー。

まぁ、オレはいろんなギタリスト見たけど、詩結が一番音楽に対して真面目でギターも上手いし、オレとは真逆のギターを弾くから一緒にバンドやると面白い化学反応が起こるじゃろーな!って事が大きかったね!

 


詩:なんだかありがとう(笑)。

まだまだツインギターの在り方は手探りで色々試している段階だけど、諒がギタリストとして譲れないものは?

 


諒:サウンド面では、メタルラウド!ゴリゴリー!みたいなのはさほど興味もなくて、「ギューン!どうじゃー!オラァァァ!!」って音かな!(笑)。

真面目に話すとロウを持ち上げたサウンドよりはハイミッドの気持ちいいところを突いた音が好き。

チューニングは低いけど、エッジのあるトーンかな!

パフォーマンスに関しては、曲に感情が込められなくなったら終わりだと思ってて、常に感情を込めて世界観を届ける事ができるように毎回のライブを全力でする事。

だからオレは歌詞の共感性とか意味を凄く大切にするんだよね。

極端な話「今日死んでもいい」って思えるライブをしたい。てかそう思ってステージに立ってる。

「明日〇〇あるし、体痛いのいやだなぁー」とか「このライブはメリットがあまり無いからこなしていきましょ」とかは全く思えないタイプなんよねー。

自分が全力出せてないバンドのライブなんて来てくれるファンの子達に失礼すぎるし、オレも満足しない。

ライブ終わってピンピンして「お疲れ様でーす!」みたいなのは嫌い。

 


詩:ファンに対する考え方とかも、意見が一致することの多いポイントだったりするよね。

お互いライブのスタイルは違うから、全力の注ぎ方はまた違うけど。

さてそんなこだわりのサウンドと感情が詰まった1stミニアルバム「錯覚」が発売されけど、皆へ向けてとくにオススメの楽曲は?

 


諒:オレは「欺瞞」と「シャボン玉」かな!

他も全部テンション上がるけど、メロディーと歌詞が好きなのがその2つって感じ!

シャボン玉はギターソロ作ってる時に双真(Vo)が「諒くん!それそれ!」って言ってくれてたのが微笑ましかったし嬉しかった。

 


詩:「シャボン玉」のギターソロは前半、後半に分けて2人で組み立てたのも、ツインギターらしくて楽しかったね。ハモリもあるし。

じゃあ、今後作っていきたい楽曲とかはどうだろう?

 


諒:個人的には切ないメロディーラインの楽曲が好きだからみんなと意見出しながら作りたいね!

後は、ポップでキャッチーな曲も凄く好きだから、それをAshmaze.に落とし込んだらどうなるんだろう?って思ってたりもする。

 


詩:「錯覚」の制作を終えて今新たに制作しているデモは、自然とメロディアスなものが増えてきてる気がするよね。

 


諒:そうね!「錯覚」は各々のやりたい事爆発!って感じだったけど、新たな楽曲はかなりメロディー重視してる感じよね!

日々進化してってる感じが楽しいし刺激的だわ!

 


詩:そういえば出会って数年ずっと赤髪だけど、ヴィジュアル面でのこだわりは?

 


諒:「紅い頭の何するかわからないギタリスト」がテーマみたいなもんだったからずっと貫いてきたんだよね!

やっぱ紅い髪がオレに似合うし!フフフ。

けど、少し違うのも挑戦したいなーって思ってたりもするよ!

でもそれはあくまで作品のテーマによって変えたいって思ってるだけで、紅が似合うギタリストでいたいよね!

あとオレ、パキーっとした真っ赤とか苦手で、「深みのある赤」が好きだから「紅」って言葉使ってるんでそこんとこヨ!ロ!シ!ク!

 


詩:数年前を思い返すと「東京のバンドマンは嫌いだ」なんて尖っている印象もあったけど、いつの間にか随分おだやかになったよね。

心境の変化とか、きっかけはあったの?

 


諒:落ち着いたって言われたらよくわからんけど、同じ世代でも頑張ってる人は居るんだなって思える事も増えたし、やっぱり先輩達の意見とかも直接聞いたりするようになって、本気で音楽に向き合ってる人達を見てるとなんか「今だけ楽しければいいっしょ?」みたいな奴は今だけで消えて行くし、それより上には行けないんだなーって思って(笑)。

けど、今でもよく東京嫌いって言ってるで(笑)。

そんなに東京嫌いなら広島帰れよって思うかもしれんけど、オレはまだ東京で何も成し得てないから大好きな広島には帰れんし、帰らん。

自分の中で覚悟を決めて出てきたけぇね。

詩:さすがはAshmaze.の漢気番長(笑)。

まぁ、元はと言えば先輩なのに「鯨」(※)とか呼んでも怒らないくらいだから、そもそも根は優しいよね。

今でも時々、連絡する時こっそり「鯨」にしてるし。あとは…大体わかってるけど、鯨のバンド人生における目標は?

※鯨(くじら)=諒という漢字からくる、あだ名

 


鯨:詩結みたいなヤツはあんまり居ねぇから、気付いてても言っても無駄だろうと…(笑)。

あと、気を遣われるのとかもすごい苦手。

その点S1TK(Dr)は出会った時は敬語だったのに「敬語使うのやめよーや」って言った瞬間「まぁ、徐々に…」って言いながら五秒後には「〜だよねー。わかるわかるー」って言ってて、仲間に加わった感が笑えたけど(笑)。

バンド人生の目標は今でも「武道館に立ちてぇ!」って思ってる!

なんか昔から応援してくれてる子達とか家族に恩返しじゃないけど、大きいステージに立ってギターを掻き鳴らしてる姿みせたいんじゃ!

そしてその姿とか気持ちをこれから先に知ってもらえる子達にも届けたいんじゃ!


…ってゴルァァ!てめぇ!!気づいとるで!!!!

 


詩:そろそろフランクな話題も。普段家では何してるの?

連絡すると、寝てることが多いような気がするけど(笑)。

 


諒:オレと詩結はロングスリーパーじゃけ、何時間でも寝れるもんな(笑)。

何も予定なけりゃずっと寝てたいけど、他にも音楽関係の仕事とかもあったりして目が覚めたら何かしらしてるかなぁ?

普通に家事したりしてるし、日曜日の親父みたいになってるで(笑)。

意外って言われるけど汚い家とか苦手で(笑)。

Яyu(Ba)が初めて家に来た時、「意外と家綺麗なんだねー」って言われたし(笑)。

どんなイメージやねん!

 


詩:我々はカビゴンか。

いつの間にか、Яyuともずいぶん仲良くなったよね。

上京して来てから自炊頑張ってるけど、得意料理は?

牡蠣フライを作ろうとして爆弾を生み出したという噂も聞いてますが。

 


諒:…あれは問題作だったな…。

オレは生きていく為の料理だから人様に提供できる程の物は作らんけど、勝手に自分の事をフライパンの魔術師と呼んでいる。

炒飯と味噌汁はなかなか美味いと思う。うん。きっと!…たぶん。

 


詩:今度ご馳走してね、できれば爆発しないものを。

それじゃあ、地元広島のおいしいものとか…おすすめスポットとか。

 


諒:言い出したらキリないけどお好み焼きはやっぱり美味いね!

一番好きなのは広島駅横の「大福」って店なんだけど、最近友達がオープンした「やまだ」って店が美味くてビックリした(笑)。

あと、つけ麺の「彦」は美味い!

広島つけ麺って辛くて冷たいんじゃけど、辛いの好きな人ならマジで一回食ってみてほしいな!

辛くなくも出来るし、ヘルシーで美味しいよ!

オススメスポットは意外となんもないけど宮島とか観光してる気分になるし、原爆ドーム見てたら色んなこと思って気が引き締まるし、瀬戸内海の海沿いの道、車で走ってるだけでも気持ちええよ!

女の子達はちょっと遠いけど大久野島っていう「ウサギ島」って呼ばれてる所は野ウサギがそこらへんピョンピョンしてて可愛いから好きなんじゃないかな?

 


詩:11月7日には広島で諒のバースデーライブもあるし、その際案内してもらおうかな。ウサギも見たいし。

しかし間に合ってよかったね。

去年、「来年こそはバンドを動かして、地元でバースデーやりたい」って言ってたから。

 


諒:そうね!絶対にバンド組んだら最初のバースデーは広島でしたかったんよ。

広島の子達に自信を持って帰れるバンドを見せてあげたかった。

メンバーも確定する前からみんなにお願いしてたもんね!「バースデーは広島でやりたい!」って。

それに二つ返事で「いいと思うよ!」って言ってくれたのは本当に嬉しかった。

遠いのにわがままに付き合ってくれてありがとうね。

 


詩:お互いがお互いのわがままを楽しむことでこのバンドは成立してます(笑)。

その意気で、みんなで一つ一つ有言実行して行ったらやがては目標に届くかもね、いきなり大きなことを言っても人は「どうせ…」って言うかもしれないけど、一つ一つクリアしてさ。

何年経ってもどこまでも一緒に行きましょうよ。

 


諒:そうね! なんか始動してもすぐ解散しちゃうバンド多いし、それって応援してくれてるファンの子達が一番可哀想って言うか、本気で応援してくれてる子達に「…なんでなん…。」って思わせたくないし、そんな顔見たくないし。

オレ達もそうなる事は誰も考えてないしね。

ファンで居てくれる子達をガッカリさせないようにちゃんと先を見据えて一つ一つ登って行きたいね。

 


詩:僕ら自身、人生の時間を無駄にする為にバンドを始めたわけじゃないしね。

では次回はついにリレーインタビューシリーズ最終回。

皆様からすれば謎が多いであろうVo.双真を掘り下げてもらいます。

始動も目前、その辺りも含めてメッセージをよろしく!

 


諒:始動も近くに迫っててバンド一丸となってこれから愛していきたいと思ってもらえるバンドとしてのライブをできるよう、頑張ってます!

始動、主催ツアーも来れる方は是非一度でも見に来てください!

来なければ良かったとは思わせないライブにするので是非体感してみてください!!

次は遂にボーカル双真です。

オレ、インタビューとかした事ないけど大丈夫なんかな?(笑)。

熱血感ある双真だけど、それだけじゃない魅力も少しでも伝えれるようにがんばります!

 

 

 

 

確信をついた(!!)インタビュー、詩結さんありがとうございました!!

そして、漢気番長!!広島愛たっぷりの諒さん、次週のインタビュー宜しくお願いします!!!

 

さて、音源を聞いてライブへ是非…と言いたい所なのですが、お陰さまで始動主催、10月25日(金)池袋EDGE公演は前売りチケットが完売となっております!

主催ツアーも予定されておりますので、そちらもチェックしてみて下さい!!

 

 6

 

 

 

 

★Ashmaze.オフィシャルサイト★
https://www.ashmaze.com

★オフィシャルTwitter★
https://twitter.com/AshmazeOfficial

 

====================

 

●ご挨拶動画コメント


<LIVE SCHEDULE>

 

始動主催イベント

【公演日】2019年10月25日(金)
【会 場】池袋EDGE
【公演名】Ashmaze. Presents「inner universe」
【時 間】開場17:00/開演17:30
【料 金】前売3,500円(D別)/当日4,000円(D別)

 

【出 演】
Ashmaze. / ザアザア/ SCAPEGOAT / Develop One’s Faculties / ラク×ガキ

 

★チケット:
※予定枚数終了※
https://eplus.jp/sf/detail/3049310001-P0030001

3.始動情報画像

——————————–

【始動主催TOUR】
——————————–
11月02日(土) HOLIDAY NEXT NAGOYA
11月05日(火) 梅田Zeela
11月07日(木) 広島セカンドクラッチ【Gt.諒Birthday】
11月15日(金) 池袋EDGE【TOUR FINAL】

4.CD&主催情報画像

====================


◆RELEASE
Ashmaze. 1st Mini Album
——————————–
【発売日】2019年10月16日
【タイトル】「錯覚」
【品番】AMRCD-001
【価格】2,500円(税別)

【収録曲】
1.カゲロウの錯覚
2.ラベル
3.羨望
4.欺瞞
5.シャボン玉
——————————–

 


◆INSTORE EVENT
——————————–
10月26日(土)12:00 littleHEARTS.新宿店
11月03日(日)16:00 fiveStars(名古屋)
11月06日(水)15:00 ライカエジソン大阪店
11月06日(水)18:00 littleHEARTS.大阪店
11月07日(木)13:00 広島マジカルスクエア
11月16日(土)13:00 ライカエジソン東京店
11月16日(土)15:00 自主盤倶楽部(東京)
——————————–

 

●MEMBER

Vo.双真

▲Vo.双真
Twitter
https://twitter.com/Ashmaze_Souma

Gt.諒
▲Gt.諒
Twitter
https://twitter.com/Ashmaze_Ryo

Gt.詩結
▲Gt.詩結
Twitter
https://twitter.com/Ashmaze_Shiyu

Ba.Яyu
▲Ba.Ryu
Twitter
https://twitter.com/Ashmaze_Ryu

Dr.S1TK
▲Dr. S1TK
Twitter
https://twitter.com/Ashmaze_S1TK






2019年10月18日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

【ぞんび】ぞんび FINAL ONEMAN TOUR「ゾンビ死ス」明日10:00いよいよチケット一般発売開始!

LIVE - 20:00:14

本日、”グロフェス”ワンマン編を完売御礼にて終幕したぞんび。

 

来月11月1日の新潟からスタートする要注目のワンマンツアー「ゾンビ死ス」、チケットの一般発売がいよいよ明日10月19日(土)10:00より開始!

重大発表もひかえるツアーファイナルを含む全6公演、お見逃しなく!

 

 

TOUR SCHEDULE————

 

11月1日(金) 新潟CLUB RIVERST

開場18:30/開演19:00

スタンディング ¥3,800(税込/D別)

※3歳以上チケット必要

一般発売日:10月19日(土)10:00

ローソンチケット0570-084-003 [Lコード:74700]

https://l-tike.com/order/?gLcode=74700

(問)サイレン・エンタープライズ 03-3447-8822

…………………………………………

11月8日(金) 名古屋ell.FITS ALL

開場18:30/開演19:00

スタンディング ¥3,800(税込/D別)

※3歳以上チケット必要

一般発売日:10月19日(土)10:00

ローソンチケット0570-084-004 [Lコード:43372]

https://l-tike.com/order/?gLcode=43372

(問)ell.FITSALL 052-211-3123

…………………………………………

11月17日(日) 札幌Crazy Monkey

開場16:00/開演16:30

スタンディング ¥3,800(税込/D別)

※3歳以上チケット必要

一般発売日:10月19日(土)10:00

ローソンチケット0570-084-001 [Lコード:11637]

https://l-tike.com/order/?gLcode=11637

(問)Crazy Monkey 011-211-4480

…………………………………………

12月6日(金) 大阪RUIDO

開場18:30/開演19:00

スタンディング ¥3,800(税込/D別)

※3歳以上チケット必要

一般発売日:10月19日(土)10:00

ローソンチケット0570-084-003 [Lコード:74700]

https://l-tike.com/order/?gLcode=74700

(問)サイレン・エンタープライズ 03-3447-8822

…………………………………………

12月8日(日) 福岡DRUM SON

開場17:00/開演17:30

スタンディング ¥3,800(税込/D別)

※3歳以上チケット必要

一般発売日:10月19日(土)10:00

ローソンチケット0570-084-003 [Lコード:74700]

https://l-tike.com/order/?gLcode=74700

(問)サイレン・エンタープライズ 03-3447-8822

…………………………………………

-TOUR FINAL-

12月21日(土) 赤羽ReNY alpha

※重大発表有り

開場17:00/開演17:30

スタンディング ¥4,300(税込/D別)

※3歳以上チケット必要

一般発売日:10月19日(土)10:00

ローソンチケット0570-084-003 [Lコード:74700]

https://l-tike.com/order/?gLcode=74700

(問)サイレン・エンタープライズ 03-3447-8822

【整理番号】[A番]FC・WEB有料会員先行/[B番]オフィシャル先行/[C番]一般発売

【入場順】A番→B番→C番

 

====================

 

ぞんび オフィシャルサイト

https://zombie-web.com

YouTube Zany Zap official

https://www.youtube.com/user/zanyzapofficial


2019年10月18日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

必読!!【キュア】<10月21日発売>Vol.195 / 2019年12月号★巻頭大特集:キズ / Sick2

NEWS - 12:00:25

毎月楽しみな必読雑誌「キュア」!!!

WebやSNSもいいけれど…ちゃんと手に取って、大切に読んで頂きたいのがこの「キュア」です♪
手元に残るものって、やっぱりいいですよね☆

 

ということで今月のキュアは!


====================


キュア  Vol.195

(2019年12月号/2019年10月21日発売) 

価格:¥1,200(税込)/¥1,091(本体価格)

※特別付録:トレーディングカード付き!

 

——————————-☆

 

■巻頭大特集■

 

★キズ
★Sick2

 

——————————-☆

 

■BAND FEATURE

☆ザアザア
☆BabyKingdom

 

■今月のオススメ
☆グラビティ

 

■BAND FILE
☆SCAPEGOAT
☆えんそく

 

■BAND CLOSE UP
☆アンドゥー

 

■BAND PICK UP
☆NICOLAS
☆ラク×ガキ

 

■ライブ特集
☆THE DEAD P☆P STARS
☆己龍
☆Royz
☆RAZOR
☆POIDOL

 

■Personal Interview
☆來堵(アルルカン)
☆かる。(MAMIRETA)

 

■対談
☆yo-ka(DIAURA)×公大(Royz)
☆「Leet FEST 2019」[D13(Leetspeak monsters)/潤(Bräymen)/ANGEL-TAKA(UCHUSENTAI:NOIZ)/taama(ROACH)/featuring16(Jin-Machine)]

 

■特別企画

☆海&瑠伊(vistlip)Special Talk Session
☆HALLOWEEN企画[楓(R指定)/LiN(ユナイト)/teru(Blu-BiLLioN)/ワジョウ(ギャロ)]
☆DOG inThePWO ~「わんリオピューロランド」のすべて見せます!!~

 

■FASHION&STYLING
☆スタイルカウンシル[奏音(モンストロ)]

 

…ほか

 

====================

 

★キュア Official HP★

https://cure-net.com/

★キュア  Official Twitter★

https://twitter.com/cure_office

★Amazon★

https://amzn.to/2prx0I2



2019年10月18日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

【インタビュー】Sho-ka(Vogus Image):何かを背負うのではなく、純粋に音楽創作やライブ活動へ自分の想いを注いでみたい。

NEWS - 11:19:59

Vogus Imageが活動を凍結させたのが、2005年のことになる。バンドは2001年に結成。活動は実質4年ほどになるが、相応の動員を記録し続けていたように、2000年代前半期のヴィジュアルシーンを語るうえで欠かせないバンドの一つとして、その存在を輝かせていた。爆発寸前の感情を抱え込んだスリリングなスタイルは、当時の音楽シーンの中でもスタイリッシュでダークな妖しい香りを放っていた。

 

ご存じの方もいるかと思うが、Vogus Imageは盟友の追悼ライブのためにメンバーが顔を合わせ演奏した2010年より不定期な形でだが活動を再開している。ライブ本数も、何時しか毎年行うようになった周年公演以外は、懇意にしている人たちに誘われ年に2-3本動いている程度のように決して多くはない。むしろ神出鬼没な活動を示している。

 

ヴォーカルのsho-ka自身も、「メンバーみんな、今は余計な意識を背負うことなく、それぞれが集まれるペースで、何に縛られることなく自由にバンドを楽しんでいる。昔のように、ワンマンを行えば数百人集まる環境ではない。だからこそ今は、本当にVogus Imageを愛してくれる人たちと一緒にVogus Imageの音楽を純粋に楽しんでいます」と語ったように、Vogus Imageとして歌うことを素直に楽しんでいるのが現状だ。

 

だからこそsho-kaの中には、「改めて、本気で音楽を楽しみたい」想いや創作意欲が沸きだしていた。それが今、自身のアコースティックユニットLiving Propertyとしての活動や、ソロアルバム「making our world」の制作へと繋がった。ここからは、sho-kaの言葉をインタヴュー形式でお届けしたい。

 

——————————-

Vogus Imageのsho-ka、ソロアルバム「making our world」を発売。Vogus Imageナンバーもリアレンジし、収録!!

——————————-

 

 

――sho-kaさんと言えば、Vogus Imageのヴォーカリストとして活動中。バンドは2005年に凍結。でも、2010年に集まったことをきっかけに不定期ながらコンスタントに活動を続けているよう、何時しか活動を再開していたんですね。

 

sho-ka :ふたたびメンバーが集まったのは、懇意にしていたバンドメンバーの追悼ライブのためにVogus Imageとして演奏をしたことがきっかけでした。そのときから「再始動をしよう」と強く意思を掲げたというよりも、メンバーみんなの想いがVogus Imageへ向いていたこともあって、精力的に…というよりは、不定期ながら集まってはワンマンを中心に活動を続けています。今も、毎年”周年ライブ”としてワンマン公演を行えば、誘いによっては2マンライブを行うなど年に何度か動いています。

 

――同時に、ソロ活動も行っているわけですよね。

 

sho-ka:過去にもソロアルバムを制作していれば、現在はアコースティックユニットLiving Propertyとしての活動も行っています。ただし、積極的にという意識で言えば、本当にここ最近からふたたび音楽へ力を注ぎだしたと言ったほうが正しいと思います。その一環として手がけたのが、通販と会場限定で発売するアルバム「making our world」になります。

 

――ふたたび音楽の血を滾らせた理由も気になります。

 

sho-ka:Vogus Imageを凍結していた頃とは違い、ある程度年月を重ねたことで、より純粋に音楽を楽しめている自分がいることが大きいのかな。実際にVogus Imageとしての活動も、メンバーみんなもそう。Vogus Imageとして何かを…ではなく、その都度、Vogus Imageを通して音楽を、ライブを純粋に楽しんでいるからこそ、限られた機会を大切に活動を続けられている。その機会を重ねていく中、このまま年齢を重ね中途半端に踏み出せないままでいるよりも、何かを背負うのではなく、純粋に音楽創作やライブ活動へ自分の想いを注いでみたい。そんな気持ちから創作意欲が沸き上がり、以前にお世話になっていた方にも協力していただければ、今回のアルバム制作でも、楽曲のアレンジなどを手がけてくださる方と一緒に自分の想いを具現化し始めたわけなんです。

それに、今でも僕やVogus Imageを応援してくれている人たちへの。もちろん、今は離れてしまったかつてのファンたちへの一番の恩返しこそ、僕自身が今、一番純粋に楽しんで作る音楽を届けることだと思い、今回のアルバム「making our world」を作りました。

 

――sho-kaさんの音楽へ向きあう意識がどんどん研ぎ澄まされている、その環境はファンにとっても嬉しいことだと思います。

 

sho-ka:正直、まだまだダメ人間ですけど。昔とは違う充実感を覚えていれば、自分自身との向きあい方も、よりポジティブに楽しめるようになってきた。それくらい今は、余計なものを背負うことなく純粋に音楽を楽しんでいる。その姿勢でいれることが、良い作品や良いモチベーションへと繋がっていますからね。

 

――昔は、いろいろ背負うものがありましたもんね。

 

sho-ka:勝手に背負っていたところはあったなと思います(笑)。

 

――Vogus Imageのライブも、毎回楽しんでいるようですね。

 

sho-ka:昔みたいに、ワンマンを行えば何百人も押し寄せる状況ではないのが現実です。だからこそ、本当にVogus Imageを愛してくれる人たちと一緒に、純粋にVogus Imageの楽曲やライブを楽しめている面は強いなと思います。

 

 

——————————-

当時の音源を持っている方は、ぜひ聞き比べながら、その違いを楽しんでください。

——————————-

 

 

――アルバム「making our world」には、Vogus Imageナンバーも入れてますよね。

 

sho-ka:「絶対零度」と「act」をrearrange versionとして収録しています。Vogus Imageの楽曲を収録したのも、純粋に自分なりに今のモードでリアレンジしたいなと思ったことからです。

今でもVogus Imageで演奏しているように、ソロ作品へVogus Imageの楽曲を入れるにあたってメンバーにも相談しました。もちろん、みんなOKしてくれたからこそ入れたわけですけど。今後も機会があるならVogus Imageの楽曲をソロとしてリアレンジしてみたいなと思っていますけど。でも、それをやるならVogus Imageとしてやるべきですよね(笑)。当時の音源を持っている方は、ぜひ聞き比べながら、その違いを楽しんでください。

 

――アルバム全体的に激しさや雄大さを抱いた曲たちが多い印象も受けました。

 

sho-ka:以前に作ったソロアルバムの頃と比べたら、割と元気な印象を受けるんじゃないかな。前作ではもっとスローテンポな曲調も多く、今回ほどキーの高い楽曲も入れてなかったことを思い返すと、今回はより挑戦的な面も増えれば、自分自身高揚する気持ちを抱きながら曲制作へ向かっていた理由もあって、より攻めた表情を持った楽曲たちを詰め込んだ元気な作品になったなとは感じています。

個人的にお勧めしたい楽曲の一つが、「tranceparency」。まだVogus Imageが活動している十数年前に作った楽曲を、今の自分ならどんな風に解釈して形にするだろうか。その興味も持って作り上げたように、Vogus Imageの音楽性を知っている人なら、その印象を持ってこの歌を受け止めて欲しい。それが、今のsho-kaとしてのスタイルなんだと受け止めてもらいやすいかも知れないです。そしてもう一つが、アルバムの最後に収録した「色相環」。この楽曲の歌詞や曲調は、Vogus Imageとして精力的に活動していた頃の気持ちを取り戻しながらも、今なりの想いを持って作品にした歌。Vogus Imageの頃から好きな人たちなら、その当時の匂いを。今回初めてsho-kaに触れた人たちには、「こういうスタイルを表現しているアーティストなんだ」と感じてもらえるはず。

もちろん、1曲1曲すべてに想いを詰め込めば、とくに歌詞へは、今の自分の心境や心情をいろんな角度から投影しているように、今のsho-kaという表現者の想いをアルバム「making our world」から感じ取ってもらえるんじゃないかなと思ってる。

    

——————————-

その人の進むべき未来によって楽曲の受け止め方が変わってゆく。それこそが僕が求めている楽曲。

——————————-

 

 

――アルバムを出すということは、ここから活動も活発化してくということでしょうか。

 

sho-ka:先にVogus Imageについて言うなら、毎年のアニバーサリー公演はやっていくけど、あとは不定期なように、先の展開の読めない姿を楽しんでください。

 

――ちょうど10月19日に高田馬場CLUB PHASEで「『Vogus Image「18」ワンマンライブ』」が行われますからね。

 

sho-ka:まさに18周年のアニバーサリーライブとしてね。この日に、アルバム「making our world」を会場先行発売し、翌日から通販サイトでも販売を開始します。

 

――18周年ということは、20周年も間もなくじゃないですか。

 

sho-ka:現状、10月19日のライブを終えたらVogus Imageとしてのライブは真っ白な状態ですけど。メンバーの誰一人「もう活動を止めよう」とは言ってないように、そういう言葉が出ない限りは進み続けるんじゃないですかね。ただし、先のことは自分でも何もわかりません。20周年へ向けVogus Imageとして新しい音源を作り出そうとするのか、「もう活動を止めよう」と誰かが言い出し、このまま止めてしまうのか…。なので、Vogus Imageに関しては見れる機会があったらぜひ見逃さずにいてください。

ソロに関しては、現在行っているアコースティックユニットのLiving Propertyを軸に、そこでソロ曲たちも披露しながらライブ活動をしていこうと思っています。こちらは、そんな遠くない時期にバンドスタイルへ移行するつもりなので、そちらの展開も楽しみにしていただけたら嬉しいです。

音源に関しても、アルバム先行で「絶対零度-Single-」を配信すれば、今も変わらずに新曲を作り続けているように、どんな形になるかはわかりませんが、音源も届け続けます。ただ、ライブの本数に関しては昔のように詰め込むことはなく、そこは自分なりにじっくり向きあえるペースでとは考えています。

 

――改めて、アルバム「making our world」についてひと言お願いします。

 

sho-ka:アルバムに収録した曲たちはどれも今聴いて感じる想いもありながら、その人が経験を重ねた中、後に捉え方を変えて胸に響く歌たちばかりになっています。その人の歩み方次第で、その人の進むべき未来によって曲の受け止め方が変わってゆく。それこそが僕が求めている楽曲のように、その変化を楽しむうえでも、ぜひ長く聞き続けてください。僕自身が、十数年前に書いたVogus Imageの楽曲を歌いながらその変化を楽しんでいる人ですからね(笑)。

 

 

 

 

TEXT:長澤智典

 

====================

 

 

★音源情報★

 

 

『making our world』

2019.10.20(Sun)on sale

 

※通販限定(10/19 高田馬場CLUB PHASEにて会場先行販売)

PRICE:¥3,300(tax in)

 

  1. 勝者の呪い
  2. making our world
  3. cataclysm
  4. rebirth
  5. crayons
  6. 絶対零度_rearrange version
  7. tranceparency
  8. act_rearrange version
  9. 南天簪
  10. 色相環

 

通販サイトURL:

https://shoka.official.ec/

https://soundsource.stores.jp/

 

 

====================

 

★LIVE情報★

 

 

■ 10/19(土)高田馬場CLUB PHASE

『Vogus Image「18」ワンマンライブ』

チケット販売(e+):https://eplus.jp/sf/detail/2941490001

 

 

■ 11/10(日)本八幡Route Fourteen

Living Property/百直/RYO from KING/唯(umbrella)

 

====================

 

 

  • PROFILE●

 

 

sho-ka

 

2001~2005

Vogus Imageとして精力的に活動。

 

2010~

Vogus Image再活動をし、アニバーサリー記念公演ワンマンやイベントに出

 

2018~

sho-kaソロ活動をし、portablerainやLiving Propertyというバンドやユニットも行いつつ、それぞれの活動にて、音源リリースやライブ活動を行っている。

 

====================

 

 

<Official Blog> https://ameblo.jp/sho-kablog/

<Official Yutube Channel>

https://www.youtube.com/channel/UCLkEfDDAJ7Oa4StuajfkuMw?view_as=subscriber

<Official LINE@> @mzv6267t

<Official Twitter> @si1002_official                          



2019年10月17日 (木)

Share on Facebook
LINEで送る

【アゲハ】2019年12月に1st Full Album発売&リリース記念ワンマン開催を発表!

NEWS - 23:00:29

L→R(ヒロキ/YUKIA/揺紗/齋藤紳一郎)

 

 

アゲハが、今年12月5日にニューアルバム『AGEHA』をリリースし、同日12月5日に渋谷REXにてリリース記念ワンマンをを開催することを発表した。

 

本日10月17日、アゲハ史上最大キャパである新宿LOFTにて開催された一周年ワンマン<アゲアゲ蝶会議2019>にてリリースが発表された。

アゲハ初となるフルアルバム。

今年3月にLIVE MVとして公開された「Reverb」をはじめ、リリックビデオが公開されている「舌蝶-ZECCHO-」、「FANTASMA」などを含む計11曲を収録。

会場限定版と配信限定版の2タイプで発売される。

 

1周年という節目を迎え、さらなる大きな飛躍が期待されるアゲハから目が離せない。

 

====================

 

 

 

<ライブ情報>

 

2019年12月5日(木)渋谷REX

アゲハ 1st FULL ALBUM“AGEHA”リリースパーティ

「アゲハの”今夜もアゲNIGHT”〜渋谷REXより生放送〜」

 

OPEN 18:30 / START 19:00

前売 ¥3500 / 当日 ¥4000

 

 

[出演]

アゲハ

 

★チケット:

 

<チケット詳細>

A:e+先行チケット(抽選販売)

※受付期間【10月18日(金)12:00〜10月31日(木)23:59】

※入金期間【11月2日(土)13:00~11月5日(火)21:00まで】

B:e+一般チケット

発売日:11月9日(土)10:00~

 

■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)

https://eplus.jp/sf/detail/3121560001-P0030001

 

 

【問】SHIBUYA-REX 03-5728-4911

 

====================

 

 

 

<リリース情報>

 

★1st FULL ALBUM「AGEHA」(会場&配信限定)

2019年12月5日(木)RELEASE

 ageha_jacket

[全11曲収録]

 

====================

 

 

 

<メンバープロフィール>

 

Vo./Gt. 揺紗

Gt. 齋藤紳一郎

Ba.YUKIA

Dr. ヒロキ

 

——————————-

 

 

 

◆オフィシャルTwitter

https://twitter.com/ageha_official

 

◆オフィシャルSoundCloud(全曲視聴可)

https://soundcloud.com/a-ge-ha

 

★オフィシャルサイト

http://a-ge-ha.tokyo