NEWS

2021年12月04日 (土)

Share on Facebook
LINEで送る

【KAKUMAY】新MV「猛毒」公開!2021年12月11日(土)池袋EDGEにて1stONEMAN<DEADMAN SHOW-FINAL->を開催!

NEWS - 20:00:57

KAKUMAYが新MV「猛毒」を公開した。

https://youtu.be/qATX3pUOxLg

 

 

さらにOFFICIAL Twitterではリツイート企画もはじまり、抽選で『メンバーサイン入りロゴTシャツ』が5名様にプレゼントされるとのことなので、是非ゲットして欲しい!

https://twitter.com/KAKUMAY_JP

 

12月11日(土)には池袋EDGEにて1st ONEMANが開催される。

 

====================

 

<LIVE INFO.>

image2.jpeg


■1st ONEMAN
「DEADMAN SHOW-FINAL—」
2021年12月11日(土) 池袋EDGE


[開場 / 開演]
17:30/18:00



【スーパーウルトラスペシャルチケット】¥15,000(税込)
豪華特典:メンバーと一緒にこの日のライブの打ち上げオフ会に参加出来る特典付きの最優良席となります。
【てうりウーバー「S」チケット】 ¥4,000 (税込)
特典:手売りの際にメンバーと一緒に写真を撮れちゃいます。オンラインストアにてコチラのチケット購入の際は直筆メッセージ付きポストカードが付きます!
【かくやすノーマルチケット】 ¥3,500(税込)

 

◆手売りチケット:手売りチケット購入アカウント こちらにDMを送っていますぐGET

 

◆かくやすノーマルチケット:
【受付日程】e +にて9/4(土) ~
https://eplus.jp/sf/detail/3460840001-P0030001

 

 

====================

 

★KAKUMAY OFFICIAL SITE★

https://www.kakumay.com/

 




2021年12月03日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

【MUCC】新体制としてのライヴツアーを完走、2022年6月9日にNEW ALBUM発売決定!6月11日の水戸VOICEを皮切りに、全19本行われる新ツアー<MUCC TOUR 2022「     」〜Beginning of the 25th Anniversary〜>を開催

NEWS - 21:00:24

MUCC新体制初のツアー<MUCC TOUR 202X 惡-The brightness WORLD is GONER>のファイナル・東京USEN STUDIO COAST公演のMCにて、NEW ALBUMのリリース、及びNEW ALBUMを提げた全国ツアーが発表された。


24年間ともに走り続けたSATOちの脱退から間髪入れずに、両A面ニューシングル「GONER/WORLD」を発売し、NEW SINGLEを提げたツアーを完走したMUCC。

全19本に及ぶライヴツアーは彼らの地元である茨城県・水戸VOICEを皮切りに開催、チケット詳細等は後日アナウンスされる。

 

====================


<NEW RELEASE>


★NEW ALBUM「タイトル未定」
2022年6月9日(木)発売

※収録曲未定  

 

====================

 


<TOUR>

 


■『MUCC TOUR 2022「     」〜Beginning of the 25th Anniversary〜』
2022年6月11日(土) 水戸VOICE
2022年6月12日(日) 水戸VOICE
2022年6月18日(土) 新潟LOTS
2022年6月19日(日) 金沢EIGHT HALL
2022年6月25日(土) 神戸Harbor Studio
2022年6月26日(日) 大阪 BIG CAT
2022年7月2日(土) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
2022年7月3日(日) 高松 festhalle
2022年7月10日(日) 仙台 GIGS
2022年7月16日(土) 札幌 cube garden
2022年7月17日(日) 札幌 cube garden
2022年7月23日(土) 浜松 窓枠
2022年7月24日(日) 名古屋 ダイアモンドホール
2022年7月26日(火) 京都 KBSホール
2022年7月30日(土) 福岡 BEAT STATION
2022年7月31日(日) 福岡 BEAT STATION
2022年8月19日(金) Zepp Nagoya
2022年8月21日(日) Zepp Osaka Bayside
2022年8月28日(日) Zepp DiverCity Tokyo

※チケット詳細等は、後日お知らせします

 

====================



<RELEASE>


★NEW SINGLE「GONER/WORLD」 発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)MSHN-116/117 ¥2,420(税込)
【通常盤】 MSHN-118 ¥1,485(税込)
MV https://youtu.be/CN5_n93-z80 

 

 

====================

 


<イベント情報>


■DANGER CRUE 40th Anniversary JACK IN THE BOX 2021 supported by MAVERICK DC GROUP
2021年12月27日(月) 日本武道館

 

OPEN 14:00 / START 15:00
【チケット料金】前売 ¥8,800(全席指定・税込)
【プレイガイド4社合同最終先行予約】12月1日(水)12:00~12月7日(火)23:00
JACK IN THE BOX 2021オフィシャルサイト http://www.jack-itb.com/ 

 

====================



<Official HP> http://www.55-69.com/ 
<Official Twitter> https://twitter.com/muccofficial 
<Official Instagram> https://www.instagram.com/mucc_official/ 
<Official Facebook> https://www.facebook.com/facemucc
<Official YouTube Channel> https://www.youtube.com/user/muccofficial 
<Official Weibo> https://www.weibo.com/muccofficial


2021年12月03日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

【ライヴレポート】<Eins:Vier LIVE 2021 ”NOVEMBER LUST”>2021年11月27日(土)Shibuya STREAM HALL◆「ここまでの30年とか31年の間この3人が音楽の世界で生き残って来たということは本当に素晴らしいこと」──Luna(Ba)

REPORT - 20:00:55

 あたたかくて、優しくて、それでいて何時もどこかには翳りや憂いをも滲ませながら、その根底にはしっかりとした力強さと頼もしさが感じられる音楽を、紆余曲折を経つつも今日に至るまで誠実に紡ぎ続けてきたバンド。思うに、Eins:Vierとは我々にとってそんな存在なのではなかろうか。

 

 

 そして、彼らEins:Vierは本来であれば2020年に30周年記念を迎えてそれに伴う動きをみせていくことになっていたはずだったのだが、いわゆるコロナ禍の影響により予定されていたライヴやツアーが相次いで中止・変更・延期へと追い込まれてしまうことに。故に、結果として各公演にはあらたに[30th+1 ANNIVERSARY. SINCE1990-2021]という題目が冠されたうえで、今年2021年に入ってから開催されていくことになったのだった。

 

 

 ただ、それだけイレギュラーな出来事が続いたからこその番狂わせ的な展開として、先日11月27日には公式に“2021”と銘打った唯一のライヴとして[Eins:Vier LIVE 2021 “NOVEMBER LUST”]が少人数制での観客動員+リアルタイム配信の形式で渋谷ストリームにて追加開催されることになり、これはある意味でバンド側にとってもファンにとっても大変喜ばしい予測外な事態とあいなったわけだ。

 


 かくして、本当の意味で“30th+1 ANNIVERSARY”を締めくくるライヴとなった今宵のステージにおいて、まず彼らが奏で出したのは、昨年
21年ぶりの新曲を5曲収録したミニアルバムとしてリリースされた『five sights』からのtouch or don’t touch you know」と「100年の幻想」で、そのいずれからも感じられたYoshitsuguの響かせるアルペジオの繊細さや、Lunaの鳴らすベースラインの中にあふれる歌心、Hirofumiが発する声によって描き出される機微は、まさにEins:Vierならでは!と言えるものばかり。

 


 むろん、両曲とも彼らにとっての最新曲であると同時にそれぞれに色合いも違うのは確かなのだが、たとえば老舗ピッツェリアのマルゲリータやらマリナーラやらビスマルクなどがそれぞれに違うテイストを持ちながらも、その土台となる生地の組成自体は基本的にどれも同じであるというのとどこか似ていて、Eins:Vierという老舗バンドが醸し出してみせる根本的な味わいは30年の時を超えても、曲調があれこれと違ったとしても、良い意味でどれも全くブレずに変わらないものとして味わうことが出来るものなのである。

 


 ちなみに、ピッツァの場合で言えばどんな時でも同じような食感の生地を作り出すというのは単に何時も同じように作成すればいいという次元の話ではなく、日によって気温や湿度に合わせて生地配合や発酵度合を見極めて順応させていく必要があるそうで、これまたその複雑な構図はバンドが音楽を生み出していく過程とも不思議と共通点があるように思えてならない。

 


 つい我々が安易に口に出してしまいがちな“Eins:Vierらしさ”という言葉の裏には、きっと彼らの音楽に対する揺るぎない信念、尽きることのない情熱、微細にして徹底したこだわり、といった各ファクターが限りなく作用しているのであろうし、その時々の状況によってもさまざまな加減は変わっていき、それによって多様性をはらんだEins:Vierの世界は見事に構築されてきたものなのであろう、と筆者は推測している。

 


「こんばんは。[LIVE 2021 “NOVEMBER LUST”]ということで遂に始まりましたが、ここまでには30th ANNIVERSARYを“30th+1 ANNIVERSARY”としてやってきて長い長い歳月が経ちました。今日はそのファイナルでもありますし、実は“2021”と題してやる初めてのライヴでもあります。欲望をむき出しにして、思いっきり楽しみましょう!」(Hirofumi)

 


 新曲群から一転してのすこぶる懐かしい「メロディー」に始まり、10年前の再結成時に出演したイヴェント[V-ROCK FESTIVAL ’11]でも演奏されていた「Words of Mary」、聴いていると往年のライヴの光景が自然と甦ってくる「Notice」…と、すっかり気分が高揚したところで本編中盤に場内へと降り注がれたのは、冬の穏やかな情景を映し出した名曲「街の灯」。

 


 アッパーな曲で派手に盛り上がるのが楽しいのはもちろんのことだが、Eins:Vierには普遍的な魅力を持つ名曲が数多く揃っていることも特徴的な点で、その感覚はこの後に歌われたリリカルな「花の声」などからも伝わってきたものだったのではないかと思う。

 


「今日は少し優雅に自分に酔いしれながら弾こうかなーなんて思ってたんですけど、いざライヴが始まってみたら何時もと変わらん全力ですわ(笑)。まぁ、一昨年から久しぶりの新曲も作っていろいろと準備もして「さぁ、30周年行くぞ!」となった途端にこの有り様でちょっと時間は空いてしまったけど(苦笑)、それでもここまでの30年とか31年の間この3人が音楽の世界で生き残って来たということは本当に素晴らしいことであるなと思ってます。今回の30周年は途中で予定が中止になったり変更になったりでいろいろあったし、正直「何時終わるんやろう?!」って感じるくらい長く果てしない道のりでしたが、それでもなんとか今日までたどりつくことが出来ました。まぁ、1年半かけて長々とやって来たおかげで今日のライヴが追加で増えたわけなんで、これはとても素敵なことだとは思いませんか?僕もめっっっちゃ嬉しいです!感謝してます、ありがとう!!」(Luna)

 


 ここからの本編後半ではEins:Vierにとっての鉄板ライヴチューンとして長年にわたり君臨してきた「L.e.s.s.o.n」と「In void space」が連打され、場内に集ったファンらは声こそ発せないとはいえよりいっそうの盛り上がりぶりをみせることになり、それこそライヴタイトル通りの “NOVEMBER LUST”がこの場面では炸裂したと言えるだろう。

 


 また、アンコールでは95年夏にメジャーデビュー・シングルとして世に送り出された不朽の名曲「Dear Song」で〈忘れられなかった あのメロディーに想いをはせながら…〉という一節に今さらながらの感慨を感じることも出来たほか、この曲ではLunaだけでなくサポートドラマーの岡本唯史氏も一緒に歌詞を終始口ずさんでいた点が印象的で、その微笑ましい様子から岡本氏の胸の中にある深いEins:Vier愛を感じたのは何も筆者だけではあるまい。

 


 なお、この後には「In your dream」など計3曲が演奏されたWアンコールもあり、その場ではLunaから今回の[LIVE 2021 “NOVEMBER LUST”]の模様を軸とした4枚組のBlu-ray作品が後日発売となることが発表され、Eins:Vierの30th Annivesaryプロジェクトはそのリリースをもって最終的に完結することが告げられたのだった。

 

 

「今までもこれからもずっとEins:Vierを好きでいてくれる人たちに贈りたいと思います。聴いてください…!」(Luna
 Eins:Vierのおりなす心のこもった音楽たちを存分に堪能出来たこの夜、渋谷ストリームホールの場内へと最後の最後に放たれたのはシングル「蒼い涙」のカップリング曲でもあった「Liquid blue sky」。〈眠れずに不安な夜が来ても 大丈夫さ 夜明けは待ってる さぁ明日へ〉というこのポジティヴな歌詞の内容を思えば、何故この場で彼らがこの曲を奏でたのかは明白で、この歌は今この時世を生きる人々へのメッセージとして伝わってきた。

 


 あたたかくて、優しくて、それでいて何時もどこかには翳りや憂いをも滲ませながら、その根底にはしっかりとした力強さと頼もしさが感じられるEins:Vierの音楽は、これからも彼らを愛するわたしたちと共にこの先の未来へと進んでいってくれるに違いない。

 

====================

 

Eins:Vier LIVE 2021 “NOVEMBER LUST”

2021/11/27 Shibuya STREAM HALL

M-1 touch or don’t touch you know

M-2 100年の幻想

-M.C-

M-3 メロディー

M-4 Words for Mary

M-5 Notice

-M.C-

M-6 街の灯

M-7 花の声

M-8 Not saved yet

●Luna M.C

M-9 three stories

M-10 I mean what I say

M-11 L.e.s.s.o.n

M-12 In a void space

 

ENCORE①】

En-11 Come on loser

 

●Luna M.C

En-2 I feel that she will come

En-3 Dear song

 

ENCORE②】

En-4 In your dream

En-5 In your next life

En-6 Liquid blue sky

 

END SE

 

 

TEXT:杉江由紀

PIX:荒川れいこ(zoisite

 

 

====================

 

 

【オフィシャルHP

https://eins-vier.wixsite.com/eins-vier

five sightsデジタル配信】

https://linkco.re/T7D7R9S2

five sightsティザー映像】

https://youtu.be/CcY4C0krUE4

Eins:Vier Youtube Channel

https://www.youtube.com/user/EinsVierOfficial











2021年12月03日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

【David(ダヴィデ)】12月8日(水)にLIVE DVD・CDが同時発売!Trailer連日解禁!

RELEASE - 19:00:58

SUIソロプロジェクト・Davidが10月12日にSHIBUYA PLEASURE PLEASUREで行った”Hexagramearth”コンセプトでのツアーファイナルワンマン公演<Hexagramearth -運命の糸と意図->。

上記を映像作品化したLIVE DVD「Thread of fate and intent -20211012 SHIBUYA PLEASURE PLEASURE-」が12/8(水)にリリースされる。

この作品のTrailerが、本日より発売日の12/8まで連日19時に公開される予定。

 

●Trailer

URL : https://youtu.be/KSnyIMfEnX4

 

本作は初のホール形式の公演となり、Davidが得意とする会場の空間を活かした、コンセプチュアルで舞台を見ているようなパフォーマンスと、楽器陣が織りなす迫力の演奏が堪能出来るアイテムとなっている。

 

 

そして、同時発売のCD「Hexagramearth -運命の糸と意図-」。

こちらは今年4月に発売した1st FULL ALBUMの出荷完売を受け、新たな追加曲やLIVE TAKEを含め内容を再構成してまとめられたALBUMとなっている。

 

 

今回産み出された2作品は、Davidがテーマに掲げる”六芒世界”を説明するにふさわしく、様々な角度からDavidの魅力を楽しめる為、入り口にも、理解を深めるにも最高のアイテムと言えるだろう。

それぞれ徹底的な拘りを感じるアートワークや音作りから、Davidが現実とは一線を画す新たな世界を提示し、創り上げたいという意思がひしひしと伝わってくる。

 

年末~年始にかけ、LIVE本数が絞られている為どれも必見の公演ラインナップが並ぶ。

観るものの選択によって、どんな想いや世界を提示されるのか楽しみだ。

2022年の5th Anniversaryの活動も、今から楽しみである。

 

====================

 

<Release Info>

 

★David 新章Tour FINAL LIVE DVD

「Thread of fate and intent -20211012 SHIBUYA PLEASURE PLEASURE-」

 

SUI(Vocal) and Joint Artist erina(Guitar) Яyu(Bass) SHO(Drums)

 

完全限定盤

トールケース仕様

…………………………………………

DVD_Thread.jpeg

Thread Ver DVD ¥7,000(TAX OUT) RDDV-004A

※Wアンコール映像 特典DISC封入

…………………………………………

DVD_Intent.jpeg

Intent Ver 2DVD ¥7,000(TAX OUT) RDDV-004B

※SUI Solo Angle+Joint Artist Angle 特典DISC封入

…………………………………………

【特典一覧】

●専門店初回特典
A2ポスター (Thread / Intent で2Verあり)

●Wizard Store
LIVE CD (Thread / Intent で2Verあり)

https://wizardstore.stores.jp/items/616a92d654ddd84e1399cf5d
https://wizardstore.stores.jp/items/616a9299a7e5603325803dcf

12/12 八王子フランセス教会 アウトストアイベント
※2形態+パンフレットセット
https://wizardstore.stores.jp/items/616a9e9a4e808263b1d96e18

 

——————————-

 CD.jpeg

★David Repackage Album

「Hexagramearth -運命の糸と意図-」

 

完全限定盤

20Pブックレット、Pケース仕様CD

¥3,500(TAX OUT) RDCD-023

メーカー完売しているダヴィデ1st Album”Hexagramearth”収録曲を中心としたリパッケージアルバム。

スタジオテイク、ライヴテイクをSUIがセレクトして再構築。

さらにボーナストラックも加わり、2021年を締めくくるボリューム感満載のアルバムとなっている。

…………………………………………

【特典一覧】

●Amazon…アーティストフォトA絵柄
https://www.amazon.co.jp/dp/B09JKYY3GT/ref=cm_sw_r_tw_dp_0NRMGF2MPMX1RHZND7TZ

●Neowing (CD Japan)…アーティストフォトB絵柄
https://www.neowing.co.jp/product/RDCD-23
https://www.cdjapan.co.jp/product/RDCD-23

●Like an Edison 各店…アーティストフォトB絵柄
https://la-edison.com/products/2021-12-08-david-hexagramearth-%E9%81%8B%E5%91%BD%E3%81%AE%E7%B3%B8%E3%81%A8%E6%84%8F%E5%9B%B3?_pos=3&_sid=e718ffdc8&_ss=r

●TOWER RECORDS…アーティストフォト C絵柄
https://tower.jp/item/5268317

●HMV…アーティストフォト C絵柄 ※インストアイベント予定!詳細後日発表
https://www.hmv.co.jp/product/detail/1233781

●自主盤倶楽部…サイン入りチェキ
https://www.jishubanclub.com/index.php/hexagramearth.html

●Wizard Store…朗読CD
https://wizardstore.stores.jp/items/616ad61ff1f39a506a9727e1

…………………………………………

【参加Artist (敬称略/順不同)】

erina (Guitar)

HIZAKI from Versailles / Jupiter  (Guitar)

源 依織 from Phobia(Guitar)

Toshi (Bass)
70. from XANVALA (Bass)

Яyu from Ashmaze. (Bass)

Syu (Drums)

SHO (Drums)

Mao (Piano)

 

====================

 

David Official Site https://davidofficial.net/

SUI Twitter https://twitter.com/_David_SUI


2021年12月03日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

【JACK IN THE BOX 2021】第5弾情報解禁!総勢14名が参加する「MDC 40th Anniversary SUPER ALL STARS」の追加アーティスト、YUKI(REACTION)、NAOKI(REACTION/ex.BODY)が緊急参戦!◆2021年12月27日(月)日本武道館◆

EVENT - 18:00:14

MAVERICK DC GROUP主催のライヴイベントDANGER CRUE 40th Anniversary JACK IN THE BOX 2021 supported by MAVERICK DC GROUP>が、20211227日(月)日本武道館にて開催される。

 

今回、MDC 40th Anniversary SUPER ALL STARSの参加メンバーに、YUKI(REACTION)、NAOKI(REACTION/exBODY)が急遽発表された。
これまでに類をみないオールスターズ参加メンバーの事前発表。



今年は、今回発表されたYUKI(REACTION)、NAOKI(REACTION/exBODY)に加えて、NOCTURNAL BLOODLUSTからValtz(Gt.)、Natsu(Dr)を加えた総勢18名の出演が決定。
REACTIONのファーストアルバム「INSANE」は1985年にDanger Crue Recordsの第1弾として発売され、まだ「インディーズ」という言葉が黎明期にあり、レコードの流通経路が限られていた当時としては破格となる1万枚を突破するという画期的なセールスを記録した。
「ぶっ倒れる奴は、うしろで見てろ」と言う大胆不敵なキャッチコピーを引っ提げ、スピード感満載の過激なライヴを展開して来たREACTION。
今回も当時を彷彿させる過激なパフォーマンスを期待しよう。


「and more」の表記から、まだまだ出演者や参加メンバーが徐々に発表されるであろう。
また、今回のMDC 40th Anniversary SUPER ALL STARSのプロデュースはTetsu(D’ERLANGER)が担当。
グループの創成期を担い、多くのアーティストから尊敬と敬意を集めるTetsuならではのプロデュース能力が披露されるセッションに大きな期待が集まる。
様々な名シーンが生まれてきたこのセッションも、グループ発足40周年と言うことでの「集大成」感が大きくフィーチャーされるであろうことは間違いない。
こちらの今後の動きにも要注目だ。

 

 

現在、発表されている出演アーティストは、

44MAGNUM feat.高崎晃(LOUDNESS) -JACK IN THE BOX SPECIAL VERSION-、D’ERLANGER (CIPHER/SEELA/Tetsu) feat.HYDE/INORAN(LUNA SEA)/逹瑯(MUCC)MUCC feat.GRANRODEO、DEZERT feat.暁(アルルカン)/来夢(キズ)、NOCTURNAL BLOODLUST feat.宮田大作(a crowd of rebellion)/Kaito(Paledusk)、fuzzy knot、そして謎に包まれたままのPetit Brabanconとなる。

 

 

JACK IN THE BOX 2021プレイガイド先行予約にてチケット受付中。
40年の歴史とシーンの更なる未来の目撃者として12月27日(月)日本武道館のステージは見逃す事はできない。
続報を震えて待て。

 

====================

 

●DANGER CRUE 40th Anniversary JACK IN THE BOX 2021-TeaserⅤ-

https://youtu.be/Kw9eFsem-Tk

 ====================

 

■DANGER CRUE 40th Anniversary

JACK IN THE BOX 2021

supported by MAVERICK DC GROUP

 

20211227日(月) 日本武道館

開場14:00 / 開演15:00

——————————-

【出演アーティスト】

・Petit Brabancon
・fuzzy knot
・NOCTURNAL BLOODLUST feat.宮田大作(a crowd of rebellion)/Kaito(Paledusk)
・DEZERT feat.暁(アルルカン)/来夢(キズ)
・MUCC feat.GRANRODEO
・D’ERLANGER (CIPHER/SEELA/Tetsu) feat.HYDE/INORAN(LUNA SEA)/逹瑯(MUCC)
・44MAGNUM feat.高崎晃(LOUDNESS) -JACK IN THE BOX SPECIAL VERSION-

 

*NEW*

MDC 40th Anniversary SUPER ALL STARS

are

Shinji(シド)/明希(シド)/ゆうや(シド)/
Paul(44MAGNUM)/STEVIE(44MAGNUM)/Jimmy(44MAGNUM)/jack/CIPHER(D’ERLANGER)/SEELA(D’ERLANGER)/
逹瑯(MUCC)/ミヤ(MUCC)/YUKKE(MUCC)/HYDE/YUKI(REACTION)/NAOKI(REACTION)/
Valtz(NOCTURNAL BLOODLUST)/Natsu(NOCTURNAL BLOODLUST)/Tetsu(D’ERLANGER)
and more…

 

——————————-

 

★チケット:

【プレイガイド4社合同最終先行予約】
<受付期間> 12月1日(水)12:00〜12月7日(火)23:00

 …………………………………………

<受付URL> 

ローソンチケット https://l-tike.com/dangercrue40th

イープラス https://eplus.jp/jitb2021/  

チケットぴあ https://w.pia.jp/t/jitb2021/

ticket board https://ticket.tickebo.jp/jitb2021/

※枚数制限は、1人最大4枚まで

 ——————————-

【チケット料金】全席指定:前売¥8,800(税込) / 当日¥9,900(税込)

4歳以上有料

※出演者の変更に伴うチケットの変更、払い戻しはできません。ご了承ください。

 ——————————-

【公演に関するお問合せ】 SOGO TOKYO 03-3405-9999

 

====================

 

 

JACK IN THE BOX 2021オフィシャルサイト http://www.jack-itb.com