NEWS

2021年10月13日 (水)

Share on Facebook
LINEで送る

本日リリース!【AMBEEK】2021年10月13日(水)発売、2nd Single「アカツキ」◆ 収録曲に込めた想いをメンバーが全曲解説!

NEWS - 11:20:57

「よりヴィジュアル系らしい姿と音楽性を示した」AMBEEKの最新シングル「アカツキ」が発売になった。

今まで以上に派手/華やかさと攻撃力を増した楽曲。

世の中を揶揄したり、希望を与える強烈なメッセージの数々が、心に物足りなさを覚えていた人たちや、今のシーンの音楽に満足しきれない人たちの気持ちを刺激。

AMBEEKへ熱い視線を注ぐ人たちが今、増えだしている。

 

  進化したAMBEEKの姿を示した最新シングル「アカツキ」へ収録した曲の魅力について、熱い言葉を寄せてくれた。

ここからは、収録した3曲の魅力をメンバーの言葉を通して紐解こう。

 

 

——————————-

『「モノガタリに生かされたモノガタリで失った「暁」その結末」』

——————————-

 

 

takuma. (Gt):これまでのAMBEEKはメインコンポーザー銀也の作り上げる曲の魅力や持ち味を全面に押し出してきました。

だからこそ、「今回、ガラッと印象を変えたインパクトを与えたいから、takuma.の持ち味を生かした、ヴィジュアル系らしさへ寄せたサウンドとメロディーの上手く調和した曲をメインに据えたい」とKEKEが言い出したことから、作品の顔となる楽曲を僕が作りました。

  それまでの僕自身はAMBEEKの中ではC/Wで生きるような癖を持った楽曲を得意としてきていて、「タイトルに相応しい曲を」というところへの意識を強く持っていたことが大きかったんだろうね。

制作期間中は感情の浮き沈みを何度も経験しながら、ようやく完成()

「ここではこういう振りができそう」など、いろいろと振りをイメージできるパートも組み込んだうえで、メロディーとサウンドが渾然一体化しながら激しく攻める今までのAMBEEKにはない楽曲を作りあげました。

  歌詞には、当時の自分の感情を思いきり詰め込み、人間味というか、生々しさを出しました。

とは言ってもストレートに書くのではなく、聴いた人が自由に解釈を広げられる表現も心がけています。

個人的には、『「モノガタリに生かされたモノガタリで失った「暁」その結末」』を作っていた頃の自分の気持ちの揺れがいろいろ見え隠れしている印象()

中でも、最後の一行へ記した「おとぎ話の様に終わらない結末のページを破り 描くならば その先は咽ぶ程のHappy endを・・・」には、自分の想いが色濃く出ています。

何度ももがき苦しみ、葛藤を乗り越えようと未来へ向かうんだけど、それでもまた落ちてしまう。でも、そこからふたたび這い上がろうとしてゆく。

そんな未来を見据えて葛藤してゆく姿は、この楽曲を作っているときの自分自身。今はそこから抜けだしましたけど。

情緒不安定な気持ちの日々の中、そこへ至るまでの過程をここへ記しました。

 

 

MINAMI (Dr): これは3曲共通して言えることですが、2年以上ずっと同じメンバーでやっていると、どうしても自分たちの意識や発想では気付けない面も出てくる。

それを違った視点からいろいろ探り刺激を注ごう、新たなAMBEEKを打ち出してゆくうえで、今までの僕たちが目を向けてこなかった部分にも目を向けようということから、今回は自分たち自身の意識改革はもちろん、制作陣も一新したわけですけど。

その成果が『「モノガタリに生かされたモノガタリで失った「暁」その結末」』を筆頭に、収録した3曲すべてにしっかり反映されたなと思っていますし、自分たちのステップアップにも繋がりました。

 

 

——————————-

little MONSTER-名も無き少年-

——————————-

 

 

銀也(Ba) :新たなAMBEEKを示す『「モノガタリに生かされたモノガタリで失った「暁」その結末」』をメインに据えたとき、「これからのAMBEEKを示すうえで、こういう表情を入れたほうが3曲の並びがしっくりくる」という話になって、そこで足りない要素を補い、よりベストな形へ仕上げるために作りあげたのが『little MONSTER-名も無き少年-』でした。

 

KEKE(Vo):little MONSTER-名も無き少年-』を聴いた瞬間から、何通りもの歌メロが浮かんできた。それくらい表情豊かな楽曲だったからこそ、2人でいろんな歌メロを試しながらベストな形を築きあげました。

結果、メロディーとサウントが絶妙なバランスを持って成り立つエモーショナルな楽曲が生まれた。

この曲ではヴォーカルにエフェクトを使っていて、そこで新たな面を打ち出せたところも特色です。

この曲を聴いたとき、最初に浮かんだのが「少年の頃の記憶」。

そこから歌詞にも書いた“おもちゃ箱”や“絵本”などの言葉を元にしたイメージが沸いてきた。

ただ、最初は恋愛系の歌詞にも置き換えていたんですけど

 

銀也: KEKEって、恋愛系や暗い内容の歌詞を書きたがるんですよ。でも僕がこの曲に求めていたのは、そうじゃなかった。

そこからひとりの少年を主人公に、「この子はこういうことを考えてて、今を我武者羅に生きている」「その少年を、今の僕たちの姿にも置き換えよう」「少年の頃は何でも出来る気がしていたし、無敵だったよな」という話をKEKEとしながら、その方向性へ歌詞をチェンジ。“夢をつかもうとしてゆく我武者羅な少年の姿”に繋げました。

 

つかさ(Gt): 今までのAMBEEKの良い部分を取り入れつつ、新たな要素を持った楽曲として『little MONSTER-名も無き少年-』は仕上がっています。

レコーディングで最初に触れたときは、犬で例えるなら「チワワのような可愛らしい楽曲だな」と思っていたんだけど、いざ制作に取りかかったらいきなりメタルなギターを求められるなど「こいつは、まさに狂犬だ」という印象に変わったくらい、かなり荒々しい曲です。

 

 

——————————-

『自虐メカニズム』

——————————-

 

 

takuma.:このいかつさは、これまでのAMBEEKにはなかったよね。

  

KEKE:今までのAMBEEKにはなかった、一番攻めた楽曲になったと思います。

ノリもつかみやすいので、すでにライブでも熱い風景を作りあげていますね。

『自虐メカニズム』の歌詞に書いたのは、「別に、それでもいいじゃん」と自分の駄目なところを開き直ってさらけだしてゆく姿。

今って自分が悪者になるのが嫌で、人のせいにしたりする傾向が強い。その姿を女の子の視点で書きました。

中へ「ゆとり世代なんです」と出てくるように、そのイメージも今の子たちに重ね合わせています。

 

銀也 :今回のシングルで新しい色を出すきっかけになったのがこの歌。

制作当時、KEKEが「今までのAMBEEKにはない、こういう表情の曲をやりたい」「こういうことを歌いたい」と自分の中にあるビジョンを出してきた。

メンバーが明確な意志を持って「これをやりたい」というのなら断る理由はないし、メンバー一致で「その姿勢を打ち出そうぜ」と取り組んだ結果、今までのAMBEEKにはない楽曲が生まれた。

新たなAMBEEKを作りあげるきっかけになったのが『自虐メカニズム』なんですよ。

この曲が生まれたからこそ、『「モノガタリに生かされたモノガタリで失った「暁」その結末」』や『little MONSTER-名も無き少年-』へと繋がった。

 

MINAMI :それまでのAMBEEKには無かったどころか、ぜんぜん違った視点から完成した楽曲だったから、この曲をライブで初披露した時はどんな反響がお客さんたちから返ってくるのか緊張しながら演奏していたのも覚えてるんだけど。

お客さんたちの熱狂が凄くて、あの反響の高さは嬉しい自信になった。

この曲をきっかけに、この先変わっていく上で大きな自信となる風を『自虐メカニズム』がバンド全体に吹かせてくれました。

 

 

 

2022210日には、赤羽ReNY alphaを舞台に<AMBEEK 3rd Anniversary 無料ワンマン>の開催も決定。

シングル「アカツキ」にはライブで活きる曲たちばかりを詰め込んだように、この衝撃を、次は直接ライブハウスで感じてもらいたい。

 

 

TEXT:長澤智典

 

KEKE 
▲Vocal:KEKE
https://twitter.com/keke_0630
https://www.instagram.com/keke_0630/

 

takuma.

▲Guitar:takuma.
https://twitter.com/takuma_official
https://www.instagram.com/tkm_official/

 

つかさ

▲Guitar:つかさ
https://twitter.com/tsukasa_ambeek

 

銀也 

▲BASS:銀也
https://twitter.com/ginya_ambeek

 

MINAMI 

▲Drum:MINAMI
https://twitter.com/MINAMI_AMBEEK

 

====================

 


「モノガタリに生かされモノガタリで失った「暁」その結末」MV
https://youtu.be/dHLDKpQbEDc

 

 

<リリース>

 

★2nd Single「アカツキ」
2021年10月13日(水)発売

jk
【収録曲】
M1.「モノガタリに生かされモノガタリで失った「暁」その結末」
M2. little MONSTER-名も無き少年-
M3. 自虐メカニズム

 

価格:¥1,500+税(¥1.650/税込)
品番:AMCD-0003

 

【発売元】AMBEEK
【販売元】VR LABEL


====================

 

<LIVE情報>

 

 

■AMBEEK 3rd Anniversary 無料ワンマン

日程:2022210()

会場:赤羽ReNY alpha

詳細後日発表

 

——————————-

 

2021122日(木)新宿WildSide Tokyo

アンビエンス.イークvol.5takuma. Birthday

 

OPEN16:45 START17:15

ADV4.000 DOOR4.500

 

【出演】

AMBEEK/アンドゥー

 

e+購入URL

https://eplus.jp/sf/detail/3505040001-P0030001

チケット発売日 1017()10:00

 

====================

 

AMBEEK Web

https://www.ambeek.online/

AMBEEK twitter

https://twitter.com/ambeek_official

AMBEEK 公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UChTh8G8rk1LQcDzKtyQQIBg