NEWS

2020年05月07日 (木)

Share on Facebook
LINEで送る

【Screech in2 the Rain.】東京代表V系ミクスチャーバンド、新ヴィジュアル&新作『ADIS』MVを公開!タカ(Vo)よりメッセージも!────「お前はお前らしくいていい。」

NEWS - 18:00:13

東京代表V系ミクスチャーバンド・Screech in2 the Rain.より、新しいヴィジュアルが到着!

同時に完全新作となる『ADIS』のミュージックビデオが公開となった。

 

今回は、この作品についてタカ(Vo)からメッセージが届いている。

 

———————————————


●タカ(Vo)


『ADIS』は、自分じゃない誰かに「君はおかしい」「あなたの考え方は間違ってる」とか「かわいくない」とか「ださい」とか自分のことをネガティヴにさせる人って結構たくさんいるけど、そんなことを払い除けて「私は私だから」「俺は俺の好きなものを好きって言う」って気持ちでいれば、苦しんでた自分が他人のために生きてたって気づくかなって。

 

ネガティヴをぶつけてくる人ってのはその人はその人でなんか抱えてて、人に言えなくて苦しんでるんだろうな、って思うことがあったから、「お前はお前らしくいていいんだぜ?」って、当たり前なんだけど世間ってそれを当たり前にさせてくれないから、俺が思ってることを俺の言葉で歌ったと言う感じです。

それを自分の言葉のように聴いた人には扱ってほしいなって思ってます。

 

あとはレコーディングをして思ったことは、スクリーチのメンバーってまじで家族なんだな、って感じられるくらいの団結力を感じました。

 

———————————————


メンバーとの絆、そして自分達に触れる者へのメッセージ。
“東京代表V系ミクスチャーバンド”という冠が付いてはいるが、そんな括りを自らはねのけるほどのパワーと熱い想いを持って活動する彼らの音を聴いて頂きたい。
そして自粛から解放された後には、ぜひそのライヴも体感して欲しい。


====================


●配信情報
各サブスク・配信サイトでストリーミングとダウンロードが可能

https://linkco.re/Dy86fG3S?lang=en#


====================

 

★Screech in2 the Rain. OFFICIAL SITE★
https://screech-in2-the-rain.themedia.jp/
https://twitter.com/SitR0811


2020年05月07日 (木)

Share on Facebook
LINEで送る

【DIR EN GREY】待望のニュー・シングル「落ちた事のある空」を2020年夏 デジタル・リリース!

NEWS - 12:00:04

DIR EN GREY、ファンの視線をYouTubeに釘付けにさせながら、今年初となる待望のニュー・シングル登場を公式予告。

「落ちた事のある空」、2020年夏発売!

 

DIR EN GREYから待望の新情報が届いた。2020年の第1弾リリースとなるニュー・シングル発表が決定したのだ。「落ちた事のある空」というタイトルが掲げられたこの楽曲は、明確な発売日については提示されていないものの、この夏にデジタル・リリースされることになる。このバンドのシングルとしては、昨年9月に発売された通算30作「The World of Mercy」に続くものだ。

 

この事実が発表されたのは56日の夜のこと。そもそもこの時期、彼らは”TOUR20 疎外と銘打ちながらの全国ツアーを実施しているはずだったが、新型コロナ禍により残念ながらその全日程が結果的に中止となっている。本来ならば同日は札幌公演が行なわれていたわけだが、このニュー・シングル発売が報じられたのは、まさしく同夜のライヴの終演頃にあたる時間帯のことだった。

 

DIR EN GREYはこのツアーの全面中止確定に伴い、5人のメンバー個々の考案によるセットリストに基づいたプレイリストを、自らのYouTube公式チャンネルを通じて52日から5夜連続で配信。あたかも5夜連続のライヴを疑似体験させるかのようなこの試みは、ファンの高い関心を集めながらSNSを賑わせ、ツイッターでも連日トレンド入りを果たしていた。その最終夜にあたる6日は京の選曲・構成によるプレイリストが配信され、その終了直後に画面上からこの朗報が届けられたのだった。去る328日には、横浜に新設されたKT Zepp Yokohamaにて無観客ライヴを敢行し、舞台裏でのインタビューなどとともにその模様を全世界に向けてリアルタイムで配信し、ワールドワイドな注目を集めていた彼らだが、今回もそれに続き、このバンドに共鳴する人々が、離れた場所に居ながらひとつの現実を共有することになったわけである。

 

ちなみにこのニュー・シングル発売情報については、本来ならば”TOUR20 疎外のファイナル公演終了後に発表されることになっていたのだという。また、この件に加え、さらなる新情報が明らかになった。ふたたびYouTubeの公式チャンネルにて、今度は「DIR EN GREY LIVE ARCHIVE & SPECIAL TALK」と題されたスペシャル・プログラムが生配信されることが決定したのだ。この番組は二部構成によるもので、第一部にあたる「LIVE ARCHIVE」ではDIR EN GREYが選んだライヴ映像作品を1本セレクトして配信し、第二部の「SPECIAL TALK」ではメンバーが生出演し、トークを繰り広げることになる。文字通りの“ここだけの話”を堪能できるに違いない。配信日時などの詳細や出演メンバーについては近日中に発表予定とのことなので、今しばらくお待ちいただきたい。

 

こうしてライヴ活動がままならない状況下にはあっても、DIR EN GREYは確実に次の段階へと歩みを進めつつある。それを誰もが時差も疎外感もなく実感できるのは今日的テクノロジーの恩恵ともいえるわけだが、何よりもそれを可能にしているのは、バンドの揺るぎない意思であり、それを受け止める側の熱意だと解釈すべきだろう。さまざまな自粛を余儀なくされる日常ではあるが、そうした意思や熱意こそが明日に繋がっていくのだと信じたいものである。

 

それにしても「落ちた事のある空」とは、果たしてどのような曲なのか? 楽曲自体の素性についてはまったく明かされていないが、このバンドが結成当初から表現のテーマとしてきた“痛み”の要素が、意味深長さを匂わせるタイトルそのものからも、そこはかとなく伝わってくる。この曲にまつわるヒントも、前述の「DIR EN GREY LIVE ARCHIVE & SPECIAL TALK」のなかで提示されることになるのかもしれない。彼らの動向に、目を離さずにおきたいところだ。

 

文●増田勇一 ライブ写真●尾形隆夫

 

 ====================

 

DIR EN GREY

NEW SINGLE

「落ちた事のある空」

DIGITAL RELEASE

※詳細は後日発表

 

YouTube 生配信番組

DIR EN GREY LIVE ARCHIVE & SPECIAL TALK

配信決定

 

2部構成でお送りする本番組。

1部「LIVE ARCHIVE」ではDIR EN GREYが選んだLIVE映像作品を1作品配信し、2部「SPECIAL TALK」ではメンバー生出演によるここでしか聞けないスペシャルトークをお楽しみいただけます。

 

DIR EN GREY YouTube公式チャンネル

https://www.youtube.com/user/direngreyweb

 

 ====================

 

DIR EN GREY

The Insulated World -The Screams of Alienation-

2020723(木・祝) 【神奈川県】ぴあアリーナMM

2020724(金・祝) 【神奈川県】ぴあアリーナMM

 

 

Total Info. NEXTROAD 03-5114-7444 (平日14:0018:00)

 

 

 

DIR EN GREY official SNS

site http://direngrey.co.jp/

Twitter @DIRENGREY_JP

Instagram direngrey_official

 


2020年05月06日 (水)

Share on Facebook
LINEで送る

【ああああ(アシ)】「あー、もう。」lyric videoを公開!2020年8月26日(水)新宿club SCIENCEでの主催公演にて本格始動!

NEWS - 19:00:18

先日始動を発表した新バンド「ああああ(アシ)」。

この度、楽曲「あー、もう。」のlyric videoを公開した。

 

バンドは2020年8月26日(水)新宿club SCIENCEにて開催される主催公演にて本格始動予定。

 

====================


★official Twitter★
https://twitter.com/aaaaofficia1





2020年05月05日 (火)

Share on Facebook
LINEで送る

【HOWL】くらえ”ふぁぼっ玉”!!HOWLが地球を救うSF MUSIC VIDEO「ふぁぼって人生。」大公開!

NEWS - 22:00:04

お手持ちのスマホをくるくる回転させながら視聴する、“世界一見づらい?MV”「生きてるだけで褒められたい。」を公開するなど、予測不能&斬新な活動で注目を集める新人バンド「HOWL」から、新曲「ふぁぼって人生。」のMUSIC VIDEOが公開された。

 

今回のテーマはなんと“タイムスリップ“。

時空を越えて運命を変えようと奮闘する4人の姿が描かれている。

普段から配信やフライヤー・ティッシュ配りを通して、地道に宣伝活動をしている彼ら。

街中でのロケ撮影では、実際に撮影に協力してもらう一場面もあったという。

コミカルなシーンが目を引くが、「貴方の1ふぁぼで運命が変わるかもしれない。」そんな熱いメッセージも感じ取れる作品になっている。

 

ウイルスの影響でエンターテイメントが塞ぎがちな世間にHOWLが投げかけた「ふぁぼって人生。」。

皆さんも一度、彼らのことを“ふぁぼって”みてはどうだろうか。

 

また、1st Full Album『Artist』、1st EP『KILLER TUNE-キラーチューン-』全15曲が、YouTube公式チャンネルにて無料公開されているので、こちらも是非チェックして欲しい。

 

====================

 

2020.05.06(水) 0:00〜
「ふぁぼって人生。」
iTunes Music/Apple Music/LINE MUSIC/TikTok 各種サブスクリプションにて配信スタート!

 

——————————-

 

1st Full Album『Artist』

1st EP『KILLER TUNE-キラーチューン-』


全15曲をYouTube公式チャンネルにて無料公開!


https://youtube.com/channel/UC_tOj_BmaVz_3zYfzJLtHQA

 

「生きてるだけで褒められたい。」

 

 


2020年05月05日 (火)

Share on Facebook
LINEで送る

【David】びじゅなび連載第五回!最新シングル「Gothculture -Nightimage-」が遂にリリース!1年がかりで表現する新たなコンセプトを徹底解剖!!<Davidの六芒世界へ〜Vol.5>

NEWS - 20:00:20


びじゅなび読者の皆様を「David」の六芒世界にいざなう連続企画。
今回、3周年を迎えた「David」が新たに掲げた「Gothculture」というコンセプトのもと、1年がかりで体現する壮大な物語を綴るということでびじゅなびの全面協力で実現した特別企画である。


「Gothculture」の第一弾「Gothculture -Nightimage-」が発売となり、今まで触れることのできなかった「David」の全貌を広く皆様に触れていただこうというものだ。

 

——————————-

★連載記事はこちら★

第一回

http://www.visunavi.com/news/358024/

第二回

http://www.visunavi.com/news/358580/

第三回

http://www.visunavi.com/news/359334/

 第四回

http://www.visunavi.com/news/361019/

 

 ——————————-

 

ただのインタビューや記事にとどまらず、妥協のないこだわりを貫く世界観や楽曲はもちろんの事、活動への想い、そして楽曲に込められているメッセージ、綴り続ける六芒世界の根底や創造主である「SUI」のパーソナルな部分までも丸裸にしていきます。



昨今のシーンにおいて、ここまでの世界観・楽曲・コンセプト・衣装やアートワークに至るまで、妥協することなく徹底し、こだわり抜いているアーティストは類を見ないと言っても過言ではない。
そんな印象から筆者の主観を元に、プロジェクトの中心人物でもありDavidの掲げる六芒世界の創造主であるSUIと、Davidの楽曲を支えるJointArtistにも協力していただき、深く深くその魅力を掘り下げていく。

 

第5回は1年がかりで表現する新たなコンセプトを徹底解剖する。

 

 

====================

 

 

■いよいよ1年がかりのストーリー「Gothculture」がスタートしましたが、「Gothculture」のコンセプトを教えてください。

SUI:Gothcultureのコンセプトですが、人に根付いたものや、歴史上のものであったり、既に強く定義付けられた物事を別の視点で表現する自由な世界があってもいいのではというところからGothcultureという言葉が生まれました。
これは「Gothic」と「Culture」を組み合わせた造語なのですが、Gothicが持つ「黒」という色は様々な色が混じり合い最終的に「黒」になる。そこに至るまでの感情の移り変わりを6楽章(色)で表現しています。そういった自由な発想も1つの文化として認められたらもっと良い世界が表現出来るのでは、といった想いがテーマとなりました。

 


■ひとつのストーリーを6部作という大ボリュームで表現しようという構想を思いついたきっかけは?

SUI:活動再開をするにあたってのコンセプトは、より自分の中の拘っている物事の定義で歌詞の世界を描きたかったし、ヴィジュアルと共に表現したかったのです。そこで導き出したのが「Gothculture」
新ヴィジュアル、1曲のキーとなる曲を軸として一定期間集中して表現する事がアーティストにとってスタンタードな形だと思うのですが、そこは定義せず、Davidとしてはより長いスパンで表現する必要があったと思ったのがキッカケでした。
シーンに合わせてハイペースで流れるように活動するよりも、自分は自分らしく良い意味でマイペースになろうと。
最終的に結果を出す事へのプロセスとして、持っている拘りをもっと強くしようと、それがSUI単体ではなくDavidとしてより深い認知を得られるのではないかと言うところで決めました。
ならば、今までが内容が薄かったのか?というのは誤解で、今までにやって来なかった事を常に求めていきたいという自分の活動信念にも繋がったところも大きいです。

 


■「Gothculture」を【6】楽章で表現するのは六芒世界の【6】とも関係があるんですか?

SUI:関連性を持たせていますがなぜ関連しているかは、今は差し控えておきます。
楽しみにしていてください。

 


■「Gothculture」を表現するには1曲に凝縮して表現するのではなく、敢えての長編大作での表現にたどり着いたんですね?

SUI:そうですね。もともとがコンスタントにライヴをしていない事であったり、ソロアーティストとしての在り方も考えて1つのテーマを大事に、そして多面的に表現しようと思うのも理由の1つでした。
前作の音源「創生録Ⅱ 〜Fearless Scenario〜」がよりストーリー性を重視した作品になったのですが、制作スケジュールがタイトになったので、その後活動休止も挟んだ事から、再開した今年はもっと腰を据えて表現する事も、ある意味新鮮だなという気持ちですね。

 


■新鮮というかかなり意欲的・挑戦的なアプローチだと思いますよ。
次はどうなるのかという楽しみが一つのコンセプトで続くというのは、小説や漫画みたいに常に楽しみにできるのは斬新です。

SUI:今、Davidとして活動するからこそ表現出来る事の最大限を考えた結果ですね。
同じGothcultureと共通のテーマでも、作品により曲調は異なりますし、ヴィジュアル面でも1つのベースがあった上で変化していきます。
衣装も、楽曲も「Gothculture」なのにこんなにも色があるんだというのを示していきたいですね。
「Gothic」という単語から連想される色って、黒一色だと思うのですが、その定義はこの場ではいらないですし、自分の中では精神世界でそれぞれのGothicを表現している訳ですから、何色でもGothicは成立するんだよっていう新しい定義に共鳴してもらえるのならそれは嬉しいです。

 


■DavidとしてだけでなくGothicにも新しい解釈を生み出してくれそうですね。
ライヴ活動休止期間に何か掴めたものはありましたか?

SUI:Davidのライヴ活動休止中は、よりアンダーグラウンドで攻撃的な部分をフィーチャーしたバンド「CULA」や、もっとナチュラルにコンセプトフリーの1からの状態で挑んだ「SUI」名義の作品作りなど、Davidでは得られないものを表現していました。
その2つも継続的に続けていきます。


■Davidのライブ活動休止中も、今まで以上に表現の幅を広げていたんですね。
「Gothculture」はそういった活動から得たものも取り入れられているんですか?

SUI:多数の表現の場があるからこそ、よりそれぞれの特色を意識するようになったので、結果的にすごく良い時間になったと思います。
アーティストの「活動休止」というワードはどうしても後ろ向きなイメージになってしまいます。
実際、決めた時はネガティブな気持ちでした。
ですが、それで終わる事なく間髪なく続きを描く気持ちになったのは新たな仲間との出会いであったり、今まで根強く支えてくれた皆の支持があったからこそ、もっとやれる事があるのではという気持ちになりました。
その新たな活動をきっかけに俺の歌に耳を傾けてくれた皆さんの存在も有難く感じていますし、このままでは終われないなと。

 


■ライヴ活動の休止のきっかけはネガティブな一面があったんですね。

SUI:「創生録Ⅱ 〜Fearless Scenario〜」を制作している時はコンセプチュアルながらも、同時に自分の中のリアルを追求した作品でもありました。正直無理もしていたし、その先の事は敢えて考えないで突っ走っていました。
けれど、当時自ら掲げていた場所へは手が届かなかったので厳しい判断をした訳です。
思い切った決断をする事で、景色や意識も違って見えるのではないかと。
結果、そのまま活動をコンスタントに続けていくより、新たなテーマにも辿り着けたので意味のある時間になったと思います。

 


■落ち着いて客観視してみると、身の回りの環境にもありがたみを感じたりすることもありますよね。

SUI:勿論、改めて3年の間好き勝手に続けて来れるのはサポートしてくれる皆のおかげでありますから改めて感謝しています。ソロだけど、一人ではない時を感じる場面です。
新たな視点や景色を感じた上でまた自分自身がもつ音楽性、意思を高めていく。
常に自分に対して飽きない事と、挑戦が自分には必要不可欠な部分で、且つ伝えたいというパワーに繋がります。
それが時にプロジェクトを止めてでも、ストーリーとリアリティを同時に大切に伝えていきたい。

 


■今までは「Gothculture」の全体像を伺ってきましたが、最後に第一弾-Nightimage-のあらすじを教えてください。

SUI:Gothcultureのコンセプトは、「定義」を壊す事です。今回は世の中で定義された「信じてるもの」例えば神的なものや、「正しい」とされる物を受け入れられずいる主人公が、眠りの中で「別人格」を日々育てていて
いつしか夢で見るその人格が、自らもっとも信じたい存在(偶像)ある事に気付いて、夢の中で生きたいと願い、現実を切り離していく心の描写を描いています。
夢の中には制限や決まりなんてない。
時にすばらしいものも見れるし、最悪なシナリオにも変わります。
次章からは夢の向こうで繋がる世界を描きたいと思っています。
去年の周年に出した「Stigmata」という曲は、どちらかと言うと、自分のストレートな想いや理想を吐露したものだったのですが、今回は「Gothculture」という物語をフィルターにおいて、理想への表現を続けていきます。

 


インタビュー / 文章
神崎 要

 

===================

 

 

 

 


◆Release情報
Vocalist SUIのソロプロジェクトDavid(ダヴィデ)が
3rd Anniversaryの節目に提示した「Gothculture」というコンセプトに基づくストーリーを
2020年を通し6つの作品にて表現。

第一弾
—————————————-

6

 

 

 

【発売日】2020年4月29日(水)
【タイトル】First Act「Gothculture -Nightimage-」(ゴスカルチャー・ナイトイマージュ)
【収録曲】完全新曲含む3曲入り(完全限定盤)
【価格】¥2,200 (TAX IN)
【発売元 / 販売元 / 品番】Resonance / FWD / RDCD-012
—————————————-
【店舗特典一覧】
● Amazon…特製ステッカー
● Tower Records…アーティストフォトA(-Nightimage-ver)
● HMV…アーティストフォトA(-Nightimage-ver)
● ライカエジソン(東京/大阪)…アーティストフォトB(-Nightimage-ver)
● little HEARTS…アーティストフォトC(-Nightimage-ver)
● CROSS CAT…アーティストフォトC(-Nightimage-ver)
● 自主盤倶楽部…LIVE音源CDR
● Neowing KGサイズフォト(-Nightimage-ver)
■Official Store直販予約受付開始!
※Store限定商品多数!!
Wizard Store URL
https://wizardstore.stores.jp/

 

 

<関連リンク>

★David OFFICIAL SITE★※リニューアル中
https://davidofficial666.wixsite.com/david

★SUI OFFICIAL Twitter★
https://twitter.com/_David_SUI

★David OFFICIAL YouTube★
https://www.youtube.com/channel/UCqf-zKVCmz_kTQHnbX6SgRg