NEWS

2019年09月13日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

【ライヴレポート】<PENICILLIN LIVE2019~祭り~>2019年8月31日(土)赤羽ReNY alpha◆満員の観客と荒ぶるライブの熱気で、会場は猛暑ならぬ「サウナ祭り」!!

REPORT - 23:36:28

 

  831()という夏も終わりを迎えた時期に、PENICILLINが終わりゆく夏を派手に締めくくる夏祭り、その名も「PENICILLIN LIVE2019~祭り~」を赤羽ReNY alphaを舞台に行った。 祭り囃子が流れる会場は、隅から隅まで観客たちが埋めつくしたように、開演前から場内はもの凄い熱気に包まれていた。たくさんの期待を胸に、彼らがこの日、どんな熱狂の祭りを描いたのか、ここへ記そうか。

 

  華やかなEDM系の祭りビートに乗せ、メンバーが舞台へ姿を現した。ステージ上の3人とも、祭りの場に相応しい浴衣姿。ライブは、インディーズ時代からステージを彩り続けてきた「Quarter Doll」からスタート。突き刺すようような千聖の激しいギター音に煽られた観客たち。そこへ重なったHAKUEIの「祭りだー!!」の声。ザクザクとした千聖のギターの音が、O-JIROの轟くドラムの音が場内の熱気を掻き回す。ワイルドな演奏の上で、挑むようにHAKUEIが歌声をぶつけてゆく。ド頭からスリリングな演奏が観客たちの荒ぶる気持ちを熱く触発。誰もが天高く拳を突き上げ、舞台上からあふれ出る荒ぶる衝撃をしっかり受け止めていた。

 

  妖艶な魅力を振りまきながらHAKUEIが歌いだしたのが「99番目の夜」だ。心を陶酔させる艶やかな歌声の横では、千聖が轟音を撒き散らす。それが、PENICILLINが示した今宵の宴のスタイル。陶酔と過激、二つの魅力を絶妙に絡めながら進むステージ。熱気と恍惚に、早くも気持ちがメロメロに崩れそうだ。

 

 野太いギターリフが連れてきたのが、「秘蜜のデザート」。タイトなO-JIROのビートを背に受け、HAKUEIがしゃくりあげるように歌を突きつける。攻めゆく姿の中へ甘い陶酔を覚えさせるところも、HAKUEIの歌唱スタイルの特徴だ。なじるように、でも優しさも秘めながら歌う姿が艶かしい。突き刺す演奏が、感情を荒く揺さぶる、さぁもっともっと興奮の蜜を与えてくれ。

 

 突き刺す演奏をさらに加速させるように、PENICILLINは「γ-大戦」を演奏。挑む姿勢のまま、切っ先鋭い歌と演奏を満員の観客たちの身体に、心臓(ハート)に刺し続ける。途中、艶かしいHAKUEIの歌声響くメロウなブロックも登場。巧みに緩急を付けながらも、高ぶった気持ちのテンションを落とすことなく、ライブはどんどん熱を膨らませ続けていた。

 

 MCの第一声が「熱いね」という言葉。思わず場内からも「熱ーい」の声が飛び交うほど、序盤にも関わらず、早くも場内には熱気が渦巻いていた。PENICILLINにとって「祭り」というテーマは、意外にも初。「浴衣って涼しいイメージがあるでしょ。熱いね」と、話題も熱気に向いてしまう気持ちもわかる気がする。

 

  次のブロックで飛び出したのが、感情を一気に天高く連れ出す爽やかな開放チューン「WARP」。今宵は熱気も一緒に引き連れながら、青空へ向かって羽ばたくようにどんどんテンションを上げてゆく。むしろ、このままメンバーらと共に、真夏の熱狂を取り戻す景色へワープしたい。甘い陶酔導くHAKUEIの歌声とは裏腹に、激烈な音で爽快さへ刺激を注ぎ続ける演奏陣。そのバランス感が、嬉しく身体を騒がせる。

 

  ザクザクとした野太い千聖のギターが、身体を跳ねさせるロックンロールなリフビートを刻みだす。「UFO 対 ラオウ」の登場だ。扇子を扇ぎながら歌うHAKUEI。パーティロックな演奏へ誰もが身を任せ、心地好く身体をシェイク。誰もが童心に返り、ロックンロールな宴へ無邪気に身を任せ身体を揺らし続けていた。

 

 激しく攻めるようにPENICILLINは「ヒットエンドラン」を演奏。今にもけしかけんばかりの勢いに乗せ、彼らは歌と演奏をぶち噛ます。巧みに文字や映像などの演出も加え、PENICILLINは視覚面でも観客たちを挑発し続けていた。途中、千聖と観客たちによる「ヒットエンドラン」の掛け合いも登場。まさにここは、夏の高校野球の試合を彷彿させる熱気と精神力とをぶつけあう戦いの場だ。

 

  「夏の名残を楽しもうという企画なんですけど、夏真っ盛りだね」と語るHAKUEI。次の曲は、HAKUEIが涼しい気持ちを求めて選んだ楽曲。奏でたのが、「蛍火」。クールだけとエモーショナルなグルーヴを持った演奏に乗せ、HAKUEIが哀愁を胸に抱きながら切々と歌を唱えてゆく。背景には蛍火を模倣した光の映像が優しく飛び交っていた。身体は冷めぬ熱に包まれながらも、心には、晩夏の夜の風のような肌をスーッと涼しく撫でる歌を届けてくれた。

 

   「夏といえば、この曲」として選んだのが、「男のロマン」。今回は、楽曲を祭り囃子風のリズムに変え、「男のロマン(祭りver.)」として披露。千聖とファンたちによる「ぶんぶんぶん ぶぶんぶぶん」の掛け合いを受け、楽曲は一気にぎらつく太陽をつかむように駆けだした。滾る感情を、男気満載な歌と演奏に投影。途中、巧みに祭り囃子も折り込み、より一層夏のギラギラ感を増してゆく。HAKUEIと観客たちによる掛け合いなども加えながら、PENICILLINは会場にどんどん熱を膨らませていく。

 

脹らんだ熱を増幅させるように、PENICILLINは「聖・MARIAN HURRICANE」を演奏。胸くすぐるキャッチーでパンチの聞いたロックナンバーが気持ちを嬉しく騒がせる。こんなハリケーンなら、いくらでも巻き込まれたい。

 

 突きつける激しい演奏が、ふたたび気持ちを戦いの場へ連れ出した。スリリングな空気を醸しながら、HAKUEIが「赤裸の境界」を歌いたす。千聖の野太いギターサウンドとO-JIROの速射砲のようなビートの上で、艶かしくも観客たちを煽るように歌うHAKUEI。心地好い緊張感が、たまらなく刺激的だ。その熱をつかむように、フロアからも無数の手が舞台上へ伸びてゆく。その景色も壮観だ。

 

  ライブも終盤戦へ。PENICILLINはフロア中に渦巻く熱気ごと彼方の世界へ連れ出すように、「飛ばせ!!」と開放疾走ロックチューン「スペードKING」をぶち噛ました。野獣の咆哮のように荒ぶる千聖のギターの音へ飛び乗り、HAKUEIが風を切るように煽り続ける。なんて、気持ちをぶっ飛ばしてくれる楽曲だ!!!このまま感情をぶっ千切れ!!!

 

  熱狂に熱狂を重ねるように、熱気へ熱気を注ぐよう、PENICILLINはワイルドにブーストした「Dead Coaster」を演奏。高ぶった気持ちを、もっともっとアゲていけ。そのまま狂い咲け。まさに理性を消し去る衝撃を、PENICILLINは満員の観客たちにぶち蒔けていった。

 

  最後にPENICILLINは「DEATH DANCE」叩きつけ、フロア中を無数の拳突き上がる風景に。黒く激しいダンスビートを相棒に、絶叫飛び交う中、身体と身体をぶつけあう祭りの様を描きあげていった。メンバーと観客たちによる「DANCE  DANCE  DEATH DANCE」と荒ぶる声を上げてのやりとり。互いに感情を剥き出しに宴の中で暴れ祭る。まさに、熱狂が支配する祭りの風景がそこには生きていた。

 

  アンコールでは、O-JIROセレクションナンバーをお届け。披露したのが、祭りビートを持った「WARNING」。激しく疾走する跳ねたビートの上で、HAKUEIが煽るように歌をぶつけだす。身体を熱く騒がせる楽曲へ触発され、フロア中の人たちも身体を小刻みに揺らしていたのも印象的だ。今宵は徹底して「祭り」を意識。その姿勢が嬉しいじゃない。

 

  続いて披露したのが、「ロマンス」だ。会場中の人たちが、メンバーと一緒に歌を口ずさみながら、気持ちに興奮のアドレナリンを注ぎ込む。フロアのあちこちで揺れる手の花は、彼らへ想いを捧げる証。何時だって「ロマンス」は心に火照った陶酔を与えてゆく。大きく花開いた無数の手の花が、その想いを示していた。

 

  ふたたびアンコールへ。PENICILLINが最後に届けたのが、「FOR BEAUTIFUL MAD HUMAN LIFE」。猛々しいO-JIROのドラムビートに導かれ、気持ちが騒ぎだす。身体を突き刺す千聖の弾く荒々しいキターリフが、感情を滾らせる。HAKUEIの煽りを受け、誰もが身体を揺さぶり騒ぎ続ける。さぁ、激しく身体を折り畳み、このまま熱狂の黒い渦の中へ呑み込まれてしまおうか。

 

  熱気と熱狂を重ね、真夏を取り戻すような「祭り」を今宵のPENICILLINは見せてくれた。9月に入って以降も、PENICILLINは様々な動きを用意している。中でも、116日 に発売が決定したミニアルバムの完成が今からとても楽しみだ。

 

 

PHOTO: Takatsugu Kanda

TEXT:長澤智典

 

====================

 

PENICILLIN WEB

https://www.penicillin.jp/

PENICILLIN  twitter

https://twitter.com/PENICILLIN_info

 

====================

 

★インフォメーション★

 

千聖/O-JIRO BIRTHDAY LIVE決定!!

 

O-JIRO BIRTHDAY LIVE 「とのさまGIG 2019

会場:新宿ReNY

19.914() 17:15/18:00

19.915() 16:15/17:00

 

千聖 BIRTHDAY LIVE ROCK×ROCKstrawberry~」

会場:恵比寿LIQUIDROOM

19.105() 17:15/18:00

19.106() 16:15/17:00

 

[Ticket]

オールスタンディング¥6,500(税込/D)

6歳以上チケット必要

チケット情報

—————————

・チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:155-783]

https://t.pia.jp/pia/search_all.do?kw=155-783

・ローソンチケット 0570-084-003 [Lコード:71854]

https://l-tike.com/order/?gLcode=71854

e+ http://eplus.jp

—————————

<公演に関するお問い合わせ>

サイレン・エンタープライズ 03-3447-8822 (平日12時~18)

 

====================

 

PENICILLIN WINTER TOUR 2019 決定!!

WINTER TOUR 2019 FC LIMITED()

 

119() 新横浜NEW SIDE BEACH!![FC ONLY]

OPEN 17:30 / START 18:00

[]サイレンエンタープライズ 03-3447-8822

 

WINTER TOUR 2019()

1116() HEAVEN’S ROCKさいたま新都心

OPEN 17:30 / START 18:00

[]サイレンエンタープライズ 03-3447-8822

 

1117() PALOOZA

OPEN 17:30 / START 18:00

[]サイレンエンタープライズ 03-3447-8822

 

1123() 仙台HOOK

OPEN 17:30 / START 18:00

[]キョードー東北 022-217-7788

 

121() INSA福岡

OPEN 17:30 / START 18:00

[]GreeN Music 092-714-0230

 

127() 江坂MUSE

OPEN 17:30 / START 18:00

[]YUMEBANCHI 06-6341-3525

 

128() 名古屋SPADE BOX

OPEN 17:30 / START 18:00

[]ズームエンタープライズ 052-290-0909

 

——————————-

 

HAKUEI BIRTHDAY LIVE SUPER HEART CORE ’19

1215() TSUTAYA O-EAST

 

OPEN 17:15 / START 18:00

[]サイレンエンタープライズ 03-3447-8822

 

チケット

前売料金(税込) ¥7,000

当日料金(税込) ¥7,500

別途ドリンク代

6歳以上チケット必要

 

チケット情報

QUARTER DOLL先行 913()12:00~923(月祝)18:00

モバイルFC先行 925()12:00~929()18:00

オフィシャル先行 103()12:00~1010()18:00

制限枚数:4

 

====================

 

★音源情報★

 

待望のMiniAlbum -type同時発売決定!!

2019116()

待望のMiniAlbum 2-type同時発売決定!!

 

詳細近日公開

 

====================

 

セットリスト―

Quarter Doll

99番目の夜」

「秘蜜のデザート」

γ-大戦」

WARP

UFO 対 ラオウ」

「ヒットエンドラン」

「蛍火」

「男のロマン(祭りver.)

「聖・MARIAN HURRICANE

「赤裸の境界」

「スペードKING

Dead Coaster

DEATH DANCE

-ENCORE.1-

WARNING

「ロマンス」

-ENCORE.2-

FOR BEAUTIFUL MAD HUMAN LIFE





2019年09月13日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

【ライヴレポート】<Kra 18th anniversary LIVE 【続・花の青春18切符】>2019年9月11日(水)TSUTAYA O-EAST◆18周年を祝うワンマン公演で、2008年に開催した【花の青春18切符】ツアーを再構築。懐かしい曲の数々に熱狂し、青春時代へタイムトラベル!

REPORT - 23:07:01

今年もこの季節がやってきた。遡ること18年前となる2001911日にKraはライブ活動をスタートした。あれからちょうど18年後となる2019911()に、KraTSUTAYA O-EASTの舞台に立っていた。「Kra 18th anniversary LIVE【続・花の青春18切符】」と題したこの日は、Kraの活動18年間の締めくくりであり、19年目へ進むための新たな一歩を踏み出すためのライブ。

全景_DSC6130

  18年間、彼らは素敵な夢を描き続けてきた。同時に、様々な苦難も重ねてきた。とくに今年は、メンバーが2人になるというこれまでにない大きな変化を経験。この日は、サポートメンバーに舞(G)・中村禎(G)・優一(Dr)を迎えての編成。

G.舞_DSC0496

G.禎_DSC0362

D.優一_DSC0444

  先に伝えておくと、今回のライブは活動初期から2008年頃までの楽曲を中心に構成。この日のサポートメンバーの舞が、Kraを卒業する前の時期に演奏していた曲たちだ。しかもライブのタイトルが、2008年に行った【花の青春18切符】ツアーの続編となる【続・花の青春18切符】。11年ぶりの続編という理由は後に記すが、11月から同タイトルのツアーも始まるように次の旅へと繋がる始発のライブでもあれば、Kraの今後を示唆する意味でもとても興味深い内容だった。まさに周年公演らしい特別感を持った、しかもこの日は2時間半だけ時空を歪ませ過去へとタイムトラベル。心を青春時代にトリップし続けたライブの模様を、ここへ記したい。

 

  「さぁ腕を上げろ、そこから這い上がってみせな」、力強い景夕の声に合わせ飛び出したのが3rdアルバム『サーカス少年』に収録した「「_」(テイヘン)」だ。 時空を旅する列車が最初に停車したのが、2003年。勢い満載でライブへ挑むメンバーたち。その気迫に負けまいどころか、声を荒らげ、頭を振り乱し景夕の煽りへ挑みかかる観客たち。旅の幕開けは、とても荒々しい、互いに躍動とエナジーを放熱しあう熱狂の様から始まった。「揺らせ揺らせ揺らせこの世界を」と煽る景夕。冒頭から、会場にはクライマックスにも似た熱狂の風景が早くも描きだされていた。

 

  唸りを上げる舞のギターが呼び寄せたのが、「MH」だ。荒ぶるロックな音に胸を熱く掻き立てられ、騒ぐ観客たち。景夕はモニターに足を乗せ、観客たちへ挑むように歌声をぶつけてゆく。むしろ騒ぐ声を貪りながら、それを己のパワーに変え次々と吐きだしていた。

 

  熱い手拍子と軽快かつ和風なダンスビートに乗せ届けたのが、「春色の花」。軽やかにステップを踏みながら歌い奏でる景夕や結良。フロア中の人たちも、胸弾むビートに合わせ無邪気に飛び跳ねる。何時しか会場中がダンスフロアに変貌。熱気を膨らませながら、曲ごとに様々な熱狂夢中Kraは届けてゆく。まるで、あの頃のように限界を忘れて楽しもうよと誘うように。

B.結良_DSC0691

  18歳になりました。そろそろ中二病も抜けてくる頃ですけど」のMCに、変わらぬ景夕らしさを実感。MCでは「俺たちがどんなに腹黒かろうと君たちから見たらピュア」など、とりとめもない話をつらつらとしてゆくところもKraらしさ。そこは18年経っても変わらぬ姿勢だ。

  

  ザクザクとしたリズムを刻みながら演奏が走り出す。馳せるビートの上で景夕は朗々と、甘くとろけるように「キャンディ」を歌唱。次第に演奏もねっとり妖しく絡みだす。べとつくような甘い誘いに何時しか心が絡め捕られ、彼らの演奏へ引きつけられていた。メロウにソウルフルに、さりげなくファンキーなグルーヴを描き出す。Kraは、その場に映画の一場面を映し出すように「街の灯」を披露。とてもお洒落でスタイリッシュな楽曲だ。ブルーを基調とした照明が作り出す蒼い世界の中、彼らは歌声や演奏を介し心惑わす不思議な物語を投影。ときに身体を揺らし震わせる景夕の姿や歌声に、淡い浪漫を覚えずにいれなかった。

V.景夕_DSC0091

  流れたのが、どっぷりと憂いへ浸るように幕を開けた「会えない理由」だ。演奏が進むごと、より深くむせび泣く心模様をKraは塗り重ねてゆく。痛い想いを嘆くように歌う景夕の姿へ惹かれながらも、ディープでムートを抱いた演奏にも心を浸していたかった。終盤に描き出した、抑えられない感情を零すように歌い演奏する様。その姿も愛おしかった。時を旅する列車は2008年から2003年へ。揺れ動く想いのままに「名残草々」嘆き唱える景夕、その気持ちを熱く掻き立てる演奏陣。メロウな表情を描きながらも、ただ落ちるだけではなく、憂いやたおやかさなど高揚のドラマもKraは歌の中へ映し出していった。

 

  「結成当初はメルヘンポップだけではなくファッションショー的な要素を取り入れようと「ファッションメルヘンポップ」というコンセプトを掲げて始めようとした」という話を景夕が語れば、その発言に対し、結良が「当時まだやることが早かったんじゃない」とも2人はMCで語り合う。「今でこそ尻尾や耳を付けるのも当たり前だけど、我々はやることが早かった」など、2人は自分たちの歩んできた道のりを懐かしそうに話していた。

 

  「お前らの心の炎を見せてくれ」と叫ぶ舞の煽りから、ライブは後半戦へ。結良の唸るベースを合図にKraがぶち噛ましたのが「烈火」だ。優一のタイトなビートが身体へ突き刺されば、中村禎と舞のギターが荒ぶる音を響かせる。一触即発な空気の上で、景夕が破裂寸前の気持ちをぶつけだす。互いに燃え滾りたい。もっともっと高めあいたい。会場中を包みこむ心地好い緊張感と、破裂寸前にまで熱した気持ちが胸を熱く沸き立てる。終盤に生まれた、拳振り上げる一体化した風景。そこへ舞のギターが刺すように音を突きつけた。ワイルドでスリリングな空気を作りながら、演奏は「フュージョン」へ。2002年にタイムトラベルしたメンバーたちは尖った演奏を突きつけ、フロアへ熱を膨らませる。タイトなビートとスラップベースの音に合わせくるくる舞い踊る景夕と舞。さぁさぁ、もっと気持ちをアゲていこうか。

 

  歌始まりの「無拓と無択と」の登場だ。走る演奏の上で景夕は甘い声を魅力に観客たちの心を歌で引きつける。くるくると手をまわす景夕の動きに合わせ、フロア中の人たちがくるくると手をまわし壮観な景色を描き出す。熱と力と躍動を注ぐ演奏や感情的な景夕の歌声に触発され、誰もが我を忘れ騒ぎだす。会場中の人たちが気持ちを一つにしたこの風景がたまらない。終盤に生まれた歌のやりとり。互いを求めあうことで熱を膨らます、この景色が最高だ!!

 

  勢いをさらに激しく加速するように、Kraは「ヱン」を突きつけた。景夕やメンバーらの攻める演奏に触発され、フロア中からも絶叫が飛び交う。誰もが気持ちを荒らげる演奏へ飛び乗り、心の声を叫びに変え一緒に熱を高めあっていた。気持ちがどんどん上がり続ける。今にも客席へ挑みかからん勢いで歌う景夕の姿も、とても凛々しく見えていた。

 

  「踊りましょう」、景夕の言葉に続いて飛び出したのが「ParAdE」だ。熱を抱いて疾走する演奏の上で、景夕は観客たちへ甘く誘いの声をかけてきた。フロアでは手バンしてゆく風景が数多く生まれていた。曲が進むごとに感情のボルテージも上げ続ける景夕。激しく唸る演奏の上で、景夕は身体をシェイクしながらフロアの熱をどんどん沸騰させてゆく。気持ちを一気に爆発させてしまえと煽るように、Kraは「ロック~兵定法~」を叩きつけた。メルヘンとは対極にあるとても荒々しい煽り系の楽曲だ。攻めるメンバーらの姿に触発され、フロアでも観客たちが上へ飛び跳ねれば、身体を前へとぶつけだす。互いに感情を剥き出しに暴れ続けろ。それが、ここに似合う姿だと言わんばかりの姿勢で、Kraは挑んでいた。

 

  演奏は止まることなく「明日屋」へ。景夕の煽りに触発されフロア中から沸きだす熱した絶叫。誰もが手バンや折り畳みをしながら、メンバーたちの沸騰した演奏へ感情をぶつけだす。景夕と観客たちとの「ハロー」のやりとり。互いに剥きだした声で気持ちと気持ちをぶつけあう。そこに生まれるのは、裸になった想いをぶつけあう光景だ。「ハロー」と叫びあうたびに理性が溶けてゆく。景夕と一緒に「ハロー」と声を上げ続けたい。誰もが自分を開放してゆく中、何時しかフロア中が大きく身体を折り畳む様に塗り上げられていた。

景夕.結良_DSC0892

  もっと壊れろと煽るよう、本編最後にKraは「ショータイム」を突きつけた。景夕が、観客たちが大きく指を突き出し、共に触れあう喜びを覚えていた。結良が、舞がフロントに踊り出て観客たちを煽り出す。景夕が唸る声を上げ、観客たちを騒ぎ狂う宴の中へ巻き込み続けてゆく。止まらない煽りのバトル、いや、止めたくないからこそ何度も煽りを繰り返し、汗まみれの身体へさらに吹き出る汗を重ねていた。限界まで気力を振り絞り、頭を空っぽに気迫のみで想いを交わす。最後に残るのは興奮と快感なのをわかっているからこそ、Kraも観客たちも、互いに気持ちを裸に想いをぶつけあっていた。

舞.禎_DSC0082

景夕.優一_DSC0567

  「本日のセットリストは「花の青春18切符」のときと同じです。演奏しながら、こういう時代だったなと想いだしました。秋のツアーもこのセットリストを主軸にするわけではないですが、こういう雰囲気にしていこうと思っています」と、語った景夕。種明かしをするなら、この日のセットリストは「花の青春18切符」と題したライブツアーのときに演奏していた楽曲たちを軸に再構築した内容。セットリストは同じでも、それを今の自分たちの気持ちで届けたときにどんなケミストリーが心に生まれるのか、それをKraはこの場を通して試していた。

B.結良_DSC0876

V.景夕_DSC0523

  「ずっと君らの声を聞かせ続けてください」。アンコールは景夕の言葉を代弁するように「君の声」からスタート。とても優しく温かな想いを投げかける歌だ。心地好く身体を揺らす演奏の上で、景夕は「君とずっと手をつないでたいんだ」と歌いかけてきた。真心抱いたその声を、フロア中の人たちが熱い視線を舞台に送りながら胸に抱え込むように受け止めていた。「ジャンプしていこうかー!!」、跳ねたビートも心地好い「例え」に合わせ、会場中の人たちが飛び跳ねだす。メンバーらの甘い誘いへ呼ばれるままに、誰もが笑顔で跳ねる。景夕の「せーの」の声に合わせひと際大きくジャンプするときについ声を上げたくなる楽しさは、あの場にいてこそ覚えられること。

 

  最後にKraが披露したのがメルヘンポップな世界観を投影した、ポップでチャーミングな「アシッドメルヘン」だ。景夕の振るタクトの動きに合わせ身体を揺らせば、手を振る観客たち。明るく開放的で甘い世界へ笑顔で飛び込みマシュマロのようなポップワールドを共に味わいたい。景夕のタクトの動きに導かれ、誰もが無邪気な童心に戻り笑顔で跳ね続けてゆく。景夕の振る指揮棒は、まるでハーメルンの笛のようにも思えていた。

        

  やまない声を受け、メンバーはふたたび舞台へ。「進んでいくのが当たり前とはいえ、進んでいくのはとても難しいこと。これからもKraと一緒に歩いてくれればと思います」。景夕の声を受け、最後にKraは「ブリキの旗」を届けてくれた。

全体_DSC0658

  たとえそれがどの時期だろうと、Kraがそこにいる限り、僕らは彼らが掲げたブリキの旗の元へと集い、彼らの演奏に合わせこう歌い続けるだろう、「君と小さな花になろう 二人で揺れていよう 思いを告げ、告げられて そんな二人でいよう」と。この日も、会場中のみんなが景夕と一緒に歌えば、終盤には、想いを告げる観客たちの大合唱がそこには咲いていた。「届け!届け!君の所へ!この想いよ、もしも君に届いたなら返して」と歌う景夕。その想いを受け、会場中の人たちが「君と小さな花になろう 二人で揺れていよう」と歌を返してゆく。Kraのライブを味わうたびに心が嬉しく震えるこの風景。これからも彼らと一緒にいたいからこそ、この歌を、また次の会場でも共に歌いあおうか。

 

 

  11月より「続・花の青春18切符」ツアーがスタートする。この日の景色がどんな風に塗り重ねられるのか、それを楽しみにしていようか。

 

 

PHOTO:NORI

TEXT:長澤智典

 

 ====================

 

Kra Web

http://kra.tokyo/

Kra twitter

https://twitter.com/kra_staff

 

====================

 

<LIVE情報>

 

Kra WINTER LIVE 2019 続・花の青春18切符

 

1101() 高田馬場AREA [開場/開演] 18:00/18:30

1108() 心斎橋VARON [開場/開演] 18:00/18:30

1109() 心斎橋VARON [開場/開演] 16:00/16:30

1117() 町田The Play House [開場/開演] 16:00/16:30

1124() 静岡Sunash [開場/開演] 16:00/16:30

1128() 青山RizM [開場/開演] 18:00/18:30

1202() HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3 [開場/開演] 18:00/18:30

1208() 新横浜NEW SIDE BEACH!! [開場/開演] 16:00/16:30

 

[全出演]

Kra { サポート:Gt.舞・Gt.内藤“SIN”眞太郎・Dr.生虫 }

 

[料金] 前売 5,400 (税込、D代別)

 

一般発売:1012()

 

——————————-

 

Kra WINTER LIVE 2020 続・花の青春18切符 FINAL

 

122() Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

123() Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

公演詳細後日

 

——————————-

 

Kra 主催 イベント『エキストラキングダムvol.3

1001() 赤羽ReNY alpha [開場/開演] 18:30/19:00

[出演]

Kra { サポート:Gt.舞・Gt.内藤“SIN”眞太郎・Dr.生虫 }

DaizyStripper

[料金] 前売 4,500 (税込、D代別)

 

e+一般

https://eplus.jp/sf/word/0000004408

[HP] http://kra.tokyo/

[MOBILE] http://m.pscompany.co.jp/qr/kra.php

[TWITTER] @kra_staff 

 

====================

 

セットリスト―

1.「_」

2. MH

3. 春色の花

4. キャンディ

5. 街の灯

6. 会えない理由

7. 名残草々

8. 烈火

9. フュージョン

10.無拓と無択と

11.ヱン

12.ParAdE

13.ロック~兵定法~

14.明日屋

15.ショータイム

-ENCORE-

1. 君の声

2. 例え

3. アシッドメルヘン

-W ENCORE-

1. ブリキの旗










2019年09月13日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

【マザー】最新アーティスト写真はなんと…??

NEWS - 21:00:55

森に住む動物達が人間になりたくてバンドを始める…という、不思議な紙芝居風動画で告知が進んでいる謎のバンド「マザー」が最新アーティスト写真を公開。 

多くのリスナーがいよいよ彼らのカッコイイルックスを見れると思いきや

 

公開されたのは1枚のアニメタッチな絵であった!

 

これは一体どういう意味を持っているのなのだろうか

現在活動しているヴィジュアル系バンドとはひと味違う何とも大胆で刺激的な新人だ…

そんなゆるかわな動物たちが毎回ハチャメチャに繰り広げるANIMAL MOVIE SHOWも、official YouTubeにて要チェック!

 

そしてマザー初となるオリジナル楽曲「ソメニ」のMUSIC CLIPも公開している。

動物たちの見た目・キャラクターから予想に反して…クオリティーの高い楽曲に話題が集まっている。

 

果たして彼らは人間になれるのか…??

続々と公開されていく彼らの最新情報に乞うご期待!

 

====================

 

◯マザー 第1話~第10話はコチラ↓↓

https://www.youtube.com/channel/UCzMZiUz8XuZfJDXV9c1edjQ

 

○マザー 「ソメニ」MUSIC CLIP

https://youtu.be/1RKRDdZKbzc

 

 

====================

アコ

▲Vocal.A狐(アコ)

シアン
▲Guitar.シアン

ルル
▲Bass.ルル

ジェイク
▲Drums.ジェイク

 

 ====================

【ライブスケジュール】

 

SPEED DISK PRESENTS~森羅万象tour’19 in September

911()岡山CRAZY MAMA KINGDOM

912() OSAKA RUIDO

913() 名古屋E.L.L.

915() 金沢AZ

923(月祝) 池袋EDGE

 

SPEED DISK PRESENTS~森羅万象tour’19 in October

1013() 名古屋ell.FITS ALL

1014(月祝) 金沢AZ

1022() 郡山♯9

1023() 仙台MACANA

 

P-Kon2019 -LAST HALLOWEEN PARTY-

1020() TSUTAYA O-WEST

 

新人バンドだけでハロウィンパーティーやってみた

1027() 高田馬場AREA

 

Autumn Cup Tour

1122() 京都FANJ

1123() OSAKA RUIDO

1129() 名古屋ell. FITS ALL

123() TSUTAYA O-WEST

 

KERBEROS presents “秋ケル2019” TOKYO day1

1126() 池袋BlackHole

 

※詳しくはマザー OFFICIAL SITEをご覧ください

====================

 

【マザー OFFICIAL SITE

http://mother-official.com/

 






2019年09月13日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

【浅葱】2019年1月13日(日) 品川インターシティホールにて行われた二部制単独公演 “昼の部”の非電子的演奏会を音源化・アコースティックライブアルバム & 同日のライブ写真集発売決定!!

RELEASE - 18:27:51

◆二千十九年十月十六日発売

浅葱 「和菓子・うさぎや ~小規模非電子的演奏会音源~」二千十九年一月十三日 品川インターシティホール

1、浅葱アコースティックアルバムジャケ写.jpeg 

GOD CHILD RECORDS / GCR-187 / ¥2,200(税込) / CD 1DISC

※2019年9月22日(日)京都MUSE、9月26日(木)赤羽ReNY alpha公演にて先行発売!!

※2019年10月16日より全国のCD SHOPにて発売!!

 

<曲目>全5曲

1.もののあはれ

2.冬椿~白妙の化人~

3.畏き海へ帰りゃんせ

4.雲の通ひ路

5.アサギマダラ

 

<来賓音楽家>

Gt : HIRO (La’cryma Christi)

Gt : you

Ba : 人時 (黒夢) 

Dr : Sakura-櫻澤泰徳 (gibkiy gibkiy gibkiy / Rayflower / THE MADCAP LAUGHS / ZIGZO)

 

====================

 

◆二千十九年九月二十二日発売

浅葱写真集 二部制単独公演二千十九年一月十三日 品川インターシティホール

 

 

GOD CHILD RECORDS / ARK-507/ ¥3,500(税込) / A4 32P

※2019年9月22日(日)京都MUSE会場より販売開始!!

 浅葱写真集、表紙

浅葱写真集、裏表紙

====================

 

ソロアーティストとして圧倒的な世界観と表現力でシーンに衝撃を与えているDのヴォーカリスト、浅葱(ASAGI)。

今年1月13日(日) 品川インターシティホールで行われた、二部制単独公演 “昼の部”の非電子的演奏会を音源化・アコースティックライブアルバムの発売と、同日のライブ写真集発売が決定!

新春特別企画として開催されたこちらの公演は、小規模非電子的演奏会という事で昼の部はアコースティックスタイル、さらに御子様こと浅葱による世を偲ぶ仮の姿での和菓子贈呈という催しを、そして二部は御子様による妖怪退治(物の怪草子)衣装での演奏会(通常のライブ)を開催した。

昼の部で披露されたアコースティックスタイルは、会場・通販限定音源である「もののあはれ」、そしてメジャーデビュー・フルアルバム「斑」に収録されている楽曲を含めた全5曲で構成。来賓音楽家(ライブサポートメンバー)に、Gt : HIRO (La’cryma Christi)、Gt : you、Ba : 人時 (黒夢)、 Dr : Sakura-櫻澤泰徳 (gibkiy gibkiy gibkiy / Rayflower / THE MADCAP LAUGHS / ZIGZO)を迎え披露されたという事で、貴重な内容となっている。

 

「もののあはれ」は、楽曲は月界の御子の昼の姿である「和菓子・うさぎや」からお客様へ向けた温かく優しい曲になっており、浅葱による包み込むような、思いをたっぷりと込めた情感のある歌声と四季になぞらえて描かれた美しい歌詞に是非、浸って頂きたい。ぜひアルバムを手にして、繊細な歌唱や表現、そして楽曲を彩る楽器隊の演奏にもじっくりと耳を傾けてほしい。

ライブ写真集は1月13日(日) 品川インターシティホールで行われた二部制単独公演(昼の部、夜の部)で構成された美麗写真集だ。

 

9/22(日)には”浅葱”単独公演「妖狐の嫁入り~京都編~」を京都MUSEで開催!

「妖狐の嫁入り」はメジャーデビュー・フルアルバム「斑」に収録されている「白面金毛九尾の狐火玉」とも繋がっており、古語を用いた歌詞、それを艶やかに歌い上げる浅葱の歌唱、舞台は必聴必見だ。

鼓や大鼓、太鼓、琴など和楽器の雅やかな音色を取り入れ、それをロックとしても最高の形に作り上げており、妖狐に扮した浅葱は和の世界観の中で妖艶さ、悲哀や狂気、そして愛など様々な要素を表現している。

ライブサポートメンバーとして迎えるのは、Gt : HIRO (La’cryma Christi)、Gt : you、Ba : 燿 (摩天楼オペラ)、Dr : 淳士 (BULL ZEICHEN 88 / 戦国時代-The age of civil wars- / ex. SIAM SHADE) という豪華メンバー。

現在「妖狐の嫁入り」「斑(アルバム)」「もののあはれ」の各音源も配信中、楽曲振り付け動画、そして単独公演に先駆けてSPOT映像を公開したばかり。

「斑」は日本最高峰のゲストミュージシャン達が参加。「斑」は浅葱としても初のフルアルバムにして最高傑作となっている。

 

9/26(木)には赤羽ReNY alphaにて「浅葱 / 戦国時代-The age of civil wars-」のツーマンも決定しており、京都MUSE・赤羽ReNY alpha公演では先述のアコースティックライブアルバムが先行発売されるので、ぜひ参加して頂きたい。

11/15(金)からはGCR Presentsとして、D、浅葱(ASAGI solo works)、Ruiza solo works、3アーティストによる全国ツアー開催決定!

GOD CHILD RECORDS Presents「Artistic Radiant Dream」と銘打ったこのD、浅葱、Ruizaによるスリーマンは初の試みである。新横浜公演を皮切りに全国12箇所で開催、ファイナルは12/26(木) Veats SHIBUYAということで、結成16周年を迎えたDはもちろん、現在は和をコンセプトに圧倒的な世界観と表現力でシーンに衝撃を与えている浅葱、ギターインストゥルメンタルをメインにソロの活動を行っているRuizaによるこのイベントツアー、それぞれの魅力が輝く素晴らしいステージになることは間違いないので、ぜひ足を運んで頂きたい。

Dは11月20日にNEW SINGLEのリリースが決定。10/20(日)には 高田馬場AREAにてNEW SINGLEの新衣装初披露となるFCライブを開催、11/10(日) にはSHIBUYA REXにてFC限定/オンラインサロン「Sub Rosa」会員限定 の二部制ワンマンを開催する(NEW SINGLE先行発売有り)。

 

一部はFC会員限定ワンマンと、ファン参加型 新曲ライブバージョンMV収録有り・メンバーやスタッフがiPhoneやスマートフォン等で撮影した映像をASAGIが編集するという初の試みがあり、二部はD Official online salon 「Sub Rosa」会員限定ワンマンで、Dが描くヴァンパイアキャラクターを各メンバーが担い、それぞれがVo.を勤めるライブとなる。

そしてDは先日、V系ロックバンド初となるDMM.comでのオンラインサロンを開設しスタート。

様々なコンテンツでファンと密な関係を築くことが出来る月額会員制のオンラインサロンはクローズドなコミニュティで、まさに新時代を捉えた画期的なサービスなので要注目。

さらに先日、D、GOTCHAROCKAらが所属し、DのVo.ASAGIが社長を務めるGOD CHILD RECORDSが多摩動物公園のオフィシャルサポーターとなった。

 

Dは登録を記念してオンラインサロン「Sub Rosa」VIP会員限定で多摩動物公園遠足(10月13日)も決定。この機会にぜひチェックして素敵な動物園で思い出に残る1日を過ごして頂きたい。

今年6/8にはGOD CHILD RECORDSによる自社スタジオ「Studio Rosarium」がついにオープン!ヨーロッパの古城や薔薇園をイメージ、世界観を重視した撮影スタジオ、イベントスペース、レンタルスペースになっており、現在オープン記念キャンペーン実施中・予約受付中!さまざまな活動の幅を広げているGOD CHILD RECORDS、Dだが、音楽にしっかり根付いた活動であることは特筆すべき点だろう。

 

GOD CHILD RECORDS、Dの挑戦と活動、メンバーソロの動き、そしてスリーマンを見逃すな!

 

●浅葱 LIVE&配信NEWS====================

 

ウェブフライヤー2

浅葱ウェブフライヤー画像
◆”浅葱”単独公演「妖狐の嫁入り~京都編~」
9/22(日)京都MUSE「妖狐の嫁入り~京都編~」
ライブ終演後物販購入者対象特典会有り!
※詳細後日発表

 

<チケット料金>
【99枚限定プレミアムピクチャーチケット(FCのみ)】
(終演後の特典会:デカチェキ撮影券(サイン入れ有り)&握手券付き、京都限定キーホルダー付き)
¥9,999(税抜)

 

【通常チケット料金】
¥5,000(税抜)

 

【サポートメンバー】
Gt : HIRO (La’cryma Christi)
Gt : you
Ba : 燿 (摩天楼オペラ)
Dr : 淳士 (BULL ZEICHEN 88 / 戦国時代-The age of civil wars- / ex. SIAM SHADE)

 

公演詳細はこちら
御屋敷頁 : http://www.god-child-records.com/asagi/

 

9/22 (日) 京都MUSE単独公演SPOT映像公開!
アサギマダラVer.
youtu.be/_WFI3ETE_TE

“浅葱” 楽曲振り付け動画はこちら
https://www.youtube.com/user/DofficialJP

“浅葱” 「妖狐の嫁入り」電子絵巻物無料公開中
https://youtu.be/8zrh9UD7Cms

「妖狐の嫁入り」歌詞、意訳、己書記、無料公開中
http://www.god-child-records.com/asagi/


★音楽配信サービス開始!
ASAGI’s music distribution service begins for world! 
「妖狐の嫁入り(Youkonoyomeiri)」
https://linkco.re/e13p47mv

★音楽配信サービス開始!
ASAGI’s music distribution service begins for world! 
「もののあはれ(Mononoaware)」
https://linkco.re/ghDUfYrU

★音楽配信サービス開始!
ASAGI’s music distribution service begins for world! 
「斑(Madara)」
https://music.apple.com/jp/album/%E6%96%91/1336858849

…………………………………………

 ◆”浅葱”ツーマン決定!!

【戦国時代-The age of civil wars- 赤羽の陣 三騎戦】

【日時】
9月26日(木)
開場 18:00 / 開演 18:30

【会場】
赤羽ReNY alpha

【出演】
浅葱 / 戦国時代-The age of civil wars-

【浅葱サポートメンバー】
Gt : HIRO (La’cryma Christi)
Gt : you
Ba : 燿 (摩天楼オペラ)
Dr : 淳士 (BULL ZEICHEN 88 / 戦国時代-The age of civil wars- / ex. SIAM SHADE)

【チケット料金】
前売 : ¥4,800(税込/整理番号付き/D代別)

 
■一般チケット発売中!
ローソンチケット https://l-tike.com
チケットぴあ https://t.pia.jp
イープラス https://eplus.jp


◆”浅葱”各音源詳細・グッズ詳細ご購入はこちら
https://rosenkranz.shop-pro.jp/

 

 

 

●GOD CHILD RECORDS NEWS====================

 

◆GOD CHILD RECORDS Presents

「Artistic Radiant Dream」開催決定!!

 

【出演】浅葱 (ASAGI solo Works)、Ruiza (Ruiza solo Works)、D(出演順 / 3マン)

※終演後特典会有り(Dのみ/特典会対象商品はソロを含む全商品)

11/15(金) 新横浜NEW SIDE BEACH!!

11/23(土) 仙台MACANA

11/25(月) 札幌cube garden

11/26(火) 札幌cube garden

11/29(金) 新潟GOLDENPIGS RED STAGE

12/06(金) HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3 

12/13(金) 金沢AZ

12/15(日) 福岡DRUM SON

12/17(火) 広島SECOND CRUTCH

12/20(金) OSAKA MUSE

12/22(日) 名古屋ell. FITS ALL

 

[TOUR FINAL]

12/26(木) Veats SHIBUYA

 

【料金】

オールスタンディング ¥5,500(税別) / D別

12/26(木) Veats SHIBUYAのみ ¥6,000(税別) / D別

※3歳以上チケット必要

※チケット詳細近日発表!

 

●D RELEASE&LIVE&配信NEWS====================

 

◆2019.11.20  D New Single Release決定!!

(11.13より11.20に変更になりました)

詳細近日発表!

 

——————————-

 

◆D 新曲初披露・新衣装初お披露目ワンマン開催決定!!

10/20 (日) 高田馬場AREAワンマン

※新曲初披露・新衣装初お披露目ワンマン

 

【Open / Start】16:30 / 17:00

【チケット】¥5,500 (税別)

 

★チケット:

【D FC “Ultimate lover”会員先行】

※9月2日(月)時点で D Official Fan Club 「 Ultimate lover 」に入会されている方対象(当日消印有効)

◎受付期間 : 9/18(水)12:00~9/23(月・祝)23:59

◎受付URL : https://pia.jp/v/d19-fct1020/

◎枚数制限 : 4枚

◎当落結果発表 : 9/25(水)18:00~

※「システム手数料」216円/枚、「発券手数料」108円/枚、「決済手数料」216円/件(クレカの場合:不要)がかかります。

…………………………………………

【オフィシャルHP先行】

◎受付期間 : 10/1(火)18:00~10/6(日)23:59

◎受付URL : https://w.pia.jp/s/d19-hp/

◎枚数制限 : 4枚

◎当落結果発表 : 10/8(火)18:00~

※「システム手数料」220円/枚、「発券手数料」110円/枚、「決済手数料」220円/件(クレカの場合:不要)がかかります。

…………………………………………

【一般発売】

10/12(土)10:00~

(問) 高田馬場AREA / 03-3361-1069

 

 ——————————-

 

◆D official Fan Club Ultimate lover限定「Ultimate lover ~第三十六夜~」/D Official online salon 「Sub Rosa~第一夜~」会員限定 二部制ワンマン開催決定!!

11月10日 (日) SHIBUYA REX

 

※会場にてNEW SINGLE 先行発売!

※「四騎士Vocal ver. オムニバスEP」発売!

※一部ライブ終演後のみ、物販購入者対象特典会有り

※二部はVIP会員無料!

…………………………………………

一部:FC会員限定ワンマン「Ultimate lover ~第三十六夜~」

(ワンマンライブ+ファン参加型 新曲ライブバージョンMV収録有り・メンバーやスタッフがiPhoneやスマートフォン等で撮影した映像をASAGIが編集いたします)

【Open / Start】13:30 / 14:00

【チケット】¥5,500 (税別)

 

★チケット:

【D FC “Ultimate lover””会員先行】

※9月13日(金)時点で D Official Fan Club 「 Ultimate lover 」に入会されている方対象(当日消印有効)

◎受付期間 : 10/1(火)12:00~10/14(月・祝)23:59

◎受付URL : https://pia.jp/v/d19-fct/

◎枚数制限 : 1枚

◎当落結果発表 : 10/17(木)18:00~

※「システム手数料」220円「発券手数料」110円「決済手数料」220円 (クレカの場合:不要) がかかります。

…………………………………………

二部:D Official online salon 「Sub Rosa」会員限定ワンマン「Sub Rosa~第一夜~」

(各メンバーヴァンパイアキャラクターVo.ライブ)

【出演】Dreizehn、Kircheis、Rafaga、Carbuncle、Wilderness

 

【Open / Start】18:00 / 18:30

【チケット】VIP会員 無料 / GA会員 ¥3,000 (税別)

 

★チケット:

【D Official online salon 「Sub Rosa」 『VIP会員』】

◎受付期間 : 10/1(火)12:00~10/14(月・祝)23:59

◎受付URL : 近日公開

◎枚数制限 : 1枚

◎当落結果発表 : 10/17(木)18:00~

※「システム手数料」220円「発券手数料」110円「決済手数料」220円 (クレカの場合:不要) がかかります。

 …………………………………………

【D Official online salon「Sub Rosa」 『GA会員』】

◎受付期間 : 10/1(火)12:00~10/14(月・祝)23:59

◎受付URL : 近日公開

◎枚数制限 : 1枚

◎当落結果発表 : 10/17(木)18:00~

※「システム手数料」220円「発券手数料」110円「決済手数料」220円 (クレカの場合:不要) がかかります。

(問) SHIBUYA REX / 03-5728-4911

 

——————————-

 

◆「メトロノーム FEST.2019 黒の日-ウィスヌ-」にD出演決定!!

メトロノーム FEST.2019 黒の日-ウィスヌ-
2019年11月02日(土)
[会場]  新宿BLAZE
[出演] D / メトロノーム / 彩冷える
[開場] 16:45 
[開演] 17:30
[料金] 前売¥5,500 当日¥6,000 (D代別)

一般チケット発売中!
ローソン Lコード:73703  
eプラス http://eplus.jp (PC・携帯共通)  
ぴあ Pコード:158-189

(問) DISK GARAGE:050-5533-0888

 

——————————-

 

◆『D Tour 2018「Deadly sin」TOUR FINAL & D結成15周年 メジャー10周年Year Grand Final』豊洲 PIT公演のLIVE映像 各曲毎にリリース!!

2018年12月21日に豊洲PITにて行なわれたD TOUR 2018「Deadly sin」Grand Finalの映像を各曲毎に販売開始!!

 

Dオンラインサロン “Sub Rosa” 入会ページのライブラリにてご購入いただけます。(サロン非会員も購入可能)

https://lounge.dmm.com/detail/1644/

https://lounge.dmm.com/detail/1645/

・映像サンプルとして「組曲「狂王」第四番 ~黒羊は忠誠の夢を見る~」をD official Youtubeチャンネルにて公開中!

https://youtu.be/CnrjvnuNLAo

SPOT映像公開!

https://youtu.be/LmBb_LuWz_c

 

====================

 

●D 各音源・アイテム詳細・販売曲一覧はこちら

http://www.d-gcr.com

 

●「Studio Rosarium」NEWS====================

 

◆2019.6.8「Studio Rosarium」OPEN!オープン記念キャンペーン実施中・予約受付中!
GOD CHILD RECORDSが運営する撮影スタジオ兼レンタルスペース「Studio Rosarium」6月8日オープン。
オープン記念キャンペーン実施中・予約受付中!
ヨーロッパの古城や薔薇園をイメージし、世界観を重視した撮影スタジオ、イベントスペース、レンタルスペース。
コンセプトごとに2F(シュバルツバルトの獣)、3F(ヴァイスヴァルトの花嫁)の2フロアで展開。
現実世界とは異なるもう1つの世界。ファンタジーを愛する者らが集う幻想的な空間を演出。

 

Studio Rosarium
〒192-0903 東京都八王子市万町117番地6 田倉ビル2F/3F
営業時間 9:00~22:00 (時間外相談可) TEL:042-686-1991 (9:00~22:00)
※ご予約に関しましては、HPの予約受付フォームからお願い致します。
※固定電話が繋がりにくい場合は携帯までよろしくお願い致します。080-9573-7874(担当:井上)

 

詳細はこちら
「Studio Rosarium」HP
http://www.god-child-records.com/rosarium/

 

●online salon 「Sub Rosa」NEWS====================

 

◆D official online salon 「Sub Rosa」 OPEN 入会受付中!

バナー1

・D official online salon “VIP” Sub Rosa ~Royal castle

https://lounge.dmm.com/detail/1644/

※Very Important Person(FC会員のみ入会可能)

※2月20日時点でD official fan club「Ultimate lover」に入会されている方対象(当日消印有効)

バナー2

・D official online salon “GA” Sub Rosa ~Secret garden~

https://lounge.dmm.com/detail/1645/

※General Admission(一般の方も入会可能)

 

ーDMMにてD official online salon、OPENー

Sub Rosa=秘密

オンラインサロンとは月額会員制のクローズド・コミニュティ。

Dとファンを繋ぐ秘密の花園への扉はまもなく開かれる。

鍵を手にした者だけに与えられる新たな世界は、これまでの常識を覆すことでしょう。

夢は現実に変わり、再び新たな夢が動き出す。

この春、我らは森の奥にある古城の中で円卓を囲み、Dという一輪の薔薇の下、永遠を誓い合うのです。

 

★オンラインサロン”Sub Rosa”にて公開中のD TOUR 2019「道化師のカタルシス」密着動画の一部をD official YouTubeチャンネルにて公開‼

https://www.youtube.com/user/DofficialJP/feed

 

 

●GOD CHILD RECORDS NEWS====================

 

◆GOD CHILD RECORDSが【多摩動物公園のオフィシャルサポーター】になりました!
オフィシャルサポーター就任を記念して、Dオンラインサロン「Sub Rosa」VIP会員限定、多摩動物公園遠足決定!
コメント動画はこちらhttps://youtu.be/xvnEg7-kp7w

日程 : 10月13日(日)
集合 : 12時30分現地集合(入り口前集合)
終了予定時刻 : 17時30分(17時前に退園、その後出口付近にて握手会を開催いたします)
参加費 : 500円

※雨天の場合日程を変更する場合がございますので、予めご了承下さい。
※当日場所が分からない場合は、多摩動物公園へお問い合わせください。

*ウェルカムタイム(お好きなメンバーからのMAP & PASSお渡し会)
・DオリジナルガイドMAPプレゼント
・DオリジナルゲストPASSプレゼント

*メンバーからの動物クイズ

*フェアウェルタイム(メンバー全員との握手会)
・動物クイズの正解者にはマル秘プレゼント有り(フェアウェルタイムの握手会時に、お好きなメンバーに回答用紙をお渡し下さい)
※その他詳細は随時更新。

●参加方法詳細
後日、D “VIP” Sub Rosa ~Royal castle(FC限定)オンラインサロン内で告知させていただきます。
https://lounge.dmm.com/detail/1644/

 

【D Official Fan Club 「Ultimate lover」ご入会方法はこちら】

http://www.d-gcr.com/fanclub/fanclub.html
【Dオンラインサロン「Sub Rosa」VIPお申し込みページはこちら】
https://lounge.dmm.com/detail/1644/

・多摩動物公園オフィシャルH.P
https://www.tokyo-zoo.net/sp/tama/
(動物園への直接のお問い合わせはお控え下さい。)

[お問い合わせはこちら]
Mail : ultimate-lover@d-gcr.com

詳細や注意事項はD official websiteをご覧ください。
http://www.d-gcr.com

 

 

====================

 

◆D official website http://www.d-gcr.com

◆GOD CHILD RECORDS website http://www.god-child-records.com

◆Studio Rosarium website http://www.god-child-records.com/rosarium/

◆ASAGI solo works website http://www.god-child-records.com/asagi/

◆Ruiza solo works website http://www.d-gcr.com/profile/solo_ruiza.html

 

 






2019年09月13日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

【GHOST】一日限定復活、結成15周年記念ワンマンチケットが明日より発売!メンバー・Kouseiよりコメントも!◆2019年12月14日(sat)池袋手刀<GHOST presents GHOST 15th Anniversary Oneman Theater of Haunted Carnival Vol.×××>

LIVE - 18:00:23

2004年に始動、2007年に惜しくも解散となっていた「GHOST」が、一日限定復活&結成15周年記念ワンマンライブを開催。

2019.12.14(sat)に池袋手刀にて行なわれるが、チケットの販売がいよいよ明日9月14日の12時から始まる。

メンバーのKouseiよりメッセージも到着、是非チェックを!


====================

 

気づけばライブまであと3ヶ月。

GHOSTというバンドが今日に至って、またしてもワンマンライブを行える事を心より嬉しく思います。

 

皆様と共有できる時間が今に至ってもあるという事は、あの頃の時間がいかに濃厚だったかという事かも改めて再認識しました。

今の私の人生において大切にしている事は『未来の予定作り』です。

どんな些細な事でも予定を作って予定を追う生き方に充実というものを感じながら生きております。

このひとときは私にとっての今後に繋がる『特別な未来の予定』となる事も間違いありません。

 

久々にステージ上に揃う五人を大きな声で呼んでみてください。

最っ高の一日を皆に約束します。

 

 

GHOST Kousei

 


====================


■GHOST presents
GHOST 15th Anniversary Oneman
Theater of Haunted Carnival Vol.×××

 

️2019.12.14(sat)
池袋手刀

️OPEN 17:30 / START 18:00
️ADV ¥4,000 / DAY ¥4,500(D別)

 

★チケット:
️プレイガイド
・e+(2019.09.14 / 12:00〜発売)
️購入ページURL
https://eplus.jp/sf/detail/3060260001-P0030001


====================