NEWS

2019年01月16日 (水)

【ライヴレポート」】新世紀えぴっくすたぁネ申◆1月13日、東京・ZircoTokyoで大我生誕ライブ2019<大変よく頑張ってます。>を開催!

REPORT - 14:03:58

 現在、着実にブームを巻き起こしているメンドル(メンズアイドル)シーンにおいて圧倒的な存在感を放つアイドル系ヲタクグループ・新世紀えぴっくすたぁネ申。“1000人動員できなければ解散”という彼らにとって運命の日となるマイナビBLITZ赤坂ワンマンを10日後に控えた1月13日、東京・ZircoTokyoで大我生誕ライブ2019『大変よく頑張ってます。』を開催した。

 

 会場に足を踏み入れると、会場中に大我のイメージカラーである紫色の風船が所狭しと設置され、開演前からお誕生日ムードが会場に漂う。ライヴは大我からのメッセージVTRで開演し、会場を暖めるべく行われたメンバー曰く“大我らしい”若干シュールなコールアンドレスポンスを経て色とりどりのサイリウムの海の中「KAMAsaaaaay!!!!!!」でスタートし、<かませ!>の声やラインダンスでフロアを盛り上げる。続くこの日仕様に歌いだしと落ちサビを大我が務めた「キミホリック」、アヤァ・オブ・ザワールド(以下、あやぁ)が歌詞にならって「本日で25レベル(25歳)になりました」と大我を紹介した「GAME」でフロアをアゲていく。

 

 さらにあやぁの爆笑MCをはさみ、和メロとメンバーが扇子を使ったパフォーマンスを見せてくれる「命短シ恋セヨ人類」では扇子を忘れたたくぴーがフライヤーを折って代用し会場の笑いを誘う。また、イントロで歓声があがった「ゴーストパーティー」、あやぁのド迫力のスクリームで始まったアッパーチューン「Re:Re:Re:START」で前半戦を締めくくった。

 

 ここからは生誕コーナーということで和気藹藹とした雰囲気でケーキやプレゼントを大我に贈り、大我本人からお礼の言葉、そして23日のマイナビBLITZ赤坂でのワンマンのことを考えるあまり生誕イベントの告知が遅くなってしまったことへのお詫びの言葉を述べるシーンは心優しい大我らしい一コマだったように思う。そして、大我は一人で秦基博の「ひまわりの約束」を披露。元々は別の曲を歌うつもりだったが、歌詞を読んで届けられるものがあったらいいなとこの曲を選んだという通り、その優しく寄り添うような歌詞に涙するファンの姿も見られ、大我の想いがしっかりと届いていることをうかがうことができた。

 

 後半戦は大我がコーディネートした衣装をまとったメンバーが登場しスタート。そしてこの日披露された新曲「RISING STAR」はDaichiが作詞と振付を担当し、彼らが未来に向かっていくような曲だ。まさに運命のを日を10日後に控えた彼らが未来を掴むためのような曲であり、曲中のDaichiの伸びやかな雄たけびは彼らがあげた狼煙のようだった。ここからライヴは熱を上げていく。まずは「RISING STAR」と同じくポジティブで前に進む強さを持ったベイビーレイズJAPANのカバーである「夜明けBrand New Days」、メンバーからファンへの愛の告白のような甘さにあふれた「愛踊ロマンス」、そしてメンバーのピースサインが眩しい「BabySmile」とフロアからも大きな声があがる曲を立て続けに投下し一緒にライヴを作っていく。

 

 終始ゆるい雰囲気で進み、メンバーにもあらためて“大我らしい”と言わしめるライヴはついに最後のセクションに突入し、虹のコンキスタドールの「トライアングルドリーマー」カバーではこの日一番のMIXの声があがる。続くオーディエンスが手を大きく振るパーティーチューン「STARLIGHT」でラストスパートに拍車をかけ、彼らがアイドル全開でファンのハートを射止めるべく甘い言葉をささやく「怪盗☆スター」の間奏では大我生誕仕様として紫色のサイリウムでヲタ芸を打つシーンが見られた。そして、この日の最後に披露された「Summer Player」はこの日の主役である大我による全編ソロで歌われ、はじめはメンバーに焚きつけられ戸惑いながら歌いだした大我ではあったが、最後はたくぴーと池田に担がれ堂々と歌い上げてくれた。

 

また、 本編終了後には「モンスター」のMVが初解禁された。数多くのエキストラが参加する中、昨年10月に同グループを脱退したk-toと流星の姿が映った瞬間には会場から声があがるシーンも見られた。こちらのMVはオフィシャルYoutubeでも公開されており、彼らが向かう先をしっかりと確かめて欲しい。

アンコールはゴリゴリの重低音が響く「CRAZY CRAZY」から。さらに四つ打ちのビートが心地よいエレクトロポップナンバー「シーソーゲーム」ではキレキレのダンスを披露し、ラストは「お祭り戦隊ヒーロー」でメンバーもフロアも声をあげ、文字通りお祭り騒ぎでライヴを締めくくった。

 

 この日のライヴを見てもわかるが、彼らは誰一人としてマイナビBLITZ赤坂で1000人動員することを諦めていない。そして前だけを見ている。それはこの日も披露した新曲である「RISING STAR」の<さぁ Rising star 掴むんだ あのヒカリ あのミライ 奇跡だって起こすよ>の歌詞や、アンコールで公開された「モンスター」の<ここで終わるわけにはいかないから>の歌詞にも表れているだろう。これまでのEPIC STAR時代ももちろん、新世紀えぴっくすたぁネ申のすべてを賭けた運命の日は間もなく。泣いても笑ってもすべては23日に決まる。彼らはここで終わるわけにはいかないし、ここで終わるわけがないんだ。

 

MV「モンスター」フルムービー公開中

https://www.youtube.com/watch?v=SjU_oA_PMvA

 

(取材・文 オザキケイト)

 

 ====================

 

新世紀えぴっくすたぁネ申 youtube

https://www.youtube.com/channel/UCh4EfW8gmwgOEjukrokIC9Q

新世紀えぴっくすたぁネ申 twitter

https://twitter.com/Epic_hstk_h

新世紀えぴっくすたぁネ申 Web

http://epic-god.com/

 

====================

 

「シン・ネ申ワンマン」

2019年1月23日(水)マイナビBLITZ赤坂

OPEN/START:18:00/19:00

チケット:前方5000円/中間3000円/後方1000円(税込・D代別途)

発売中

https://t.livepocket.jp/e/0123blitz

 

 





2019年01月11日 (金)

【ライヴレポート】2019年1月6日(日)EX THEATER ROPPONGI<LIVE CAFÉ 15th Anniversary Year Grand Finale>のライブをもって、アンティック-珈琲店- 15年の歴史に幕──。「笑顔でお別れは難しいかもしれないけど、みんなには笑っていてもらいたい」

REPORT - 19:00:06

 アンティック-珈琲店-は、昨年6月、現体制での活動を2019年1月の活動をもって休止することを発表した。

結成15周年イヤーにまさかの発表。

でも、大きな節目だからこそ、メンバーそれぞれが自分の未来を見据えた上での決断だったのかもしれない。

そして彼らは、“15th Anniversary Year Special LIVE CAFÉ TOUR 2018「ラグニャロク」〜the last voyage〜”と銘打った全国ツアーに出た。

このツアーのファイナルであり、現アンカフェにとってのファイナルともなるライブが、EX THEATER ROPPONGIでのグランドファイナル2デイズだ。

ヴォーカル・みくの誕生日でもある1月5日に開催された1日目は、愛しい相手への想いを綴ったラブソング「Spring Snow」に始まり、感謝の言葉を詰めこんだ「世界にたった一つの温もり」で終わるセットリスト。

「覚醒ヒロイズム」や「スマイル一番イイ♀~2015ver.〜」など、アンカフェの代表曲を盛り込みながら、“原宿ダンスロック”を信条とするアンカフェらしい、明るく元気な楽曲で盛り上げた構成だった。本当の最後となる2日目は──。

 

 

みくの“生涯最愛の皆さまへ──”という一言からライブはスタート。

1曲目の「MY♡LEAPS FOR “C”」は、大好きな人に未来を誓うメッセージを込めたナンバー。

1日目の「Spring Snow」に続き、目の前にいる多くのファンへの想いを伝える楽曲を1曲目に選んできたことが胸に沁みる。

やっぱり、“今日で最後なんだ”と思うと、ステージを見る目がどうしてもセンチメンタルになってしまう。

最後のライブは思い切り楽しみたいのに……。

今、目の前にいる5人がそんな寂しさを吹き飛ばすステージをこの先見せてくれることを願いながら次々と続く楽曲に耳を傾ける。

 2zenkei1

 「覚醒ヒロイズム」「流星ロケット」と、ライブではおなじみの代表曲的ナンバーが続くが、今回の演出はとてもスタイリッシュだ。

色とりどりのレーザー光線が飛び交う場内の雰囲気は、これまでのにぎやかでかわいい印象のアンカフェとは趣が異なる。

“アンカフェも大人っぽい演出が似合うバンドになっていたんだな”と思ってしまうのは、しんみりした気持ちがまだまだ自分の中にくすぶっているからだろうか。

ステージに向かう観客側と同じく、メンバーも寂しさや複雑な気持ちを抱えてステージに上がっているのだろうか、最初のMCでみくは

「歌っちゃうと終わりに近づいていくのかと思えて悲しいんですけど……。

ちゃんと向き合わないといけないので。

残された時間を思いっきり楽しんで帰りますよ。

しっかりと、アンティック-珈琲店-の音楽と15年間の感謝をしっかりとみんなに届けたいと思います」

と話した。

強がることなく、自分の素直な気持ちを包み隠さず伝える姿は、つねに等身大でファンの前に立ってきたアンカフェらしい。

この言葉を聞いて、悲しい気持ちはフタをせず、彼らと一緒に悲しんでもいいんだなと気持ちの切り替えができたように思う。

 miku2

miku.takuya1

miku.takuya2

 とはいえやっぱり、曲が進むにつれ、アンカフェが持つ幅広い引き出しに気持ちは上がっていく。

というのも、「スノーシーン」から本編ラストまでの13連発(厳密にいうと、ゆうきがヴォーカルをとった「ニャッピーメドレー」で5曲をダイジェスト演奏したので、計17曲)が圧巻過ぎた! 

「逃避回路」「我侭行進曲」といったダークで激しい初期のナンバーではフロアがヘドバンの嵐となり、アンカフェオリジナルキャラのニャッピーが登場した「ニャッピーメドレー」ではアンカフェらしい毒のある可愛らしさが炸裂し、「ダックのマジカルアドベンチャー」ではメンバーいじりのロングMCで場内に爆笑が起き……15年の歴史を駆け足で振り返るような構成がとても楽しかった。

このセットリストは、あらためて、アンティック-珈琲店-というバンドの魅力に気づかせてくれた。

彼らは演奏技術がウリのバンドではない。

けして器用でもない。

でも、それ以上にアンカフェには大きな武器がある。

原宿ダンスロックのボトムを支え、エレクトリックと生ドラムの融合にチャレンジし続けつつ数々の楽曲を生み出してきたドラムの輝喜、ほのぼのしたキャラクターと抜群のソングライティングセンスで独自のキャラクターを確立したベースのカノン、飛び道具的なキャラクターと華やかな鍵盤の音色でアンカフェに新しい色を持ち込んだキーボードのゆうき、端正なルックスと職人気質の真面目なプレイスタイルで個性を放ったギターのtakuya。

そして、バカがつくほど正直に自分の想いを歌詞にぶつけ、多くのファンの心に届く歌を歌ってきたみく。

この5人が集まると、ほかのバンドにはない“花”が生まれることを、ラストステージで再認識させられたのだ。

 

 本編終了後のアンコールは2回。

1回目では、結成12年目にして進出を果たしたメジャーシーンでリリースした2曲を披露。

個人的には、メジャーデビュー曲「千年DIVE!!!!!」でアンカフェは新たな可能性の扉を開いたと感じていた。

他アーティストからの提供曲とはいえ、それをしっかりアンカフェ色に染め上げ、抜群の疾走感を突きつけたサウンドに未来の広がりを感じてワクワクしたことを覚えている。

そして、2回目のアンコールは、メンバーが一人ずつ登場し、客席へメッセージを伝えていくスタイルでスタート。

それぞれの想いを込めたメッセージ、ぜひ受け止めて欲しい。

 

 teruki

輝喜:アンティック-珈琲店-は、坊くんも含めてすごく不思議なメンバーが集まったバンドだと今さらながら強く思います。

どんなに素晴らしいミュージシャンが5人集まっても、この曲とこの空気感はできません。

この出会いは偶然じゃないと思います。

神様がこの5人を選んでアンティック-珈琲店-を作ってくれたんだと僕は信じています。

今日、あともうちょっとだけ演奏したら、僕はアンティック-珈琲店-を去ります。

だけど、明日になってもその先も、僕はずっとアンティック-珈琲店-が大好きです。

アンティック-珈琲店-の音楽を僕は信じているし、みんなと一緒に歩んで作り上げてきた思い出と軌跡、足跡をずっと信じてる。

それは、形が変わってもずっと変わりません。

みんなもきっと、アンティック-珈琲店-に出会って、生まれた想いや気持ちがあるはずです。

この先も、つらいことや悲しいことがいっぱいあると思うけど、カフェっ仔は男も女も“スマイル一番”でしょ。

絶対なくしたらだめだよ。

本当に、15年間ありがとうございました。

yuuki.nyappy

yuuki 

ゆうき:カフェっ仔からはよく“アンティック-珈琲店-にはたくさんのものをもらいました。ありがとうございます”っていうメッセージや手紙をもらいます。

それと同じように、メンバーも皆さんからいろんなものをもらい、いろんなことを学びました。

そのおかげで成長してこうしてここに立つことができているんだと思います。

今までの年月は、楽しいことばかりじゃなく、活動休止などもありました。

皆さんも、つらいことや悲しいことを乗り越えてきたと思います。

アンカフェは今日が終わったら(今の形としては)なくなってしまうことを考えると、みんなにも不安な気持ちがあると思います。

僕も、今まで一緒だったカフェっ仔がいなくなってしまうと思うと不安です。

でも、君たちだったら、この先もどんなことでも乗り越えていけると思います。

みんなが頑張っていることを知っているので、それを糧に俺も頑張っていけるんじゃないかと思っています。

みんな大好き! 

ありがとうございました!

 kanon

カノン:今まで俺は、アンティック-珈琲店-という大きな船の中にいていろんな景色を見てきました。

そこには、協力してくれるスタッフさんやカフェっ仔の皆さんがいて、先陣を切って舵を取ってくれるみくがいて。

その一員で本当によかったなと思います。

バンドをやっていると、“みんなが行くなら俺も一緒にそっちに行くよ”と思う場面も少なからずありました。

でも、これからは自分で決めた道をただ一人行くしかない。

そこは地獄のようなところかもしれないし、すごく怖いけど、この決意は揺らぎたくないというか……揺らがせたらこの決断を受け入れてくれた皆さんにも失礼なことだなって。

だから、この一言につきます。

皆さん、本当にありがとうございました。

 takuya

たくや:人生はいつどこで何があるか分からないなと思います。

自分にとっての人生の転機は、11年前、アンティック-珈琲店-というバンドに出会ったことです。

加入した時はギターを弾くことでイッパイイッパイで。

ステージからの眺めを楽しむ余裕も、誰かのためにギターを弾く、感謝の気持ちを持ってステージに立つ、そんな気持ちもなかったと思います。

今でも未熟者ではあるんですけど、支えてくれるみんながいる幸せを感じて、みんなのためにギターを弾こうって思えるぐらいには成長できたんじゃないかと思います。

アンティック-珈琲店-というバンドはすごく居心地が良くて、(離れるのは)寂しいし名残惜しいです。

さっき、裏でみくさんが“がんばれ”って言ってくれたんですけど、そうやって背中を押してくれる人もいなくなっちゃいますが、ここから先は自分の足で人生を強く生き抜いていこうと思います。

本当に幸せな11年でした。

 miku

みく:僕にとってアンティック-珈琲店-は人生でした。

活動休止が決まって、最初は、自分一人でアンカフェを続けようと思っていたんですけど、ツアーを廻っていくなかで、メンバーが隣にいないとできないなと思いました。

一人でやってもアンティック-珈琲店-じゃないので。

みんなでやることが楽しいから僕はバンドを選んだんです。

それが終わっちゃうなら、この5人が集まるまでは歌はいいかなと思いました。

先のヴィジョンが決まっているわけではないけど、歌はとりあえずやめようと思いました。

ちょっと離れてしまうけど、みんなの幸せを願っています。

幸せになってね。

15年間、自分一人では見られない景色をたくさん見せてもらったし、感動することや人の役に立とうと思える気持ちとか……。

そういう心を僕に教えてくれたのはみんなです。

15年間すごく幸せでした。ありがとうございました。

 

 

 時に言葉に詰まりながらも、思いのたけを盟友でもあるカフェっ仔に伝えたメンバーたち。

みくの感謝の言葉に続いて演奏されたのは、「巡りあえた奇跡」。

続く「BondS〜絆〜2015ver.〜」の演奏前にみくは“みんなの思いや気持ち、ステージに届けてね! 俺たちも届けるから!”と叫び──本当の最後となる「スマイル一番イイ♀~2015ver.〜」の前には「笑顔でお別れは難しいかもしれないけど、輝喜も言っていたように、みんなには笑っていてもらいたいです」というメッセージを残した。

この楽曲で今日一番の一体感を場内に生み出し、それまでのヴィジュアル系シーンにはなかった、明るくカラフルで楽しい“原宿ダンスロック”旋風を巻き起こしたアンティック-珈琲店-の歴史は幕を下ろした。

BondS 

 EX THEATER ROPPONGIに集まった一人一人のカフェっ仔の顔を見ることはできないけれど、メンバーの願い通り、みんなの泣き顔は見たくない。

みく・takuya・カノン・ゆうき・輝喜の5人が並ぶアンティック-珈琲店-の姿を見ることはもう叶わないかもしれないけれど、彼らが紡いでいた音楽やメッセージは不滅だから。

自分たち自身、そして、ずっと一緒に歩んできたカフェっ仔たちの未来の笑顔のために2日間のライブをやり切った5人のためにも、スマイル一番の精神を忘れず生きていけたらいいなと思う。

アンティック-珈琲店-、15年間本当にありがとう。

いつか再び笑顔の5人が揃う日が来ることをかすかな希望として心に留めながら、それぞれの道へと進んで行くあなたたちの背中を見送ります。

 

 

取材・文:須田真希子

撮影:青木早霞(PROGRESS-M)

 

====================

 

<公演概要>

 

LIVE CAFÉ 15th Anniversary Year Grand Finale

日程:2019年01月6日(日)

会場:EX THEATER ROPPONGI

 

<セットリスト>

01.MY♡LEAPS FOR “C”

02.覚醒ヒロイズム~THE HERO WITHOUT A “NAME”~

03.流星ロケット

04.スノーシーン

05.逃避回路

06.我侭行進曲

07.似非占い

08.キャンデーホリック

09.踊るメルヘン時計

10.エスカピズム

11.YOU

12.ニャッピーメドレー

13.ダックのマジカルアドベンチャー

14.メープルガンマン

15.テケスタ光線

16.Cherry咲く勇気!!

 

EN1

01.千年DIVE!!!!!

02.ラフ・ソング

 

EN2

01.巡りあえた奇跡

02.BondS~絆~2015ver.~

03.スマイル一番イイ♀~2015ver.~

 

====================

 

<リリース情報>

 

カフェっ仔とメンバーが共に歩んだ15年間の、全ての想いが込められた活動休止前のラストライブを映像化!!

 

★アンティック-珈琲店-

LIVE DVD

「LIVE CAFE 15th Anniversary Year Grand Finale」

2019年4月24日(水)リリース決定!!

 …………………………………………

■Musing盤 <完全限定受注生産>

¥15,000(税込)¥13,889(税抜) 

2DVD+A4サイズ写真集 

品番:JBBF-5019~-5020

 

 

<DVD2枚組>

・ライブ本編収録&Making映像

 

(Musingオリジナル特典)

・メンバー全員または、お好きなメンバーのサイン&あなたのお名前入りビッグフォトカード1枚プレゼント

※メンバー全員用のビッグフォトカードに名前を書くメンバーは選べません。

※音楽ポータルサイト「Musing」のみでのお取り扱いとなります。

 

 

<販売期間>

受付開始:2019年1月10日(木) ~

受付締切:2019年3月17日(日)23:59まで

 

====================

 

★オフィシャルHP★

http://www.ancafe-web.com

 


2019年01月07日 (月)

【ライヴレポート】MERRYがFC限定クリスマスライブで見せた、2019年“メリー”の展望

REPORT - 12:00:42

20181225日、MERRYが東京・品川クラブeXにて「VERY MERRY CHRISTMASCORE Premium Night~」と銘打った二部制のFC限定公演を開催した。

2019年の「メリー」表記での活動を宣言するなど、本公演でいくつか重大発表をした彼ら。

この驚きと幸せに満ちたクリスマスライブの模様をお届けしたい。

 

 

夕刻より開演の「VERY MERRY CHRISTMASCORE Premium Night~《第1部》~silent acoustic night~」は、文字通りMERRYの楽曲をアコースティック・アレンジで演奏するという特別な趣向。この日の会場である品川クラブeXは、フロア中央の円形ステージや天井部分の9面大型ディスプレイなど、他の場所ではなかなか味わえない高級感を堪能できる場所だ。

 

場内に入ると、ステージ上には楽器やマイクが観客を歓迎するように並べられている。この円形の舞台を360度取り囲むように設置された客席は、かつてないほどメンバーとの距離が近い。クリスマスにふさわしいスペシャルな場所でMERRYを観られるとあって、開演前からファンの気分は高まっていた。

 

ジャジーで弾けるようなSEとともにテツ(B)とネロ(Dr)のリズム隊が客席と客席の間の通路を通って入場。別の扉からは結生(G)と健一(G)のギターコンビが登場し、ステージに向かって歩き出す。各々の配置についた楽器隊が1曲目「黄昏レストラン」を奏で始めると、客席の反応を確かめつつ、ゆっくりとガラ(Vo)が現れた。

 

円形ステージの周縁を歩きながら歌う彼と、着席スタイルで演奏に徹する楽器隊という珍しい構図が、この楽曲の叙情と哀愁をさらに高めている。ガラが思わずこう述べる。「どこを向いたらいいかわからないけど、普段見れない角度からMERRYを楽しんでください。平成最後のクリスマス、思い出に残りますように。COREMERRYFC名称)限定なので、ちょっとはミスするかもしれませんが、大目に見て!」

 〇MERRY1225_1-77

続いて披露された「ブルージーナイト」と「犬型真性MASOCHIST」から香り立つ色気も大人のムードたっぷりで、切なさが募る。久々のアコースティック・ライブということもあり、この第1部ではしっかり歌を聴いてください。と言うガラ。彼の「回転!」の合図でステージがメンバー1人分回転すると、オーディエンスは思わずクスクス笑いだす。ショーのブロックごとに実行されるこのアイデアにより、ファンは満遍なく全メンバーと触れ合えるというわけだ。

 MERRY1225_1-99

この第1部のハイライトは、メンバー自身がやりたい曲を1曲ずつ披露するという“メンバーリクエスト”のコーナー。ガラ「恋哀交差点」、結生「リフレイン~土曜日の涙~」、健一「群青」、テツ「新曲」、ネロ「nameless night~名もなき夜~」といった各人のキャラクターがよく伝わってくる選曲に観客は大喜び。作詞作曲への自画自賛や直感など、選曲理由の一つひとつにもファンへの想いがこもっていて、頬が緩むシーンだった。これらの曲の詩情に浸るCOREファンに向けて、いくつかの嬉しい告知がなされた。

 MERRY1225_1-120

まずは、〈2MAN TOUR 「魑魅魍魎2019」〉の開催発表。このツーマン・ツアーは、32日の岡山YEBISU YA PRO公演から、322日の高崎club FLEEZ公演にかけての全6ヶ所で、defspiralPsycho le CémuMUCC、メトロノーム、DEZERTといった強力なゲストを迎えて行われる。この顔ぶれを見てタイトルを付けたというガラの表情は、自信たっぷりだった。

MERRY1225_1-136 

そして、2019年春のミニアルバムのリリースが決定。タイトルは『for Japanese sheeple』なのだという。ガラいわく、ツーマン・ツアーの終わり頃には発売したいとのことなので、続報に期待したいところだ。また、本作のリリースに伴うワンマン・ツアーも決定している。こちらは55日の仙台CLUB JUNK BOX公演を皮切りに、614日の東京・日本橋三井ホールでのツアー・ファイナルまで全7ヶ所で開催。

MERRY1225_1-257 

この一連の動きについて、ガラは力強く述べた。「2019年は“メリー”表記です。あの頃の気持ちを取り戻すのではなく、今の俺らなら何ができるかっていうのを示したい。2019年、やることは何も変わりません。さらにトガッていこうと思います。俺らはまだまだやらなきゃいけないことがあるし、このメンバーでずっと続けていきます。何をしでかすかわからないメリーでいたいです。これからも一緒にメリーと歩んでもらえたらと思います」

◎MERRY1225_1-32 

この後、ガラがタンバリンを軽快に鳴らしながら叫ぶ「ハライソ」、寒い時期だからこそのぬくもりが嬉しい「Happy life」と続き、ラストは「この曲をやらないとMERRYのクリスマスは締め括れない」とのガラの言葉に導かれた「冬のカスタネット」。この美しいメロディに涙腺を刺激されているうちに、あっという間にMERRYのアコースティック・ショーは終わりを告げた。

 

「すごく気持ち良くやれました! 今年1年、MERRYをありがとうございました。2019年は亥年ですけど、羊のメリーは正面から突っ込んでいきますんで、応援してください!」とガラが丁寧に言葉を発する。メンバー全員が充実の表情を浮かべると、フロアは大きな拍手に包まれた。時計の針はちょうど午後7時半を指していた。

 

FC限定だからこそのセットリストと趣向に大満足の第1部だったが、それ以上に気づかされたのは、MERRYがいつの時代もアコースティック・アレンジが映えるような素晴らしい楽曲を生み出してきたこと。演者の鼓動を間近に感じられるこの場所でのアコースティック・ショーをまた観たくなった。

 

午後9時より開演の「VERY MERRY CHRISTMASCORE Premium Night~《第2部》~holy burst night~」もまた、ファンにとって忘れられない時間となった。こちらは通常のバンド編成でのライブで、思う存分歌い暴れるという趣向。ドラムセットを中心に、要塞のように機材が設置されたステージを眺めているだけで心奪われるものがある。

 

ムード満点のSEとともに、開場時には観客と同じ目線の高さにあったステージが一段上昇する。ガラ、結生、健一、テツ、ネロの5人を観客が総立ちで迎えると、着席スタイルでしっとりと楽しんだ第1部とは異なる熱気がすでに発生している。

 

1曲目の「sheeple」でさっそく気合いが入るオーディエンス。2階席も当然興奮状態だ。最新型のMERRYを堪能できるこのシングル曲は、すでにファンの間で浸透している模様。結生が手掛けた歌詞によってもたらされる新鮮な疾走感が心地よく、今後のツアーで大化けする気配のある楽曲だ。ここから「頭がザクロ」「Black flag symptom」といったにぎやかな楽曲で畳みかけると、頭が飛ぶほどのヘドバンを繰り出すファンが多数出現。観衆がMERRY360度取り囲んで生まれる狂熱が、たとえようもなく気持ち良い。

〇MERRY1225_2-336 

「こんな距離感でメンバーとライブやることもないし、新鮮でしょ? 今夜は行けるとこまで行きましょう!」とガラが扇動する。ここから続けて披露された「Fleeting Prayer」「クライシスモメント」「黒い虹」は、非常に緊張感のある流れだった。闇の中でもがき、叫び、祈るガラから溢れ出す感情にじっと見入るファンの立ち姿が印象深い。そんな演劇にも似たスリルの直後、「第1部からやってて思ったんですけど、みんなが回ったらいいんじゃない?」とファンを笑わせることも忘れないガラであった。

◎MERRY1225_2-139 

この後の「さよなら雨(レイン)」で始まったブロックは、MERRY5人が紡ぐ歌謡の趣きをたっぷりと味わえた時間帯。たとえば「林檎と嘘」の濃厚な色合いは、場内の雰囲気と相まって、とりわけゴージャスに感じた。演奏中のメンバーの手元、足元、顔の表情、後ろ姿といった普段なかなか見られない光景に興奮した向きも多いことだろう。また、彼らが曲の入りやキメ等、要所要所で互いにアイコンタクトをしていることも大きな発見だった。こうした、通常のライブでは見逃してしまいそうになる細やかな場面を目撃できたことも円形ステージならでは。いつもと違う角度からMERRYの核心に迫ることができた第2部である。

 MERRY1225_2-409

ガラの「来年は行ってない土地、やってない場所でやりたいです。今日バッチリ終わって、2019年に踏み出しましょう。2018年のMERRY、暴れ納めしましょう! 品川! 踊れ!」の声を合図に「不均衡キネマ」が鳴り響く。この曲本来の猥雑さに加えて、大人の遊び心を含んだ高級感が嬉しい。ギターを抱えながら客席最前列に飛び込んでいく結生の姿も見どころだった。激しい欲望の渦巻く「SIGHT GLASS」、狂喜乱舞の「千代田線デモクラシー」と続き、ラストはMERRYの代表曲のひとつとして定着した「エムオロギー」。目の前の視界がパーッと明るくなる、大団円にふさわしいこの楽曲の最後に「今年もたくさんの幸せをありがとう! これからもMERRYと一緒に! メリークリスマス!」と叫んだガラ。いつものことながら、ひたすら満足感を得た本編だった。

MERRY1225_2-466

MERRY1225_2-330 

アンコールに応えて、MERRYのメンバーたちが再び登場する。「あと1曲、冬の季節に合う歌をやりたいと思います」と彼らが奏で歌い始めたのは「ラストスノー」。この哀愁の余韻に包まれた場内に、ガラの「品川、ありがとうございました! 良いお年を! メリークリスマス!」の声が響き渡り、第2部は幕を閉じた。

MERRY1225_2-352 

 すでに時計は午後10時半を指している。客電がつき、帰り支度を始めたファンもいるなか、メンバーたちが慌てて戻ってきた。「最後は騒いで終わりたいじゃん? 一発、COREのみんなと同じ目線でやるのを試していい?」とガラがほくそ笑むと、一段上がっていた円形ステージが下がり、オーディエンスと同じ目線の高さに立ってのサプライズ・アンコールが始まった。「この曲でイッちゃってください!」とガラが煽ると、「バイオレットハレンチ」が炸裂する。めったに経験できない、メンバーの息づかいが感じられる演奏は、これ以上ないクリスマスプレゼント。メンバーもファンも暴れまくり、過激に突き抜けたラストナンバーが着地点に至ると、ガラは絶叫した。「メリークリスマス! こういうの面白いね! COREありがとう! 2018年も本当にありがとう! 来年も一緒に騒ぎましょう! MERRYでした!」

 

品川クラブeXというラグジュアリーな空間を巧みに使った、どの瞬間も画になるようなライブだった。メンバーをあらゆる角度から観られたのはもちろん、ファン同士が互いの笑顔を確認できたのも円形ステージならではだろう。MERRYはまた一つ、自分たちによく似合う場所を手に入れた。平成最後の〈VERY MERRY CHRISTMAS〉はCORE限定だからこその幸福な熱が充満したライブとなった。

 

このクリスマスの夜に改めて感じたのは、どんな見せ方でも“映える”情緒豊かな歌をMERRYが無数に持っているということだ。彼らの音楽をたっぷりと浴びれば、誰もが心の底から自由になれる。ミニアルバムやツアーに関しても、彼らはきっと想像以上の景色を見せてくれるだろう。最新型が常に刺激的。2019年、“メリー”が掴み取る新たな自由をともに謳歌したい。

 

 

TEXT BY:志村つくね

PHOTO BY:中村卓

 

====================

 

★ライブスケジュール★

 

■メリー 2MAN TOUR

「魑魅魍魎2019

3/2()岡山YEBISU YA PRO

18:00 OPEN / 18:30 START

w/defspiral

 

3/3()名古屋THE BOTTOM LINE

17:30 OPEN / 18:00 START

w/Psycho le Cému

 

3/7()大阪味園ユニバース

w/MUCC

18:30 OPEN / 19:00 START

 

3/9()神戸Harbor Studio

w/メトロノーム

18:00 OPEN / 18:30 START

 

3/21(木祝)仙台CLUB JUNK BOX

w/DEZERT

17:30 OPEN / 18:00 START

 

3/22()高崎club FLEEZ

w/DEZERT

18:30 OPEN / 19:00 START

——————————-

オールスタンディング

5,500(税込・D代別)

 

 

>>>>>>>>>>>>>>>

 

■メリー ONE MAN TOUR 2019

for Japanese sheeple

 

5/5(日・祝)仙台CLUB JUNK BOX

17:30 OPEN / 18:00 START

 

5/6(月・振)高崎club FLEEZ

17:30 OPEN / 18:00 START

 

5/10()名古屋THE BOTTOM LINE

18:30 OPEN / 19:00 START

 

5/11()大阪味園ユニバース

18:00 OPEN / 18:30 START

 

5/25()岡山YEBISU YA PRO

18:00 OPEN / 18:30 START

 

5/26()神戸Harbor Studio

17:30 OPEN / 18:00 START

 

オールスタンディング

5,000(税込・D代別)

 

■メリー ONE MAN TOUR 2019

for Japanese sheeple-FINAL-

6/14()日本橋三井ホール

 

====================

 

★メリー公式サイト★http://merryweb.jp/


2019年01月01日 (火)

<びじゅなび特別レポ>【Jin-Machine】びじゅなびコラムでお馴染み、破壊担当;あっつtheデストロイによる<第二回歳末謝恩大市>詳細レポート!メンバー自らがお届けするレポートは史上初!!!

REPORT - 12:00:31

今年もびじゅなびプッシュのJin-Machine!!
2019年一発目は!
なんと「メンバー自らがレポートする“第二回歳末謝恩大市”」!!

 

先日、12月24日に仙台イービーンズにて開催されたJin-Machineのイベント“第二回歳末謝恩大市”。
これはライヴ以外にも各メンバーのブース展開なども行った、手作りのイベントです!
いつも独自に面白いことを見せてくれる彼らですが、今回はこの詳細レポートを、びじゅなびコラムの執筆でもお馴染みの破壊担当;あっつtheデストロイ氏がなんと自ら届けてくれました!!!
日々、多くのライヴレポートを掲載させて頂いているびじゅなびですが、メンバー自らがお届けするレポートは間違いなく史上初となります!
というか文章がとても読みやすくて凄いと思いませんか…!?


衣装の下のヒートテックや舞うマグロ、“段々弱るレジデンス涼羽178”や“タンクトップ姿になる木村”、などあっつ氏のステージからのレポートは臨場感たっぷり(笑)!
そしてメンバーの一生懸命さも是非感じて下さい。

それでは写真と共に渾身のレポートをどうぞ!!

====================


2018年12月24日仙台イービーンズ
<第二回歳末謝恩大市>詳細レポート


====================

びじゅなびさんのご厚意でレポート記事を上げてくださる!
とのことですがレポート書いてくれる人がいない…。
ならもう自分で書くしかない!思い出せる範囲でレポっぽく!
ということで書いてみました☆
素敵な写真は舞台スタッフさんが撮影してくれました!
拙い文章ではありますが、ご来場された方には思い出の振り返り、来れなかった方には雰囲気も含め、また次回ある時は面白楽しそうだから参戦したい!と思って頂けたら嬉しい限りでございます。

12月24日クリスマス・イブ、仙台駅東口の目の前にあるファッションビル、仙台イービーンズの10F屋上でJin-Machineの<第二回歳末謝恩大市>が開催されました。
個人的にはアニメイト、ゲーマーズ、らしんばん、HMV、島村楽器、GU、100均、ソフマップ、うどん屋さん等なども入っていて、駅前ではかなりマストで大好きなビルでございます(笑)

01 会場

気になる当日のお天気。
1週間位前の予報では雪マークだったりと、天気が不安なところはありましたが見事に快晴。
でも風は心なしか強くて、設置予定のテントが安全の為に設営できないというアクシデントもありました。
といっても気温は6度(笑)、そして真冬の野外。
雪や雨が降らず、暴風警報とか出ていたらどうなっていたんだろ…。

開演を少し押した所で司会の佐藤公隆さん登場。
公隆さんはfeaturing16(以下閣下)のお笑いの先輩芸人!
公隆さんの登場からすでに会場は盛り上がってました(笑)
呼び込みでメンバー登場!自己紹介も挟み早速Stageで公開リハーサル!
公隆さんをそのままStage上に残したまま、リハーサルで「大相撲ダイジェスト」と「たのしい日本語」を途中まで演奏。
壇上の公隆さんの様子がこれまた面白かったです(笑)「ここに書いてあるこの曲、やらないの?」とセットリストバレする様な事もいいつつ…(笑)

02 開会式1

そのままの流れでミサ(Liveのことを“ミサ”と呼びます)スタート!
どこまでレポを上手く届けられるかな?!(汗)


1曲目はお馴染みの「マグロに賭けた男たち」!
会場は広く、天井も無く、上は空!…ということで空高くマグロが舞っている光景はめったに見れることのない光景だったと思います。
舞台周りのスペシャリストであるスタッフさんが素敵な写真を撮ってくれました!

08 マグロ舞う
からの2曲目はバラードで「クリスマスおわちゃった」。
何年ぶり?でしょう。クリスマス終わってないのに(笑)演奏する機会も中々無い、とても激レアな楽曲。
個人的にはとても好きな曲なのと、この体制で演奏するのも初めて。
新しい形で聴いて貰えたことはすごく嬉しかったです。


続いて「恋はMOCHO-KO-CHE」。こちらもかなり久々に演奏するナンバー。
フロアの皆さんの手拍子が、野外で寒空だけどどこか暖かくて、とても素敵な感じの雰囲気を作っていた気がします。


「山賊王ワソピース主題歌」は、夏前に行った<マジ卍ジンマ島ワンマンツアー>を思い出します。いっぱい冒険と新しい挑戦したなーって。
横モッシュでぴょんぴょん飛び跳ねるのは難しいので、横に行進っぽく大きく移動(笑)
閣下は舞台下に降りたり、あっつはステージの上下移動したり、いつも以上の激しさ!寒いなら動くしか無い!

03 本番1
「森のゴリさん」では閣下、ひもり、あっつがフロアに降りて走り回ったり、サークルモッシュ?してたりな様子はかなりカオスで特別なものだったと思います(笑)
途中楽器の音がドラムだけになっていたような気がするのは気のせいでしょうか。きっと気のせいだ(笑)

05 本番2
ここでMC。
九州は佐賀県出身のベース・レジデンス涼羽178(Ba)が段々弱っていくような、HPが減っていくような感じがして横から観てて面白かったなと思いました。
東北の寒さは厳しいんです。
話しながらもホッカイロで手を温めていました。


ドラムのルーベラ・木村・カエレはシンバルをミュートするのが辛いと。確かに金属の塊だし氷触ってるような感じに近いかな…。
ギターのマジョリカ・マジョルカ・マジカル☆ひもりは、確か行ける!とテンション高かった気がします!
閣下と私あっつtheデストロイは、マイクの持つ場所によっては冷たくて握れない、後は衣装の下にヒートテックを着てきたのが失敗だったなと。
動くと結構暑いものでじわじわ汗をかく、でもすぐ冷めるの悪循環(笑)止まったらダメなマグロ状態に(笑)

06 本番3
MC開けは11/10に発売された新しいミニアルバム『Re≒BorN』から「グリーンデイズ」。
野外で大空に向かっての感じはまた特別で。歌詞にあるように飛行機雲が流れてたら良いな~とも思いつつ。
秋のワールドツアーでも披露してきたナンバーですが、地元仙台で、そして野外での演奏はまたいつもとは違う特別感があったかなと思います。


続く今年はじめの<今日から一歩ツアー>で演奏していた「パンチ伝説」。
曲中に客席に降りてフロアのパンチを受け止める閣下。グローブとミット作れば良かったですね…(笑)

04 本番4
「ヘルズキッチン」は涼羽のMCから曲入り。
「ヘルズキッチンのお店は無くなってしまったけどヘルズキッチン一周忌ということで開催されている時に行けて食べて変わった俺の演奏を聞いてくれー!今日でヘルズキッチン復活最終日だー!Ryoさん(店主)の元へ、あけの平へ届けー(閣下:今お店の場所違うけどね!)」などとやり取りがあり曲へ!


メタルで早いナンバーで、寒くて弦楽器隊は絶対指が辛いはずなのに…早く刻んだり難解なコードを弾いたり、ギターソロで速弾きを奏でるひもり。
演奏中に強い風が吹くとみんなしてすごい顔をしてたけど、演奏がブレないのは本当にこの人達凄いわ!とメンバーながら改めて思いました。
寒さもテンションが上がる要因の一つだったのかもしれません(笑)

07 本番5
びっくりしたのが、次の曲に行く前に上着を脱いでタンクトップ姿になる木村(笑)
見てるだけで寒いけど、でもなんかめちゃくちゃ熱いものが伝わってきて舞台上でもテンションが上がりました!
この感じこのノリ良い!嫌いじゃない好きだ!!


「New Life」!そして、『Re≒BorN』から「昆虫すごいぜ」!
地元仙台!といえば?!幾つか楽曲はあるけど「ティーライズ社歌」!
逆ダイパートで公隆さんに乱入してもらえば良かった!(この日は下の階でも司会業されてて、本当にありがとうございます!)


ラストは「Dancing on the Fire」!
真冬の気温5度位の野外、ビルの屋上で演奏してパラパラ踊るヴィジュアル系バンドは全世界どこ探してもJin-Machineだけだと思います。

からのキメ!
ミサの部が終わり、再び司会の公隆さんが登場で色々突っ込まれながらもミサの部は終了となりました。


続いては個人ブースのコーナー!
同時に物販も開始!
この日だけの「空くじなし過去チェキくじ」や、仙台と佐賀をテーマにそれぞれメンバーが作ってきた個人CDの販売等で待機列は長蛇!
ありがとうございます!

10 個人ブース2

11 個人ブース3

09 個人ブース4

さて、個人ブースですがこんな感じでございます。

・16→「あなただけのオリジナルギャグプレゼントブース」
・あっつ→「個展」ワールドツアーイラスト展示(撮影可)
・ひもり→「ひもり音楽教室」ボーカル ギター ベース ドラム 作詞 作曲いずれかをひもりがざっくり教えます
・涼羽→「レジデンス涼羽のフレンドパーク178」的当て!当たれば女子力高いグッズプレゼント!
・木村→「あなたも健康になろう!木村先生の健康体操」


テントは風と安全面のため撤収。
横隣前後ろ丸見えの状態で地面にテープが貼ってあって仕切られてるだけですが、縁日のような楽しさもあり各ブースに長い列も出来て大盛況だったなと感じました。

一部限定の絵を展示した為にモザイクかけてますがあっつブースの個展の様子をお見せしましょう。

12 あっつブース
時間が過ぎるのも日が落ちるのも早いもので、だんだん暗くなっていきました。
まだ一部のブースに並んでる方もいましたが先に閉会式!
閣下、あっつ、涼羽の3人でFire Loveでパラパラを踊りました。
曲の途中から閣下が2人とフロアのお客さんにダメ出しと指導。
その様子は口は悪く厳しいけど最後に褒める良い先輩でコーチの様な感じでした(笑)

全員で壇上に上がり最後ご挨拶。からの1本締め!
閉会式の写真はありませんでした!(涙)

次の<歳末謝恩大市>開催はまた真冬になるのか?時期は変わるのか?
真冬の野外でデパートの屋上でイベント、という前代未聞のイベントを2回も開催したJin-Machineの今度の動きに要チェックでございます!


うーーーん!プロのライターさんみたく上手く書けてる感じが全然しないー(涙)
雰囲気だけでも伝わって欲しーーーい!!!


来年も1月から怒涛のscheduleで全国駆け回ってからの、4月からは毎月定期ワンマンも開催されるのでHPやofficial Twitterなど動向を是非ともチェックしてください!

文◎あっつtheデストロイ
写真◎Jin-Machineスタッフさん


====================

ということで、あっつtheデストロイ様、本当にありがとうございました!
改めて文章すごい!!!
そしてJin-Machineのライヴの楽しさが皆様に伝わって頂けたらと思います!!

今後もスケジュールなどたくさんございますので、是非ライヴへ足を運んでみて下さいませ♪


2018年12月24日仙台イービーンズ
<第二回歳末謝恩大市>

=セットリスト=

1.マグロに賭けた男たち
2.クリスマスおわちゃった
3.恋はMOCHO-KO-CHE
4.山賊王ワソピース主題歌
5.森のゴリさん
6.グリーンデイズ
7.パンチ伝説
8.ヘルズキッチン
9.New Life
10.昆虫すごいぜ!
11.ティーライズ社歌
12.Dancing on the Fire


=閉会式=
EN1.Fire Love


====================


<今後のJin-Machine schedule>


◆1月8日(火)F.A.D YOKOHAMA 【THE SUN ALSO RISES vol.66】
出演:Jin-Machine / 夕闇に誘いし漆黒の天使達


◆1月9日(水)新宿LOFT【江夏フェス2019冬】
出演:ジュリアナの祟り/フラチナリズム/天才凡人/Runny Noize/Jin-Machine/クララ&邪ヰ子(YKC)/堀井勇気/SUPER FANTASY/0.1gの誤算/Dr.Mi-Ke/キャラメルペッパーズ/DEADLIFT LOLITA O.A:平成他力本願寺


【睦月旅情’19~西へ向かって走りましょうよ~】
◆1月12日(土)神戸VARIT.
出演:NoGoD / えんそく / Jin-Machine / マイナス人生オーケストラ / umbrella / ピノキヲ

◆1月13日(日)岡山IMAGE
出演:NoGoD / えんそく / Jin-Machine / マイナス人生オーケストラ / umbrella / ピノキヲ

◆1月14日(月祝)高松MONSTER
出演:NoGoD / えんそく / Jin-Machine / マイナス人生オーケストラ / umbrella / ピノキヲ

◆1月19日(土)阿倍野ROCKTOWN
出演:NoGoD / マイナス人生オーケストラ / Jin-Machine / Leetspeak monsters / マツタケワークス / Dacco

◆1月20日(日)京都MOJO
出演:NoGoD / マイナス人生オーケストラ / Jin-Machine / Leetspeak monsters / マツタケワークス / Dacco


「クズ野郎達の傷の舐め合い思い出作りツアー」
◆1月22日(火)福岡DRUM Be-1
出演:鬼龍院翔/SHIN/Jin-Machine/JESTIVAL

◆1月24日(木)広島SECOND CRUTCH
出演:鬼龍院翔/SHIN/Jin-Machine/JESTIVAL

◆1月29日(火)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
出演:鬼龍院翔/SHIN/Jin-Machine/ノビタ

◆1月31日(木)仙台darwin
出演:鬼龍院翔/SHIN/Jin-Machine/ノビタ

◆2月4日(月)名古屋Electric LadyLand
出演:鬼龍院翔/SHIN/Jin-Machine/JESTIVAL/ノビタ

◆2月5日(火)梅田CLUB QUATTRO
出演:鬼龍院翔/SHIN/Jin-Machine/JESTIVAL/遺伝子組換こども会


◆1月27日(日)SHIBUYA THE GAME【Mercy Personality !s Dark pre.チョサッケンシンガイフェス vol.5】
出演:Mercy Personality !s Dark / ゆゆうた / Jin-Machine / DOPEDOWN / Candye♥Syrup / MDMA / DJ:ayat0 / masa. / yu-ki≠ / ORANGE

 

====================

 

★Jin-Machine Official HP★

http://www.jin-machine.net/


2018年12月30日 (日)

【ライヴレポート】2018年12月27日(木)日本武道館<MAVERICK DC GROUP PRESENTS JACK IN THE BOX~LAST BUDOKAN~>事務所の垣根を超え、縦横の繋がりで繰り広げられた賑やかかつ華やかな6時間のステージ────。

REPORT - 16:19:57

1227()、日本武道館にて、『MAVERICK DC GROUP PRESENTS JACK IN THE BOXLAST BUDOKAN~』が開催された。

 

L’ArcenCielやシド、MUCCらの所属事務所主宰恒例のライヴイベントで、今回のキャッチフレーズは「平成最後の年末緊急招集」。

結成15周年のアニバーサリーイヤーを駆け抜けたシドをトリに、河村隆一をスペシャルゲストに迎える豪華な内容で、約6時間のステージを繰り広げた。

 

◉NOCTURNAL BLOODLUST—————————-

1.NOCTURNAL BLOODLUST _YK17019

1.NOCTURNAL BLOODLUST_1IG6230 

トップバッターはNOCTURNAL BLOODLUST。定刻の15時を迎えると、イベント名を大きく刻んだ幕越しにライトが明滅。

衝撃音と共にSEが切り替わると、幕が上がり赤く染められたステージが出現。滴る水音が響く不穏なSEの中メンバーが登場し「武道館!」と尋(Vocal)がシャウト。

Masa(Bass)、サポートのミヤ(MUCC/Guitar)DAIKI(HER NAME IN BLOOD/Guitar)Ryutaro(Guitar)の前列5人が一列に並び、激しいヘッドバンギングを繰り返しながら、「Punch me if you can」をのっけから最高潮のテンションで鳴らし始める。

尋は「飛べ、飛べ~!」と曲間で煽り、ラウドでヘヴィな音の渦の中に観客を引き込んだ。

 

続く「銃創」は眩しく明滅するライトの中、尋はハイトーンで咆哮。超ハイテンポかつ激しいサウンドの中にも、哀切を帯びたメロディーには、暗黒の美と情緒が宿っていた。

その勢いにあっけに取られていると、「the strength I need」はミディアムテンポに乗せ、切々と訴え掛けるような歌を届けた。

「今年最後の1曲、全力を込めて歌います!」()と披露したのは「VENOM」。

再び超高速の裏打ちのリズムをNatsu(Drum)は打ち鳴らし、Masaが前方へ歩み大きく足を開いてパワフルにプレイ。

床が揺れるほどの重低音である。ミヤは走り回ってDAIKIと向き合ったり背中合わせになったりしてプレイ。

Ryutaroは緻密な演奏に集中していた。緊迫感と、メロディアスなサビによってもたらされる解放感。

そのコントラストがダイナミックで痛快。エモーショナルな歌と演奏と、ラウドさの中に宿るピュアな透明感、そして華やかなステージング。

そして「また来年もよろしくお願いします!」という締め括りも含め、挨拶には礼儀正しさを感じる、あらゆる面で真っ直ぐなステージだった。

 

 

◉ユナイト—————————-

2.ユナイト _DSC0112

2.ユナイト _YK17096 

ディスコティックなSEfunky!!!」に乗せ、色とりどりのライトに照らされたステージに、2番手ユナイトが登場。

客席でも観客の手元のカラフルなサイリウムが一斉に灯った。一人一人センターの台に立って礼をして、最後に結(Vocal)が「それでは武道館の皆さま、イタダキマス!」と開演の第一声。

ice」を放つと、髪を振り乱して音に乗る観客たち。結は早速アリーナにせり出す花道に進み、華麗なターンをしながら歌い歩いた。

「武道館、会いたかったよ~!」()などと曲間で盛んにファンへと言葉を掛けながら、メロディアスでキラキラとしたユナイト色のサウンドを届けていく。

「武道館、ゴチソウサマデシタ!」()で締め括ると、「平成最後にここ武道館でライヴをすることができてすごくうれしいです。ありがとうございます」と挨拶。

続けて最新アルバム『NEW CLASSIC』から「栞」を披露。ミディアムテンポの四分打ちで、和の情緒が漂う、しっとりと聴かせる曲。

転調は劇的で、ところどころ拍子が変わる複雑さも良いアクセントとなっていたし、彼らのテクニックの高さを示してもいた。

アンサンブルも美しく、披露し終えると大きな拍手が送られた。「手拍子下さい!」()の呼び掛けで始まったキュートなエレクトロポップロック「隕石系スタジオパンダ」からはダンサブルな楽曲を怒涛の畳み掛け。

椎名未緒(G)LiN(G)も頭上で自らハンドクラップして観客をいざない、ハク(B)はセンターの花道へと歩み出て、チャイナ調のフレーズを織り込んだ小気味よいこの曲を、大いに盛り上げた。

 

Cocky-discuS」ではタオル回しで一体感、参加感をますます高めていく。莎奈(Dr)が繰り返す高揚感に満ちたリズムを軸に、ユナイトの音楽は、まるで野外スタジアムでパフォーマンスしているかのような、解放感のある空気を醸し出していた。

2018年1年掛けて育てて来た曲をやります。受け取ってください」()と放ったのは、ラストの「-ハロミュジック-」。

メンバーが腕を大きく動かすアクションを見せるダンサブルな楽曲で、莎奈もスティックを舞わせるような動きを交えてドラミング。

日常生活の煩わしさや苦しみをひと時忘れされてくれるような、楽しさに溢れた曲だった。

「ありがとうございました、二番手ユナイトでした! 今日は最後の最後まで楽しんでいってください」()と挨拶。エンターテイナーとして益々の進化を見せた、ファンタジックで華やかなステージだった。

 

◉SORA with Naughty “RESPECT” stars—————————-

3.SORA Session _DSC0313

 3.SORA Session_3IG0474

続いて幕を開けたのは、『MDC SUPER ALL STARS』のコーナー。トップバッターは、SORA with Naughty “RESPECT” stars

SORA(DEZERT/Dr)の敬愛するミュージシャンが集ったスペシャルユニットで、ヴォーカルはKen(L’ArcenCiel)が務めた。

ミヤ(MUCC)のギターアルペジオに合わせ、Kenが歌い始めたのはMUCCの「勿忘草」。それと判った瞬間、会場からは大きな歓声が沸き起った。

ユラユラと身体を揺らしながら歌い、とりわけ高音部で情感の迸りを感じさせるKenのヴォーカル。

SORAは丁寧に一音一音、その歌声に寄り添うようなドラミングを聴かせた。ミヤのギターソロでは、Kenがミヤの真前へと移動ししゃがんで凝視。

ミヤは笑いを堪えるような表情でプレイ、その2人の様子に会場は沸いた。Sacchan(DEZERT/B)は俯いてプレイに集中し、深く落ち着いた音色で曲を支えた。

4人の歌と演奏は、一つのイメージをしっかりと共有し合っているかのように、呼吸の合った心地よいうねりを生み出していた。

 

続いて次の曲、DEZERTの「TODAY」へ。KenSacchanは、ジャンプを繰り返し全身で音に没入。

Kenは、もがきながら生きる苦悶と葛藤を感じさせる歌詞を、随所でハイトーンのフェイクも織り交ぜながら、咽び泣くように、時に叫ぶように、情熱的に歌い上げていく。

アンサンブルも熱く、その熱量に深く引き込まれていった。そしてKenが突然、明希(シド/B)の名を呼びどよめく観客の中、助っ人として明希を招き入れた。

「見ての通り、今日はベースではございません」(明希)との言葉通り、赤いライトに射られながらスタンドマイクで歌い出したのは、Kenのソロ曲「Speed」。

Kenはステージ下手側の花道へと進み、明希の歌に合わせ身を揺らしていた。2番ではその場でKenが青いライトに照らされて歌唱。

艶があって深く響く、色気のあるヴォーカルは健在である。ミヤが奏でたギターソロはKen節をリスペクトして再現したような澄んだクリアな音色。

その間にステージ中央へと戻ってきたKenは、明希から大サビを歌い繋ぎ、ラストは2人で声を合わせて力強く、「祈りを」と歌詞の最後の言葉を放った。

「サンキュー、明希!」と送りだすと、「サンキュー、ミヤくん、サンキューSacchan、サンキューSORA」とKenは一人一人に感謝を述べて、SORAの周りに3人が集まってフィニッシュ。大きな拍手と声援の中、貴重な顔ぶれによる一度きりのセッションは幕を下ろした。

 

◉THE YELLOW MONCHHICHI2—————————-

4.THE YELLOW MONCHHICHI2 _DSC0463 

4.THE YELLOW MONCHHICHI2 _YK17316

続いて始まったのは、THE YELLOW MONCHHICHI2

逹瑯(MUCC)をヴォーカルに、生形真一(Nothing’s Carved In StoneELLEGARDEN)、明希(シド)、足立房文(ex.フジファブリック)松田晋二(THE BACK HORN)というメンバーで送る、THE YELLOW MONKEYへの愛を炸裂させるコピーバンドである。

白い衣装で登場した逹瑯が、手をかざして客席を見渡すと、1曲目の「JAM」へ。「逢いたくて 逢いたくて」と繰り返し訴え掛けるように歌うクライマックスでは、逹瑯は胸元に左手を当て、右足を台に乗せ、切々と歌唱。松田は晴れやかな表情で明希を見やり、呼吸を合わせながら心地よい三連のリズムを繰り出していく。

メンバー全員が音に身を委ねるように、5人一緒に、心で歌っているような歌と演奏だった。

 

続く「SPARK」では激しくライトが明滅し、疾走感あるパフォーマンスを展開。生形が華麗にギターソロを奏でる間、逹瑯はセンターの花道へ。

パワフルであると同時に適度にリラックスしたような、楽しんでパフォーマンスしている様子が印象的だった。

「はい、どうも、THE YELLOW MONCHHICHI2です」(逹瑯)と挨拶すると、メンバー紹介。「明日ここで本人たち(THE YELLOW MONKEY)が歌うということで、まさに、デッカい前座みたいな()。本人たちの前日にこんなデカいステージでやること、ないよな?」と喜びを興奮気味に語ると、

「まさに、メカラウロコ的な()」とTHE YELLOW MONKEYのライヴタイトルを引用して笑いを巻き起こしていた。

足立の優しいピアノのフレーズが奏でられ、スタートしたのは「バラ色の日々」。メジャーコードのメロディーを、泣いているような潤んだ声や、がなるようなパンチの効いた声で、実に表現豊かに歌う逹瑯。明希のベースも音は太く、フレーズは滑らか。

硬質な、11音粒立った音色で奏でられたアウトロの生形のギターソロも圧巻だった。

ラスト、「もう1曲だけ、行ける? 武道館、LOVE LOVEしよう!」(逹瑯)との掛け声から「LOVE LOVE SHOW」。

花道へ歩み出た逹瑯は、滑らかに手を動かして観客たちを指し示し、「私は、あなた〝たち″の馬~!」と歌詞をアレンジし、叫ぶようにして歌った一幕も。

足立の前でギターソロを奏でる生形、その生形の前に跪いてプレイする明希。レアな顔合わせによるレアな場面に、観客は沸き立った。

最後は松田の前に全員が集まり、キーボードから離れられない足立も顔をそちらに向け、想いを一つにしてキメの音を鳴らした。

THE YELLOW MONKEYの大ヒット曲を、愛とリスペクトに満ち、力と想いのこもった歌と演奏で体感できる、充実のステージだった。

 

◉シャムシード—————————-

5.シャムシード_5IG4114 

5.シャムシード_YK17578

ALL STARSシリーズの最後は、シャムシードが登場。

栄喜(Vo)NATCHIN(B) (共にex.SIAM SHADE)を迎え、Shinji(G)、ゆうや(Dr)(共にシド)が憧れるSIAM SHADEの楽曲をカヴァーするスペシャルバンドである。

アタック映像で初めて出演が明かされたタイゾ(Kra/G)を交え、5人はまず「グレイシャルLOVE」を披露。

ポップでメロディアスな無敵の歌と、滑らかさの中にも音が粒立ったタイトな演奏を届けていく。「SIAM SHADEは僕もゆうやも大好きで。ちょっとだけ想い出話させてもらっていいですか」と語り始めたShinji

 

20年前テレフォンアポインターのバイトをしてまして。職場での友だちが全然いなくて、おかんにつくってもらった塩むすびを公園で一人で食べてて。その時、ポータブルMDSIAM SHADEさんを聴いてたんです。本当にいい曲が多くて、一人で泣いてて塩むすびが涙でグズグズになってしょっぱくて、おかんに『塩要らんよ』と言って、普通のおにぎりにしてもらいました()」と笑わせ、メンバー紹介へ。

 

タイゾは、「シドのゆうやさんにお誘いいただいて、このSIAM SHADEセッションに。大先輩方に囲まれてのステージ。〝グレイシャル″な気持ちで頑張りたい」と挨拶。

ゆうやが「SIAM SHADEを観に来た武道館でSIAM SHADEを演奏できるのが、すごく感慨深いです」と語ると、栄喜も拍手を送った。

「一見さんが選ばないようなものをチョイスして」と区切って会場を沸かせつつ、「いたんですけど()。この続きは、曲を聴いて理解してほしい()」と含みを持たせた。

NATCHINが「照れ臭いね、褒められすぎじゃない?」と謙遜すると、Shinjiは「好きなんだもん!」と強い愛を表明。NATCHINはシドとシドファンに向け「15周年おめでとうございます。これからもずっとずっとメンバー仲良く頑張って下さい」とエールを送った。

 

栄喜が「僕らの〝マニアックな″曲を聴いてください」といたずらっぽく微笑んで披露したのは、不滅の代表曲「1/3の純情な感情」。

栄喜の美声が響き渡り、メンバーはプレイする喜びが溢れ出すような表情を浮かべ、瑞々しい音を鳴らしていた。会場はもちろん大歓声。

「最後、もう一曲聴いてください」(栄喜)と「PASSION」を放つと、Shinjiとタイゾは頭を振って荒ぶったパフォーマンスを見せつつ、集中度の高い緻密なプレイを聴かせた。栄喜はゴリッとした力強い歌声を轟かせ、NATCHINはゆうやとアイコンタクトを取ったり、Shinjiと向かい合ってプレイしたりと、パワフルな中にも穏やかなムードを漂わせ、セッションを楽しんでいる様子が窺えた。

Shinjiは、ステージを去る栄喜とNATCHINと握手。こちらもまた愛とリスペクト、楽しさに満ちた稀有なコラボレーションだった。

 

◉DEZERT—————————-

6.DEZERT _DSC0763 

6.DEZERT _YK20427

1820分頃、DEZERTの出番が訪れた。不穏なSEに乗せてゆったりとステージに姿を現した4人。闇の中で手探りするように少しずつ音を出し始め、千秋(Vocal)がギターで3音を繰り返し爪弾くと、徐々にメンバーの音が重なり、「新曲」がスタートした。高音部を目掛けて想いを投げ付けるような歌声と、手を前へ伸ばし、捧げるようなハンドモーション。掻き毟るようなギターソロ、バンド全体の演奏と相まって、言いようのない胸苦しさに圧倒された。

 

「ハロー東京、生きてるかい? 武道館生きてるかい?〝JACK IN THE BOX生きてるかい? 

人生いろいろありますが、今日を楽しみましょう。よろしくお願いします、DEZERTです」(千秋)と挨拶して、「TODAY」へ。

赤いギターを掻き鳴らしながら激しくも透明な歌声を響かせる千秋の姿からは、迸る激情と繊細さが見て取れる。SORAのツーバスが怒涛の昂ぶりを見せていき、音圧に圧倒されると同時に、「生きててよかったと思える夜を探している」という名フレーズが耳に、心にすっと飛び込んで来た。

「生きててよかった、そんな日を、今日1227日、〝JACK IN THE BOXに。精一杯丁寧に生きましょう。もがいてもがいて、どうせあっという間に死ぬんだから。

今日はチケット買ってきたんだから、精一杯楽しんでいってください」と、媚びのない真っ直ぐなMCを届ける千秋だった。

歌はもちろん、間奏のアンサンブルにもとてつもないエモーショナルさを感じた「蝶々」。

続いて、タイトルの強烈さによる衝撃を上回る、音楽的驚きに満ちた怪作にして快作「変態」。

インパクトもさることながら、ダークさ、重さと交互に途方もない清らかさが注ぎ込まれるめくるめく曲展開に触れ、DEZERTの底知れなさを感じた。

「短い間でしたけど、あと1曲。この後も楽しんで行ってください。僕は明日ライヴがあるから帰るけど

「今日も全然楽しみじゃなかったけど、始まってみたら、いいと思うよ」などと、飾り気のない千秋のMCに続き、放ったのは「ピクトグラムさん。」。

全身全霊で打ち鳴らされるSORAのドラム、細かく動き回るMiyakoのギターフレーズ、グルーヴィーに歌うようなSacchanのベース。

髪を掻き毟るアクションやハンドモーションも交えた千秋の歌唱は、表現というよりも、「自然とそうなってしまう」といった感があり、ヒリヒリするような痛みとピュアさがあった。純粋さは保ちながら、以前よりもライヴでの伝わりやすさが飛躍的に高まっていることにも驚く。

どんなに混沌とした音の渦の中からも、歌詞は不思議と、真っ直ぐに聞こえて来たのである。過去も未来も〝今″に掛かっている、という重要なメッセージを残し、轟音の中、千秋は大きく両手をはばたかせるような動きを見せた。「Thank you。また生きてるうちにお会いしましょう」と挨拶して、千秋は一人先に去り、3人で最後の音を鳴らした。強い印象を残して終えた、DEZERTのステージだった。

 

◉MUCC—————————-

7.MUCC_5IG5271

 7.MUCC_YK17784

続くアクトはMUCC。「ホムラウタShort Ver.」をSEに、観客が「Oi!」と声を上げ、メンバーが登場。

シンセサイザー的なエレクトロな響きを持つYUKKE(B)のフレーズで始まったのは「TIMER」。

黒い衣装に着替えた逹瑯は、黒い手袋で強調される指先の動きも併せ、ある種演劇的なパフォーマンスで、表現豊かに歌唱し、観客を引き込んだ。

随所でYUKKEにピンスポットが当たり、ベースのリフがより一層印象付けられる。

SATO(Dr)のドラミングは終盤に近付くに従って音数を増し、込められた熱量も高まっていった。

ミヤがギターを胸元に抱き寄せ、水平に掲げると、最後の一弾き。3人でSATOちの前に集まった後、ミヤが倹弾き始めた怪しく揺らぐフレーズを導火線にして始まったのは、彼らのライヴに欠かせない「蘭鋳」である。

サウンドの重厚さに反して、逹瑯はふわりと空を舞うかのように、まるで天狗のような軽やかさでセンターの花道へ。

下手側へYUKKE、上手側へはミヤがサッと散るように移動し、ダイナミックなステージングを見せる。

観客が深く身体を折り曲げるようにしてヘッドバンギングし、風が発生。地獄なのか天国なのか異世界へふっと迷い込んだような心地に誘われる曲である。

 

「全員座ろう。〝JACK IN THE BOX楽しんでますか? 誰よりも楽しんでますか? 絶対俺のほうが楽しんでる()

君たち全員対俺。俺より楽しんでるヤツはかかってこい!」と焚き付ける。

一斉に座った観客は、「全員死刑!」(逹瑯)という宣告とSATOちのドラムカウントを合図に、ジャンプアップ。演奏も歌も切迫感とスリルに満ち、痛快だった。

一変して、SATOちの乾いたマーチングドラムから「G.G.」へ。YUKKEは手拍子を先導し、観客との一体感を求めていく。

リズミカルに足を高く上げて跳躍する逹瑯。ミヤ、YUKKE、続いて逹瑯もセンター花道へと歩み出て、3人が並ぶ佇まいは華麗だった。

「自己嫌悪」は咽び泣くような逹瑯のヴォーカルと、ミヤのパンキッシュな語りのような魂の歌が合わさり、

思いの丈を哀訴するような強烈なパフォーマンス。圧倒され、ただ茫然と見入っていた。

ラスト、「まるで〝JACK IN THE BOXのような森の中、L’ArcenCielには会えず、MUCCに会った。君たちは120MAVERICKへの愛でできてる!」と歌詞を替えて逹瑯は歌い、観客を沸かせた。

「ようこそ〝JACK IN THE BOXへ」と逹瑯は改めて挨拶すると、「〝JACK IN THE BOXはこうして新しく顔を並べた仲間が増えましたけど。

ノクブラ(NOCTURNAL BLOODLUST)とか、DEZERTとか。ユナイトとMUCCとシドと、あとKenさんで迎えて。入って来た若手を思いっきりぶっつぶしたいと思います()!」と勇ましく語ったかと思えば、「ま、つぶすと言ってみたり、柔らかく先輩の懐を広げて包み込んだりとか」と言葉を続けると、会場からは歓声が起こった。

 

「包み込むほうを見せてみようかね? 冬らしい曲です」と披露したのは新曲「メルト」。

逹瑯はハーモニカを吹いた後、ゆったりとした美しいメロディーラインを歌い始めた。

アレンジ、演奏はロックバンド然としているのだが、降り注ぐ雪のような優しさ、柔らかさを湛えた曲。

ライティングも上から下へと光が注ぐような繊細な動きをしていて、音楽に寄り添い、清らかな冬の情景を描き出していた。

歌い終わると丁寧にお辞儀をした逹瑯。曲ごとに人格が入れ替わっているかのように、所作までも変わっているように見えたのが印象深かった。

次曲「Mr.Liar」では再び激しく、EDM的サウンドを取り入れたヘヴィな音像でテンションを上げていく。

逹瑯は地底から唸り声のようなデスヴォイスを轟かせる。ミヤとYUKKEが共に台に乗り仁王立ちでプレイする凛とした姿には、目を瞠った。

「まだまだ行けるよな? 全部くれよ、武道館!」と煽る逹瑯。ミヤも「踊れ!」と焚き付ける。「掛かってこいよ、321、騒げ!」(逹瑯)と叫ぶと、観客は身体を深く前のめりにして髪を振り乱した。颯爽と駆け抜けていくように高まっていくSATOちのドラムはパワフル。

メンバーはステージのあちこちを入り乱れるようにして動き回っていた。ラストの曲は「生と死と君」。

ファイアーボールが絶え間なく吹き上がり、曲の宿す熱さ、メンバーの放つ熱を具現化したかのように燃え盛っていた。

荘厳な聖なるコーラスと、激しさとドロドロとした闇に手を突っ込んで清らかな何かを掬い上げるような、MUCCらしい名曲。

あらゆるジャンルを自由自在に行き来し、独自の配合バランスでどこにもない音楽を生み出してきたMUCC、その魅力を示したステージだった。

 

◉シド—————————-

8.シド_YK18463

8.シド河村隆一_3IG2469

8.シド河村隆一_5IG6233 

続いて、2018年は結成15周年のアニバーサリーイヤーを駆け抜けて来たシド。

虹色のライトに照らされて登場すると、メンバーは大歓声で迎えられた。最後に姿を現したマオ(Vo)は、耳に手を当てファンの歓声を求めるポーズ。

Shinjiのアルペジオで「紫陽花」が始まると、滑らかな澄んだ歌声を響かせたマオ。水彩絵の具を重ね塗りするようなShinjiのギターフレーズは雨音のように美しい。

赤紫、青、白といった紫陽花カラーを用いた照明ワークにも溜息。息がしっかりと合った演奏と歌で、トリという大役を務めるシドは、落ち着いた滑り出しを見せた。

 

次曲「アリバイ」は軽やかでシャレた、ポップ色の強い曲。Shinjiは上手側花道へ、マオはセンターへと歩み出て、甘い歌声を響かせながら、手を振るなどしてファンに近付いていく。「歌ってくれる~?」とマオは問い掛け、ファンの声も求めた。

この後も彼らは頻繁にステージを動き回り、働き掛け、会場の隅々までその想いを届けようとしていた。

そのままゆうやのドラムカウントから、アンセム「Dear Tokyo」へ。マオは手拍子を先導し、Shinjiはセンターへと歩み出ていった。

ファンは楽し気にジャンプし、声を合わせて歌っていた。マオも後にセンターへ歩み出て、指揮するジェスチャーをしながら、観客の歌声を味わっているようだった。

クライマックスで銀テープがアリーナで噴出。序盤から早くも、会場は多幸感に満たされていた。

 

「こんばんは、シドです!」とマオは挨拶。「結成15周年ということで、たくさんの人に祝ってもらって、15周年の締め括りをここ武道館で迎えることができて、幸せです」と感謝を述べた。

ライヴ三昧で過ごしたこの1年、シド史上最長の31本からなるツアーを駆け抜けたと振り返り、「グランドファイナルとして310()に横浜アリーナでのライヴが決定しています。実はタイミングがなくて横浜アリーナでは開催したことがないので、初となりますので、応援しに来てください、よろしくお願いします!」と語り掛けた。

 

「今年最後のライヴ、我らがMAVERICKのイベントをバッチリ盛り上げて帰りたいので」と意気込みを新たにし、続けて披露したのはジャジーな名バラード「ミルク」。

温もりを湛えた歌と演奏で、会場を落ち着いたムードで包み込んでいった。ミディアムテンポの「その未来へ」へとなだらかに繋げ、シンプルなサウンドの一音一音に想いをしっかりと封じ込めたような、丁寧なプレイで魅了。

未来へと向かい一歩一歩進んでいく着実な足取りのような、キャリアを積んだバンドにしか出せない味わいのある演奏だった。

「楽しんでますか? さあ、いよいよ次がこのイベントのピークなんじゃないですか?」と語り掛けたマオ。

「皆さんお待ちかね、河村隆一さんの登場です!」と敬愛する大先輩を招き入れた。河村はマオと握手を交わすと、「まさかシドのメンバーに呼んでもらえるなんて、光栄です。15周年おめでとう」と述べ、「これから20周年、30周年と続いていくと思うから、楽しみだね」とエールを送った。

「緊張してきた」とこわばり始めるマオに、河村は「マオも明希もライヴに来てくれて。気楽に付き合ってもらえたら」と優しく語り掛けたが、「気楽は無理です()」とマオ。河村は11月に開催されたシドのマイナビBLITZ赤坂公演にも足を運んだと言い、「最高のバンドだよね。カッコいいと思った」と讃えた。

この日のセッションにあたり、マオは「バラードを持ってきました。怖いもの知らずの俺です()」と笑う。

リハーサルを聴いたという河村は、「声質の違いがあって、合うよね。狩人とかクリスタルキングとかみたいに()。違う声で、いいなって」とマオの声を評した。

マオは「2000回ぐらい練習してきた」と言い、河村も「50回ぐらい聴いた。名曲ですよね」と絶賛。

ますます緊張を強めるマオに、「隅っこでずっと緊張してます」と明希も言葉を添えた。

大らかに「垣根がないのがロックの世界ですから」と笑う河村の胸を借り、「普通の奇跡」のコラボレーションがいよいよ始まった。

まずは河村が歌い始め、圧倒的な声量と艶、凛とした地声から柔らかいファルセットまで、表現の幅の豊かさに、観客はじっと身じろぎせず聴き入っていた。

続いて、マオもややハスキーさのある独自の魅力を備えた声で、緊張の面持ちを浮かべながらも、喜びを溢れさせながら歌唱。

河村はそんなマオを励ますように、オフマイクだが口を動かして共に歌い、寄り添った。

また、河村はマオに対してだけでなく、バンド全員を見渡して温かい眼差しを向けていたのも印象深かった。

サビでは2人で声を合わせ、ハーモニー(マオが上)を響かせる。2番ではハモりの上下を入れ替えて、互いに向き合い、熱く声を響かせ合った。

歌い終えると拍手で河村を讃えたマオ。「この後、観てるからね!」との言葉を残し河村はステージを去った。

マオはセンターの花道へと駆け出し、膝から崩れ落ちると、「ごめん! もうピーク終わっちゃった。ヤッベー!」と、まるで少年のように、緊張から解き放たれた安堵を隠さなかった。「緊張したけど、めちゃくちゃ気持ち良かったです」と語り、「事務所を通さずに、俺が直接オファーさせてもらったのね。電話したら、その場でマネージャーさんに『1227日って空いてる?』って確認して、

『お祝いしにいくよ』って、もう即答なの。そういう心が広いところ、包容力のあるところをめちゃめちゃ尊敬してる」と興奮気味に明かすと、「緊張の糸が緩んだから、ここからは盛り上がっていけるか!」とモードを切り替え。「君たちが俺たちのV.I.P!」と叫び、「V.I.P」をカラフルなライトの中、疾走感に溢れるパフォーマンスで披露した。

Shinjiのギターソロはセンターステージで奏でられ、天高く昇っていくような瑞々しい音色を響かせる。

マオは伸び伸びと歌い、思い切り喉を開き、長く伸ばした声で会場を引き付けた。

 

アッパーなダンスパーティーチューン「MUSIC」では、まばゆく煌めいた音色をそれぞれに鳴らし、タイトな名演奏を披露。

「ベース、明希!」とマオにコールされ、センターの台に立ってプレイしたベースソロは伸びやかでパワフル。背後からマオが肩を抱くと大歓声が沸き起こった。

「眩暈」へと雪崩れ込むと、ゆうやはスリルを孕んだひたひたと迫り来るようなドラミングを披露。Shinjiは激しく頭を振りながらプレイに没頭していた。

「ラスト、行けるか? ここで、このイベントの一番てっぺんの高いところ、見せてくれませんか?」というマオの叫びから、「one way」を投下。

エネルギー迸るアッパーチューンは、会場をこれでもかと沸き立たせ、ステージとの垣根を取り払い、一つの大きな塊にした。

興奮冷めやらぬ中、「どもありがとう!」と叫んだマオ。それぞれに挨拶をして、シドはステージを後にした。

 

◉アンコール—————————-

9.MDC SUPER ALL STARS  _YK20746

すぐにアンコールを求める声が上がり、再登場したシドのメンバーたち。「今日はメンバーといっぱい目が合って、シドいいな、と思った。

メンバーの皆さん、来年もよろしくお願いします()」とマオが挨拶すると、メンバーも「こちらこそ」と返し、「2019年も〝仲良シド″で行きたい」とマオは誓った。出演アーティストをマオが順に呼び込むと、ステージは壮観な眺め。

「行けるか~!?」とのマオの掛け声に合わせ、Kenは手を動かして盛り上げていた。「ANNIVERSARY」の全員でのセッションがスタートすると、ヴォーカリストたちが順に歌い繋いでいき、時に声を合わせた。「君にありがとう」と歌う箇所ではマオが「逹瑯さんにありがとう」と歌詞を置き換える場面も。

アーティストらは客席にボールを投げ入れ、ファンを沸かせ、最後まで喜ばせていた。

 

結成15周年のシドを大トリに据えた〝JACK IN THE BOX。若手からベテランまで、MAVERICK所属のアーティストを中心としながらも、河村隆一という偉大なヴォーカリストを筆頭に、事務所の垣根を超え、それぞれに個人的な交流のあるアーティストを迎えた賑やかで華やぎのあるイベントとなった。

セッションは多岐に富み、先輩後輩という縦の繋がり、あるいは同志的な横の繋がりが生む音楽的豊かさを味わわせてくれた。

足を運んだ観客にとっても、新たな発見や出会いがあったことだろう。このイベントが次回はどのような切り口で誰を迎えて行われるのか、今から楽しみである。

 

文◎大前多恵

写真◎今元秀明、河本悠貴

 

====================

 

MAVERICK DC GROUP PRESENTS JACK IN THE BOX 2018 LAST BUDOKAN

20181227() 日本武道館

SET LIST

…………………………………………

NOCTURNAL BLOODLUST 

 

 

1 Punch me if you can

2 銃創

3 the strength I need

4 VENOM

…………………………………………

ユナイト

 

1 ice

2

3 隕石系スタジオパンダ

4 Cocky-discuS

5 -ハロミュジック-

…………………………………………

MDC SUPER ALL STARS

 

SORA with Naughty “RESPECT” stars

  VocalKen(L’ArcenCiel)Guitar:ミヤ(MUCC)BassSacchan(DEZERT)Chorus:明希(シド)

DrumSORA(DEZERT)

1 勿忘草

2 TODAY

3 Speedwith 明希)

 

THE YELLOW MONCHHICHI2

  Vocal:逹瑯(MUCC)Guitar:生形真一(Nothing’s Carved In StoneELLEGARDEN)Bass:明希(シド)

  Keyboard:足立房文(ex.フジファブリック)Drum:松田晋二(THE BACK HORN)

1 JAM

2 SPARK

3 バラ色の日々

4 LOVE LOVE SHOW

 

③シャムシード

  Vocal:栄喜(ex.SIAM SHADE)GuitarShinji(シド)Guitar:タイゾ(Kra)

BassNATCHIN(ex.SIAM SHADE)Drum:ゆうや(シド)

1 グレイシャルLOVE

2 1/3の純情な感情

3 PASSION

 

…………………………………………

DEZERT

1「新曲」

2 TODAY

3 蝶々

4「変態」

5「ピクトグラムさん。」

 

…………………………………………

MUCC

1 TIMER

2 蘭鋳

3 G.G.

4 自己嫌悪

5 メルト

6 Mr.Liar

7 生と死と君

 

…………………………………………

シド

1 紫陽花

2 アリバイ

3 Dear Tokyo

4 ミルク

5 その未来へ

6 普通の奇跡(GUEST 河村隆一)

7 V.I.P

8 MUSIC

9 眩暈

10 one way

 

…………………………………………

MDC SUPER ALL STARS

1 ANNIVERSARY


2018年12月25日 (火)

【ライヴレポート】<umbrellaメンバープロデュースワンマン【Case唯「持論」】>2018年12月23日池袋手刀◆

REPORT - 14:59:15

 今年10月からメンバーそれぞれがプロデュースするワンマンライヴを連続して行うという企画をスタートさせたumbrella

その締め括りとなる【Case唯「持論」】と名づけられた公演が、1223日にネオ東京池袋手刀ドームで行われた。

歌を核に据えたバンドのヴォーカリストによるプロデュースライヴとなれば、相当観応えのあるライヴになるに間違いない。そんな期待を胸に会場へと足を運んだ。

 

暗転した場内にオープニングSEの「雨に唄えば」が流れ、ステージにメンバー達が登場。

客席から拍手が湧きあがる中、艶やかなギターの音色が響き、ライヴは翳りを帯びたミディアム・テンポの「月」から始まった。

落ち着いた雰囲気の幕開けに少し意表を突かれたが、深みのある唯の歌声やタイトさと躍動感を併せ持った良質なサウンド、感情を込めて演奏するメンバー達の姿などがひとつになって生まれるエモーショナルな世界は実に魅力的。

ライヴが始まると同時に、強くステージに惹き寄せられた。

 唯(Vo.G) 1

柊(G) 1

春(B) 1

将(Dr) 1

 

その後は疾走感を押し出した「箱庭」と洗練された味わいの歌中と力強いサビの対比を活かした「anima」に続けて、唯がumbrellaの前に在籍していたバンドLOKIの「荊」と「カナリア」を披露。

パワフルなサウンドと抑揚を効かせたヴォーカルのマッチングをフィーチュアした「荊」もスローチューンの「カナリア」も完成度が高くて、唯が昔からコンポーザーとして秀でていたことを実感できた。

また、LOKI時代の楽曲も織り交ぜて様々な表情を見せながら深度を深めていく流れも秀逸で、それを実現させるumbrellaの表現力の高さも見事。

MCを挟むことなく、ひたすら世界観を見せつけるライヴでオーディエンスを強く魅了したのはさすがといえる。

 

ライヴ中盤ではアッパー&キャッチーな「ヨルノカーテン」やハードチューンの「シェルター」、パワフルにいきあげる「叩けば誇り。」などをプレイ。唯プロデュース・ライヴということで、歌をじっくり聴かせるナンバーやバラードを並べたライヴになるのかなという気もしていたが、激しいナンバーも入れ込む辺りは彼らしい。

この辺りからは“静と動の両方を表現してこそROCK”という唯のスタンスがうかがえた。

 

多面性をアピールしつつ、全編を通してよりヴォーカルにスポットをあてた曲が多いことも印象的だった。

深みのある声質や幅広い声域、安定したピッチ、繊細系から力強い歌声まで自在に使い分ける表情の豊かさ、心地好いビブラート等々、唯のヴォーカリストとしてのポテンシャルの高さは群を抜いている。

抑揚を効かせて歌いあげるバラードはもちろん、ハードチューンでも“響く歌”を聴かせることに圧倒された。

 唯(Vo.G) 2

「次の曲は、昔の僕と今の僕を繋げてくれた曲です。これを歌うと、自分と向き合える気がします」

という唯の言葉が添えられたスロー・チューンの「管」からライヴは後半へ。

煌びやかな「WALK」やメロディアスかつせつない味わいの「レジスタンス」(LOKI曲)、ウォームなバラードの「レクイエム」などが演奏された。

激しくいきあげるパターンとは異なり、美しさを湛えた情景を描いていく後半も実にいい。

オーディエンスもumbrellaが構築するエモーショナルな世界に浸る喜びを味わっていることが伝わってきた。

 唯(Vo.G) 2

柊(G) 2

春(B) 2

将(Dr) 2

その後は、本編のラストソングとしてスローチューンの「夕立」をプレイ。

訴えかけるようなヴォーカルと抒情的なサウンドでオーディエンスを強く惹き込んで、感動的な余韻を残してメンバー達はステージから去っていった。

 

唯が歩んできた道のりを示すライヴで、バンドとしての懐の深さや楽曲クオリティーの高さなどを改めて見せつけたumbrella

ライヴ中のMCで唯は「LOKIといい、umbrellaといい長く続けてきて、僕がやってきたことが色褪せてないということを確信できました」と語ったが、その言葉は間違いではない。

今回のライヴはLOKI時代の曲も織り交ぜたためオーディエンスは知らない曲が多かったと思うが、常にいい反応を見せていたことが心に残った。

 

もう一つ、今回のメンバープロデュースライヴという企画は、彼らに大きなものをもたらしたと思う。

それぞれの個性を活かしたライヴをすることで、メンバー達は改めてumbrellaの魅力に気づいたり、バンドは秘めている可能性を感じたに違いない。

今回のシリーズを経て、彼らが次はどんな顔を見せてくれるのか本当に楽しみだ。

 

 

文◎村上孝之

写真◎やわらかゆーすけ

 

====================

 

2018.12.23 池袋手刀

umbrella Member Produce OneManCase 「自論」】

SETLIST

 

01.「月」remix

02.箱庭

03.anima

04.荊(LOKIカバー)

05.カナリア(LOKIカバー)

06.ヨルノカーテン

07.イト。

08.「シェルター」改

09.叩けば誇り。

10.真夜中衛星(LOKIカバー)

-MC-

11.「管」

12.WALK

13.レジスタンス(LOKIカバー)

14.レクイエム

15.夕立

 

EN01.Frontier

EN02.ユキノシロ(LOKIカバー)

EN.03Powdery Snow

 

 ====================

 

umbrella INFORMATION

 

<リリース情報>

 

★2019324日発売 

会場限定アコースティックCD

※タイトル未定

価格:1300

収録曲2曲をファン投票によって決定

↓投票フォームhttps://xxumbrellaxx.futureartist.net/acreleaseproject  

投票期間201812/23()201913()

 

====================

 

LIVE情報> 

 

■危険因子~東京アウトブレイク~

124() EDGE Ikebukuro 開場18:00 開演18:30

【出演】Mr.ChickenHat TimersTHE NOSTRADAMNZumbrella

【チケット料金】 前売:¥3500 当日:¥4000 (ドリンク代別途)

【チケット発売中】イープラス https://goo.gl/fjEmtE  

 

■危険因子~大阪アウトブレイク~

131() 北堀江Club Vijon 開場18:00 開演18:30

【出演】Mr.ChickenHat TimersTHE NOSTRADAMNZumbrella 

【チケット料金】 前売:\3500 当日:¥4000 (ドリンク代別途)

【チケット発売中】イープラス https://goo.gl/GTRSZt 

 

umbrella 唯 生誕祭 【アマヤドリ~とある唄うたいの一日~】

2019 217() EDGE Ikebukuro  開場 16:30 開演 17:00

【出演】umbrella、ユメリープ、MoreUCHUSENTAI:NOIZ、白塗り傘〈団長(NoGoD)&(umbrella)

 

umbrella 将 生誕祭 【アマヤドリ~人生~】

2019 223() アメリカ村 BEYOND  開場 16:30 開演 17:00

【出演】umbrella$Casper.for severe addicts only、ピノキヲ、タソガレニ鳴ク。

【チケット料金】 前売¥3,500 / 当日¥4,000  (入場時ドリンク代別途)

【チケット発売中】

 217日公演 http://u0u0.net/OHKZ 

 223日公演 http://u0u0.net/OHL  

 

umbrella 9th anniversary All songs onemanChapter.8「全部」

2019324() 高田馬場AREA 

OPEN 15:00 START 15:30

【チケット料金】前売4000円 当日4500円 ※来場者に全曲解説DVD配布

【チケット発売中】イープラスhttp://ur2.link/MKoR 

 

====================

 

<配信情報>

 

「キネマトグラフ」、「アラン」、「ヨルノカーテン」、「Frontier」、「管」

旧譜計5タイトルが各音楽配信サイトにて、ダウンロード&サブスクリプションにて順次配信開始。

詳細 https://xxumbrellaxx.com/news/120719  

 

====================

 

★umbrellaオフィシャルサイト★http://xxumbrellaxx.com/