NEWS

2014年10月10日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

【DEZERT】 TSUTAYA O-WEST ONEMAN LIVE「嘔吐のすゝめ」1階席/2階席 SOLD OUT!!!!

NEWS - 03:00:43

DEZERTからお知らせです!

2015年1月10日(土) TSUTAYA O-WESTにて開催されるDEZERT ONEMAN LIVE「嘔吐のすゝめ」。
1階席SOLD OUTにつき、急遽若干枚数発売していた2階席チケットもSOLD OUT!!
そして、11月12日リリース1st ALBUM「タイトルなし」の収録曲である
「殺意」のMusic Videoもなんとフルで解禁された。

東名阪で開催されるアルバム購入者対象のアウトストアイベントの内容にも
ライブが盛り込まれているようなので、こちらも必見!
勢いが止まらないDEZERTから目が離せない。


■DEZERT ONEMAN LIVE「嘔吐のすゝめ」

※SOLD OUT!!

2015年1月10日(土) TSUTAYA O-WEST
開場 17:00/開演 18:00
問い合わせ:HOT STAFF PROMOTION 03-5720-9999


11月12日(水) 1st ALBUM「タイトルなし」発売

【初回限定盤】CD(12曲)+DVD ¥3,500(税抜)
【通常盤】CD(12曲) ¥3,000(税抜)

<収録内容>
[CD]
1. —- 2.「嘔吐」 3.「殺意」 4. infection
5. 胃潰瘍とルソーの錯覚 6.「擬死」
7. さぁミルクを飲みましょう。 8.「軽蔑」
9. doze. 10.脳姦少年 11.「教育」 12.-26時の冷凍庫-
[DVD]1.「殺意」Music Video 2.「殺意」Music Video(Director’s cut Ver.)

【「タイトルなし」アウトストアイベント開催決定】
11月15日(土) タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」(内容:ライブ(握手会有))
11月16日(日)渋谷REX ( 内容:ライブ&握手会〜いちご倶楽部編〜)
11月29日(土)心斎橋FANJ ( 内容:ライブ&握手会〜いちご倶楽部 VS DEZERT〜)
11月30日(日)名古屋ハートランド (内容:ライブ&握手会〜いちご倶楽部 VS DEZERT〜)

DEZERT OFFICIAL SITE http://dezert.jp/

下記、上からVo.千秋→Gt.キラ→Ba.SaZ→Dr.SORA






2014年10月10日 (金)

Share on Facebook
LINEで送る

<BandsShockRevolsion「びじゅある祭」 台風情報>

NEWS - 00:00:43

10月9日15時現在の台風情報を元に協議した結果、11日、12日共にBandsShockRevolsion「びじゅある祭」を開催する予定です。

11日においては現在の予報を見る限り台風の影響は無いと思われますが、12日のイベント開催時には、台風の悪影響も予想されます。

最新の台風情報に注意しながらの開催となります。
公演中に急な悪天候、荒天となった場合、安全確保の為、中断または公演続行を危険と判断した場合、途中でイベントを中止する可能性もあります。

また、雨が降った場合、傘をさしての公演の閲覧は大変危険ですのでご遠慮願います。
天気が崩れる可能性が高いので、各自合羽などを持参頂き、雨対策に備えて下さい。

また、公共交通機関の運行状況も各自御確認下さい。
皆様のご協力とご理解を宜しくお願いします。

http://daizystripper.com/posts/view/58097/?aid=9
http://www.kameleo.jp/schedule/event.php

■Bands Shock REVOLUTION ~びじゅある祭2014〜■
10月11日(土)、10月12日(日)
会場:服部緑地野外音楽堂

http://hattori.osaka-park.or.jp/guide/facility/concerthall/

OPEN 11:30 / START 12:30
前売券:¥4,800(D別) / 当日券:¥5,300(D別)

11日出演アーティスト:アンティック-珈琲店 / 仮面女子 / DaizyStripper / ν[NEU] / HERO / FEST VAINQUEUR / Black Gene For the Next Scene / マイドラゴン / Royz / OA:アルルカン

12日出演アーティスト:Anli Pollicino / UCHUSENTAI:NOIZ / カメレオ / GOTCHAROCKA / 己龍 / ギルド / コドモドラゴン / DOGinTheパラレルワールドオーケストラ / 凛 / OA:Crimson Shiva

問合せ:夢番地(大阪) 06-6341-3525
https://www.yumebanchi.jp/

————————–

連休中は台風の接近・直撃により悪天候が予想されます。
ライヴ会場などへお出かけの際はくれぐれも無理をしないよう、
交通機関や天気情報をしっかりお調べの上、十分注意して頂きますよう、お願いいたします。

http://www.tenki.jp/
http://weathernews.jp/typhoon/


2014年10月09日 (木)

Share on Facebook
LINEで送る

【ライヴレポ】SIAM SHADEのNATCHINとeversetの緋村剛(Geno)が作りあげたバンド,21g!!初ライブで初ワンマンを実施。熱狂やまない始まりの一夜!!予定外のアンコールも!!!!

NEWS - 14:50:44

  SIAM SHADEのベーシストNATCHINとeversetのヴォーカル緋村剛(Geno)を中心に、a DROP OF JOKERのギタリストmi-ya。ドラマーのAct.が集まり、誕生したのが21g(トウェンティワングラムス)
  10月4日(土)に21gは、『天照賛歌』と『エメラルドグリーン』2枚のDVD付きシングルを同時に発売。同日には初台DOORSを舞台に、『21g LIVE「Genoration」Chapter 1』と題した初ライブを、いきなりワンマンという形で行った。チケットはSOLD OUTを記録。客席最後方までびっしりの観客たちが、21gの産声上げる姿を心待ちにしていた。
 
  映像にも強いこだわりを持つ21gらしく、ライブは、「開演の諸注意」を促すGeno演じる「映画泥棒」CMのパロディ映像。『天照賛歌』と『エメラルドグリーン』両PV映像の上映から始まった。
 
  ライブは、『エメラルドグリーン』のC/Wに収録した『21Genoration』からスタート。 腹の奥底へズズズンッと響くリズム隊の叩き出すヘヴィなグルーヴが刺激的だ。激しい演奏の上で激烈なリフを刻み続けてゆくギターのmi-ya。身体揺さぶる豪放な音を背に、観客たちへ雄々しき姿で挑みかかってゆくGeno。重く、しかも野太く響き渡るGenoの歌声が、轟く音の上で荒々しく踊り出していた。
  メンバーの出自からも想像されるよう、21gの根底に据えられたのは、確かな表現力に裏打ちされた重量感のある演奏。だが、テクニカルな面や激しいサウンドスタイルを標榜するのではなく、あくまでも「歌/想いを届ける」姿勢を軸に据えているバンドであることは、その後の楽曲たちがしっかり証明してくれた。
 
  「魂が天照らす!」(Geno)。Genoの叫びに続いて流れたのが、1stシングルの一翼を司る『天照賛歌』だ。激しく唸りを上げた演奏の上で、Genoが馳せる気持ちをぶつけるよう♪俺たちはあと幾つ夢中になれる夢を見れるだろう 気が狂いそうなんだ♪とメッセージしてゆく。誰もがその演奏と歌声に触発され、気持ちを嬉しく武者振わせていた。
  一見ファニーな表情を描きながらも、しっかり毒を染み込ませた『ねこのうた』。観客たちが♪チッチチー♪と謎の言葉を口づさみながら、一体化した風景を作りあげたミッド・グルーヴ曲『つき』。ヘヴィに、フリーキーに攻めゆく、変拍子満載な『チョコレート3丁目』のようテクニカルな表情もあれば、mi-yaの奏でる哀切なピアノの音色を軸に据えつつ、Genoが想いたっぷりに歌い上げた感涙なバラード『淋しさで咲く華』も、21gの魅力を成す大切な表情であることを実感。
  ハイテンションな演奏から滲み出る温かさが、胸に優しさ忍ばせた『たとえ話』。跳ねた演奏に乗せ、会場中の人たちが一つに溶け合い熱狂した『廃人列車』。歌詞を書いたスケッチブックを手にGenoが歌いだした『we are gonna take it』は、身体をズンズン弾ませるディスコロック・ナンバー。誰もが身を揺さぶるビートに溺れるよう拳を振りまわし、はしゃいでいた。大サビでは、Genoの声に合わせコール&レスポンスしてゆく風景も。そして、会場中の人たちが思いきりタオル振りまわし熱狂した『Mr.アドレナリン』。
 
  アンコールで演奏した21gを象徴する楽曲『エメラルドグリーン』では、Genoが♪愛してる♪と、観客たちへたぎる思いをぶつけるよう熱く熱く歌いかけていた。サビでは、誰もが拳振り上げ♪エメラルドグリーン君がいるなら♪と歌い叫んでゆく風景も。
  この日のライブで何よりも嬉しかったのが、『エメラルドグリーン』の演奏を終え、場内が明るくなっても、21gを求める声がしばらく鳴りやまず、その声へ呼ばれるよう予定外のアンコールが行われたこと。NATCHINも「これぞ本当の意味でのアンコール。その想いがすごく嬉しかった」と後に語っていたよう、観客たちの誰一人として楽曲を知らない状態(唯一、youtubeに『天照賛歌』の一部がアップされていたのみ)でのライブにも関わらず、誰もがその場で歌を覚え、流れ出す1曲1曲に嬉しく感情高ぶらせ、熱狂し続けていたことが、この日のライブの成果を物語っていた。
 
  最後の最後に、再び『天照賛歌』を演奏。♪気が狂いそうなんだ 夢幻泡影の箱の中 まだ心踊るなら きっとそれを希望と呼ぶんだ♪。サビでは会場中の人たちがGenoと共に歌いながら、熱狂の渦の中へ思いきり溺れていた。誰もがその瞬間を忘れたくない記憶としてその身へ刻むよう、気が狂いそうなほどの熱狂を持って暴れ祭っていた。その興奮の讃歌が、何時までも何時までも胸に響き続けていた。
 
 
 21gの物語はまだ始まったばかり。まだまだ遅くはない。この暴走列車へ共に乗り込み、一緒に翠玉緑な未来の景色を見続けようじゃないか!!
 
 
PHOTO:KEIKO TANABE
TEXT:TOMONORI NAGASAWA
 
 
――セットリスト――
 
〜SE〜
『21Genoration』
〜MC〜
『天照賛歌』
『ねこのうた』
〜MC〜
『つき』
『チョコレート3丁目』
リズム隊インスト
〜ドラムソロ〜
mi-yaソロ
『淋しさで咲く華』
『たとえ話』
〜MC〜
『廃人列車』
『we are gonna take it』
『Mr.アドレナリン』
-ENCORE-
『エメラルドグリーン』
 
                                                    ――ライブ・アフターコメント――
 
Geno 今日のライブをやったことで、すごい盛り上がった部分と課題の残る部分の2つが見えてきたことから、次からのパワーアップに向け時間を使うべきところが浮き彫りになりました。ますますファンのみんなへの期待に応えていけるように、曲作りとライブを頑張っていきたいなと思います。今日は、みんなのおかげで素晴らしいスタートになったと思います。ありがとうございました!!

NATCHIN  自分がインディーズの頃は、ライブを重ね、どんどん観客を増やしては、そろそろ勝負というときに音源を作ってたじゃないですか。でもメジャーに行ってからは、音源を作り、宣伝して楽曲を広めてから、音源を持ってツアーをまわるというパターンが当たり前になっていた。今回は2枚のシングル盤を先行発売はしてますけど、改めて原点に返ったというか。このままライブ経験を重ねていけば、楽曲のクオリティもどんどん上がれば、アレンジ面のレベルも上がってゆく。それが見えたことで、今後音源にしていく曲やライブのみで演奏してゆく楽曲の振り分けもしていける。そうなったときに、やっとバンドらしいというか、21gらしい姿でアルバムを作っていけるなという予感がした。そんなライブになりましたね。
 しかもこの日は、本当の意味でのアンコールまでかかったことはすごく嬉しかったです。12月20日にも、再び初台DOORSでワンマンが決まりましたし。その日は、今日とはまた違う内容の構成になれば、来年にはアルバムを…という構想も考えながら活動をしていくので、これからが楽しみです。

mi-ya   私はピアノを20年間やってきた理由もあって21gには加入しているんですけど。ギターのみならず、そこもアピール出来たのは嬉しかったこと。MCでは、Genoさんが私に大阪弁を求めてるようだから、今後は、もうちょっと大阪弁を出していきましょうかね(笑)。でも、あんだけあったかく迎え入れてもらえたら、21gはいいバンドになっていくのは間違いないです。

Act. 個人的には、純粋に楽しめたライブだったというのが感想ですね。こんなにも期待して待っててくれた人たちがいるのをすごく感じれたというか。今回の初ライブに向けて、自分の中ではやれるだけのことは可能な限りやったうえで臨んだ結果が今日なので、今後はやれることの範囲をどれだけ広げていくかだなと思っています。このメンバーだったらもっといろんなことが出来ると思うし、可能性もいっぱいあると思っています。
 
 
21g HP
http://www.21g-jpn.com/
 

★LIVE日程★
 
2014年10月19日(日) 渋谷VUENOS
出演
defspiral/21g
 
【LIVE】 †яi ZEICHEN 21 出演
2014/10/29 (水) 梅田AKASO
 2014/10/30 (木) 名古屋CLUB QUATTRO
 2014/11/5 (水) 新宿BLAZE
出演:BULL ZEICHEN 88/†яi¢к/21g
 
12月19日(金) 21g presents「21st Century JOY」初台DOORS
出演:21g / DUSTAR3
 
12月20日(土) 21g LIVE「Genoration」Chapter 2
初台DOORS
出演 21g
 
★CD
 
『天照賛歌』
21g-002 
1500円(tax in)
 
01.天照賛歌
02.21Genoration
03.天照賛歌 Instrumental
04.21Genoration Instrumental
 
天照賛歌Music Video
天照賛歌Bonus Track
 
『エメラルドグリーン』
21g-003 
1500円(tax in)
 
01.エメラルドグリーン
02.ねこのうた
03.エメラルドグリーン Instrumental
04.ねこのうた Instrumental
 
エメラルドグリーンMusic Video
エメラルドグリーンBonus Track









2014年10月09日 (木)

Share on Facebook
LINEで送る

<雑誌情報>【10/23発売】★★★ギタリストのための イヤトレ“耳鍛(みみたん)”ワークブック★★★演奏技術が向上! 耳コピの精度がアップ! アドリブもOK 「音を聴き取る力」を添付CD-ROMを使って鍛えよう!

NEWS - 14:20:44

雑誌情報をお届けです♪
本日は…ギタリストを目指す皆様への雑誌情報です!!


ギタリストのための
イヤトレ“耳鍛(みみたん)”ワークブック CD-ROM付
2014年10月23日発売

著・演奏 河野 淳 B5変型判/144頁/本体価格1,800円+税/CD-ROM付    
ISBN : 978-4-401-64065-2

「音を聴き取る力」は楽器演奏や歌においてとても大切なもの。もちろん弾きたい曲やフレーズを耳コピするためにも、メロディーやコードを正しく聴き取る力は必要不可欠なものです。
そこで、クラシック音楽では必須の「聴音」に相当するトレーニングを、本書では付録のCD-ROMを使って行います。
メロディーやコードの基礎となる音階からスタートして、半音を含むメロディーや、各種スケール、主要コードと代表的なコード進行などを聴き取るためのトレーニング・エクササイズをまとめて紹介。
本書と付録のCD-ROMを活用して、ギターを弾くために絶対不可欠な「聴く力」を楽しく効率良く鍛えましょう!
◎CD-ROMには聴くだけでギターが上手くなる計390本のイヤトレ音源を収録!

【CONTENTS】
音の高さは歌って覚える/度数の感覚を身につけよう/リズムを聴き取ろう/単音のメロディーを聴き取ろう/変化音を含むメロディーの聴き取り/いろいろなスケールを耳で覚える/同時に鳴る2つの音を聴き取る/いろいろなコードの響きを聴き取ろう/コード進行を聴き取ろう/他の楽器の音を聴いてみよう

“耳コピ”とか“耳を鍛える”って良く聞きますよね!
CD-ROMも付いているので、実践的にトレーニングできそうです♪


2014年10月09日 (木)

Share on Facebook
LINEで送る

★TACOS NAOMI 1stアルバム「WORKS」発売★

NEWS - 14:00:44

THE ポッシボー/KENN(声優)/YOFFY(サイキックラバー)/岡田悠(ex:イロクイ。)/u-ya asaoka(ex:FIELD OF VIEW)/黒田倫弘らがヴォーカルで参加!!デビュー20年目にして、TACOS NAOMI初のアルバムが完成!!ところで、TACOS NAOMIって誰??!!
   
あなたは、TACOS NAOMIというアーティストのことをご存じだろうか??。何、チャラい名前付けてるんだ??って、しょうがない。彼は元々、コミカルな要素を満載した三枚目ハードロックバンドNOISE FACTORY(かつてKi/oon Sonyよりデビュー)のメンバー。本名は…おっと、本名をバラしてしまうところだった。まぁ、今更名前の理由は語らなくてもいいだろう。大切なのは、そこじゃない。彼が、ここへ至るまで「どれだけ素晴らしい功績を音楽シーンへ残してきたか」なのだから。
余談だが、noise factoey(http://noisefactory.aikotoba.jp/)という可愛らしいアイドル・グループが存在しているが、TACOS NAOMIが在籍していたバンドとはまったく関係ないと、先に断りを入れておこう。

バンド解散後、TACOS NAOMIはフリーの”キーボディスト及び/サウンド・プロデューサー”として数多くの楽曲を提供すれば、いろんなアーティストのプロデュース活動も実施。様々なアーティストのサポート・メンバーとしてステージに立ち、舞台を彩り続けてきた。近年でもTHE ポッシボーやPENICILLIN、サイキックラバー、黒田倫弘、辻詩音など,様々なアーティストたちを支えるライブ・メンバーとしてステージへ登場。ジャンルの枠を超え、いろんなアーティストの音楽を際立ち、輝かせる鍵盤演奏を響かせている。

さて、ここからが本題だ。1994年にNOISE FACTORYのメンバーとしてデビューしてから、今年で20年目。一線で活動し続けることが試練という音楽業界の中、首都高ではなく下道ながらも常にシーンの第一線で走り続けてきたのも、TACOS NAOMIの才能を求めるアーティストたちが数多く存在しているからに他ならない。違う捉え方をするなら、それだけ熱い人望をTACOS NAOMIが持ってるということだ。
その20年間の活動の中、懐に溜めた人望と、己の経験を一気に吐き出したのが、11月12日(水)に発売となる1stアルバム「WORKS」になる。そう、20年目にして初のアルバムが、ここに完成した。

アルバム「WORKS」に参加したメンツがもの凄い。後に詳しく解説するとして、まずは先に名前を列挙しておこう。TACOS NAOMI自身キーボディストのように、歌は一切歌っていない。変わりにヴォーカリストとして参加したのが、THE ポッシボー/KENN(声優)/u-ya asaoka(ex:FIELD OF VIEW)/黒田倫弘(ex:Iceman)/YOFFY(サイキックラバー)/ANGEL-TAKA(UCHUSENTAI:NOIZ)/ 辻詩音/岡田悠 (ex:イロクイ。)/JUAN & MARU(トリルダン)/成田圭といった錚々たる面々。
 楽器陣では、ギターに、手島”Tessy”いさむ(ユニコーン)/馬場”BABI”一嘉(ex:UB-TAPS)/江草一平(PocketCube)/鍋嶋圭一。ベースに田中亮輔(ex:HAIR CUTS)/三宅博文(EX:EBONY EYES)/リウ(MC-K2 FACTORY)。ドラムに、鍵山喬一(ex:アーバンギャルド)。ホーンセクションでは、トランペットに柴田直人(Brass Band Club)。トロンボーンに小幡愛(BEE!BANG!BOO!)。サックスに横溝雄毅 (BEE!BANG!BOO!)が参加。さらにミックスを大串友紀 (SLOTH MUSIC)が担当している。
まだまだ話題のニュースは、満載だ。作家としても数多くの楽曲をTACOS NAOMIは提供し続けてきた。この「WORKS」では、参加した歌い手の多くが作詞にも参加。彼が提供した楽曲のカバーも、幾つか収録になっている。TACOS NAOMIがプロデュースした大五郎の歌った「呼吸」を、若手女性シンガーの成田圭が。モデルのAKIRAが率いるDISACODEへ楽曲提供した「愛し方」を、サイキックラバーのYOFFYがカバー。さらに、声優・椎名へきるの代表曲でもある「Graduater」をUCHUSENTAI:NOIZのANGEL-TAKAが熱唱。加えて、NOISE FACTORYの楽曲「Dream Comes True」をTHE ポッシボーがカバーしてくれた。カバー曲はどれも、性別を変えたシンガーが歌っているのも大きな特色だ。
すでにこの時点で、ニュースに記すネタが満載じゃないか!!しかもその範疇は、ロック/ポップス/アイドル/アニソン&声優/ビジュアル系という幅広さ。これも、予約の絶えない高級レストランではなく、大衆の行列が連日途切れることのない絶品の品数を多数並べた食堂の大将,TACOS NAOMIらしさの現れと言えようか。ではここから、簡単にだが楽曲解説を記そう。

――「WORKS」全曲解説――

M01:「Dream Comes True」 feat. THE ポッシボー
lyric : ROCKY 生田.f / music : TACOS NAOMI
Gtr 江草一平 / Dr 鍵山喬一
(original : NOISE FACTORY 1995年10月1日発売 Album「NOISE FACTORY II ~PEARL 7」KSC2-133)

アイドル・ユニットのTHE ポッシボーをヴォーカリストに迎え形にしたのが、TACOS NAOMIがメンバーとして在籍していたNOISE FACTORYのナンバー。往年のハードロック・テイストを持った演奏も響き渡る、ハードポップ作として完成。THE ポッシボーの5人が高らかに合唱してゆくサビ歌の、なんと華やかなことか。その爽やかな色気に、NAOMIさん、クラッとしちゃいました??

M02:「Plastic desire ~月が見えない夜~」 feat. 黒田倫弘
lyric : 黒田倫弘 / music : TACOS NAOMI
Gtr 手島”Tessy”いさむ (ユニコーン) / Ba 田中亮輔

 黒田倫弘が作詞と歌唱を担当。艶かしい歌詞も刺激的。男の色気がたっぷり漂う、これぞアダルトなロックナンバー。女性なら、こんな仕種と言葉で口説かれたい??。ちょっぴりの歌謡ムード??。哀愁味を持ちながらもドラマチックな表情を描き出すTACOS NAOMIの鍵盤プレイにも注目を。
 

M03:「ナニモカモ ナンドデモ」 feat. u-ya asaoka (ex. FIELD OF VIEW)
lyric : u-ya asaoka / music : TACOS NAOMI
Gtr 江草一平 / Trp 柴田直人 / Trb 小幡愛 (BEE!BANG!BOO!) / Sax 横溝雄毅 (BEE!BANG!BOO!)

爽やかなキーボードの旋律の上で、開放的なブラスの音色が心地好く響き渡ってゆく。元FIELD OF VIEWの浅岡雄也ことu-ya asaokaみずから作詞と歌唱を担当。何度でも色を塗り替え、思いのままに前へ進もう。力強いメッセージが、晴れやかな歌に乗せ広がっていく。まさに、爽やかさ満載なポップナンバーだ。

M04:「12月17日」 feat. 辻詩音
lyric : 辻詩音 / music : TACOS NAOMI
AGtr 馬場”BABI”一嘉 / Ba 田中亮輔

辻詩音みずから作詞と歌唱を担当。後悔したくないからこそ、「好き」という気持ちあなたに伝えたい。溢れ出る想いに押し潰されそうなほど強い恋心抱えた女性の気持ちを、辻詩音が、今にも壊れそうな歌声で切々と歌唱。触れているだけで、胸がキュッと締めつけられるラブバラード作だ。

M05:「愛し方」 feat. YOFFY (サイキックラバー)
lyric : 須王秋羅 / music : TACOS NAOMI
Gtr 鍋嶋圭一 / Ba 三宅博文
(original : DISACODE 2011年9月7日発売 Album「カッコつけずにはいられない」JECR-1004)

 オリジナルは、現在モデル/ソロ・シンガーとしても活動中のAKIRAが在籍しているロックバンド、DISACODEのナンバー。TACOS NAOMIが提供した同楽曲を、男性シンガーであるサイキックラバーのYOFFYが歌唱。YOFFY得意のしゃくりあげるようなハードロック系歌唱スタイルを全開。スケールあふれるミッドバラードへ、情熱的な炎を注いでいった。振られた女性の、何処か女々しさ秘めた強がった心情を男性が歌いあげてゆく様も、なかなかの聞きどころだ。

M06:「呼吸」 feat. 成田圭
lyric : 大五郎 / music : TACOS NAOMI
AGtr 馬場”BABI”一嘉
(original : 大五郎 2002年8月25日発売 Maxi Single「呼吸」 DAIZ-2)

京都を中心に活動しているシンガーソングライターの大五郎が歌った「呼吸」を、秋田県出身、「歌スタ!!」で話題を集めデビューを飾った女性シンガーの成田圭が歌唱。星や海など大きな世界観を歌詞へ用いながら、すぐ側にいる”あなた”という存在の愛おしさを、愛情たっぷりに告白してゆく。澄み渡る成田圭の歌声も印象深い、とても美しい、スロウなラブソング。

        
M07:「Graduater」 feat. ANGEL-TAKA (UCHUSENTAI:NOIZ)
lyric : アキレスKEN / music : TACOS NAOMI
Gtr 江草一平 / Ba リウ / Dr 鍵山喬一
(original : 椎名へきる 1988年1月21日発売 single「Graduater」SRDL-4442 / 1998年2月1日発売 Album「Baby blue eyes」SRCL-4179)

今でも声優/シンガーの椎名へきるが、ライブの盛り上がりナンバーとして歌い続けている、椎名へきるファンなら知らない人がいない超定番ナンバー。元々は、木根尚登原作による「CAROL」シリーズから派生したラジオドラマであり、椎名へきるがヒロインの声を演じていた「CAROL-K」の劇中歌として作られた楽曲。本作では、UCHUSENTAI:NOIZのANGEL-TAKAが歌唱。溜めを効かせ歌いあげてゆく様が特徴的だ。ちなみに椎名へきるバージョンが有名だが、こちらは、オリジナルともまた違う新バージョンになっている。

M08:「風に抱かれて」 feat. KENN
lyric / music : TACOS NAOMI
Gtr 江草一平 / Trp 柴田直人 / Trb 小幡愛 (BEE!BANG!BOO!) / Sax 横溝雄毅 (BEE!BANG!BOO!)

「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」の遊城十代役や「アオハライド」の小湊亜耶役。ミュージカル「ミュージカル テニスの王子様」シリーズの不二裕太役など、声優/役者として非常に高い人気を誇っているKENN。かつては、The NaB’sのヴォーカリストとして活動していたよう、歌にも定評がある。本作は、哀愁味を帯びたソウルフルな楽曲。好きな相手が、寂しさを紛らわすため寄せた一夜の想い。本音伝えたい気持ちをグッと堪え、相手の寂しさを受け入れてゆく男の心情を、KENNが哀切な想いたっぷりに歌いあげている。なんて胸が痛くなる悲しい心模様なんだ。これは、TACOS NAOMIの体験談??

M09:「MAJO」 feat. JUAN & MARU (トリルダン)
lyric : JUAN & MARU / music : TACOS NAOMI
Gtr 江草一平 / Ba 三宅博文

トリルダンのツインヴォーカル・チームJUANとMARUが、作詞と歌唱を担当。小悪魔でワガママな女の子の自分よがりな心情を、魔女っ子に投影。毒っ気と可愛らしさが混在してゆくところは、トリルダンらしさも生かした上での表情??。ハード&フリーキー。でも、不思議とポップ感も味わえる、TACOS NAOMI流ガーリーロック・ナンバー。
 
           
M10:「雨」 feat. 岡田悠 (ex. イロクイ。)
lyric : 岡田悠 / music : TACOS NAOMI
Gtr 江草一平 / Ba リウ                             
元ビジュアル系バンド、イロクイ。のヴォーカリストだったゆーりこと岡田悠が歌詞と歌唱を担当。何処か病んでる歌詞も特徴的。切々とした表情ながら、1曲の中様々なドラマを描いてゆく楽曲展開は、TACOS NAOMI流ビジュアル・バラード作というべきか。まるで女性??とも勘違いしてしまいそうな、岡田悠のとても儚くて切々とした歌声が、痛い歌詞とは裏腹に心を温かく包んでゆく。このアルバムの最後を飾るに相応しい、壮麗でドラマチックなバラード・ナンバーだ。

歌い手の個性を生かした上で制作した楽曲が多いのも、アーティストの屋台骨を支える活動を長年続けてきたTACOS NAOMIの魅力。この「WORKS」を通し、TACOS NAOMIらしさを味わうのか?。TACOS NAOMIというフィルターを通し歌い上げた、ゲスト・ヴォーカリストたちの”らしい色”を楽しむのか??。まぁ、そこは聞き手に委ねようか。
20年目の初のアルバムにして、このクオリティ。いや、良質な作品に仕上がることはわかっていたので、むしろ「納得の1枚」というべきか。この機会に改めてTACOS NAOMIという存在を認知し、たまには大好きなアーティストたちを支える存在の魅力にもエールを送っていただきたい。えっ、どうやってエールを送るのか??。そんなの答えは簡単だろう。今すぐCDショップへ行き、予約購入しなさい。Amazonで買いなさい!!

TEXT:長澤(NOISE FACTORYの頃から見ている)智典

TACOS NAOMI BLOG
http://tacos-naomi.269g.net/
TACOS NAOMI twitter
https://twitter.com/TACOS_NAOMI
TACOS NAOMI HP
http://www.allex-inc.com/ 

アーティスト : TACOS NAOMI
商品名 :「WORKS」
発売日 : 2014 年11月12日(水)
価格 : 3,000( 税抜)/ 3,240(8% 税込)
商品番号 : AECD-0030
発売元 : ALLEX ENTERTAINMENT
販売元 : ALLEX ENTERTAINMENT / ダイキサウンド株式会社

収録曲
M01.「 Dream Comes True」 feat. THE ポッシボー
M02.「 Plastic desire」 feat. 黒田倫弘
M03.「 ナニモカモ ナンドデモ」 feat. u-ya asaoka (ex. FIELD OF VIEW)
M04.「 12月17日」 feat. 辻詩音
M05.「 愛し方」 feat. YOFFY ( サイキックラバー )
M06.「 呼吸」 feat. 成田圭
M07.「 Graduater」 feat. ANGEL-TAKA (UCHUSENTAI:NOIZ)
M08.「 風に抱かれて」 feat. KENN
M09.「 MAJO」 feat. JUAN / MARU (トリルダン)
M10.「 雨」 feat. 岡田悠 (ex. イロクイ。)