NEWS

2017年06月23日 (金)

【ライヴレポート】<カメレオ LAST LIVE「WE ARE KAMELEO!!」>2017年6月17日(土)舞浜アンフィシアター◆「僕たちを見つけてくれてどうもありがとう、出会ってくれてどうもありがとう!」

REPORT - 15:16:27

6月17日(土)、カメレオが『カメレオ LAST LIVE 「WE ARE KAMELEO!!」』を舞浜アンフィシアターにて開催。
このライヴをもって、5年半の活動に終止符をうった。

今年2月に解散を発表し、4月から全国9ヶ所を廻るラストワンマンツアーを行なったカメレオ。
ソールドアウト続出となった各地公演で、全国のカメコカメオ(カメコカメオはカメレオファンの総称)に、これまで支えてくれた感謝を全力で伝えてきた彼らだったが、ついにこの日を迎えることとなった。
ラストライヴの会場は「舞浜」ということもあり、お隣にある夢の国で行なわれている某パレードを彷彿とさせる、ファンタジックな雰囲気にリアレンジされた彼らの代表曲達を場内BGMとして流していたり、HIKARU.が夢の国の代表キャラの声真似でライヴの注意事項を説明したりと、開演前からカメコカメオ達を笑顔にさせていた。

場内が暗転すると、ステージ後方に設置された巨大LEDスクリーンに、これまでの彼らの歴史を振り返る映像が流れ始めた。
2012年1月10日に行なった始動ライヴの本番直前、円陣を組んでいる5人の姿から始まり、オフショットやライヴ映像など、次々と映し出される懐かしい場面にカメコカメオ達が感嘆の声を漏らしていると、最後に「1986日間 これまでの感謝と愛を込めて」の文字。
大きな拍手が巻き起こった後、扇動的なエレクトロサウンドが流れ始める。
大迫力の照明がステージをド派手に照らす中、半円形のステージの中央から、白い衣装に身を包んだ5人がせり上がってきた。
その隊形は、全員が向かって左側を向いて一列に並ぶという、彼らが初めて世に出したアーティスト写真と同じ構図。
もちろん、客席からは大歓声が沸き起こる。

そして、この日のライヴタイトルにもなっている5人ボーカル曲「WE ARE KAMELEO!!」で、カメレオ最期の宴はスタートした。
5人はカメレオダンサーズを引き連れて歌い踊ると、そのまま「評論家的ダンスナンバー」へ。
一斉にジャンプをするカメコカメオ達の振動によって、たとえ話ではなく、舞浜アンフィシアターが激しく揺れるほどの盛りあがりを見せると、立て続けに繰り出された「で?」では大音量の音玉が炸裂し、続く「デビルくん」では、曲の後半でバンド演奏から5人ボーカルにスイッチ。
コール&レスポンスから突入した「↑アゲていこう歌↑」では、メンバー全員がステージを降りて客席を歩き回りながら踊りまくるという、序盤戦からとにかく見せ場のオンパレード! 
MCでは「みんなが鏡を見て、ハナゲを気にしたときに、“あ、そういえばカメレオっていたな……”って思い出してもらえるように!」と、Takeshiの先導で恒例のハナゲコールを2000人満員のカメコカメオと巻き起こしていく。

HIKARU.「“最期だから熱いライヴしようぜ”っていうのは正直しっくりきてなくて。最期だけど、いつも通りの熱いライヴしようぜ!」

この日のセットリストは、5年半の間に発表してきた楽曲の中でも人気のあったものを続々と披露していくという、ラストライヴにふさわしい構成。トリッキーな部分を交えながらも、しっかりとポップな形に落とし込んでいた「お化け」や「新宿。」、さらに「オセロゲーム」や「検索結果0」といったハードナンバーを激しく轟かせれば、ダンサブルな「サンドウィッチLOVE」では、カメコカメオ達がステージにハートを飛ばしまくり……と、ステージも客席も、とにかく全員気合いの入り具合が凄まじかった。
なかでも、Takeshiのドラミングが異常なまでのキレっぷりで、5人がかき鳴らす音も、客席のテンションも、それによって引き上げられていくような光景が何度もあった。
そんな超ハイボルテージなパフォーマンスが続く中、「ちょっと飛ばしまくっちゃったんで……」と、「バカ…バカ…バカ…」からミディアムゾーンに。
「ウェディングメール」では、Takashiの奏でるキーボードが楽曲の持つセンチメンタルな空気を増幅させていたが、一転「君となう。」で、一気に甘くてロマンティックなモードに切り替えたところは、さすが「変幻自在」をコンセプトに掲げてきたバンドなだけあり、その楽曲の幅広さをまじまじと思い知らされた瞬間だった。

中盤では、Kouichiの司会進行で「ゆるいゆるいトークコーナー」と称し、「5年半の活動のなかで一番思い出に残っていること」というテーマで、思い出話に花を咲かせたメンバー達。
そして「本当はこれまで出してきた曲を全部やりたいけど、それをやっちゃうと4日はかかる」ということで、メドレー形式で楽曲を披露していくことに。「代償を支払い文明を買う」に始まり、「嫌な奴ね、アンタ」「美容整形」といったヘヴィな楽曲を繋げ、「世界史の先生」や「マジカルドリンク」で客席を熱く踊らせると、「vs劣等コンプレックス」や「Thanks 2014」で、再びハードモードに突入。
そこから賑やかなホーンセクションが組み込まれた「D・S・K」でブチあげて、「別にタイトルは無いや(照)」でハッピーに締めくくるかと思いきや、またもやハードな「How much?」へなだれ込むという全14曲を、ノンストップで繰り出していた。

それだけに終わらず、5人ボーカル曲のみで構成されたメドレーも披露。
カジュアルな服装に着替えた5人は、初の5人ボーカル曲「変幻×自在+連鎖反応=∞」から、恒例の掛け声をフィーチャーした「ハナゲの王様」や、バラードナンバーの「Turn Back Time」、スタイリッシュなダンスで魅せる「The wondrous world」など、途切れることなく歌って踊り続けていく。
他にも、カメコカメオ達と共にダンスタイムを繰り広げた「ごめんなさいっ!」や「時給\850」、5人ボーカルバージョンにアレンジされた「カメクエ」、さらには5人ボーカルの最新曲「やりづLIVE!!」まで、計12曲。
これまでに生み出し、培ってきた自身達のすべてをステージに置いていこうという想いに溢れた、まさに熱演という言葉にふさわしいメドレーコーナーだった。

とはいえ、実は「Turn Back Time」を歌い終えた後、Takeshiがスタンドにセットしたマイクを持たずに次の立ち位置に行こうとしていたことをHIKARU.が暴露しつつ(笑)、「運命開華ディスコ」でラストスパートを仕掛けた5人……だったのだが、「生きづLIFE!!」の途中で、Daisukeが勢い余って滑って転倒するというアクシデントが発生。
そのまま舞台袖に戻ったのだが、曲が終わるまでに復帰できなかったため、一旦流れをストップすることに。
「しばらくLINEの返信でもお楽しみくださーい!」と、Kouichiが状況を確認しに行ったところ、突如響き渡る彼の“下品な笑い声”(Takashi談)。
戻ってきたKouichiによると、転倒したときに「アゴを切ってしまった」そうで、客席がどよめく。
それからほどなくしてDaisukeがステージに戻ってきた。無事をアピールするべく、舞台に組まれたセットの最上段から堂々と登場した彼だったが、「お前、アゴになんか貼ってない?(笑)」とHIKARU.が叫ぶ。
すると、すぐさまKouichiが「スタッフさん! サービス映像映せます!?」と、巨大なLEDスクリーンに映し出されたのは、Daisukeのアゴに貼られた特大サイズの絆創膏……(苦笑)。
ヴィジュアル系バンドのラストライヴのスクリーンに、絆創膏がでかでかと映るという衝撃に、笑い転げるDaisuke以外のメンバー達。
そんな4人に対して、「いや、昔ね、チャリンコでこけて、一回アゴを切っちゃったことがあって……」とDaisuke。
それに対して「知らんがな!」と全力でツッコむ4人だったが、「え、親族の方いたら、知ってるよね?」と、突如客席に問いかけるという謎の返しをしたDaisukeに、笑い声と「おかえり」の声が巻き起こっていた。
これまで度重なる奇跡的な発言や行動で我々を驚かせてきたDaisukeだったが、最後の最後まで、彼は彼らしいところを見せてくれた。
(もちろん、5人はカメコカメオ達が心配しないためにこのやり取りをしていたと思うが、とにかくDaisukeさん、お大事に)。

そして「(流れをとめた)罰としてお前が煽れ!」ということで、「それではみなさん扇子を出してー!」というDaisukeの叫び声で、後半戦が再びスタート。
「ダメ男」では、女装したカメレオダンサーズが乱入してステージを賑わせると、「ニート姫」では、恒例のポテチと一緒にカラーボールをメンバー達が、「捏造ピエロ」では、大量のバルーンをピエロとゴリラに扮したダンサーチームが投げ込んでいくという演出も飛び出し、大熱狂のなかでライヴ本編が終了した。

大音量のアンコールの声に応えて登場した5人は、客席にいるカメコカメオ達と記念撮影。
その後、カメレオダンサーズを交えて写真を撮ろうと呼び込もうとしたところ、突如チャイムの音が流れ、LEDスクリーンには「カメレオ注目」の文字が。
そして、今回の解散にあたり、カメコカメオ達から届いた手書きのメッセージが、次々とスクリーンに映されていった。
まさかのサプライズに「おかしいと思ったんだよなぁ……。リハーサルでオトナ達がごにょごにょしてるなと思って」と、Kouichi。5人はこの日何度目かの感謝を客席に告げると、改めて、これまでダンス経験ゼロだったメンバー達を支えてきてくれたダンサーチームに感謝の言葉を送り、再度記念撮影を。そして、メンバーが一人ずつ、今の想いを話し始めた。

Takeshi「ラストライヴっていう感じがしませんでしたね、さっきの映像以外は。
この5年半は、僕の人生の中で最もキラキラ輝いていた5年半でした。
さっきのメッセージみたいに〈カメレオに出会えてよかった〉とか〈勇気をもらえました〉とか、そういう言葉をもらえるだけで、本当に音楽をやっていてよかったと思うし、本当に……この4人とやっていてよかったなと思います。
カメコカメオの中には、“この5年半がキラキラしていて、これ以上のものは……”と思ってくれる人もいるかもしれないけど、それだと俺達のこの先の人生が寂しいし、つまんないと思うから、この5年半みたいに輝いていける人生を歩んでいきたいと、俺は思っていて。
今は夢とか目標みたいなものはないかもしれないけど、みんながちょっとしたキッカケでカメレオを見つけてくれたように、カメコカメオ同士がちょっとしたキッカケで繋がって絆が生まれたみたいに、俺が音楽を諦めようかなと思ったときにこの4人に出会えたように、いきなりそういうキッカケが生まれることを信じて生きていきたいと思います。
こうやって同じ時代に生まれて、出会えて、一緒に音楽ができた僕達は、本当に一生仲間だと思っているので。
10年先、20年先も“あの頃はよかったな”と思える今を、一緒に踏ん張っていきましょう!」

Takashi「(結成して)最初の頃、ライヴハウスにフライヤーを配りに行ったりしたことを今でもまだ鮮明に覚えているくらい、本当にあっという間の5年半でした。一丁前にソロ曲なんて出させてもらったり、47都道府県ツアーをさせてもらったり、小さい頃からの夢でもあった日本武道館にもイベントで出演させていただけて。
この5人と、笑顔で一緒についてきてくれるカメコカメオがいたからこそ、ここまでやってこれたと思っています。
良い思い出がたくさんあるんですけど、つらい思い出もたくさんあって。
本当に挫折しそうになったこともあったけど、みんながいてくれたから、舞浜アンフィシアターに来れたと思っています。
みんなのおかげで、カメレオはこんなに大きくなりました! 5年半ありがとうございました!」

Daisuke「みんなわかってると思うんだけど、俺、なんだかんだ言って、メンバーのこと好きなんだよね。
でも……でもよ? 一緒にいると、しんどいなとか、ムカつくなって思うこともあったんですけど………………5年半、本当に楽しかったです! ありがとうございました!」

Kouichi「5年半という歳月ですが、準備をしていた期間を入れると6年半、その前にはこのメンバーで別のバンドをしていたから、“最後に一言”と言っても、一言で語りきれない素敵な時間だったと思います。
今、心の中で思っていることは、またブログとかに改めて書きたいなと思っています。
なので、最後に言うならば、今日という日をもってカメレオは解散しますけども、僕は本当にやってきてよかったと思っています。
後悔は何ひとつしていないです。このカメレオという時間に育てられたなと思っていますし、こうやってたくさんの方に出会えて、素敵な人生を歩めたなと思っています。みなさんありがとうございました」

HIKARU.「僕はこのライヴが終わったら、歌うことをやめようと思います…………なんて言うわけないだろ! 
俺、歌うことが好きだし、これからも歌っていきたいなと思っているし、最後のツアーで“音楽は続けて欲しいです”っていう声もたくさんいただいて。
今までみたいにとはいかないかもしれないけど、それでもできる限り、自分のペースで歌を続けて行こうかなと思っていますので、またどこかでやるときは遊びにきてください。
またリーダー(Kouichi)から声がかかったら、復活ライヴとかしてもいいかなと思っているんで、俺はいつ集合がかかってもいいように、歌がなまらないように続けて行こうと思っています。
こうやって歌が大好きだなと思えるのは、この最高のメンバーのおかげだし、支えてくれた関係者のみなさん、支えてくれたカメコカメオのみんなのおかげだと思っています。
僕たちを見つけてくれてどうもありがとう! 出会ってくれてどうもありがとう!」

そして「そんな感謝の気持ちをすべて次の曲に込めて、みなさんに送ります」と、披露したのは「5/5」。
5人は心を込めて客席に音を届けていたが、この日のライヴ中、とにかく彼らは笑顔だった。
もちろん、途中で感極りそうになっていたメンバーもいたし、少しでも気を緩ませたら、たちまち涙腺が崩壊してしまいぐらい、全員かなりギリギリの状態だったと思う。しかしそれでも、彼らは泣き崩れることなく、前を向き、カメコカメオ達にこれまでの感謝を、笑顔で伝え続けていた。

その姿勢には、カメレオというバンドが掲げていた信念がよく表れていたと思う。
自分達に触れた人達に笑顔になってもらいたい。明日からも頑張ろうと思える活力を与えられるようになりたい。
そして、今まで見たことのない景色をいつか君にも見せてあげたい──そう思いながら、彼らは進化し続けてきた。
バンドでありながら、楽器を置いて歌って踊れば「お前らなんかロックじゃねえ」とバカにされることもあった。
わさび寿司ロシアンルーレットをしたり、ライヴ中に金ダライを頭で受けたり、メイクをしているのに水をぶっ掛けられてびしょ濡れになったりと、バンドマンであれば別にやる必要のないことにも、ひたすら身体を張り続けてきた。
それもすべて、見てくれている人達を「笑顔」にするため。ただそれだけのためである。
そのために彼らは常に笑顔でステージに立ち続けた。
挫折を味わおうが、進化に伴う痛みに苦しもうが、最後の最後まで、彼らはとにかく笑顔でいることを貫き続けた。
そんな彼らの姿は本当に美しかったし、とにかく輝いていた。

HIKARU.「カメレオという夢をここまで一緒に大きく育ててくれて、本当にどうもありがとうございました! 
みんなのおかげで世界一かっこいいバンドになれたよ! 俺達がカメレオだ!」

アンコールを終えてもまだ鳴り止まない声に、「今、俺らかっこよく捌けたじゃん!」と再び登場した5人は、「呼び出したんだからわかってんだろうな!?」と「21世紀マン」を披露。
そして「最後は笑顔で終わりたい! 音楽の力を最大に使って、最後に思いっきり楽しんで終わろうぜ! 
割れるほどの歓声を聴かせてくれ!」と、ラストナンバーの「万歳\(・∀・)/Music!」へ。
手拍子にジャンプに大合唱にと、カメコカメオ達も最後の瞬間まで全力で参加。
メドレーで披露された楽曲も1曲と数えるならば全48曲、4時間に及ぶラストライヴは、会場全体が一丸となって作り出した最高の景色と、カメレオらしいなんともハッピーなエンディングで幕をおろしたのだった。

尚、このラストライヴの模様は、LIVE DVD BOX『カメレオ LAST LIVE「WE ARE KAMELEO!!」』としてリリースされることが決定。
カメレオ初となる今回のライヴDVDは、ラストライヴで披露された全曲を収録するのみでなく、ラストツアーやラストライヴ当日のドキュメンタリー映像、さらには彼らがWEBで配信してきた『カメちゃんねる』のvol.36(ちなみに、先日公開された最終回はvol.35なので、新作撮り下ろし!?)も収録されるとのこと。
尚、こちらは完全受注生産となっており、受付期間は7月30日(日)23:59までとなっているのでお忘れなく。

5年半という月日を短いと思うのか、それとも長いと思うのかは、人によって差はあるだろうが、間違いなく濃い5年半を過ごしてきたカメレオ。
ここから先はそれぞれ別の道を歩むことになるが、Takeshiも話していたように、5人とカメコカメオ達の未来が輝かしいものでありますように、幸あれっ!

 

 

文◎山口哲生
写真◎藤川正典

 

====================


カメレオ LAST LIVE 「WE ARE KAMELEO!!」
2017/6/17(土)舞浜アンフィシアター SETLIST

01. WE ARE KAMELEO!!
02. 評論家的ダンスナンバー
03. で?
04. デビルくん
05. ↑アゲていこう歌↑
06. お化け
07. 新宿。
08. オセロゲーム
09. 検索結果0
10. サンドウィッチLOVE
11. 「バカ…バカ…バカ…」
12. ウェディングメール
13. 君となう。
14. バンド曲メドレー
・代償を支払い文明を買う
・擬似コミュニケーション
・嫌な奴ね、アンタ
・美容整形
・思考は常にマイナス
・愛と憎しみは紙一重
・世界史の先生
・マジカルドリンク
・vs 劣等コンプレックス
・養え、己を
・Thanks 2014
・D・S・K
・別にタイトルは無いや(照)
・How much?
15. 5人Vo メドレー
・変幻×自在+連鎖反応=∞
・関係ナイ
・ハナゲの王様
・Turn Back Time
・A×B÷僕
・凸凹
・The wondrous world
・♂or♀
・ごめんなさいっ!
・時給¥850
・カメクエ
・やりづLIVE!!
16. 運命開華ディスコ
17. 生きづLIFE!!
18. ダメ男
19. ニート姫
20. 捏造ピエロ

EN1. 5/5
EN2. ♪ラララ♪
EN3. 始まりの歌
EN4. 21世紀マン
EN5. 万歳\(・∀・)/Music!


====================


<リリース情報>


■完全受注生産DVDボックス
 LIVE DVD『カメレオ LAST LIVE「WE ARE KAMELEO!!」』発売決定

【価格」¥16,000+税(税込¥17,280)
【商品仕様】DVD4枚組、124pブックレット、三方背ボックス仕様
【収録内容】
 [DVD]
 ・カメレオ LAST LIVE「WE ARE KAMELEO!!」全曲収録
 ・カメレオ LAST LIVE「WE ARE KAMELEO!!」ドキュメンタリー
 ・ラストワンマンツアー2017「WE ARE KAMELEO!!」ツアードキュメンタリー
 ・「カメちゃんねる vol.36」
 [ブックレット]アーティスト写真アーカイヴ&舞浜ライヴフォトブックレット(フルカラー124p)
【商品到着】9月上旬
【受注受付期間】 〜7月30日(日)23:59
 受付はコチラ https://goo.gl/p99bpF


カメレオ オフィシャルサイト http://www.kameleo.jp/ 
カメレオ オフィシャルTwitter https://twitter.com/kameleojp/ 











2017年06月23日 (金)

【 D 】6/21(水) 新宿BLAZE<New Single発売記念ワンマンライヴ「Dark fairy tale~The midsummer night’s Dream~」>人間界に舞い降りた妖精たちが魅せた、ミッドサマーの夢物語。

REPORT - 12:32:02

ニューシングル「Dark fairy tale」の発売を翌週の6/28に控えたDが、妖精界と人間界が最も近づく日とされているミッドサマー(夏至)である621日に新宿BLAZEにて、「Dark fairy tale」発売記念ワンマン「Dark fairy tale The midsummer night’s Dream~」を開催した。

まるで悲しみを背負った妖精王の涙のような大きな雨粒と共に、妖精王と4人の妖精たちは人間界に舞い降りた。

 

この日は森を連想させる楽曲やライブでの人気楽曲が披露される中、今回のシングル曲「Dark fairy tale」はもちろんのこと、シングルに収録される新曲3曲がお披露目となった。

 

まずは、妖精王と人間界の少女の出会いの物語を歌った新曲「Bluebell wood」。

命の尊さと美しさを感じさせる荘厳な響きと歌声は、我々観客を妖精の森奥深くへ誘い込んでゆく。誘われるままに辿り着いた先で、「Dark fairy tale」では語られることのなかった妖精王の違った側面を垣間見られるような、不思議な温かみを感じる楽曲であるように感じられた。

ライブ終盤では、新曲「慈愛の虜囚」「Who killed fairy?」が2曲続けて披露された。

 

「慈愛の虜囚」では、この楽曲のテーマとなる妖精王の息子が抱える怒りや苦しみが冒頭から激しく攻撃的に表現され、音と共に湧き上がるその感情に突き動かされるように観客の感情も激しく高ぶり揺さぶられた。

続いての「Who killed fairy?」は、疾走感とスリリングな楽曲展開が妖精界で起こった不穏な出来事を我々に想像させ、妖精の世界で一体何が起こったのか、今回の作品を通して語られる物語の全貌を早く紐解きたい衝動に駆られる。

 

そして驚くことに、ライブが進んでいく程に今作の妖精王の物語はこれまでのDの楽曲とも絶妙にリンクしていることにも気づかされる。新曲と過去曲がライブで出会うことで、今作の物語が更に深みを増し、美しい妖精の世界を創り上げているのである。

まるでここは妖精王と人間の少女が出会った場所であるBluebell woodの森か、と見紛うような瞬間が幾度となく目の前で展開され、そして、Bluebell woodの花言葉のようにこれからも「変わらない心」で、Dと共に在りたいそう感じさせられるライブであった。

 

妖精王の物語は、628日の「Dark fairy tale」の発売、そして721日の仙台公演からスタートするツアーへと繋がっていく。

このツアーのファイナル公演(8/29 赤坂BLITZ)では、この物語の起承転結の「結」に当たる楽曲が来場者全員にプレゼントされることも決定している。

妖精王の物語の今後の展開にも大いに注目していきたい。

 

====================

 

=SET LIST=

1. Dark fairy tale 

2. 鬨の声

3. 迷いの森

4. Like a Black Cat ~無実の罪~

5. Bluebell wood

6. 光の庭

7. 名もなき森の夢語り

8. 三角お屋根と哀れな小熊

Dr.solo & リズムセッション~

9. Night-ship “D”

10. メテオ~夢寐の刻~

11. Lapis lazuli~君を思うほど僕は欲しくなる~

12.慈愛の虜囚

13.Who killed fairy?

14. Guardian

15. 7th Rose

 

EN1

1. 海王鯨島 亀毛海浜夢珠工場

2. Wonderland Savior~太陽と月の歯車~

 

EN2

1. 薔薇の記憶

2 Dearest you

 

====================

 

Dark fairy tale

MV SPOTURLhttps://youtu.be/ZMVskGwe3k4

全曲試聴トレイラー→URLhttps://youtu.be/nkpKKjnI3u0

全曲試聴ページ→URLhttp://www.d-gcr.com/discography/discography.html

 

====================

 

2017628() リリース!!!

D New Single Dark fairy tale

限定盤A-TYPE (CD+DVD) ¥1,800+ / VBZJ-46

限定盤B-TYPE (CD+豪華ブックレット) ¥1,800+ / VBZJ-47

通常盤C-TYPE (CD) 1,200+ / VBCJ-30021

限定盤D-TYPE (CD+ステッカー) 1,500+ / VBZJ-48

 

====================

 

D TOUR 2017Dark fairy tale

7/21 [] 仙台CLUB JUNK BOX

7/23 [] 札幌cube garden

7/27 [] 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE

7/30 [] HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3

8/2 [] 金沢AZ

8/4 [] 名古屋Electric Lady Land

8/6 []  OSAKA MUSE

8/12 [] 新横浜NEW SIDE BEACH!!

8/14 [] 岡山IMAGE

8/16 [] 広島SECOND CRUTCH

8/18 [] 福岡DRUM Be-1

 

TOUR FINAL

8/29 [] 赤坂BLITZ

 

 

D official website http://www.d-gcr.com

GOD CHILD RECORDS website http://www.god-child-records.com

ASAGI solo works http://www.god-child-records.com/asagi/

Ruiza solo works http://www.d-gcr.com/profile/solo_ruiza.html







2017年06月22日 (木)

【ライヴレポート】<CLØWD 東名阪FREE LIVE TOUR「バタフライ・エフェクト-残響-」>2017年6月16日(金)TSUTAYA O-WEST!

REPORT - 15:21:04

キミトボクラであげる反撃の狼煙。
CLØWD、望んだ未来を自らの手で掴むための第一歩。



CLØWDによるFREE LIVE TOUR「バタフライ・エフェクト-残響-」の東京公演が6月16日、東京・TSUTAYA O-WESTにて行われた。
ドリンク代さえ持って来ればあとはCLØWDの奢りというなんとも太っ腹な一夜の模様をお届けする。

整理券の配布も終了し、普段からCLØWDを応援しているファンはもちろん、興味はあったが一歩が踏み出せずに初めてCLØWDを見に来た人もいたことだろう。
そしてこの日は普段あまり見られない男性ファンの姿も多く確認することが出来た。

そんな超満員のTSUTAYA O-WESTはほぼ定刻通り、勢いよく飛び出してくるメンバーに歓声があがるとライヴはスピード感あふれる「ANTITHESE」でスタート。

徐々に熱を帯びていく会場の温度をさらに上げるべく「ケミカルZOO」、「RUDENESS RESORT」を立て続けに演奏。
“踊れ!阿呆に!”の歌詞の通り、「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」と言わんばかりに飛び跳ねるフロア。

「もうすぐ夏ですね!」のKØUの声とともに冬真と庵の軽快なツインギターから始まった「レッドホット・ディスコ」では、夏フェスさながらにタオルを振り回したかと思えば、「ワットインテンション」では猟平が繰り出すバキバキなスラップと樹のファットなグルーヴで会場をクラブに変えてしまう。
この振れ幅の広さや表情の豊かさがCLØWDの魅力のひとつだ。

「普段はやらない曲をやります。」と始まったのは“初めて出逢う君に魅せよう 夢を見る胸の内側を”という歌いだしで始まる「Child’s Dream」。
そこから「息吹」、「狼煙」、「NEVER ENDING STORY」と演奏したのだが、生まれも育ちも違う5人の子供たちが、それぞれバンドという夢を持ち、苦悩して心が折れそうになりながらCLØWDというバンドに辿りつき、CLØWDが生まれ、狼煙をあげる。
5人それぞれの夢がCLØWDという1つの夢になるまでの道のりを見せられているようで胸が熱くなった。
特にこの日は初めてCLØWDを見に来た人も大勢いたであろうあの場所で改めて見せてくれたのは大きな意味があると感じた。

この道のりは「バタフライ・エフェクト」へと続く。
「俺たちが今、一番伝えたいメッセージです。」というKØUの言葉のとおり、自らの手で未来を変えていくための、過去の後悔を肯定できるような未来を作るためのメッセージであるこの曲がたくさんの人に届くことで文字通りバタフライ現象は起こるのだ。
ここでふと「Child’s Dream」に“今、君へと届け 世界中の君へ”という一節があったのを思い出す。
今、子供たちの願いは「バタフライ・エフェクト」という形になって広い世界に向けて飛び立とうとしている。


「2016年1月7日に初めてここ(O-WEST)でワンマンをしました。
その時にO-WESTの壁の高さを知りました。
そこから一年半、再びこのステージに立つことが出来ました。
みんなと音楽出来るのがうれしいし、最高に楽しいんだ。
だけど、俺達には越えなければいけない壁がある。
2018年1月8日、CLØWD3周年。ここTSUTAYA O-WESTでワンマンやるぞ!!
2年越しの3度目の正直!!恰好悪くたっていいよ、俺が必ずこのWESTをソールドアウトさせてやるからな!!!!」

アンコールのしばしの沈黙の中、KØUの口から発表された3周年記念ワンマンの会場は、この日の会場と同じTSUTAYA O-WEST。
この場所は昨年行われた1周年記念ワンマンの会場でもあり、付けられたタイトルは「REVENGE」。
O-WESTで作った借りはO-WESTでしか返せないということなのだろう。
壁の高さを思い知った昨年のワンマンの苦い記憶を、あのワンマンがあったから今があると言えるようになるためにもCLØWD自身も未来の操縦権を握る時が来たのだ。

 

先のMCはこう続く。
「俺だけじゃない。ここにいる仲間と、お前たちで。ラスト、俺とお前たちの絆の歌。」

始まったのは「キミトボクラ」。猟平の肩を抱きながら歌うKØU、目配せしては楽しそうに笑い合う冬真と庵と樹、フロアに目をやれば手を繋いで楽しそうにモッシュするオーディエンス。
そこにはキミ(ファン)とボクラ(CLØWD)しか入り込めない幸せな空間が広がっていた。
お互いがお互いを大切に思わないと生まれないあの空気は、見ている私にも幸せをお裾分けしてもらえたような気分になるほど素敵な雰囲気であった。

ライヴから数日経ったいまでもあの日の余韻が抜けないでいる人も多いだろう。
かくいう私もその一人であり、これがまさに残響なのだと実感しているところだ。

この鳴り止まぬ残響をそのままにCLØWDは、8月からバンド初となる全国ワンマンツアー「バタフライ・エフェクト-不死蝶-」を敢行する。
全国各地で彼らを待つたくさんのキミトボクラで手を取り合って目指すは3周年記念ワンマン・TSUTAYA O-WESTでのリベンジだ。
5人の子供だった彼らが鳴らす音がワンマンツアーでどこまで人の心に届くのか、差し伸べた手をどれだけの人が掴み返してくれるのか、CLØWDが生み出した小さな蝶の羽ばたきは、どれだけ大きな風を巻き起こすことが出来るのか、その過程を、その結果を、ぜひその目で、耳で、心で感じてみて欲しい。


CLØWDはまだ夢の途中にいる。

 

文◎小崎恒平

写真◎Seka 

 

====================

<CLØWD LIVE INFORMATION>


■CLOWD 3rd ANNIVERSARY LIVE「REVENGE」
2018/1/8(月・祝) TSUTAYA O-WEST OPEN 17:00 / START 17:30
(問)HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
——————————-
<チケット料金>
前売¥3,500 / 当日¥4,000(税込・オールスタンディング・ドリンク代別)
※営利目的の転売禁止・未就学児童入場不可
チケット一般発売:2017/8/26(土)~
イープラス / チケットぴあ(P:337-303) / ローソンチケット(L:72770)
——————————-
★CLØWDオフィシャルサイト先行
[受付期間] 6/23(金)12:00~7/31(月)21:00
[抽選結果確認] 8/3(木)12:00~8/10(木)18:00
[お支払期間] 8/3(木)12:00~8/11(金・祝)21:00
[枚数制限] お1人様4枚まで
※抽選受付となります。受付期間内にお申込みください。
お申込みはコチラ http://eplus.jp/clowd-hp/

 

====================


■CLØWD ONEMAN TOUR 2017<バタフライ・エフェクト-不死蝶->


8/5日(土)【東京】池袋EDGE (猟平Birthday Live) [バタフライ・エフェクト×キャプテン・キッド]
8/12(土)【福岡】福岡DRUM SON  [バタフライ・エフェクト×キャプテン・O]
8/13(日)【広島】広島BACKBEAT [バタフライ・エフェクト×キャプテン・スネーク]
8/19(土)【千葉】柏Thumb up [バタフライ・エフェクト×キャプテン・P・マッスル]
8/30(水)【新潟】新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE [バタフライ・エフェクト×キャプテン・サイクリング]
9/2日(土)【北海道】札幌Spiritual Lounge [バタフライ・エフェクト-番外編- 船員休暇日]
9/3日(日)【北海道】札幌Spiritual Lounge [バタフライ・エフェクト×キャプテン・キッド]
9/6(水)【宮城】仙台LIVE HOUSE enn 3rd [バタフライ・エフェクト×キャプテン・P・スネーク]
9/9日(土)【愛知】名古屋HeartLand [バタフライ・エフェクト×キャプテン・サイクリング]
9/10(日)【大阪】心斎橋CLAPPER [バタフライ・エフェクト×キャプテン・O]
9/17(日)【東京】代官山UNIT (庵Birthday Live)[バタフライ・エフェクト×キャプテン・スネーク]

<チケット料金> 前売¥3,500 / 当日¥4,000
※税込・オールスタンディング・ドリンク代別
※営利目的の転売禁止 / 未就学児童入場不可

<チケット発売中!>
イープラス https://goo.gl/ByVvPy 
ローソンチケット https://goo.gl/PZol82 
チケットぴあ https://goo.gl/gtJ5MA

 

====================

 

■メンバーバースデーライヴ
11/21(火)池袋EDGE 冬真BIRTHDAY
12/2(土)柏Thumb Up 樹BIRTHDAY
12/30(土)池袋EDGE KOU BIRTHDAY
※詳細後日発表

 

====================


<CLØWD RELEASE INFORMATION>
■6th SINGLE「紅い意図」 9/13(水)RELEASE予定
【初回生産限定盤A】CD+DVD DCCL-222~223 1,800円+税
【初回生産限定盤B】CD+DVD DCCL-224~225 1,800円+税
【通常盤】CDのみ DCCL-226 1,200円+税

 


CLØWDオフィシャルサイト http://clowd.tokyo/ 








2017年06月19日 (月)

【ライヴレポート】<GreeΣ 1st ONEMAN LIVE『おはよう、朝が来たよ。』>2017年6月17日(土)池袋EDGE。“薄暗い場所で必死にもがく小さな光”。

REPORT - 22:29:27

2017年06月17日に池袋EDGEにて、GreeΣの1st ONEMAN LIVE『おはよう、朝が来たよ。』が行われた。

GreeΣは、ex.MeteoroiDのメンバーと、新ヴォーカルの月白によって今年の3月に始動したヴィジュアル系バンドだ。“薄暗い場所で必死にもがく小さな光”をテーマに、メッセージ性の高い楽曲と高い演奏力を武器にして、精力的に活動を行っている。

バンドの命運を占うような、始動3カ月にして初のワンマンライヴは、セットリストのおよそ半数が新曲&新衣装初公開という盛りだくさんの “攻め”の内容となった。

 

開演時間丁度、暗転した会場にスクリーンが登場し、今回のライヴのコンセプト映像と、なんと新衣装をまとったメンバーの最新ヴィジュアルが映し出された。趣向を凝らしたサプライズにファンもどよめく。

そしてその公開されたばかりの新衣装でメンバーが登場すると、フロアからは自然と大きな手拍子が起こり、1曲目は新曲『諦めフィロソフィヰ』。

キャッチーなジャズ調ナンバーに合わせて、新曲ながらも手拍子やモッシュなど、ファンのレスポンスは上々だ。

この日がミュージシャン人生初のワンマンライヴだったという月白も、堂に入ったヴォーカルパフォーマンスで始動ライヴからの急成長ぶりを存分に見せつけ、一気にフロアのテンションを掴みにかかる。


ファン人気の高いライヴ定番アッパーチューン『アガクセイヲ』では、音圧とひたむきな歌詞がしっかりとかみ合って心に刺さった。ファンも力強く拳を突き上げ、初のワンマンライヴとは思えないような一体感が早くも生まれはじめる。


更に、タオルを振り回して賑やかに暴れるパーティーチューン『explosion limit』を畳み掛け、ひとしきり熱気に満ちた会場に月白は改心の笑みだ。


「言葉が出てこないぐらい楽しませてもらってます。初のワンマンって事で不安もすごくあったんですけど、週末この時間にGreeΣを選んで、遊びに来てくれて本当にありがとうございます。

えーっと……、喋りが得意なバンドでもないので、音楽で伝えます。

新曲も多いけど、自由に楽しんでくれたら嬉しいです!では、素敵な曲を聴いてください。」


月白の真摯なMCと曲振りから、中盤のとことん“聴かせる”新曲が続くセクションへ。『キミノヒダリテ』は、月白の情感たっぷりのアカペラから始まる疾走感溢れるナンバーだ。

GreeΣの曲は要所要所に転調や凝った展開のあるものが多く、スリリングなフレーズも表現しきって聴かせようとする気合いには圧倒される。

 

『だから嫌いなんだ、雨なんて。』は帝(Gt)のクランチトーン、マチ(Gt)のクリーントーンのリフや月白のファルセットなど、一つ一つの音像が美しく切ないミディアムチューン。

演奏終了後に自然と拍手がわき起こったのを見て、「『キミノヒダリテ』『だから嫌いなんだ、雨なんて。』、やっと披露出来ました。」と、月白が嬉しそうに語った。


とことん盛り上げて駆け抜けた後半戦は、『路地裏と少年』からスタート。フロアに分厚い轟音が襲いかかり、会場の温度が一気に上がるような感覚に陥った。

ささやくような低音から、デスボイス、高音のサビまで月白の歌声が映えたダンサブルな『フェイク』や、ファンの楽しげなモッシュやジャンプでフロアが揺れた『Cheers!』など、多種多様なハードチューンで楽しませてくれる。


そして、めちゃくちゃに展開とテンポの速い『Pandora’s Scar』や『退紅のカタルシス』で、彼等は本当に演奏が上手いバンドだなと改めて認識させられた。外タレ並みに鳴りの良いドラム、低音部でしっかり存在感を出してバンドに奥行きを出すベース、楽曲に寄り添ってタイトにリズムキープするマチのギター、ギターヒーロー然としてウワモノは全部俺に任せろと言わんばかりの帝のギター…、何度も言うようだが、結成3カ月でこれとは今後が本当に楽しみだ。


本編ラストは、今を必死に生き抜く力強さを全力で届けるような『despair’s ray』。フロアに「今この瞬間、ここに嘘はなにもないから!」と声を張り上げる月白の真剣な言葉に、全てが詰まっていたように思う。

 

アンコールでは、さっきまでド迫力の演奏をしていたバンドは何処へやら、「MC苦手!」とはにかみながら、メンバーが感謝の言葉を伝えてくれた。


帝「言うべき事、あんまり見つからないんですけど、本当にありがとうございました。」
マチ「今日はありがとうございました。新衣装だし、新曲ばっかりだったけどどうだったかな?これからも頑張っていくので、ついてきてください。」
螺琉「今回のライヴは『おはよう、朝が来たよ。』っていうタイトルで。(GreeΣには)本当にまだ、朝が来たばかりです。これからが始まりだと思っています。もっともっと上を目指していけるように頑張ります。」
朋夜「初めてのワンマンライヴで新曲もたくさんやりました。皆の記憶に残るようなバンドになるには、まだまだ頑張らなきゃいけないと思っています。良い音楽と良いライヴのためにこれからも頑張ります!」
月白「俺は、人生でワンマンライヴっていうのをするのは今日が初めてでした。……正直、元々バンドをやっていた四人の中に飛び込むのって、わからない事やできなくて悔しい事も沢山あったけど、今日までやってきてよかった。バンドなんていつまで続くか分からないし、もっと言うと日本って国がいつまで平和なのかとかも分からないじゃないですか。だから、今を大事にしていきたい。」

 

ラストナンバーは、彼等の代名詞『GreeM』。“薄暗い場所で必死にもがく小さな光”という彼等のテーマをそのまま曲にしたような、真っすぐなメッセージソングだ。


《照らしたい 僕の声に魔法はない 魔法はないけど この声が届く場所に 君がいるのなら》


音楽の力だとか、魔法だとか、愛だとか、いつの間にか忘れてしまうような綺麗事を、もう一度信じる勇気をくれる美しい歌詞が、会場の一人一人に届けられる。多幸感や希望や救いに満ちた、鮮やかな幕引きだった。

 

夏にはリリースと主催ツアーを控え、更に加速度を増して活動していくGreeΣ。

初のワンマンライヴをしっかりと成功させ、自信を得た彼等の今後が本当に楽しみだ。詳細は以下より要チェック!


取材:高崎光

 

====================

 

1.諦めフィロソフィヰ
2.アガクセイヲ
3.explosion limit
4.キミノヒダリテ
5.だから嫌いなんだ、雨なんて。
6.路地裏と少年
7.フェイク
8.Cheers!
9.Pandora’s Scar
10.退紅のカタルシス
11.despair’s ray

EN:GreeM

 

====================

 

~GreeΣ東名阪主催ツアー
二ヶ月連続音源発売記念
『これが僕の望んだ目覚めなら』~
8月16日(木)名古屋music farm
8月18日(金)大阪clapper
8月31日(木)渋谷REX ※マチBIRTHDAY

 

~二ヶ月連続リリース~
2017年07月12日(水)発売
GreeΣ 会場限定Single「諦めフィロソフィヰ」
1.諦めフィロソフィヰ
2.フェイク
GMDC-002 / ¥1,000(taxin)

 

2017年08月04日(金)発売
GreeΣ 会場限定Single「だから嫌いなんだ、雨なんて。」
1.だから嫌いなんだ、雨なんて。
2.路地裏と少年
GMDC-003 / ¥1,000(taxin)

 

★GreeΣ★

http://www.greem-official.com/


2017年06月16日 (金)

【ライヴレポート】速報♪<CLØWD FREE LIVE TOUR「バタフライ・エフェクト-残響-」>6月16日(金)東京・TSUTAYA O-WEST

REPORT - 22:23:14

6月16日、東京・TSUTAYA O-WESTにてCLØWD FREE LIVE TOUR「バタフライ・エフェクト-残響-」が行われた。
そしてその公演中にKØU(Vo)の口から、New Singleの発表、メンバーバースデーライヴの発表が行われ会場内は歓喜に包まれた。


そして会場の熱気が最高潮の中、KØU(Vo)が語り出した。


「2016年1月7日、初めてここ(O-WEST)でワンマンをしました。
その時にWESTという大きな壁を知りました。
そこから1年半、再びこのステージに立つ事が出来ました。
だけど俺たちには越えなければいけない壁がある。
2018年1月8日、CLØWD3周年、ここO-WESTでワンマンやるぞ!!
2年越しの3度目の正直!必ずソールドアウトさせてやるよ!」

 

そう高らかに宣言し、CLØWD結成3周年の日2018年1月8日(月・祝)にTSUTAYA O-WESTでの3周年ライヴの開催を発表した。
そのライヴのタイトルは、『CLØWD 3rd ANNIVERSARY LIVE「REVENGE」』。
CLØWDの3度目のO-WESTは3周年を記念する勝負の場となった。



前記した6枚目のシングルのタイトルは「紅い意図」。
今までの彼らからはイメージに付かないタイトルである。
このタイトルにはいったいどのような想いが込められているのだろうか。
そして、メンバーバースデーは昨年も大盛り上がりにて終了し、今年もソールドアウト必至のイベントとなっている。


そしてこの夏は、8月5日(土)池袋EDGEにて開催される猟平バースデーを皮切りにスタートする
CLØWD初の全国ツアー、CLØWD ONEMAN TOUR 2017「バタフライ・エフェクト-不死蝶-」が開催される。
今回のツアーは、「PIRATES of BUTTERFLY」と題し、海賊の衣装を身に纏い、各公演を支配するキャプテンが毎回変わるというエンターテイメント性に富んだ全11公演となっている。

既にチケットは発売中、一度しかない2017年の夏はCLØWDという船に乗って全国を航海してみてはいかがだろうか。

 

写真◎Seka


====================


<CLØWD INFORMATION>

■CLØWD 3rd ANNIVERSARY LIVE「REVENGE」
2018/1/8(月・祝) TSUTAYA O-WEST 
※6月下旬、最速先行チケット受付開始

 

——————————-


■6th SINGLE「紅い意図」 9/13(水)RELEASE予定
【初回生産限定盤A】CD+DVD DCCL-222~223 1,800円+税
【初回生産限定盤B】CD+DVD DCCL-224~225 1,800円+税
【通常盤】CDのみ DCCL-226 1,200円+税

 

——————————-



■メンバーバースデーライヴ
11/21(火)池袋EDGE 冬真BIRTHDAY
12/2(土)柏Thumb Up 樹BIRTHDAY
12/30(土)池袋EDGE KØU BIRTHDAY
※詳細後日発表

 

——————————-



■CLØWD ONEMAN TOUR 2017<バタフライ・エフェクト-不死蝶->


8/5日(土)【東京】池袋EDGE (猟平Birthday Live) [バタフライ・エフェクト×キャプテン・キッド]
8/12(土)【福岡】福岡DRUM SON  [バタフライ・エフェクト×キャプテン・Ø]
8/13(日)【広島】広島BACKBEAT [バタフライ・エフェクト×キャプテン・スネーク]
8/19(土)【千葉】柏Thumb up [バタフライ・エフェクト×キャプテン・P・マッスル]
8/30(水)【新潟】新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE [バタフライ・エフェクト×キャプテン・サイクリング]
9/2日(土)【北海道】札幌Spiritual Lounge [バタフライ・エフェクト-番外編- 船員休暇日]
9/3日(日)【北海道】札幌Spiritual Lounge [バタフライ・エフェクト×キャプテン・キッド]
9/6(水)【宮城】仙台LIVE HOUSE enn 3rd [バタフライ・エフェクト×キャプテン・P・スネーク]
9/9日(土)【愛知】名古屋HeartLand [バタフライ・エフェクト×キャプテン・サイクリング]
9/10(日)【大阪】心斎橋CLAPPER [バタフライ・エフェクト×キャプテン・Ø]
9/17(日)【東京】代官山UNIT (庵Birthday Live)[バタフライ・エフェクト×キャプテン・スネーク]

<チケット料金>
前売¥3,500 / 当日¥4,000
※税込・オールスタンディング・ドリンク代別
※営利目的の転売禁止 / 未就学児童入場不可

チケット発売中
イープラス https://goo.gl/ByVvPy
ローソンチケット https://goo.gl/PZol82
チケットぴあ https://goo.gl/gtJ5MA




2017年06月16日 (金)

【ライヴレポート】AKi<東名阪サーキットツアー“HOOKED ON THE BEAT”ファイナル>6月15日(木)渋谷WWW-X!「みんなとまた近くなれた気がする」

REPORT - 18:24:01

シドのベーシスト・明希としても活躍するAKiが、東名阪サーキットツアー“HOOKED ON THE BEAT”のファイナルを6月15日に渋谷WWW-Xにて開催。

激・艶・幸・熱・楽と自らが持つ多彩な要素を巧みにパッケージして、集まったオーディエンスに熱狂と希望を与えた。



急遽発表されたツアーのうえ当日は平日にもかかわらず、フロアは超満員。
クラップで待ち構えるファンの前に登場したAKiがメロイックサインを掲げると、サポートのギター隊と共にドラム台に集まって全員で一斉に音を出し、「ミッドナイト/狂騒/DARLING:」でファイナルの幕を開ける。
ブルージーでグランジ色の強いナンバーから滑り出したライブは実に自然体かつアグレッシブなもので、「ようこそ渋谷! 今日は最高の夜にしような!」と続けた「Be Free」以降もフロアから振り上がる拳とジャンプはやむことナシ。
畳みかける“激”しいアッパーチューンにより、思う存分にパッションを放出しながらも、「Sing it Loud」では光の中にオーディエンスの歌声が響き渡って多幸感が湧き上がる、そんな展開もAKiならではのものだろう。


しかし「お前たちと俺たちで、どこまでやり合えるか勝負しようぜ! イケるか!?」と煽ってからは、生々しいロックサウンドにデジタリックな要素が加わって、さらなる彩りが加わることに。
未発表曲「pulse」では無条件に身体を揺さぶられる強力なビートに乗せて“有りのまま自分を叫ぶのさ”と叩きつけ、「Missing」では間奏にベースとギターの掛け合いを交えながら“無防備な愛”を歌う。
さらに極彩色のライトを浴び、歌声もベースプレイもエロティックにうねる「ジウ」で魅せる妖“艶”な表情とリリックに目と耳は釘付け。
かと思いきやドラムからベース、ギターと各パートのソロが炸裂するインストゥルメンタルの「Swag」では端から端まで客席を煽り、フロアに突っ込んでオーディエンスの腕を掴む。
同期やシーケンス等、バンド外の音を多彩に活かすことができるのも、骨太な演奏あってこそだ。


「ヤバい、メチャクチャ熱い! 東名阪の3本だけだったけど、みんなとの絆がより強まったんじゃないかと思うツアーでした。
みんなに届けたい曲たちばっかりで、これからも本気で音楽届けていくんで、これからも応援してくれると嬉しいです。みんな、愛してるよ」


そう告げて場内を甘い空気にしたところで、加藤貴之(G)とのアコースティック編成で始まった「pray」以降は歌を聴かせるセクションに。佑聖(G)のクリーン音に透明感があふれる「Wait for You」、フロアから“LaLaLa”と湧く合唱を腕を広げて全身で受け止め、さらに「歌ってくれ!」と求める「Skyfall」と穏やかなナンバーを続ける。
それぞれのパートが生む音をフィーチャーして描き出される繊細な情景に、胸は“幸”せな心地で満たされるが、その最大の原動力になっていたのがAKiのヴォーカル。

中でも高音の伸びやかさは確実に昨年のツアー時よりもグレードアップしており、ヴォーカリストとしての成長をしかと証明してくれた。


「みんな超いい声だった。こういう一つ一つを忘れないからね。本当に感謝してます。
まだまだイケるの? ライブはここから始まるんだよ、思う存分叫んでくれ!」


そして「頭トバせ!」と誘った「HEADZ UP」からは拳とジャンプとクラップが吹き荒れる怒涛のクライマックスへ。
「libido」で声をあげながら飛び跳ねるフロアは一つの塊となり、いきなりテンポダウンして自らの身体をまさぐる色っぽい仕草に場内は湧き返る。
続いて「Brave New World」ではリズミカルに拳を振り上げ、間奏のツインギターから大合唱、そしてクラップへと駆け上がると“オイ!オイ!”の声がフロアから自然発生。
「全部出し切れよ! 叫んで拳あげてください!」とラスト曲「STORY」に雪崩れ込めば、その言葉にオーディエンスは全力で応え、AKiもステージ上を激しく移動して佑聖のマイクを奪う場面も。
迷いのないパフォーマンスでフロアの温度を急上昇させ、オーディエンス、バンドメンバーと共に創り上げる強力な一体感に高揚感が溢れ出す。
その“熱”さは今ツアーで初めてAKiツアーのサポートを務めたKENZO(Ds)に「AKiのツアーヤバいね! 熱すぎてメイク落としちゃったもん。最高!」とアンコールで言わしめたほどだ。


そのアンコールでは「ここで僕と同じであろう歳が上めの方々のために、しっとりとした曲を。大事なのは緩急!」と念押しして、まずは佑聖と二人でアコースティックアレンジの「Day 1」を披露。
一転「お馴染みの曲を持ってきたんでガンガン跳ねてガンガン遊ぼうぜ!」と放った「FAIRY DUST」も重心低いベースでローを響かせて、そこから満場のクラップで天へと昇る心地よさがたまらない。
「お前ら全員かかってこい! お前らのこと愛してるぜ」と最後に贈られたのは、もちろん「The Inside War」。
希望と光に満ちたお馴染みのラストソングに一瞬にして拳があがり、疾走感たっぷりに駆け抜けてゆく。
そこに生まれた感情を表すなら、“楽”の一文字だろう。


終演後にはさらなるアンコールを求める声が鳴りやまず、MCでAKiが語った「みんなとまた近くなれた気がする」という言葉が事実であることを知る。
7月26日には昨年全国21箇所で行われた初のワンマンツアー“HEADZ UP & DO IT!”のファイナルとなったZepp DiverCity公演と、初冬に行われたツアー“Doom boombox”のファイナル・新宿BLAZE公演を中心に収めたライブDVD『the MOMENT -HEADZ UP & DO IT! & Doom boombox Tour Live Documentary-』がリリース。
前者でのMUCC・ミヤとのパフォーマンスやツアーのバックステージ映像も盛り込まれた本作は、
2016年のAKiの活動を追ったロードムービーとなっており、完全受注生産限定盤にはこの日のライブでも披露された新曲「pulse」のCDも付属しているので要チェックだ。
ベーシストとしてのみならず、ソロ・アーティストとしても着実な進化を遂げているAKi。
次なるアクションを楽しみに待ちたい。

 

 

文◎清水素子

写真◎西槇太一

 

====================


AKi TOUR 2017
“HOOKED ON THE BEAT”
2017.6.15(thu) 渋谷WWW-X
SET LIST


1 ミッドナイト/狂騒/DARLING:
2 Be Free
3 FREAK SHOW
4 Sing it Loud
5 pulse(新曲)
6 Missing
7 ジウ
8 Swag
9 pray
10 Wait for You
11 Skyfall
12 HEADZ UP
13 libido
14 Brave New World
15 STORY

En-1 Day 1 (アコースティックver.)
En-2 FAIRY DUST
En-3 The Inside War

====================


■LIVE DVD『the MOMENT -HEADZ UP & DO IT! & Doom boombox Tour Live Documentary-』 
2017年7月26日発売

<完全受注生産限定盤(2DVD+1CD)>
 価格 ¥8,000(税別) 送料別
 ※オフィシャルサイトでの受注販売のみになります。
 ・巻き三つ折りデジパック
 ・24pブックレット
 ・三方背ボックス仕様

【DVD  DISC1】
 01. HEADZ UP
 02. Fahrenheit
 03. Be Free
 04. FAIRY DUST
 05. In Vain
 06. SESSION(Arrange ver.)
 07. Wait for You
 08. Day 1
 09. pray 
 10. ジウ with ミヤ(MUCC)
 11. Missing
 12. FREAK SHOW
 13. Swag
 14. libido
 15. Brave New World
 16. ミッドナイト/狂騒/DARLING:
 17. STORY

【DVD  DISC2】
 01. Fx$k the WORLD!
 02. Path of Light
 03. Sing it Loud
 04. The Inside War
 05. Skyfall
 06. tonight.(acoustic ver.)

 AKi Tour 2016 “HEADZ UP & DO IT!” OFF SHOT MOVIE

【CD】
 01. pulse

[受付期間] 〜7月2日(日)23:59まで
 ※商品到着は7月25日前後を予定しております。
受付サイト:https://store.maverick-dci.com/items/6519631


<通常盤(2DVD)価格 ¥4,000(税別)>
 ※DVD 内容は完全受注生産限定盤と共通

LIVE DVDダイジェスト映像 https://youtu.be/fKeyCmIocUg 


AKi オフィシャルサイト:http://www.dangercrue.com/AKi/