NEWS

2017年02月28日 (火)

Share on Facebook
LINEで送る

【イベント出演ライヴレポート】<umbrella>理性を忘れた「黒い祭典」。3月14日(火)、Zirco Tokyoにてワンマンライブ開催。

REPORT - 15:00:23

 

結成記念日である314日にZirco Tokyoを舞台にしたワンマン公演umbrella ONE-MAN Chapter.4 踏出 」】」が控えているumbrella

彼らが225()に初台ドアーズで行われたイベント<the Quadruple  赤の日>に出演、身近にせまったワンマンライブへ向けた勢いをつけるに相応しいステージングを行った。

 

 

お馴染み、クラシカルな『雨に唄えば』の歌に導かれメンバーが舞台上へ姿を現した。

-Shu-のギターがハウリング音を鳴らしたのを合図に、怒号の如く凄まじい音の洪水が一気にあふれだした。

「始めようぜ!」

-Yui-の煽りを受け、フロアー中から一斉に突き上がる無数の拳。

触れた人の感情へ熱いエナジーを注ぎ込む『レッドシグナルデイ』に触発され、観客たちも大きく身体を動かしてゆく。

その身を震撼させる激烈な音の衝撃と衝動。

狂気を抱いた音と嘆きを携えた歌が、熱を持って心を嬉しく掻きむしりだした。

 

「イケるかー!」荒ぶる演奏はさらに激しく駆けだした。ザクザクとした音が身体を貫いてゆく。

荒れ狂う音に飛び乗りながら、高揚した歌声を放つ唯-Yui

『ギザギザ回路』が連れ出したのは、意識を、感覚を、ギザギザに破壊する黒い熱を帯びた衝動だった。突き上がる無数の拳。それが、目の前のフロアーに渦巻く熱狂の答えだ。

 

衝動は鳴り止まない。猛り狂った轟音を次々と叩きつけてゆく演奏陣。

ギターを携えた唯-Yui-も、荒ぶる音に身を預けクールに、でもスリリングかつ重厚な演奏の上で呪詛のように言葉を唱えてゆく。

『電脳・少年・スピーカーーー。』

感情を破壊し、熱を増幅させるような楽曲だ。

フロアー中がヘドバンや折り畳みの風景に赤黒く染まってゆくのも納得だ。 

圧倒的な破壊力に、ただただ熱狂を返す姿でひれ伏すしかなかった。でも、それが恍惚だった。

 

それは静かな衝動だった。

重い波紋が広がるように、痛い音が唸りを持って会場中に満ちだした。

体感的な衝撃だけが興奮ではない。

その音色が身体を浸食してゆくたびに、胸の奥からゆったりと、でも赤い血が沸騰するような衝動がフツフツと沸き上がってゆく。

『造型アリス』を奏でながらumbrellaは誘いをかけてきた、沈むような狂気の中で一緒に悲嘆に暮れないかと。

刹那な音の波にゆっくり浸らないかと呼びかけていた。

 

 続く新曲では、ザクザクとしたギターの音と荒れ狂うリズム隊の轟音が交錯。

体感的な衝動で、圧倒的なパワーを持って、umbrellaは触れた人たちの意識を重く過激な音の唸りの中へ飲み込んでいった。

吐き散らす感情的なヘヴィグルーヴが嬉しく身体を揺らしていた。

それは、熱狂のコスモへと意識を導くように…。

 

 奈落へ引きずり込むように、ラウドでグランジな音が触れた人たちの意識の手をグイグイ闇へと引っ張りだした。

黒い衝撃というべきか、止めどなく銃撃するように『シェルター』が重く歪んだ音の弾丸を次々と撃ち放ってゆく。

 

 身体を激振動してゆく将-Sho-のドラム、重量感満載でヘヴィな狂気のグルーヴを描き出す春-Hal-のベース、

-Shu-のギターは荒れる感情のままに歪んだ音を場内へ撒き散らしてゆく。

黒く重い音のドラマの中で、魂を掻きむしるように、生を知らしめるよう唯-Yui-が『永久地図』を歌いあげていた。

一体化した演奏に身も心も釘付けになっていた。

あまりにも衝撃な音の唸りとメッセージをしっかり全身で受け止め、身体へ染み込ませて痛(いた)かった。

 

ただただ狂えばいい、己の感覚が導くがままに…。ただただ暴れればいい、お前自身がそれを求めたいのなら…。

 

-Shu-のギターが「暴れろ!!」とばかりに、研ぎ澄まされたタイトでリズミカルな演奏の上でソリッドなリフを刻みだした。

一斉に暴れだした観客たち。

痛い音の上で唯-Yui-は雄々しく、まるで司教のような存在感を持って『Labo』を歌いかけてきた。

これは儀式だ、黒い唸りの中で理性を壊しなさいと言わんばかりの祭典だ。

 

最後にumbrellaは『Witch?』をブースト。

ヒステリカルでサイコでラウド、ダークでトランシーでサイコティックな音が意識を、感覚を歪ませていく。

踊り狂えばいい、暴れ騒げばいい。何時しか会場中の人たちが右手を頭上高く掲げては空へ向け高く跳ね続けていた。

そうしないと本当の自分でいれないとでも言うように。

 

45分という時間の中、 何時しか誰もがumbrellaの作り上げた黒い祭典の中で理性を忘れていた。

意識を吹き飛ばし破壊するこの黒い熱狂、次はumbrellaの生誕日である314日のワンマン公演で思う存分に浸ろうか…。

 

 

PHOTO◎荒川れいこ(zoisite)

TEXT◎長澤智典

 

====================

 

2017.2.25 the Quadruple 赤の日」>

umbrella setlist

 

M-1. レッドシグナルデイ

M-2. ギザギザ回路

M-3. 電脳・少年・スピーカーーー。

M-4. 造型アリス

M-5. 新曲

M-6. シェルター

M-7. 永久地図

M-8. Labo

M-9. Witch?

 

====================

 

umbrella ONE-MAN Chapter.4 踏出 」】

2017314()  Zirco Tokyo

 

開場18:30 開演19:00

<チケット> 前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000 (入場時ドリンク代別途)

 

Aチケット(umbrellaライヴ会場販売) 販売終了

Bチケット e+ https://goo.gl/uuKtzn  

・バンド予約(umbrella.information@gmail.com

※入場順 A→B→バンド予約

 

来場者に2012年にリリースされた名曲「微熱」(2nd Mini Album「モノクローム」収録曲)の

リアレンジバージョン「微熱(Re:Recording)」を当日入場者限定で無料配布!

https://www.youtube.com/watch?v=17SIubThi1Q 

 

 

umbrellaオフィシャルサイト

http://xxumbrellaxx.com/ 

 








2017年02月28日 (火)

Share on Facebook
LINEで送る

【アザナ】関西から活動を開始する新人歌謡ロックバンド、彼らが音で語る『感傷文学』とは?

NEWS - 14:30:03

 

関西の地にて、新人歌謡ロックバンドが誕生する。その名は『アザナ』。『感傷文学』をコンセプトに、誰もが抱く心の闇や、ヒトの儚さ、死をテーマに歌い、生を叫ぶ。


メンバーは、Vo.LUM、Gt.RAI、Ba.Sakuraの三人。


1st SINGLE『嘘/アマガサ』は現在、表題情報しか公開されていない。まだ未公開な情報が多い彼ら、今後の発表に期待したい。

 

そして、平成二十九年三月二十七日には、神戸VARITにて初始動上演が決定している。

その後も既に上演がいくつか決定しており、精力的な活動が見込まれそうだ。

 

今後の動向をチェックしていきたい。

 

——————————-


■公演情報
2017.03.27(月)神戸VARIT
アザナ レコ発主催〜花隈の変〜


開場:17:30 / 開演:18:00
料金:adv.¥3,000/door¥3,500(D代別)


出演:アザナ / LIPHLICH / etc


チケット一般発売:2/26(日)〜

 

■アザナ公式総合情報
http://azana-official.com
■アザナ公式お問い合わせ
info@azana-official.com


2017年02月28日 (火)

Share on Facebook
LINEで送る

【NOCTURNAL BLOODLUST】3月8日、初となるベストアルバム「THE BEST ’09-’17」をリリース。会場限定音源も発売、「同志達よ、集え」!

RELEASE - 12:00:29

 

2017年3月8日、NOCTURNAL BLOODLUSTは
初となるベストアルバム「THE BEST ’09-’17」をリリースする。

 

昨年開催されたSCREAM OUT FEST2016における圧倒的なパフォーマンスが大反響を呼び、
その後初となるヨーロッパツアーを成功させ、LOUD PARK16、VISUAL JAPAN SUMMIT 2016といった大規模フェスに出演。

いずれも確かな爪痕を残し、国内外のメタル・ハードコア、ヴィジュアル系シーンにその名を轟かせている。

これは、そんな彼らに関心を抱きつつあるリスナーの入門編として、まさしく”ベスト”と呼べる作品だ。

 

今回のベストアルバムは、彼らが最も主眼を置く【ライブ】を意識した選曲となっている。

 

NOCTURNAL BLOODLUSTに限らず、あらゆるロックバンド・アーティスト達が【ライブ】に主眼を置く時代だ。
ライブ会場の熱は、YOUTUBEの動画などでは到底伝え切る事が出来ない。
リアルな熱を求める者達がライブハウスに集い、二度と帰らぬ瞬間にその身を捧げるのだ。
NOCTURNAL BLOODLUSTも、そのファンもまた然り。

 

多くのファンを熱狂させてきた彼らのライブ定番曲は、いずれもリミックス・リマスターされ、
よりリアルな”熱”を感じさせるトラックに仕上がっている。

 

それのみならず、高い評価を得ている最新EP「ZeTeS」以来となる新曲が収録される。

NOCTURNAL BLOODLUSTファン待望の新たなトラックがどのような仕上がりになっているのか?

 

独自の信念を貫き続け、スクリーモ/メタルコア、ヘビーメタル/ハードロック、ヴィジュアル系といった
それぞれの祭典に大抜擢され、その正しさを証明してきた彼らは、新たに何を提示するのか?
是非、自らの耳で確かめて欲しい。

 

そしてこのベストアルバムに続き、2017年4月1日に行われる新木場STUDIO COASTワンマンにて、
会場限定音源の発売が決定した。よって二ヶ月連続のリリースとなる。

 

前述の通り、彼らはライブに最も主眼を置くバンドだ。
会場限定という形で作品をリリースするのも、バンドがライブという”リアル”にこだわる証拠といえよう。
これはNOCTURNAL BLOODLUSTからの「同志達よ、集え」という招集メッセージだ。

 

2017年4月1日、新木場STUDIO COAST。

 

彼らの2017年における”今”。

 

そして”未来”がそこにある。共に見届けよう。   

 

(sizuku)

 

====================


2017.03.08 RELEASE
「THE BEST ’09-’17」 TEASER

 

NOCTUNAL BLOODLUST
THE BEST ’09-’17 2017.03.08 RELEASE

PRE-ORDER
http://www.cdjapan.co.jp/product/DAKN…

THE BEST ’09-’17
初回盤のみデジパック仕様
品番;NCBL-20
価格:3,900 (税別)

収録曲 CD+CD
DISC 1
01. Determination
02. BREAK THIS FAKE
03. Malice against
04. Punch me if you can
05. 銃創
06. T.Y.R.A.N.T
07. I-V-III
08. Sphere
09. GENESIS
10. V.I.P
11. VENOM

DISC 2
12. Eveil
13. Calamity of Victims
14. DESPERATE
15. Strike in fact
16. Obligation
17. PROVIDENCE
18. FATE
19. Aster
20. Bury me
21. A bullet of skyline
22. A Day to re:member


NOCTURNAL BLOODLUSTが、自身初のベストアルバムをリリース! 過去シングル・アルバムからライブ定番曲を選出するのみならず、現在プレミア化している入手困難音源、未発表の新曲を加え、圧巻の全22曲を収録! ノクブラの軌跡と世界観が存分に堪能できる作品。

The first greatest hits album with 22 tracks total, including rare ones and unreleased new ones.

 

——————————-


《ONEMAN LIVE》

 

■全国ONE MAN TOUR “DEIMOS”-TOUR FINAL-
4/01(土) 新木場 STUDIO COAST
※会場限定CD 発売決定!


■ASIA TOUR 2017 「GRIMM the PILGRIM」 
4/14(金) 香港 HIDDEN AGENDA
4/16(日) 台北 THE WALL

 

——————————-

 

《EVENT LIVE》


3/05(日) LIQUIDROOM 恵比寿
※「THE BEST ’09-’17」 先行販売決定!
3/08(水) 豊洲PIT
3/26(日) LIQUIDROOM 恵比寿
5/23(火) TSUTAYA O-EAST
6/02(金) Zepp Tokyo

 

《IN STORE EVENT》
3/11(土) ZEAL LINK 渋谷
3/12(日) TOWER RECORDS 新宿
4/29(土) Brand X
4/30(日) Like an Edison 東京


■NOCTURNAL OFFICIAL SITE
http://www.nocturnalbloodlust.com/

 



2017年02月27日 (月)

Share on Facebook
LINEで送る

謎に「まみれた」新バンド。ついにそのヴィジュアルと情報が一挙解禁!!

NEWS - 22:00:11

謎の新バンドとしてデモンストレーションライブとホームページのみを公開していたバンド「まみれた」の情報がついに解禁された!

 

まさに今日、2月27日に初となるデモンストレーションライブを行った彼らだが、
ありがちな「ヴィジュアル系」バンドとは一線を隔する中毒性のある楽曲とメロディ。
さらには歌詞の世界観も独特で、初めて目にしたオーディエンスさえも虜にしてしまう音を奏でていた。

 

現時点で解禁されている情報は、そのヴィジュアルとスケジュールのみであるが
早くそのサウンドを全国に届けて欲しいとリリースが待ち遠しいと思えるバンドだ。

 

リリースのその時まで、ライブ会場に足を運び
彼らの音にまみれて楽しんで欲しい。


文章:熊田 雪

 

====================

 

Official web:
http://mamireta.com

 

——————————-


◆デモンストレーションライブ情報

 

【EVENT】
03月27日(月)
池袋BlackHole

 

04月11日(火)
高田馬場AREA

 

04月17日(月)
高田馬場AREA

 

04月27日(木)
高田馬場AREA

 

03月13日(月)
池袋BlackHole

 

05月24日(水)
Shinjuku club SCIENCE

 

05月29日(月)
池袋BlackHole

 

====================

 


Vo.伐
1
Twitter:
https://twitter.com/BATSUmamire


Gt.Ryusei
2
Twitter:
https://twitter.com/ryuseimamire


Ba. かる。
3
Twitter:
https://twitter.com/karu_mamire


Dr.未来
4
Twitter
https://twitter.com/MIRAImamire


2017年02月27日 (月)

Share on Facebook
LINEで送る

【カメレオ】ラストワンマンツアー即完会場続出。6月17日(土)舞浜アンフィシアターにてラストワンマン追加を発表!

NEWS - 18:00:49


先日、2017年の6月でバンド解散を発表したカメレオ。

昨日、4月5日(水)渋谷WWWから始まるラストワンマンツアーのチケット一般発売が開始となったが、即日完売となる会場が続出。

解散発表直後から追加公演の要望が多数届いていることを受け、急遽会場を調整。
ファンの声に応える形でのラストワンマンライヴが発表された。

会場は、カメレオにとって初となる「舞浜アンフィシアター」での開催となり、6月17日(土)に行われる。
正真正銘カメレオのラストライヴとなる同公演は、売り切れ必至のプレミアムライヴになるだろう。
4月5日(水)のチケット一般発売に先駆けて、先行受付がもスタート。
モバイルFCカメレオマニアでの受付が2月27日(月)18:00〜3月6日(月)15:59まで、
オフィシャルHP先行での受付が3月7日(火)12:00〜3月13日(月)15:59までとなっている。

オフィシャルサイトでは、3月22日リリースのニューシングル『生きづLIFE!!』と

ラストワンマンツアーに向けてのオフィシャルインタビューが掲載。

世の中の「不倫騒動」から影響を受けて誕生した『生きづLIFE!!』の歌詞などの制作秘話に加え、
解散の発表を受け、心配しているファンに向けた内容も記載されているので、
詳しくはオフィシャルサイトをチェックして欲しい。

また、本日2月17日OAのFM802「REDNIQS」(24:00〜27:00)で、
「生きづLIFE!!」がラジオ初OAされる事も決定している。
こちらも是非チェックしていただきたい。

 

——————————-

 

■カメレオ
Official HP http://www.kameleo.jp/
Official Blog http://ameblo.jp/kameleojp
Official Twitter https://twitter.com/kameleojp/

 

——————————-

 

★3/22(水)発売 LAST SINGLE
「生きづLIFE!!」オフィシャルインタビュー http://www.kameleo.jp/life 

 

——————————-

 

■LIVE情報

カメレオ LAST LIVE「WE ARE KAMELEO!!」
6月17日(土)舞浜アンフィシアター
OPEN 16:15 / START 17:00
【チケット料金】前売 6,300円(税込・全席指定)

●モバイルFCカメレオマニア先行 
受付期間:2月27日(月)18:00〜3月6日(月)15:59
受付:スマートフォン http://sp.kameleo-mobile.jp 
●オフィシャルHP先行
受付期間:3月7日(火)12:00〜3月13日(月)15:59
お申し込みはコチラ http://ticket.deli-a.jp/ 
【チケット一般発売】4月5日(水)
(問) HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

 

——————————-

 

■カメレオ ラストワンマンツアー 「WE ARE KAMELEO!!」


4月05日(水) 渋谷WWW ※Thank you SOLD OUT!!
4月08日(土) HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3 ※Thank you SOLD OUT!!
4月15日(土) 新横浜NEW SIDE BEACH!! ※Thank you SOLD OUT!!
5月04日(祝・木) 福岡DRUM Be-1
5月07日(日) 高松DIME
5月14日(日) 名古屋ell.FITS ALL ※Thank you SOLD OUT!!
5月20日(土) 札幌ペニーレーン24
6月03日(土) 仙台MACANA ※Thank you SOLD OUT!!
6月11日(日) OSAKA MUSE ※Thank you SOLD OUT!!

【料金】前売 4,500円 / 当日 5,000円(税込・スタンディング・ドリンク代別途)

 

====================

 

≪リリース情報≫


2017年3月22日発売

ニューシングル『生きづLIFE!!』

 

【初回生産限定盤】CD+KMカード DCCSG-11 ¥1,800+税
<CD>
1.生きづLIFE!!
2.ついカッとなって殺った
3.五線譜のなかで
<KMカード特典>
「生きづLIFE!!」MV&メイキング
カメちゃんねる -生きづLIFE!! ver.-

 

【通常盤】CDのみ DCCSG-12 ¥1,400+税
1.生きづLIFE!! 
2.ついカッとなって殺った 
3.五線譜のなかで
4.やりづLIVE!!(生きづLIFE!!替え歌 5VOCAL ver.)
5.カメトーク

 

====================

 

■インストア情報
4月9日(日) タワーレコード池袋店
4月9日(日) ヴィレッジヴァンガード池袋サンシャインアルタ店
4月22日土) 自主盤倶楽部
4月23日(日) 渋谷ZEAL LINK
4月29日(土) ライカエジソン東京店
5月5日(金) ヴィレッジヴァンガード福岡FREAKSパルコ店
5月5日(金) ミュージックプラザインドウ
5月6日(土) デューク高松
5月13日(土) 名古屋スペースD
5月21日(日) タワーレコード札幌ピヴォ店
5月21日(日) 音楽処
5月27日(土) タワーレコード渋谷店
5月28日(日) タワーレコード新宿店
5月28日(日) little HEARTS.新宿店
6月4日(日) little HEARTS.仙台店
6月10日(土) 大阪ZEAL LINK
6月10日(土) タワーレコードNU茶屋町店